一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 必要性から安くなる方法まで

      2018/07/10

人気の一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)

一人暮らしには欠かすことのできないインターネット回線とWi-Fiルーター。テレビがなくてもネットさえあれば情報を手に入れることができ、情報収集はもちろん娯楽から買い物までカバーできます。

ところが一人暮らしでインターネット回線やWi-Fiルーターを選ぶときには、どのWi-Fiルーターを選べばいいのか分からず、そもそもインターネット回線やWi-Fiルーターの必要性についても疑問が出てきます。

そこで今回は、ワンルームなどでも使いやすい一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。この記事を読めば、一人暮らしに関するネット回線と一人暮らし向けWi-Fiルーターの疑問は全て解決します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)とは?

そもそも一人暮らし向けWi-Fiルーターとは、どのようなものなのでしょうか。まずは一人暮らし向けWi-Fiルーターの基本を知っておきましょう。

コンパクトなWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターは、電波の届く範囲が限定されており、基本的には部屋の広さに応じて最適な性能のWi-Fiルーターを選ぶことになります。

一人暮らし向けWi-Fiルーターは、ワンルームなどの一人暮らしに多い間取りに対応しているWi-Fiルーターとなっており、コンパクトで場所を取らないのが大きな魅力となっています。

またデザインがスッキリしているものも多く、部屋に設置してもインテリアを邪魔しないのもポイントです。

部屋の邪魔にならず気軽に使えるのが一人暮らし向けWi-Fiルーターです。

有線LANが使えないものもある

Wi-Fiルーターの多くは、無線通信ができる一方でポートが備え付けられていることが多く、有線通信も可能になっています。有線LANならパソコンを直接接続して、安定した通信を行うことができます。

ところがコンパクトで無線LAN機能のみに特化している一人暮らし向けWi-Fiルーターの中には、ポートが装備されておらず有線LAN接続ができない製品もあります。

一般的には、ネット回線を室内に取り込んでいるモデムにポートがあるためWi-Fiルーターを使わなくても有線LAN接続は可能ですが、無線LANを使いつつ有線LANを使いたいと考えている人にとってはWi-Fiルーターに有線LAN用のポートが用意されていない場合には大きな誤算になる可能性があります。

取り付けが簡単

一人暮らし向けWi-Fiルーターの魅力のひとつが取り付けが簡単で便利ということです。

Wi-Fiルーターの設置や設定にはある程度の知識が必要で、機械が苦手な人は設置や設定に手間取ってなかなかインターネット回線に接続できないこともあります。

ところが一人暮らし向けWi-Fiルーターの中には、非常に簡単にスマートに設置できるものが数多く存在します。

面倒な作業が不要で簡単にWi-Fiルーターを使えるのは、ほかのWi-Fiルーターにはないポイントと言えます。

中継機としても使える

Wi-Fiルーターには、親機としてだけでなく中継機として使える機能が搭載されている製品もあります。一人暮らし向けWi-Fiルーターとして使えるWi-Fiルーターの多くは、中継機としての機能を兼ね備えています。

そのため、もし新しくWi-Fiルーターを購入しても、新しいWi-Fiルーターの補助として再利用することができます。

また持ち運んで使用することが容易な一人暮らし向けWi-Fiルーターもあるため、移動先で利用するときにも使えます。

中継機としても使用することができる一人暮らし向けWi-Fiルーターは汎用性の高い製品といえます。

性能や機能には限界がある

同じように見えるWi-Fiルーターですが、製品ごとにさまざまな規格があり、その性能や機能は大きく異なります。

小型で手軽さを追求しているWi-Fiルーターは、性能や機能に関してはハイパワーのWi-Fiルーターには劣ります。

もちろん狭いワンルームなどで少人数が使用することを前提としているため、一人暮らしで使用するには十分な性能と機能を兼ね備えていますが、性能や機能に限界があることは否めません。

そのため、最新の規格や最新の技術を採用しているハイスペックのWi-Fiルーターと同じような使い心地を実現できるとは考えないようにしましょう。

Wi-Fiルーターに関する規格や技術については、以下の記事で詳しく説明しています。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

値段が安い

性能や機能を抑えつつ小型化して実用性を高めている一人暮らし向けWi-Fiルーターは、圧倒的な値段の安さとなっています。

超高性能なWi-Fiルーターなら2万円を超えるようなものも数多くありますが、一人暮らし向けのWi-Fiルーターは5000円以下のものがほとんどです。

低価格だからといって使い心地が極端に悪くなるというわけではなく、一人暮らしでは基本的にインターネット回線を1人で独占してWi-Fiルーターの近くでデータ通信を使用することができるため、何不便なくインターネットを楽しむことができます。

一人暮らし向けWi-Fiルーターの値段が安くても、粗悪品というわけではないので安心しておきましょう。

一人暮らしのネット回線の必要性と安くする方法

そもそも一人暮らしをするときに、わざわざネット回線を準備してWi-Fiルーターを設置する必要はあるのでしょうか。また一人暮らしでネット回線を用意するときには、どうすれば費用を安く抑えられるのでしょうか。

一人暮らし向けWi-Fiルーターを探す前に、そもそもWi-Fiルーターが必要なのか自問自答してみましょう。

一人暮らしのネット回線やWi-Fiルーターの必要性は使用頻度で決まる

一人暮らしでネット回線やWi-Fiルーターを整えるべきか否かは、ネット回線やWi-Fiルーターの使用頻度で決まります。

自宅にいる時間が長くインターネットを積極的に利用する場合には、間違いなくインターネット回線が必要になります。さらにスマートフォンやタブレット、ゲーム機などを使用する場合にもWi-Fiルーターがあれば非常に便利です。

一方で、ネット回線やWi-Fiルーターの必要性が微妙になってくる条件が、パソコンの有無とスマートフォンの使用頻度です。

パソコンがなければネット回線の必要性が下がり、パソコンがあっても使用回数が少なければスマートフォンのデータ通信やポケットWi-Fiで対応することが可能です。

一方で、自宅でスマートフォンを頻繁に利用する場合やストリーミング動画をよく視聴する場合には、パソコンがなくてもネット回線とWi-Fiルーターがあれば非常に便利です。

モバイルWi-Fiルーターという手段もある

モバイルWi-Fiルーターとは、ポケットWi-Fiなどとも呼ばれている機器で、インターネット回線に接続できる小型端末です。

インターネット回線と同様に無制限に使えるプランがあり、端末となっているため持ち運ぶことができるのが特徴です。

一方で通信速度は低く、プランによってはインターネット回線と月額料金がそれほど変わらないものもあります。

スマートフォンの使用頻度や外出先での使用によっては、自宅にインターネット回線を引いてWi-Fiルーターを設置するよりも、すべてをモバイルWi-Fiルーターでカバーする方が安くて便利になる可能性もあります。

レンタルモバイルルーター(ポケットWi-Fi)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 選び方で無制限で値段が安い

こんな場合は一人暮らしでもネット回線とWi-Fiルーターを設置しよう

以下の条件を満たしている場合には、一人暮らしでネット回線とWi-Fiルーターを設置することをオススメします。

とにかく通信速度を上げたい

とにかく通信速度を上げたいと思っている人は、値段を気にせずネット回線とWi-Fiルーターを導入するべきです。

自宅でしっかりとしたネット回線とWi-Fiルーターを整備すれば、高速のデータ通信を実現することができます。スマートフォンのデータ通信やモバイルWi-Fiルーターとは比べ物にならない速度でインターネットを楽しむことができます。

通信速度を重視するなら、ネット回線とWi-Fiルーターの設置は必要不可欠になります。

月額料金に強くこだわらない

月額料金に強くこだわりがない場合には、ネット回線とWi-Fiルーターを設置してしまいましょう。

スマートフォンの料金プランやモバイルWi-Fiルーターのブランを最適化して、データ通信の使用を制限しながらやりくりすれば月額料金を抑えることができるかもしれませんが、使用頻度にもよりますがネット回線とWi-Fiルーターを導入した場合より多くても数千円安くなるだけです。

自宅で気軽にネットを使用できない状態でデータ通信量を見ながら生活するよりも、思いっきりインターネットを楽しむことを優先するなら、ネット回線とWi-Fiルーターを導入してしまいましょう。

ネット回線を利用するゲームをしたい

データ容量が大きくなり、さらに安定した通信速度を維持することが求められるネット回線を利用するゲームを楽しみたい場合には、一人暮らしであってもネット回線とWi-Fiルーターを設置しましょう。

ゲームでデータ通信を行うとデータ容量が非常に大きくなることがあり、また通信が安定していないとゲームの途中でブツブツ切れてしまいまともにプレイできないこともあります。さらに通信速度が遅ければ、そもそもゲーム自体を始めることができない場合もあります。

そのためゲームが好きでネット回線を利用してゲームをしたいと考えているなら、ネット回線とWi-Fiルーターは必要不可欠になります。

動画を視聴したい

高画質の動画をインターネット回線を利用して視聴したい場合には、ネット回線とWi-Fiルーターを導入しておきましょう。

高画質の動画はデータ量が非常に多いため、動画をダウンロードするだけでデータ容量を圧迫します。また通信速度が速くなければ、スムーズに動画をダウンロードできず快適な視聴体験を損なう可能性があります。

アニメや映画だけでなく動画共有サイトなどの動画などを視聴するのが好きな人は、ネット回線とWi-Fiルーターを利用しておきましょう。

ネット回線をよく利用する

インターネットサーフィンが好きで、ダラダラとネットを利用する人は、コスト的にも利便性的にもネット回線とWi-Fiルーターを使っておくべきです。

自宅でストレスなくインターネットを楽しむことができれば、ネット回線とWi-Fiルーターに必要となる費用の元は簡単に取り戻すことができます。

頻繁にネット回線を利用する人は、大好きなネット関係についてはケチらないようにしましょう。

自宅にいる時間が比較的長い

自宅にいる時間が比較的長い人は、ついついネットを利用してしまうものです。そんな人は、迷わずネット回線とWi-Fiルーターを導入しておきましょう。

インターネットが自由に使えれば、さまざまな方法で暇つぶしをすることができます。

ネット回線とWi-Fiルーターの導入に迷っている人は、自宅にいる時間の長さも参考にしてみましょう。

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)の設置場所

一人暮らし向けWi-Fiルーターは、いったい部屋のどこに置けばいいのでしょうか。Wi-Fiルーターを購入する前に設置場所をイメージしてみましょう。

部屋の中心が基本

Wi-Fiルーターは、Wi-Fiルーターを中心として電波を四方八方に飛ばすという構造となっています。そのため、部屋の隅に置いてしまうと反対側に電波が届きにくくなってしまいます。

そのためWi-Fiルーターは、基本的に部屋の中心に設置するのが最適。部屋の中心にWi-Fiルーターを設置すれば、ムラなく部屋全体に電波が届き、どこにいても高速の通信が可能になります。

まずは、Wi-Fiルーターをできるだけ部屋の中心に置いてみましょう。

モデムの横にセットする

何かしらの制約によって部屋の中心にWi-Fiルーターを設置できないなら、シンプルにモデムの横にセットしておきましょう。

一人暮らしの場合、部屋数が少なく広さもそれほどないため、部屋の隅にWi-Fiルーターをセットしても問題なく使用できる場合がほとんどです。そのため、モデムの横にセットしておいても十分に部屋中に電波を届けることができます。

またネット回線の工事をする場合には、できるだけネット回線のことを考えて工事が行われています。つまり、モデムがセットされている場所はWi-Fiの利用頻度が多く利便性に優れた場所である可能性が高くなっています。

そのため、下手にモデムやWi-Fiルーターの位置を変えずに、素直に配置してしまいましょう。

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)の使い方

Wi-Fiルーターの基本的な使い方と設置方法を知っておきましょう。以前は、Wi-Fiルーターの設定も非常に難解なものでしたが、今では比較的簡単に設定できるようになっています。

Wi-Fiルーターの基本的な使い方

1.WANポートに回線ケーブルを接続する
2.ACアダプターを接続する
3.スタートボタンを押す
4.パソコンやスマートフォンでユーザ名やパスワードを入力する

Wi-Fiルーターの接続には、設定のほかにインターネット回線用のモデムが絡んでくるため非常にややこしく思えますが、基本的にはコードで接続してからスタートボタンを押せば簡単に接続することができます。

特に一人暮らし向けのWi-Fiルーターの場合、設定方法がかなり簡素化されています。

ただしWi-Fiルーターの製造メーカーによって接続方法や設定方法が異なるため、各Wi-Fiルーターに合わせて設定しなくてはいけません。

Wi-Fiルーターに付属する接続ガイドを確認しながら使いましょう。

Wi-Fiルーターとスマートフォンを接続する方法

1.スマートフォンの設定からWi-Fi接続を行う
2.接続したいWi-FiルーターのSSIDから接続するWi-Fiルーターを選ぶ
3.パスワード欄に暗号化キーを入力する
4.接続をタップして接続が完了したことを確認する

Wi-Fiルーターとスマートフォンを接続するときに失敗しやすいポイントが「SSID」と「暗号化キー」です。この2つの意味を理解していないと入力すべき値が分からず接続できなくなります。

Wi-FiルーターのSSIDと暗号化キーは、Wi-Fiルーター本体、箱、セットアップカードなどに記されているため、必ずチェックしておきましょう。

電波が混雑する際の対処法

1.Wi-Fiルーターを適切な位置にセットする
2.家の広さに応じたWi-Fiルーターを使う
3.アルミでWi-Fiルーターの電波にムダが発生しないようにする

Wi-Fiルーターの電波が混雑する理由は、周辺環境やWi-Fiルーターそのもののパワーにあります。そのため、Wi-Fiルーターの位置を変えたりWi-Fiルーター自体を交換することで、電波干渉を防ぐことができます。

どうしても設置場所やWi-Fiルーターを変えずに通信速度を上げたいなら、アルミホイルを用いたアンテナが効果的です。

アルミホイルやアルミ缶を使ってパラボラアンテナを作り、Wi-Fiルーターにセットします。パラボラアンテナをセットすることで、電波が不要な方向へと飛んでいくことを防ぎ通信速度の改善が可能となります。

この方法を利用すれば、部屋の隅にWi-Fiルーターを設置していても部屋の外ではなく中に向かって電波を届けることができるようになります。

電波が届かないときには中継機を使う

1.Wi-Fiルーターを設置する
2.電波が届かない範囲にWi-Fiルーターの中継機を設置する

電波が届かない範囲がある場合には、中継機を利用しましょう。中継機を利用すれば、親機だけではカバーできない範囲まで電波を届けることができます。

中継機は非常に安い値段で販売されているため、親機を交換するよりも中継機を導入する方が安上がりになる場合もあります。

ただし一人暮らし向けのWi-Fiルーターの場合、部屋自体が狭いため電波が届かないということはほとんど起こりません。

もし電波が届かない状態になってしまったら、中継機を使わずに親機を高性能なものに取り換えてしまった方が効率的な場合もあります。

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

Wi-Fiルーターがつながらない場合の対処法

1.モデムとWi-Fiルーターの電源が切れていないか確認する
2.モデムとWi-Fiルータールーターに異常がなければWi-Fiルーターのコンセントを抜く
3.20秒以上待ってから、再びWi-Fiルーターのコンセントを差す
4.直らなければモデムとWi-Fiルーターのコンセントを抜く
5.20秒以上待ってから、再びモデムとWi-Fiルーターのコンセントを差す

Wi-Fiルーターがつながらない場合、モデムだけでなくWi-Fiルーターにも問題がある場合があります。Wi-Fiルーターのコンセントを抜いて電源を切ってもうまく機能しない場合には、モデムの問題も疑いましょう。

Wi-Fiルーターは、寿命が近づくとインターネット回線が切れてしまう現象が発生する場合があります。頻繁にインターネット回線が切れる場合には、完全に壊れる前に早めに新しいWi-Fiルーターを購入しておきましょう。

なおモデムに問題がある場合には、契約しているプロバイダに連絡しましょう。

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)の選び方のポイント

一人暮らし向けWi-Fiルーターを選ぶときには、どのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。一人暮らし向けWi-Fiルーターの選び方のポイントを確認しておきましょう。

家の広さと性能

一人暮らしといっても家の広さはさまざま。部屋が広かったり部屋数が多かったりすれば、当然、パワーの弱い一人暮らし向けのWi-Fiルーターでは家全体に電波を届けることができなくなってしまいます。

明らかに一人暮らし向けのWi-Fiルーターではパワー不足な場合には、パワーのあるWi-Fiルーターを選ぶ必要があります。

また建材が電波を通しにくい鉄骨などの場合には、Wi-Fiルーターが本来のパワーを十分に発揮することができません。

そのため、ワンランク上の間取りに対応しているWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

なおWi-Fiの規格やビームフォーミング機能などによって通信速度は大きく変わりますが、基本的に1人でWi-Fiルーターの近くWi-Fiを使用することを考えれば、よほど通信速度を気にする場合以外にはそれほど強くこだわる必要はありません。

使用する人数

一人暮らしをしていれば、家に友人が訪ねてきてWi-Fiを使用することもあります。

1人で使用するときには十分な性能のWi-Fiルーターでも、複数人が接続するとなるとパワー不足に陥ってしまう可能性があります。

そのため、Wi-Fiルーターを複数人が使用する状況が頻繁に発生することが想定されるなら、一人暮らしであっても複数人が接続しても問題のない性能のWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

サイズ

Wi-Fiルーターは、モデムやコンセントの位置から設置する場所が限定されるのが現状です。そのため設置スペースも自然と限られたものになってきます。

もしWi-Fiルーターの設置スペースを広く確保できないなら、サイズが小さなコンパクトタイプのWi-Fiルーターを選びましょう。

一人暮らしなど部屋が狭い場合には、Wi-Fiルーターのサイズも重要なポイントになってきます。部屋をスッキリさせたいなら、サイズを重視しておくことをオススメします。

デザイン

ワンルームでは、部屋に設置されているすべてのものが見渡せてしまいます。Wi-Fiルーターも例外ではありません。

スッキリしたデザインではないWi-Fiルーターを選んでしまうと、部屋がゴタゴタした印象になってしまいます。インテリア的にも残念なものになります。

特にインテリアを気にすることが多い女性にとっては、Wi-Fiルーターのゴタゴタした感じは受け入れ難いものがあるかもしれません。

そのため部屋のインテリアを重視するなら、外付けアンテナがなく部屋に馴染むスッキリとしたWi-Fiルーターを選ぶことをオススメします。

接続のしやすさ

Wi-Fiルーターを設置するときに鬼門となるのが初期設定から最初の接続までとなります。設定が複雑なWi-Fiルーターを選んでしまうと機械が苦手な人は設定できず、なかなかWi-Fiルーターに接続することができなくなってしまいます。

しかし最近では、簡単に接続できる機能が搭載されているWi-Fiルーターも販売されており、初期設定から接続までを簡単に行えるWi-Fiルーターを選ぶことで機械が苦手な人でもすぐにWi-Fiルーターを利用できるようになっています。

特に一人暮らし向けのWi-Fiルーターは、接続の手軽さを重視している場合も少なくありません。

機械が苦手なお年寄りや女性がWi-Fiルーターを設置する場合には、できるだけ接続しやすいWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

耐久性

Wi-Fiルーターは、常に駆動して通信を担い続きます。そのため耐久性が低いWi-Fiルーターは簡単に壊れてしまいます。

値段が安いWi-Fiルーターを選びたくなるものですが、耐久性が低くすぐに潰れてしまっては意味がありません。

またWi-Fiルーターが壊れてしまうと、新しいWi-Fiルーターを設置するまでインターネット環境が万全なものとならず、新たに設定するにも面倒がかかります。

そのため、できるだけ耐久性の高いWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。耐久性に関しては実際に使ってみなければ分からない部分も多いため口コミの評判などを参考にしてみましょう。

持ち運びのしやすさ

一人暮らし向けのWi-Fiルーターは、携行性に優れていて簡単に持ち運べるものもあります。

持ち運びやすいWi-Fiルーターなら、自宅だけでなく外出先でも手軽に利用することができます。

外出先でもWi-Fiルーターを活用したいと考えているなら、持ち運びやすさも重視しておきましょう。

価格

Wi-Fiルーターは、高額なものを選べば1万円以上してしまいますが、一人暮らし向けの場合にはそれほど高性能なものでなくても不便なく使えます。

通信速度や安定性などをトコトン追求しておらず、とりあえず実用的に使えればいいなら3000円前後の低価格帯のWi-Fiルーターでも十分に活用することができます。

ただしWi-Fiルーターに関しては、ネット環境の快適性を大きく左右するものであるため、多少オーバースペック気味の製品を買っておいた方が間違いありません。一人暮らし向けであっても5000円前後のWi-Fiルーターを選んでおけば間違いないでしょう。

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、一人暮らしの自宅で快適にネットをするために必要な一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

10位:NEC Wi-Fiホームルーター Aterm PA-WF1200CR

NEC Wi-Fiホームルーター Aterm PA-WF1200CR

NECのスッキリとしたデザインでインテリア的に優れているWi-Fiルーターです。

しっかりと接続することができる2ストリームの普及モデルのWi-Fiルーターです。

家の中を移動しながらでも安定した通信を実現し、実効速度をアップさせることができるビームフォーミング機能を搭載しています。スマートフォンやタブレットを使用する人にはピッタリの機能です。

電波をしっかり飛ばす超小型の高性能アンテナを搭載しており、内蔵アンテナタイプながら高速で安定した通信を実現することができます。

Wi-Fi規格は最新のものとなっており、高速での通信が可能です。

コンパクトでスタイリッシュなため置き場所に困ることはなく、狭いワンルームでもどこにでも設置できます。

非常に使いやすいシンプルで高性能なWi-Fiルーター。値段的にも購入しやすく、とりあえずの1台に最適です。

口コミの評判

・300HP2をそのままアップグレードしたような機種。電波の有効距離も延びていて、一人で使う分にはかなり扱いやすいと思う。
・一人暮らしで8畳のワンルームにて使っています。4メートル離れた場所でも動画をスイスイ読み込むことが出来て満足しています。ワンルーム住みの方はこれをオススメします。壁を隔てた先にある玄関(5メートル程離れた距離)でも繋がりました。
・繋げば使える。途切れなし。NECのルーターは使っていたので、この商品にしました。
・安定しなくなった我が家の無線LANの替わりを探して見つけた商品です。価格の安さが気になるが、メーカーと仕様を信頼し購入しました。購入後2日目に届き、早速設定・・・てほどでもなくきわめて接続するだけで作業は完了し、即接続ができ満足の一言です。木造2階に設置もほぼ一階での使用も問題なく満足しています。

9位:TP-LINK WIFI Nano 無線LAN ルーター TL-WR802N

TP-LINK WIFI Nano 無線LAN ルーター TL-WR802N

コンパクトで中継器としても大活躍するWi-Fiルーターです。

手のひらサイズの非常に小さなWi-Fiルーターで、ルーター、中継機、クライアント、APの4つのモードで多彩な使い方が可能となっています。

持ち運びにも優れており、ワンルームだけでなくホテルなどでも使用可能。外出先でも活躍してくれます。

コンパクトなため置き場に困ることがなく、デザイン性にも優れているためインテリアが気になる人も満足して使うことができます。

通信速度はそれほど速くありませんが、スマートフォンやタブレットを1人で使用するなら不便なく使用することができます。

気軽にWi-Fiルーターを設置したい人にピッタリなWi-Fiルーター。中継機としても使えるため、汎用性の高さも大きな魅力です。

口コミの評判

・この値段でケースやlanケーブルなども同梱されているのでとてもお得です。なお、性能も普通の大きさの無線lanと比べて遜色なく満足です。
・結論から言うとコスパ最高です。安い、簡単、小さいで欠点が見つかりませんね。褒め過ぎて気持ち悪いですがそれくらいいい商品でした。久々にいい買い物が出来ました。
・二ヶ月ほど使用しました。とてもコンパクトで使いやすいです。複数の携帯とパソコンが同時につながっていても問題なく動作します。
・特に旅行先で威力を発揮してくれる無線LANルータですが、さすがは、TP-LINK社のデバイスだと感心するところが随所にありました。まず、設定自体は極めてカンタンです。詳細な日本語マニュアルも付属します。旅行前など事前に自身のデバイスのWi-Fi設定にこのデバイスの設定を追加しておくと便利でしょう。何しろこのデバイスは、旅行先で、ワイヤレス・ルータだけでなく、ホット・スポット・ルータにまでなるというスグレモノです。公衆Wi-Fiを受け取ったものをこのデバイスで受取り、それを持っている各デバイスでカンタンに受け取れます。驚くのはVPNにまで対応していることでしょう。これによって活躍範囲は無敵と言えそうです。

8位:エレコム WiFi 無線LAN ルーター WRC-1167FSA

エレコム WiFi 無線LAN ルーター WRC-1167FSA

手のひらサイズのコンパクトサイズですが必要十分な性能を兼ね備えているWi-Fiルーターです。

スッキリとしたデザインで、ワンルームにでも置き場に困らないWi-Fiルーターとなっています。

最新のWi-Fi規格に対応しており、高速通信を実現することができます。

コンパクトなWi-Fiルーターながら有線LANポートを備えており、無線通信だけでなく有線通信も気兼ねなく使用することができます。

ボタンひとつで簡単に設定することができ、初期設定に戸惑うような心配もありません。

ビームフォーミング機能を搭載しているため、スマートフォンやタブレットに向かって集中的に電波を届けるため、離れた場所でも快適に安定したインターネット体験を楽しむことができます。

本格派の性能ながらコンパクトで値段も安いWi-Fiルーター。2LDK程度の家までカバーできるため、一人暮らしには十分な性能です。

口コミの評判

・この金額で2.4GHzと5.0GHzの2バンド対応はお買い得です。電波の繋がりも悪くなく今のところ動画もサクサクです。複数台接続したらどうなるのかはこれから確認したいと思います。
・お値段がお手頃だったので購入してみました。特に設定とかの部分で引っかかることなく、設定も出来て、Wi-Fiの接続も簡単にできました。小さいながらも11ac 対応867Mbpsの速度に対応しているので、動画配信サイトなどの視聴も問題無くサクサクストリーミングも問題ありません。
・安いしコンパクトだし設定も簡単。なんの苦労もせずつながりました。2LDK、スマホ2台、PC1台、アマゾンビデオで、途切れることなく使えてます。この値段でacが買えるのはいいですね。この値段なら仕事用でもう1台買ってもいいなって思ってます。
・置き場所に困らないコンパクトサイズに惹かれて購入。実際手に取ってみてのサイズ感に満足。さらに満足したのは初期設定がびっくりするほど簡単なこと。1DKの部屋で、iPhone,iPad,PC,AndroidTVで接続しておりますが接続安定しております。大満足です。ルーター選びでいろいろ悩んだ末これにしましたが、間違いなかったと思ってます。

7位:PLANEX ホテルでWiFi コンセント直挿型 無線LANルーター ホテル用 ちびファイ3 MZK-DP150N

PLANEX ホテルでWiFi コンセント直挿型 無線LANルーター ホテル用 ちびファイ3 MZK-DP150N

コンセントに接続するだけで簡単に使えるようになるWi-Fiルーターです。

セット方法が非常に簡単で、Wi-Fiルーターをコンセントに接続して、LUNケーブルをつなぐだけでWi-Fiを部屋に飛ばすことができます。

ポイントとなるのは形状で、まるでコンセントプラグのようなシンプルでスッキリとしたデザインとなっているため、部屋にWi-Fiルーターを設置してゴタゴタとした印象を与えることがありません。

すぐに使うことができるシンプルなものとなっているため、自宅ではもちろん外出先のホテルなどでも活用することができます。

中継器としても使用することができるため、Wi-Fiの電波が届く範囲で中継して、Wi-Fiの電波の範囲を拡張することができます。

スマートスピーカーにも対応しているため、幅広い使い方に対応することができます。

コンパクトでシンプルながらWi-Fiルーターに求められる機能はしっかりと詰め込んでいるWi-Fiルーター。できるだけ部屋をスッキリさせたい人にピッタリです。

口コミの評判

・小さくてコンセントにさせば2階でも問題なく使えました。旅行の際にも小さくて邪魔にならずよかったです。
・自宅の部屋で使ってます。はじめはちゃんと使えるのか不安でしたが快適なWi-Fi環境が整いました。
・金額も手ごろでいいですね。出張先のホテルで使用しています。貸し出しも同じ物でした。
・簡単、軽量、小型文句なしです。出張時、ホテルの有線LANに直接つなげば、家と同じにすぐ使えます。

6位:Fon WiFi 無線LAN ルーター FON2405E-SE

Fon WiFi 無線LAN ルーター FON2405E-SE

Wi-Fiルーターとしては最安値クラスの製品です。

圧倒的なコストパフォーマンスを発揮しており、できるだけ予算を抑えてWi-Fiルーターを設置したい人にピッタリの製品となっています。

ただし値段は安いものの、ワンルームなど一人暮らしで使用するには十分な性能を兼ね備えています。

コンパクトなためどこに置いても邪魔にならず、設置に悩むことがありません。

設置だけでなく設定も非常に簡単で、Wi-Fiルーターを使ったことがない初心者も安心して使用することができます。

有線LANポートを備えているため、パソコンを接続してインターネットを楽しむこともできます。

ムダを徹底的に省いたシンプルで使いやすいWi-Fiルーター。通信速度が速いとはいえませんが、スマートフォンで動画を視聴する程度なら全く問題なく使うことができます。

口コミの評判

・家の中で既存の無線ルーターからとどきにくい場所があり、こちらを購入しました。すぐに繋いで使用できました。我が家の第二の無線ルーターがとても安く設置できました。ありがとう。
・簡単に設定できました。コンパクトでとてもつかいやすいですね。
・スマホしか利用しない私には、低価格でコンパクトなのが第一。設定も簡単でとても満足です。
・簡単室内WIFI、楽々設定いいですわ。あっと言う間に認識するね!!

5位:バッファロー 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ホテル用 WMR-433W

バッファロー 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ホテル用 WMR-433W

バッファローのホテル用に開発されたWi-Fiルーターです。

持ち運びできるホテル用のWi-Fiルーターであるため非常にコンパクトでスッキリとしたデザインになっており、設置に困ることがありません。

Wi-Fiルーターの多くはデザインが限られていますが、このWi-Fiルーターは多種多様なカラーが用意されているため、部屋のインテリアに合わせてカラーを選ぶことができます。

コンパクトながら最新のWi-Fi規格に対応しており、バッファローらしく本格的な性能を備えています。最新のWi-Fi規格を採用しているWi-Fiルーターとしては世界最軽量となっており、性能を重視しつつコンパクトなWi-Fiルーターを探している人にはピッタリです。

小型のWi-Fiルーターは、ゲームや動画を利用すると通信速度が低下して使い勝手が悪くなりますが、このWi-Fiルーターなら大容量のデータ通信が必要とされる使い方でも問題ありません。

高性能とコンパクトさという矛盾する2つの要素を両立することに成功しているWi-Fiルーター。値段も非常に安いため、自宅にWi-Fiルーターを設置したい人は必ず候補に入れておきましょう。

口コミの評判

・手の平にも収まる小ささにもかかわらず家の端までしっかり届く!隠しルーターとしては何の文句もありません!
・あっけないほど簡単設定、うちは木造二階建てですが二階に設置して余裕で一階のどこでもつながります。しかし無線LANも安くなったな~。ところでこの製品はアダプタというものがなくPCなどでUSB供給する電源です。つまりタブレットなどで使う場合、別途USBがつなげる電源アダプタが必要になるので注意です
・大半のホテルのWi-Fi強度が弱すぎて話にならないので購入。LANコネクタからLANケーブル繋いで、USB B タイプのケーブルかACで電源を取るだけで接続でき、11ac対応で2000円以下で買える。ホテルから自宅のテレビ録画したもの、PS4のリモートプレイが遅延しない。
・本当に小さくてびっくり。取り巻き式のLANケーブルも購入したのですが、大きさは五分五分です。初期設定は簡単で、あまり設定できる項目がありませんでした。変更が必要なのはSSIDくらい。あとはそのままで十分でした。ホテルでは、イーサネットポートがあれば簡単に接続できます。

4位:バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS

バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS

バッファローの据え置きタイプの確かな性能のWi-Fiルーターです。

スタイリッシュなデザインをしており、設置しても部屋のインテリアの印象を変えることがありません。どんな部屋にも馴染むのは大きなポイントです。

一人暮らし用のワンルームに最適なWi-Fiルーターとなっており、推奨利用環境は2人、6台となっているため、複数人で使用しても問題なく利用することができます。

手のひらサイズとなっているため、設置スペースを気にすることなくどこにでも置くことができます。

初期設定も非常に簡単で、機械が苦手な人も失敗することなくWi-Fiルーターの設定を行うことができます。

ビームフォーミング機能も搭載しているため、部屋のどこでスマートフォンを使っていても安定した高速通信が可能となります。

通信速度を気にする人でも大満足できるWi-Fiルーター。スマートフォンだけでなくテレビやゲーム機でもWi-Fiルーターを使いたいと考えている人は、このWi-Fiルーターが最適です。

口コミの評判

・11acの規格がiPhone6sとMacBook proに対応していたため購入を決めました。初期設定はとても簡単。9畳の部屋では十分すぎる範囲をカバー。コスパ良し。1人暮らしでWi-Fiをよく使う人にはこれ以上ないほど最適なルーターだと思います!
・本体が小さくて邪魔にならず11ac対応でこの値段はびっくりしました。設定も簡単ですぐに使えました。
・文句ありません。パーフェクトです。するする動きますし、サイズもコンパクトで場所をとりません。
・小さいので場所を取らず、地味な外見なので周辺にとけ込んで良い感じです。有線LANは差し込みが1つしかありませんが、1つしか使わないのでちょうど良かったです。

3位:TP-LINK WiFi 無線LAN ルーター Archer C50

TP-LINK WiFi 無線LAN ルーター Archer C50

4本の外付けアンテナで広範囲をカバーすることができるWi-Fiルーターです。

安定感のあるスタイリッシュなデザインとなっており、4本のアンテナが備え付けられている。このアンテナによって広範囲に電波を安定して届けることができるため、通信が途切れるのを防いでくれます。

最新のWi-Fi規格に対応しており通信速度を非常に高めることができます。またデュアルバンドを採用しているため。同時に発信している2種類のWi-Fiから選択することが可能。複数の通信機器を利用してあり複数人で使用する場合にも通信速度の低下を防ぐことができます。

有線LANポートを4つ搭載しているため、パソコンやテレビなどさまざまな通信機器を有線接続しても十分に余裕があります。

壁掛け可能になっているため、設置する台などを用意できない場合には壁にぶら下げておくことができます。これまでにないWi-Fiルーターの設置スタイルが可能となりました。

値段が安いのもポイントで、同じような性能のWi-Fiルーターに比べて安くなっています。

一人暮らしで使用するには十分な性能を兼ね備えているWi-Fiルーター。指向性を変えられる外付けアンテナタイプのWi-Fiルーターを選びたいなら、これがオススメです。

口コミの評判

・安定志向でずっと有線で使用していたのですがタイムセールで本品を入手でき無線化してみました。2階建て家屋の隅々まで届きます。予想外だったのは無線の方が速度向上した事です。良い買い物でした。
・安いのにそこそこ速度も出て、いいと思います。今まで使っていた無線ルータでは、無線LAN経由でプリンタが使えなかったのですが、あっさりと使えるようになりました。
・縦型の無線LAN親機と比べ場所を取りますが、この価格でこのスペックなら高いものを買う必要が無いと思います。
複数台動かす場合は、子機のスペックもあるのでこれで十分だと思います。
・使用していたルーターが壊れてしまったので、こちらへ買い替えしました。接続も簡単で、すぐに接続できます。また、2階の部屋でも問題なくWIFIが使えます。

2位:バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N

バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N

バッファローのワンルーム向けのWi-Fiルーターです。

本格的な性能と機能を兼ね備えているWi-Fiルーターで、無線LANはもちろんのことを有線LANのことまでしっかりと考え抜かれています。

推奨利用環境は1人、3台となっているため一人暮らしには十分です。パソコンやスマートフォンを同時に使う場合にも問題なく使用することができます。

コンパクトサイズとなっているためワンルームの狭い部屋の中でも設置場所に困ることがありません。縦置きと横置きの両方が可能なため、空いたスペースに無理なく設置することができます。

初期設定も非常に簡単で、スマートフォン用アプリからも設定することができます。

ゲストポート機能が搭載されているため、来訪者にもスマートフォンやパソコンを簡単に接続させることができます。

3つの有線LANポートを備えており、さらに全ポートがギガ対応となっているため、高速の通信回線を契約している人は無駄なく通信回線の本領を発揮させることができます。

スマートフォンだけでなくパソコンやテレビを有線LANでもつなぎたい人に最適なWi-Fiルーター。自宅で快適なインターネット環境を整えたいなら、このWi-Fiルーターです。

口コミの評判

・DELLのデスクトップ、iPhone5c、NECのタブレットの接続に使うために買いました。3機とも問題なく接続できました。
・簡単に接続出来て性能も良く値段も安く満足。買って良かったです。
・接続はつまらないほどに簡単。電波強度無問題。2年間ノートラブル。抜群の安定性。ギガビットLAN対応がなにげに優秀。
・本日、設置、設定しましたが、何の問題もなくパソコンとスマホに接続出来ました。コスパの高い商品だと思います。

1位:バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4

バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4

バッファローのワンルームには十分な性能と機能を兼ね備えているWi-Fiルーターです。

2階建て、3LDK向けのWi-Fiルーターであるため、一人暮らしのワンルームには十分すぎる性能と機能を兼ね備えています。ただし値段が劇的に高いわけではないため、非常にコストパフォーマンスに優れたWi-Fiルーターと断言できます。

最新のWi-Fi規格に対応しており、高速通信も問題なく行うことができます。また推奨環境が3人、9台となっているため、通信機器が多かったり複数人がWi-Fiルーターを使用したりしても、通信速度が低下することも通信が不安定になることもありません。

有線ポートはギガ対応となっているため、安定した高速のインターネット接続が可能となっています。パソコンをよく使う人も大満足することができます。

デザインもスタイリッシュですっきりとしており、初期設定も非常に簡単。

スマートフォンを使用する時には非常に嬉しいビームフォーミング機能も搭載されているため、部屋の形状がいびつだったり部屋の中心にWi-Fiルーターを設置できなくても安定した高速通信が可能です。

値段を考えると非常に高性能なコストパフォーマンスに優れているWi-Fiルーター。費用対効果を考えれば、一人暮らしでもこのWi-Fiルーターで決まりです。

口コミの評判

・パソコンとスマホ用に購入。以前、無線LANルーターで失敗したので不安だったのですがこちらは繋げてすぐOKというシンプルな仕様でした。スマホもWi-Fiが無事に使用が出来て特に問題ありません。今度ゲームの方でも試してみたいと思います。
・初心者同然の私でもすぐに立ち上げられました。説明書見ながらやれば一発でした。ありがたいです。
・価格コムで上位にランキングされているだけあってパワーがあります。一人暮らしのマンションには十分だと思います。
・設定もそんなに難しくなく、容易に無線が使えるようになりました。サイズも程良いので邪魔になりません。コスパはいいと思います。

まとめ

一人暮らしの場合にはどれくらいの性能のWi-Fiルーターを選べばいいか迷ってしまうものです。

使い方によって最適なWi-Fiルーターは大きく変わるため、誰もが満足できるWi-Fiルーターは存在せず、普段のネット回線の使い方によって選ぶべきWi-Fiルーターも決まります。

昔に比べてWi-Fiルーターの値段は非常に安くなっているため、多少、オーバースペック気味のWi-Fiルーターを購入しても大した金額になりません。そのため迷った場合には、ワンランク上のWi-Fiルーターを選んでおけば間違いありません。

どれだけ高性能なスマートフォンや高速回線を契約しても、Wi-Fiルーターの性能が低ければ全く意味がありません。快適なデジタルライフを送るためにも、使い勝手に優れたWi-Fiルーターを妥協することなく探しましょう。

Wi-Fiルーター(無線LAN)関連の記事は以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 必要性から安くなる方法まで

マンション向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 設置場所から必要機能まで

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一戸建て向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 2階も3階もつながる

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 職場のネット環境改善に

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方や選び方からデスクトップ設定まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , , ,