シーラーのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 真空パックで業務用から卓上ハンディタイプまで

   

人気のシーラー

せっかく作った常備菜や開封したものの食べきれなかった食品が、温度と湿度によってすぐに腐ってしまうことがあります。できるだけ冷やしておけば消費期限を延ばすことはできますが、冷凍庫で保管するのにも限界があります。

そんなときには、袋の中で食品を完全に密閉して真空パックにすることができるシーラーを使うことで、食品の保存期間をグンッと長く延ばすことができます。

そこで今回は、賢い食品の保存に大活躍する真空パックできる機械であるシーラーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。自宅での真空パックから、業務用タイプ、卓上タイプ、ハンディタイプなど、幅広いシーラーをご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

シーラーとは?

そもそもシーラーとは、どのような機械なのでしょうか。まずはあまり一般的ではないシーラーの基本について知っておきましょう。

袋の封をする機械

ビニール袋などで包装されている食品は、袋が圧着されて完全に密閉された状態で販売されています。食品を取り出すときには、当然、封を開けますが、この封を閉めることができるのがシーラーです。

シーラーを使えば、まるで封を開ける前の食品のように密閉することが可能となります。

また専用のビニール袋が用意されているシーラーも存在しており、食品を中に入れて密閉することによって食品を外気から完全に遮断することができるようになっています。

食品の賞味期限が延びる

食品の腐敗は、雑菌が食品に繁殖することで発生します。空気に含まれる雑菌が食品に付着することで食品の腐敗は進みます。

シーラーは、食品と空気を完全に断絶することができるため、食品に雑菌が付着することを防ぐことができます。その結果、食品の腐敗を遅らせることができます。

もちろん食品の腐敗スピードは、食品に含まれている成分や環境によっても変化しますが、一般的な食品の保存方法よりもはるかに安全性の高い衛生的な保存が可能になります。

食品をまとめ買いしたときには、使いきれずに腐らせて捨ててしまうこともありますが、シーラーがあれば食品ロスを減らして無駄なく最後までおいしく食品を使い切ることができます。

食品の状態変化を防ぐ

腐敗に限らず、食品は時間が経過すると劣化します。酸素と反応して酸化したり、湿気を帯びて乾燥していた食品がしけったりするのが分かりやすい例です。

シーラーを使って食品を密閉状態にしてしまえば、さまざまな食品の状態変化を防ぐことができます。食品のおいしい状態をできるだけ長持ちさせることができます。

食品ラップなどでは絶対に不可能な完璧な食品保存が可能となります。

業務用だけでなく家庭用がある

シーラーというと業務用の製品が思い浮かびますが、現在ではシーラーも小型化が進んでおり、家庭で使用できるコンパクトな家庭用シーラーも多数販売されています。

業務用シーラーは、袋を圧着して密閉するだけの機能の製品が多いですが、家庭用シーラーは空気を抜いて真空状態を作り出し真空パックにできる製品が多くあります。

そのため家庭用シーラーを探している人も業務用シーラーを探している人も、家庭用や業務用に縛られず必要な機能を兼ね備えているシーラーを探しましょう。

真空パックにできるタイプがある

家庭用シーラーと業務用シーラーで説明した通り、シーラーの中には真空パックにできるタイプのものがあります。

食品の劣化は、空気に含まれる酸素や水分、細菌が主な原因ですが、真空パックにすることで空気による食品へのダメージを最小限に抑えることができます。

食品自体に少量でも細菌が含まれていれば真空パックにしても腐敗が進みますが、それでも通常の腐敗スピードの1/50程度に抑えることができます。

さらに真空パックにした状態で加熱殺菌をして細菌を完全に死滅させることができれば、理論上、袋の封を開けるまで半永久的に食品の腐敗を防ぐことができます。

そのほか耐熱性があり頑丈な袋を使用すれば、真空パックにした状態で湯煎することで食品を効率よく調理することが可能。栄養素が壊れにくい調理も可能です。

もちろん市販されている食品で使われるような業務用の本格的な真空パックができるわけではないため、多少の空気が入り込んでしまいますが、それでも普通に食品を保存するよりもはるかに衛生的な状態を長く保つことができるようになります。

真空度は70%程度

真空パックにできる真空パックシーラーですが、その真空度が気になるところです。

JIS規格において、袋の中が減圧した状態を真空と表現して良いとされているため、空気を抜く機能が搭載されているシーラーはその多くが真空パック機と名乗っています。

しかし実際には、食品工場で広く普及しているチャンバー式の真空包装機とは真空度が大きく異なります。

チャンバー式の真空包装機は、最大99.9%の真空度を実現することができますが、真空パックシーラーでは70%程度の真空度しか実現することができません。

そのため市販品の真空パックのように完全に空気を抜くことができるとは考えないようにしましょう。

ただし汁気の多い食品なら、空気を極限まで少なくすることが可能。袋に詰める食品次第で、かなりの精度で空気が抜けることも事実です。

真空パックをするために真空パックシーラーを探す場合には、真空度が70%程度であることを頭に入れておきましょう。

ハンディタイプがある

シーラーはある程度のサイズ感となっていますが、中にはシンプルに袋を圧着して再び封をすることができるハンディタイプのシーラーもあります。

ハンディタイプのシーラーは、コンパクトで使いやすく誰でも簡単に扱うことができます。

封を開けた食品を食べ切ることができなかった場合、多くは密閉容器に移したり輪ゴムで口をふさぐことくらいしかできません。

しかしハンディシーラーがあれば、食品が入っていた袋の素材にもよりますが、開けてしまった封を再び閉めることもできます。

手軽に簡易的な保存ができるようになるのがハンディシーラーです。

値段は意外に安い

シーラーというと業務用としても使われる本格的な機械であるため、高額で家庭で使用するのは値段的に難しそうに思えてしまいますが、実は意外と安い機械です。

真空パックにできる高機能タイプのシーラーであっても1万円以下で手に入れることが可能。安いものなら3000円程度でも購入することができます。

ただし値段が安いシーラーは、しっかりと封ができなかったり、空気をしっかり抜くことができなかったりする粗悪な製品もあるため注意が必要です。

シーラーの使い方

あまりなじみのない機械であるシーラーは、使い方についても皆目見当がつかないのも当たり前です。

それではシーラーは、どのようにして使うのでしょうか。シーラーの具体的な使い方をチェックしておきましょう。

シーラー選びの際にもシーラーの使い方が分かっておけば、想定する用途に合っているかイメージしやすくなります。

シーラーの基本的な使い方

1.シーラーの加熱時間を設定する
2.密閉したいものが入った袋の口をシーラーのレバーではさむ
3.袋を圧着する
4.圧着できればレバーを上げる
5.しっかり圧着されて袋が密閉状態になっていることを確認する

シーラーは、熱によってビニールの袋を溶かしてくっつける構造となっています。そのため袋や圧着具合に応じて、事前に設定をしておく場合がほとんどです。

準備さえ整っていれば、あとは袋をレバーで挟み込んで圧着するだけです。熱くなったレバーで自動的に袋が圧着されます。

シーラーによっては、専用の袋が指定されている製品もあるため、シーラーと袋の相性などもチェックしておきましょう。

真空パックシーラーの使い方

1.シーラーの脱気時間と加熱時間を設定する
2.脱気するために必要なノズルを出す
3.ノズルを袋に挿入してレバーで袋の入口を挟めるようにする
4.レバーを下す
5.脱気開始ボタンを押して脱気する
6.袋を圧着して脱気した状態で封をする
7.真空パックできたことを確認する

真空パックシーラーの場合には、封をするだけのシーラーとは違い脱気作業が必要になります。

脱気作業とは空気を抜く作業のことで、事前に袋の内部を真空状態にしてから封を閉じることで真空パックにすることができます。

真空パックシーラーの使い方少しややこしいですが、慣れてしまえばたいして難しい作業ではありません。

ポイントとなるのが脱気作業。真空パックしたいものを広げて空気を抜けやすくすることで、より高精度の真空パックを可能にします。

また水分が多いものは、脱気作業の際に汁などがシーラーに吸い込まれて故障する原因になります。そんな場合には、水分が多いものに対応している専用の真空パックシーラーがあるため、水分に対応している真空パックシーラーを使うようにしましょう。

ハンディシーラーの使い方

1.開封した袋の口を伸ばす
2.袋の端をハンディシーラーで挟む
3.ハンディシーラーをスライドさせながら袋を圧着する
4.袋が密閉されたことを確認する

基本的な原理はシーラーと同じで熱によって袋を圧着します。

スライドさせることで、スライドさせた部分が簡単に圧着され、袋を開封前のような状態にすることができます。

ポイントは、袋を伸ばして圧着しやすい状態にしておくことです。袋が折れ曲がって重なっていたりすると、その部分がうまく圧着できず密閉状態を作り出すことができなくなる場合があります。

しっかりと袋を伸ばしてムラなく均一に圧着できるようにしておきましょう。

シーラーの選び方のポイント

シーラーを選ぶときには、具体的にどのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。シーラーの選び方のポイントを確認しておきましょう。

性能

シーラーは、袋をしっかりと圧着して完全に封ができなければいけません。

シーラーの中には圧着が弱く、しっかりと食品を密閉できない粗悪な製品もあります。

基本性能が低いシーラーを選んでしまうと、どれだけ多機能で便利そうに見えても使い物になりません。

必ず基本性能がしっかりとしているシーラーを選ぶようにしましょう。

タイプ

シーラーは大別すると、通常のシーラー、真空パックシーラー、ハンディシーラーの3種類があります。

通常のシーラーは、袋の封をすることしかできず、真空パックシーラーなら空気を抜いて真空パック状態にすることができます。

ハンディシーラーは、コンパクトで使いやすいものの非常に快適なシーラーです。

また真空パックシーラーの中には、水分が多い食材を密封することができる専用機能が搭載されている製品もあります。

シーラーといってもタイプによって機能や使い方が異なるため、必ず使用目的に合ったタイプのシーラーを購入するようにしましょう。

サイズ

シーラーは、大きさによって密閉できる袋の大きさも変わります。

大きな袋を密閉したいなら、袋の大きさより大きなサイズのシーラーが必要になります。

密閉した袋よりも小さいシーラーを選んでしまうと、しっかりと密閉できず使い物にならなくなってしまいます。

家庭でシーラーを使用するなら袋の大きさを変更すれば対応することも可能ですが、業務用として規格のある食品をシーラーで密閉しようと考えているなら、応用することができなくなります。

一方で大きすぎるシーラーを選んでしまうと、設置スペースを圧迫して使い勝手が悪くなります。使用するときにだけ取り出したり持ち運んだりする場合にも、大きさと重さが欠点となります。

そのため使いやすさと設置スペースの両方を考慮して最適なサイズ感のシーラーを選ぶようにしましょう。

圧着できる袋の幅と厚さ

シーラーによって、袋を圧着できる幅と厚さは変わります。

パワーが弱いシーラーでは、分厚い袋を圧着することはできず、また幅も狭いためしっかりと密封することができません。

パワーのあるシーラーなら、袋の厚さを選ばずに使用することができ、しっかりと圧着できるためいつの間にか袋が開封していたというようなトラブルを防ぐことができます。

特に水分が多い食品を密閉する場合には、しっかりと圧着できていなければ水分が流れ出る危険性があります。

シーラーの用途や使用する袋、保存したい食品に合わせて十分に密閉できるシーラーを探してみましょう。

耐久性

値段が安いシーラーの中には、耐久性が低いものもあります。

耐久性の低いシーラーは、簡単に壊れてしまうため長く使うことができません。

シーラーを選ぶときには、性能や機能ばかりを追い求めてしまいますが、長く使うことを考えれば耐久性にも目を向けておく必要があります。

操作性

シーラーは、それほど操作が難しい機械でありませんが、年配者や機械が苦手な人が使用する場合にはできるだけ分かりやすくて簡単な操作部を採用している操作性の高いシーラーを選びましょう。

真空パックシーラーは、袋を密閉する作業だけでなく脱気する作業も必要となるため作業が複雑化します。操作部が分かりやすく操作性に優れているシーラーなら、誰でも直観的に迷うことなく使用することができます。

操作性にも注目してシーラー選びをしてみましょう。

静音性

普通のシーラーなら使用時に大きな音は出ませんが、真空パックシーラーを使用する場合には音に注意する必要があります。

空気を吸引するときに音が発生するため、真空パックシーラーを使用する場合には騒音から逃れることはできません。

ただしできるだけ音が小さい真空パックシーラーなら選ぶことができます。

使用する時間帯によっては音が気になる場合もあります。できるだけ騒音を抑えたい場合には、静音性に優れた真空パックシーラーを探してみましょう。

価格

シーラーは製品によって値段が大きく異なり100円の製品から70万円を超えるような高性能な製品まであります。

基本的には、機能が複雑になるほど値段が高くなり、脱気機能が付いている真空パックシーラーは比較的値段が高くなっています。

また分厚い袋でも圧着できるような業務用シーラーは値段が高くなる傾向にあります。

試しに使ってみるなら数千円のシーラーを使ってみるのもアリですが、性能な耐久性を総合的に考えれば1万円前後のシーラーを選んでおくことをオススメします。業務用に使用しようと考えているなら、ある程度、高性能なシーラーを選んでおきましょう。

ハンディシーラーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、誰でも簡単に使えてスナック菓子の袋などを閉じておけるハンディシーラーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、使いやすさ、操作性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

3位:Rytaki ヒートシーラー ハンディシーラー ポータブル

Rytaki ヒートシーラー ハンディシーラー ポータブル

手軽に食品を再密閉することができるハンディシーラーです。

手に持って袋の口を挟み込んでスライドさせることで密閉できるハンディシーラーで、同時に不要なビニールを切断することができるカッターも搭載されています。

高性能な過熱部品を採用しており、予熱不要で瞬時にピタッと袋を圧着することができます。

単三電池を2本使用するコードレスタイプのため場所を選ばず使用することが可能。使いたいときにサッと取り出して使うことができます。

磁石付きで冷蔵庫などに貼り付けておくこともできます。

ダブルシーリングとなっているため、しっかりと食材を密閉することができます。少しくらいの衝撃では袋が開くこともありません。

手軽に使えて非常に便利なハンディシーラー。スナック菓子などを気軽に閉じるためにシーラーを使いたい人にピッタリです。

口コミの評判

・肝心のシーラーは一度に二重にシーリングできていて、密閉度も高いです。
・ちょっと練習した。上手になりましたよ。1本2役で、とても便利です。
・これから湿気やカビなどが気になるので、こうして密閉できるのは重宝しそうです!
・シーラーが欲しかったのですが、こちらはカッターとシーラーが一台で使えるものなので、購入してみました。練習用の袋が入っていたので早速カッターからためしてみました。スッと切れて切れ味もいいです。食品用、製作用などハサミを分けていたのですが、これで食品用にわざわざハサミを出さなくていいですね。

2位:ドリテック しっかり密封 ハンディシーラー HS-103

ドリテック しっかり密封 ハンディシーラー HS-103

シンプルかつ軽量でいつでも使えるハンディシーラーです。

発熱部にはニクロム線セラミックスチールを採用しており、袋を挟み込んでスライドさせることでキレイに袋を閉じることができます。

アルカリ単三乾電池2本で動くため、電源が必要なくどこでも使用することができます。

磁石が備え付けられているため、冷蔵庫に貼り付けておくことも可能。収納にも困りません。

安全カバーが付いているため、子どもが使っても安心。発熱部に触れて火傷するような心配もありません。

ポリプロピレン、ポリエチレン、塩ビ、アルミ蒸着袋など、幅広い素材に対応することができるハンディシーラー。デザインがシンプルなため冷蔵庫に貼り付けていてもインテリアの邪魔にならないのがポイントです。

口コミの評判

・ハンディタイプですので、乾電池式ですが、期待通りの性能で、お勧めです!ただし、熱圧着ですからコツは要ります。
・スナック菓子の袋は、だいたいシールできますので、湿気ったりせずに保管できてすごく便利に使っています。
・焼き切れそうな薄い物は紙に挟んでするときれいになります。
・まったく同じものではないですが、利用してました。この商品は、マグネットも付いていて置き場所に困りませんので、とても助かっています。いざというとき「さっ」と使えるのが気に入ってます。

1位:クリッカ ハンディシーラー USB充電式・マグネット付

クリッカ ハンディシーラー USB充電式・マグネット付

USBケーブルで充電できる非常に珍しいハンディシーラーです。

ハンディシーラーの多くは乾電池式となっており、どうしても乾電池が必要になるためコストパフォーマンスが落ちるという欠点を抱えていました。

ところがこのハンディーシーラーは、USB充電式となっているため乾電池不要で使用することができます。非常に経済的です。

最大充電すれば約45分間使用することが可能。頻繁に充電する必要もありません。

シンプルなデザインも特徴でスタイリッシュにオシャレに使うことができます。

まるでホッチキスのように、閉じたい部分を挟み込んでスライドさせることで圧着することが可能。熱でピタッと密封することができます。

磁石が付いていて冷蔵庫に貼り付けることができるため、収納場所に困ることもありません。

USB充電機能でどこでも充電することができる非常に便利なハンディシーラー。デザイン性の高さも魅力です。

口コミの評判

・使い方にコツが居る接着が甘いトキ、ちょっとたしで意外と便利です。
・100円ショップとかで売ってる物と同じ感覚でシールすると対象が薄い場合簡単に溶断してしまいますので注意。使い勝手いいですね。
・一回でしっかり閉じられて重宝しています。薄めのビニール袋は焼き切れてしまうので調整が難しいですが大体のものにはしっかり使用できるので使い勝手がいいです。マグネット付きで冷蔵庫に張り付けておけるのでいざ使うときに無くなりません。
・前に使っていた電池式ハンディシーラーはうまくシールできたりできなかったりでしたが、これは充電式で容量も大きく何度か使っても熱量が下がりません。ほとんど100%の成功率というのはすごいです。

シーラーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、家庭だけでなく業務用としても使えるシンプルなシーラーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、使いやすさ、操作性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:Stardust ヒートシーラー インパルスシール機

Stardust ヒートシーラー インパルスシール機

分厚い袋までしっかりと圧着することができるシーラーです。

業務用のシーラーで、パワーが特徴となっています。幅も 200㎜、300㎜、400㎜の3種類が用意されており、さまざまな袋の圧着に使用することができます。

食品の保存だけでなく、洋服やレコード盤サイズの梱包、ゴミ袋や肥料などの密封にも使用することが可能となっており、業務用としてさまざまな場面で活躍します。

シュリンクフィルムやエアーキャップ(プチプチ)も溶着可能で、アイデア次第で使える場面が多くあります。

温度を8段階に調節することができるため、袋の厚さに応じて温度を変えることができます。

コンパクトサイズになっているため、収納にも非常に便利です。

幅広い用途に対応することができる業務用のシーラー。食品以外の製品を袋詰めしたいときに利用しましょう。

口コミの評判

・セイニチ「ラミジップ」アルミタイプの溶着に使いました。メモリ「4」では溶着に難ありでしたが、「6」まで上げたら綺麗に溶着しました。
・業務用の名前に惹かれて購入。力もいらず、大量に作るのにすごく便利です。メッシュフィルターやアルミの袋など。店舗で販売する商品の梱包に役立っています。
・アームを降ろすだけのオンオフなので、とても簡単で使いやすいです。
・片面のシーラーですが表裏それぞれパッキングすると普通に使えます。コストパフォーマンスは良好!満足しました。

4位:見聞堂株式会社 高性能卓上シーラー シールくん

見聞堂株式会社 高性能卓上シーラー シールくん

高い性能ながら比較的値段が安いコストパフォーマンスに優れたシーラーです。

ビデオテープや書籍サイズの梱包、キッチンの材料や調味料袋など幅広い用途に対応しているシーラーで、食品以外の包装にも利用することができます。

シュリンクフィルムやエアーキャップ(プチプチ)も溶着可能になっています。

場所をとらないコンパクトサイズで、設置場所を気にすることなく導入することができます。またアルミダイカスト製のボディで堅牢性にも優れています。

操作部も非常にシンプルで、ダイヤルで直感的に加熱時間を調節することができるため、圧着する袋に合わせて最適な処理を行うことができます。

シール幅も2.4mmと広いためしっかりと圧着することができます。

強力に袋を閉じることができるシーラー。用途に合わせて好みのサイズを選びましょう。

口コミの評判

・小型で置き場所にも困らず、個人利用にはもってこいのシーラーです。
・とても使い易く、また、しっかりとシールが出来ます。重量感もあり簡易的な業務用としても長く使えそうです。
・本体もダイカスト製で頑丈です。本家の富士インパルスの過去バージョンのような商品ですが、実用には全く問題ありません。予備のヒーター線やテフロンテープも付いていますので、しばらくは活躍できそうです。
・野菜出荷用透明ポリエチレン袋をシールするのに使用していますが、1000袋以上シールしましたが、全く異常無くタフに使用しています。価格がかなり安いので、非常に重宝しています。

3位:富士インパルス ポリシーラー P-300

富士インパルス ポリシーラー P-300

業務用シーラーメーカーとして有名な富士インパルスのポリシーラーです。

シンプルで使いやすいシーラーで、準備加熱不要でいつでもすぐに使用することができます。

ポリエチレン、ポリプロピレン、ビニロン、ラミネートフィルムのシールも圧着可能。幅広い素材に対応しています。

シール終了後には音で知らせてくれるため、圧着のタイミングを逃す心配がありません。

ヒーター部分はガラスを素材にしておりフッ素樹脂コーティングがされているため、ビニールが付着して汚れるような心配もありません。

温度調整はダイヤル式で10段階となっており、ビニールに合わせて最適な温度調整ができます。

幅広い材料に対応していて場所をとらず使いやすい無駄のないシーラー。本格的で使いやすいシーラーを探しているならこれにしましょう。

口コミの評判

・圧着部が熱くならないことに驚きました。大変使いやすく、安全で良いと思います。
・はじめてのシーラーでこちらを購入しました。他にも安いのがいっぱいあり、この高い日本メーカーを買うべきか悩みましたが、やはり消耗品を考えたら安定して交換部品も入手できるし長い時間使える日本メーカー製に決めました。
・業務用にも使えそうですが、家庭用として使っても違和感なく便利に使えそうです。まだいろいろな材料で試していませんが、手持ちのビニールでは全く問題なくキレイに仕上がりました。後々のことを考えたらやはりコスト高でもこれをチョイスした方がいいと思います。
・圧着終了後の冷却時間がたつとお知らせ音が鳴る仕組みがついていました。誰が使用しても確実に仕上げることが出来るので、欠品率が0となり作業効率が上がり大変満足しています。

2位:富士インパルス ショップシーラー FS-215

富士インパルス ショップシーラー FS-215

コンパクトな卓上型テーブル装備シーラーです。

卓上型テーブルが付属しているため、閉じたい袋をテーブルの上に置いて作業を行うことができます。より正確で確実な圧着ができます。

小型で軽量のため店頭に置いて使用することが可能。ヒーター線を切り替えることで2㎜から5㎜幅のシールができます。

大きなポイントは冷却機能。多くのシーラーは加熱したままとなっているため、圧着後に圧着部分が熱くなっていますが、このシーラーは圧着後にしっかりと冷却してくれるため、熱くなった圧着部分に触れて火傷するような心配もありません。

冷却が自動的に行われ、冷却時間をお知らせしてくれます。

本格的な性能と機能を備えながら非常に使いやすく考えられているシーラー。圧着する袋が大きかったり重かったりするなら、このシーラーを活用しましょう。

口コミの評判

・富士インパルスの製品は初めて購入ですが、気楽に使いよかったです。
・商品価値をあげる為にプラスチック袋のシールの為に購入しました。予想通りに便利に使っています。
・以前足踏みのシーラーを使用してましたが今回購入した物はコンパクトで出し入れが簡単、かつシーラーがきちっとされると音がピーっと鳴りランプも変わりますので熱くなり過ぎてシワシワにならず丁度よくシーラーされてとても便利です。
・会社で使用するために購入しました。以前から旧式を使っていたのですがかなり老朽化してきたので買い替えをしました。旧式よりシール終了時にピーという電子音が鳴るので、シール終了の判断がしやすいです。私が買った事を知った別の部門でも早速購入していましたよ。

1位:富士インパルス ポリシーラー P-200

富士インパルス ポリシーラー P-200

富士インパルスのコンパクトでシンプルなシーラーです。

高性能かつ安定した働きで大人気となっている富士インパルスのシーラーの中でも最も手軽な卓上型シーラーです。

レバーを軽く押さえるだけで丈夫なシールが可能となっており、初めてシーラーを購入する人も安心して使うことができます。

圧着温度は10段階のダイヤル式で調整可能となっており、袋の分厚さに合わせて温度調整しながら圧着することができます。

本体が非常にコンパクトなため置き場に困ることはなく、移動するときにも軽量で簡単に持ち運ぶことができます。

シール後には、カッターノブの操作で余分な袋端をカットすることができます。わざわざシールした後に、余分な部分をカッターナイフで切る必要はありません。

カッターノブを使用することでチューブ状のフィルムを製袋加工することができます。

加熱と冷却を自動的に行ってくる優れもののシーラー。同じような機能を兼ね備えているシーラーと比べると値段が少し高いですが、耐久性の高さと使い勝手の良さを考えれば作業効率の違いは明白。仕事に使うならこのシーラーを選ばざるを得ません。

口コミの評判

・毎日使ってます。使い勝手がとてもいいです。2台目もこれにします。
・すごく使いやすくて、この値段も納得です。迷っているならぜひ買ってみてください。
・本当に買って良かったと心から思える商品です。とにかく使うのが楽しくてハマります!使い方が簡単、安全!コンセント入れたらすぐに使えるし熱くならないので恐いこともないです。だれにでも使えるし、使わない日はないです。というより使いたいw
・開封した袋はすぐ密封して保存できるのも重宝ですが手作りのお菓子などは既製品にしかみえない仕上がりになるのでプレゼントなどに喜んでもらえます。もっと早く買えばよかった!

真空パックシーラーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、空気を抜くことで長期間の食品保存が可能な真空パックシーラーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、使いやすさ、操作性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

8位:Crenova 自動真空パック シーラー脱気 VS200S

Crenova 自動真空パック シーラー脱気 VS200S

自動的に真空パックにしてくれる脱気シーラーです。

専用のパックに食品を入れてセットすれば自動的に真空パックにしてくれるシーラーで、さまざまな食品を家庭で簡単に真空パックにすることができます。

汁気があるものにも対応しているため、料理などの真空パックにもオススメです。

圧着部は3㎜幅と広く、しっかりと真空パックすることができます。最大横幅28㎝となっており、大きな食材も真空パックにすることが可能。

真空パックにするために必要な時間は20秒程度で、スムーズに真空パックを作ることができます。

またキャニスターホースが付属しているため、容器から空気を抜くことで容器に入れた食材を真空パック化することができます。

手軽に自宅で真空パックを作ることができるシーラー。冷蔵庫のスペースを最小限にすることができるため導入するだけで生活が一変すること間違いありません。

口コミの評判

・初めての真空シーラーです。他との比較はできませんが、使い方は簡単です。説明書がなくても直感的に操作できます。ちょっと厚めのポリ袋(ジップロックなど)であれば、専用品でなくも使用可能です。
・初めての真空パックです。今まで、難しそうだから敬遠していましたが、めちゃくちゃ簡単にできます。ボタン1つで真空パックにできちゃいます。コツとかはありません。誰でも簡単にできると思います。最初は、説明書が分厚くて難しいかと思いましたが適当にやるだけで使えました。
・自動で吸引シ―ルが出来て簡単に出来ました、使いやすく小型ですけどしっかりです。
・パックをはさんで、蓋がカチンとしまるまで押し、左右のロックができたら、スイッチON。真空が始まり、自動でシーラーに切り替わり終了。一呼吸おいて冷めたところで開ければしっかりくっついています。

7位:solacle 卓上脱気シーラー DUCKY 真空パック器 AS-D-oriki

solacle 卓上脱気シーラー DUCKY 真空パック器 AS-D-oriki

湿気の多い食品も水分を気にすることなく脱気できる真空パックシーラーです。

真空パックシーラーは、汁気の多いものを真空パックすると、成分が真空パックシーラーに吸い込まれて故障の原因となってしまいます。そのため汁気の多いものを真空パックするときには注意が必要になります。

しかしこの真空パックシーラーは、汁気の多いものでも問題なく真空パックできるように設計されており、さまざまな食材を真空パックすることができます。

市販の安価な真空袋を使えるようになっているため、専用の包装資材を揃える必要がなくコストパフォーマンスを高めることができます。

軽量でコンパクトな設計となっているため使用場所を選びません。どこでも使用することができます。

圧倒的なランニングコストの安さを実現した家庭用にも業務用にも利用することができる真空パックシーラー。汁物に強いため汁気が多いものをよく真空パックする人はこの真空パックシーラーで決まりです。

口コミの評判

・玄米やもち米などを真空パックします。ちゃんとガチガチ真空パックできます。液体はまだ試していません。
・冷凍庫を整理するためと、真空調理に興味があったので購入。ジップロック的な袋とは違いピッチリと固められ、氷がついて食味が悪くなるのが目に見えて改善されているように思える。液体もギリギリまで吸え、ノズルも簡単に掃除出来る。よく考えられていると感心する。若干力が必要だが、全体的には大満足。
・以前使用していました機器の比べ、脱気力も素晴らしく大変良い機器です。又、使い勝手もよく気に入りました。
・真空脱気の機械です。専用袋ではなく、安価な業務用の真空袋が使用出来るため、ランニングコストに優れていると思います。

6位:パナソニック 密封パック器 BH-951P

パナソニック 密封パック器 BH-951P

パナソニックの空気を抜いて食品を長持ちさせることができる密封パック器です。

パナソニックの専用のパック袋を使用することで、短時間で脱気できる家庭用真空パック器。パナソニックらしい細かな設定が大きな特徴です。

バックする食材に合わせて脱気モードを選択することができるため、食材に最適な脱気を実現することができます。食材の保存がより長期間できるようになりました。

また脱気機能を使わずシール機能のみを使用することも可能。食品によっては脱気が不要なものもありますが、そんな食品にも細やかに対応することができます。

最大シール幅は300㎜あるため、多くの食材に対応することができます。脱気シール時間も約8秒と非常に短く、短時間で多くの食品を真空パックにすることができます。

ほかの真空パックシーラーにはない細やかな設定が魅力のシーラー。真空パックにする食品が多岐にわたる場合には、この真空パックシーラーをオススメします。

口コミの評判

・やや小型のパックですが、中の空気も良く抜け、一般仕様では充分に満足できる製品だと思います。消耗品となるパックはやや高めと。使用目的を考えれば優れていると思います。音は多少ありますが、機能的に問題ありません。
・価格と品質のバランスに満足しております。
・家族が少なくなり、一度に使用する食材が減ったので、新鮮に保存できるよう購入。お肉など1回分づつパックし冷凍。野菜も同じです。魚も1匹づつパックしてます。とくに小麦粉、パン粉の保存に良い感じです。専用のビニールが高めですが、食材を腐らせて捨てるよりは、気持ちも経済的にも気分が良いです。
・母が欲しいというので購入させていただきました!さっそくいろんな物を真空パックしてます。弱でも十分真空パックできるそうです。母がとっても喜んでおります。どの器械にしようか散々迷いましたが、やはり有名どころを選んで正解でした!

5位:Hiton 多彩な自動真空パック 真空シーラー フードシーラー 真空パック器

Hiton 多彩な自動真空パック 真空シーラー フードシーラー 真空パック器

真空パックだけでなく容器から空気を抜くこともできる真空パックシーラーです。

多機能の真空パックシーラーですが、使い方は非常に簡単。袋に食品を入れてから真空パックシーラーにセットすれば、あとは自動的に真空パック化してくれます。

大きな特徴が真空ホース。真空ホースを使って容器につなげば、容器の中の空気を吸引することができます。

作業時間は10秒以内と非常に短く短時間で真空パックを作り出すことができます。

通常の保存方法よりも6倍長く新鮮な状態を保つことができるため、食品ロスを減らすことができます。

機能ボタンとLEDの表示パネルによって操作性に優れており、誰でも簡単に扱うことができます。

モードを選択することで食品の形状を保ちながら保存することも可能です。

多機能ながら値段が非常に安く、コストパフォーマンスに優れているのも大きなポイントです。

使い勝手に優れている多機能な真空パックシーラー。幅広い食品を真空パックしたい人にピッタリです。

口コミの評判

・いつも肉や魚を買って余ったら、ラップをして冷凍してましたが、やはり時間が経つにつれて冷凍焼けしてたので、この真空シーラーで保存期間が大分伸びるのとやっぱり鮮度が違いますね。大量に買って小分けにして使ってますね。使い方も至って簡単なんでとても便利です。これから我が家では大活躍です。値段も比較的割安だったんで良かったです。
・操作も簡単で、キレイに真空パック出来ました。これから、色々活用出来そうで楽しみです。
・とても簡単に真空パック化できました。残り物や予備として素材を冷凍庫に入れて冷凍したらより長く保存できるから、実用性を実感できました。
・小型で運び安く、ボタンも一つしかなくて、操作は簡単です!とても使いやすいです!付いてる真空パックも厚くて、しっかりして、長く持ちます。

4位:家庭用 真空パック器 真空パックん plus プラス

家庭用 真空パック器 真空パックん plus プラス

簡単に使えて多機能なため狙い通りの脱気ができる汎用性の高い真空パックシーラーです。

使い方が非常に簡単で、内蔵されているロールから袋を作ってセットするだけで簡単に食品を真空パックにすることができます。

脱気モードが搭載されているため、さまざまな食品の形を崩さずに真空パックにすることができます。例えば柔らかいパンや割れやすいせんべいも、最適な脱気モードを選ぶことで形を崩さず真空パックにできます。

ユニークな機能としてマリネ機能を搭載しており、脱気と空気を入れることを繰り返すことで浸透圧を利用して少ない調味料で味を染み込ませることができます。たった6分でマリネを作ることができます。

そのほか専用キャニスターホースやボトルストッパーを使用すれば、容器内の空気を抜くこともできます。

真空パックを作る以上に活躍する場面がある真空パックシーラー。真空パックシーラーの力を最大限発揮したいなら、器用なこの真空パックシーラーを試してみましょう。

口コミの評判

・食品の長期保存には欠かせませんね。筍の保存のために購入しましたが、水分のある物の真空パックにはコツが必要です。
・簡単に使えて収納にも場所取らないので、普段からちょくちょく使ってます。特に肉類は安い時に買い溜めして小分けして冷凍しとくと便利ですね!
・思った以上に良い品でした。密閉の具合よく使い方も簡単でした。すごく悩んで買ったんですがこんなにいい物ならもっと早く買えば良かった。悩んでいる方にオススメします!
・ミートソースの具など沢山作りおき冷凍。湯煎出来るのでとっても便利。

3位:真空パック器 自動真空パック器 EIVOTOR

真空パック器 自動真空パック器 EIVOTOR

コンパクトながらハイパワーで真空パックしてくれる真空パックシーラーです。

真空パックシーラーに求められる機能をしっかりと詰め込んでいる多機能な真空パックシーラーとなっており、なおかつ比較的値段が安いため試しに使ってみることもできます。

80Wのハイパワーで強力に真空パックしますが、騒音を抑えており静音性に優れています。

ドライモードとウェットモードを搭載しており、食材の状態に合わせて最適な真空パックモードを選ぶことができます。

使い方も非常に簡単で、食材をバッグに入れてセットしボタン押せば後は自動的に真空パックされます。

操作状況はライトで知らせてくれるため、状況を一目で確認することができます。

初めて真空パックシーラーを使う人にも優しいコストパフォーマンスに優れている真空パックシーラー。軽量で置き場にも困らないため、とりあえず真空パックシーラーを使ってみたい人にピッタリです。

口コミの評判

・多少汁気のあるものもちゃんと真空できます。今の所漏れとかもありません。値段が値段だけにもう少しチープかなと思っていましたが機能的にも見た目も文句ありません。
・軽量でコンパクトなので場所を取りません。シンプルなブラックのデザインもキッチンインテリアとして邪魔に写らず気に入りました。自動ワンタッチで使いやすく2つのモードが選択出来、真空シーラーの機能が完了すると自動で停止してくれるので操作もとても簡単でした。
・早速こちらの商品でローストビーフを作ってみましたが、しっかりと密閉出来ており、かなりコスパが高いと感じました。余ったプチトマトや、小口切りにしたネギなど、これを使うときっとりと保存も出来るので、腐って使えなくなるというのがなくなりました。
・袋を挟んでボタンをワンプッシュするだけでシッカリと圧縮でき凄く簡単で使いやすくて良かったです。本体に袋も入っているので届いてすぐ使えたのが良かったです。

2位:アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー VPF-385T

アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー VPF-385T

アイリスオーヤマの低価格ながら便利に使うことができる真空パックシーラーです。

簡単に操作ができてシンプルに使うことができる真空パックシーラーとなっており、雑菌の繁殖を1/5に抑えて美味しさを長く保つことができます。

使い方が非常に簡単で、専用ロールをセットにカバーして閉めてスタートボタンを押して袋状態にします。そこに食材を入れてからセットしてスタートボタン押すだけで、自動的に空気が抜けて真空パックにすることができます。

最大のポイントは専用のロールが販売されていること。専用ロールを使用することで、確実に長く食品を保存しておくことができます。

専用ロールは、冷凍、湯煎、電子レンジで使用することができ、耐久性に優れているため長時間の保存にも向いています。

しっかりと脱気して食品を長く保存することができる真空パックシーラー。操作が非常に簡単で使いやすく値段も安いため、真空パックシーラーを使ったことがない人はとりあえずこの真空パックシーラーを試しみましょう。

口コミの評判

・28cm幅のロールパックに合うものを探してました。使い方も簡単で良かったです。
・猫の餌の保存に使ってます。餌を大袋で買って、これで小分けにパックしてます。これを使うと餌の香りが飛ばないので、最後まで美味しく食べてくれます。
・これはいい。いろんなものを真空パックしています。スーパーの冷凍もの売り場で、こんなものまでできるのかと参考にして、家庭菜園で収穫した野菜と、釣りの魚の保存に本当に大活躍しています。
・海釣りが趣味ですが、釣ってきた魚を全部すぐには食べることができないので、これで真空パック&冷凍して、好きな時に食べてます。アイリスオーヤマということで少し品質を心配しましたが、ぜんぜん大丈夫。

1位:フードシールド 業務用 真空パック器 JP290

フードシールド 業務用 真空パック器 JP290

圧倒的なパワーで強力に圧着することができる真空パックシーラーです。

業務用に使用できるハイパワーの真空パックシーラーで、低価格の真空パックシーラーでは不可能な真空度を実現することができます。

その圧着の強さも大きな特徴で、5㎜幅と通常のシーラーの2倍以上の幅で圧着するため、簡単に圧着部分が開いて食品が出るような心配もありません。

操作は4つのボタンでこなすことができ、操作性に優れていて誰でも簡単に扱うことができます。機械が苦手な女性も安心して活用することができます。

水分分離容器を搭載しているため、汁気の多い食品を保存することも可能。もちろん乾燥した食品も問題なく長期間にわたって保存することができます。

非常に強力に真空パックにすることができるパワフルな真空パックシーラー。圧倒的な性能ながら値段が非常に安いため、しっかりとした真空パックシーラーを探しているならこれを選んでおけば間違いありません。

口コミの評判

・こちらの製品は1タッチで全て行うのでは無く脱気、シールが別ボタンになっており、脱気ボタンを押し十分に空気が抜けた事を確認してからシールをする事が可能です。シール時間も細かく指定できるので非常に便利です。
・吸引時間も自分で決められシールもしっかり出来る。自動シールと違い、空気が吸いきれないままシールされる失敗も防げる。業務用の廉価な真空袋にも対応していると大満足。YouTubeで使い方を見れば使い方が簡単なのが分かる。
・衣類を送るのにそのままの状態では厚みがあったので規定内で送るために購入しました。差はありますが3~4分の1は縮みますのでかなり小さくできます。
・すばらしいです大きさも大きすぎず、収納の場所も取りません。確実な吸引力で、綺麗にパックできます。

まとめ

おいしさをそのままに食品の保存期間を劇的に延ばしてくれるシーラー。手軽に使えるハンディタイプのものから真空パックができる真空パックシーラーまで幅広い種類の製品が販売されています。

専門的な機械で値段が高そうにも思いますが、安くて高性能なシーラーも数多く販売されているため手軽に購入することができるようになっています。

食品ロスの量を考えれば、真空パックシーラーで食品を長く保存しておく方が損失を抑えることが可能。実際にシーラーを導入した人の多くが、その便利さに手放せなくなっています。

食品の保存から調理まで幅広く利用できるシーラー。気になっているなら、とりあえず1台買って使い勝手を試してみるのが一番です。一度使ってみれば早く買わなかったことを後悔すること間違いありません。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理器具 , , , , , , , , , , , ,