不動産投資で不労所得を生み出して副収入にすることは可能?現役不動産投資家が教えます!

   

時計とコインから生える草

不労所得の代名詞となっている不動産投資。具体的に言ってしまえば、購入した物件の大家になって家賃収入で働かずに不労所得を得るという昔ながらの方法です。

最近では、サラリーマン大家も増えており、不動産に投資することで生まれた不労所得を副収入にしている人も少なくありません。

しかし本当に、不動産投資で不労所得を満たして副収入にすることは可能なのでしょうか。

今回は、実際にマンションを一棟買いして経営している不動産投資家が、不動産投資の不労所得についてお教えします。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

不動産投資は不労所得か?

不労所得の代表のように説明されることがある不動産投資。所有する不動産を賃借することで家賃を得ることができる大家業のことですが、果たして不動産投資は不労所得なのでしょうか。

相続で得た不動産は不労所得になりやすい

不動産といっても取得する方法はさまざまで、自分で不動産を購入する場合や相続で受け継ぐ場合があります。

その中で、不労所得になりやすい不動産は相続で得たものです。

相続で不動産を取得した場合、どの程度、ローンなどが残っているかにもよりますが、負債を引き継がず不動産という資産だけを引き継いだときには、引き継いだ不動産で稼ぐだけの状態となっています。

相続で取得した不動産をお金に変える場合には、不動産の売却と賃貸という2つの方法が考えられますが、売却は一時的な所得にはなるものの長期的な所得とはならないため不労所得とはいえません。

一方で賃貸に出せば、賃借人から月々の家賃が手に入り収入となります。

自分で購入した不動産は不労所得になりにくい

一方で不動産を購入した場合には、不動産を不労所得となるには時間がかかります。

その理由は、不動産の購入代金にあります。

不動産を購入するのに要した資金は、不動産を貸し出すことなどによって回収していきますが、不動産の購入に要した資金を回収するまでは赤字の状態が続きます。不動産の購入に要した資金を回収した時点で初めて黒字化するため、黒字化までには月日を要します。

例えば、利回り10%という一般的な利回りの2倍程度の物件であっても、黒字化するまでには10年の歳月が必要となります。

不動産が稼ぐ仕組みを作るまでが大変

賃貸で暮らしている人は、大家さんというと大して仕事をしていないようなイメージを持っているかもしれませんが、実はさまざまな仕事をしています。

物件の管理、物件を賃貸するために借りる人を探す、賃借人が引き起こすトラブルの解決など、さまざまな業務をこなすなくてはいけません。

中には、壊れた物件の設備を修繕する大家さんもおり、専門的な知識が必要な場合もあります。

一度、賃借人が部屋を借りた状態になる客付けに成功し、賃借人がまともな人でトラブルを引き起こさなければ、ほとんど手間なく毎月の家賃収入を確保することは可能ですが、その不動産が稼ぐ仕組みを作るまでは多大な労力を必要とします。

また不動産が稼ぎ続けるためには、絶え間ない修繕などの管理も必要になります。

これらの煩雑で広範囲にわたる作業を考えると、働かずにお金を稼ぎ続ける不労所得とはいえません。

不動産業は不労所得にもなり、不労所得にもならない

結論を言ってしまうと、不動産投資で不労所得を作ることは可能ではあるものの簡単ではありません。

ご説明した通り、一定の条件が整えば不労所得化することは可能ですが、条件を整えるまでに手間暇がかかります。

ただし、給料もらって仕事をするサラリーマンと決定的に違う点は、サラリーマンが働き続けることを宿命づけられているのとは違い、不動産投資ならアイデア次第で不労所得化するのも可能だということです。

うまく立ち回ることで、不動産投資によって最小限の労力で最大限の利益を得ることが可能。完全に作業がなくなるということありませんが、1カ月に数時間作業をこなすだけで収入を確保することは十分に可能です。

サラリーマンこそ不動産投資で副収入を得よう

不動産投資で不労所得を生み出して、不労所得で生活費を賄うことでサラリーマンを辞めたいと考えている人も多いですが、サラリーマンと不動産投資家の二足のわらじを履くことによって豊かな生活を手に入れられるかもしれません。

サラリーマンだけで生活をするのは危険

先行きが不透明な現代においては、昔のように会社が従業員を守ってくれるということはありません。会社は簡単に従業員を雇止めします。

さらに会社自体が倒産してしまうということも増えており、サラリーマンとして働き会社から受け取る給与だけを収入源にしていると、いざというときに収入が完全に断たれてしまうことになります。

ちょっと想像すれば分かりますが、収入源が断たれて仕事を失うと、経済的に困窮するだけでなく社会と関係性が断絶することで精神的に大きな負担となります。特に精神的な負担を大きく、サラリーマンしかしたことがない人は次の道を見つけ出すのに大きな苦労をします。

つまりサラリーマンだけで生活をするのは、命綱一本で断崖絶壁を登っているようなものです。頼みの綱が切れてしまうと後は落ちることしかありません。

そのため、現代においてサラリーマンだけで生活をするのは非常に危険なことだと理解しておきましょう。

不動産投資だけで生活をするのも難しい

楽に安定した収入を稼げると考えられている不動産投資。不動産を購入してちょっとした家賃収入を得たサラリーマンは、自分の力で稼いだ家賃収入を過大評価し、不動産購入時に利用した資金を回収する前にサラリーマンを辞めてしまい、不動産投資だけで生活を始める人もいます。

そんな人は、はっきり言ってアホです。

不動産投資は、数十年単位という長いスパンで収支が決まります。そのため数年間は収支がプラスになっていても、全体を通してみると収支がマイナスになることも少なくありません。

特に、不動産は時間が経過すると経年劣化してしまうため、不動産購入時に想定していた家賃が年月とともに低下することも当たり前です。

その結果、経済状況の変化や不動産自体の魅力の低下によって利回りが急激に低下し、不動産投資だけでは食べていけなくなるということも少なくありません。

そのため、サラリーマンがたった数年間の不動産投資に成功したくらいで不動産投資を分かった気になって、サラリーマンを辞めて不動産投資だけで生活しようと考えるのは愚の骨頂です。

サラリーマンをしている人は、会社からお金をもらっているため、自分の力だけでお金を稼ぐという感覚に欠けていることが少なくありません。そんな人が、自力でお金を稼げば舞い上がってしまうのも無理はありません。

自分の判断と自分の力でお金を稼ぐという体験はとても大きいものです。ただし自信を持ってもいいですが、過信するのは絶対にダメです。

まずは不動産投資で副収入を作る堅実な投資が一番

サラリーマンだけで生活するのも危険、不動産投資だけで生活するのも危険となると、最も堅実な方法がサラリーマンを続けながら不動産投資をするという方法です。

最近ではサラリーマン大家さんも増えており、堅実の不動産投資によってサラリーマンとしての給料と不動産投資による収益による収入の多角化を行っている人も少なくありません。

サラリーマンと不動産投資を同時に行えば、サラリーマンと不動産投資のどちらかでトラブルが発生しても、もう一方で補完することができます。

また収入源が増えることで、1つの仕事にしがみつく必要がなくなり、精神的にも非常に楽になります。

サラリーマンに限らず安定した収入を確保しているなら、その状態を保ちつつ新たに不動産投資で副収入を得るという選択肢を選ぶことをオススメします。

目標としている状態に達した時点でサラリーマンを引退

サラリーマンと不動産投資の二足のわらじが安全なことは分かっていても、楽をしたいのが人間です。できることなら、たいして働くことなく不労所得だけで生活していきたいと思うのも当たり前のことです。

特に、自分の大切な時間と労働力を切り売りし、どれだけ働いても資産を形成することが難しいサラリーマンは、安定した働き方だといっても、死ぬまで続けるのはまともな判断とは思えません。

一方で、ちょっと不動産投資でお金を稼いだからといって、名も考えずに簡単にサラリーマンを辞めてしまうのもアホです。

そこで大切になるのが目標です。

生活に必要な費用から現実的な収入を導き出し、不動産投資で収入を確保できる状態を作り出す、もしくは作り出す道筋が見えるところまでサラリーマンと不動産投資の二足のわらじを続け、不動産投資だけで安定した収入を確保できると確信が持てた時点でサラリーマンを引退して不動産投資による収入だけで生活するという方法です。

具体的な目標を持つことで明確な道筋を作ることができます。

もちろんサラリーマンを続けながら副収入として不動産投資で収入得るというのも賢い方法ですが、サラリーマンとして働くことに嫌気がさしているなら、不動産投資で作り出した不労所得だけで生活することを目指しましょう。

不動産投資を不労所得化する方法

不動産投資を始めれば、不動産投資に数多くの雑務が存在することに気付きます。この雑務こそが、不動産投資の不労所得化を阻む壁となっています。

しかし不労所得化を阻む雑務も、業務委託などを駆使すれば解決することができます。

不動産購入に関する雑務を解決する

不動産投資というと大家業を想像しますが、不動産投資で最も重要なのか不動産の購入です。

不動産を購入する際には、当たり前ですが立地と購入金額が決まります。この立地と購入金額は、その後、どうやっても変更することはできません。

そして立地と購入金額は、不動産投資の成功と失敗を決定づける利回りと空室リスクに直結しています。

つまり、不動産購入に失敗してしまうと、その後、どれほど創意工夫を凝らしてもどうすることもできなくなります。

逆に、不動産購入に成功すれば、その後、失敗が続いても苦もなく不動産が大きな利益を生み出し続けてくれます。

不動産投資において不動産購入はキーポイントですが、優良物件を見極めるには幅広い知識が必要になります。それらの知識を得るには、膨大な時間と労力を費やしてひたすら勉強を続けるしかありません。

しかし不動産投資のプロに頼れば、不動産知識が豊富ではなくても優良物件を手に入れることができます。

そのため不動産購入に関する雑務を解決するためには、不動産投資のプロに相談するのが最も簡単で確実な方法です。

ただし悪徳不動産投資会社を選んでしまうと、優良物件どころか収益を生まないゴミ物件を掴まされてしまう可能性があるため、必要最低限の不動産投資に関する知識を身につけてから、不動産投資会社選びを慎重に行わなくてはいけません。

そこで、不動産購入に関する雑務を解決してくれる信頼性の高い不動産投資会社に資料請求できるサービスをご紹介します。

いえーるコンシェル



不動産投資をする際に最も大切になるのが、信頼性の高いパートナー選び。いえーるコンシェルは、信頼性の高い不動産投資会社を紹介してくれるサービスです。

不動産会社を第三者視点で評価しており、厳選した不動産投資会社を紹介してくれるため安心できます。

不動産に関する知識や自己資金額などを参考にして投資計画の相談に乗ってくれるため、無理なく安定的な不動産投資が可能です。

一括で4社に資料請求できるのもポイントで、忙しい人でも手間をかけずに不動産投資のプロを見つけることができます。

Oh!Ya(オーヤ)のアパート経営一括比較

複数の不動産投資会社に一度の入力で一括の資料請求ができます。

会社員の方は、不動産投資をしたくても忙しいため投資どころか勉強をする時間もありません。

Oh!Ya(オーヤ)を使えば、簡単に複数の不動産会社に一括で申し込みができるため、手間を省いて賢く情報を集めることができます。

こちらはアパート経営を目指す人専用のものとなっており、アパート経営に興味がある人はとりあえず資料請求してみましょう。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較

アパート経営などの大きな不動産に躊躇している人は、少額から始められるワンルームマンション投資にチャレンジしてみましょう。

ワンルームマンションなら、安い物を選べば数百万円で購入することができるため自己資金で不動産投資を始めることができます。自己資金なら銀行ローンに頼らないため借金も利子も不要。利回りを最大化させることができます。

もちろん不動産投資である以上、空室などのリスクはありますが、投資している資金が少額のため損失も少なく、1室なら自分で営業することでも短期間のうちに入居者を見つけることができます。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較を使えば、信頼性の高い複数の不動産業者にマンション経営の一括資料請求ができるだけでなく、比較検討しながら安定したマンション経営のシミュレーションも可能です。

アパート経営に躊躇している人や不動産投資が初めての人は最適な少額から始められる不動産投資です。

不動産の修繕に関する雑務を解決する

購入した不動産に問題が発生すれば、不動産の所有者が修繕を行わなくてはいけません。また設備が破損した場合にも修理が必要になります。

自分で修理できるものなら修理することもできますが、雨漏りやシロアリなど素人では修繕が不可能な場合も少なくありません。

そんなときには、工務店やリフォーム業者に依頼しましょう。水道や電気など専門業者が必要な設備の破損も同様です。

不動産の修繕に関しては、素人が修繕できる場合があまりないため、不労所得化を目指す目指さないに関係なく業者に頼むことがほとんどです。

不動産管理に関する雑務を解決する

共有部分の掃除や入居者の苦情の対応、さらには切れた電球の交換まで大家業にはたくさんの雑務があります。さらに入居者を見つけるために不動産仲介業者に連絡を取ったり、入居希望者を案内したりと、さまざまな対応が必要となります。

それらの大家業を代行してくれるのが不動産管理会社です。

不動産管理会社に頼めば、不動産を適切な状態で管理してくれます。不動産管理のプロであるため、不動産投資が初めての人でも安心して不動産の管理と運営が行えるようになります。

不動産投資の不労所得化をすると収益が減る

不動産投資を不労所得化するには、発生するさまざまな雑務を外部業者に委託する必要があります。つまり収益の一部を業者に渡す必要があるため、必然的に収益が低下します。

そのため投資した不動産を不労所得化するためには、不動産自体に収益力がなくてはいけません。つまり優良物件を手に入れることが不労所得化を可能にするキーポイントとなります。

不動産購入の失敗を抑えつつ雑務を減らして不労所得化を実現させるためにも、動産投資会社に力を借りるようにしましょう。

不動産投資に絶対必要な知識

ここまでは不動産投資と不労所得について説明してきましたが、具体的に不動産投資を始めるためには必要不可欠な知識があります。

ここでは、不動産投資ならではの特徴と不動産投資をするうえで必要となる3つの知識を説明します。

ほかの投資と不動産投資の決定的に違う点

不動産投資以外にもさまざまな投資があり、資金を投入することで収入を得る方法はたくさんあります。たくさんある投資の代表例としては、株式投資が挙げられます。

しかし不動産投資と株式投資を始めとしたそのほかの投資には決定的に違う点があります。それは、投資後に結果を自分でコントロールできるかできないかという点です。

不動産投資の場合には、何に投資をするのかはもちろん、投資後に自分で不動産経営の状況をコントロールすることが可能です。

一方で株式投資などほかの投資は、手間がかからない反面、投資後には利益を確定する以外にどうすることもできません。

つまり不動産投資は、知識や経験など一般的な投資では必要とされない能力を駆使することで成功させることができます。

具体的に説明すれば、ある会社の株式に投資した場合、投資家にはその会社の株式がどのように変化するかを決定することは基本的にはできません。大株主となって会社の経営に参加したり、大きな発言権を持っていなければ、自分で経営状況をコントロールすることはできません。

一方で不動産投資なら、不動産を改修したりリフォームすることで不動産の価値を上げることができます。また賃借人を積極的に探すことで、空室リスクを回避することもできます。

さらに不動産投資は、不動産投資に関する知識を持っていれば、そもそも不動産投資に失敗するのが難しいような優良物件を見つけ出すことができます。優良物件を見つけることができれば、不動産投資に失敗したくても失敗できないような状況を生み出すことさえ可能です。

自分で状況をコントロールできる不動産投資は、手間がかかるというデメリットを抱えている反面、自分で状況を自由にコントロールできるという圧倒的なメリットを生み出しています。

優良な不動産を見極めるために必要な3つの知識は次の通りです。

不動産業の知識

不動産投資を行うときに絶対に頭に入れておかなければならない知識が3種類あります。その筆頭となるのが不動産業の知識です。

不動産を最大限に活用するためには、土地をうまく扱ったり建物を建てて収益力を高める必要があります。

ところが土地や建物の取り扱いには必ず法律が絡んでおり、不動産に関する法律の知識がなければ目論見通りに不動産運用できない場合があります。

例えば、建物を建て変えようと思っても再建築不可に指定されている土地に建てられた建物は、建物を建て替えることができません。

また建物が建っている地域によって、建ぺい率や容積率が法律で定められており、計画通りに建物が建てられないこともあります。

そのほかにも、立地によっては自然災害のリスクが大きかったり、法律が変わることで価値が極端に下がってしまうこともあります。

不動産業の知識があれば、法律などを交えながら、その土地や建物の価値や将来性を正しく判断することができますが、不動産業の知識がなければそもそも取得しようと考えている不動産の価値が妥当か否かも分かりません。

不動産投資を行う際には、必ず不動産業の知識を獲得しておきましょう。

建築業の知識

「不動産投資は儲からない」という人が挙げる不動産投資が儲からない理由の多くは「不動産業者が不動産投資をやってないから」というものです。そして「不動産投資は儲からない」という人の多くは、不動産に関する知識を持っていません。

不動産業者が不動産投資を行わない理由は、魚屋さんが寿司屋をやらないのと同じで、必要な知識を持っていないからです。

不動産投資に必要な知識の2つ目が建築業の知識です。

多くの人は不動産業者が建物の構造や建材の良し悪しを判断できると思っているでしょうが、建物に精通している不動産業者はほとんどいません。なぜなら不動産業に建築業の知識は含まれないためです。

不動産投資を行う際には、必ず建物の良し悪しを判断しなくてはいけませんが、そのときに必要なのが建築業の知識です。

建物の基礎、建物の構造、柱の位置、使われている建材の質、立地に応じた設計か否か、デザイン性など、建築業の知識は多岐にわたります。建築のプロでさえ、1人で全ての知識を備えておらず、1軒の家を建てるだけでも建築家、大工、左官屋、デザイナー、電気節義業者、水道業者など多くの専門家が関わります。

また土地においても土木建築の知識が必要となり、周辺環境を見ながら総合的に土地の活用方法を考える必要があります。

もちろん土地や建物の状態をおおよそ理解することが必要な不動産投資家に家を建築するほどの知識は必要ありませんが、建築業全般の知識があれば、建物の寿命や問題点、さらにはリフォーム費用の概算を見積もることが可能となります。

不動産投資を行う場合には建築業の知識が頼もしい味方になってくれます。

経営の知識

不動産投資に必要な知識の3つ目が経営の知識です。

不動産投資は不動産経営でありビジネスであるため、商才がなければ成功させることは不可能です。

不動産の立地から商圏を想定し潜在的な賃借人を想定するマーケティングの知識、当該不動産の周囲にあるライバル不動産の価格などから不動産の価値を判定する抜け目のなさ、不動産仲介業者や賃借人にしっかりと不動産を売り込む営業力、不動産に高い価値を持たせるための演出力など、幅広いビジネスの力が必要となります。

不動産投資はビジネスである以上、経営の知識がなければうまく展開することは不可能です。建物のプロであるはずの建築業者が不動産投資を行えないのは、営業力に欠ける部分が大きいからです。

不動産投資は、この不動産業、建築業、経営という3つの幅広い知識を身につけなければ成功させるどころか失敗する公算が大きくなるものです。

一方で、これらの知識をある程度につけておけば、失敗する可能性が非常に小さくなり、さらに失敗しても大きな損失が出なくなります。

勉強せずに不動産投資をすれば絶対に失敗する

不動産投資に失敗した人はたくさんいますが、その多くは勉強せずに楽して儲けたいというどうしようもない考える人間ばかりです。勉強せずに不動産投資をするのはギャンブルと同じ。それどころか悪徳業者につけ込まれる隙がある分、運に任せるギャンブルよりもヒドい結果になるかもしれません。

逆に言えば、しっかりと不動産投資の勉強をしてから不動産投資を開始した人の多くは堅実に収益を重ねています。サラリーマンを卒業して大家業で大儲けしている人もたくさんいます。

不動産投資に成功するほど不労所得ではなくなる

不動産投資の成功と不労所得には矛盾があります。

不動産投資で成功するためには、時間と労力を惜しむことはできません。逆に時間と労力さえかければ、不動産投資で成功することが誰でも可能です。

一方でたくさんある投資の中から不動産投資を選ぶ人の多くは、不労所得が目的となっています。

つまり不動産投資で成功するためには、不動産投資を不労所得にしないことが必要不可欠となります。

それでは不動産投資で不労所得を得ることはできないのでしょうか。

優良物件を手に入れれば全て解決する

不動産投資を不労所得化する方法でご紹介した通り、不動産投資で不労所得を得ることは可能です。

そして不動産投資を不労所得化するための必要条件が優良物件の確保です。

ただし優良物件は、不動産投資家なら誰もが狙っているものであり、簡単に手に入れることはできません。

絶対に買っておけば得する激安物件が売れない理由はありません。

また不動産投資に関する知識がなければ、優良物件を見つけ出すのも困難です。

そこで頼りになるのが、不動産投資のプロである不動産投資会社です。

不動産投資はプロの力を借りる

もしあなたが、不動産会社と建築会社で業務経験があり、自分で立ち上げたビジネスで成功を収めているなら、誰にも頼ることなく不動産投資を成功させることは難しくありません。

また知り合いや家族に不動産業の知識、建築業の知識、経営の知識を持っている人がいれば、力を合わせることで不動産投資を成功させられるでしょう。

しかしあなた自身に知識がなく、また頼れる知り合いもいなければ、不動産投資のプロの力を借りるのが最適です。

不動産の購入から運営のシミュレーションまで一貫して行う

不動産は、維持に必要な費用から収益までを想定することが可能です。つまり、購入する時点でしっかりとしたシミュレーションさえ行っておけば、よほどの想定外のアクシデントさえ発生しなければシュミレーション通りに収益を得ることが可能になります。

ただし正確なシミュレーションを行うことは素人には不可能です。

不動産投資のプロであれば、正確なシミュレーションが可能となり、予算や希望の収益に合わせた不動産投資計画を立てることができます。

まずは不動産投資の第一歩として、不動産投資のプロに相談するのが一番です。資料請求や相談だけなら無料のため、不動産投資会社に依頼するかどうかは別にして、情報収集目的として利用する価値が十分にあります。

オススメの不動産投資会社の一括資料請求は以下の通りです。

いえーるコンシェル



不動産投資をする際に最も大切になるのが、信頼性の高いパートナー選び。いえーるコンシェルは、信頼性の高い不動産投資会社を紹介してくれるサービスです。

不動産会社を第三者視点で評価しており、厳選した不動産投資会社を紹介してくれるため安心できます。

不動産に関する知識や自己資金額などを参考にして投資計画の相談に乗ってくれるため、無理なく安定的な不動産投資が可能です。

一括で4社に資料請求できるのもポイントで、忙しい人でも手間をかけずに不動産投資のプロを見つけることができます。

Oh!Ya(オーヤ)のアパート経営一括比較

複数の不動産投資会社に一度の入力で一括の資料請求ができます。

会社員の方は、不動産投資をしたくても忙しいため投資どころか勉強をする時間もありません。

Oh!Ya(オーヤ)を使えば、簡単に複数の不動産会社に一括で申し込みができるため、手間を省いて賢く情報を集めることができます。

こちらはアパート経営を目指す人専用のものとなっており、アパート経営に興味がある人はとりあえず資料請求してみましょう。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較

アパート経営などの大きな不動産に躊躇している人は、少額から始められるワンルームマンション投資にチャレンジしてみましょう。

ワンルームマンションなら、安い物を選べば数百万円で購入することができるため自己資金で不動産投資を始めることができます。自己資金なら銀行ローンに頼らないため借金も利子も不要。利回りを最大化させることができます。

もちろん不動産投資である以上、空室などのリスクはありますが、投資している資金が少額のため損失も少なく、1室なら自分で営業することでも短期間のうちに入居者を見つけることができます。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較を使えば、信頼性の高い複数の不動産業者にマンション経営の一括資料請求ができるだけでなく、比較検討しながら安定したマンション経営のシミュレーションも可能です。

アパート経営に躊躇している人や不動産投資が初めての人は最適な少額から始められる不動産投資です。

まとめ

不動産投資は、投資期間が長期間となるため想定外の出来事が連続して起こることも多く、あらかじめ余裕を持った厳しい投資計画を立てる必要があります。

ところが不動産投資に詳しくない人は、希望的観測だけを詰め込んだ緩すぎる投資計画を立てていることが多く、不労所得化することができないどころか不動産投資に失敗してしまう場合もあります。

一方で、不動産投資を怖がっている人ほどしっかりと最悪の事態を想定できるため、不動産投資に成功するという皮肉な事態が発生しています。

不動産投資のプロに相談して粘り強く優良物件を探し続ければ、不動産投資に成功して不労所得を得ることも夢ではありません。そして不労所得を得ることができれば、働く無くても毎月数十万円というお金が自動的に振り込まれるようになります。

不動産投資は少しでも早く返しすることで時間を味方につけて大きな利益を得ることができます。もし不動産投資で不労所得を得たいと考えているなら、まずは不動産投資のプロに相談して不動産投資の勉強を開始しましょう。どうしようか悩んでいる暇はありません。今すぐ始めましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, ランキング, 不動産情報, 不動産投資 , , , , , ,