狭い家で快適に暮らす方法とは?間取りや収納アイデアでオシャレに暮らす!

      2018/06/07

庭の小さな家を見る女の子

もし狭い家と広い家のどちらか一方を選ぶとするならば、多くの人は広い家を選びます。しかしさまざまな事情があり、狭い家に住むことを余儀なくされた場合、狭い家であることを理由に快適な生活が送れなくなってしまうものなのでしょうか。

いいえ、アイデア次第で狭い家でも快適に暮らせるかもしれません。

今回は、狭い家でも快適に暮らす方法をご紹介します。間取りや収納アイデアに工夫を凝らせば、オシャレに暮らせるかもしれません。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

狭い家に暮らすデメリット

狭い家に良いイメージを持つ人は少なく、できることなら広い家に住みたいと考えている人がほとんどです。では、狭い家にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

空間が限られている

狭い家は、物理的に空間が限られています。空間が限られているというのは建物にとって大きな問題となります。

使用できるスペースが狭いというのはもちろんのこと、高さも限定されてしまうため開放感がないせせこましい印象を与えてしまいます。

日常的に限られた空間の中で生活していると、息苦しく人間ととしても小さくまとまってしまいます。

空間が限られているということは、物理的だけでなく精神的にも大きな影響を与えます。

部屋が狭い

狭い家は、単純に部屋が狭くなります。

部屋数を増やすには、一部屋あたりのスペースを狭くするしか方法がありません。

部屋が狭くなると使い勝手が非常に悪くなり、家具の配置なども限定的となります。

部屋の活用方法が限定されてしまい、自由に部屋を使えなくなってしまいます。

間取りが限定的

狭い家は、部屋を配置するスペースが限られます。さらにキッチン、トイレ、風呂といった生活に必要なスペースも確保しなければなりません。すると自然に間取りは限定的になります。

広い部屋を配置して大空間を確保したり、複数の個室を配置して部屋ごとに用途を変えたりすることができません。

狭い家の間取りはほとんど同じで、実用性ばかりが重視されるあまり非常に面白みのないものとなってしまいます。

プライバシーの確保が難しい

空間が限定されているため、物理的に距離を作ることができません。

1人で暮らしているなら問題ありませんが、複数人で生活していると個人のプライバシーを確保するのは不可能となります。

プライバシーを確保することは、人間が生活するうえで非常に重要です。

狭い家に住む前には気にならなくても、実際に住みだしてからプライバシーが確保できないことの辛さを味わうこともあります。

劣等感を感じる

世間では広い家で暮らすことは一種のステータスとなっています。一方で狭い家で暮らしている人は、嘲笑の対象となってしまう場合があります。

価値観も大きく変化しましたが、それでも家の広さをステータスと考える風潮は根強く残っており、家の広さをステータスと考える価値観が染み付いている場合には狭い家に住んでいることに劣等感を覚えてしまうこともあります。

また本人は狭い家に住んでいることを気にしていなくても、周囲から見下されることで実生活で損害が発生することもあります。

家の広さをステータスと捉える価値観が根強い地域では、狭い家に住むこと自体が精神的な負担になってしまうことがあります。

家に客を招くことができない

一昔前の家には、どれほど狭くても客間が用意されており、お客さんを招待できる構造となっていました。

しかし現代の家では、お客さんを招待するための専用のスペースを確保していない場合も少なくありません。

家がある程度広ければ、オシャレなリビングダイニングに来客者を通すこともできますが、狭い家では実用性が重視されているため来客者を通すことが難しくなります。

また家が狭ければ、家全体に私的で実用的なものが配置せざるを得ないため、恥ずかしくて家にお客さんを招くことができなくなってしまいます。

インテリアに自信がある人なら別ですが、家が狭い場合にはお客さんを招待するのを諦めるしかありません。

広い家に暮らすことのメリットとデメリットは以下の記事を参照してください。

広い家にはどんなメリットとデメリットがある?間取りや掃除や後悔について解説!

狭い家に暮らすメリット

狭い家にはさまざまなデメリットがある一方で、好んで狭い家に住む人もいます。では、狭い家にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

値段が安い

デメリットの多い狭い家が選ばれる最大の理由は値段の安さです。

当然、家が狭ければ敷地も狭くなります。

家の値段は、敷地と建物によって決定されるため、広い家に比べて圧倒的に安くなります。

家が狭ければ値段も安いということは説明するまでもない当たり前のことですが、狭い家を選ぶうえで圧倒的なメリットとなります。

選べる物件が豊富

広い家に比べて数が多い狭い家。選ぶ物件の数も豊富で、狙い通りの物件を見つけることが比較的容易です。

物件数が多いため条件に合っている物件を見つけることが可能となり、広い家なら見つけるのが難しい駅に近い物件も簡単に見つけることができます。

住みたいエリアが限られている場合には、広い家よりも狭い家の方が圧倒的に探しやすいです。

掃除が簡単

家が狭ければ掃除すべき空間も小さくなります。つまり掃除にかかる手間を省くことができます。

無駄に広い家で暮らしていると使ってもいない部屋を定期的に掃除しなければなりませんが、狭い家なら必要最小限のスペースだけを掃除すれば家全体に掃除が完了します。

家の掃除が面倒だと考えている人は、家の狭さが魅力になるかもしれません。

モノが増えない

ついつい必要のないもの買ってしまい、家の押し入れにしまい込んだまま使わないということはないでしょうか。

使わないモノを収納スペースに保管しておくのは非常に無駄ですが、収納スペースが広ければ必要ないものをわざわざ買って片付けておくことも少なくありません。

しかし家が狭ければ、そもそも収納スペースに余裕がないため片付けておくことができません。その結果、必要ないモノは購入せず、不要なものは捨てるという片付けサイクルが自動的に行われます。

どうしても必要ないモノを買ってしまう人や不要なモノを捨てられない人も、物理的に家の中に置いておくことができなければ無理にでも整理整頓に動かざるを得ません。

家が狭いというと不便なことが多そうですが、モノが増えないことですっきりと片付いた家になり、同時に無駄を省くこともできます。

家の中の移動が楽

家が広ければ移動に時間と労力を費やす必要があります。

特によく使うキッチンとトイレから部屋が離れていると、ちょっと飲み物を飲みたいときやトイレに行きたいときにも面倒です。

階段があれば、さらに移動に費やす労力と時間が必要になります。

しかし家が狭ければ目的のポイントまで瞬時に移動することができます。移動に時間と労力を費やすことありません。

家の中の移動であるためちょっとした差だと考えがちですが、長い期間にわたって頻繁に移動するため、想像以上に移動の手軽さが利便性を左右します。

スムーズなコミュニケーションが可能

家がなければ居住者同士の距離感は必然的に近くなります。リビングルームで一家団欒することも多くなり、自然とコミュニケーションを取るようになります。

また違う部屋にいても物理的な距離が近いため声をかけやすく、自然と会話が生まれるようになります。

家が狭いことでプライバシーが守られにくい反面、コミュニケーションが取りやすくなります。

ライフスタイルを変えて狭い家に対応する

もし狭い家のメリットとデメリットを理解したうえで狭い家に住み続けようと思うなら、ライフスタイルを変えて狭い家に対応する必要があります。家を変えるのではなく、人が変わりましょう。

家族の距離を縮める

1人1人に個室があるような広い家で生活していれば、どうしても家族がバラバラに思い思いの時間を個室で過ごすことになります。

しかし狭い家では、そのような時間の使い方はできません。

狭い家で快適に過ごしたいと考えるなら、まずは家族の距離を縮めて、長い時間、家族同士でいても疲れないようにしましょう。

モノを減らしてスペースを作る

モノを極限まで減らすことができれば、その分、家の中にスペースを作り出すことができます。

できるだけ無駄なものを省くようにすることで、狭い家を最大限広く使用することができます。

モノをたくさん持ってしまう性分の人は、これまでのライフスタイルを根本的に変えなくてはいけません。

家族が別れて暮らす

もし子どもが自立できるような年齢に達しているなら、自立を促して家族構成を変えてしまいましょう。

家に暮らしている家族の数が減れば、1人当たりが使用できる面積が増えることになります。

家が狭いからといって、家から出ていきたくない家族を追い出すのは言語道断ですが、自立するタイミングと考えて双方が納得しているなら問題はありません。

家族が別れて暮らすことで、狭い家でも快適に使用することができます。

テクニックで狭い家を広く使う

狭い家もさまざまなテクニックを駆使することで広く使用することができます。具体的には、どのようなテクニックが使えるのでしょうか。

間取りを考え直す

間取りは家を広く使ううえで非常に重要になります。

部屋は基本的に1部屋に対してひとつの役割が与えられています。

料理を作る場所はキッチン、食事を食べるところはダイニングルーム、くつろぐところはリビングルーム、眠るところは寝室、事務作業を行うところは書斎などと、用途に応じた部屋が存在します。

これらの部屋を統合してしまうことで、間取りを考え直すことができます。

1つの部屋に複数の役割を与えることで、部屋の数を少なくし、一部屋あたりのスペースを大きくすることができます。

また部屋の間仕切りを取っ払って、仕切り代わりに家具を配置するというのも賢い方法です。家具で仕切った空間に役割を与えることで、個室ではないのに個室のような効果を生み出すことができます。

間取りを大きく変更する場合にはリフォームなども必要になりますが、狭い家を有効活用するには非常に効果的な方法です。

収納テクニックを使う

収納テクニックを駆使することで、収納スペースを圧縮して部屋を広く使うことができます。

例えば、ベッド下の空きスペースを収納にしたり、間仕切り代わりに配置する家具に収納性を持たせるなどすることで、収納スペースを確保することができます。

収納スペースを確保する収納テクニックは、アイデアを取り入れるだけで簡単に始めることができるため、非常に実用的な方法です。

折りたたみ家具や省スペース家具を使う

家具自体に折りたたみ機能や省スペース機能が搭載されていれば、部屋のスペースを有効活用することができます。

イメージしやすいのが折りたたみベッド。本来なら設置すると広いスペースを占領するベッドも、折りたたむことでベッドに占領されるはずだったスペースを有効活用できるようになります。

またテーブルやソファの中には、設置スペースを抑えるためにコンパクトなデザインに仕上げられているものもあります。

折りたたみ家具や省スペース家具を有効的に利用することで、無駄になっていたスペースを使うことができるようになります。

部屋の色に気を配る

部屋の配色は、部屋の印象に大きく影響します。もちろん部屋が広く見えるようになる配色もあれば、部屋が狭く見えるようになる配色もあります。

部屋が広く見えるようになる配色として最も使いやすいのが白。白を基調とした配色にするだけで、目の錯覚によって部屋が広く見えるようになります。

そのほかナチュラル系の配色も部屋を広く見せるのに効果的です。

また大きな鏡を設置するのも有効。空間に奥行きを与えて部屋が広く見えます。

狭い家が広くなるわけではありませんが、部屋が広く見えるだけで狭い家の窮屈さから解放されます。

家具は低くして部屋の重心を下げる

空間は視線が通ることによって広さを感じることができます。一方で視線を遮るものが置かれていると圧迫感を感じます。

部屋に配置する家具を低いものにして、部屋全体の重心を下げることを心がければ、視線が自然と部屋の端まで通るようになり、部屋を広く感じることができます。

スペースを確保するために無理に背の高い棚などを配置していたなら、視点を変えて部屋が広く見えるような工夫を凝らしてみましょう。

できるだけシンプルにして家具は厳選する

狭い家にあれこれとゴタゴタしたものを配置すると、狭い家が余計に狭くなってしまいます。

狭い家をスタイリッシュにするためには、できるだけシンプルにすることを心がけましょう。

特に家具の大きさやデザインは非常に重要です。小物は簡単に変えることができても家具はなかなか変えることができないため、「これぞ」と思った家具だけを配置するようにしましょう。

どうしても狭い家が無理なら引っ越しを考える

家の狭さをどうにかごまかす方法を紹介してきましたが、家の狭さを解決する最も簡単で効果的な方法は引っ越しです。小手先のテクニックでどうにもならない場合には、引っ越しをするのが一番です。

家族構成と間取りを考えると限界の場合も

大家族が狭い家で暮らすのには無理があります。家族であっても年齢や性別が異なる人間がプライバシーを確保することもできず狭い部屋で生活する事は現実的ではありません。

家族構成と間取りに多少のズレがある場合には、狭い家を有効活用するテクニックでどうにかしのぐこともできますが、家族構成と本来必要な間取りが大きく乖離している場合には、どうすることもできません。

子どもが大きくなると、必要となる部屋やスペースも大きくなります。

家族が仲良く暮らすためにも、家族構成に合わせた間取りやスペースを確保できる家に暮らすようにしましょう。

狭い家でも条件次第で高く売れる場合も

金銭的な問題で引っ越しができないことも少なからずありますが、今住んでいる自宅を売却してしまえば必要となる間取りの家を購入するだけの資金を調達できるかもしれません。

家の価値は、大きさだけでは判断できません。土地の値段や建物の値段の相場が変動するため、条件が整っていると思っていた以上に高い値段で自宅を売却できる場合もあります。

また想像していた以上に我が家の値段が高ければ、どれだけ狭くても自信を持って生活を続けられるようになるかもしれません。

自宅を売却して引っ越しするというアイデアに心が動かされたなら、とりあえず家の価値を確かめるのが一番です。

不動産売却査定サイトで家の価値を確かめてみよう

不動産売却を考えているなら絶対に利用しておくべきなのが不動産査定サイトです。

不動産査定は、一般的に不動産業者に依頼しますが、不動産業者によって査定の基準が異なるため想定される売却価格も大きく変わります。

また不動産業者によっては物件の売買が得意な場合と仲介が得意な場合があり、そもそも不動産売買が苦手な不動産業者に査定を依頼しても信憑性のある売却価格を知ることはできません。

しかも複数の不動産業者に不動産売却の査定を依頼しようと考えても、わざわざ不動産業者を探してすべてに連絡を取るのは非常に面倒です。

そこで使えるのが不動産査定サイト。複数の不動産業者に一括で不動産査定の依頼をすることが可能となっており、複数の査定内容を比較することによって正確な不動産の売却額を知ることができると同時に、信頼性の高い不動産業者を見つけ出すことができます。

不動産売却査定サイトで家を査定するのは非常に簡単で、必要な情報を入力するだけですぐに査定を開始することができます。

不動産査定サイトのオススメ人気比較ランキングは以下から確認してください。

不動産査定サイトのオススメ人気比較ランキング 一括無料の不動産査定で物件の価値を知ろう

特にオススメの不動産査定サイトは次の通りです。

RE-Guide(リガイド)不動産一括査定

不動産サイトの老舗であるRE-Guide(リガイド)の不動産一括査定システムです。

大手を含む600社以上の不動産会社から、面倒な手続き不要の約1分間の簡単入力で、複数社へ一括で査定依頼ができます。

使い方が非常に簡単で、指示通りに売却したい不動産の情報を入力していくだけで、すぐに査定をスタートすることができます。

参加会社は独自審査を通過した会社のみで、大手の不動産業者も多いため高い信頼性を確保しています。またサービス自体も10年以上の実績があるため、安心して利用することができます。

サンヨーホームズの査定サービス

物件の購入や売却、さらにはリノベーションまで手掛けるサンヨーホームズの査定サービス。

幅広い問題に対応できるポテンシャルを持っているメーカーであるため、無料査定に関しても意向を汲んだ対応をしてくれます。

ハウスメーカーであるため、家の売却だけでなく購入やリフォームのことまで対応してくれます。

不動産を売却した後のことまで相談できるのも強み。物件の価格査定以上の相談にも対応してくれるため、とりあえず試しに無料査定を頼んでみましょう。

Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定

全国のエリア別中古マンション・土地・一戸建ての現在の売出価格を過去数百万事例に基づき独自の計算ロジックで算出しており、透明性の高い不動産価格を知ることができます。

不動産業者の意図が介入しにくい仕組みとなっているため、非常に客観的な売却価格を見積もることができます。

中古マンション、土地、一戸建ての購入や売却を検討しているなら、まずは相場を知るためにも査定を行ってみましょう。

エリアに特化した不動産会社を紹介してもらえるため、不動産業者選びに迷っている人もオススメです。

イエイ不動産売却査定

ネット上の不動産査定では非常に有名なサービスであるイエイ不動産売却査定です。

大手はもちろん中小企業の不動産業者までカバーしており、全国の不動産の売却査定額を無料で比較できます。

無料査定依頼は1分しかからず面倒なことが不要でスピーディーに査定できます。利用者数も300万人以上となっており、気軽に家の査定をしたいならとりあえず使っておいて損はありません。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

無駄に広い家は不要だが必要最低限のスペースは確保しよう

狭い家に住むことはさまざまなデメリットがある反面、メリットもしっかりあります。

また広い家にもメリットだけでなくてデメリットがあります。

快適に生活をするうえで無駄に広い家は必要ありませんが、人間が健康的な生活を送るためには必要最低限のスペースが求められます。狭い家を家族全員で楽しむことができるなら問題ありませんが、無理をして狭い家に住んでいるなら大きな問題です。

狭い家を快適に活用するテクニックを駆使しても狭い家に耐えられないなら、思い切って広い家に引っ越しましょう。

見栄のために広い家に引っ越しする必要はない

広い家に暮らすことが一種のステータスとなっていますが、ただ家が広いだけで整理整頓されていないだらしない生活を過ごしているなら家が広くても意味がありません。

逆に、家が狭くてもオシャレやインテリアに気を配っていれば、生活自体も楽しくなり無駄に広い家よりも優れた我が家になるはずです。

人間が生活するためには必要最低限のスペースというものはありますが、狭い家を恥じたり見栄を張って広い家に引っ越しする必要はありません。

まとめ

最近では、できるだけ無駄を省いて簡潔な生活を理想とする風潮もありますが、無理に狭い家で窮屈に暮らしても楽しいものではありません。

家族全員が無理なく狭い家を楽しめているならいいですが、家族の中に家の狭さに不満を抱いている者がいるなら、しっかりと意見に耳を傾けなくては行きません。

人によって最適な家の広さは変わるため一概に言えませんが、もし狭い家で生活することが苦になっているなら、広い家へと引っ越しをすることまで考えておきましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 不動産情報, 賃貸, 購入, 売却 , , , , , , ,