不動産投資のリスクや成功率や失敗を心配する暇があるなら今すぐ不動産投資を始めるべき理由とは?

      2018/07/26

家の模型とコインから生える草

世間で一般的に不動産投資という言葉から連想されるのは、大きなリスクと不労所得による悠々自適な生活です。

そんなステレオタイプの極端な失敗事例と大家のイメージから、多くの人は不動産投資というものを理解することなく、不動産投資に対するリスクや成功率ばかりに目を奪われてしまいます。

投資をする以上、成功することもあれば失敗することもあり、それらを心配するのは当然ですが、はっきり言って不動産投資に関しては躊躇しているだけ時間の無駄です。

今回は、不動産投資のリスクや成功率や失敗を心配する暇があるなら今すぐ不動産投資を始めるべき理由を説明します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

不動産に投資しても資産は減らない

不動産に投資すれば、それだけで大金を失ってしまうような錯覚に陥りますが、実際のところ不動産に投資した時点では資産は全く減りません。

お金が不動産に変わっただけ

多くの人は、不動産を購入してしまうと購入に費やしたお金が失われてしまうような錯覚に陥ります。

これは、普段買っているものが不動産ではなく動産であるため発生する錯覚に過ぎません。

動産とは、動かして持ち運ぶことができるようなもののことで、日常生活に利用するほとんどのものは動産です。

一方で不動産は、動産とは対照的に持ち運ぶことができないもののこと。土地や建物が一般的です。

動産のほとんどは消耗品で、また購入した時点で価値が劇的に下がるため資産として扱われるものはほとんどありません。

それに対して不動産は、購入しただけでは資産価値が劇的に下がるようなことはなく、状況によっては資産価値が上がる場合さえあります。

建物は耐久性があるため、一定期間が経過すると価値は下がっていきますが、それでもあらゆるものの中で最も長寿命に分類されるものであるため、価値の低下は緩やかです。

さらに土地は、経済状況によって価値が変動するものの、基本的には社会構造が変わるほどの大変革がない限り大きく価値が変わることはありません。

お金で不動産を購入するということは、ただお金を不動産に置き換えただけであり、資産が減るわけではないことを理解しましょう。

不動産を売ればお金を取り戻せる

お金で不動産を購入しただけではお金がなくなるわけではないことをどれだけ頭で理解していても、なかなか腑に落ちない人は少なくありません。しかし不動産を売ってしまえば支払ったお金を取り戻せるという事実を認識できれば、納得しやすくなります。

経済状況にもよりますが、不動産の価値が値上がりしている場合には不動産購入時の金額よりも不動産売却時の金額の方が高くなる場合もあります。

もちろん不動産投資にも、リスクはあり失敗することもありますが、不動産を売却することで資金を取り戻せるというのは大きなメリットであり、資産が減らないことの裏付けとなります。

ただしローンを組むと余裕がなくなる

自己資金で不動産を購入した場合には、資金に余裕があるため不動産を売るタイミングや売却価格も自分で決定することができ、交渉優位に進めることが可能となります。

ところが借金をして住宅ローンなどで不動産を購入してしまうと、そうはいきません。

住宅ローンの支払いに追われることとなり、目当てにしていた家賃収入が入らなければ住宅ローンを支払えなくなってしまいます。

さらに住宅ローンを無理に支払おうとすると投資した不動産を売却するしかなくなり、短期間で不動産売ろうとするため高いお金を払って手に入れた投資用の不動産を安い値段で売却せざるを得なくなります。

自己資金で不動産投資を行う場合とローンを組んで不動産投資を行う場合では、状況が全く違ってくるため、その点には注意が必要です。

少しでも早く始めることで利益を最大化できる

不動産投資において利回りは非常に重要な要素となります。利回りが高ければ、不動産に投資した資金を早く回収できるからです。

しかし、不動産投資において利回りよりも重要なことがあります。それは少しでも早く不動産投資を始めることです。

早く始めたもの勝ちな不動産投資

投資全般に言えることですが「時は金なり」という言葉通り、不動産投資において時間は非常に重要なものとなります。

時間を味方につければ、より大きな利益を得ることができます。

例えば、利回り10%の物件と利回り20%の物件がある場合、利回りだけを見て投資するなら利回り20%の物件の方が有利です。

なぜなら、利回り20%の物件なら利回り10%の物件の2倍のスピードで投資した資金を回収できるためです。利回り20%の物件なら5年で投資した資金を回収できますが、利回り10%の物件では投資した資金を回収するのに10年かかります。

ところが不動産に投資するタイミングや時間を考慮すると、必ずしも利回り20%の物件に投資するのが正しい選択ということにはなりません。

お宝物件が出てくるのを待ち続けて10年を費やして利回り20%の物件を購入した場合、物件探しから資金回収までに費やされた期間は利回り20%の物件を見つけるまでに費やした10年と、物件を購入して投資資金を回収するのに費やした5年を合わせて15年となります。

一方で、今すぐに利回り10%の物件を購入した場合、投資資金を回収するのに費やす期間は10年となります。

つまり、不動産投資はできるだけ早いタイミングで始めることによって利益を最大化することができます。

早く始めることでリスクが減る

もちろんここで挙げた利回り10%と利回り20%の例は極端なものですが、不動産投資に躊躇している人は躊躇している時間だけ損をしていると言えます。

逆に早い段階で不動産投資に踏み切った人は、その分、大きな利益を上げることに成功します。また大きな利益を上げることは、リスク対策にもなります。

不動産投資に躊躇する人は不動産投資に対するリスクを恐れて動けずにいますが、早く動いて大きな利益を上げることができればそれだけでリスク回避となることにはなかなか気付けません。

逆に躊躇して不動産投資に動かず、時間を浪費することがリスクとなっています。

今、不動産投資に気付いたことが最大のメリット

不動産投資に対するリスクや失敗についてか考え、成功率を考慮して行動することは非常に大切なことです。

しかし一方で、不動産投資の成功率なんて考えても答えが出るはずはありません。

不動産投資のプロであっても失敗するときは失敗します。また不動産投資の初心者でも成功するときには成功します。

その理由は、成功するか失敗するかは不動産投資に関する知識だけでなく運を左右するためです。

どれだけ優良な物件でも、地震が起これば倒壊してしまいます。たまたま入居希望者が少なく空室を抱えてしまうこともあります。

そんなリスクは不動産投資を行うなら誰もが抱えているもので、同時にリスクを抱えてもそれ以上のリターンが安定的に見込めるからこそ不動産投資を行う人が絶えないのです。

そんな誰もが抱えるリスクも、長期間の不動産投資が可能なら無視できるほど小さなものにできます。

現時点で不動産投資というものに気付いたことは、不動産投資のリスクを回避するための最大のメリットです。躊躇している間にリスクが増大化している現実を認識しましょう。

若い人ほど投資を始める価値がある

不動産投資を行っているような大家は、高齢者のイメージがありますが、それは長年にわたって不動産投資を続けることで資産を増大させて多くの物件を所有しているためです。

つまり年齢を重ねながら働いて大きな資産を持ったから、その資産を活用して不動産に投資したのではなく、若いうちに不動産に投資していたから、長年の不動産投資によって莫大な資産を手に入れたということです。

利回りの話に戻れば、たとえ利回りが低くても長期間にわたって投資を続けていれば、複利の効果によって資産は雪だるま式に膨らんでいきます。

不動産投資は、一般的な投資に比べてリターンが大きく、物件を厳選すれば10%以上の利回りを実現することも比較的容易です。

そのため、若いときから長期的な展望で堅実に不動産投資を行っておけば、将来的に誰でも莫大な資産を手に入れることができます。

大きな資産を手に入れられる条件は若さだけ。才能は必要ありません。

20代や30代といった一般的に不動産投資を行うよりも若い世代の人は、すぐにでも不動産投資に着手するべきです。

投資後に自分でコントロールできる数少ない投資

投資にはさまざまなものがありますが、不動産投資が他の投資と違うところが、投資後にも自分である程度コントロールできるところです。自分で投資対象をコントロールできることで、最悪の状況を避けることができ精神的な安定を得られます。

もしマクドナルドの株を買ったら?

誰もが一度は食べたことがある大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドのハンバーガー。マクドナルドを知らない人は世界中にいません。

そんな大企業であるマクドナルドの株を購入して投資した場合、何か投資家にできることはあるのでしょうか。

答えはありません。

株主総会に出席して経営陣に意見したり、積極的にマクドナルドのハンバーガーを食べたり知り合いに勧めてマクドナルドを応援したりすることはできますが、そんなことでマクドナルドの業績が変わることはありません。

投資家が投資をすると、基本的に投資後にできることはありません。あとは株を買い増すか売却するかを決断するだけです。

業績が悪化しても指をくわえて見ていることしかできません。

一般的に行われているほとんどの投資の場合、投資家にできることはほとんどありません。

もし不動産に投資したら?

優良な物件を発見して不動産に投資した場合、マクドナルドの株主とは違ったアクションが可能となります。

不動産に投資して収益を上げる場合、不動産を高値で売却するという方法があります。もし高い値段で不動産売れそうなら売却してしまうことができます。

また、不動産に手を入れて高利回りで貸し出すということも可能。賃貸収入を得ることで安定して利益を得られます。

入居希望者が現れなければ、自分で動いて入居希望者を募ることも可能です。知り合いに頼んでみたり、不動産仲介業者に依頼したり方法はさまざまです。

つまり、マクドナルドの株主になるのとは対照的で、不動産投資を行えば積極的に動くことで不動産の収益性を向上させることができます。

もちろんできるだけ手間をかけずに不動産投資を行いたいなら、不動産業者や管理会社に不動産の運営を任せるという方法もあります。

自分の力で収益性を変えられるが不動産投資とほかの投資の大きな違いです。

利回りもコントロール可能で精神的に安定する

自分が動くことで収益性を変更できる不動産投資は、利回りもコントロールすることができます。

利回りが少なくても手間をかけたくないなら、不動産業者や管理会社に任せておけば、不労所得を得ることができます。

逆に少しでも利回りを増やして大きな利益を上げたいなら、自分で物件をリフォームしたり管理するなどして、利回りを最大化させることができます。

状況に応じて利回りをコントロールできるということは投資において非常に特殊で、自分の思い通りに利回りをコントロールできることで精神的な安定感を得ることもできます。

リスクを恐れて投資に踏み切れない人こそ、リスクをコントロールできる不動産投資がピッタリです。

サラリーマンでも不動産投資による副業で収入を増やせる

不動産投資を行う人の半数以上がサラリーマンです。不動産投資は副業にも最適です。

安定した収益を確保できる

不動産投資の最大の利点は安定した収益を確保できることです。

一般的に、住む場所を一度決めてしまえば、大きな理由がなければその場所から離れようとしないのが人間です。仕事の都合で住む場所を変える人もいますが、逆にする場所ではなく仕事の方を変えてしまう人もいるほど、住む場所というものは重要です。

そのため、一度、入居が決まってしまえば基本的には数年間安定した収入を得続けることができます。

もちろん物件の立地や条件などにもよりますが、比較的引っ越ししやすい単身者でも、すぐに出て行くようなことはほとんどありません。

サラリーマンをしていると、月々の収入は固定されてしまいますが、さらに上乗せで収入を得られるメリットは非常に大きくなります。収入が底上げされることで、生活の自由度が劇的に向上します。

計画的に資金を運用できる

例えば1年間に1度だけ120万円をもらえても、資金を計画的に使うのは非常に難しくなります。無駄遣いで浪費してしまうのが関の山です。

ところが1年間に同じ120万円が入ったとしても、毎月10万円ずつ安定的に入るなら話は変わります。長期的な計画を立てて上手に資金を運用できるようになります。

安定した収益を確保できる不動産投資は、同時に計画的な資金運用も可能にします。

また月々の安定した収益は社会的な信頼にもなり、銀行などでは融資を受けやすくなります。

安定した収益は、計画性の高い資金運用を実現してくれます。

サラリーマンを辞めることも

通勤電車の中を見渡せば分かるように、サラリーマンとして働くことが楽しくて仕方ない人間なんてほとんどいません。

多くの人が、不毛な人間関係と毎日繰り返されるルーチンワークから解放されたいと思っているものです。

しかしサラリーマンを辞めて転職することや起業することは大きなリスクを伴うため、簡単に踏み出すことはできません。

ところが副業で不動産投資を行っておけば、不動産投資による収益で生活を安定させてサラリーマンを辞めることも可能になります。

転職するにしても起業するにしても、固定された安定収益がセーフティネットとして機能してくれます。

サラリーマンを辞めてしまうと意外と大きなダメージとなるのが社会的資本を失うことです。サラリーマンとしての肩書がなくなるのは精神的につらいものですが、不動産投資をしておけば不動産投資家としての肩書が残ります。

もしサラリーマンを辞めたいと考えているなら、堅実な不動産投資は強い味方になってくれます。

リスク分散でリスク回避できる

不動産投資のリスクばかりを考えている人は、収益源を分散させないことで潜在的なリスクを抱えていることには無頓着です。

不動産投資で収益の柱を増やしておけば、リスクを分散することが可能になります。

会社が倒産してサラリーマンの職を失ってしまっても、不動産投資によって収益が確保できていれば最悪の事態を免れることができます。

もちろん不動産投資を行えば、それ相応のリスクを抱えることになりますが、リスクを分散することによってリスクが回避できることもしっかり理解しておきましょう。

失敗を恐れる人は失敗しない

不動産投資を考える人の中には、極端に失敗を恐れている人がいます。しかし失敗する人は失敗を恐れないものです。

失敗を恐れる時点でしっかりリスクを理解している

不動産投資に対して前向きなものの失敗を恐れている人は、その時点で不動産投資に踏み切る資格を得ていると断言できます。

不動産投資は、しっかりとリスクを理解しておけば失敗することはあまりありません。

逆に言えば、何も考えずに思いつきで不動産投資を始めた人は大失敗する場合がほとんどです。

つまり不動産投資の失敗を恐れている時点で、不動産投資に対するリスクは十分に理解していると言えます。

リスクさえしっかり理解しておけば、考えなしで不動産投資を行うような間違いは冒しません。

失敗を恐れるから勉強熱心

不動産投資の失敗が怖くてなかなか動き出せない人は、とにかく情報収集を熱心に行います。

不動産の勉強、建築物の勉強、法律の勉強なども意欲的に行います。

不動産投資では、事前に勉強しておくことが非常に重要で、不動産投資に関する知識さえあれば大失敗するような物件を掴まされることはありません。

失敗を恐れているからこそ勉強熱心になっている人は、間違いなく不動産投資家に向いています。

失敗しても理由が分かっているから挽回できる

不動産投資では、予想外の状況に遭遇することも稀にあります。投資である以上を運に左右される部分もあり、不動産投資のプロであっても失敗することはあります。

ただし、基本的には最悪の状況を想定したうえで投資を行っているため、再起不能なほどの大失敗を冒すようなことはほぼありません。

また失敗を教訓することで、不動産投資の判断材料が増えていきます。その結果、失敗が糧となり総合的な利益を拡大することができます。

失敗を恐れる人だけでなく、失敗にトコトン向き合っているなら、不動産投資で大成功する素質が十分にあります。

失敗を恐れるだけで動かないのが最大の失敗

不動産投資を不安に思っていたり失敗を恐れていたりするのは自然なことですが、もし失敗を恐れるあまり動けなくなっているなら、そのことが最大の失敗です。

ネット上の情報をかき集めたり、不動産投資家の話を聞いているだけでは、不動産投資で成功することはできません。

なぜなら、実際に動いてみないと分からない部分があるからです。

自転車に乗る感覚は自転車に乗れる人にしか分からないように、不動産投資の本当のところは不動産投資を行わなければ分かりません。

最終的に不動産投資を行うかどうか別にして、まずは不動産投資に向けて具体的に一歩を踏み出すことが大切です。

不動産投資の初心者は最初はプロに頼って不動産投資を始めるべき

もし不動産に関する知識が充実しているなら、そのまま我流で不動産投資を開始するのもいいかもしれません。

しかし聞きかじった情報しか持っていない不動産投資に興味があるだけの女子初心者が不動産投資を始めるなら、致命的な失敗を避けるためにも絶対に不動産投資のプロに頼るべきです。

不動産投資の資料請求から相談に乗ってもらう

「不動産投資を始めたいけど、何を始めればいいのか分からない」という人は、まずは不動産投資の資料請求をしてみましょう。

不動産会社に資料請求を行うことで、具体的な不動産投資への一歩を踏み出すことができます。

また資料請求をすることで不動産会社に不動産投資の相談に乗ってもらうことが可能となり、ネット上では得ることのできないさまざまなアドバイスを得ることができます。

不動産は地域性に強く左右されるものであるため、投資用の物件を購入したい地域などに合わせた最適なアドバイスが得られるのポイントです。

知識や経験がなくても不動産投資のプロに任せれば、大きな失敗を回避できます。

不動産投資をするかどうかはここでは決めず保留しておき、まずは不動産投資の資料請求だけでもしてみましょう。

オススメの不動産投資会社は次の通りです。

Oh!Ya(オーヤ)のアパート経営一括比較

複数の不動産投資会社に一度の入力で一括の資料請求ができます。

会社員の方は、不動産投資をしたくても忙しいため投資どころか勉強をする時間もありません。

Oh!Ya(オーヤ)を使えば、簡単に複数の不動産会社に一括で申し込みができるため、手間を省いて賢く情報を集めることができます。

こちらはアパート経営を目指す人専用のものとなっており、アパート経営に興味がある人はとりあえず資料請求してみましょう。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較

アパート経営などの大きな不動産に躊躇している人は、少額から始められるワンルームマンション投資にチャレンジしてみましょう。

ワンルームマンションなら、安い物を選べば数百万円で購入することができるため自己資金で不動産投資を始めることができます。自己資金なら銀行ローンに頼らないため借金も利子も不要。利回りを最大化させることができます。

もちろん不動産投資である以上、空室などのリスクはありますが、投資している資金が少額のため損失も少なく、1室なら自分で営業することでも短期間のうちに入居者を見つけることができます。

Oh!Ya(オーヤ)の不動産投資一括比較を使えば、信頼性の高い複数の不動産業者にマンション経営の一括資料請求ができるだけでなく、比較検討しながら安定したマンション経営のシミュレーションも可能です。

アパート経営に躊躇している人や不動産投資が初めての人は最適な少額から始められる不動産投資です。

まとめ

もしあなたが不動産投資に興味を持っているなら、目の付け所が鋭いと言えます。

現在、空き家は増加する傾向にある一方で、一部の地域では不動産価値が上昇しています。これは不動産に関する需要と供給のバランスが大きく変化している証拠であり、不動産の流動性が高まることで優良物件が多く見つかる可能性を秘めています。

賢く不動産投資をすることができれば、長期的に安定した収益得られるだけでなく、短期間で大きな収益を得られる可能性もあります。またその采配は不動産投資家がある程度自由にコントロールできます。

不動産投資に関する情報をあれこれ集めるのも大切ですが、まずは不動産投資を一歩先へ前進させてしまいましょう。立ち位置が変われば見えてくるものも大きく違ってくるはずです。

 - ライフハック・ノウハウ, 不動産情報, 不動産投資 , , , , , , , , , ,