オススメ不動産と不動産屋の探し方!物件も不動産業者も売買も賃貸も何でも来い!

   

不動産物件にカギを差し出す手

不動産物件を売買するにしても賃貸するにしても、不動産に慣れていなければまず何から手をつければいいのか分からなくなるものです。不動産情報ポータルサイトで物件を探したり、不動産屋さんに連絡を取ってみたりと闇雲に動き出してしまうものですが、最初の選択を間違えてしまうと最終的にとんでもない不動産を掴まされる可能性もあります。

そこで今回は、最高の不動産取引を実現するために最初にやるべきことをご紹介します。ポイントを絞って不動産探しを始めることで、探していた不動産取引ができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

不動産を探すべきか、不動産屋さんを探すべきか

一般的に不動産を探すときには、不動産自体を探す場合と不動産屋さんを探す場合があります。果たしてどちらの方が優れた探し方なのでしょうか。

不動産取引は失敗が許されない

不動産取引は、大別すると購入、売却、賃貸、賃借があり、簡単に言ってしまうと不動産を買う、不動産を売る、不動産を借りる、不動産を貸すという4つの取引態様に分かれます。

この全ての取引において、絶対に失敗は許されません。取り扱う金額が非常に大きくなる不動産の購入や売却はもちろん、取り扱う金額が比較的小さい賃貸や賃借においても同様です。

例えば、魚屋さんで魚を買う場合には、魚の調理法や料理スキルに加えて食べたい魚なのかや最適な値段で販売されているのかを考慮する必要があります。魚でさえ、思った通りに理想的な商品を購入することは難しいものです。

不動産は魚のように単純なものではなく非常に複雑で、さらに価格が非常に高いため取引の失敗は許されません。

魚なら買うのに失敗してしまっても損失は数百円~数千円ですが、不動産取引になると損失は数百万円~数千万円となってしまいます。

まず大前提として、不動産の取引は失敗したときの損失が非常に大きいため、絶対に失敗が許されないものであることを肝に銘じておきましょう。

不動産に関係する知識と知見の有無

不動産取引が非常に恐ろしいもののように説明しましたが、一方で家に住んでいる人は誰もが不動産取引をしていることになります。つまり不動産取引が危険が大きく難しいものである一方で、誰もが当たり前に行なっているものでもあります。

多くの人が不動産取引を行える理由は、不動産に関する知識と知見があるからです。

料理人が魚選びに失敗しないように、不動産に関する知識と知見があれば不動産選びにも失敗することはありません。

ただし不動産については全ての取引において、非常に多くの知識と知見が必要となります。

なぜなら不動産が、魚とは違って幅広い専門的な分野にまたがったものであるからです。

不動産の良し悪しを見極めるためには、その不動産の経済的な価値に加えて、法律的に問題がないかや建築学的に優れた構造の建物なのかを見極める必要があります。

不動産業者の人間であっても、全ての範囲の知識と知見をカバーしていない場合も少なくありません。そのため不動産業者であっても不動産取引に失敗してしまうこともあります。

もちろん不動産に関する情報を常に集めることで知識と知見をアップデートできますが、不動産探しを行うか不動産屋さん探しを行うかを考える場合には、不動産取引でベースとなる不動産に関係する知識と知見の有無が非常に重要になります。

もし不動産に関する知識と知見があるなら不動産探し、不動産に関する知識と知見がないなら不動産屋探しをしましょう。

不動産の買ったり借りたりするなら不動産を探す

不動産の取引態様によっても、不動産を探すのか不動産屋さんを探すのかを決定することができます。

不動産を購入することや賃貸することを考えているなら、直接、不動産を探してみるのもいいかもしれません。自分が探している理想的な不動産を見つけることができるため、比較的早く狙いの不動産を見つけ出すことができるかもしれません。

一方で、自分で不動産を探す場合には必要最低限の不動産に関する知識や知見がなければいけません。

多くの人が、不動産を探すときには築年数、間取り、広さ、駅までの距離など要素を重視しますが、不動産の良し悪しはさらに多くの要素で構成されています。

表面的な要素だけで不動産を選んでしまうと大失敗してしまう可能性があります。

基本的には、良さそうな不動産を見つければ、不動産を取り扱っている不動産業者へ連絡を取り、不動産に問題があれば不動産業者が忠告してくれます。ただし不動産業者によっては問題があっても忠告してくれない場合があり、不動産取引が大失敗に終わる可能性があります。

あらゆる取引に対応する不動産屋さん

不動産の取引には、購入、売却、賃貸、賃借がありますが、それら全てをカバーできるのが不動産屋さんです。

不動産を自分で探すのではなく、不動産屋さんを探す場合には、万全の態勢で不動産の購入、売却、賃貸、賃借が可能となります。

ただし不動産屋さんにも向き不向きが存在します。

大別すると不動産の購入と売却に特化している不動産屋さんと不動産の賃貸と賃借に特化している不動産屋さんがあります。

向き不向きを考えずに不動産屋さんを選んでしまうと、優れたサービスを受けることができない可能性があるため注意が必要です。

不動産サイトの見極め方

もし不動産に関する知識や知見があるなら、不動産情報ポータルサイトを利用して不動産探しを始めてみましょう。また知識や知見がなくても、不動産情報ポータルサイトを見ていれば不動産に関する知識や知見が深まり求める不動産のイメージが湧いてくるはずです。

基本は不動産情報ポータルサイト

不動産サイトを利用して不動産を探すなら、まずは大手の不動産情報ポータルサイトを利用するのがオススメです。

不動産情報ポータルサイトは、多くの不動産会社が物件情報を掲載しており、不動産会社の垣根を越えてスムーズに情報を手に入れることができます。

また不動産情報ポータルサイトなら、不動産の賃貸にも購入にも対応することができます。

最も有名な不動産情報ポータルサイトといえばスーモ。基本的な情報が網羅されており、誰でも簡単に使うことができます。

まずはスーモで不動産情報の確認に慣れておきましょう。

賃貸なら大手の不動産会社のサイトも利用しよう

賃貸するため不動産を探しているなら、不動産情報ポータルサイトではなく賃貸に特化している不動産会社のサイトを利用するのもオススメです。

代表的な不動産会社は、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、いい部屋ネット、ミニミニ、ハウスコム、センチュリー21、東急リバブル、ピタットハウスなどです。

これらの会社は、スーモ、ホームズ、マイナビ賃貸、アットホームなどといった不動産情報ポータルサイトとは異なり、不動産を直接取引しています。そのため本来なら家賃の1カ月の費用が必要となる仲介手数料を半額程度に抑えられる場合があります。

また不動産情報ポータルサイトは、物件を掲載するのに手数料が必要ですが、不動産会社のサイトなら掲載の手数料が必要ないため幅広い物件を確認することができます。

地元密着型の不動産会社のサイトも非常に有効で、物件を賃貸したい地域が絞り込めているなら、その地域に根ざした地元密着型の不動産会社のサイトを確認してみましょう。

足を動かすことが重要

不動産サイトだけでは、物件の確かな情報を得ることはできません。あくまで概要しか分からず、物件の良し悪しを判断することは不可能です。

不動産サイトでどれだけ良さそうに見えた物件でも、実際に現地に行って確認してみると想定していなかった条件が出てくることも少なくありません。

そのため、不動産サイトで物件を探す場合には、積極的に足を動かす必要があります。

現地に行って不動産の状態を確かめることによって、不動産を見る目が養われます。

また足動かすことによって、信頼できる不動産屋さんを見つけることができます。

不動産の内覧を行うためには不動産屋さんとやり取りしなければいけませんが、このときの対応によって不動産屋さんの良し悪しを確認することもできます。

不動産サイトを使って不動産を探すのが、最も簡単で一般的な方法ですが、効率的に最高の不動産を探すためには足を動かすことを忘れてはいけません。

気に入った不動産を見つけたら、迷わず資料請求をして内覧を申し込みましょう。一般的に不動産を見つけるために行われる資料請求は10回以上となっているため、気軽な気持ちで資料請求してみましょう。

不動産屋さんの見極め方

不動産を見る目がなくても、不動産屋さんを見る目があれば楽に最高の不動産を見つけ出すことは容易です。信頼できる不動産屋さんの見つけ方をご紹介します。

不動産会社ではなく担当する人間が重要

多くの人は大手の名前の通った不動産会社なら、質の高いサービスを提供してくれると考えるものですが、実際には不動産会社以上に担当する営業マンの人間力が重要になります。

同じ不動産屋さんであっても、担当する営業マンによってはしっかりと足りない部分を補ってくれる場合もあれば、とにかく不動産の取引を素早く済ませて営業成績を上げようとする場合もあります。

もちろん不動産会社が大手なら、担当する営業マンの能力が一定レベル以上ある可能性は高くなり、大外れの営業マンに担当される可能性は低くなります。

しかし最終的には営業マンが重要になり、不動産に関する知識も知見も少ない場合には営業マンに任せるしかなくなります。

そのため不動産会社よりも、まずは担当する営業マンの質を見極めるようにしましょう。営業マンの質が低ければ、担当者を変えてもらったり不動産屋さん自体を変えることをオススメします。

少しやり取りして関係ができてしまうと不動産屋さんを変えることに抵抗が出てきますが、失敗することが絶対に許されない不動産取引に関わることを考えれば、より確実に求める不動産を手に入れられる不動産屋さんを選ぶのは全く悪いことでも引け目を感じることでもありません。

レスポンスの早さ

営業マンの能力が重要であることは分かりましたが、ここで問題になるのが、担当してくれる営業マンの能力を見極める方法です。営業マンの能力を見極める方法などあるのでしょうか。

答えは、営業マンの能力を簡単に見極める方法があります。それはレスポンスの早さです。

レスポンスの早さは、不動産情報ポータルサイトなどを利用して、メールで不動産屋さんに連絡を取ることで確認することができます。

アポイントを入れずに直接不動産屋さんへ出向いたり、電話で連絡を取ったりするとレスポンスの早さが分からなくなるため避けることをオススメします。

目当てとなる不動産屋さんへメールを送信した後に、メールが素早く返ってきた場合には、それだけで仕事ができる能力の高い営業マンである可能性が非常に高くなります。早い場合には数時間以内に返信があります。

メールを返信してくるのは担当することになり営業マンであることが多いため、そのまま信頼のできる営業マンに対応してもらえる可能性が高くなります。

逆にメールを送ってから数日が経過しても連絡がない場合には、その時点でその不動産屋さん(支店)は利用しないようにしましょう。

ただし不動産屋さんの定休日は火曜日と水曜日である可能性が非常に高く、月曜日の夜などにメールを送っても返信を早くて木曜日の朝ということになります。

経験で言ってしまえば、レスポンスの早い営業マンは要領よく話を進行することができ、相手の意図を先回りして提案してくれることがほとんどです。一方でレスポンスの遅い営業マンは、メールでやり取りしていても要領を得ず、メールを何度も往復しても話がほとんど前に進みません。

レスポンスのスピードによる営業マンの能力の違いは、内覧から契約まで通して現れるため最終的には比較に能わないほどの大きな差となります。

そのため、定休日を確認しつつできる限り早く対応してくれるレスポンスの早い不動産屋さんと営業マンを選ぶようにしましょう。

ワガママに対応してくれる

営業マンの能力は、レスポンスの早さ以外でも見極めることができます。多少のワガママを言ったときにスムーズに対応してくれるか、柔軟に対応してくれるかが営業マンの能力の違いとして現れます。

例えば、電話ではなくメールでのみの対応を求めているのに、しつこむ電話をかけてくるような営業マンは使い物になりません。

またあえて不動産屋の定休日である水曜日に内覧を申し込んだ場合、事情などを説明せずに一方的に内覧を断る場合には配慮できない営業マンであることが分かります。

逆に、こちらの要求通りに物事を進めてくれたり、無理な場合には丁寧に事情を説明して状況の理解を助けてくれるような営業マンなら、信頼して不動産探しを任せることができます。

できる不動産屋さんと営業マンは、レスポンスの速さに加えてこちらのワガママへの対応を確認するだけで、おおよそ分かります。

営業マンの能力に疑問がある場合には、あえて無理な要求をして対応をチェックしておきましょう。

提供している不動産の広告で判断

営業マンの力量も重要ですが、不動産屋さんの経営姿勢も大切な要素です。どのような営業マンであっても会社の方針には逆らえないからです。

不動産屋さんの経営姿勢は、提供されている不動産の広告を確認するだけでもだいたい分かるものです。

不動産の適正な取引を推進するための組織である不動産公正取引協議会は、特定用語の使用基準を設定しており、同時に特定用語の使用を禁止しています。

具体的な禁止されている特定用語は以下の通りです。

1.完全、完ぺき、絶対などの用語
2.日本一、抜群、当社だけなどの用語
3.特選、厳選などの用語
4.最高、最高級など最上級を意味する用語
5.格安、堀出、土地値などの用語
6.完売など著しく人気が高く、売行きがよいことを意味する用語

これらの用語は使用が禁止されており、通常、不動産屋さんの広告では使用されていません。

ところが中には、これらの用語を使用して不動産の営業を行っている不動産屋さんはあります。

そのような業界の基準も守れないような不動産屋さんは、まともな経営姿勢を貫いていることはありません。

店舗に貼り出されている広告の中に、禁止されている特定用語が含まれている場合には、すぐに不動産屋さんを変更することをオススメします。

見た目に清潔感があり言葉遣いや態度が良い

営業マンとメールや電話でやり取りした後に、実際に店舗を訪れたとき、必ず営業マンの風貌をチェックしておきましょう。

「服装の乱れは心の乱れ」という言葉があるように、まともな営業マンなら清潔感のある姿をしています。どれだけクールビズが浸透していても、決してだらしない恰好にはならないはずです。

服装というものは、相手に対するリスペクトを表すものです。もしいい加減な格好をしている営業マンがいるとすれば、あなたはその程度の恰好で対応しても構わない人間だと思われているということです。

また言葉遣いや態度も非常に重要で、営業マンの中には調子の良いことばかり言う人間もいます。そんな営業マンは、言葉巧みに丸め込んでとにかく不動産を取引させることばかり考えています。

「人は見た目が9割」といいますが、実際に会って話してみれば信頼に足る人間かどうかは一目瞭然です。もし明確な言葉にできなくてもなんとなく雰囲気で信頼できないと思ったならその直感は間違いありません。

営業マンを変更してもらうか不動産屋さん自体を変更しましょう。

求める不動産の条件を細かく正確に把握してくれる

どんな不動産を求めているのか分からなければ不動産屋さんの営業マンも不動産を勧めることができません。

そのため、仕事ができる営業マンは必ず求めている不動産の条件を細かく尋ねてきます。さらに具体的な物件を提示したり価格を提示したりすることで、より詳細に条件を擦り合わせようとします。

こういった作業を行わない営業マンは、自分が貸したい物件や売りつけたい物件を無理に押し込んできます。

内覧に行っても、内覧したい物件ではなく貸したい物件や売りつけたい物件など条件に合わないものばかりを押し付けてくる場合があります。

そのため、事前に求める不動産の条件を詳細に確かめてこない営業マンや不動産屋さんの言うことを鵜呑みにするのは非常に危険。避けておいた方が無難です。

逆に自発的にしっかりと条件を確かめてくる営業マンには期待できます。

無理に説得しない

不動産取引を成立させれば、不動産屋さんの収益となり、営業マンには成績となります。そのため中には、相手が気弱そうだと思ったら調子の良いことばかり言って強引に不動産取引を成立させようとしてくる営業マンも少なからず存在します。

本来、不動産屋さんは売主と買主、賃貸人と賃借人の間に立って中立中性で公平な立場を貫かなくてはいけません。

それにもかかわらず無理に説得するような営業マンは、自分の利益ばかりを考えていることが多く、不動産取引が成立した後に失敗だったと後悔させられる可能性もあります。

強引で無理のある説得やセールスを行なってくる不動産屋さんや営業マンには関わらない方が無難です。

不動産の利点だけでなく欠点も説明する

不動産の価格は、さまざまな理由によって決定しますが、その多くが妥当な値段となっており、値段が著しく安くなっている場合には何かしらの理由があります。その多くは一般的に不動産にとってデメリットとなります。

不動産取引を成立させるためにはメリットを強調してデメリットを説明しないことが一番ですが、しっかりとした営業マンならデメリットについても細かく丁寧に説明してくれます。

その理由は、購入後にデメリットが致命的なものであった場合にはトラブルに発展するためです。

もし営業マンが不動産についてメリットのみを説明しているなら、その力量を怪しんだ方が良さそうです。

訪問中や内覧時の電話に注意

不動産屋さんへ訪問したときや物件を内覧中に営業マンが電話をしていれば、その電話は狂言かもしれません。

不動産業界ではよく知られている古典的な方法で、仲間内で電話をかけることでほかの人に契約が決まりそうだ焦らせたり、別の優良物件が入ったと誘導したりすることで、相手を思い通りに契約させる意図があるかもしれません。

もちろん質問に答えるために条件や細かな状態を確認するため、電話を利用してほかの不動産会社に連絡を取る場合もありますが、唐突に電話がかかってきたり電話をしたりする場合には要注意です。

電話によって内覧の予定などが変更された場合には、その不動産屋さんと営業マンを怪しむようにしましょう。

とりあえず実績が確かな不動産屋さんに相談してみる

不動産を見つけるためのオススメの方法は、優良な不動産ではなく不動産屋さんを見つけることです。

付け焼き刃のような中途半端な不動産知識を駆使するくらいなら、最初から不動産屋さんを見極める方がはるかに効率的です。

不動産情報ポータルサイトの情報だけでは判断は不可能

不動産のプロや建築のプロであっても、不動産情報ポータルサイトの情報だけでは、その不動産が購入や賃貸に適しているか否かを判断することはできません。

不動産情報ポータルサイトに掲載されている情報が、ある程度は公にできるものとなっており、不動産の購入や賃貸を決定づける要素については明確に提示されていない場合があります。

また現在ではネット上で不動産の住所がある程度分かるため周辺状況を理解することはできますが、細かな部分まで表示されていないため正確な位置を特定することはできません。

例えば、実際に購入しようと思っている物件を確認してみると間取りや築年数では判断できないほど粗悪な建物であったり、墓地の近くの物件だったりということは少なくありません。

不動産情報ポータルサイトの情報だけで判断することはプロであっても不可能で、実際に物件を確認した人でなければ良し悪し判断できません。

不動産屋さんの営業マンなら判断可能

一方で不動産屋さんの営業マンは、不動産がある地域のことに詳しいだけでなく、実際に不動産を確認している可能性も非常に高くなります。

そのため、条件に合わないような不動産は紹介しても無駄足になってしまうため、あらかじめ候補から除外して紹介してくれます。

また候補から外した不動産が気になれば、候補から外した理由を聞くだけで詳細な情報を提供してくれます。

不動産のプロである営業マンがしっかりとしていて、さらに求める不動産の条件をしっかりと伝えることができていれば、高い確率で良質な不動産を紹介してくれます。

物件を購入するならサンヨーホームズに相談してみる

中古物件の購入を考えているなら、まずはプロであるサンヨーホームズに相談してみましょう。

物件探しから建物診断、さらには設備や内装までトータルでサポートしてくれるため、自分で物件を調達してリフォームするよりもはるかに手間とお金を節約できるかもしれません。

心配な耐震性や劣化状態も診断してくれるだけでなく、物件の調達からフルイノベーションまで手掛けてくれます。

物件の総合プロデュースを行うため、いい加減な物件を紹介されることもなく安心です。

相談するだけなら無料のため、不動産に関する悩みがあるならとりあえず迷っていないで相談してみましょう。素人では考えつかないような選択肢を提示してくれます。

不動産の売却を考えているなら不動産一括査定サイト

不動産を購入するにしても売却するにしても、また賃貸するにもしても、自己資金は非常に重要です。手持ちの不動産を売却すれば、資金的な問題をクリアすることができるかもしれません。

そのためには、まず手持ちの不動産がどの程度の価値なのか見極めなければいけません。

そんなときに便利なサービスが不動産一括査定サイト。必要な情報を入力すれば、1分程度で複数の不動産会社に不動産の査定依頼ができます。

査定を行ってくれる不動産会社は信頼性が高く大手不動産会社も多いため、より正確な不動産の価値を見極めることができます。

適正な不動産の査定額を提示する不動産会社は信頼性が高いため、不動産売却だけでなく購入や賃貸についても安心して相談することができます。

迷っていたり気になっているなら、とりあえず不動産一括査定サイトを利用してみましょう。

RE-Guide(リガイド)不動産一括査定

不動産サイトの老舗であるRE-Guide(リガイド)の不動産一括査定システムです。

大手を含む600社以上の不動産会社から、面倒な手続き不要の約1分間の簡単入力で、複数社へ一括で査定依頼ができます。

参加会社は独自審査を通過した会社のみで、10年以上の実績があるため信頼性の高いサービスです。

サンヨーホームズの査定サービス

物件の購入や売却、さらにはリノベーションまで手掛けるサンヨーホームズの査定サービス。

幅広い問題に対応できるポテンシャルを持っているメーカーであるため、無料査定に関しても意向を汲んだ対応をしてくれます。

物件の価格査定以上の相談にも対応してくれるため、とりあえず試しに無料査定を頼んでみましょう。

Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定

全国のエリア別中古マンション・土地・一戸建ての現在の売出価格を過去数百万事例に基づき独自の計算ロジックで算出しており、透明性の高い不動産価格を知ることができます。

中古マンション、土地、一戸建ての購入や売却を検討しているなら、まずは相場を知るためにも査定を行ってみましょう。

エリアに特化した不動産会社を紹介してもらえるため、不動産業者選びに迷っている人もオススメです。

イエイ不動産売却査定

ネット上の不動産査定では非常に有名なサービスであるイエイ不動産売却査定です。

大手はもちろん中小企業の不動産業者までカバーしており、全国の不動産の売却査定額を無料で比較できます。

無料査定依頼は1分しかからず面倒なことが不要でスピーディーに査定できます。利用者数も300万人以上となっており、とりあえず査定しておいて損はありません。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

まとめ

不動産というものは、誰もが納得するようなものが存在せず、人気があったり価格が高かったりするだけでオススメできるものにはなりません。

不動産はひとつひとつに個性があるため、必ず自分の状況に合ったものを見つけ出すことが非常に大切になります。

そこで重要なのが、不動産ではなく不動産屋さんを見極めることになります。信頼できる不動産屋さんと営業マンに出会うことができれば、不動産取引は成功したようなものです。

信用できる不動産屋さんと営業マンを探すためにも、複数の不動産屋さんにさまざまな方法でアプローチしてみましょう。納得できる不動産屋さんに出会えるまで探す根気が必要です。

 - ライフハック・ノウハウ, 不動産情報, 賃貸, 購入, 売却 , , , , , , ,