ドライドッグフードのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安全な国産品から市販品の安いものまで

      2018/06/02

人気のドライ・半生ドッグフード

ペットの数が増え続けている現代において、ベットの中でも屈指の人気を誇る犬は1000万匹近くが飼育されています。そんな犬たちに欠かせないのがドッグフードでありドライドッグフードは犬の生活に欠かせないものとなっています。

ところが、ドライドッグフードといっても種類が膨大になっており、ニュートロ、ロイヤルカナン、カナガン、モグワンなどのメーカーが販売しているため、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、どんな犬も喜んで食べてくれるドライドッグフードのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。安全な国産品から市販品の安いものまで幅広いドッグフードをご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ドライドッグフードとは?

数あるドッグフードの中でも、ドライドッグフードとはどのような徳フードを指すのでしょうか。まずはドライ・半生ドッグフードの特性について知っておきましょう。

水分量が少ない通称「カリカリ」

ドライドッグフードは、含有水分量が10%以下の乾燥タイプのドッグフードで、一般的には「カリカリ」などとも呼ばれています。

ドッグフードは、製法や含有水分量によってタイプが分かれており、ドライドッグフード以外にも半生と呼ばれるセミモイストタイプ、ソフトタイプやウェットタイプがあります。

含有水分量の違いによって、ドッグフードの性質も変わってきます。

長期間の保存ができる

ドライドッグフードは、水分量を減らしているため腐りにくく長期間の保存が可能です。

犬の大きさや食欲によってドッグフードの消費量は変化します。日持ちしないドッグフードでは、犬がすべてを消費する前に消費期限が切れてしまうこともあります。

しかしドライドッグフードなら、消費期限が長期間となっているため、使い切る前に消費期限になるという心配がありません。

無添加の場合でも、開封後、最長3カ月程度は消費期限が設けられているため安心です。

保存料が少なく安全性が高い

乾燥させることで長時間の保存が可能となっているドライドッグフードは、保存料が無添加であっても長く保管することができます。

不必要な保存料が含まれていないため安全性が高く、安心して犬に与えることができます。

保存量が少なく安全性が高いのもドライドッグフードならではのポイントです。

犬にとっては食べにくい

やわらかくて食べやすいウェットタイプのドッグフードに比べて、硬くて食べにくいドライタイプのドッグフードは犬にとっては食べにくいエサとなります。

水分が含まれていないための呑み込みにくく、ドライドッグフードを嫌がる犬も少なくありません。

ドライドッグフードの中には、合成着色料や合成香料を利用することによって食べやすくしているものもあります。

必要な栄養素がバランスよく配合されている

ドライドッグフードは、犬に必要な栄養を凝縮して配合しているため、ドライドッグフードだけで犬に必要な栄養のほとんどを補うことができます。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、犬の健康を維持するために必要な栄養素がバランスよく配合されているため、ドライドッグフードでバランスの良く栄養を与えるこことができます。

健康に長く生きてもらうためにも犬の栄養管理は非常に重要ですが、ドライドッグフードは難しい栄養管理を強力にサポートしてくれます。

水分を摂取できない

乾燥しているドライドッグフードをどれだけ食べても、水分を摂取することはできません。

そのためドライドッグフード与えるときには、一緒に水分を与えるなど工夫が必要です。

ウェットドッグフードに比べて、エサとは別に水を与える必要があります。

酵素を得ることができない

ドライドッグフードは、熱によって加工された後に乾燥処理が施されているため、どうしても酵素を補うことができなくなります。

ビタミンやミネラルなども加工の過程で失われることが多くあります。

加工後にビタミンやミネラルを配合しているドライドッグフードを選んだり、足りない栄養をサプリメントで補うことで、この問題は解決することができます。

歯垢や歯石が付着しにくい

カリカリと呼ばれているほど硬いドライドッグフード。カリカリと呼ばれる通り、犬はドライドッグフードを食べるときにカリカリと音を鳴らします。

粘着性が低く硬さのあるドライドッグフードは、食べているだけで歯に付着する歯垢を取り除く効果があり、口腔トラブルを引き起こす歯垢や歯石の発生を抑えてくれます。

歯石を除去するには高額の治療費が必要なだけでなく犬にも大きな負担を与えます。

犬の歯石予防のためにも定期的にドライドッグフードを与えるのは効果的です。

購入しやすい

ドライドッグフードは主流のドッグフードとなっており、容易に手に入れることができます。

ペットショップではもちろんのことネットやスーパーなどでも販売されていることが多く、比較的簡単に手に入れることができます。

種類も豊富で量も自由に選ぶことができるため、小型犬から大型犬まで必要な量を手に入れることができます。

値段が安い

主流であり人気でもあるドライドッグフードは、幅広い製品が販売されています。その結果、比較的値段が安くなっています。

硬さがあるため少量でも満腹感を得ることができ、含有水分量が少ないため、少量を与えただけでも犬は十分に満足してくれます。

そのため、犬の健康だけでなく飼い主の財布にも優しいドッグフードとなっています。

ドライドッグフードの与え方

ドライドッグフードは、どのようにして犬に与えればいいのでしょうか。

ドッグフードの基本

1.成犬では1日2回、子犬では1日4回与える
2.犬は目の前のエサを満腹になるまで食べるため与えすぎに注意する
3.パッケージに表示されている食事量を基準に健康状態を考えて与える
4.おやつは与えすぎない

かなり基本的なことですが、同時に非常に重要なことです。

どれだけ優れたドッグフードでも、与え方を間違えれば健康を損なう原因となります。

与える回数や量をしっかりと考えて、適量を与えるようにしましょう。

ドッグフードにお湯をかける

1.適量のドッグフードをボウルに入れる
2.ドッグフードに適量のお湯をかける
3.10分程度放置する
4.ドッグフードがしっかりと水分を吸収すれば完成

乾燥していることが原因となってドライドッグフードを食べない犬に対して、水分を含ませることで食いつきが良くなる場合があります。

お湯を使うことでしっかりとドライドッグフードをふやかすことができ、時間をおくことでしっかりと水分を含ませることができます。

ドッグフードにアレンジを加える

1.粉末のヤギミルクをかける
2.出汁をかける
3.オイルをかける

ドライドッグフードの味や香りに飽きて食いつきが悪くなっている場合には、味や香りを変えることで食べやすくすることができます。

ヤギミルクや出汁、オイル以外にも、食いつくを良くするためのサポートドッグフードはあるため、いろいろと試して愛犬が好むものを見つけましょう。

ドライドッグフードの選び方のポイント

ドライドッグフードを選ぶときには、どのような基準を持てばいいのでしょうか。ドライドッグフードの選び方のポイントを確認しておきましょう。

栄養価が高いもの

栄養価に優れているドッグフードを選べば、食べている犬も自然と健康になります。

犬は人間と異なる体の構造を持っており、栄養バランスも犬と人間では大きく違います。

猫に比べて雑食性の強い犬ですが、もともとは肉食動物であったため人間よりも摂取しなければならないタンパク質の比率が多くなっています。

またタンパク質以外にも脂質も重要な要素で、栄養バランスが崩れているドッグフードを与えると健康に大きな害を及ぼすことになります。

栄養バランスについては、アメリカの検査機関である米国飼料検査官協会「AAFCO(アフコ)」が定める基準に則ったものであれば、総合栄養食といえます。

AAFCOの基準では、タンパク質量が22.5%、粗脂肪量が8.5%となっているため、それぞれの条件を満たしているドッグフードを探してみましょう。

穀物よりも肉類が多いもの

雑食性が強いながらも元来は肉食動物であった犬は、肉を中心とした食生活が健康維持に必要となります。

ドライドッグフードには、チキン、ビーフ、ラム、鹿肉、サーモン、白身魚などの動物性タンパク質を含む製品があります。これらの動物性タンパク質を材料にしているドッグフードは一定の品質を保っているといえます。

穀物が多く使用されているドッグフードは、安価な穀物によって量がかさましされていることが多く、栄養バランス的にも優れていません。

選ぼうとしているドッグフードに含まれる肉類が穀物より多いかどうかは、表示されている原材料の並び順である程度把握できます。

原材料の表示は、ドッグフード全体に占める割合が多い原材料ほど順番の前に記す必要があるため、原材料の並びのうちで、できるだけ肉類が先頭に近いものを選びましょう。

粗悪な素材が使用されていないもの

邪悪な材料が使用されているドッグフードを与えていると、愛犬の健康を損なうこともあります。

植物性タンパク質を利用しているものやミールやエキスを利用しているものは、低品質な場合が少なくありません。

植物性タンパク質は犬には消化することが難しい穀物や豆に含まれるグルテンなどを配合していることがあり、どれだけタンパク質量が多くても植物性タンパク質であると体に吸収されないため意味がありません。

またミールやエキスといった食用の肉以外の材料を使用している場合、死んでいる動物や病気で弱っている動物など粗悪な材料から作られたものが利用されていることが少なくありません。

これは、人間の食品に比べてペット用の食品は基準が甘く管理体制に不備が多いことから発生します。

粗悪な素材が使用されていないドッグフードは、犬にとってもおいしいものであり、同時に安全なものとなります。

できる限り粗悪な素材を使用していない安心できるドッグフードを選びましょう。

ドッグフードのサイズ

小型犬の小さな口では、大粒のドッグフードを食べるのは骨が折れます。

ドッグフードには、小粒、中粒、大粒などがあり、粒の大きさを選ぶことができます。

ドッグフードの粒の大きさは犬の好みにもよりますが、犬のサイズや年齢などでもある程度は決めることができます。

基本的には小型犬は小粒、大型犬は大粒の方が食べやすくなります。

また幼犬やシニア犬は、食べ物を消化する力が弱いため小粒が向いています。

成犬は、食べ物を消化する力がしっかりと身についているため、大粒でも問題ありません。

犬のサイズや年齢に加えて、犬の好みまで考えて最適なドッグフードのサイズを選びましょう。

愛犬が好む味

どれだけ栄養価が高く健康を考え抜いて作られたドッグフードであっても、好みに合っていなければ食べてはくれません。

犬も人間と同様に個性があり、味にも好みがあります。

好きでもない味のドッグフードを大量に与えられても、喜ぶ犬は1匹もいません。

味の好みは千差万別であるため、多くの犬が気に入っている人気のドッグフードだからといって愛犬が食べてくれるとは限りません。

いくつかドッグフードを購入し、実際に相手に与えて試してみることが非常に重要になります。

価格

毎日消費されるドッグフードは家計の負担になります。食費に目を向けない人がいないように、ドッグフードも価格が重要になります。

食事量が少ない小型犬ならともかく、大型犬になると1日の食費も無視することができません。コストパフォーマンスも重要になります。

値段が安いドッグフードほど粗悪になる傾向にあるため、価格だけで決めることには賛成できませんが、現実的に考えれば価格は必ず考慮しなければいけません。

愛犬のために確保できる予算の範囲内で無理なく購入できるドッグフードを選ぶことが重要となります。

ただし、ドッグフードは健康にも直結するため、値段が安い粗悪なドッグフードばかり与えていると病気になって余計な治療費を支出する原因となります。愛犬が健康になれば、お金がかかるだけでなく愛犬に不要な苦しみを与えることにもなります。

そのため、できるだけドッグフードは価格よりも健康のことを考えたものにするべきです。愛犬の健康を考えることで、総合的なコストを抑えることができることに留意しておきましょう。

ドライドッグフードのオススメ人気比較ランキング

ここからは愛犬の主食になるドライドッグフードのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。栄養価、バランス、安全性、食べやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

15位:ウェルネス コア ドッグフード

ウェルネス コア ドッグフード

老舗のペットフード会社が統合して誕生したウェルペット社の安心安全なドッグフードです。

高タンパク質が特徴のドッグフードとなっており、白身魚を使うことで高品質に仕上げています。タンパク質は34%以上配合されており、ニワトリや七面鳥といった家畜の頭、脚、腸などの家禽副産物を使用していないため、安心して愛犬に与えることができます。

穀物を使っていないのも大きな特徴です。炭水化物源としてはじゃがいもを使用しており、小麦、トウモロコシ、米を使っていません。

着色料や香料も不使用で、安全性にはこだわっています。

にんじん、ブルーベリー、ケールなどを原料にした抗酸化栄養素、脂肪酸を配合。愛犬の健康をサポートしてくれます。

ウェルネスは、The Whole Dog Journalというアメリカで最も信頼されているナチュラルペット製品専門誌において、厳しい基準をクリアし、2001年から17年連続推奨ドッグフードに選ばれています。実績のあるドッグフードです。

犬の健康を第一に考えて安全性にこだわり抜いて開発されているドッグフード。少し値段が高いですが、価格相応の品質を誇る良質なドッグフードです。

口コミの評判

・我が家のアトピー犬の必需食。米国在住時、アレルギーもちのフレンチブルのフードとして獣医さんに薦められました。このフードに変更して約2年ですが皮膚トラブルはほとんどありません。
・我が家は老犬ですが、とてもカリカリと喜んで食べてくれます。食いつきも良いです。そのままでも、混ぜてあげても、どちらでも喜んで食べてくれます。
・健康な消化管をサポート、腰と関節の健康維持をサポート、皮膚、被毛の健康維持をサポートなど健康面の配慮も優れているように思います。穀物不使用、人工香料不使用、厳選自然素材を使用したペットフードと、作りにも安心感があります。便の状態も良好なので、消化にもやさしいように思います。
・普段与えている魚メインのフードは開封した時に古い魚粉が油焼けしたような匂いがしていました。手に着いた匂いも中々取れない。魚由来のフードはこんな物だろうと思っていましたが、このフードは強い臭みが無く食い付きも良いです。粒は厚みのある三角形。蛋白質含有量が34%と高く続ける事で毛艶&皮膚に良い影響が出てくると思います。

14位:ペディグリー ドッグフード

ペディグリー ドッグフード

市販のドライドッグフードしては定番のペディグリーのドッグフードです。

穀物とチキンやビーフをベースとしているドッグフードで、コストパフォーマンスに非常に優れています。

大型犬用には頑丈な足腰の健康維持をサポートするためにカルシウムを配合し、グルコサミンが豊富なチキンを使用しています。

また成犬用には、緑黄色野菜と新鮮な魚を加えており、犬の状態や年齢に合わせた配合となっています。

その他にものビタミンやミネラルなど、愛犬のライフステージに合わせた配合になっており、難しいことを考えなくても愛犬に合わせたものを選ぶことで最適なドッグフードを見つけることができます。

初めてドッグフードを購入する人も安心して選ぶことができるドッグフード。ただしコストパフォーマンス重視で品質が特別に優れているものではないため、より高品質のドッグフードを探しているなら他のものにしましょう。

口コミの評判

・他のドッグフードだと1週間しか持たないが、このペディグリーのドッグフードだと3週間は持ちます。
・いつもぺディグリーのフードを与えていますが、野菜と魚も採れるのでとっても良いです。
・うちのワンちゃん用に購入しました。喜んで美味しそうに食べてるので問題ないかと思います。お腹も壊しません。
・以前は大粒が無くて、いつもワンコが食べるときに粒が小さいから食べにくそうにして食べしばかりしてたのですが、大粒タイプにしたら食べやすいのかいつも完食です。とても喜んで食べています。

13位:犬心 糖&脂コントロール ドッグフード

犬心 糖&脂コントロール ドッグフード

病気を患っている犬を食生活によってサポートすることができるドッグフードです。

犬の糖尿病、膵炎、クッシング症候群、甲状腺機能低下症、高脂血症、脂質代謝異常症、メタボ(肥満)をケアする食事療法食に対応している病気管理用ドッグフードで、さまざまな病気を食事面からサポートすることができます。

病気対応の臨床栄養を満たしていることはもちろん、ナチュラル(無添加&フレッシュを活かす製法)にもこだわった国内製造のドッグフードで、大手の市販品には実現できない高い栄養価と安全性を両立しています。

上記の7つの病気は、犬に多い疾患のため、幅広いサポートができるのが大きな特徴。またこれらの病気は、食事管理が必要不可欠なため、ほかのドッグフードを与えている場合には見直しが必要です。

原料にもこだわっていて高品質な材料を使うことによって、食いつきの良いドッグフードを実現しています。人間も食べられるほどの安全性で愛犬も喜んで食べてくれます。

上記の病気を患っているなら、すぐにこのドッグフードに変えましょう。健康状態が改善することに大きく期待することができます。

口コミの評判

・メグは、甲状腺機能低下症をわずらっています。首からはじまり、お腹や背中にかけて毛が抜けてしまったときは、本当にショックでした。「犬心」で、状態をキープできているように思います。散歩にいきたがることもありますし、まだまだメグは元気でいてくれています。
・慢性膵炎を発症したのは、トロイが2才の頃です。以来、何とかやってきましたが、昨秋、とうとう糖尿病も併発してしまいました。ちょうどそのとき、「犬心」のを知り、これしかない、という心境でした。闘病は続きますが、トロイの食事管理ができて、とても助かっています。最近、少し体重が増え、状態が良いと感じています。
・クッシング症候群を発症したのは、ハムが7才になったばかりの頃でした。以来、何とかやってきましたが、昨夏、甲状腺機能低下症も併発してしまいました。闘病は続きますが、ハムの食事療法ができ、とても助かっています。
・子供と兄弟のように成長し、家族の一員として暮らしている愛犬です。膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。ダメかもしれないと思ったこともありました。犬心は、食いつきが良く、便質が程なく変わりました。ウチのワンコに合っているなと思いましたね。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

12位:ユーカヌバ ドッグフード

ユーカヌバ ドッグフード

バランスよく配合された栄養によって愛犬本来の元気を引き出しコンディションを整えてくれるドッグフードです。

タンパク質29%以上、脂質14%以上と高い栄養価を兼ね備えており、犬に最適な栄養バランスを実現しています。

奥歯のケアができるのもポイントで、噛むことで歯垢や歯石を取り除く効果が高められており、食事で歯磨き効果を得ることができるため犬の口腔トラブルを予防できます。

歯にフィットするS字粒を採用していることで、高いクリーニング効果を発揮します。1カ月使用するだけで歯磨き効果を実感することができます。

犬の大きさや年齢に合わせた製品が販売されており、どんな犬にもピッタリの製品を見つけることができるのも魅力的なポイントです。

犬の状態に合わせて最適な栄養を補給することができるドッグフード。愛犬の歯垢や歯石が気になる人は、まずは1カ月、このドッグフードを与えてみましょう。

口コミの評判

・9歳のチワワを飼っています。ユーカヌバのチワワ用からこちらのシニア用に変更しました。小粒で食い付きも良く、獣医さんもオススメしていた事もあったので今後もこちらを購入したいと思います。コスパもペットショップで買うより安いです。
・何回も購入しています。ヨーキー用、歯石少し取れてよい。ガリガリと音を立てて食べています。
・毎回このフードをあげています。健康で長生きしてほしいと願っています。
・8歳になり、このドッグフードに変えましたが、よく食べてくれます。

11位:アイムス IAMS ドッグフード

アイムス IAMS ドッグフード

コストパフォーマンスに優れている市販品ながら栄養バランスにも配慮されているドッグフードです。

値段の安い市販品のドッグフードは、どうしても穀物でかさましされていますが、このドッグフードは肉類が豊富に使われていてタンパク質のバランスが取れていいます。

さらに消化に良い植物繊維を配合しており、タンパク質の消化を助けてくれます。

従来品に比べて新しい旨味成分を贅沢に追加したことで食いつきがアップしています。スムーズにドッグフードを食べてくれない犬も、このドッグフードなら喜んで食べてくれます。

粒の大きさにも配慮されており、犬に食べやすい大きさと形状になりました。

獣医師の知見に基づいて開発されたドッグフードのため、健康にも配慮されています。グルコサミンを配合することで関節の健康維持をサポートし、バランスのとれた栄養素で体重の維持も容易に行うことができます。

食いつきから健康のことまで考えて開発されているドッグフード。市販品ながら、かなり考え抜かれているドッグフードで、コストパフォーマンスを重視するならこのドッグフードがオススメです。

口コミの評判

・以前はH社のフードを食べさせていましたが、老犬で歯がボロボロで噛めずこのアイムスに替えました。とても良く食べてくれました。助かっています。
・8歳の柴犬用に購入。アイムスはパピーの頃からブリーダーさんに勧められて与えている。他メーカーの商品は知らないが、喜んで食べてくれるので安心している。
・ここ2年で、愛犬が健康的に痩せました。運動量は以前と変わっていません。この製品のおかげか、10歳になっても、毛がツヤツヤしていて病気になっていません。
・今まで、動物病院で紹介された高価なドッグフードを食べさせていたのですが、月に一度はお腹を壊し通院する日々でしたが、ある時、知人から『安価でいいのがあるよー』って言われ購入し食べさせたところお腹を壊さず元気に走り回っている愛犬を見れて幸せです。

10位:プリスクリプション・ダイエット ドッグフード

プリスクリプション・ダイエット ドッグフード

肥満犬のダイエットに最適なドッグフードです。

満腹感と糖尿の管理、腸の健康のために高食物繊維を配合しているドッグフードで、少量でも満腹感を与えることができるためダイエットに効果的です。

体調管理のための栄養バランスとなっており、低脂肪かつ低カロリーに調整されているため、たくさん食べても太りにくくなっています。

脂肪代謝と筋肉量の維持のために高レベルの L-カルニチンを配合。ミネラルとアミノ酸のバランスを調整したことでストルバイト尿石が形成されにくくなっています。

科学的に証明されている抗酸化成分が健康サポートし、免疫力を維持。長期の体重管理に適したドッグフードとなっています。

太りすぎが気になる愛犬を痩せさせるために食事療法をしたいなら、このドッグフードを試す価値は十分にあります。

口コミの評判

・ちょっと体を壊した時、「これを食べてみなさい。」と言われました。ダイエット食に近いのですが、1日120gを2回に分けて与えています。6.5kgあるダックスです。あまり言いたくないのですが、ペットショップなどとお値段があまりにも違います。
・嘔吐や下痢をしやすい飼い犬に獣医さんから勧められました。普段からこれだけ。よく食べて調子良いです。乾燥気味の便になりますので、便はポロポロしますが掃除は楽。ベテベトする便よりは臭くないですし。しかし、快便とはいえ回数が多いですな。
・家のワンコはおなかが弱くよく壊します、獣医さんには小梅ちゃん(うちの子の名)はおなかが弱いねーなんて言われてました。今まで色々試しましたが、これ!というものがなかなか見つかりませんでした。このフードに変えてからはとにかくうんちの感じがすごく良いです、今まではな~んか軟便気味でしたが今はコロコロのうんちをしてくれてかたずけがとても楽です、ワンコのほうも結構このエサが気に入ってるみたいです、体調も毛艶も良いです、ちょっと値段が高めですがおすすめです。
・我が家の飼い犬の消化器官に若干の問題がみられ、獣医師に勧められた為に若い頃から今までこれを与えています。フンの状況もよく、シニア犬となった今も消化器を始めとした健康に変調は見られません。犬の状況は千差万別ですが、信用に値する餌であると思います。

9位:ニュートロ シュプレモ ドッグフード

ニュートロ シュプレモ ドッグフード

材料にこだわっている犬の健康を考えたドッグフードです。

栄養バランスに優れており、犬の体作りに必要不可欠な良質な動物性タンパク質を豊富に含んでいます。タンパク源にはチキン、ラム、サーモンを組み合わせており、チキン南蛮肉を主原料としているため自然素材が持つ美味しさをそのまま閉じ込めています。

皮膚や毛、消化吸収の健康維持に配慮して、リノール酸を豊富に含むひまわり油、α-リノレン酸やポリフェノールが豊富な亜麻仁、良質な食物繊維が豊富でおなかにやさしいオーツ麦、自然由来のビタミン・ミネラルが豊富な玄米を組み合わせています。

そのほかにも抵抗力の維持に役立つチアシード、ココナッツ、リンゴ、ケールを組み合わせており、抗酸化成分によって健康をサポートしてくれます。

市販品としては原料にも配合にもこだわっているドッグフード。自然素材中心に配合されているため、ドッグフードを与えるときの安心感も違います。

口コミの評判

・グレインフリー等の高いドッグフードを試しましたが、食べなれているのかこれが一番よく食べます。これからもお世話になります。
・2歳のマルチーズ雄です。これまでロイヤルカナンでしたが、あまり食いは良くありませんでした。これにしてからは、毎日完食です。
・1歳超えた、トイプー飼っています。食べ方に波があり、気に入らないと全然食べませんが、ニュートロはそこそこ食べてくれます。
・海外の製品で質の高いものはどうしても高価格ですがこの品質でこの価格ならいう事なしです。評判もいいし、なにしろよく食べます。

8位:サイエンスダイエット ドッグフード

サイエンスダイエット ドッグフード

肥満傾向の愛犬の体重を抑えることができるドッグフードです。

良質なタンパク質を配合しながらカロリーと脂肪分を抑えることによって体重管理を容易に行えるドッグフードです。

原料にはチキンとターキーを使用しており、タンパク質量が多いため犬の体作りに効果的に作用します。

またビタミンやミネラルを豊富に含んでいるトマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウなどを加えており、栄養面でもしっかりサポートします。

歯と歯茎を健康な状態に保つビタミンDとビタミンCを配合しており、長く健康な口腔環境を保つことができます。

人工の着色料や香料、保存料、チキン副産物ミールは一切使用しておらず、安全性の高いも大きな特徴です。

220人を超える獣医師と栄養学者が450頭以上の犬と一緒に暮らしながら開発した犬のためのドッグフード。犬のダイエット目指すなら、一度は試しておきたいドッグフードです。

口コミの評判

・ウチのチワワ 0歳から、ずーーとこれ一筋にあげてます。あたえ続けて今は4歳!病気1つなく元気いっぱいです。しかも食べっぷりは見事なものです。
・3歳のチワワが肥満気味のため買い替えました。みなさん仰っている通り、1日2回のうんちが4、5回になったので掃除は大変です。でもかかりつけの獣医さんに指導してもらいながら3ヶ月続けて、目標体重まで減らすことができました!
・昔与えていましたが、今回新しくなったということでお試ししてみました。食いつきがよく、しかも早く食べないようになり良い効果を生んでいるようです。
・パグの成犬1年生にあげています。生後半年て去勢してから肥満が顕著化してきたためこちらの商品に替えました。少しずつですが成果が出てきたように思えます。美味しそうに食べてくれるので気に入っています。

7位:ネルソンズ ドッグフード

ネルソンズ ドッグフード

人間が食べても害のないヒューマングレードにこだわっているイギリスの高品質ドッグフードです。

ペット大国のイギリスで開発されたドッグフードで、非常に高い安全性が大きなポイントとなっています。

穀物不使用のグレインフリーとなっており、炭水化物はサツマイモやジャガイモを中心とした健康的なものとなっています。

また乾燥チキンとチキン生肉の比率が非常に高く、全体の半分程度を占めています。動物性タンパク質が豊富に含まれており、良質なタンパク質をしっかりと摂取させることができます。

サーモンオイルや海藻を配合しており、毛のツヤを高めることができます。グルコサミンやコンドロイチンによって老犬の元気を強力にサポートします。

その他にもビタミンやミネラルもバランスよく配合されており、市販のドッグフードでは不可能な最高の栄養バランスを実現しています。

ヒューマングレードにこだわっている高品質のドッグフード。値段は少々お高いものの、犬の健康第一に考えるならこのドッグフードは有力候補になります。

口コミの評判

・1才のフレンチブルドッグですが、アレルギーでかわいそうでしたが、ネルソンズに変えて湿疹がなくなりました。
・ドッグフードの評価サイトで一番原料に悪いものが入っていないので定期購入で購入しておりました。小型犬には粒も大きいのでいつもふやかしておりました。全体的にはいい成分ですが、小型犬にとってはしんどい大きさだと思います。
・1歳のフレンチブルですが、アレルギーが出やすいのでフードは色々と検討していました。なんでも食べる犬なので、当然食いつきはいいし、お腹の調子も良いし(どちらかというと便はやや硬めになった感じでした)、今の所皮膚トラブルも起こっていません。
・2匹プードル飼ってます。どちらも、食い付きは良かったです。皮膚の赤みもなく、涙やけもちょっとましになった様な。。骨格もちょっとしっかりして来たみたいです。もちろん、毛艶もよくなりました。が、粒が思ったより、大きいです。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

6位:ロイヤルカナン ドッグフード

ロイヤルカナン ドッグフード

犬の健康しっかりとサポートしてくれるドッグフードです。

栄養バランスにこだわっており、年齢や状態に合わせて最適なドッグフード選ぶことが可能です。

カロリーを低く抑えられているため肥満を防ぐことができ、必要な栄養素はしっかりと補いながら体重だけを落とすことができます。

チキンやターキーを主原料にしており、必要なタンパク質を十分に補うことができます。

関節を円滑に動かすために必要なコンドロイチンやアミノ酸も含んでおり、体重の増加によって傷みやすい足腰もサポートしてくれます。

健康維持に必要不可欠なビタミン類やミネラルも備えており、総合的に栄養を摂取させることができます。

食事療法によって犬の健康を維持したい場合に大活躍してくれるドッグフード。市販品としては値段が高めですが、選ぶ価値は十分にあります。

口コミの評判

・ミニチュアダックスでダイエットをしています。ピークから1キロマイナスでキープできています。(おやつも与えていますが)おいしそうに食べていますよ。
・食べるの大好きな愛犬の体重管理のため数年購入しています。うちは小型犬なので3kgがちょうどいいようです。獣医師の指示で一日55g与えています。
・足が弱っているので体重増加は大敵で... この満腹感サポートのおかげでベスト体重をキープできています。かかりつけ獣医さんからは『常に体重を量って痩せすぎないようにも気を付けて下さい』と言われているので、他社のダイエットフードと混ぜて与えています。我が家の娘(愛犬)には無くてはならないフードです。
・すでに成犬を譲り受け、当時8.5キロのミニチュアダックス。動物病院の院長先生に、ミニチュアですとね・・・?と言われたくらい。スケールで、分量を量り、与えて2カ月。現在、7.9キロに。空腹感を感じさせず、コロコロうん○も出て、おまけに毛つやがいい!やや高いけど、状態がいいので、このまま、お世話になりたいフードです。

5位:アカナ ドッグフード

アカナ ドッグフード

バイオロジックフードという新しいカテゴリーのドッグフードです。

このドッグフードは、犬の進化に沿ったタンパク質を供給することを目的としており、本来肉食獣であった犬にしっかりと肉を食べさせることができます。

犬種や年齢に合わせたさまざまタイプのドッグフードが用意されているため、愛犬の体調や健康状態に合わせてドッグフードをチョイスすることができます。

カナダ産の豊かな自然の中で育まれた原材料だけを厳選して使用しているドッグフードのため、安全性が非常に高いのが特徴です。

また鶏肉、ターキー、全卵、カレイなど、豊富なタンパク源を含んでおり、高タンパク質、低炭水化物の美味しいだけでなく健康な体作りと体重コントロールをサポートしてくれるドッグフードに仕上げています。

原料の供給はカナダ地元の供給業者よって飼育、栽培されたもので、新鮮な材料を自社のキッチンで加工しているため安全性にも優れています。

カナダの豊かな自然をそのままドッグフードに凝縮している栄養バランスに優れたドッグフード。タンパク質量が多いため、犬本来の栄養バランスを手に入れることができます。

口コミの評判

・コスパも食いつきも良い。コーギー、11ヶ月に与えてます。今までオリジンあげてましたが値段が高すぎました、、、なので乗り換えましたが食いつきは変わらずうんちも良好。大満足。
・シニア犬でアレルギーがあり、色々とフードを試しましたが、もうこのフードで安定してます。なので、購入するときは大きいサイズです。安く購入出でき、満足です。
・アメリに住んでいた時から、私はアカナを使用。毛艶が良く、お腹を壊すことがありません。素晴らしいフードです。
・以前の餌は、ヨーグルトを入れたり工夫をしないと食べなかったのですが、アカナに餌をかえてからは、食べる前からヨダレを垂らし食いつきがすごいです。アカナに変えて本当に良かったです。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

4位:DailyStyle デイリースタイル 国産鹿肉プレミアムドッグフード

DailyStyle デイリースタイル 国産鹿肉プレミアムドッグフード

獣医師である宿南章氏によって開発された鹿肉をベースとしているドッグフードです。

犬の祖先であるオオカミが主食としてきた鹿肉をベースに愛犬の立場で開発されたこのドッグフード。獣医師が開発しているため、栄養バランスに優れており安全性も折り紙付きです。

国産の鹿肉を採用しており、国産の材料を使用することによって安全性を確保しています。さらに無添加でヒューマングレードレベルの食材を使用しているため、人間が食べることができます。

加工方法にもこだわっており、鹿肉を麹で熟成させることによって、普通のドッグフードよりも消化しやすくなっています。小学機能が低下しているシニア犬や消化能力が子犬でもしっかりと栄養を吸収できるようになっています。

着色料、香料、乳化剤は一切使用しておらず、保存料を使わずに水分量を調節することで保存期間を延ばすことに成功しています。

さらに原材料を30時間以上煮込むことで旨味をアップさせ食いつきを良くしています。煮込むことで栄養の吸収も高めることができます。

成犬用、子犬用、シニア用が用意されているため、犬の年齢に合わせたドッグフードを選ぶことができます。

獣医師による知見、厳選した材料、こだわり抜いた製法によって製造されているドッグフード。愛犬が体調不良なら、このドッグフードに変えるだけで健康を取り戻すことができるかもしれません。

口コミの評判

・慢性腎不全と診断され腎臓の負担を軽減するフードを変えることになり色々試しています。このフードは香りがいいのでメインのフードにふりかけのようにして与えていますが、とても喜んで食べています。おやつとしても安心して与えられるので大満足です。
・鹿のお肉の匂いがとてもよくワンちゃんも残さず食べてます。涙目が良くなりました。
・色々なフードを試してみましたが、唯一食い付きが良かったので。ただ主食は私が調理する腎臓食レシピですが、主食を食べてから足らない分をフードを食べていると言う状態ですが、総合の栄養を考えたら、食べてくれるだけでも有難いです。
・食いつき方が違う!見たことない(笑)カリカリは拒否するワンコでした。高齢犬用は色も少し薄くて~お皿に入れた瞬間に喰いつき始めてビックリ!少し濡らしたり、缶詰に混ぜたり…1番の驚きは?鼻が黒くなった事です。元気になって、しっかり歩くようになりました。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

3位:ピッコロ ドッグフード

ピッコロ ドッグフード

シニア犬に最適なイギリス生まれのドッグフードです。

シニア犬用のドッグフードに切り替えるときに問題となるのが、どんなドッグフードを与えるべきかというものです。

よく食べてくれる栄養素をしっかりと摂取できるものを選びたいところですが、条件に合うようなドッグフードを見つけることはなかなかできません。

そんな人に最適なのがペット大国イギリスで開発されたこのシニア犬用のドッグフードです。

高タンパクが最大の魅力となっており、チキンとサーモンの配合量は70%となっています。一般的なドッグフードに比べて動物性タンパク質が豊富に含まれており、肉食動物である本来の犬の栄養バランスに適ったものとなっています。

さらに厳選された野菜やハーブとともに食物繊維を含むリンゴや海藻も含まれているため、排便もスムーズに行うことができます。

高タンパクな反面、脂質を抑えてカロリーが控えめとなっているため、運動量が落ちている犬も体重を気にせずドッグフードを食べさせることができます。

こだわり抜いた素材を最高のバランスで配合しているドッグフード。ここまで高タンパクのドッグフードは少ないため、タンパク質を重視したい人はこのドッグフードを選びましょう。

口コミの評判

・チキンとサーモンを70%も配合というところに惹かれました。弁の調子もずっとよい気がします。
・なかなか、ずっと与え続けたいと思うフードに出会えなかったので、使われている物、栄養面を考えるようになった今だからこそ、良さが分かるので、ずっと与えていきたいと思いました。
・とても美味しいらしく、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べていました。本人はとても気に入ったようです。サーモンが入っているのもうれしいですね。朝からスッキリで良くなりました。
・フードの香りも飼料臭がなくて良いです。シニア犬の健康を考えたレシピ構成で、その上とても美味しそうに食べてくれるので、飼い主としてとても満足です。コンディションもよく、毎日イキイキしています。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

2位:カナガン ドッグフード

カナガン ドッグフード

高級ドッグフードとして大人気となっているカナガンのドッグフードです。

イギリスの高級ドッグフードで、穀物不使用のグレインフリーとなっています。穀物でかさ増ししておらず、また炭水化物の量が多くないため、栄養バランスに優れたドッグフードとなっています。

高タンパクかつ低炭水化物で、健康的な体と美しい毛並みを保つことができます。

本来、肉食動物である犬にとって理想的な栄養バランスなっているため消化しやすく、さらに野菜やハーブを配合することでヘルシーになっています。体重が気になっている犬も安心して食べることができます。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアした工場で製造し、徹底した品質管理によって安全が確保されているため、安心して愛犬に食べさせることができます。

食いつきがよく、食べれば食べるほど健康になることができる安全性の高いドッグフード。栄養バランスが理想的なため、健康を維持したい愛犬には食べてもらいたくなるドッグフードです。

口コミの評判

・今までのフードとミックスしつつ与えると、よく食べています。今は完全に切り替えておりますが、気に入ったようで問題ないです。
・うちは4歳のトイプードルですが、いまだにフードは気に入ったものしか食べない子です。値段は高かったですが、わんこの食いつきもよく、このフードに変えてから完食しています。お腹の調子もいいみたいで、快腸です。
・食いつき良く、うんちも緩くならず、匂いもそこそこで気に入ってます。サイズ感と、ジップ付きなのも利便性が高いです。お値段は少し高めですが愛犬の健康を考えると安い方なのかなと考えてます。
・うちのチワワちゃんは元々、少食でしたがカナガンにしてからよく食べるようになりました。便も緩くなることなくしっかりとしたのがでてます。値段が高いので初めて買うときは悩みましたが…わんちゃん達にも体質もあるし合う合わないがあると思うので、お試し用があればいいのになとは思います。我が家はすでにリピーターです。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

1位:モグワン ドッグフード

モグワン ドッグフード

大人気のドッグフードであるカナガンのスタッフが総力を挙げて開発した食いつきを満足の食いつきを目指したドッグフードです。

イギリスのドッグフード生産工場の専門家たちと協力して開発されており、カナガンで培われた製造技術が応用されています。

チキンとサーモンが53%配合されており、高タンパクで犬にとって理想的な栄養バランスが実現しています。ミネラルやビタミン、さらには繊維質までしっかりと含まれており、栄養バランス的には市販のドッグフードとは一線を画す仕上がりとなっています。

栄養バランスだけで言えば、カナガンのドッグフードと遜色ありませんが、モグワンは食いつきの良さが強化されています。

原材料はすべてヒューマングレードに対応しており、人間が食べても問題がないほど安全性が高くなっています。まるで家で手作りしたかのような栄養満点で安全なドッグフードです。

また家で作る手作りごはんのレシピをもとにした シンプルな製法で製造されており、季節に合わせた旬の食材をトッピングしやすいため、バラエティに富んだエサにすることができます。

人間のための食事を作るように開発された食いつきが違うドッグフード。素材と栄養バランスはこれ以上ないほど優れているため、とにかく愛犬の食いつきを試してみましょう。

口コミの評判

・美味しそうに凄い勢いで食べてます。残しません。購入して良かったです。
・犬にとって余分なモノが添加されていないのが最大のポイントです。さすがです、うちの子(トイプードル)は与えてから3ヶ月目ですが、飽きずにたいらげます。毛ツヤが変わったなぁと思ったのは与えてから2ヶ月くらいたった時です。自宅でトリミングして乾かしてからがすごい!ふわふわしててそれが持続するのが長いです。
・我が子は今までのドッグフードだと食べむらがあったが、食いつきがよかったです!便の臭いもあまりしなくなりました。
・生後5ヶ月の豆柴の為に、初めて購入しました。ドッグフードの臭いが、最初、ハチミツ?と思うくらいのフルーツの甘い香りがして、色々な種類の食材が豊富で、とても栄養価が高そうで、愛犬の体にとても良さそうだなという印象でした。もともと好き嫌いは無さそうですが、モグワンはどうかな?と思いましたが、最初からとても良く食べてくれました。愛犬にとってベストなドッグフードになれば、とても嬉しいです。

消費期限が短い製品や補償、不正品を避けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

健康にとって食事は非常に重要な要素です。それは人間だけでなく犬も同じ。ドッグフードを厳選することによって、健康的な毎日を送ることができます。

高品質なドッグフードはどうしても値段が高くなってしまい、コストパフォーマンスを優先して値段の安いドッグフードを与える人も少なくありませんが、不健康になって病院代がかかることや愛犬が苦しむことを考えれば、ドッグフードのコスとは絶対にケチってはいけません。

栄養バランスに優れたドッグフードは数多くあるため、いくつか試してみて愛犬の好みに合ったものを探してみましょう。食いつきが良く体調が良好になるドッグフードを見つければ、愛犬と長く生活することもできます。

ドッグフードに関連する記事は以下を参照してください。

ドライドッグフードのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安全な国産品から市販品の安いものまで

半生・セミモイストドッグフードのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 老犬向けの無添加品から口コミの評判も

ウェットドッグフードのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安全な缶詰でシニア犬も大喜び

 - ライフハック・ノウハウ, ランキング, 生活用品, ペット用品 , , , , , , , , , , ,