木工旋盤のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

   

人気の旋盤

材料を回転させて刃に当てることで切削加工することができる工具である旋盤。回転させて切削するため回転軸に対して対称形の加工品を作ることができます。

そんな旋盤ですが、基本的には工場で使用される専門的な工具であるため、購入しようと思っても自宅や作業場で使えるような製品はなかなか見つけられません。

そこで今回は、材料を美しく加工できる木工旋盤のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。木工旋盤の使い方から選び方まで確認していきましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

旋盤とは?

そもそも旋盤とは、具体的にはどのような工具なのでしょうか。まずは旋盤の基本やその特性について知っておきましょう。

材料を回転させることで切削する工具

材料を切削する多くの工具が、回転する先端工具を固定した材料に押し当てることで削っていきます。一方の旋盤は、先端工具(バイト)ではなく材料の方を回転させながら先端工具に当てることで切削する工具です。

材料はバイトと呼ばれる先端工具で削り取られるため、バイトの種類によって切削加工の種類も変わってきます。

また旋盤による加工の特徴が材料の形状。材料を回転させながら削り取って加工するため、加工品は必ず回転軸に対して対称形となります。つまり円筒、円錐、皿形などの美しい加工が可能となります。

材料を回転させながら切削することで、他の工具にはない精密な対称形を生み出すことができるのが大きな特徴です。

基本的にはプロ用の工具

旋盤は、基本的にはプロが使用する専用の工具です。DIYなどで使用されることはあまりありません。

旋盤を使用すれば幅広い加工が可能になりますが、複数の工具を使用すれば旋盤のような加工も不可能ではありません。

ただし旋盤を使えば高い精度でスピーディーに加工を行うことができます。

効率性を求める人は旋盤を手に入れましょう。

さまざまな加工方法が可能

旋盤が回転する材料をバイトによって削り取る工具であることは説明しましたが、この特性を活かせばさまざまな加工方法が可能となります。

旋盤による主な加工方法は次の通りです。

外丸削り:外径旋削、すなわち、円筒の外側をバイトで切削すること。「ターニング」ともいいます。

突切り:径方向へ対象物の回転中心を越えて切削して行くこと。とくに、対象を素材から切り離す、または切り落とす加工のことをいいます。また、それに使用される工具のことも指します。突切りをした面は荒くなる傾向にあります。

穴あけ:材料の中心部分を削り取って穴をあけること。

中刳り:円筒の内側をバイトで加工すること。「ボーリング」ともいいます。

テーパ削り:工作物を斜めに削ること。円錐面を削ること。

ネジ切り:工作物にネジ山を付ける切削のこと。

これら以外にも加工方法は存在しますが、代表的な加工方法は以上となります。

旋盤の種類

普通旋盤:もっとも標準的な旋盤。

卓上旋盤:小型の旋盤で、作業台などの上に設置して使用します。「ベンチレース」とも呼ばれています。

正面旋盤:比較的大型の主軸が作業者の正面を向いた旋盤。

立て旋盤:主軸が上を向いた旋盤。水平に回転させるため被切削物が重量物やアンバランスでも安定した加工ができます。

タレット旋盤:タレット式の刃物台を持った旋盤。

倣い旋盤:倣い装置によって形状の複製を可能にした旋盤。NC旋盤の開発以前に手動では切削困難な曲線や、テーパ部を能率よく加工するために用いられました。

NC旋盤:NCとはニューメリカルコントロール(数値制御)のことで、入力した数値に合わせて加工を施します。

DIYでは卓上旋盤や木工旋盤

本格的な旋盤を使えば硬い金属も加工することが可能です。一方でDIYなどで旋盤を使用することを考えている人には、旋盤はオーバースペックすぎます。

そこで使用されるのが、卓上旋盤や木工旋盤と呼ばれる旋盤です。

卓上旋盤は、卓上に設置できる小型の旋盤のことで、木工旋盤は、木材を切削できる旋盤のことです。

加工する素材が木材なら、卓上旋盤や木工旋盤を使うようにしましょう。

木工旋盤の使い方

旋盤の基本的な使い方を知っておけば、旋盤選びもスムーズに行うことができます。旋盤の使い方を見ていきましょう。

木工旋盤を安全に使うための準備

1.保護メガネを装着する
2.マスクを装着する
3.袖や裾が絞られている服を着る
4.髪の毛が長い人は髪をまとめておく
5.軍手を装着しない

旋盤で最も危険なのが旋盤に巻き込まれること。繊維が旋盤に引っかかるとそのまま巻き込まれてしまうため、軍手などは絶対に装着しないようにしましょう。

木工旋盤に材料を取り付ける

1.材料の中心を探し出す
2.材料の中心にドライブセンターを打ち込む
3.木工旋盤に材料を取り付ける

旋盤にしっかりと材料を取り付けましょう。取り付けが甘いと、作業中に材料が外れてしまうなどのトラブルが発生します。

木工旋盤で材料を削る方法

1.木工旋盤の電源を入れて材料を回転させる
2.旋盤の回転スピードはできるだけ抑える
3.ツールレストで刃物を押さえながら材料に当てて削る
4.材料の形が整えば、回転スピードを上げて作業する

木工旋盤のチャックに取り付ける

1.材料の掴みしろを作る
2.木工旋盤から材料を取り外す
3.チャックを木工旋盤に取り付ける
4.チャックで材料を固定する

材料をチャックに取り付けることができれば、自由に材料を切削できるようになります。

旋盤らしい作業はここから始めることができます。

木工旋盤で狙い通りの切削をする

1.負荷を計算しながら狙い通りの形に材料を切削していく
2.材料を削れれば木工旋盤から取り外す

ここまでくれば、あとは思い通りの形状に切削していくだけです。

木工旋盤の選び方のポイント

木工旋盤を選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。木工旋盤の選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

木工旋盤は、高性能な製品歩道スピーディーに高い精度で木材を切削することができます。

基本性能を決定付ける要素は、回転速度とトルクにあります。

回転速度が速く、1分間あたりの回転数が多ければスピーディーに効率よく木材を切削することができます。

またトルクのある木工旋盤なら、バイトで材料を削っても回転速度が落ちずムラのない加工が可能となります。

加工の精度とスピードを上げたいなら、できる限り基本性能の高い木工旋盤を選ぶようにしましょう。

機能

木工旋盤の外せない機能といえば、回転速度調整機能です。

回転速度を幅広く細かく調整できる木工旋盤なら、材料の硬さや作業状況に合わせて最適な回転スピードで作業を行うことができるようになります。

電子制御機能が搭載されていれば、負荷に関係なく回転スピードを一定に保つことができるため加工の精度を上げることができます。

機能面にもしっかり着目して木工旋盤を選ぶようにしましょう。

木材以外を切削できるか

ここでは木工旋盤をご紹介していますが、卓上旋盤のすべてが木工旋盤というわけではありません。

卓上旋盤の中には、木材以外の材料を切削できる製品もあります。プラスチックや金属などを切削できれば、旋盤使用の幅を広げることができます。

木工以外にも旋盤を利用したい場合には、木材以外の材質にも対応している旋盤を選ぶようにしましょう。

サイズ

旋盤の中でも比較的小さな木工旋盤ですが、卓上タイプでもサイズには大きな幅があります。

大きなサイズの木工旋盤を選べば、パワフルに大きな材料も切削することができます。一方で、設置スペースの確保が難しくなり、簡単に移動させることもできなくなります。

小さいサイズの木工旋盤選べば、設置は簡単ですが大きな材料を切削することはできません。

木工旋盤のサイズは、それ自体が性能や機能と深く関わっているため、加工する材料の大きさと設置スペースを考えて最適なサイズの木工旋盤を選びましょう。

心間とベッド

大きな材料を加工しようとすると、大きなサイズの木工旋盤が必要となります。

材料を挟み込む部分を心間、材料を挟むための機構を動かす土台をベッドと呼びます。つまり心間とベッドの幅の広さが、そのまま加工できる材料のサイズとなります。

大きなサイズの材料を加工するためには、材料より広い心間とベッドが必要となるため、心間とベッドの広さもしっかりとチェックしておきましょう。

また木工旋盤の中には、延長ベッドを取り付けることで心間を広げることができる製品もあります。大きなサイズの材料を加工したいと考えているなら、延長ベッドが取り付けられる木工旋盤も候補に入れておきましょう。

使いやすさ

木工旋盤は、木材をセットしてバイトで削ったりハンドルを回転させて位置を設定したりと操作すべき要素が多い工具です。

そのため使い勝手の良い木工旋盤を選べば、作業をスムーズに行うことができます。操作が簡単なら、作業の負担が減りストレスフリーでスムーズに作業を進めることができます。

スイッチの位置やハンドル操作のしやすさなど、実際に使用することを想定した木工旋盤選びをしてみましょう。

静音性

自宅で木工旋盤を使用するなら、静音性は非常に重要な要素となります。

モーターで材料を回転させながらバイトで削っていく木工旋盤は、作業をすればどうしても大きな音が発生します。

作業中に発生する騒音は、騒音トラブルの原因となります。大きな音が発生すれば、気軽に木工旋盤を使うことができなくなります。

木工旋盤を使う以上、音が発生するのはどうしようもないことですが、精密でしっかりとした造りの木工旋盤を選ぶことで発生する音を抑えることができます。音が気になる場合には静音性を重視した木工旋盤選びを心がけましょう。

価格

木工旋盤は、ホビー用の製品からプロの現場で使える製品まで幅広く取り揃えられています。そのため価格にも幅があり、1万円~20万円程度で購入することができます。

木材だけを対象としてそれほど大きな材料を切削しないなら低価格の木工旋盤でも十分です。

一方で、木材以外の加工を求める人や本格的な木工作業に木工旋盤を使いたいなら、10万円以上の木工旋盤が必要となってきます。

もちろん値段だけで木工旋盤の良し悪しは決まりませんが、基本的に値段が高い木工旋盤の方が高性能で耐久性にも優れています。木工旋盤の使用頻度が高いなら、値段を気にせず必要な性能と機能を備えた木工旋盤を選ぶべきです。

木工旋盤のオススメ人気比較ランキング

ここからは、木材はもちろん木材以外の加工も可能な木工旋盤のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、静音性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

10位:Grex 卓上型木工旋盤 ウッドレーズ 金属製モデル GRWL

Grex 卓上型木工旋盤 ウッドレーズ 金属製モデル GRWL

ハイパワーモーターを採用している堅牢性に優れた卓上木工旋盤です。

本体の主要パーツが金属製となっているため耐久性に優れており、木材はもちろんプラスチックからアルミ、金や銀まで切削可能。幅広い材質に対応することができます。

切削可能サイズは直径が最大100mm、長さは最長250mmとなっており、ホビーから業務用まで幅広く使用することができます。

本体重量は6.5kgと軽量なため設置スペースを問わず置くことができます。

操作性にも優れており、高い精度で材料を切削することができます。

堅牢性と耐久性に優れた無骨な卓上木工旋盤。値段も4万円前後とお手頃価格となっているため、木材以外にも切削したい人はこの木工旋盤にしておきましょう。

9位:ナカトミ 木工旋盤 WT-300

ナカトミ 木工旋盤 WT-300

ナカトミの拡張性の高い木工旋盤です。

各種木材のろくろ作業に加えて、棒材の加工が簡単に行える木工旋盤で、幅広い木工作業に対応することができます。

8本組のバイトがセットになっており、購入すればすぐに使うことができます。

速度調節機能を搭載しており、回転数を5段階に変更することが可能です。目的や状況に合わせて最適な速度で作業が行えるため、より精度の高いスピーディーな作業が実現できます。

拡張性能の高さがこの木工旋盤の大きな特徴となっており、延長パイプをつなぐことで最大900mmまで加工が可能となります。大きな材料も加工することができます。

椀や皿などの小物はもちろん、テーブルやイスの飾り脚も制作することができる木工旋盤。木工の幅を広げることができる優れものの1台です。

口コミの評判

・価格のわりに性能が良く繊細な加工に対応。付属品も至れり尽くせり。
・コンパクトで置く場所に困りません。価格も手頃。本体部分に安っぽさは感じません。モスグリーンの配色もgood。ただし、付属のバイトは安物です。すぐ壊れそう。
・休日は一日中、木を削って遊んでいます。もっと早く買えば良かった。
・価格のわりには良い。とてもお買い得。本体は良いが、パーツが少ない。

8位:東洋アソシエイツ 精密卓上旋盤 Mr.Meister(ミスターマイスター) Compact9 60500

東洋アソシエイツ 精密卓上旋盤 Mr.Meister(ミスターマイスター) Compact9 60500

東洋アソシエイツの本格的な業務用旋盤をそのまま小型化した本格派の精密卓上旋盤です。

業務用旋盤のノウハウをそのまま詰め込んでいる卓上旋盤で、小型ながら幅広い作業に利用することができる高い性能を持っています 。

高級鋳鉄製で重量感のある安定した旋盤で、速度調節機能を搭載しているため低速から高速までスムーズに速度調整が可能。作業の状況や材質に合わせて使用することができます。

基本的な旋削はもちろんのこと、テーパー加工もトップスライド内蔵の刃物台でしっかりとカバーしています。

三爪スクロールチャックφ80mm、四面刃物台、超硬スロアウエイ直剣バイトも標準装備品で、材料があればすぐに旋盤加工が始められます。基本的な作業においては工具を買い足す必要はありません。

豊富なオプションが取り揃えられているため、オプションを追加することで作業の幅を広げることもできます。

高性能で幅広い材質にも対応することができる本格派の旋盤。業務用として導入することを検討している人は、これくらいしっかりしている旋盤を選ぶべきです。

口コミの評判

・ハンドルの動きが渋いです。使用していれば馴染んでくるのかな。
・十分な加工が出来て試作作りに使用しています。ただし三爪チャックギリギリまで加工できないのが不満です。
・初心者ですが性能が良いので色んな加工が出来ます。
・趣味で必要な物が作れるので非常に助かっています。

7位:SK11 ミニ木工旋盤 ROKUROミニ YH-100

SK11 ミニ木工旋盤 ROKUROミニ YH-100

SK11の軽量で置く場所を選ばないミニ木工旋盤です。

100Wのハイパワーなモーターを搭載しており、材料をしっかりと切削することができます。棒ウキ、木工小物、コースター、小径の器などを作成できます。

ベルト掛け替え式の2段階速度調節機能を搭載しており、速度調整ができるため作業状況に合わせて速度を選ぶことができます。

精度の高いアルミスライドベースを採用。刃物台の高さ調整ができるため、状況に合わせて使いやすく調整できます。

本体重量が4.7kgしかないため、設置スペースを気にせず置くことができるのはもちろん、使用するときにだけ取り出して、使い終われば片付けるという使い方も可能です。

とにかくコンパクトで作業スペースを確保できない場合にも使える手軽なミニ木工旋盤。機構もシンプルなため操作しやすく、小物を加工するために木工旋盤を探しているなら、これがうってつけです。

口コミの評判

・ミニ木工旋盤は、可愛く使い方もいたって簡単です。もう少し回転数が上がればいいですね。
・現在は子供の遊び道具コマ作りに毎日使用してます。最高です。今後コマ作り以外にも挑戦しようと思います。
・このての機械は始めての購入なのでパワーなど云々はよくわからないが、よく使い慣れた人にも十分納得のいくものだと思われる。しかしながら、削りだすはものなどはいっさいついてないので気をつけなければならない。
・中型のWT-300を持っていましたが、小型タイプを探したところ本品に出会いました。なかなかの性能です。

6位:東洋アソシエイツ 万能精密旋盤 Compact7 66000

東洋アソシエイツ 万能精密旋盤 Compact7 66000

本格派も大満足する東洋アソシエイツのプロ向けの万能精密旋盤です。

工場で使用される汎用旋盤をそのまま小型化したかのような旋盤で、工場の汎用旋盤と同等の加工が可能です。

無段階変速機能を搭載しており、自由にスピードをコントロールすることができます。木材はもちろんアルミや真鍮、プラスチックといった幅広い材質に対応することができます。

基本的な切削はもちろん、チェンジギアを交換すればネジ切削も可能。豊富な切削方法で狙い通りの加工が可能です。

モーター駆動は本格的なタイミングベルトによる伝達で、変速ギア機構を持っており、さらに自動送り装置を内蔵してます。

三爪スクロールチャックや切削バイトが標準付属しているので、材料さえあればすぐに加工を開始できます。

精密で高精度な加工が可能な本格的な旋盤。使い勝手にも優れているため旋盤を使ったことがない人や旋盤を始めてみたい人にもオススメできる1台。

木材以外を加工することが想定され、さらに本格的な旋盤を探しているならこの旋盤で決まりです。

口コミの評判

・ミニ旋盤初心者ですが、内容の濃いマニュアルが有り助かりました。当たり外れがあると聞いたので会社の同僚に診てもらった処、私の機械は三つ爪チャックの振り幅が0.07ミリありましたがメーカー発表に近いので幸運だと言われました。
・音も思ったより静かで良かったです。
・樹脂加工をメインに卓上旋盤を探していました。コンパクトな割りにスピードコントロールや自動送りが付いているのが良かったです。オプションも比較的豊富で御手ごろなので、今後加工の内容に合わせて買い足して行こうと思います。
・これで金属を削り出したら問題が出るかも知れませんが、樹脂加工をする分には問題無さそうです。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%84+%E4%B8%87%E8%83%BD%E7%B2%BE%E5%AF%86%E6%97%8B%E7%9B%A4+Compact7+66000&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%84+%E4%B8%87%E8%83%BD%E7%B2%BE%E5%AF%86%E6%97%8B%E7%9B%A4+Compact7+66000

5位:榎本工業 Amini 旋盤 No.1100

榎本工業 Amini 旋盤 No.1100

DIYでの使用を想定した優れた精度の旋盤です。

高い精度と性能を兼ね備えている旋盤で、安全性が高く初心者でも安心して使うことができます。

家庭用電源で使用できるのがポイントで、電源を選ぶことなく家庭でも使用することができます。

強力で静音性の高いモーターを採用しており、室内でも安心して使うことができます。

豊富なオプションが取り揃えられているため、オプションを取り付けることで作業の幅を広げることができます。また用途も広がります。

木工だけでなく金属やプラスチックにも対応している高精度の旋盤。加工に精度と安全性を求める人は、この旋盤がオススメです。

口コミの評判

・まず見た目が良いです(一般の部屋に置くには重要です)重量も15kg以下で、ポータブルミシン感覚で移動も出来ます。ただ、剛性をあげるため厚めの板や作業台へ固定するよう書かれています。
・ガタ、バックラッシュ、動きが部分的に重くなる等輸入旋盤(中華系)にありがちな症状は一切無く、軽く防錆処理剤を拭き取ってすぐに使えそうな感じでした。
・「このサイズで、これ以上の精度、性能を求めるのはムリだ。」のキャッチコピー?(取説に書いてある)の通りかもしれません
・小物を手を掛けて作り込む用途向きです、鉄道模型や小型のラジコン部品や工芸品を精度良く作るのに向いています。オプションで木工旋盤にもなりますし木工旋盤的金属手加工仕上げ(小物)等もバイトを作れば出来そうです。バイクや自転車パーツは、その大きさや加工種類の制約で作れる物は限られてきます。

4位:プロクソン ミニウッドレース 小型卓上木工旋盤 No.28140

プロクソン ミニウッドレース 小型卓上木工旋盤 No.28140

プロクソンのコストパフォーマンス抜群のシンプルな木工旋盤です。

小物の加工には十分な性能を兼ね備えており、値段が安いため初心者でも安心して購入することができます。

本体重量は1.2kgと非常に軽量で、設置スペースを簡単に加工することができ、使用するときだけ取り出して使うことができます。

パワーはそれほど強くなく、あくまで小物の加工にしか使えません。金属を切削することはできないため注意が必要です。

また定格時間も15分で短くなっており、連続した作業には不向き。長時間使用する場合には、休ませながら使う必要があります。

値段が安く簡素な木工旋盤のため、汎用性やパワーはありませんが、1万円前後という低価格で買えるため非常に魅力的な木工旋盤です。初めて木工旋盤を試してみるという人は、まずこの木工旋盤を試してみるといいかもしれません。

口コミの評判

・刃を固定する台はそこまで精度の高いものではないので最終的な精度出しは修練によるところが大きいですが、慣れればかなりキレイなタイヤを作れます。
・軟質発砲素材の削り出しおよび、塗装に使用しました。機能面での不満はあまり無いですが、素人には説明書が不親切です。それを除けば問題はないとおもいます。
・細かい「削り方」はそれぞれ工夫していただくとして、ドリルチャックがミニ四駆のシャフトと同一の直径対応なので無改造でタイヤ削りマシンになります。
・回転数も変えられ、トルクも十分ですのでかなりのスピードアップが可能です。

3位:SK11 卓上型木工旋盤 ROKURO YH-200

SK11 卓上型木工旋盤 ROKURO YH-200

SK11のしっかりとしたパワーで安定した作業を約束する卓上木工旋盤です。

初心者に最適な小型の木工旋盤で、長さ200mmの材料まで加工することができます。小物を加工したい人には十分な旋盤です。

小型ながら低速ギアモーターを採用しており、高精度の加工も可能となっています。また静音性にも優れており、自宅で使用しても騒音トラブルを避けることができます。

付属の板プラスを使用すれば小径の器の作成も可能。木製のコップや器を作りたい人も候補にすることがでできます。

別売りのスクロールチャックチャックリングを使えば、お椀や湯のみも作ることができるため拡張性もあります。

幅広い木工に利用することができる小型の木工旋盤。高い精度で作業行えるため、精度を重視したい人にオススメです。

口コミの評判

・静かでいいのですが、結構モーター部が熱くなります。定額使用30分を必ず守ったほうがよさそうです。フェイスワークとか大きいものになるとなおさら。
・はっきり言って、とても静かです。夜間自室で木工三昧には最適です。
・トルクも充分あるし、ガタやノイズも無いので完成度は高いと言えます。
・ただし他社のホビー用木工旋盤に比べると、普及していないせいかオプションのスクロールチャックが定価レベルでしか入手しにくいようです。

2位:プロクソン ウッドレースDX 卓上木工旋盤 No.27020

プロクソン ウッドレースDX 卓上木工旋盤 No.27020

プロクソンの幅広い木工作業に対応している拡張性も兼ね備えた木工旋盤です。

シンプルな形状と軽量でコンパクトなサイズ感が魅力的な木工旋盤で、木材や発泡スチロールなどの加工が可能です。

80Wのモーターを採用しており、決してパワーがあるとはいえませんが自宅で使用するには十分なパワー。また静音性にも優れているため、時間を気にせず使用することができます。

木材の切削からやすりがけ、さらには塗装まで可能です。

スピードコントロール機能が搭載されており、回転数を調節することで作業内容は材質に合わせて使用することができます。きめ細かで高い精度の作業が可能です。

小型で導入しやすく価格も3万円前後とお手頃な木工旋盤。性能的にも機能的にも初めて使うのにピッタリな旋盤のため、とりあえず旋盤を使ってみたいと思っている人は、この木工旋盤から始めてみましょう。

口コミの評判

・旋盤は初めてだったので、練習するために購入しました。室内で使用するの良いサイズ。基本的な使用方法を覚えることができ、小さな人形を作って楽しんでいます。この次は、上級機を購入予定です。
・釣り具などの小物加工用に購入しました。
・定格30分が魅力。精度は承知の上で購入。使用しながらオプションパーツは数多く購入したが自身も工夫しながら周辺器具を作成。面倒だがこれも楽しい。
・入門用には良い製品です。ただし精度は低くホビー向けのため、本格的な作業をする人はさらに上級機種を選ぶことをおすすめします。

1位:Nakajima Custom Tools 木工旋盤 M320

Nakajima Custom Tools 木工旋盤 M320

本格的な木工作業が可能な卓上旋盤です。

20年以上の実績を持つ老舗木工機械ブランドWOODFASTの木工旋盤で、実用性が高く本格的な木工作業に使用することができます。

堅牢かつ精密な鋳鉄製のボディを採用しており、高い耐久性を実現しています。

モーターは、入力1馬力、出力3/4馬力、正転/逆転機能、デジタル回転計と3段プーリー+電子無段変速を標準装備しており、卓上機としては非常にハイスペックな仕上がりとなっています。

拡張性能の高さも魅力のひとつで、別売りの延長ベッドを接続することで最大1mの長物も加工することができます。

高い耐久性と優れた精度によって、ホビーはもちろんプロ向けととしても使用できる高性能な卓上旋盤。性能と機能が充実していながら価格も10万円前後と十分に許容範囲のため、しっかりとした本格的な卓上旋盤を探しているならこれ以外には考えられません。

まとめ

木材を加工したい人にはたまらない木工旋盤。コップやお皿、さらにはイスやテーブルの脚など、ほかの工具では難しい加工にも調整することができ、木工の世界を大きく広げてくれる工具です。

旋盤というとかなり専門的な工具ですが、探せば自宅でも使えるようなタイプの旋盤も見つけ出すことができます。

ほかの工具に比べて値段が高いことは否めませんが、本格的な木工旋盤を持っておけば長く使用することができます。

日常的に使う食器や家具を自分で作るという生活は、お金には変えることができない経験となるでしょう。迷っているなら、まずは低価格の木工旋盤を1台買って試しに遊んでみましょう。木工の世界が大きく開けること間違いありません。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 電動工具・エア工具 , , , , , , , , ,