羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 羽根なしでお手入れ簡単

      2018/07/25

さまざまな扇風機

ダイソンが火付け役となり一世を風靡している羽根なし扇風機。扇風機でありながら羽根のないフォルムや特殊な効果によって大人気の扇風機ジャンルとなっています。

ところが羽根なし扇風機は、特殊な構造によって空気を送り出しているため性能や機能を見極めるのが難しく、どれを選べばいいのか選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、部屋にあるだけでオシャレなインテリアになる羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

羽根なし扇風機とは?

今では扇風機の主流といっても過言ではないほど大人気となっている羽根なし扇風機とは、どのような扇風機なのでしょうか。まずは羽根なし扇風機について知っておきましょう。

羽根のない扇風機

羽根なし扇風機は、その名の通り羽根のない扇風機です。

一般的な扇風機には羽根があり、羽根を回転させることによって空気を送り出して風を生み出します。

ところが羽根なし扇風機は、扇風機に必須といえる羽根が存在しません。ただし羽根がなくても風を送ることができます。

見た目として羽根がないことは、羽根なし扇風機の大きな特徴です。

内部から空気を送り出す

羽根なし扇風機には、ダイソンのエアマルチプライヤーという技術を利用した製品とスリムファン式のシロッコファンを用いた製品があります。

エアマルチプライヤーは、リングのような形状をした筒の内部に搭載されたモーターによって小さなスリットから空気を送り出す仕組みです。スリットから出た空気は周辺の空気を巻き込むコアンダ効果を生み出して、大きな空気の流れを作り出して風を送ります。

スリムファン式は、シロッコファンと呼ばれるエアコンなどに使われる羽根を用いたもので、羽根によって風を生み出しているものの内部に収納されているため外からは見えない構造になっています。

2つの方式の共通点は、機械の内部から外部へと空気を送り出すというものです。

風に当たっても疲れない

羽根なし扇風機は、その構造によって当たっても疲れにくい風を生み出すことができます。

扇風機の規則的な風に長時間当たり続けると、体に大きな負担がかかります。そのため扇風機の風に当たりすぎると疲れたりダルくなってしまったりします。

ところがムダなく途切れない風を作り出すことができる羽根なし扇風機の風なら、長時間が当たっても体に負担がかかることはありません。

特に夜に眠るときに扇風機の風に当たり続けると翌朝つらくなりますが、羽根なし扇風機なら寝てる間にも使用することができます。

体に優しいという特性を兼ね備えています。

安全性が高い

回転する羽根が露出していない羽根なし扇風機は、指が扇風機の羽根に当たってケガをするような心配もありません。

特に動いているものに興味を示す子どもがいる家庭なら、危険なため安易に扇風機置くことができませんが、羽根なし扇風機なら安全性が高いため気兼ねなく設置することができます。

使っていても安心できるのが羽根なし扇風機です。

羽根の掃除が不要

大きな羽が回転する扇風機は、数カ月使うと羽根にホコリがたまります。掃除するのも大変です。

羽根なし扇風機は、羽根が内部に収納されているため簡単に汚れません。そもそも羽根がないため掃除をする必要がありません。

また掃除をする場合には、羽根がないため全体的に凹凸がなく、掃除も簡略化することができます。

お手入れが簡単なのも羽根なし扇風機の強みです。

省エネ効果が高い

小さな力で大きな風を生み出す羽根なし扇風機は、高い省エネ効果を発揮してくれます。

エネルギー消費量が少ないということは、電気代を節約することにもつながります。

自然にも財布にもやさしく扇風機を使うことができます。

羽根なし扇風機の使い方

羽根なし扇風機の賢い使い方を見てみましょう。使い方を見れば、羽根なし扇風機を家に置いたときのイメージも沸きます。

羽根なし扇風機を使う方法

1.扇風機を組み立てる
2.電源をコンセントに挿す
3.スイッチを入れて使う
4.リモコンがある場合にはリモコンで操作する
5.エアコンと併用すると高い効果になる
6.体に直接当ててもよい

羽根なし扇風機は、普通の扇風機と使い方はそれほど変わりません。

床に設置できるものは床、テーブルの上に設置できるものはテーブルに設置しましょう。

特殊な機能を使う

1.空気清浄機能を使う
2.スマートフォンで操作する
3.暖房を利用する

羽根なし扇風機の中には、さまざまな特殊機能を搭載している製品もあります。

空気清浄機能、スマートフォン操作、暖房機能などもあるため、機能を使えるものはフルに使いましょう。

まだ使ったことのない人も多い羽根なし扇風機。一般的な扇風機と異なるポイントについては、次の記事で整理しています。

羽根なし扇風機の構造原理と風を出す仕組みとは?メリットと価格の傾向も解説!

羽根なし扇風機の選び方のポイント

羽根なし扇風機を選ぶときには、どのような部分を重点的にチェックすべきなのでしょうか。羽根なし扇風機の選び方のポイントを確認していきましょう。

風量

羽根なし扇風機というと気になるのが風量です。

羽根がなければ風量を確保するのが難しくなり、羽根のある扇風機に比べて風量が少なくなってしまうこともあります。

ムダに強い風生み出せる必要はありませんが、風量が弱ければ体を冷やすことも部屋の空気を大きく動かすこともできません。

そのため羽根なし扇風機であっても、許容できる風量を生み出すことができることが最低条件となります。

あまりにも風量が少なかったり、求めるような風の勢いを得られない場合には、その羽根なし扇風機は避けるべきです。

風の質

扇風機を選ぶ以上、風の質も重要な要素となります。

扇風機の風は、ムラがあると体に当たったときに体温を極端に奪って血行を悪くし、疲れやダルさの原因となります。

そのため体に風を当てる扇風機の使い方をする場合には、ムラのない風を生み出せる扇風機を選ぶ必要があります。

羽根なし扇風機は、風の質にこだわっている製品も多いですが、その中でも自然の風のように当たっても疲れない風を生み出せる扇風機を厳選しましょう。

機能

羽根なし扇風機には、さまざまな機能が搭載されている製品もあります。

扇風機機能だけでなく、暖房機能、空気清浄機能など、扇風機以外の使い方ができる羽根なし扇風機もあります。

またリモコン機能があれば遠隔操作が可能になるため、わざわざ扇風機のところまで行かなくても風量や首振りを調整できます。

スマートフォンによるアプリ機能があれば、アプリで扇風機を管理できます。

そのほか基本的な風量調節機能や首振り機能、風を広げて送ったり絞って送ったりする機能など、多彩な機能が詰め込まれている場合もあります。

機能面は羽根なし扇風機の使い方に大きく関わる部分であるため、しっかりと吟味しておきましょう。特に暖房機能や空気清浄機能が付いていれば、一年中使い続けることができるため汎用性が格段に上がります。

使いやすさ

どれだけ高性能かつ高機能であっても、操作部がややこしいなど使い勝手が悪ければ全ての機能を有効に使い切ることはできません。

できるだけ操作部がシンプルで分かりやすい羽根なし扇風機を選ぶようにしましょう。

特に女性やお年寄りなど機械が苦手な人が羽根なし扇風機を使う場合には、使いやすさは十分に考慮しておく必要があります。

サイズと重さ

用途に合わせて最適なサイズと重さの羽根なし扇風機を選べば、使っているときに不満も出ません。

あまりにもサイズが大きい羽根なし扇風機だと、設置スペースを確保することが難しくなったり、重くて運びにくかったり、収納場所に困ったりすることになります。

一方でサイズが小さすぎれば、パワー不足や機能不足で羽根なし扇風機の使い勝手が悪くなります。

羽根なし扇風機のサイズは、床に設置するのか、テーブルの上に設置するのかなど、ライフスタイルと羽根なし扇風機の使い方によって最適なサイズ感が変わります。日常生活を思い浮かべて、生活になじむサイズの羽根なし扇風機を見つけるようにしましょう。

手入れのしやすさ

羽根なし扇風機は、羽根がないなめらかなフォルムの製品も多く、比較的ホコリやゴミが付着しにくく掃除しやすくなっています。

ただし内部構造が複雑すぎる羽根なし扇風機は、内部に入ったホコリが取りにくくなってしまい、臭いや故障の原因になる場合もあります。

汚れがたまりにくく掃除しやすい羽根なし扇風機なら、手入れの頻度を抑えつつ、手入れも簡単になります。

長く使いながら手入れをすることまで想定して、羽根なし扇風機を選ぶようにしましょう。

デザイン

羽根なし扇風機を選ぶ大きな理由は、その先進的でスマートなデザインです。昔ながらの扇風機とは一線を画したスタイリッシュな羽根なし扇風機は、インテリアとしても高い効果を発揮してくれます。

そのため羽根なし扇風機を選ぶ場合には、性能や機能を度外視してデザインだけで選ぶのもアリです。

特にインテリア重視する場合には、好みのデザインの羽根なし扇風機なら迷わずに選ぶべきです。

静音性

扇風機は使用中に音が発生する家電です。風を送る構造であるため、空気の振動である音も当然発生します。

作動中に大きな音が発生する羽根なし扇風機では、日常生活で扇風機の音が気になってしまうことが多々あります。テレビを見ていたりゲームをしていたり寝ていたりするときに、扇風機の音が気になって仕方なくなる場合もあります。

そのため、できるだけ音が発生しにくい静音性に優れた羽根なし扇風機を探してみましょう。寝室で眠るときに使うことを想定しているなら、静音性は非常に重要な要素となります。

価格

羽根なし扇風機は、複雑な構造や独自の技術を搭載していることが多く、比較的値段が高くなります。

羽根なし扇風機を購入するなら、値段のことは気にせず性能、機能、デザインを重視するようにしましょう。

できるだけ予算を抑えたいなら、羽根なし扇風機ではなく普通の扇風機を選ぶべきです。中途半端に安くて使い勝手の悪い羽根なし扇風機だけは選ばないようにしましょう。

タワータイプ、スリムファンタイプの羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキング

このランキングでは、数ある羽根なし扇風機の中からスリムファンとそれ以外の羽根なし扇風機を機能、デザイン性、価格などを考慮してランク付けしています。

ここからはタワー型扇風機、スリムファンの羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、デザイン、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

5位:山善 スリムファン YSR-T80

山善 スリムファン YSR-T80

低価格家電で知られる山善のスリムファン「YSR-T80」です。

高評価の理由は、その低価格。羽根なし扇風機でありながら6000円前後と低価格で購入することができます。

低価格であってもしっかりと要点は押さえられており、省スペースな縦型スリムファンながら縦にも横にも送風することが可能。風量調節は3段階で、首振り機能も付いています。

リモコンも付いており、風量調節や首振り、タイマー設定にリズム風設定まで可能です。

カラーは、ホワイトグレーとカーボンブラックの2色があります。

スッキリとしたデザインに扇風機に必要な機能を詰め込んで低価格を実現しているスリムファン。安いため、高級品では置くのに躊躇するような場所でも使うことができます。

口コミの評判

・収納に場所をとらないのでタワー型を買いました。風はソフトです。
・購入する前は音を気にしてましたが、1段にすればかなり静かです。2段までは普通に寝れる。風力も普通にあって、場所も取らない。何より、かなりオシャレ。気に入ってます。
・風量ですが最低でも自分には少し強いので、首振りで対応してます。作動音が小さい点は気に入ってます。
・買ってよかったです。部屋の感じにもしっくりきて毎日使ってます。

4位:コイズミ タワーファン ホット&クール KHF-1270

コイズミ タワーファン ホット&クール KHF-1270

さまざまな電化製品を製造しながら大手メーカーの下請けもしている小泉成器のタワーファンです。

こちらの製品は送風だけでなく温風も出せる送風機で、夏冬シーズン通して使うことができます。

16段階風量調節機能を備えており、風量を微調整できるのが特徴。ターボ機能で温風を出すこともできます。

スライドヒーターを搭載したことで高さが抑えられており、スリムファンの懸念であるぐらつきや不安定さを抑えることに成功しています。

人感センサーで自動運転オンオフ機能を搭載し、3段階首振り機能で部屋のさまざまな場所に送風できます。またリモコン付きで、離れた場所から操作することができます。

このタワーファンはコイズミブランドのタワーファンの中では最上位モデルですが、スタンダードタイプやコードレスタイプなどもあります。同シリーズには価格蛾2万円台半ばのから1万円台半ばの製品まであり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

高機能の割には値段が低く抑えられており、コストパフォーマンスの高い製品です。

口コミの評判

・去年、同じタイプの商品を購入して便利だったので買い増ししました。
・リモコンが付いており冷暖房両方使えるので、寒い洗面所や廊下に置いています。強風にすると音が大きいのが少し気になりますが、コスパ的には満足しています。

3位:アイリスオーヤマ 扇風機 タワーファン TWF-C82T

アイリスオーヤマ 扇風機 タワーファン TWF-C82T

アイリスオーヤマのシンプルで使い勝手抜群のタワーファンです。

どこにでも溶け込むシンプルなデザインによって、リビングルームから寝室、さらには個室や書斎までさまざまな場所で使うこことができます。使用する場所を選びません。

従来品から設計を見直し、空気の流れを効率化することで風量と風速がアップ。よりダイナミックな風を部屋全体に届けます。

縦と横に広がる風を送る立体送風によって頭から足元まで全身を涼しく冷やすことができます。一般的な扇風機は上半身しか冷やすことができませんが、このタワーファンなら全身に風を当てることができるため冷却効果を高めることができます。

さらに左右にスイングする機能が搭載されているため部屋全体まで風を送ります。冷房や暖房と併用することで、さらに効果を高めます。

上下可動式のルーバーによって、左右だけでなく上下にも風を送ります。とにかく風を自由にコントロールできます。

風量調節機能は3段階で、さらにリズム機能、タイマー機能、首振り機能を搭載。操作部が天面に設置されているため、立った状態で操作することができます。リモコンも付属しているため遠隔操作も可能です。

充実した性能と機能を兼ね備えながら、値段が抑えられているのもポイント。安さが強みのタワーファンでもあります。

あらゆる方向にパワフルな送風を行うことができるタワーファン。操作性と使い勝手にも優れているため、1台あれば家中どこでも快適に使えます。

口コミの評判

・狭い我が家にうってつけでした。特にリモコンは必要としていませんでしたが、扇風機に専有される面積が非常に小さくなったので快適な夏を過ごせました。フィルター掃除も手間ではなく、便利なファンです。
・タワーファンでの風向の高さを調整できる物で、この価格はとても有難いです。デスクワークでの椅子の位置が高いので、嬉しい逸品です。
・とても風量が強く涼しい!強すぎて寒いぐらいです。夜寝るときはこれだけで寝れます。クーラーいらない。
・風も中々強く、首回りもいい。リモコン付きなので楽です。

2位:シャープ スリムイオンファン HOT & COOL PF-JTH1-N

シャープ スリムイオンファン HOT & COOL PF-JTH1-N

シャープのスリムイオンファンです。

シャープの製品ということもあり、独自機能「プラズマクラスター」技術を搭載しています。高濃度プラズマクラスターイオンによって消臭、殺菌効果を発揮します。またイオンモードには「床面浄化」「衣類消臭」があり、床の浄化や衣類の消臭も可能です。

送風だけでなく温風を出すこともでき、夏場は冷房器具、冬場には暖房器具として重宝します。

上下左右に送風できる角度調整機能を搭載しており、リモコン付きのため遠隔操作が可能となっています。

デザイン性が重視されるスリムファンの中でも高いデザイン性に評価が高く、上品で高級感のある外観をしています。

価格が3万円前後とスリムファンの中でも高級路線ですが、値段に見合った機能性とデザイン性に富んだ製品です。

口コミの評判

・デザインはイイです。色は、かなり落ち着いたピンクですが、フローリングや家具のブラウンとよく馴染み、静かに存在してくれています。
・送風の動作音は、サーキュレーターと比較すると、かなり静かです。
・持ち運べる冷暖房と捉え購入しました。温風はドライヤーと同じなので、あまり高温設定にすると電気代がかかるかも。

1位:日立 DCモーター搭載 タワー扇風機 HSF-DC920

日立 DCモーター搭載 タワー扇風機 HSF-DC920

日立のDCモーターを搭載したことで電気代にも配慮できるタワー扇風機です。

風量調節が微風から強風まで6段階と細かくできるスリムファンで、首振り機能も搭載しています。室温に合わせて自動的に風量切り替えできる機能を搭載しており、勝手に環境に合わせた風を送ってくれます。

リズム運転、おやすみ運転、タイマー機能を搭載しており、シンプルなリモコンで遠隔操作できます。

DCモーターを搭載しているため省エネ効果と静音性に優れており、ACモーターを採用しているスリムファンに比べて電気代を半分程度に抑えることができます。また運転音が小さいため、音を気にせず使用することが可能。就寝時にも活躍します。

価格は2万円前後とスリムファンとしては標準的な価格で、シンプルなデザインのため置く部屋を選びません。

スリムファンに求める機能を事細かに実現しつつ無駄な機能を排しており、価格と機能性のバランスが良い製品です。

口コミの評判

・通常の扇風機よりは静かですが、風量は普通のタイプの扇風機が圧倒的に強いです。
・タワーは固定で、中でファンが動く仕組みになっており、大変静かです。風もよく、快適です。眠るときにも気にならなそうな動作音。ロフト用にもう1台検討しています。
・予想通り 意外と大きい感じですが 中で風向きも変わっていくので音も静かで色んな機能も付いていたので満足です。
・場所を取らないのがチョイスした理由ですが、風が優しくて快適です。

羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキング

ここからはダイソンで有名な羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、デザイン、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

7位:ダイソン 扇風機 エアマルチプライアー ダイソンクール AM06DC30WS

ダイソン 扇風機 エアマルチプライアー ダイソンクール AM06DC30WS

羽根なし扇風機の代表であるダイソンが発売した圧倒的な使いやすさを実現した扇風機です。

羽根なし扇風機の代名詞ともいえるダイソンの扇風機で、機能性とデザイン性を兼ね備えた唯一無二の製品です。

羽根がないため安全性が高く、静音設計のため音に悩まされることもありません。連続した気流を発生するため風にはムラがなく、当たり続けても疲れません。

前モデルのデスクファンに比べ最大75%静かになりました。静音性に優れているため、テレビを見ているときや寝ているときにも音に悩まされることがありません。

またDCモーターを搭載したことで消費電力を前モデルに比べて40%抑えており、電気代を節約しながら運用することができます。

首振り機能を備えており、広範囲に涼風を届けることが可能。周囲の空気を巻き込んで大きな風を生み出す機構によって、静かですが力強い風を届けます。

付属のリモコンによる遠隔操作が可能なため利便性が高く、スリープタイマー機能で15分~9時間でタイマーを設定可能。眠るときには必需品となります。

羽根がないため面倒なはずの扇風機のお手入れが簡単で、同時に羽根でケガをするようなこともないため安全性もバツグンです。

ムダのないスッキリとしたフォルムが魅力的で、部屋に1台あるだけで部屋の雰囲気をガラっと変えてくれます。

カラーは、ホワイトシルバー、ブラックニッケル、アイアンブルーの3色が用意されています。

価格は3万円前後と高額ですが、機能性とデザイン性の高さで高評価を得ている製品です。実用性も兼ね備えているため、気になっているならとりあえず買っておくことをオススメします。

口コミの評判

・昔から気になっていた扇風機。今回思い切って購入。音が静かです。子供が寝ていても静かなので起きることもなく安心。
・静かです。7割も静かになったという謳い文句、納得です。ホントウに静かです。
・前モデルが音が大きかったのだが、その弱点を克服してすばらしい扇風機になったと思う。広い部屋でこれ1台というのは辛いかもしれないが、エアコンと併用したり、自分の近くに置いて使うのならば充分ですね。
・行きつけの美容院で初めて見たときは、「なんだろう?パーマの機械かな」と思いました。商品名もわからず「羽根のない扇風機」と不確かな名称で入力しただけでこの扇風機が出たのには驚き、感激しました。「自分の言いたいことをわかってくれる」と思うと嬉しくて・・・羽根がないので安全だし、デザインが画期的でステキです!

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

6位:パナソニック サーキュレーター/扇風機 創風機Q F-BP25T

パナソニック サーキュレーター/扇風機 創風機Q F-BP25T

パナソニックの創風機Q「F-BP25T」です。

創風機Qは、サーキュレーターと扇風機の2つの機能を持った製品。サーキュレーターとしては直進的な風を送り、部屋の中に風の通り道を作ることができます。一方で扇風機としては、人が心地よく感じる「1/f ゆらぎ」の風を作ることができ、長時間当たっても疲れにくくなっています。

直径約25cmのコンパクトボディで、どんな狭いスペースにも置くことが可能。球体のような可愛らしいフォルムもデザイン性が高く高評価の一因となっています。

カラーはクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色が揃えられています。

ユニークなデザインと多機能を兼ね備えた創風機Qがランクインしました。

口コミの評判

・大変便利に使わせてもらっております。毎日使わせてもらっています。
・柔らかくていい風が来ますが、大きい部屋ではパワー不足かな。モノとしては悪くはないですよ。
・扇風機でもあるし,360度回転する送風機にもなるので,便利に使ってます。
・風は強いと思います。風量3まではとても静かですが、4以上にすると大風音になり気になります。

5位:ダイソン Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04

ダイソン Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04

強力な空気清浄機能を搭載しているダイソンの最新型のタワーファンです。

ダイソンのおなじみの羽根なし扇風機ですが、ほかの扇風機にはない圧倒的な機能が搭載されています。その機能とは、空気清浄機能です。

密閉性の高いグラスHEPAフィルターを採用しており、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去します。花粉やハウスダスト、カビの胞子などもしっかり除去できるため、使っているだけで部屋の空気がキレイになります。

また空気中に浮遊する粒子状物質や有害なガスを自動で検知して分析し、リアルタイムで知らせてくれます。空気清浄機能は分かりにくいですが、この羽根なし扇風機ならどれくらい空気がキレイになったのかハッキリ分かります。

エアマルチプライヤーと350度という広範囲の首振り機能で、清浄された空気を部屋の隅々までしっかりと循環させます。死角がなく広範囲に風を届けることができるため、首振りしても風が届かないからわざわざ扇風機本体を動かすというようなことをしなくても済みます。

リモコンが搭載されているため、離れた位置から風量、送風方向、首振り角度なども自由自在に操作することができます。

スマートフォンとの連携も可能で、スマートフォンとセットで使えばより利便性を高めることができます。

スタイリッシュなデザインがさらに洗練されており、インテリアとしても高評価となります。

高いデザイン性に圧倒的な空気清浄機能と使い勝手のよさをプラスした隙のないタワーファン。値段は高いですが、予算が許すなら買っておいて損はない1台です。

口コミの評判

・風がやわらかいので寝る時に重宝してます。長時間風に当たっても、頭が痛くなったり変に体が冷えるようなことがありません。
・風量は結構あります。羽根が無いのに、これだけ風量を稼げるのは大したものです。
・ダイソンらしいメカメカしいデザインです。僕は好きですが、お好みでない方もいると思います。企業のデザインとして共通性が感じられますので、評価できると思います。
・使いやすさは基本的にはスイッチオンで終わりですので、楽ちんです。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

4位:ダイソン ピュアクールリンク タワーファン TP02

ダイソン ピュアクールリンク タワーファン TP02

2位となったのは、またもやダイソンのピュアクールリンク タワーファンです。

ピュアクールリンクは空気洗浄機能のことで、扇風機としての機能だけでなく浮遊した花粉、バクテリア、ウイルスを除去して消臭、殺菌することができ、空気をキレイにする効果もあります。また年間を通して空気清浄機やサーキュレーターとしての使い方もできる製品です。

スマートフォンアプリとも連携した使い方が可能で、離れた場所からも室内環境をコントロールすることができます。

搭載されているモードも秀逸で、オートモードでは室内の空気の状態をモニター、反応し、風量を自動で調整。ナイトモードでは静音運転に切り替え、LEDディスプレイを減光します。

部屋の状況に合わせて細かく風量を調節する必要がなく、モードを選択しておくだけで最適な空調を自動的に構築してくれるため、誰でも機能を余すことなくしっかりと使いこなすことができます。

形状はタワーファンで、縦長のためスッキリとした印象。カラーはホワイトシルバーとアイアンブルーの2色があります。羽根がないため安全性も高いです。

エアマルチプライアーに空気清浄機能を搭載した高機能扇風機。6万円前後と高価格帯の羽根なし扇風機ですが、機能とデザインを考慮すれば高くありません。

口コミの評判

・まずは「風の質」についてですが、評判通り柔らかいそよ風のような印象でした。今までの一般的な扇風機はやはり直線的で一方通行な感じでしたが、この商品はすごく自然な風を作り出せていると思います。
・縦にスマートなので、邪魔にはなりません。風を強くすると(メモリ7くらいから)少し音が気になるときもありますが、弱い風だと逆に動いているのかわからないときも。消し忘れそうなくらいです。
・アプリで室内の状況が見えるのも新しさを感じます。これでしばらくリビングに置く扇風機と空気清浄機の事は考えなくなりました。この快適さをモノにしたらもう後には戻れない。価格は高いがやはりダイソン良いです。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

3位:ダイソン ピュアクールリンク テーブルーファン DP01

ダイソン ピュアクールリンク テーブルーファン DP01

日本の住宅事情にピッタリなデザインを採用しているダイソンのピュアクールリンク テーブルーファンです。

基本的な機能はダイソンのピュアクールリンク タワーファンと同様。空気清浄機能を搭載した1台2役の羽根なし扇風機です。

タワーファンに比べて高さがなく、スリムではないものの安定感が増しています。床にだけでなくテーブルに置くこともできるため、設置場所を選ばずどこからでも風を送ることができます。

空気清浄機能が非常に優れており、8畳の部屋なら30分で空気清浄が可能。他の空気清浄機とは違い、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去。高い密閉性をもつ360°グラスHEPAフィルターで花粉、バクテリア、ウイルス、PM2.5も除去します。

活性炭を3倍に増やし、トリス緩衝液を浸透させた活性炭フィルターで、VOC(揮発性化合物)やニオイなども除去します。部屋の気になる臭いも除去してくれます。

暑い季節は扇風機として活用し、寒い季節はサーキュレーター兼空気清浄機として活用できるため、オールシーズン活躍してくれる汎用性の高さも高評価です。

リモコンによる遠隔操作はもちろん、専用アプリを利用してスマートフォンでも管理可能。自動的に最適な空調を実現するオートモードと眠るときには便利なナイトモードで1日中使うことができます。

使い勝手の良さに加えて性能、機能、デザイン、汎用性と全く隙がない羽根なし扇風機。一度使えば手放せなくなること間違いありません。

口コミの評判

・デザイン、機能、文句なしです。スマホアプリですべてコントロールできますね。
・他社に比べて価格は高いですが購入してよかったです。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

2位:ダイソン ホットアンドクール ファンヒーター dyson hot + cool AM05

ダイソン ホットアンドクール ファンヒーター dyson hot + cool AM05

ダイソンのファンヒーター機能を搭載している羽なし扇風機です。

扇風機は1年でも暑い季節にしか使うことができませんが、この羽なし扇風機はファンヒーター機能を搭載しているため年間を通して活用することができます。

夏は勢いのある風で部屋の隅々まで涼風を届け、冬にはハイパワーな温風で部屋を均一にすばやく暖めることができます。

回転する羽根や露出した発熱体がないため、本体が非常に汚れにくくお手入れが簡単にできます。

ヒーター機能を搭載していることから転倒時の自動停止機能を搭載しており安全への考慮もされています。

上下の角度調整は前後10度、首振り機能は左右70度となっており、広範囲に風を送ることができます。

リモコンが付いているため離れた場所からでも操作することが可能。わざわざ扇風機に近づいて音量を調節する手間はかかりません。

ファンヒーターと扇風機の機能を1台に詰め込んだシンプルな羽根なし扇風機。片付けることなく一年中使い続けることができるのに、ダイソンの製品としては値段が抑えられているためコストパフォーマンス抜群です。

口コミの評判

・軽くてどこにでも置けて良い。風量も調節可能で音も思ったより静か。
・スイッチが、リモコンなのでそれが一番気に入っています。低いので夏ベッドの近くで横になった時涼めるように、使っています。タイマーがないのが、少し残念です。
・インテリア感覚で部屋に飾ってます。思っていたより、音も静かで、あたたまります。
・基本的には夏はエアコンで冷房するが、暑い日にはこれで攪拌すると効果的に冷房できる。冬のふろ脱衣場の暖房にも期待している。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

1位:ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター dyson Pure Hot + Cool Link HP03

ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター dyson Pure Hot + Cool Link HP03

1台3役の大活躍をしてくれる空調を全て任せられるダイソンの羽根なし扇風機です。

暖房機能と扇風機機能を備えたホットアンドクールに空気清浄機能まで搭載した羽根なし扇風機で、ヒーター、扇風機、空気清浄機として活用することができます。

扇風機として風をしっかり送る能力を備えているため、ヒーターとして活用したときにも温風を広範囲に届けてくれます。

特筆すべきは空気清浄機能で8畳の部屋なら30分で空気清浄してくれます。他の空気清浄機とは違い、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去することが可能。高い密閉性をもつ360°グラスHEPAフィルターで花粉、バクテリア、ウイルス、PM2.5も除去します。

活性炭を3倍に増やし、トリス緩衝液を浸透させた活性炭フィルターで、VOC(揮発性化合物)やニオイなども除去します。部屋の気になる臭いもすぐに除去できるため非常に便利です。

年間を通して空気を清浄しながら冬はより早く、均一に部屋を暖め、夏はパワフルで涼しい風を届けます。

専用アプリをスマートフォンでダウンロードすれば、スマートフォンを使って操作したり部屋の状況を確認することもでできます。

値段が6万円前後のため高く感じるかもしれませんが、扇風機、ヒーター、空気清浄機を兼ねて、さらに場所を取らず年中出しっぱなしで使えることを考えると、決して高くはないと断言できます。

高性能かつ多機能で、使わない日がない羽なし扇風機。オールシーズンでオールマイティな活躍をしてくれるため、とりあえず今のうちに買っておかないと後で後悔することになります。

口コミの評判

・価格が高めに感じる方も多いと思いますが冷風、温風、空気清浄機、デザイン性を考えるとそれぞれ別々に揃えるよりも場所をとらないしそれなりの価格だと思います。買って非常に満足してます!
・とても暖かくて快適です。空気清浄機もありとても良いです。子供にも安心です。
・スケジュール機能があるので助かってる。インターネットに繋げて、遠隔操作ができるので帰宅前にセットして帰る頃には、暖かいです。
・値段で買うのを躊躇してましたが、一年中使えるすぐれものということで購入しました。空気の状況をアプリで可視化してくれるのがすごくいいです。気分的なものもあると思いますが、空気清浄しながら扇風機の役割も果たしてくれるので、無二のものですね。風量を上げるとうるさくなりますが、普段はそこまで必要ないので日常利用には十分だと思います。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

羽根なし扇風機には大きく分けて2種類あり、スリムファンとダイソンのエアマルチプライアー型となっています。

どちらの種類も扇風機として高価格帯ですが、スリムファンの方が実用性重視、エアマルチプライアー型の方がデザイン性重視となっています。

どのタイプも普通の扇風機に比べてスリムなため置き場を選ばないことや羽根が露出していないため安全性が高く、一般的な扇風機を置きにくい場所でも大活躍してくれます。

扇風機に関する記事は以下を参照してください。

扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安い価格で静かに涼しく

羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 羽根なしでお手入れ簡単

オシャレな扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コミカル、北欧風、未来型、レトロ扇風機

サーキュレーターのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から置き方まで解説!

小型の卓上・USB対応扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 デスクでも涼しく

家庭用ミストファンのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方から選び方まで

タワー扇風機(スリムファン)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 静音でオシャレ製品から掃除方法や口コミまで

壁掛け扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 オシャレなDCモーターから取り付け方法まで

ACモーター扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 電気代やメリットも

DCモーター扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 オシャレで電気代も安い

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 扇風機 , , , , , , , , , , , ,