一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 必要な量だけ注文で安い費用に

      2018/03/31

ミネラルウォーターで水分補給をする女性

一人暮らしをしていると体調管理が難しくどうしても不健康になりがちです。しかし健康に良い水を飲む生活をしたくても、毎日のようにミネラルウォーターを買うのも出費と手間がかかります。

そこでオススメなのがウォーターサーバーですが、一人暮らしでウォーターサーバーを設置しようとすると設置スペースや契約の水の量が多すぎるなど困り事が発生します。

そこで今回は、一人暮らしの人でも安心して利用できる一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。必要な水の量を安く注文することができ、ノルマがないため安心なウォーターサーバーを見ていきましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

一人暮らし向けウォーターサーバーとは?

そもそもウォーターサーバーとは、どのようなものなのでしょうか。さらに踏み込んで一人暮らし向けのウォーターサーバーは、一般的なウォーターサーバーとどのような違いがあるのでしょうか。

ウォーターサーバーの基本を押さえておきましょう。

水やお湯が出てくる給水器

ウォーターサーバーは、水が入った専用のペットボトルを設置することでいつでも水を飲むことができる給水器です。水道の蛇口をひねるように水を出すことが可能で、子どもからお年寄りまで簡単に使うことができる仕組みとなっています。

またウォーターサーバーは、水だけでなくお湯を出すことも可能なものがほとんどで、いつでも冷たい水と温かいお湯を飲むことができます。

最近では、少人数の家庭が増えたことで一人暮らしでも使えるコンパクトなウォーターサーバーが登場しており、スリムで広い設置スペースが不要なものや卓上タイプのウォーターサーバーまで登場しています。

元々は業務用に開発されたウォーターサーバーですが、現在では使いやすさにこだわったウォーターサーバーが登場したことでさまざまな家庭で使用されるようになりました。

安全でおいしい水が飲める

ウォーターサーバーは、業者が提供する専用のボトルに詰められた水を供給することができます。

ウォーターサーバーの水は、業者によって提供されているものが異なりますが、厳格な品質管理を受けているため極めて衛生的で安全性の高い水となっています。

また特定の水源から採水した水を使用している業者がほとんどで、ウォーターサーバーによって水の味も異なります。

マンション暮らしの家庭の場合、水道水はマンションの貯水タンクから供給されることがほとんどです。一度、貯水タンクに貯められた水道水は劣化するため、そのまま飲むには味的にも安全性的にも向いていません。

しかしウォーターサーバーの水なら、マンション暮らしであっても安全でおいしい水をいつでも飲めます。

好みの水源の水を利用しているウォーターサーバー選ぶことで、常においしい水を飲むことができるようになります。

ウォーターサーバーが水を管理する

ウォーターサーバーは、水を管理する構造を備えており、ペットボトルの水を自動的に衛生的に管理できるようになっています。

基本的な構造は、ウォーターサーバー内部のタンク内に一定量の水が貯水されるようになっており、タンク内の水が減るとその都度ペットボトルから新鮮な水が供給されるようになっています。

そのため水は常に新鮮でおいしい状態が保たれており、衛生的な状態となっています。また水がなくなる度に人がわざわざ給水する必要がなく、全てがウォーターサーバーによって自動的に行われるため管理が非常に簡単です。

一人暮らしをしていると、複数人の家庭と異なり食品や飲料の消費量が極端に減ります。もちろん水の消費量も減り、消費期限以内に消費しきれないことも少なくありません。

ミネラルウォーターなどでは、開封するとペットボトル内に雑菌が含まれる空気が侵入して水の劣化が始まりますが、ウォーターサーバーの場合には開封後にも無菌状態が続くため、消費期限に追われることもなく最後まで安心して水を飲むことができます。

水を自動的に管理してくれるのがウォーターサーバーです。

月額料金で配達してもらう

ウォーターサーバーは、基本的に月額料金を支払うことで一定量の水を定期的に配送してもらうという仕組みとなっています。

ウォーターサーバー本体の代金は、無料である場合も多く実質的に水代だけで利用することができる場合がほとんどです。

一人暮らしでは購入できる水の量が気になりますが、ほとんどのウォーターサーバー業者で12リットルが基本単位となっています。中には6リットル前後を基本単位としている場合もあります。

また配送期間に関してもウォーターサーバーごとに違いがあり、1カ月ごとや2ヶ月ごとなどプランによって選べる場合があります。

ウォーターサーバーによって追加で水を購入することも可能で、水の減り具合に合わせて柔軟に対応してくれるウォーターサーバー業者も多く存在します。

電気代はかかるが気にする必要はない

ウォーターサーバーを稼働させるためには電気が必要となり、必然的に電気代がかかります。

ウォーターサーバーの電気代は製品によって異なりますが、月額400円~1000円程度となっています。

ウォーターサーバー電気代がかかるなら、電気代のことが気になってきますが、実際には電気代をウォーターサーバー選びの考慮に入れる必要ありません。

なぜならウォーターサーバーで必要となる電気代は、ウォーターサーバー内で水を冷やしたり温めたりするために必要となるものだからです。

例えばミネラルウォーターを購入しても常温で飲む人はほとんどおらず、多くの人がミネラルウォーターを冷蔵庫で冷やしたりポットで温めたりして飲むことになります。ミネラルウォーターの代金を考える時には、冷蔵庫やポットで冷やしたり温める際に必要となる電気代は考慮されていません。

そのためウォーターサーバーで必要となる電気代はミネラルウォーターを使用する際にも必要となるものであり、電気代を考慮してミネラルウォーター選びをするのはあまり意味がありません。

もちろん月々の電気代が気になるなら、ウォーターサーバーを選ぶ上でも電気代に十分気を配る必要ありますが、電気代を気にするよりもウォーターサーバーに使われる水自体を気にする方が得策だといえます。

ウォーターサーバーの代金が意外と安い

料金の話となると気になるのがウォーターサーバーの月額料金ですが、500ミリリットルあたり70円前後が相場となっており、500ミリリットルのペットボトルのミネラルウォーターが100円以上することと比較すると比較的安く購入することができます。

もちろんミネラルウォーターの値段は商品によって異なり、また2リットルのペットボトルと比較するとウォーターサーバーの月額料金は割高となります。

そのため市販のミネラルウォーターとウォーターサーバーのどちらの方が安いかというと、商品や容量によってミネラルウォーターの方が安い場合とウォーターサーバーの方が安い場合がでてきます。

ミネラルウォーターに比べてもウォーターサーバーは意外と安くて実用的なもので、使い方によっては安くておいしい水を飲めるものだということを知っておきましょう。

水は宅配される

ウォーターサーバーを導入すると業者から定期的に水が詰められたペットボトルが配達されます。利用者は配達された水をウォーターサーバーにセットするだけで、水を飲めるようになります。

スーパーでミネラルウォーターを購入すると、ミネラルウォーターを自宅まで運ばなくてはいけなくなります。料理や飲料などさまざまな用途に利用できるミネラルウォーターは使用量が多いため、1カ月の間に重たいミネラルウォーターを何度も運ぶことになります。

ウォーターサーバーを導入すれば、重たい水運びから解放されることになります。

オシャレなウォーターサーバーも

家庭に導入されることが多くなったウォーターサーバー。インテリアのことを考えてデザイン性を優先したオシャレなウォーターサーバーも増えています。

デザイン性に優れたウォーターサーバーなら、部屋の雰囲気を壊すことなく実用性とインテリア性を両立させることもできます。

またウォーターサーバーが自宅にあるだけでワンランク上の生活を演出することも可能です。

一人暮らしの場合には、ワンルームなど部屋数が少ないため設置した家具や家電のデザインが部屋の雰囲気に大きな影響を与えます。ウォーターサーバーも例外ではなく、部屋の雰囲気を左右する要素となります。

インテリア的にもウォーターサーバーには大きな意味があります。

オシャレデザインウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 卓上タイプから床置きタイプまで

一人暮らし向けウォーターサーバーも

一人暮らしの人の中にも、ウォーターサーバーを導入する人が少なくありません。

最近では一人暮らし向けのコンパクトなウォーターサーバーも提供されており、テーブルに設置できるようなウォーターサーバーも存在します。

一人暮らしをしていると、どうしても健康面に不安や問題を抱えることも多いですが、ウォーターサーバーを導入することで健康的な生活を取り戻すことができるようになります。

赤ちゃんのミルクが作れるウォーターサーバーも

身体の70%を占める水分。摂取する水分によって健康状態は大きく変わります。特に摂取する水の品質にこだわりたいのが、成長途中の幼い子どもや赤ちゃんです。

最近のウォーターサーバーの中には、赤ちゃん用のミルクに対応したウォーターサーバーも多く存在します。お湯が作れるウォーターサーバーはミルク作りでも大活躍してくれます。

水にこだわることでミルクの品質を高められるのはもちろん、お湯が使えるためミルク作りに実用的な面も兼ね備えています。

幼い子どもや赤ちゃんがいる家庭にも配慮されているのがウォーターサーバーです。

赤ちゃん向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 優しい天然水で安全に

一人暮らし向けウォーターサーバーのメリット

一人暮らしの家庭にウォーターサーバーを導入することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。一人暮らしならではのウォーターサーバーのメリットを見ていきましょう。

おいしい水が飲めるようになる

ウォーターサーバーを使えば、いつでもおいしい水が飲めるようになります。ウォーターサーバーの水は業者によって異なり、好みの水を選ぶことで自分に合ったおいしい水をいつでも飲めるようになります。

またウォーターサーバーが水をしっかりと管理してくれるため、ウォーターサーバーの水は常に新鮮なものとなっています。水の品質が落ちていないため、最高の状態の水を飲むことができます。

一人暮らしの場合には、食品や飲料の消費期限のコントロールが非常に難しいですが、ウォーターサーバーの場合には水の劣化が他の食品に比べて非常に遅いため消費期限に追われて無理に飲んだり廃棄したりするようなことはほとんどありません。

ウォーターサーバーや業者によっても異なりますが、ほとんどの場合で1カ月以上が消費の目安となっているため安心して利用することができます。

ウォーターサーバーを導入することで得られるメリットはたくさんありますが、おいしい水を飲めるというのは最も大きなメリットといえます。

温水が作れて手軽に白湯が飲める

最近のウォーターサーバーは、冷水だけでなく温水も飲めるように給湯システムが搭載されています。

温度調節が意外に難しい白湯ですが、ウォーターサーバーなら最適な温度の白湯をいつでも飲むことができます。

水は適温に温めることでまろやかで丸みのある味となり、冷たい水が飲めない場合にも白湯ならおいしく飲むことができます。

またお湯を作ることができるため調理の際にも利用することが可能。手早く料理を作る時にも大助かりします。

一人暮らしの場合には、キッチンの設備を充実させるのが難しくお湯を沸かすのにも一苦労しますが、ウォーターサーバーは熱湯も作れるためインスタント食品に利用することも可能です。またお茶やコーヒーなどお湯があるだけで簡単に作れる飲み物もあります。

お湯がいつでも使えるというのも、ペットボトルのミネラルウォーターにはないウォーターサーバーならではの魅力です。

衛生的で安全な水が飲める

ウォーターサーバーの水は、業者が取水地から採水した水にろ過工程などを施した徹底的な衛生管理を経た水となっています。

厳格な衛生管理によってボトル詰めされているウォーターサーバーの水は、有害物質など健康を害する物質が取り除かれており、水道水などに比べて安全性の高いものとなっています。

もちろん水道水も安全性は高いですが、浄水場ではキレイになっていても水道管を通る中で汚染されてしまうこともあります。しかしウォーターサーバーの水の場合、そういった汚染も発生しません。

有害物質による汚染が進む昨今の状況を考えれば、衛生的で安全な水を確保する手段としてウォーターサーバーは非常に有効といえます。

健康的な生活が送れる

わざわざ進んで水を飲むのは難しいものです。たとえ冷蔵庫にミネラルウォーターが入っていても、冷蔵庫を開けてペットボトルからミネラルウォーターをグラスに注ぎ水を飲むというのは手間です。

これが白湯となるとさらに面倒で、わざわざ温める必要まで出てきます。

しかし水道のように蛇口をひねるだけで簡単においしい水が出るなら話は別。簡単に水が飲める環境を整えることで、自然と飲む水の量も増えます。冷たい水が飲めない場合にも白湯ならおいしく飲むことができることもあります。

1日に必要となる水の量は想像以上に多く、目安としては次の量とされています。

体重40㎏:1740ミリリットル
体重50㎏:2180ミリリットル
体重60㎏:2610ミリリットル
体重70㎏:3050ミリリットル
体重80㎏:3480ミリリットル

もちろん全てを水で飲む必要はないため、実際に飲む水の量は目安よりも少ない量の水となりますが、おおよそ1日2リットルという目安はあながち間違いではありません。

また水をたくさん飲むことで、食事の量を減らすことができ、ダイエット効果にも期待することができます。

水をいつでも気軽に飲める環境を整えることで、水を飲む量が自然と増えていき、その結果、健康的な生活を送ることができるようになります。

一人暮らしでも十分に消費できる

ウォーターサーバーを選ぶときに不安になるのが水の量のノルマ。消費しきれない水の量を契約することを恐れることも無理はありません。

しかし平均的な水の消費量などを考慮すると、ほとんどの場合で不安は解消されます。

独身家庭のウォーターサーバーの平均使用量は1カ月あたり28リットルとなっています。これは1日に約1リットル程度の消費となり、多くの人が十分に消費できる量です。

一方のウォーターサーバーの契約では、1カ月の契約量が最も多いウォーターサーバーでも12リットルボトル2本。つまり1カ月あたり24リットルとなっており、平均消費量に収まっています。

またウォーターサーバーを設置すると利便性が高まるため水の消費量が自然と増えることを考えれば、ほとんどの場合で無理なく消費できるようになっています。

もちろん一人暮らしの場合には、残業や旅行など生活状況の変化によって消費する水の量の上下が大きく変わりますが、そんな場合にもノルマのない好きなタイミングで注文できるウォーターサーバーがあるため安心です。

水の消費量を考えてウォーターサーバーを躊躇する人も多いですが、一人暮らしであっても水を使い切れるかどうかという心配をする必要はありません。

冷蔵庫やポットが不要になる

ミネラルウォーターを冷やしたり温めたりするために冷蔵庫やポットを使っているなら、ウォーターサーバーを導入することで冷蔵庫やポットが不要になるかもしれません。

ウォーターサーバーには、冷水機能や温水機能が搭載されており、水を冷やしたり温めたりすることができます。

つまりウォーターサーバー自体が冷蔵庫やポットの代わりとなります。

いつでも冷たい水も熱いお湯も使えるというのは一人暮らしにとっては想像以上に非常に便利で、特にキッチンの設備が貧弱な場合にはウォーターサーバーが予想以上に役立ってくれます。

ウォーターサーバーを導入することで冷蔵庫やポットの無駄を省くことができます。

水を管理する手間が省ける

ミネラルウォーターを購入した場合には、常に水の管理に頭を悩まされることになります。しかしウォーターサーバーならそんな悩みはありません。

水がなくなりそうになったからといってわざわざ注文する必要もなければ、水の劣化を気にして急いでペットボトルを空にする必要もありません。水の管理は、すべてウォーターサーバーと業者が行ってくれます。

一人暮らしの冷蔵庫は小さいため中に入れられる食品の量も限られています。冷蔵庫の中に水がたくさん入っていて窮屈さを感じたり、飲みたいとき水がなくてイライラした覚えがある人なら、ウォーターサーバーを導入する価値があります。

重たい水を運ぶ必要がない

夏場になるとミネラルウォーターを箱買いする人もたくさんいますが、重たいミネラルウォーターを運ぶのは大仕事。ミネラルウォーターを飲むために喉が渇いていたのでは何のためにミネラルウォーターを購入するのか分かりません。

ウォーターサーバーなら、業者が定期的に水を宅配してくれるためわざわざ重たい水を運ぶ必要もありません。

水は消費量も多いため、飲料水をミネラルウォーターに頼ると大量の水を運び続ける必要が出てきます。そんな重たい水を運ぶことに疲れたならウォーターサーバーにしましょう。

値段が安い

ウォーターサーバーは500ミリリットルあたり70円前後が相場となっています。ミネラルウォーターと値段だけを比較すると、高いとはいえないものの安いともいえません。

しかし水を注文する手間、水を運ぶ手間、水を管理する手間などを考慮すると、全ての手間を省けるウォーターサーバーの値段はミネラルウォーターよりも安く感じざるを得ません。

水の量と値段だけを考えれば決して安くはありませんが、総合的なことを考えれば明らかにミネラルウォーターよりもウォーターサーバーの方が安いと断言できます。

初期費用が不要

ウォーターサーバーを導入する際、初期費用が不要な業者も存在します。

ウォーターサーバーの初期費用の多くはウォーターサーバー本体の費用となりますが、ウォーターサーバー本体を無料で貸し出している業者も少なくありません。

そのためしっかりと業者を選べば初期費用が不要、月額料金のみでウォーターサーバーを導入することもできます。

災害時や断水時にも役立つ

大きな地震が発生するたびに、3日分の飲料水を備えておくことことの重要性がアナウンスされますが、実際に3日分の飲料水を備えて日常生活の中で管理するのは非常に面倒なため、多くの人が大規模な災害に備えて飲料水を備えるようなことはしていません。

非常に面倒な災害時に備えた飲料水の確保ですが、ウォーターサーバーを導入すればこの問題が簡単に解決します。

ウォーターサーバーを使うだけで、常に飲料水を確保することが可能となり、災害などで断水しても一定量の飲料水を確保することができます。

子どもやお年寄りなど体力がない人がいる家庭などでは、いざというときに飲料水が確保できなければ大変な事態に陥る可能性はあります。

ウォーターサーバーは日常的に安全でおいしい水を供給してくれるだけでなく、いざというときの備えとしても非常に優秀です。

一人暮らし向けウォーターサーバーのデメリット

メリットだらけのウォーターサーバーですが、もちろんデメリットも存在します。

設置スペースが必要

ウォーターサーバーを設置するには、ある程度の設置スペースを確保する必要があります。

ウォーターサーバーの中には卓上タイプの製品も存在しますが、卓上タイプであっても一定の設置スペースは確保しておかなければなりません。

一人暮らしの場合には、この設置スペースに大いに悩まされる可能性があります。

自宅が狭い場合や設置スペースを確保できない場合には、ウォーターサーバーの導入が難しくなってしまいます。

水道水に比べて値段が高い

総合的に考えれば値段が安いウォーターサーバーですが、水道水と比べると価格的にボロ負けしてしまいます。

もちろん飲料用のウォーターサーバーの水と生活全般に使用する水道水を比べるのはナンセンスな部分がありますが、最近では水道水の品質が向上していることに加えて多種多様な浄水器があるため水道水でも十分おいしく飲むことができるようなっています。

もちろん水道水を取水地にこだわった天然水のように好みの味にしたり、水道水で特定のミネラルを大量に摂取したりすることはできませんが、水道水でも十分に飲めることを考えればウォーターサーバーを導入する必然性は失われます。

ただしどうしても水道水が飲みたくないという人にとっては、ウォーターサーバーの導入は有力な選択肢であることは変わりません。

ペットボトルの廃棄が面倒

ウォーターサーバーを使用する場合には、ペットボトルやウォーターバッグを使います。水を使い終われば、ペットボトルやウォーターバッグの処理が必要不可欠となります。

ボトルには大きく分けて3つの種類があり、使用後に回収するリターナブルボトル、自分で処分するペットボトルのワンウェイボトル、自分で処分するウォーターバッグのワンウェイバッグがあります。

それぞれ業者に回収してもらったり自分で処分したりする必要があり、水の管理の大部分を業者に任せられるウォーターサーバーであっても最低限管理しなければならない部分はあります。

もちろんミネラルウォーターを購入することや使用後に発生するペットボトルの処理を考えれば楽なものですが、全く管理をしたくないという人にとってはウォーターサーバーのペットボトルの廃棄は欠点となります。

契約が継続的

基本的にウォーターサーバーは一定期間の契約が必要となり、一定期間を過ぎる前に契約を破棄すると追加料金が発生する場合が少なくありません。

一度契約すれば、一定期間は継続してウォーターサーバーを使用しなければならなくなり、不要になったからといってすぐに契約を解除するということはできません。

契約したウォーターサーバーを気に入れば全く問題にはなりませんが、契約したウォーターサーバーが気に入らなければ我慢してウォーターサーバーを使い続けることとなります。

自由に契約したり解約したりするのが難しい契約システムは、ウォーターサーバーの導入ハードルを上げています。

宅配される水を受け取る必要がある

一人暮らしの人の中には、朝から夜まで長時間働いている人も少なくありません。そうなると問題になるのが水の受け取りです。

ウォーターサーバーの中には配送の日時を指定できる業者もありますが、水を受け取るためには家を留守にすることができず、貴重なプライベート時間を水の受け取りのために割かなくてはいけません。

平日に仕事をしているなら受け取り日時は必然的に休日になりますが、1カ月に1度といっても休日が自由にならないというのは心理的な負担です。

最近では、インターネット通販を利用する人が増えているため宅配への対応に慣れている人も多いですが、やはり定期的な水の受け取りの手間は負担といえます。

いろんな水を飲めない

ウォーターサーバーを契約してしまうと、業者が提供する水しか使用できなくなります。

例えばミネラルウォーターを購入している場合なら、メーカーを変えるだけでさまざまな取水池の水を楽しむことができます。しかしウォーターサーバーの場合には、一度契約してしまうと水の選択肢が制限されます。

水によほどこだわっていたり、さまざまな水を飲んでみたい人には、1種類の水を大量に購入するウォーターサーバーは向いていないかもしれません。

ウォーターサーバーの使い方

ウォーターサーバーの具体的な使い方を知っておくことで、ウォーターサーバーを導入したときのイメージを明確に持つことができます。

ウォーターサーバーの初回設置方法

1.ウォーターサーバーを箱から取り出す
2.部屋の使いやすい場所にウォーターサーバーを設置する
3.安全装置などがあればしっかりセットしておく
4.ボトルをウォーターサーバーにセットする
5.水を出して内部の空気を抜く
6.コップ1杯分の水を排水する
7.電源コードをコンセントにつなぐ
8.ウォーターサーバーの電源を入れる
9.正常に稼働していることを確認すれば設置は完了

ウォーターサーバーによって設置方法や初期設定方法などは異なるため、必ず各ウォーターサーバーの取扱説明書を確認して設置するようにしましょう。

基本的には、ウォーターサーバーにボトルを接続して水を出し電源を入れれば設置は完了します。それほど難しいものではないため、機械が苦手な人でも心配する必要はありません。

ウォーターサーバーのお手入れ方法

1.空になったボトルを取り外す
2・水がウォーターサーバーの残っている場合には拭き取る
3.冷水コック、温水コックの口元をブラシで清掃する
4.受け皿は取り外して水洗いする

基本的には見える部分をキレイに掃除するだけで清掃は完了します。

ウォーターサーバーとボトルの接続部分が不衛生だと注がれる水が汚染される可能性があるため、衛生面に注意しましょう。

一人暮らし向けウォーターサーバーの選び方のポイント

一人暮らし向けウォーターサーバーを選ぶうえで、どのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。一人暮らし向けウォーターサーバーの選び方のポイントを見ていきましょう。

水の種類

ウォーターサーバーに使用されている水は大きく分けて2種類あり、それぞれ天然水とRO水となります。

天然水とは、各地の取水地で採水した水のことで、取水地によって味が変わります。また含まれているミネラル成分なども変わるため、硬水から軟水まで種類が豊富でミネラルウォーターのように使うことができます。

RO水は、逆浸透膜(RO)で不要な成分を除去したものとなっており、純水に近い水となっています。余計なものが一切入っていないため、飲料水としてはもちろん料理にも利用することができます。

天然水とRO水のどちらを選ぶかは好みの問題となりますが、天然水はそのまま飲料として飲むことが多い人、RO水は料理などにも利用したい人に向いています。

ボトルの種類

ウォーターサーバーには、大きく3つのボトルの種類があります。それぞれリターナブルボトル、ワンウェイボトル、ワンウェイバッグです。

ボトルによって使用方法や処理方法が異なります。

使用したボトルを回収してもらいたいならリターナブルボトル、使用したボトルを自分で処分したいならワンウェイボトルやワンウェイバッグを選びましょう。

一人暮らしの場合には、ゴミがかさばらず自分で自由に処理できるワンウェイバッグがオススメです。

ただしウォーターサーバーを選ぶうえでボトル選びは水と直接関係ないため、後回しにしておきましょう。

機能

ウォーターサーバーには、多彩な機能を備えている製品も多く、ウォーターサーバーの機能によって使い勝手も大きく異なります。

冷水機能や温水機能など、水の温度を管理できるウォーターサーバーなら非常に使い勝手が良くなります。一人暮らしの場合には、貧弱なキッチンの設備をウォーターサーバーで補うことも可能です。

また省エネ機能を備えているウォーターサーバーなら電気代を安く抑えることが可能。赤ちゃんのミルクを作れるウォーターサーバーもあります。

ウォーターサーバーというとどうしても水ばかりに目が向きがちですが、ウォーターサーバー本体の機能もしっかり吟味しておきましょう。

設置スペース

どれほど高性能なウォーターサーバーであっても設置スペースが確保できなければ意味がありません。

省スペース化が進むウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーによって必要となる設置スペースは異なります。

そのため設置を予定しているスペースに収まるサイズのウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

最近ではスリムタイプのウォーターサーバーも登場しているため、比較的自由にウォーターサーバーを設置できるようになっています。ただし生活に必要なものが少ないスペースに集約されている一人暮らしの場合には、動線のことまで考えたウォーターサーバーの配置が必要不可欠となります。

どうしても設置スペースが確保できない場合には、卓上タイプのウォーターサーバーの設置を考えてみましょう。

使いやすさと操作性

一見、良さそうに見えるウォーターサーバーであっても使ってみると使いにくいということは少なくありません。

ウォーターサーバーに水をセットしやすいか、自然な姿勢で水を注ぐことができるか、ボタンが分かりやすく配置されているか、子どもでも操作できるくらい簡単な操作性かなど、実際にウォーターサーバーを使用することを想定した観点からウォーターサーバーを見極めましょう。

女性の場合には、重たい水をセットする作業が大きな問題となりやすいです。水を持ち上げずにセットできる下置きタイプのウォーターサーバーや6リットル前後の軽量パックを採用しているウォーターサーバーだと、腕力がなくても簡単にセットすることができます。

デザイン

デザイン性に優れたウォーターサーバーを設置できれば、インテリア的にも納得できるものとなります。

最近ではデザイン性にこだわったオシャレなウォーターサーバーを増えており、デザインを優先したウォーターサーバー選びも可能となっています。

一人暮らしの場合には、ウォーターサーバーのデザインが部屋のインテリア全体に大きな影響を与えるため慎重に選ぶ必要があります。冒険をしたくなければ無難なデザインのウォーターサーバーを選んでおけば間違いありません。

部屋の雰囲気を損ないたくなければ、デザインを重視したウォーターサーバー選びをするのもアリです。

ウォーターサーバー代とメンテナンス代

ウォーターサーバーを導入するときには、購入する水の月額料金ばかりに気が向きますが、ウォーターサーバーによってはウォーターサーバー本体やメンテナンスに費用がかかる場合があります。

ウォーターサーバーを選ぶときには総合的な費用を考慮するようにしましょう。

ウォーターサーバー代とメンテナンス代が無料の業者もあるため、できるだけ予算抑えたい場合にはウォーターサーバー代とメンテナンス代がかからない業者を選びましょう。

電気代

ウォーターサーバーを使用する時には、多くの場合で電気代が必要となります。

冷蔵庫や電気ポットをウォーターサーバーが兼ねていると考えれば電気代にそこまでこだわる必要はありませんが、それでもできるだけ安くしたいなら電気代にも注目しておかなければなりません。

省エネタイプのウォーターサーバーも存在するため、総合的なコストを抑えたいなら電気代が安く済むウォーターサーバーを見つけましょう。

価格

ウォーターサーバーの費用として必要になるのが、水の月額料金です。500ミリリットルあたりの水の相場は70円程度となっており、70円をひとつの目安としてウォーターサーバーを探してみましょう。

1カ月あたりの相場は、24リットルで2000円~4000円となっています。

ただしトータルコストを考えるなら、月額料金だけでなくウォーターサーバー代や電気代も考慮にしなくてはいけません。

総合的に考えて料金が安く、さらに求める機能や好みの味の水であることなど条件を満たしているウォーターサーバーを選びましょう。

一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、一人暮らしの人でも利用しやすいアイデア満載の一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。水の味、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:ウォーターサーバー 宅水便のキララ

ウォーターサーバー 宅水便のキララ

ウォーターサーバーを使うことでワンランク上のスタイリッシュでオシャレな生活を実現してくれるウォーターサーバーです。

使用されている水は富士山の天然水で、豊富なミネラルを吸収して熟成された味わいとなっています。口当たりがよく万人向けするだけでなく、軟水であるため料理に使えば素材の味を引き出すことができます。

このウォーターサーバーの最大の特徴は、ウォーターサーバーのデザインと多彩な機能にあります。

90%の部品をオリジナルで設計することによって、他社のウォーターサーバーにはないスリム化を実現しています。奥行き約18㎝いう最薄化によって一人暮らしの限られた部屋のスペースでも簡単に設置することができます。またデザインがスタイリッシュなためどこに置いても違和感がありません。

機能面にもこだわっており、温水と冷水が使えることはもちろん、炭酸水も作ることができます。レモンスカッシュやジンジャーソーダ、梅酒ソーダやハイボールといった多彩な飲料を作ることもできます。

また炭酸水を使うことで、料理をワンランクアップさせることも可能。サクサクの天ぷら、ふわふわの卵焼き、ふっくらしたホットケーキなど、炭酸水を使ったレシピを楽しむこともできます。

水を注ぐ際には搭載されているLEDイルミネーションがコップを照らしてくれます。一人暮らしの場合にはウォーターサーバーを薄暗い中で使用することも多いですが、コップを照らしてくれるため安心して使うことができます。

衛生面にも配慮されており、1日1回自動的に温水タンクと冷水タンクの水を循環させることで殺菌させるクリーンシステムを搭載しているため、ウォーターサーバーを常に清潔で安心できる状態に保ちます。

ウォーターパックは7.2リットルと他のウォーターサーバーに比べてコンパクトなため、設置するときに負担になりません。またパックのため、使用後には捨てることができてボトルと違ってゴミもかさばりません。

操作も非常に簡単で、ワンプッシュで再加熱やエコモードも可能。手軽に使えるため、機械が苦手な女性もお年寄りも安心して使えます。

スタイリッシュなデザインと炭酸水機能で一人暮らしの生活に華を添えてくれるウォーターサーバー。実用的なだけでなくライフスタイルにも潤いを与えてくれる、そんなウォーターサーバーです。

口コミの評判

・冷水や温水だけでなく、炭酸水がコップ一杯から気軽に作れるのは便利ですね。
・作りたての炭酸水は市販の炭酸水よりも炭酸が強くておいしいです。
・水の品質にこだわっているのが分かるので、安全性を重視する人にはピッタリだと思います。
・オートクリーン機能が搭載されているので、安心して子どもに水を飲ませることができます。

4位:ウォーターサーバー プレミアムウォーター

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

天然水とウォーターサーバーを自由に選んで自分にピッタリに組み合わせられるウォーターサーバーです。

大きな特徴が天然水とサーバー本体を組み合わせられること。一般的なウォーターサーバーは天然水やサーバーを選ぶことができませんが、このウォーターサーバーは3種類の天然水と13種類以上のサーバー本体から自由な組み合わせで契約することができます。

天然水は、富士吉田、南阿蘇、金城の3つの採水地から選ぶことができます。

富士吉田は、4大ミネラルと言われるカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムを理想的なバランスで含む天然水が魅力。

南阿蘇は水の郷として知られ、皮膚や毛髪に必要なシリカを含み、おいしさの成分である溶存酸素が豊富です。

島根県の金城は、炭酸水素イオンやシリカに加えて温泉に含まれる成分の一つとして知られるサルフィートを含有しています。

3つの天然水とも使いやすくて飲みやすい軟水のため、さまざまな用途に使用することが可能。料理、飲料、持ち運び飲料水としても使うことができ、出かける前にボトルに詰めれば外出先で飲料の出費を減らすことができます。

ウォーターサーバー本体のデザインも多彩で、部屋のインテリアに合わせて好みのデザインから選ぶことができます。部屋の雰囲気に合ったウォーターサーバーを必ず見つけ出すことができます。

水の配送休止(スキップ)や追加注文なども可能で、必要に応じた量の水を注文することが可能。ウェブサイト、電話、専用アプリから注文できるため、利便性に優れています。

サーバーレンタル料、送料、メンテナンス料が無料なのも特徴で、予算抑えて導入することができます。さらに乗り換えキャンペーンなども積極的に行っており、初めて使う人から乗り換える人まで安く利用することができます。

天然水とサーバー本体を選んで組み合わせられるという仕組みで、自分にピッタリなウォーターサーバーを見つけ出せるウォーターサーバー。気になったならとりあえずサーバー本体のデザインを見てみましょう。

口コミの評判

・非常時でもお水をきちんと備蓄できているという安心感はお金には変えられません!さらに、育ち盛りの子どもたちにとって大切な水分補給も、ジュースの出番が減り、妻も大喜び。家族をしっかりサポートするウォーターサーバーとしてうちでは大活躍しています。
・プレミアムウォーターを頼むようになってから、家族全員水道水は飲めなくなりました(笑)
・他のウォーターサーバーと比べてオシャレだったのと、お水の品質と味にこだわっている努力が一番伝わってきたので「プレミアムウォーター」を選びました。実際、飲んでいる水道水と全然違いました。
・ウォーターサーバーも想像していた以上にオシャレで、キッチンにもマッチしています。本当に選んで良かったと思います。

3位:ウォーターサーバー ライフスタイルウォーター

ウォーターサーバー ライフスタイルウォーター

ワンウェイ宅配システムで厳選したおいしい天然水を近くの採水地から直接届けてくれるウォーターサーバーです。

多くのウォーターサーバーは特定の取水地から採水していますが、ライフスタイルウォーターは静岡県御殿場市、京都府福知山市、大分県日田市の3ヶ所を取水地としており、ウォーターサーバーの設置されている地域に応じてそれぞれの天然水を届けます。地元の水が飲めるため安心です。

取水地から直接配送するため、安心でおいしい水を届けることが可能となっています。取水地が近いため追加の注文に対しても翌日出荷が可能となっています。

放射性物質の検査を定期的に実施しているため、放射能が気になる方も安心して利用することができます。

ボトルが使い捨てとなっており、回収が不要なため業者に引き取ってもらう手間を省くことができます。

ウォーターサーバーは、サーバー下部に水をセットできるため重たいボトルを持ち上げてセットする必要はありません。腕力のない女性でも安心して使うことができます。

さらにスタイリッシュな丸型タイプのウォーターサーバーや場所を選ばず設置できる卓上タイプのウォーターサーバーも用意されています。設置スペースが確保できなくても卓上タイプなら設置することができます。

タンク内に取り込む空気をクリーンにするクリーンエアーシステムを搭載することで、タンク内野ボトルないを限りなく無菌状態に保つことが可能。時間が経っても衛生的で安心な水を楽しむことができます。

ウォーターサーバーのレンタル料金は無料で、水代だけでウォーターサーバーを使うことができます。また初期費用も配送料も不要なため、手軽にウォーターサーバーを始めることができます。

初期費用も不要で3ヶ月のお試し期間があり、初めての人も安心して試すことができるウォーターサーバー。導入を悩むくらいなら、まずはウォーターサーバーが自宅にある生活を体験してみることをオススメします。

口コミの評判

・小さな子どもがいるので安心なお水を飲ませてあげたいと思ったのがはじめたきっかけ。冷水にもチャイルドロックがついていて、いたずら防止になってとっても安心です。ライフスタイルウォーターの定期配送にしてから、子ども連れでの買い物が楽になりました。
・まろやかな天然水は、ウイスキーや焼酎の水割りにも最適ですね。インテリアにも馴染むのでデザインも気に入っています。
・今までスーパーまでお水を汲みに行っていました。家まで届けてくれて、ボトルを捨てるのも簡単。何と言ってもらく楽サーバーはボトルのセットが楽で、気になる膝と腰への負担も軽減され助かっています。
・お水代以外にかかる料金がなく、家計的にも計算しやすい。特許製品なので安心して使えます。

2位:ウォーターサーバー フレシャス

ウォーターサーバー フレシャス

豊富なサーバーデザインで人気を集めているウォーターサーバーです。

水には天然水を使用しており、富士で採水されているまろやかで口当たりのよい味わいの「フレシャス富士」、バナジウム含有量180μgの富士山の天然水「フレシャス朝霧高原」、長野の名水「フレシャス木曽」から選ぶことができます。

豊富に選べるサーバーデザインが大きな魅力で、スタイリッシュで使いやすいウォーターサーバーを導入することができます。

卓上タイプのウォーターサーバーも多く、使い方に合わせて設置することが可能。キッチンカウンター、ワゴン、スツールの上などにも設置できるため、置き場所を選ばず使用することができます。

また自動クリーンシステムを搭載しており、内部を常に清潔に保つことができるため手間いらずで新鮮でおいしい天然水を楽しむことができます。

水は、ボトル式9.3リットル、パック式7.2リットル、パック式4.7リットルと選ぶサーバーデザインに合わせたものとなっています。一般的なウォーターサーバーよりも1パックの量が少なく使いやすいのが特徴です。持ち運びにも便利でセットの時にも負担にならず、腕力がない女性やお年寄りもセットしやすくなっています。

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料が無料となっており、水の費用だけで使用することができるため安心して導入することができます。

一人暮らしの場合には、サーバーが設置できるかや水の量が不安になりますが、このウォーターサーバーなら一人暮らしならではの不安も払拭することができます。コンパクトなウォーターサーバーも用意されているため、設置スペースの確保が難しい人はこのウォーターサーバーを検討してみましょう。

口コミの評判

・デザインも素敵だし高さも使いやすくて満足です!水の交換もカンタンだし長く使えると思います。
・使い始めて1年半。すぐに温かい飲み物が飲めて、冬の寒い間は特に重宝しています。わざわざやかんを使ってお湯を沸かすということがなくなりました。水の交換も、上に持ち上げなくていいのは本当にメリットだと思います。見た目も可愛いですし、手放せません。
・二人暮らしでひと月に4本消費しています。使い始めて3ヶ月ほど経ちますが、富士山の美味しい水を常温のまま、炭酸水に変えて、珈琲に・・など様々なシーンで美味しくいただいています。
・見た目がスタイリッシュでステキです。子供も使いやすく、ボタンが少し固めなので溢れることがなく重宝しています。

1位:ウォーターサーバー コスモウォーター

ウォーターサーバー コスモウォーター

モンドセレクションの金賞を受賞した味と鮮度に自信のあるウォーターサーバーです。

汲みたての天然水を直送するために、自宅の地域に一番近い採水地から汲み上げた天然水を直送する方式を採用しています。製造から48時間以内に出荷されるため、高い鮮度を保つことができます。

採水地は静岡、京都、大分の3ヶ所で、それぞれ特色のある天然水となっています。

静岡の天然水は富士山のバサルト層が生み出すバナジウム含有の天然水で、健康維持や美容に最適な天然ミネラルが豊富に含まれています。バナジウムをはじめカルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどがバランスよく溶け込んでいます。

大分の天然水は世界有数のクリーンな水が採水できる日田の天然水で、さまざまな天然のミネラル成分を含み有機ゲルマニウムやシリカを含みます。現代人に不足しがちな栄養素が豊富で、シリカは肌の保湿、骨や毛髪、爪やコラーゲンの再生を手助けしてくれます。

京都の天然水は福知山市の丹波雲海で知られる三岳山麓で採水しており、年月をかけて花崗岩に浸透した天然水でバランスの良いミネラル成分が特徴です。バランスの良い天然ミネラル分は体に吸収されやすく、柔らかく飲みやすいまろやかな水となっています。

供給される水は全て軟水であるため、クセがなく料理とも相性抜群。素材本来の味を引き立ててくれます。

水だけでなくウォーターサーバーにもこだわりがあり、スタイリッシュで温かみのあるデザインのためどんな家庭にも設置することができます。足元ボトル交換方式を採用しているため、水を持ち上げる必要はなく簡単に設置することができます。

コンパクトなサーバーも用意されているため、部屋にウォーターサーバーを設置するのが難しい場合にも設置することが可能。設置スペース問題を解決することができます。

ウォーターサーバーには、クリーンサイクルシステムとクリーンエアシステムを搭載しており、自動的に内部を洗浄するだけでなく、雑菌が含まれる空気の侵入を防ぐことでウォーターサーバー内での雑菌の繁殖を防ぎます。

省エネモードも搭載されているため、電気代を節約することもできます。

水を運ぶためのボトルは使用後にはゴミとして捨てることができるため、後片付けも簡単です。

シンプルで分かりやすく値段も安いウォーターサーバーで、初心者でも安心して契約することができます。サーバーも一人暮らしの家庭にピッタリなものとなっており、水の量さえ合うならこのウォーターサーバーに決めてしまいましょう。

口コミの評判

・コストパフォーマンスが高く、水を買って持ち帰る手間なくおいしい天然水をいつでも飲めるのでお得で嬉しいです。料理にも向いているお水だと思います。
・家庭用のウォーターサーバーをいろいろ確かめた末に、料金システムが分かりやすいコスモウォーターを選びました。一人暮らしにはちょっと多いですが、料理などにも贅沢に天然水が使えて導入してよかったです。
・これまで水のボトルを持ち上げて設置することに抵抗がありウォーターサーバーの導入を断念してきましたが、このコスモウォーターは簡単にボトルを設置できるため選んで間違いがなかったと実感しています。
・安さ、コンパクトさ、デザイン性の三拍子が揃ったウォーターサーバーで重宝している。

まとめ

水をたくさん飲むことは健康にとって非常に重要。一人暮らしの生活では不摂生になりがちなため、ウォーターサーバーを導入するだけで健康状態を改善することもできます。

最近では一人暮らし向けのウォーターサーバーも増えており、設置スペースがなくても卓上タイプを選べるようになっています。

意外と助かるのが給湯システムで、わざわざお湯を沸かさずともお湯が使えるため電気ポット代わりに使用することもできます。

水に関わる面倒ごとをウォーターサーバーと業者が代行してくれるため、水道水を飲みたくない人はとりあえず無料期間のあるウォーターサーバーを試してみましょう。ウォーターサーバーが贅沢品ではなく実用品であることが実感できます。

ウォーターサーバーに関する記事は以下を参照してください。

ウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 選び方から口コミの評判まで

オシャレデザインウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 卓上タイプから床置きタイプまで

一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 必要な量だけ注文で安い費用に

赤ちゃん向けウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 優しい天然水で安全に

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , , , ,