プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 サイズの選び方から自作や設置方法まで

   

人気のプロジェクタースクリーン

ホームプロジェクターを購入して自宅にホームシアターを作ろうと考えている人は、プロジェクタースクリーンにも妥協は許されません。プロジェクターの映像を美しく映写するには、プロジェクタースクリーンはなくてはならないアイテムです。

ところがプロジェクタースクリーンを選ぼうと思っても、キクチ科学研究所、オーエス、サンワダイレクト、エプソンなどの メーカーがさまざまなタイプのプロジェクタースクリーンを販売しており選び方が分からなくなります。

そこで今回は、ホームシアターに欠かせないプロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。サイズ選びからプロジェクタースクリーンの自作方法や設置方法までご紹介していきます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

プロジェクタースクリーンとは?

そもそもプロジェクタースクリーンとは、どのような製品なのでしょうか。さまざまなタイプがありますが、使い方に違いなどはあるのでしょうか。

プロジェクターの映像をキレイに映し出すための装置

プロジェクタースクリーンは、プロジェクターで映像を映し出すときに画面となるスクリーンです。

プロジェクターは、光を投写して映像を映し出す仕組みとなっていますが、光が当たるポイントに色や凹凸があると画質が低下する原因となります。

プロジェクタースクリーンは、プロジェクターの画質低下の大敵となる色や凹凸をなくすための装置です。

白くて表面が滑らかなプロジェクタースクリーンは、プロジェクターが映し出した映像を狙い通りに表現することができます。

プロジェクターを購入した際にはなくてはならない装置といえます。

さまざまなタイプがある

プロジェクタースクリーンには、性能や機能に応じていくつかのタイプがあります。タイプ別の特徴ご紹介します。

電動巻き上げ式プロジェクタースクリーン

電動巻き上げ式プロジェクタースクリーンは、スクリーンを巻き上げて終了しておくことができるタイプの製品です。

スクリーンを収納しておくことにはメリットがあり、スクリーンに汚れが付着することを防ぎ、日焼けからスクリーンを守る効果があります。

しかしスクリーンを収納しておくことで高いクオリティの映像を視聴することが分かっていても、いちいちスクリーンを片付けるのは非常に面倒です。

ところが電動巻き上げ式のプロジェクタースクリーンなら、展開も片付けも非常に簡単なため、スクリーンの品質を保ち続けることが容易となります。

ただし電動巻き上げ式プロジェクタースクリーンは、本体重量が重く設置が容易ではありません。もちろん簡単に持ち運んで違う場所で使うこともできず、本体価格が高いのも欠点です。

プロジェクターを固定してオーディオを用意しているようなホームシアター用の部屋に設置するときに最適な製品です。

手動巻き上げ式プロジェクタースクリーン

手動巻き上げ式プロジェクタースクリーンは、スクリーンを手動で巻き上げることができるタイプの製品です。

電動巻き上げ式のプロジェクタースクリーンのように簡単に展開や収納はできませんが、本体重量が比較的軽いため設置が簡単で、値段も電動巻き上げ式プロジェクタースクリーンよりも安くなっています。

手動巻き上げ式プロジェクタースクリーンは大きく分けて2種類あり、チェーンを引いて巻き上げるタイプとスクリーンの下側を引っ張ることで自動的に巻き上がるプルダウンタイプの製品があります。

本格的でありながら比較的簡単に設置できるため人気を博しているタイプの製品です。

自立式プロジェクタースクリーン

基本的にプロジェクタースクリーンは、壁や天井に施工して吊り下げるという設置方法が基本となっています。しかし自立式プロジェクタースクリーンは、プロジェクタースクリーン自体に脚などが付属しており、壁や天井に施行しなくても自立させることができます。

自立式プロジェクタースクリーンは使う場所を選ばないため、持ち運んで会議や講演などで使用されることも少なくありません。

また天井や壁を傷つけることなく設置できるため賃貸住宅にも向いており、容易に設置できることから初心者向けの製品でもあります。

ただし自立式プロジェクタースクリーンを設置するには、ある程度のスペースが必要となります。また設置や片付けも面倒なため、利便性に欠ける部分があります。

天井・壁掛け式プロジェクタースクリーン

天井・壁掛け式プロジェクタースクリーンは、天井や壁に設置するタイプのプロジェクタースクリーンです。似たタイプの巻き上げ式のプロジェクタースクリーンとの大きな違いは、巻き上げ機能が搭載されていない点にあります。

天井や壁に吊り下げたままでは収納することができないため、使用するたびにわざわざ片付けるか、だしっぱなしにしておくことになります。

スクリーンが展開された状態が続くと、スクリーンが汚れたり日焼けしたりするため画質の低下を免れません。また部屋に大きなスクリーンが展開された状態というのも、インテリア的にマイナスポイントとなります。

一方で非常にシンプルな構造のため値段が安く気軽に導入できるのが最大の魅力です。プロジェクター初心者が初めてのスクリーンとして選びやすい製品ともいえます。

スクリーンサイズもさまざま

プロジェクタースクリーンは製品によってスクリーンサイズも多数取り揃えられています。

家庭用のプロジェクタースクリーンなら最小サイズは50インチ程度となっており大型テレビ程度の大きさの画面を映し出すことができます。

120インチのプロジェクタースクリーンも多くあり、家庭で使用するなら100インチ~120インチが一般的となっています。

大は小を兼ねるという言葉があるようにプロジェクタースクリーンのサイズは、大きければ大きいほど使い勝手が良くなります。

ただし大きいサイズのプロジェクタースクリーンは設置が難しくなるため、ただ大きければいいというわけではありません。注意が必要です。

マスクタイプがある

マスクとは、プロジェクタースクリーンの外側の枠部分のことです。

大別するとブラックマスクとマスクなしの2つのタイプが存在します。

マスクの効果は、スクリーンの外側を黒くすることで画面全体を引き締めて映像を見やすくすることができます。

一方でマスクのないスクリーンにもメリットはあり、マスクがないことで画面比率がスクリーンと合っていなくても違和感を感じにくく、シンプルなデザインのためインテリアと調和しやすくなっています。

アスペクト比の違いもある

プロジェクターにはテレビのようにアスペクト比というものが存在します。アスペクト比は画面の縦と横の比のことで、4:3と16:9の2つのタイプが存在します。

会議などのプレゼンでプロジェクタースクリーンを使う場合には、4:3のアスペクト比でも問題になることありません。

一方で映像コンテンツを家庭で楽しむ場合には、映画やテレビ番組など映像コンテンツのアスペクト比に合わせて16:9を選ぶのが一般的となっています。

もちろんアスペクト比が異なるプロジェクタースクリーンに画面を投写しても画面を見ることはできますが、アスペクト比が異なるため画面サイズが小さくなったりプロジェクタースクリーンを最大限利用できなかったりします。

プロジェクターと同様にプロジェクタースクリーンにもアスペクト比が存在することを知っておきましょう。

プロジェクタースクリーンの自作方法と設置方法

プロジェクターにはプロジェクタースクリーンが必要不可欠となりますが、わざわざプロジェクタースクリーンを購入せずに他のもので代用したいと考える人も少なくありません。

そんな人のために、今回はプロジェクタースクリーンの自作方法と設置方法をご紹介します。

プロジェクターを壁に映す

1.白くて凹凸のない壁紙が使用されている壁にプロジェクターで映像を映す
2.カーテンを閉めて照明を消して暗い環境を作る

プロジェクターはプロジェクタースクリーンがなくても映像を映すことは可能です。ただし映像を映し出す壁が映像を映すのに不向きな場合には高画質の映像を楽しむことはできません。

プロジェクターで映像を映すのに向いている壁は、白くて凹凸がないものとなります。

プロジェクタースクリーンを自作していませんが、プロジェクターの映像を壁に映す方法が最も簡単な方法です。

紙や布でプロジェクタースクリーンを代用する方法

1.壁に大きな白い紙や布を貼る
2.プロジェクターで紙に映像を映す

プロジェクタースクリーンを紙や布で代用する場合に大切なポイントは、できるだけ白くて凹凸のない分厚い紙や布を使用することです。

紙や布が薄ければ光が透けてしまうため、映像がぼやける原因となります。できるだけ分厚い紙や布を使いましょう。

ニトリやIKEAのロールカーテンでプロジェクタースクリーンを代用する方法

1.最適なサイズのロールカーテンを用意する
2.光を反射する面を内側にして室内にロールカーテンを設置する
3.ロールカーテンを展開して映像を映す

プロジェクタースクリーンをロールカーテンで代用する方法です。ロールカーテンは太陽光を反射する加工が施されているため、プロジェクターの映像をくっきりと映し出すことができます。

紙や布に比べて高画質の映像を映し出すことが可能で、ロールカーテンの特性を利用して展開や収納も簡単に行うことができます。プロジェクタースクリーンの代用品としてロールカーテンは十分に使うことができます。

ただし購入費用が必要なうえにロールカーテンはシワになりやすいため、わざわざロールカーテンを購入するくらいならプロジェクタースクリーンを購入した方が早いかもしれません。

プロジェクタースクリーンの設置方法

1.プロジェクタースクリーンを設置するポイントを決める
2.取付金具を壁や天井に設置する
3.取付金具にプロジェクタースクリーンを設置する

プロジェクタースクリーンを設置するときに大切なのがプロジェクタースクリーンを設置する位置です。

プロジェクターの映像を見やすい場所というのはもちろん、プロジェクタースクリーンを展開したときに障害物がない場所に設置しましょう。

またプロジェクタースクリーンの取り付け金具は、強度のある天井や壁に水平に設置することが大切です。強度のない部分に設置してしまうと、プロジェクタースクリーンの重さで外れて落下する危険があります。

水平に設置するのもポイントで、水平にプロジェクタースクリーンを設置することで、キレイにプロジェクタースクリーンを展開することが可能となりシワのない画面を作ることができます。

プロジェクタースクリーンの選び方のポイント

プロジェクタースクリーンを選ぶときにはどのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。プロジェクタースクリーンの選び方のポイントを確認しておきましょう。

設置タイプ

プロジェクタースクリーンは大きく分けると電動巻き上げ式、手動巻き上げ式、自立式、天井・壁掛け式の4つのタイプが存在します。

それぞれのタイプに向いている用途があり、用途に合わせて最適なタイプを選ぶことが重要になります。

電動巻き上げ式は本格的なホームシアター、手動巻き上げ式は簡易的なホームシアター、自立式はプロジェクタースクリーンの設置が難しい賃貸物件、天井・壁掛け式はプロジェクター初心者や持ち運びが前提とする場合などとなります。

それぞれのタイプでメリットとデメリットが存在するため、設置が予定される部屋の状況や用途に合わせて最適なタイプのプロジェクタースクリーンを見つけ出しましょう。

サイズ

プロジェクターのサイズは映し出せる画面の大きさを決定付ける要素となるため、サイズ選びは非常に重要となります。

大きなサイズのプロジェクタースクリーンなら、大きな画面から小さな画面まで映し出すことが可能となります。ただし大きいプロジェクタースクリーンは設置も難しくなり、設置に必要なスペースも広くなります。

無駄に大きなプロジェクタースクリーンを設置しても、部屋が狭ければ大きな画面サイズを映し出すことができなくなります。

部屋のサイズと映し出したい画面のサイズを考慮して、最適な大きさのプロジェクタースクリーンを選びましょう。

アスペクト比

大きなサイズのプロジェクタースクリーンを購入しても、最適なアスペクト比の製品でなければ本領発揮することができません。

プロジェクタースクリーンのサイズとプロジェクターが映し出す画面のサイズのアスペクト比が異なっていても、画面自体は映し出すことができます。ただしプロジェクタースクリーン全体を利用できないため無駄が発生し、プロジェクタースクリーンのポテンシャルを最大限まで引き出すことができません。

アスペクト比は4:3と16:9の2種類がありますが、使い方によって最適なアスペクト比は変わります。

会議や講演などでプレゼンテーションを行うときに資料をプロジェクタースクリーンに映し出すなら、4:3が最適となります。

ホームシアターなど映像コンテンツを視聴するためにプロジェクタースクリーンを使うなら、16:9が最適となります。

簡単に分けるとビジネス用のプロジェクタースクリーンは4:3、家庭用のプロジェクタースクリーンは16:9となります。用途に応じて必要となるプロジェクタースクリーンを選びましょう。

マスクタイプ

マスクタイプは大きく分けて2種類あり、ブラックマスクとマスクなしとなっています。

ブラックマスクなら映像を引き締めることができるため、映像コンテンツを楽しむときに重宝します。

マスクなしなら全体が白いためインテリアと調和性が高く、アスペクト比が異なる画面を映し出しても違和感を感じにくくします。

簡単に分けるとビジネス用のプロジェクタースクリーンはマスクなし、家庭用のプロジェクタースクリーンはブラックマスクが向いています。

一概にどちらが優れているとは言えませんが、マスクタイプにも注目して思い通りの映像が映るようにしましょう。

持ち運びやすさ

プロジェクタースクリーンを持ち運んで使用することもあります。もし頻繁に持ち運んで使うなら、持ち運びのことまで考えたプロジェクタースクリーン選びましょう。

サイズが大きすぎると持ち運びが非常に面倒になります。また構造がシンプルなプロジェクタースクリーンの方が軽量で持ち運びやすくなります。

自立式のプロジェクタースクリーンを選べば、プロジェクタースクリーンを展開する部屋の設備に関係なくどこでもプロジェクタースクリーンを使うことができます。

持ち運んで使用する場合には、必ず移動のことや移動先で展開することまで考えたプロジェクタースクリーン選びをしましょう。

価格

プロジェクタースクリーンは、タイプやサイズによって値段が大きく異なり5000円~10万円以上の製品まで存在します。

電動巻き上げ式など複雑な機構を備えているプロジェクタースクリーンは値段が高くなる傾向にあり、またサイズが大きさに比例して値段が上がります。

どれだけ安いプロジェクタースクリーンを選んでも、使い勝手が悪ければ意味がありません。長く使用することが想定されるプロジェクタースクリーンの場合、値段よりも使い方や設置する部屋の状況に合わせて最適な製品を選ぶことをオススメします。

電動巻き上げ式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング

ここからは本格的なホームシアターに最適な電動巻き上げ式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。映像の美しさ、設置のしやすさ、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:キクチ科学研究所 電動式スクリーン 120インチ SES-120HDWAC/K

キクチ科学研究所 電動式スクリーン 120インチ SES-120HDWAC/K

キクチ科学研究所の静かに稼働する電動式スクリーンです。

サイレントモーターを搭載したことでスクリーンの昇降時の静音性を大幅に高めることに成功している電動式スクリーンです。準備や片付けの際に音が気にならないため、物音が気になる夜間でも気兼ねなく使用することができます。

赤外線リモコン標準装備しており、スクリーンの昇降を遠隔操作することができます。

新素材を採用したフルハイビジョンに対応しているスクリーンで、高精細な映像を余すことなく映し出すことができます。

リビングシアターや専用シアタールームにも対応しており色の再現性や遠近感をリアルに表現します。

本格的なホームシアターを自宅に持ちたいなら使い勝手にも優れた後の電動式スクリーンにしましょう。

4位:ナビオ 電動スクリーン 80インチ 680-80C4KW

ナビオ 電動スクリーン 80インチ 680-80C4KW

ナビオの次世代型の映像規格である4Kにも対応している電動スクリーンです。

スクリーンの生地厚は0.4 mmと厚く、平面性を長く保ち画面を狙い通りの形に映すことができます。

電動モーターには、シンクロナスモーターとスプリングモーターのハイブリッド機構を搭載。静かな作動と長寿命を実現することに成功しました。

全てのスクリーン丈は2200mm以上で製作されているため、天井取り付けでも低い位置までスクリーンを下げることができます。設置する位置に関係なく最適な高さで映像を楽しむことができます。

操作方法は、赤外線リモコン、電波リモコン、パネルスイッチから選ぶことが可能。使用状況に合わせて最適な方法で操作することができるため、操作性に優れている電動スクリーンです。

業界初となるVジワ対策機能を搭載しており、スクリーンに発生するシワを抑えて滑らかなスクリーンを長持ちさせることができます。

長く使用することができ静音性にも優れた電動スクリーン。4K高画質にも対応しているため、将来的なことを考えても選んでおく価値のある電動スクリーンです。

3位:オーエス 電動スクリーン 80型 SEP-080HM-MRW3-WF302

オーエス 電動スクリーン 80型 SEP-080HM-MRW3-WF302

オーエスの美しい映像を映し出すことができる電動スクリーンです。

スクリーン生地は映像のムラをなくして奥行き感を演出することができるピュアマット III cinemaを採用。4Kにも対応しているマットスクリーンのため、将来にわたって高精細な映像を映し出すことができます。

フロントパネルは部屋のデザインを損なわない白パネルを採用。インテリアのことを考えて設置することもできます。

徹底的に無駄を省いたシンプルデザインは部屋のどこから見ても奥行きを感じさせません。

シンメトリー構造を採用しておりスクリーンのセンター出しを簡単に行うことができます。センターには剥離可能なセンターシールが付属しているため、センターを簡単に確認することができます。

フロントパネルはスクリーン設置後も着脱や交換が可能。メンテナンスも簡単に行うことができます。

リモコンで簡単に上下リミット調整が可能となっており、設置した部屋に合わせて最適な高さを決めることができます。

高画質な映像を映し出せるだけでなく高さ調整によって使い勝手にも優れている電動スクリーン。値段は高いですが、フロントパネルの交換が容易なため長期間の使用も可能で、4Kにも対応していることからも将来的なことを考えて選んでおくのもアリな1台です。

2位:エリートスクリーン 電動プロジェクタースクリーン スペクトラム2 100インチ SPM100H-E12

エリートスクリーン 電動プロジェクタースクリーン スペクトラム2 100インチ SPM100H-E12

コストパフォーマンスに優れている導入しやすい電動プロジェクタースクリーンです。

ブラケット壁付けタイプの電動スクリーンで、天吊りでも壁掛けでも取り付け位置の調整が非常に簡単です。

スクリーン素材の平面性と耐久性に優れ、洗浄も簡単な素材となっており、管理しやすいのもポイントの一つです。

背面には光の侵入を防ぐ裏地ブラック加工が施されており、窓際に設置しても日光で映像がぼやけるようなこともありません。

8Kや4Kといった次世代型の高解像度規格にも対応しており、美しく立体的な映像を楽しむことができます。

設置しやすく使いやすい電動プロジェクタースクリーン。値段も比較的安いため、予算を重視して電動プロジェクタースクリーンを導入したい人にもオススメです。

口コミの評判

・映し出した映像は素晴らしく、導入も簡単でした。
・ブラケットによって簡単にすばやく設置することができました。天井が斜めになっていても設置できました。
・スクリーンに厚さがあるため、映像を見ている最中に揺れたり動いたりしませんでした。
・この価格でこの性能のスクリーンが購入できるなんて最高。

1位:オーエス 電動スクリーン 100インチ SEC-100HM-R2-WG

オーエス 電動スクリーン 100インチ SEC-100HM-R2-WG

オーエスのコストパフォーマンスを重視する人には嬉しい電動スクリーンです。

シンメトリー設計でセンターを合わせが容易となっており、取付金具と一体化したサイドキャップ採用で設置も簡単に行うことができます。センターマークは取り付け後に剥離するのも簡単です。

全方向から均一の映像が視聴可能な拡散型ホワイト生地を採用。見る位置によって発生する映像のムラを防ぐことができ、さまざまな角度から美しい映像を楽しむことができます。

赤外線リモコンが付属しており、離れた位置からでも操作することが可能。準備も片付けもリモコンで簡単に行うことができます。

電動スクリーンに必要な機能をしっかりと詰め込んでいる隙のない電動スクリーン。値段が比較的安いため導入しやすくコストパフォーマンスに優れている入門機です。

初めて電動スクリーンを導入する人は、まずこの電動スクリーンから試してみることをオススメします。

口コミの評判

・スクリーンの質は上々。昇降機構も重厚な感じでなかなか良い。(少し音はうるさいが)
・それまで使用していたスプリングローラー式はV字しわが出来てしまっていたが、そうした心配もない。

手動巻き上げ式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング

ここからは手軽にホームシアターを設置できる手動巻き上げ式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。映像の美しさ、設置のしやすさ、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

3位:エリートスクリーン プロジェクタースクリーン 150インチ M150UWH2

エリートスクリーン プロジェクタースクリーン 150インチ M150UWH2

設置する場所選ばずどこでも使えるプロジェクタースクリーンです。

プルダウン式のプロジェクタースクリーンで壁掛けと天吊りのどちらでも設置することが可能。天井に設置して好きな場所にスクリーンを配置することも、天井が難しい場所で壁に設置して使用することも可能です。

オートロックシステムを採用しており任意の位置でスクリーンを固定することができます。思い通りの高さにスクリーンを配置できるため、映像が見やすく使いやすくなっています。

ストラップコードによって高い位置でも救いのプルダウンハンドルを引き寄せることができます。

スクリーン素材にはマックスホワイトを採用しており、背面からの光の侵入を防ぐ裏地ブラック加工が施されているため、明るい場所で使用しても美しく映像を写し出します。

値段が比較的安く使い勝手に優れているプロジェクタースクリーン。圧倒的な大画面で映像を楽しみたい人も、このスクリーンなら比較的簡単に導入することができます。

口コミの評判

・とにかく大きさが気に入りました。手動ですがいたって簡単で素早くできます。面倒なんて思ったことありません。スクリーンの材質が良いのかきれいに映ります。
・会社の会議室用として購入しました。大きさも十分で動作や製作精度もよく、長く使っていけそうです。
・取り付けも簡単で、一人でも取り付けられました。またプロジェクターで写しても綺麗な映像が写り大満足でした。
・スクリーンとしての性能に大変満足しています。巻き取るケースは堅牢でスクリーンも国内品より明るく映る気がします。黒い枠は白い生地に直接着色してあります。もちろん裏からの光を通しません。

2位:キクチ科学研究所 グランビュー手動スクリーン幕面 100インチ GSR-100HDW

キクチ科学研究所 グランビュー手動スクリーン幕面 100インチ GSR-100HDW

キクチ科学研究所のハイビジョンサイズに対応している手動スクリーンです。

フリーストップ機構を搭載しており、スクリーン引き下げ時にスクリーンを止めた位置でロックがかかるため思い通りの位置にスクリーンを設置することができます。また巻き上げ時にはスローアップ機構によってスクリーンをゆっくりとしたスピードで巻き上げます。スクリーンがロールにぶつかって傷ついたり大きな音が出るような心配もありません。

天井にも壁にも設置することが簡単で、L型取り付け金具を取り付けてスクリーンケースをはめ込み固定するだけで設置することができます。誰でも簡単に設置することができます。

スクリーン生地には広視野角で自然な映像の再現が可能なグランビューホワイトを採用しており、部屋のどこからでも高精細な映像を視聴することができます。

シンプルでスマートなデザインのアルミ製プロテクターケースを採用しており、スクリーンを巻き上げた時にはしっかりと保護してくれます。

お手頃価格で購入することができ取り付けも簡単な手動スクリーン。シンプルで部屋のインテリアを損なわないのも大きな魅力です。

口コミの評判

・2年前に新築した際に設置しました。手動ですが、思った位置でストッパーがかかるため全く問題ありません。
・他のスクリーンと比較したことがないですが、フルHDのプロジェクターできれいな映像を楽しんでいます。
・電動と違い機械が入っていないので壊れる心配もないですね。

1位:ファーストスクリーン プロジェクタースクリーン 80インチ ホワイトマットSR-HS80

ファーストスクリーン プロジェクタースクリーン 80インチ ホワイトマットSR-HS80

圧倒的なコストパフォーマンスで気兼ねなく導入することができる手動式プロジェクタースクリーンです。

スプリング巻き上げ式を採用しているプロジェクタースクリーンで、軽くて白いホワイトマットスクリーンを採用しています。

高いレベルの色再現性を持っており、お気に入りの映画やドラマも美しくとお会いすることができます。ギラつきのない優しく落ち着いた画面は長時間の視聴にも疲れることなく、映像コンテンツ思う存分堪能することができます。

広視野角のスクリーンで80度の斜めからも78%の明るさがあり、広い範囲で視聴することができます。家庭で使用するのはもちろん、会議室、学校、ホテル、病院、介護施設など多くの現場で使われています。

専用取付金具を使用することによって面倒な電気工事は業者への手配は必要ありません。壁や天井に簡単に取り付けることが可能で、自分でプロジェクタースクリーンを設置することができます。

取り付けも簡単でシンプルなため非常に使いやすい手動式プロジェクタースクリーン。コストパフォーマンスにも優れており、初めての手動スクリーンには最適な1台です。

とりあえずシンプルな手動式スクリーンを探しているなら、これにしておけば間違いありません。

口コミの評判

・私はAVマニアではないのでよくわかりません。安いので心配していましたが、全く問題ありません。
・程よいスクリーンの厚みで、ひもを引っ張ると滑らかにスルスルと下りてきて、再度ひもを引っ張ると程よい速度でスルスルと上がっていきます。
・画面も普通に綺麗で不満はありません。ずっと使っていくとどうなるのかはわかりませんが、この、良い製品として当たり前の感じ、がとても素敵です。この価格で。良い時代になりました。
・低価格にもかかわらず、大変きれいな画像を楽しむことができました。コスパ抜群だと思います。

自立式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング

ここからはどこでも気軽に設置できる自立式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。映像の美しさ、設置のしやすさ、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

4位:IZUMI パンタグラフ式フロアタイプモバイルスクリーン 100型ワイド RS-100V

IZUMI パンタグラフ式フロアタイプモバイルスクリーン 100型ワイド RS-100V

IZUMIの持ち運びに便利なパンタグラフ式のモバイルスクリーンです。

極限までの操作性と高輝度・広視野角のスクリーン性能を備えており、広い角度から見ることが可能で高精細な映像を映し出すことができます。

持ち運びしやすいケース一体型デザインを採用しており、ケースにコンパクトに収納して持ち運ぶことができるため、移動の際にも非常に便利です。

セットアップは2ステップで、補助脚を回転してグリップを引き上げるだけでスクリーンを立ち上げることができます。

パンタグラフフレームによって高さ設定は自由自在。使用する状況に合わせて最適な高さで設置することができます。

アンダースカートは赤外線を通すため、背後に設置したAV機器のリモコン操作も行うことができます。

持ち運びのことまで考えられた自由な高さに設置できるモバイルスクリーン。持ち運びすることを前提としてプロジェクタースクリーンを探しているならこの製品がオススメです。

口コミの評判

・非常にコンパクトに収納できます。大きいので不安が有りましたが、全く問題ありませんね。
・画面サイズも大きく、映り方もとても良くて気に入りました!
・これからも会議・講義・イベントなどでたくさん活躍してくれると思います!!

3位:サンワサプライ プロジェクタースクリーン 100型 PRSY100K

サンワサプライ プロジェクタースクリーン 100型 PRSY100K

サンワサプライの床置き式のプロジェクタースクリーンです。

ポールを立てて引き出したスクリーンをかけるタイプのプロジェクタースクリーンで、場所を選ばず床置きできるのが最大の特徴です。

スクリーンの高さや位置を調節することが可能で、プロジェクターで映し出したい画面に合わせて最適な大きさのスクリーンを設置することができます。

使用後にはコンパクトに収納できるため持ち運ぶ際にも邪魔になりません。またハンドル付きのため持ち運ぶ時には非常に便利です。

シンプルな機能で簡単に使えるプロジェクタースクリーン。値段も安いため予算を抑えつつ床置き式のプロジェクタースクリーンを手に入れたいなら。この製品にしておきましょう。

口コミの評判

・簡単収納,簡単設置で軽さのわりに重厚感があり非常に気に入りました。

2位:オーエス 自立型スクリーン 80型 SMS-080HM-P1

オーエス 自立型スクリーン 80型 SMS-080HM-P1

オーエスのパンタグラフ方式でしっかり自立する自立型スクリーンです。

ホームシアターに最適なホワイトマットを採用しており、スクリーンを見る全方向にどうしてつの画像を反射する万能タイプの生地を採用しています。さらに下マスクを広くすることによってさまざまな環境に合わせた 設置高さを自由に決めることができます。

ケースとスクリーンが一体型となっているため簡単に収納することができます。持ち運びが簡単なモバイルタイプとなっており、自宅に設置するだけでなく映像を映したい場所へとスクリーンを持ち出して使うこともできます

設置も非常に簡単で、床に置いて脚部を回転するだけで自立させることができます。パンタグラフ方式のため自立後にはスクリーンを立ち上げれば完成です。

無段階に高さ調節ができるため、映像を映す環境に合わせて最適な高さにスクリーンを設置することができません。

設置も持ち運びも非常に簡単な自立型スクリーン。パンタグラフ方式で脚部がしっかりしているため、思い通りの方向にスクリーンや展開できるのも魅力です。

1位:キクチ科学研究所 床置きモバイルスクリーン 100型 GML-100W

キクチ科学研究所 床置きモバイルスクリーン 100型 GML-100W

キクチ科学研究所の床置きタイプのコストパフォーマンスに優れたモバイルスクリーンです。

ポールを立ててスクリーンを設置するタイプのプロジェクタースクリーンで、モバイルタイプとなっているため持ち運びにも適しています。

ポールを立てた時だけスクリーンが引き出せるセーフティーロック機構となっているため、移動中に誤ってスクリーンが展開されるようなこともありません。安心して持ち運ぶことができます。

スクリーンにはホワイトマット生地を採用しており、しっとりした目に優しい映像を再現することができます。

下部の黒マスクには細い穴加工が施されているため、スピーカーの音を透過させることができます。スクリーンの裏側にスピーカーを配置したり、スピーカー内蔵のテレビ台の前でも使用することができます。

またスクリーンの裏側に配置したオーディオ機器もリモコンで操作することが可能。周辺機器の操作のことまで考えた設計となっています。

自宅で映像コンテンツを楽しむために使うのはもちろん、プレゼンテーションや会議、販売促進や教育などの用途で使用するのにも向いています。幅広い用途に使えるため1台あるだけで非常に便利にプロジェクターを使いこなすことができます。

口コミの評判

・持ち運びには大きすぎますね。軽自動車ですから。斜めに入れてやっとです。
・デカイ!のに、非常に安定しています。毎月行う講習会に使用しています。安いし、大変満足しています。
・実際使用するにあたってはもう少し小さくても良かったと思うけど、ライブビューなどするにはこのくらいあってもいいかな、と思いました。大は小を兼ねる、ということで
・思っていたよりも大きく、持ち運びは少し長さがあるので大変、重さはさほど感じない。

天井・壁掛け式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング

ここからはプロジェクタースクリーン初心者に最適な天井・壁掛け式プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。映像の美しさ、設置のしやすさ、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

3位:シアターハウス プロジェクタースクリーン 80インチ BTP1780WEH

シアターハウス プロジェクタースクリーン 80インチ BTP1780WEH

シアターハウスの掛け軸タイプのプロジェクタースクリーンです。

フルハイビジョンや4Kといった高解像度に対応しているプロジェクタースクリーンでハイビジョンマット2生地を採用しているため高精細な映像を映し出すことができます。

フルハイビジョンや4Kプロジェクターを使った場合に発生しやすいモアレ現象を防ぐことができます。

掛け軸タイプのためスクリーン本体が非常に軽く、簡単に設置することができます。

片付ける際は、下からスクリーンを巻き上げて最後にマジックテープで止めれば片付けは完了することができます。

軽量のためフックなどで引っ掛けて設置することができ、掛け軸と基本的な構造が同じであるため直感的に使用することができます。シンプルな構造のため1人でプロジェクタースクリーンを設置しなければならない場合にも問題なく使うことができます。

口コミの評判

・軽くて、設置しやすく、ワイドなスクリーンで、価格も安かったのでとても気に入っています。
・初プロジェクタのスクリーンですが特に不満無いです。サイズアップするときもまたこの製品買おうかなと思います。

2位:オーエス 掛図スクリーン 100型 SMH-100HN-WG107

オーエス 掛図スクリーン 100型 SMH-100HN-WG107

オーエスのマスクなしのシンプルなプロジェクタースクリーンです。

マスクがないためアスペクト比に関係なく自然な投影感を得ることができる汎用性の高いスクリーン。上下にパイプがついているだけの簡単な構造のため、非常に扱いやすいプロジェクタースクリーンとなっています。

巻き取りは簡単で構造がシンプルなため軽量で持ち運びも容易に行うことができます。幅広い用途に使用することができます。

スクリーンには広視野角のホワイト生地を採用しており、映像を美しく映し出すことができます。

シンプルなプロジェクタースクリーンのため、 ホームシアター入門者に大人気となっています。

家庭、会社、学校と使う場所選ばないシンプルで汎用性に優れたプロジェクタースクリーン。値段が安いため、とりあえずプロジェクターの映像をキレイに映したいと考えている人は、このプロジェクタースクリーンにしておきましょう。

口コミの評判

・会社の会議用に購入しました。低価格なので少々心配でしたが、まったく問題ありません。専門の業者だと10万円以上しますが、中規模の会議ならこれで不足はないと思います。おすすめです。
・退職後に 映画試写室を造るのが夢でした。素晴らしい製品です。ときどき映画を観るときに 便利です。使わない時は 仕舞いも簡単 お勧めします。
・カーテンレールにS字フックを使って吊り下げて使ってます。白い壁紙に比べると当然きれいです。収納はくるくる巻いて、部屋の隅に置いています。素材は値段の割に、しっかりしていると思います。
・ホームシアター用に購入しました。ロールスクリーンタイプと迷いましたが、設置のしやすさと、値段でこちらを選びました。本体があまり重くないので設置は楽でした

1位:キクチ科学研究所 壁掛け型スクリーン 100型 KPV-100HDW

キクチ科学研究所 壁掛け型スクリーン 100型 KPV-100HDW

キクチ科学研究所の壁掛け型のスクリーンです。

リーズナブルな黒マスクなしの壁書き方スクリーンで、3箇所に設置されている吊り金具で吊り下げて使用します。

シンプルに大画面のビジュアル空間を実現することが可能となっており、誰にでもどんな状況でもスクリーンを設置することができます。

オプションに三脚スタンドがあるため、三脚スタンドを使えば自立式として使うこともできます。

幕面はスタンダードのホワイトマット仕様となっており、投射した映像をギラつきなくクリアに映し出すことができます。

説明が不要なほどシンプルで使いやすいスクリーン。黒マスクがないため、アスペクト比を気にせず使用することができ、家庭からビジネスまで使うことができます。

とりあえず映像を移すことができる無難なプロジェクタースクリーンを探しているならこのプロジェクタースクリーンにしておけば失敗がありません。

口コミの評判

・とても綺麗に映ります。某家電量販店のホームシアターコーナーでオーエスのスクリーンと見比べましたが、こっちのほうが縫い目が細かく素材もいいものを使ってる感じです。ゲインも高く眩しいくらいにプロジェクターの映像を映し出します。
・画質はプロジェクターの性能に左右されるので十分なようですし、この手によく見られる画面のよれもほとんど無く大変満足してます。
・オーエスのスクリーンの方が安いのですが、ロールを丸めると色がオフィス用の雰囲気があり、黒のこちらを選びました。
・値段、軽さ、品質(3D、HD画質)全て満足です。

低価格プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング

ここからは気軽に導入できる低価格プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。映像の美しさ、設置のしやすさ、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

3位:Vamvo 屋外プロジェクタースクリーン 74.4インチ PJS-74.4

Vamvo 屋外プロジェクタースクリーン 74.4インチ PJS-74.4

自立式で屋外にも設置することができるプロジェクタースクリーンです.

屋外のイベントなどに使用するために設計されているプロジェクタースクリーンで、 自立するため場所を選ばずどこでも使用することができます。

設置には3分もかからずスピーディーに組み立てることが可能。準備の手間も必要ありません。

ユニークで強固な構造によって、あたかも壁に固定されているかのような安定性を実現することができます。

素材は軽量で折りたためるコンパクトになるため、簡単に持ち運ぶことができます。セダン車で持ち運べるように設計されているため、自動車に簡単に載せることができます。

低価格ながら自立する機構まで兼ね備えているプロジェクタースクリーン。使う場所を選ばないのが最大の魅力です。

口コミの評判

・サイズが大きく、重量もそれなりにあるので、設置する場合は壁にぴったりくっつける配置になると思います。そうすると、バーもスクリーン部も白色一色なので壁紙に見事に溶け込み、スクリーンと壁紙が一体化する感じになります。なかなか良い。
・移動先でスクリーンを設置する必要があるなら、迷わずこれ!でしょうね。電車でも一人で運べますし。難点は、後ろを広くとることと、高さがとれないこと。
・組み立ても簡単でゴムで繋がってるパイプをはめ込んでいくだけで組み立て出来ました。
・布の生地がとてもよく細かいところまで写る上に、破れることはそうそうありません。

2位:Mileagea プロジェクタースクリーン 72インチ BT008

Mileagea プロジェクタースクリーン 72インチ BT008

非常にシンプルで圧倒的な安さを実現しているプロジェクタースクリーンです。

PVCコンポジット樹脂素材を採用しており、長期間の使用にも耐える耐久性を実現しています。映像をしっかり映し出すため、プロジェクターの性能を引き出すことができます。

スクリーンを固定するための穴がついており、釘、フック、ロープ、粘着テープなどさまざまな方法で設置することが可能。使い勝手に優れています。

使用しない場合には巻いて筒状にすることでコンパクトにすることができます。ケースが付属しているため、使用後にはケースに収納して保管しておくことが可能。持ち運びの際にも便利です。

難しい機能は一切ない非常にシンプルなプロジェクタースクリーン。最大サイズの120インチでも4000円前後という圧倒的なやつさが魅力です。

口コミの評判

・プロジェクター・スクリーンは大画面のものになると高くなりますがこちらはスクリーンとしての機能はそのままにコストをカットしています。折りたたまれていないので折り目が無く使いやすいです。
・設置してしまえばスクリーンとして遜色はありません。投影した画像はしっかりと捉えますし、カーテンなどと違い歪みもなく裏側にも透過しません。コントラストも良くなりなにより白が白として、黒が引き締って見えます。
・布っぽい見た目や質感ですが、プラスチック素材だそうです。やや薄めですが、そこそこ強度はありそう。
・以前使っていた普通のプロジェクタースクリーンとは質感など(光沢の感じとか)が異なりますが、画質をそこまで気にしないなら、これで十分という感じで、少なくとも壁紙に写すよりは良いです。

1位:Mirai-JP スクリーン 100インチ GS-V80

Mirai-JP スクリーン 100インチ GS-V80

持ち運ぶのも簡単なモバイルタイプのマットスクリーンです。

構造を非常にシンプルで、四隅には4つの穴が開いておりさまざまな方法でスクリーンを設置することができます。

本体重量は1.5kg軽量なため、壁や天井から吊るしても大きな負担がかかりません。

スクリーンはマットホワイトで、投写した映像をしっかり映し出すことができます。画面のギラつき抑えて鮮やかな色彩を表現してくれます。

取り付けも取り外しも非常に簡単な貯め、持ち運んで使用することも可能です。自宅、会社、学校などアイデア次第で思い通りの使い方ができます。

とりあえずスクリーンだけあれば、あとはDIYでどうにかするという人向けのプロジェクタースクリーン。とにかく値段が安く試しに買って使ってみることもできるスクリーンです。

高額のプロジェクタースクリーンを購入する前に、試しにこのプロジェクタースクリーンを使ってみるのも賢い方法かもしれません。

口コミの評判

・設置と収納は各自創意工夫の見せ所です。我が家はカーテンレールにS時フックを塩化ビニール配管(一番安かった)に引っ掛かけそこに結束バンドで固定。
・ダイナミックな迫力を表現することをこの価格で実現できる世の中になったのかと驚愕しました。他と比較はしてないですが十分使い物になります。素晴らしい!
・この値段で購入できて、超嬉しかったです。映画鑑賞やパワーポイントのために使っています。特にスマホの映画鑑賞で使うのが一番面白いです。
・スマホと簡単に接続していろんな映画がすぐ見れるので便利です!操作性もよく、画像も綺麗で映ってます!もう映画館に行かなくても大画面で映画が見れて感動です。想像していたより1500ルーメンも十分な明るさでした!またコンパクトで持ち運びに便利です。

まとめ

本格的なホームシアターからちょっとした映画館気分までプロジェクターの使い方はさまざまですが、プロジェクターの本領を発揮させるために欠かせないのがプロジェクタースクリーンです。

プロジェクタースクリーンを設置するだけでプロジェクターの映像のクオリティがワンランクアップします。またスクリーンを設置することでホームシアターの雰囲気を出すこともできます。

自宅でプロジェクターを使う場合にもビジネスでプロジェクターを使う場合にも、プロジェクタースクリーンは必要不可欠です。プロジェクターの力を引き出せるスクリーンを見つけ出しましょう。

プロジェクターに関する記事は以下を参照してください。

プロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 選び方から使い方まで

家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ホームシアター用の選び方から使い方まで

小型ビジネスプロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 会議で役立つ使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, テレビ・レコーダー周辺機器 , , , , , , , , , , , , ,