家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ホームシアター用の選び方から使い方まで

      2018/03/26

人気の家庭用ホームプロジェクター

映画好きなら自宅にホームシアターを設置して大画面で大迫力の映画を楽しみたいものですが、そんな夢のようなホームシアターを気軽に実現できるのが家庭用ホームプロジェクターです。

ところがいざ家庭用ホームプロジェクターを選ぼうと思っても、エプソン、ソニー、LG、BenQなどのメーカーが家庭用ホームプロジェクターを販売しており、選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、誰でも簡単にホームシアターを実現できる家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。ホームシアターに最適なプロジェクターの選び方から使い方までしっかりご説明します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

家庭用ホームプロジェクターとは?

そもそも家庭用ホームプロジェクターとは、どのようなプロジェクターなのでしょうか。ビジネス用プロジェクターやポータブルプロジェクターとどのように違うのでしょうか。

自宅に大画面を映写できるプロジェクター

家庭用ホームプロジェクターは、テレビやモニターでは実現不可能な大画面を自宅に映し出すことができるプロジェクターです。

プロジェクターにはさまざまな種類が存在していますが、大別すると家庭用とビジネス用に分類することができます。さらに持ち運びが簡単な小型のポータブルプロジェクターやモバイルプロジェクターと呼ばれる製品も存在します。

家庭で使用することを前提に設計されているホームプロジェクターは、大きな画面を映し出すことが可能となっています。

100インチ以上の画面を映し出せるのは当たり前で、ホームプロジェクターの中には200インチ以上の大画面を映し出せる製品はあります。

これほどの大きな大画面になると、映像の迫力も圧倒的なものとなり、大作映画などではテレビやモニターでは不可能な没入感を体験することができます。

自宅にいながら映画館のようだ大迫力の映像体験を楽しめるのがホームプロジェクターです。

高画質で映像を映し出せる

ビジネス用プロジェクターは、情報を伝えることがメインとなっているため資料を提示するだけの画質しか備わっていません。

一方ホームプロジェクターは、映像コンテンツの視聴が使用目的のメインとなっているため、画質にこだわった製品が数多く取り揃えられています。

プロジェクターの画質は、解像度と輝度に大きな影響を受けますが、ホームプロジェクターの多くは高解像度かつ高輝度となっており、まるでテレビ画面のような高画質の映像を映し出すことができる製品も多く存在します。

最新型の高性能ホームプロジェクターを使えば、想像以上に高画質の映像を大画面で楽しむことができます。

映画やドラマ、ゲームが別次元の映像に

ホームプロジェクターで最もよく使われるコンテンツが映画です。

展開が早いアクション映画や壮大なスケールで描かれた大作映画などでは、画面サイズが映画の味わいに大きな影響を与えます。大画面で迫力のある映画を見れば、まるで映画の世界に入り込んだかのような視聴体験を楽しむことができます。

最近では、映画のようにクオリティの高いドラマも登場しており、映画同様に大画面で楽しめば一味違ったドラマの楽しみ方ができるようになります。

そして意外と使えるのがゲーム画面としてのプロジェクターです。スリリングでスピーディーなゲームを大画面で楽しめば、これまで以上にゲームの世界に没入してゲームを堪能することができます。

多彩に展開されている映像コンテンツですが、その全てにおいてこれまでにない没入感と迫力を体験できるのがホームプロジェクターです。

テレビ代わりに使用することも可能

映像を映し出すことを前提に設計されているホームプロジェクター。どんな映像も高精細かつ滑らかに映し出すことができるため、ホームプロジェクターを導入した人の中にはテレビ代わりに使用している人も少なくありません。

ホームプロジェクターは、同じ解像度で同じ画面サイズのテレビよりも安い値段で購入することができます。もちろんテレビに比べて画質は劣りますが、テレビでは不可能な大画面を作り出すことができるためテレビの代替として十分に使用することができます。

予算などの関係で大画面のテレビを設置するのが難しい人は、代わりにホームプロジェクターを使ってみるのもいいかもしれません。

画面の設置方法もプロジェクター本体の設置方法も自由自在

ホームプロジェクターは、さまざまな方法で設置できるのも魅力の一つです。

一般的には、台の上にホームプロジェクターを設置してスクリーンに映像を投写します。しかしそれ以外にもプロジェクターで映像を映し出す方法はあります。

本格的なプロジェクターを設置する場合には、天井に吊り下げるという方法があります。天井に金具などでプロジェクターを固定しておけば、プロジェクター本体の設置や光を気にすることなく映写することができます。

またプロジェクターを天井に向けて設置すれば、天井に画面を映し出すことが可能。寝転んだ状態で映像を視聴するというテレビでは不可能な映像体験を楽しむことができます。

光によって画面映し出すプロジェクターは、プロジェクター本体の設置方法も画面の設置方法も自由自在。アイデア次第でこれまでにない使い方が可能となります。

スクリーンがなくても映像を見ることは可能

プロジェクターといえばセットとして語られるのがスクリーン。プロジェクターの画面は基本的にスクリーンに映し出すものとされています。

しかしスクリーンがなくても画面を映し出すことは可能です。白い壁などを利用すれば比較的キレイな画面を映し出すことができます。

また高輝度のホームプロジェクターなら、多少の壁の凹凸も強い光によって消してしまうことができます。

もちろんスクリーンを設置した方が画質は向上しますが、スクリーンがなくても使用できることを知っておきましょう。

スピーカーも高音質

プロジェクターで問題となりやすいのが音質です。

プロジェクターにもスピーカーが搭載されていますが、映像を映し出す機能がメインとなっているプロジェクターは、どうしてもスピーカーの性能がいまいちになりやすい製品です。

特にモバイルプロジェクターなど小型の製品となると、音質どころか音量が小さく搭載されているスピーカーでは音声が聞き取りにくい製品もあります。

しかし映像コンテンツを視聴することを前提に設計されているホームプロジェクターは、プロジェクターの中でもスピーカーに力を入れている製品が多く、比較的音声が聞き取りやすくなっています。

もちろん外付けスピーカーに比べれば音質落ちるため、さらに高音質を求めるなら専用の外付けスピーカーと連携させましょう。

HDMI端子でAV機器だけでなくパソコンやスマートフォンとも接続可能

ホームプロジェクターは多彩な接続端子が用意されており、さまざまなデバイスや周辺機器と接続することが可能となっています。

ほとんどの製品でHDMI端子に対応しているため、ブルーレイプレーヤーやゲーム機から、パソコンやスマートフォンとも接続することが可能となっています。

パソコンやスマートフォンと接続できれば、インターネット上の配信コンテンツも簡単に利用することが可能となり、視聴できる映像コンテンツを大幅に増やすことができます。

幅広い接続端子を兼ね備えているホームプロジェクターは、連携できる機器も多く、あらゆる方法で映像を映し出すことができます。

Wi-Fi機能やBluetooth機能で利便性が高まる

最新型のホームプロジェクターの中にはWi-Fi機能やBluetooth機能を備えた製品も少なくありません。

無線LAN接続が可能となっているホームプロジェクターなら、わざわざコードを接続しなくてもパソコンやスマートフォンでデータを転送することが可能です。

さらに外部スピーカーと接続する場合にも、Bluetooth機能が非常に便利です。

ごちゃごちゃとケーブルを接続しなくても、スマートにホームプロジェクターと各デバイスを接続できるため、使いやすさと設置の自由度を高めることができます。

プロジェクタースクリーンがあると便利

プロジェクターは、投写するための装置であり実際に映像を映し出すためにはプロジェクタースクリーンが必要になります。

もちろんプロジェクタースクリーンがなくても映像自体は出力可能で、白い壁、白い紙、白い布などをプロジェクタースクリーンの代用にすることも可能です。

ただしスクリーンの性能が低ければプロジェクターの本領を発揮することは不可能。どうせプロジェクターを購入するなら、安いものでもいいのセットでプロジェクタースクリーンを揃えておくようにしましょう。

プロジェクタースクリーンにはホームシアター向けの製品からビジネス向けの製品まで数多くあり、用途に合わせて最適なプロジェクタースクリーンを見つけ出すのは比較的簡単です。

プロジェクタースクリーンの代用品はたくさんありますが、安いプロジェクタースクリーンなら3000円前後で手に入れることができるため、難しいことを考えずにプロジェクタースクリーンを買ってしまうことをオススメします。

プロジェクタースクリーンに関する記事は以下を参照してください。

プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 サイズの選び方から自作や設置方法まで

プロジェクターの使い方

プロジェクターはどのようにして使うのでしょうか。初めての人で分かるプロジェクターの使い方を見ていきましょう。

プロジェクターの準備方法

1.プロジェクター本体に電源を接続する
2.パソコンやスマートフォンを対応するケーブルでプロジェクターに接続する
3.プロジェクターを操作してパソコンやスマートフォンの映像信号をプロジェクターに認識させる
4.プロジェクターを操作して映像をスクリーンに映し出す
5.パソコンの設定でプロジェクターの映り具合を調整する

プロジェクターを使用する時には、デバイスが対応しているかチェックしておく必要があります。また接続端子やケーブルが間違っていると対応しているデバイスであってもうまく機能しない場合があります。注意しましょう。

デバイスが対応しており接続端子を間違っていなければ、ほとんどのプロジェクターはデバイスと接続してちょっとした設定を行うだけで簡単に映像を映し出すことができます。製品によって設定方法は異なるため取扱説明書をしっかりと確認しておきましょう。

プロジェクターでスクリーンに映像を表示する方法

1.プロジェクターのレンズとスクリーンの中心点を合わせる
2.プロジェクターを水平に設置する
3.高さが合わない場合にはプロジェクターの高さを調節する
4.映し出された映像とスクリーンが最適な大きさになるようにプロジェクターを前後させる
5.ピントが合わない場合にはレンズを調節する
6.映像に傾きが発生しないように傾き調整を行う

プロジェクターが映し出す映像の大きさや位置は、プロジェクターの設置場所によって変わります。そのため映像の大きさや位置が最適になるように、プロジェクター本体を動かすようにしましょう。

美しい映像を映し出すためにはプロジェクターの配置が重要になるため、専用の台を設置したり三脚を使ってプロジェクターを安定させるようにしましょう。

プロジェクターとAV機器を接続する方法

1.HDMIケーブルでプロジェクターとAV機器をつなぐ
2.コンポーネント端子を使用する場合には、対応する映像と音声のケーブルをそれぞれにつなぐ

AV機器とプロジェクターをつなげば、録画しておいた映画などもプロジェクターで視聴することができます。

AV機器とプロジェクターの接続方法は非常に簡単です。映像と音声の信号を出力できるHDMI端子を使用すれば、HDMIケーブル1本をAV機器とプロジェクターにつなぐことで接続することができます。

コンポーネント端子を使う場合には、それぞれ対応するケーブルを対応する端子に接続すればAV機器とプロジェクターをつなぐことができます。コンポーネント端子は、ケーブルの数が増えるもののそれほど難しいものではありません。

プロジェクターとスマートフォンを接続する方法

1.USB端子とHDMI端子の変換コネクターを用意する
2.スマートフォンのケーブルを変換コネクターに接続する
3.プロジェクターのHDMI端子にケーブルを接続する

スマートフォンの画面をプロジェクターで映したいと考えている人は多いですが、プロジェクターにUSB端子が対応していることでスマートフォンとプロジェクターをUSBで接続してしまう失敗をする人が少なくありません。

プロジェクターにもよりますが、基本的にスマートフォンの映像と音声の信号をプロジェクターに出力するためにはHDMI端子に接続する必要があります。

そのためHDMI端子に変換できるコネクターが必要となります。スマートフォンの画面をプロジェクターでうまく映し出せない場合には、HDMI変換コネクターを準備して試してみてください。

プロジェクターのランプの交換方法

1.プロジェクターのカバーを取り外す
2.ランプを取り外す
3.新しいランプと交換する
4.プロジェクターのカバーを取り付けて動作確認する

プロジェクターの中には、ランプを交換できる製品もあります。ランプが交換できる製品はランプが切れても、ランプを交換することで続けて使用することができます。

ランプ交換は、製品によって手順が異なるため各プロジェクターの取扱説明書をしっかり確認してランプ交換作業を行ってください。

プロジェクターを天井に吊り下げる方法

1.プロジェクターを設置するポイントを決める
2.下地で補強されている位置に専用の天吊り金具を設置する
3.ネジなどで天吊り金具が設置できれば天吊り金具にプロジェクターを設置する
4.プロジェクターの角度を調整して固定する
5.プロジェクターの電源コードなどを接続する

プロジェクターを天井に吊り下げる場合には、専用の固定装置を利用しましょう。

プロジェクターと固定装置はそれなりの重量があるため、しっかりとした下地がある天井でなければ落下の可能性があり大変危険です。設置の際には十分に注意しましょう。

またプロジェクターの設置位置は、映像を投影できるだけでなく配線のことまで考えて決めましょう。

プロジェクターを壁に設置する方法

1.プロジェクターを設置するポイントを決める
2.下地で補強されている位置に専用の金具を設置する
3.ネジなどで金具が設置できれば金具にプロジェクターを設置する
4.プロジェクターの角度を調整して固定する
5.プロジェクターの電源コードなどを接続する

基本的には天井に設置する場合と同じです。しっかりと強度が確保できる壁に設置するようにしましょう。

ラックで疑似的に天井吊り下げを実現する方法

1.プロジェクターを設置するラックを用意する
2.天吊り金具をラックに設置する
3.プロジェクターを天吊り金具に設置する
4.プロジェクターの角度を調整して固定する
5.プロジェクターの電源コードなどを接続する

賃貸物件などでは、天井や壁に天吊り金具を設置するのが難しい場合があります。そんなときにはラックを代用してみましょう。

基本的には天井に設置する方法と同じですが、ラックを使えば移動が簡単で設置場所も比較的自由に選ぶことができます。

身の回りにある物をうまく利用して、プロジェクターを使いやすいように設置しましょう。

プロジェクターで天井に画面を映す方法

1.プロジェクターに必要となるコードを接続する
2.プロジェクターを天井に向けて設置する
3.プロジェクターの画面調整で四角くキレイに画面が映るように調整する

プロジェクターを天井に向ければ、比較的簡単に画面を天井に映すことができます。

天井に画面を映す場合、画面の角度調整が必要となることがほとんどです。自動台形補正機能を搭載しているプロジェクターを使えば、簡単に調整することができます。

プロジェクターの選び方のポイント

プロジェクターを選ぶうえで、具体的にどのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。プロジェクターの選び方のポイントを見ていきましょう。

用途

プロジェクターを選ぶときには、用途に合わせた製品を選ぶことが極めて重要になります。

プロジェクターを大別すると家庭用とビジネス用に分類することができますが、それぞれに求められる性能や機能は異なります。

家庭用プロジェクターは、映像コンテンツを楽しむことが基本となります。そのためより高解像度、アスペクト比は16:9、高コントラストなどの要素を兼ね備えたプロジェクターが向いています。また設置場所によってはケーブルの接続が難しい場合がありますが、そんなときには無線LAN機能があると非常に便利です。

ビジネス用プロジェクターは、映し出した資料を明確に表示することが重要となります。そのため輝度が重要となり、大画面にしても見えやすい2500ルーメン以上あると使い勝手が良くなります。またパソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスで出力することが想定されるため、対応する端子もできるだけ豊富な方が使いやすくなります。

ただしプロジェクターで映像を映し出す環境によっても必要となる性能や機能は変わるため、一概に決めることはできません。

プロジェクターは使う環境や用途によって最適な製品が変わります。必ず想定した用途に対応している性能と機能を兼ね備えたプロジェクターを選ぶようにしましょう。

解像度

プロジェクターもテレビやモニターと同じように解像度が存在します。ハイビジョン、フルハイビジョン、4Kなどの解像度に対応した製品があり、解像度が高ければ高いほどより鮮明な映像を楽しむことができます。

プロジェクターの解像度は以下の通りになっています。

VGA:640×480
SVGA:800×600
WXGA:1280×800
SXGA(ハイビジョン):1280×1024
WUXGA(フルハイビジョン):1920×1200
4K:3840×2160

映像コンテンツを視聴する目的でプロジェクターを使用するなら、できるだけ高解像度の製品を選ぶことをオススメします。

ホームプロジェクターは映画やゲームを楽しむことがほとんどとなるため、解像度には十分に吟味してください。

プロジェクターの種類

プロジェクターは、映像を映し出すための方式によって主に3つの種類に分けることができます。それぞれ液晶プロジェクター、DLPプロジェクター、LCOSプロジェクターとなっています。

液晶(LCD)プロジェクター

液晶パネルを内蔵し、放電光を利用した非常に明るい光源ランプからの光を透過させ、さらにレンズを使ってスクリーン上に拡大投射する方式です。

多彩な色を表現することができ、明るい映像を映し出すことができます。一方で黒の表現を苦手としています。

DLPプロジェクター

マイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射した映像を投射する方式です。

色の再現性に優れており、非常に高いコントラスト比を実現することが可能。さらに画素格子が目立たず、高画質の映像を映し出すことができます。

LCOSプロジェクター

反射型液晶というパネルを使用することで映像を映し出す方式です。

高画質、高解像度、高コントラストを実現することができ、ハイグレードエンドモデルのプロジェクターに使用されることの多い方式で、小型化が難しいため大きなサイズの製品が多くなっています。

各種類によってメリットとデメリットがあるため、プロジェクターの種類で選ぶべき製品を決めましょう。

輝度(ルーメン)

映像の明るさを決定付けるのが輝度です。

輝度を表すのは明るさを表現するルーメンという単位で、ルーメンが高いほど明るい画面となり、くっきりとした映像を映し出すことができます。

暗い部屋では画面が暗くても映像を見ることができますが、明るい部屋で画面を見る場合には高輝度のプロジェクターでなければ画面が見えなくなってしまいます。

また画面サイズが大きくなると、輝度が低いプロジェクターでは画面全体が暗くなり非常に見にくくなってしまいます。そのため大画面で映像を映したい場合にも高輝度が必要不可欠となります。

家庭用のプロジェクターなら、画面サイズがそれほど大きくないため1000ルーメンから2000ルーメン程度あれば問題なく使用することができます。

ビジネス用のプロジェクターなら、大画面で映し出すことも多いため2500ルーメン以上の製品が推奨されます。

ただしホームプロジェクターであっても、昼間であればカーテンを閉めても真っ暗な部屋にするのは難しく、また暗ければホームプロジェクターを使用している最中に部屋の中を動くのが危険になります。幼い子どもがいる場合などには、ある程度の明るさの中でも映像をくっきりと見られる方が利便性が高まります。

そのためホームプロジェクターであっても明るい部屋で使用されることが想定されるなら、できるだけ輝度を優先した高輝度の製品を選びましょう。

画面の最小サイズと最大サイズ

プロジェクターが表示できる画面サイズには幅があります。それぞれのプロジェクターで画面の最小サイズと最大サイズが決められています。

どの程度の大きさの画面サイズで映像を表示したいかによって選ぶべきプロジェクターは変わります。希望する画面サイズの表示が可能なプロジェクターを選びましょう。

どうせホームシアターを楽しむなら、できるだけ大画面にしたいもの。スクリーンのサイズとの兼ね合いもありますが、120インチ以上の大画面を映し出せるホームプロジェクターを選ぶことをオススメします。

投射距離

プロジェクターの画面サイズは投射距離によって調整します。そのため投射距離もしっかりチェックしておく必要があります。

広い部屋でプロジェクターを使うなら投射距離を自由に変更することも簡単ですが、狭い部屋やプロジェクターを設置できる位置が限られている場合には最短投射距離が短いプロジェクターの方が使い勝手が良くなります。

自宅に設置されるホームプロジェクターは、設置できる場所が物理的に限定されるため、想定以上に投射距離が短くなる場合があります。必ずホームプロジェクターの設置予定ポイントから投射距離を想定して、想定内の投射距離で使えるホームプロジェクターを見つけましょう。

プロジェクターを使う部屋やプロジェクターの設置方法によりますが、広い部屋で使用できないならできるだけ投射距離が短いプロジェクターを選ぶようにしましょう。

アスペクト比

アスペクト比とは、画面の縦と横の比率のことです。

現在では16:9が標準の規格となっているため、映画などの映像コンテンツを視聴するなら16:9のアスペクト比のプロジェクターを選ぶようにしましょう。

ただしビジネス用など、ただ画面を映し出すだけのも目的なら従来規格である4:3でも問題ありません。

使用方法に応じて最適なアスペクト比の製品を選ぶことが大切ですが、16:9の製品を選んでおけば間違いありません。優先的に16:9のアスペクト比のプロジェクターを選びましょう。

タイプと電源方式

プロジェクターには大きく分けて据え置き型とモバイル型の2種類の製品があり、電源方式もそれぞれ異なります。

据え置き型のプロジェクターは電源コード式となっており、コードにつないで使用します。

一方のモバイル型のプロジェクターは充電バッテリー式となっており、コンセントがなくても場所を選ばず使用することができます。

使用する場所が決まっているなら据え置き型、持ち運びを前提としているならモバイル型の製品を選ぶようにしましょう。

本体サイズ

プロジェクターには据え置き型とモバイル型があることを説明しましたが、本体サイズも製品によって大きく異なります。

据え置き型の製品は本体サイズが大きく、一方のモバイル型の製品は本体サイズが小さくなっています。

また据え置き型の製品であっても、高性能かつ高機能な製品は本体サイズが大きくなる傾向にあります。

設置するスペースや持ち運んで使用するかによって、使いやすいサイズのプロジェクターを見つけましょう。

対応する端子

対応する端子が多ければ多いほど、汎用性が高まるのがプロジェクターです。

基本的にはHDMI端子があればAV機器、パソコン、スマートフォンなどで使用することができますが、さらに利便性や汎用性を高めたいならさまざまな規格の端子を装備しているプロジェクターを選びましょう。

無線通信機能が搭載されているプロジェクターなら、ケーブルを接続しなくても通信機器と連携させることができます。

プロジェクターとデバイスをどのようにして接続するのかを念頭においたプロジェクター選びが重要になります。

静音性

プロジェクターを選ぶときに意外と見落としがちなのが静音性です。

プロジェクターを使用すると稼働音が発生しますが、稼働音が大きいと映像の邪魔になることがあります。

プロジェクターは設置する位置が限られているため、映像を見るポイントの近くにプロジェクターが配置されることもあります。映像に集中していても真横で「ウィーン」という音が鳴っていると、映像の世界に入り込めなくなります。

そのためプロジェクターを選ぶときには、稼働音ができるだけ小さな製品を選ぶようにしましょう。静音性については使ってみなければ分からない部分もあるため、口コミの評価を参考にするのもいいでしょう。

価格

ホームプロジェクターは、性能や機能によって値段が大きく異なり、1万円のプロジェクターから100万円を超えるようなプロジェクターまで存在します。

選ぶべきホームプロジェクターは、求める性能や機能によって決定するべきであり、値段に関してはそれほど気にする必要はありません。

予算をできるだけ抑えたいと考えるのは自然なことですが、安くても使い勝手の悪いプロジェクターを選んでは意味がありません。値段のことは置いておいて、用途に応じて最適なプロジェクターを選ぶことを重視しましょう。

家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキング

ここからは自宅を映画館に変えることができる家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

10位:LG LEDポータブルプロジェクター PH550G

LG LEDポータブルプロジェクター PH550G

LGのどこでも使える利便性の高いポータブルプロジェクターです。

本体重量は650gと非常に軽量で持ち運びや設置が簡単に行えます。常時設置せず使用したいときだけ設置するプロジェクターとしては最適です。

解像度はハイビジョン相当となっており、輝度は550ルーメンとポータブルプロジェクターとしては高輝度となっています。そのため高画質で映像コンテンツを楽しむことができます。

画面サイズは最大100インチとなっており、テレビでは実現不可能な大きな画面を映し出すことができます。

無線LAN機能を搭載しておりパソコンやスマートフォンと連携することも可能。さらにBluetooth機能によって外部スピーカーとも接続できるため、迫力あるサウンドでより一層高い没入感を実現することができます。

内蔵のリチウムイオンバッテリーによって、電源コードをつながなくても最大2.5時間の使用が可能です。コンセントが確保できない場所でも使用することができます。

場所を選ばずどこにでも設置できて手軽に大画面で映像を楽しむことができる使い勝手の良いポータブルプロジェクター。本格的なホームプロジェクターに比べて画質は劣るものの、利便性が高く準備や片付けを簡単に行えるのが最大の魅力です。

口コミの評判

・手軽さと使い勝手の良さは仕事用にも家庭用にもマッチします。600グラム少々というのは、スマホ2台ちょいくらいですから、仕事の鞄にも遊び用のショルダーでも気軽に持ち出せます。
・明るさも必要にして十分。コントラストもはっきりしており、蛍光灯の部屋くらいならばバッテリー駆動で1メートルくらい離して50インチ相当の大きさで十分映画鑑賞できるレベル。
・お値段もお安いですし、気軽に手を出してもいい商品だと思います。
・小型なので、ミニ三脚と組み合わせて使えば、万能だと思います。マイク端子にJBL PEBBLESをつなぎ、USB端子から給電もできるので、本体のスピーカーに不安がある人も安心です。

9位:SK Telecom 超小型レーザープロジェクター Smart Beam Laser LB-UH6CB

SK Telecom 超小型レーザープロジェクター Smart Beam Laser LB-UH6CB

立方体のユニークなデザインが特徴的な超小型のレーザープロジェクターです。

重量195gと軽量なプロジェクターで、手のひらにスッポリ収まるサイズのコンパクトさを実現しています。

本体は立方体というユニークなデザインとなっていますが、その実力も十分。世界最大の家電見本市「CES」ではイノベーションアワード受賞しています。

最大100円の画面を投影することが可能になっており、輝度は100ルーメンあるため鮮明にくっきりとした映像を映し出すことができます。

解像度もハイビジョン相当となっており、映像の細かな部分までしっかり描写することができます。

また使いやすさにもこだわっており、フォーカスフリーのためどこに置いても映像のピントがピタリと合います。面倒だったピント合わせもこのプロジェクトはなら不要です。

Wi-Fi機能を搭載しておりスマートフォンやパソコンと連携して使うことができます。また市販のHDMIケーブルを使えばHDDレコーダーやビデオカメラなどの機器とも接続することができます。

コンパクトで持ち運びが容易なため使う場所を選ばないプロジェクター。デザイン性にも優れており部屋に置いておいてもインテリアとして機能します。

ひたすら画質にこだわった本格的なプロジェクターではなく、さまざまな用途で使える遊べるプロジェクターを探している人にはオススメの1台です。

口コミの評判

・超小型なのに安心して使えます。スマホと一緒に使っています。海外旅行で撮影した写真を友人数人に一度に見てもらえたり、寝室の壁に映画を映してみたり、重宝してます。
・持ち運びに便利です。居酒屋で、少人数での飲みながら、プレゼンに使いました!
・昼間、カーテンを閉めずに電気を消した状態で1.5mほど離した所から投影した感じだと、普通に白地に黒、くらいのパワーポイント資料だと難なく読めるくらいの明るさ。予想外に実用性があり、驚きました。
・小型で手軽に使えてGood。映画観る画質としても、そこそこでよいですね。

8位:エプソン ホームプロジェクター dreamio EH-TW5650

エプソン ホームプロジェクター dreamio EH-TW5650

エプソンのホームシアターにうってつけなホームプロジェクターです。

画質にこだわっているプロジェクターで、フルハイビジョン相当の解像度に2500ルーメンの高輝度を併せ持つ製品で、非常に美しい映像を映し出すことができます。

高コントラストで60000:1というコントラスト比によってメリハリのある美しい映像を表現できます。

タテレンズシフト、タテヨコ台形補正機能、1.6倍ズームレンズによって投写画面の調整が非常に簡単です。時間をかけずスムーズに映像を映し出すことが可能となります。

無線LANを内蔵しており、パソコンやスマートフォンといった機器を利用することが可能。連携が非常に簡単でインターネット上に配信されている映像コンテンツも思う存分楽しむことができます。

Bluetooth接続が可能でスピーカーやヘッドホンと無線接続は可能。ホームプロジェクターの弱点となるオーディオ機能もしっかりと補うことができます。

HDMI端子が2系統用意されており、複数の機器と接続することが可能です。ブルーレイプレイヤーやゲーム機なども接続して使用することができます。

ビジュアルグランプリ2018で映像音響部会の金賞にも輝いている本格派の超高性能プロジェクター。ホームシアターを実現するためにホームプロジェクターを探している人には最適な製品です。10万円前後と高額ですが、これさえあれば自宅が映画館に早変わりします。

口コミの評判

・明るいところで見るのであれば差はあるかもしれませんが5650もフルHDに対応していますし十分に美しい映像の迫力を味わうことができました。
・高価な買い物でしたが、映りも特にがっかりするようなこともなく、毎日テレビ代わりに使っています。100インチのテレビを買うと思えば、安い買い物かもしれません。
・初めてプロジェクターつけました。4ヶ月立ちますが今のところ問題ありません。明るさはちょうどいいと思います。映像は凄く綺麗です。
・明るさはテレビには及ばないものの鮮明さはほぼ同じだと思います。

7位:LG レーザー超短焦点プロジェクター HF85JG

LG レーザー超短焦点プロジェクター HF85JG

スクリーンからわずかな距離に設置することができる超短焦点のプロジェクターです。

一般的なプロジェクターは、ある程度、スクリーンから離さなければ映像を映し出すことができません。ところがこのプロジェクターはスクリーンの真下に設置しても美しい映像を投写することができます。

90インチの画面で壁から8㎝、120インチの大画面でも壁からわずか20cmに設置することが可能。壁際にプロジェクターを置いて映像を楽しむことができるため、これまでのようにプロジェクターの配置に悩む必要もありません。

フルハイビジョンに相当する高解像度と1500ルーメンという輝度によってくっきりと美しい映像を映し出すことができます。また150000:1という高コントラスト比によって120インチの大画面でも高精細な映像を楽しむことができます。

Web OSを搭載しており、さらにマジックリモコンが付属しているため直感的な操作が可能。子どもからお年寄りまで誰でも簡単に扱うことができます。

無線LAN機能を搭載しているためスマートフォンやタブレット、パソコンともスムーズに連携することが可能。面倒なケーブル接続なしで迫力ある映像や音声を手軽に楽しむことができます。

さらにBluetooth接続に対応しているため、スピーカーやヘッドホンといった音声デバイスとも接続することができます。プロジェクターは音響面が弱点となりやすいですが、専用スピーカーを使うことで迫力あるサウンドを楽しむことができます。

4コーナー台形補正機能を搭載しており、画面の歪みもスムーズに解消することができます。

これまでにない壁際配置を実現することができる超高性能なプロジェクター。ホームシアターが欲しいもののプロジェクターの配置が問題となって導入できない人は、このプロジェクターしかありません。

口コミの評判

・まず静音性に驚かされました…通常で少し聴こえる程度、ECOモードなら起動してるかわからない位に静かです。
・超短焦点ってすごい!この距離でこの大きさ!買ってよかったです。明るさも壁からほとんど離さないので問題ありません。スプラトゥーンを窓から遠い方の壁に投影して遊んでおり若干薄くなりますが日中でもできます。
・スマホと接続して画面を映し出すことも簡単にできます。私の場合は途切れるとかなく普通につかえました、便利です。音は貧弱なので何かしらの外部スピーカー接続は必須ですね。
・超単焦点だから置き場所に困りません。操作性も簡単で、大画面を楽しんでます。

6位:Exquizon プロジェクター CL760

Exquizon プロジェクター CL760

高解像度かつ高輝度で圧倒的な画質を実現できるプロジェクターです。

フルハイビジョン相当の高解像度に対応しており、さらに最新のLEDランプ投写技術を採用したことで3300ルーメンの明るさを実現しています。高解像度と高輝度によって非常に美しい映像を映し出すことができ、ホームプロジェクターとしてうってつけです。

コントラスト比は2000:1となっており、鮮やかな映像をクリアに映し出すことができます。

画面サイズは35インチ~260インチまで出力することが可能で、一般的なホームプロジェクターよりもさらに大画面で映像を楽しむことができます。

Wi-Fi機能を備えているため、スマートフォンやパソコンとも連携しやすく、ネット上で配信されている映像コンテンツを簡単に映し出すことができます。HDMIやUSBにも対応できるため、さまざまな方法で映像を表示することができます。

大音量のスピーカーを備えており、映画鑑賞でも十分な音量を確保することができます。さらに音質を高めたければ、外部スピーカーと接続することで音質を確保することもできます。

台形補正機能を備えており、画面を四角く映し出すことができます。

高精細の映像を映し出すことができるプロジェクターで、2万円前後と低価格のため大人気となっています。コストパフォーマンスを重視するならこのプロジェクターがオススメです。

口コミの評判

・以前もっと安価でコンパクトなものを買いましたが、明るさが物足りず、、、こちらはとても明るく、多少の明るさでも大丈夫です!子供たちがとても大喜びで使っています!
・機能面ですが、今回は昼間に部屋のカーテンを閉めて使用しました。商品詳細にあるとおり3200ルーメンの高輝度のお陰でハッキリと投影できました。色に関しましてもプリセットが幾つか選べたり、自分でカスタム調整ができます。発色も良い印象を持ちました。
・SDに入れた画像、動画、音楽が本体のUSBに差し込むだけで、リモコンで再生、停止、拡大、縮小、スロー、コマ送り、リピートなどの操作ができる
・最近はAndroidベースのプロジェクターなどもあり、単体でネット動画が再生できたり、(スマホの映像を映せる)ミラーリング機能が使えたりしますが、これは、機能的にはいたって普通のプロジェクターで、インターフェースもシンプルです。シンプルなインターフェースのため、操作性は良好です。

5位:ソニー プロジェクター LSPX-P1

ソニー プロジェクター LSPX-P1

ソニーの超短焦点のスピーカーを内蔵したポータブルプロジェクターです。

置くだけで簡単に壁やテーブルなどさまざまな場所に大画面を出してるプロジェクターで、ポータブルタイプのため使い勝手は抜群です。

手のひらサイズながら最大80インチの画面を映し出すことが可能となっており、手軽に大画面で映像コンテンツを楽しむことができます。

ブルーレイレコーダーとワイヤレスユニットを使えばテレビ代わりに使用することも可能です。

小型ながらバッテリーとスピーカーを内蔵しており、ワイヤレスユニットとつなぐことでスマートフォンをリモコン代わりに使用することもできます。

HDMI端子にも対応しているため、Wi-Fi機能以外でも映像コンテンツを使用することができます。

プロジェクターといえば映像を映し出すものですが、とけいや天気などを表示したり、画像をポスターのように映し出して楽しむこともできます。プロジェクター自体がシンプルで空間に溶け込むデザインのため、インテリアの一部として使用することもできます。

壁際に設置して使用する珍しいタイプのポータブルプロジェクター。シンプルでスタイリッシュなプロジェクターの使い方を試したいなら、このプロジェクターを使ってみましょう。

口コミの評判

・ただのプロジェクターなのに、何だか生活が楽しくなる魅力に溢れた製品です。届いて一日目ですが、「どこに置こうか」「どんな風に使おうか」と考えを巡らせるだけでワクワクしてきます。
・使い方もシンプルで、本体にはボタンが一つしかありません。操作はスマホから行うのですが、それもシンプルにまとめられていて初めてでも迷うことはありませんでした。性能としてはコンパクトな本体から想像できないほど明るさもかなりのもので映像もクリアですが、暗い色のテーブルや壁・床などにはあまきれいに映らないので、明るく白っぽい平面に映すのが理想的です。
・色の綺麗さ、光の量ともに十分です。部屋は暗いほうが勿論綺麗ですが、ある程度明るくても大丈夫ですね。
・パソコン、テレビ、スマホのコンテンツをワイヤレスに写せるので、寝るときにベッドに寝転んだ状態で天井に映し、映画を見つつそのまま入眠、という毎日です。

4位:エプソン プロジェクター EB-U42

エプソン プロジェクター EB-U42

エプソンのプロジェクターの基本性能を追求した高性能プロジェクターです。

プロジェクターに求められる機能しっかりと押さえているプロジェクターで、ホームシアター用のプロジェクターに最適な製品となっています。

解像度はフルハイビジョン相当で高精細な映像を作り出すことが可能。さらに3600ルーメンという高輝度によって、明るい部屋でもくっきりと映像を映し出すことができます。解像度と輝度によって、圧倒的な高画質を実現することができます。

3 LCD方式によって明るいカラー表示と高い色再現性を実現しています。高精細なだけでなく色鮮やかな映像を表現することができます。

画面サイズは最大300型に対応しており、部屋の壁一面をスクリーンにすることも可能です。

ピタッと補正機能とスライド式ヨコ台形補正機能を搭載。2つの補正機能によって画面をすばやく四角く表示することが可能で、セッティングの手間を省くことができます。

無線LANを標準装備しており、パソコンやスマートフォンとの連携も簡単です。インターネット上のコンテンツも心ゆくまで堪能することができます。

使い勝手を考えた機能に加えて圧倒的な高さの基本性能を備えているプロジェクター。質実剛健な製品でホームシアターには十分な高画質の映像を映し出すことができます。

10万円前後の価格となっているためためらう人も多いでしょうが、大画面の高画質テレビを購入することを考えれば安い買い物と言えるかもしれません。

口コミの評判

・なんじゃこれ!!! う、う、美しい!! 次元が違う・・・。隅々まで鮮明でコントラストが豊かでカラーも明るくきれい・・・。こんなに違うのか・・・もう、戻れない・・。
・部屋の照明を点けたままでもバッチリ見えます。100インチのスクリーンも同時に購入しました。
・家庭でホームシアターとして使う目的であれば1万円、2万円の安物を買うより多少値は張ってもlmと合わせてコントラスト比の高いものをお勧めします。
・LED光源ではないのに冷却ファンの音も聞こえないくらい小さいし、各種設定値の調整幅も大きいので自分好みに細かく設定出来る。

3位:ELEPHAS プロジェクター CL-760

ELEPHAS プロジェクター CL-760

コストパフォーマンス重視の人にピッタリな低価格プロジェクターです。

フルハイビジョン相当の解像度に対応しており、さらに3300ルーメンの機能を備えています。プロジェクターにとって画質を決定付ける解像度と輝度に優れているため高画質な映像を映し出すことができます。

画面サイズは最大180インチまで大きくできるため、大画面で映像を楽しむことができます。圧倒的な迫力を演出できるため、映画やスポーツ観戦にも最適です。

USB、SD、HDMIなど多彩なインターフェイスに対応しており、ブルーレイプレーヤーやゲーム機などでも使用することが可能です。

反転機能が搭載されているため、さまざまな方法で設置することが可能。天井に吊り下げて映像を映すこともできます。

最新の冷却システムを搭載したことで、ファンを最小限に抑えることが可能となりました。稼働音が小さいため、映像を視聴中にプロジェクターの稼働音が気になることもありません。

2万円前後と低価格ながら基本的な性能と機能はしっかり押さえられているコストパフォーマンス抜群のプロジェクター。性能と価格のバランスが良いため、値段を抑えつつそれなりのプロジェクターを探している人にはオススメです。

口コミの評判

・普通の液晶テレビなんかと比べてしまうとやはり画質は落ちますが、画面が大きいので想定内だと思います。部屋が明るい時は見にくかったです。
・2台目のプロジェクターですが、3300lmのLEDランプに1280×800の高解像度は、とにかく明るくて鮮明ですね。今回は、付属のHDMIケーブルでパソコンと繋いでみましたが、色が綺麗に出てましたね。
・やっと憧れのホームプロジェクターを買いました。自宅で映画館のように観れるのに憧れていました。感想ですが、とても満足です。笑 まず、思っていたより操作が簡単です。配線等もかなり単純で誰にでもできると思います。繋げたらすぐに観れるので楽ですね。
・仕事でも使えますし家族で映画を見るときなんかにも使えます!!本当に感謝いたしております!!

2位:BenQ プロジェクター HT2150ST

BenQ プロジェクター HT2150ST

BenQの狭いスペースでも大画面を投写することができるプロジェクターです。

1.5mの距離で100インチの大画面を映し出すことができるため、プロジェクターの設置場所が限られる自宅でも思い通りの画面サイズを映し出すことが可能。ホームプロジェクターに最適な単焦点は魅力です。

さらに画面サイズは最大300インチまで拡大することが可能。圧倒的な大画面で迫力のある映像を楽しむこともできます。

解像度はフルハイビジョン相当に対応しており、2200ルーメンの高輝度によってくっきりと映像を表示することができます。

映像コンテンツはもちろんゲームを大画面で楽しむ何も向いており、ゲームのための応答性を備えているだけでなく、動きのブレを抑えた映像をスムーズに投写することができます。アクションゲームなども遅延なく楽しむことができます。

音響が問題になりやすいプロジェクターですか、10W×2のチャンバー型スピーカーを搭載。重低音の品質も向上しており、映画館さながらの迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

入力端子はUSBやHDMIを搭載しており、あらゆる機器と接続することが可能です。パソコンやスマートフォンはもちろんのことブルーレイプレーヤーやゲーム機も接続することができます。

ホームシアターのためのホームプロジェクターには最適な製品。映像コンテンツだけでなくゲームも楽しむことができるため、幅広い使い方ができます。ゲームが好きな人はこのプロジェクターを選んでおきましょう。プロジェクターを使用する機会が格段に増えます。

口コミの評判

・DVD映画、ゲームの再現はシャープで満足。欲を言えば、輝度がもう少し大きくしてほしい。部屋を暗室化しなければならない。
・初めてのプロジェクターでしたが間違いありませんでした。壁に映してもかなり綺麗です。スクリーンで見ればもっと綺麗なんでしょうね~。輝度に関しては暗闇で使用するので問題ありません。
・ゲームモード搭載プロジェクターということでコレ1択でしたが、液晶テレビと遜色ない画質・応答性で快適なプレイができます。
・映像が綺麗です!六畳の自分の部屋で使用していますが大きく迫力のある映像を楽しめています。遮光カーテンでないので昼間は明るい部屋ですが、くっきりと投影されるので休みの昼間も好きなアーティストのLive映像を観賞しています!

1位:エプソン プロジェクター EB-S05

エプソン プロジェクター EB-S05

エプソンの性能と価格のバランスが抜群の初めてのホームシアターに最適なプロジェクターです。

高輝度かつ高解像度によって美しい映像を映し出すことができます。コントラスト比は15000:1でメリハリのある鮮やかな映像を表現します。

画面サイズは30インチ~300インチまで対応しており、多くの家庭で満足できる画面サイズを選ぶことができます。

使いやすさを決定する補正機能も搭載。ピタッと補正機能とスライド式ヨコ台形補正機能によって、画面をキレイな四角に表示することは可能。すばやく映像を表示できるため手軽に使うことができます。

オプションで無線LANに対応することも可能で、パソコンやスマートフォンともスムーズに連携することができます。インターネット上の配信コンテンツも思う存分楽しむことができます。

2Wスピーカーを搭載しているため、音量も確保することができます。登場人物のセリフもしっかり聞き取ることができ、映像の世界に入り込むことができます。

基本的な性能と機能をしっかり押さえており、さまざまな用途に対応できるプロジェクター。大人気のエプソンのプロジェクターながら値段が比較的安いため初めてのプロジェクターにはピッタリな1台。

ホームシアター用に適当なプロジェクターを探しているなら、まずはこのプロジェクターから始めてみましょう。

口コミの評判

・こちらのタイプは新たにHDMI入力端子が配置されています。これは接続が簡単で便利です。
・早速、家の白壁で使ってみましたが会社のものとは明るさが明らかに違い、周囲が明るいままでも充分きれいに見えます。これまで「暗くしてみるもの」と思っていたのですが、その概念が吹き飛びました。また、作動音もほとんど聞こえないです。
・明るい。日中でもカーテンを閉めないで使用できます。音も静か ファンの音が気になりません。文字も見やすい。
・コンパクト。ピント調整はレバーで簡単。高さ調整もレバーで簡単。

低価格家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキング

ここからは手軽に大画面で迫力のある映像を楽しめる低価格家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:DBPOWER ミニプロジェクター T2

DBPOWER ミニプロジェクター T2

DBPOWERのスマートフォンを直接接続できるミニプロジェクターです。

ハイビジョン相当の高解像度に1500ルーメンの輝度を併せ持つプロジェクターで、1000:1のコントラスト比によって色鮮やかに高精細な映像を映し出すことができます。

低価格のプロジェクターの多くはスマートフォンと直接接続することができませんが、このプロジェクターはスマートフォンの充電ケーブルを直接接続することでスマートフォンの画面をプロジェクターで映し出すことができます。ややこしい操作は不要で別途にケーブルを購入する必要もないため利便性に優れています。

また豊富な接続端子によってスマートフォン以外にもさまざまな機器を接続することが可能です。

最大170インチの画面を投写することができ、台形補正機能があるため傾けて映像を映すこともできます。

最新の冷却システムを採用したことでファンの音を抑えることができ、騒音に悩まされず映像を堪能することができます。

低価格ながら高画質で映像を映し出すことができるミニプロジェクター。設置の際には調整などを必要ですが、しっかり準備すれば満足できる映像体験を堪能できます。スマートフォンと簡単に接続できるのが人気の理由です。

口コミの評判

・映画好きと言うことで自宅でも映画館が出来ると思い購入しました!最近は天井に向けて観ていますが私の生活に革命が起きました。iPhoneでNetflix、Amazonプライムビデオを見るにはApple純正のHDMI変換ケーブルが必要です。
・すごいですね。安いし、軽いし、小さい、でも普通に映画やアニメの視聴に耐えられる映像を投影してくれます。白い壁紙への投影なのもあって、鮮明!とは程遠く、小さい文字はとても読みづらくはありますが、映像は十分楽しめています。
・何より画面がでっかい。とてもでっかい。この値段で大画面!というのはテレビでは無理だと思うので、それだけで感動です。
・高級なものは高すぎるし、安いのも不安でしたが、試しにおもちゃと思って購入。意外と良いものでした。かなり大きく壁に映し出せています。部屋はだいぶ暗くしないと見えないですが、暗くしてあげれば、くっきりと映せます。

4位:SPACEKEY ミニプロジェクター PJ0838

SPACEKEY ミニプロジェクター PJ0838

プロジェクターに必要な機能をしっかり押さえているミニプロジェクターです。

解像度はハイビジョン相当のため精細な映像を映すことが可能。さらに2000ルーメンと ホームプロジェクターには必要十分な輝度を確保しています。

170インチの大画面を映し出すことが可能で、テレビでは不可能な大きな画面で迫力のある映像を満喫することができます。

台形補正機能を備えており、画面の歪みも調整して四角くすることができます。また天井や三脚に取り付けることができるため、思い通りの設置方法を実現することができます。

USBやHDMIに対応しており、さまざまな機器を接続して映像を映し出すことが可能。もちろんゲーム機をつないで、大迫力でゲームを楽しむこともできます。

搭載されているLEDライトの寿命は5万時間と非常に長いため、ライト交換の心配がありません。

1万以下という価格にしては、十分な性能と機能を兼ね備えているプロジェクター。高価格帯の製品と比べると性能的に見劣りする部分はもちろんありますが、割り切って使う分には納得して十分楽しめるプロジェクターです。

口コミの評判

・一番気にしていたPCからの接続・投影に関しては思いのほかあっけなくできました!そして、スクリーンへの投影も問題なくできました。調整もとても簡単にできます。
・ホームシアターに憧れていたので、口コミを見て購入しました。試しに壁に投影してみましたが、思っていたよりも綺麗に映りました。
・機器の接続はあまり得意ではありませんが、説明書通り問題なく接続できました!我が家はちょうどいいロールスクリーンのカーテンがあるので、そこに投影して映画を見ていますが、かなりの大迫力!Amazonプライムの動画をPCで見ていました、プロジェクタで見た方が断然楽しめますね!!
・はじめてのプロジェクターのため、他のものと比較はできませんが、キレイに映し出されていたので思わず「おぉ?!」と声が出てしまいました。わが家のリビングの壁はそこまでスペースがないので超大画面とまではいきませんが、テレビよりかははるかに大きくて、迫力があります。

3位:POYANK 小型プロジェクター P18

POYANK 小型プロジェクター P18

コストパフォーマンスに優れている値段重視の人にはオススメのプロジェクターです。

ハイビジョン相当の解像度と2000ルーメンという輝度を備えており、ハイクオリティな映像を楽しむことができます。

画面サイズは最大170インチまで拡大することが可能で、台形補正機能を使うことで画面の歪みも整えることができます。

接続端子はUSB、マイクロSD、HDMIなどに対応しており、スマートフォンやタブレット、パソコンやゲーム機までさまざまな機器をつないで映像を映し出すことができます。ゲームを大画面でプレイすることもできます。

三脚用の穴が設置されているため、三脚に載せて角度調整などを簡単に行うことができます。

低価格帯のプロジェクターとしては必要な性能と機能を一通り備えており、ちょっとした映画館気分を楽しむには最適な製品です。

プロジェクターの中でも最安値クラスの製品であるため、できるだけ安いプロジェクターを探している人はこれで決まりです。

口コミの評判

・新居に引っ越しするに伴い購入を決めました。色が白で小さいものを探していたのでピッタリでした。テーブルに置いて使用する為に、プロジェクターに三脚を付けて使用できることはありがたく、角度などの調整がとても楽で使いやすいです。
・映像が途切れたりすることが心配でしたが、そんなことは一切無くゲームやyou tube、映画を思う存分楽しめました。白い壁に写して使用した為、スクリーンも購入してホームシアターセットを自宅に作りたいと思いました。コストパフォーマンスがいいので職場のプレゼンテーションや、友人のプレゼントにも今後機会があれば検討しようと思います。
・自宅用で、小型でお安いものを探していてこちらにたどり着きました!お安いので少し不安もあったのですが、画質もうちの使用用途では充分に綺麗でした!!
・今はまだスクリーンがないので壁に映して使ってみただけですが、それでもハッキリした映像だったのでスクリーンに映せばもっと綺麗だろうな!といった感じです。音質も、スピーカーが2つ内蔵されているようなので、普通に満足できる音でした!

2位:QKK 小型プロジェクター 0433

QKK 小型プロジェクター 0433

圧倒的な高画質を実現することができる小型プロジェクターです。

1万円以下の中国製プロジェクターの多くは、ハイビジョン相当の解像度しか表示することができません。ところがこのプロジェクターは、フルハイビジョン相当の解像度を表示することが可能で、さらに輝度2200ルーメンと明るさも高水準となっています。同価格帯の製品としては高画質といえます。

投写画面サイズは32インチ~170インチまで表示することが可能。高画質の映像を大画面で楽しむことができるため、ホームシアターにうってつけです。

HDMI端子を接続することができるため、パソコン、スマートフォン、タブレット、ブルーレイレコーダー、ゲーム機と多彩な機器をつないで映像を映すことができます。アイデア次第で使い方は無限大です。

5Wのスピーカーを内蔵しており、自宅でも映画館のような雰囲気を味わうことができます。

三脚に設置することができるため、プロジェクターの位置調整も簡単に行うことができます。使用後にはサッと片付けることもできます。

できるだけ値段を抑えつつ画質にもこだわりたいという欲張りな人も満足させることができる小型プロジェクター。サッと取り出してサッと使ってサッと片付けることができるため、気分次第でリビングルームを映画館にすることができる1台です。

口コミの評判

・小型で明るいプロジェクターです。手のひらサイズとまでは行きませんが、iPadぐらいの大きさなので収納には全く困りません。それでいて投影してみるとかなり明るく、部屋を真っ暗にしなくても映画を楽しむ程度なら十分すぎるほどです。
・機能的にはホームプロジェクターに求められるものはすべて網羅しており、SDカードやUSBメモリに入れた動画ファイルも再生できますし、入力端子も一通り揃っています。台形補正は範囲がちょっと狭いのでできるだけ水平にセッティングする必要がありますが、困るほどではないです。
・動画を離れて見る分には解像度は意外と気になりません。夜電気を消した部屋や、昼に遮光カーテンで暗くした部屋なら、横2mオーバーの広さに投影しても明るさは十分。色味の調整ができます。デフォルトでは強調し過ぎ感があるので、抑えめに調整しました。
・寝室でChromecastを見るために購入。テレビで見るより目が疲れなくてプロジェクターの明るさ自体も問題ないくらい明るい!薄暗い程度ではっきり映ります!いい買い物でした。

1位:DBPOWER ミニ LED プロジェクター 1500ルーメン 1080PフルHD対応

DBPOWER ミニ LED プロジェクター 1500ルーメン 1080PフルHD対応

低価格プロジェクターの中でも大人気を誇るDBPOWERのミニLEDプロジェクターです。

本体サイズがコンパクトで重量950gと軽量のため持ち運びや設置も簡単。使いたいときに取り出して使うことができます。

高い解像度と輝度を備えているため、映し出した映像もくっきりと精細なものになります。小型のプロジェクターとしては十分な画質を実現することができます。

画面サイズは最大176インチまで拡大することが可能で、台形補正機能を備えているため歪みも調整することができます。

USB、SD、HDMI、AVなど幅広い端子対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレット、ブルーレイプレーヤー、ゲーム機などを接続して使用することができます。大画面で映画を楽しむことはもちろん、迫力ある映像でゲームを楽しむこともできます。

最新の冷却システムを採用したことでファンの音を抑制することが可能となっており、映画を見ている最中もプロジェクターの駆動音に悩まされることはありません。

どこでも簡単に使うことができ、小型プロジェクターに必要な性能と機能をしっかり押さえているコストパフォーマンスに優れたプロジェクター。とりあえずプロジェクターを欲しいと思っている人は、まずこのプロジェクターを試してみましょう。

口コミの評判

・低価格のお陰でプロジェクターデビューできました。製品の第一印象は「こんなに小さいの?」と思いました。夜を待ってブルーレイプレイヤーをHDMIで繋げて1.5mくらいの距離で投影して見ました。テレビと違って投影すると、なんだか雰囲気が良く感じますね。
・実際操作もとてもシンプルで、またUIもとても直観的に動かせるので、この手のプロジェクターがはじめての人でも大丈夫だと思う。
・1500ルーメンなので、講義などに使う本格派とはちょっと見劣りするが、個人で家で使う分には問題は得にない。品質、性能、操作性、特に隙のない良い商品だと思う。
・とても満足なプロジェクターです。ライブDVDを観てますが、くっきりと映るしファンの音なんてほぼ分かりません。

実際に使ってみたレビュー記事はこちらから確認できます。

DBPOWER プロジェクター PJ06を徹底レビュー!使い方からスマホの接続方法までご紹介!

当サイトのアマゾンリンクから購入すれば30%割引のクーポンコードが使用できるためオススメです。クーポンコードは「D7ET2MY7」です。

アマゾンで利用できる30%割引クーポンコード:D7ET2MY7

まとめ

自宅を映画館のようにしたい人やテレビでは不可能な大画面でゲームを楽しみたい人は、プロジェクターが必要不可欠になります。

ホームプロジェクターといっても高価格帯の製品から低価格帯の製品までさまざまあるため選ぶのが難しいですが、プロジェクターのクオリティが向上しているため、初めてプロジェクターを使う人なら低価格帯の製品でも十分にプロジェクターの持ち味を楽しむことができます。

高価格帯のプロジェクターを購入すれば、テレビ代わりに使用できるほどハイクオリティな映像を楽しむことができます。一方で値段が高いためなかなか購入に踏み切れないのも現実です。

初めてプロジェクターを使ってみるという人は、とりあえず低価格帯のプロジェクターで、プロジェクターの醍醐味を味わってみてはいかがでしょうか。1万円の予算があれば接続ケーブルまで購入することができるため、迷っているならとりあえずプロジェクターを1台買ってしまうことをオススメします。

プロジェクターに関する記事は以下を参照してください。

プロジェクタースクリーンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 サイズの選び方から自作や設置方法まで

プロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 選び方から使い方まで

家庭用ホームプロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ホームシアター用の選び方から使い方まで

小型ビジネスプロジェクターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 会議で役立つ使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, テレビ・レコーダー周辺機器 , , , , , , , , , , ,