卓上丸ノコ・スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

      2018/03/18

人気の卓上丸ノコ・スライド丸ノコ

木材を切断するのに大活躍するのが丸ノコですが、素人で扱うのが難しく間違えた使い方をするとキックバックを起こすなど大変危険な工具でもあります。しかし卓上丸ノコやスライド丸ノコなら、素人でも簡単に扱うことができキックバックを起こす心配もありません。

ところがいざ卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぼうと思っても、マキタ、日立工機、新興製作所、タカギなどのメーカーが卓上丸ノコ・スライド丸ノコを販売しており、どれを選べばいいのかわからなくなります。

そこで今回は、素人でも材料をまっすぐキレイに切ることができる卓上丸ノコ・スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。卓上丸ノコとスライド丸ノコの違いから、その使い方や選び方までご紹介します。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

Contents

卓上丸ノコ・スライド丸ノコとは?

そもそも卓上丸ノコ・スライド丸ノコとは、どのような工具なのでしょうか。一般的に知られる丸ノコとは、どのような部分に違いがあるのでしょうか。

台座に固定されている丸ノコ

卓上丸ノコ、スライド丸ノコは、丸ノコを台座に固定してハンドルを上げ下げすることで狙い通りに材料を切断する工具です。

丸ノコのように、フリーハンドで動かすわけではないため、材料の位置などを事前にしっかり固定して準備すれば、誰でも簡単に狙い通りのまっすぐな切断を実現できるのが大きな特徴です。

ハンドルを上げ下げするだけで材料を切断できるため、初心者にとっては丸ノコよりも扱いやすい工具といえます。

ノコギリやジグソーよりも早くキレイにまっすぐ切断できる

卓上丸ノコ・スライド丸ノコの最大の特徴は、材料をまっすぐ切断できることです。

材料を切断するための工具といえば、ノコギリやジグソーが一般的ですが、材料をまっすぐに切るという一点においてはノコギリやジグソーでは太刀打ちできないほどスピーディーに切断することができます。

ただし、直線に切断できても曲線を切断するのは苦手。使い方が限定されており、まっすぐに材料を切断したいときに大活躍する工具です。

斜め45度の切断も可能

材料を加工していると、斜め45度に切断したくなることも少なくありません。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコの中には、ハンドルを傾けることによって斜め45度に材料を切断できる製品も存在します。

この機能が搭載されていれば、材料の加工が劇的に簡単に早くなります。

家具などを作りたい場合には、斜め45度に切断できる機能を搭載している丸ノコを選ぶようにしましょう。

丸ノコ、卓上丸ノコ、スライド丸ノコの違い

よく似ている丸ノコ、卓上丸ノコ、スライド丸ノコですが、それぞれに機能が異なります。

丸ノコ

手に持ってフリーハンドで材料を切断できます。取り回しに優れており比較的値段も安くなっています。場所を気にせず使用することができ、バッテリー式丸ノコなら屋外で使用することができます。

卓上丸ノコやスライド丸ノコに比べて加工の精度は落ちます。

卓上丸ノコ

設置型の丸ノコで、台座に刃を搭載した可動式のハンドルが搭載されています。台座に材料を設置してからハンドルを上下することで材料を狙い通りに切断することができます。

手ブレを防いで高い精度で切断できるものの、取り回しには優れておらず行える作業の自由度も低くなっています。

スライド丸ノコ

卓上丸ノコにスライド機能を搭載しているのがスライド丸ノコです。基本的な機能は卓上丸ノコと変わりませんが、アームがスライドするため卓上丸ノコよりも切断能力が大幅に向上しています。

一方で、丸ノコや卓上丸ノコに比べて値段が比較的高く、取り回しには優れておらず使用できる場所も限定的です。

移動は難しい

卓上丸ノコやスライド丸ノコは、台座に固定されています。台座に固定することで正確で安定した作業が可能になっていますが、一方で自由度は劇的に低下しています。

本体が大きく重たいため簡単に移動させることはできず、基本的には据え置きとして作業場などに設置して使用します。

そのため基本的には屋外で使用することはできず、頻繁に移動させて使うことができません。

設置には作業スペースが必要

その特性上、作業場に設置して使うことになる卓上丸ノコやスライド丸ノコ。購入前に、設置スペースが必要不可欠になります。

専用の作業場を設けることが好ましく、材料を切断すると粉塵が発生するため多少散らかっても問題がない環境を整えておく必要があります。

本格的なDIYをしている人なら、専用の作業場を持っている人もいるでしょうが、日曜大工レベルのちょっとした作業を行う人には、卓上丸ノコやスライド丸ノコよりも自由度の高い丸ノコの方が向いています。

丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

斜め45度の切断も可能

材料を加工していると、斜め45度に切断したくなることも少なくありません。

丸ノコの中には、本体を傾けることによって斜め45度に材料を切断できる製品も存在します。

この機能が搭載されていれば、材料の加工が劇的に簡単に早くなります。

家具などを作りたい場合には、斜め45度に切断できる機能を搭載している丸ノコを選ぶようにしましょう。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコの使い方

卓上丸ノコやスライド丸ノコは、どのようにして使用するのでしょうか。基本的な操作方法を知っておきましょう。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコと服装の準備

1.動きやすい靴を履く
2.丸ノコの刃に引っかからない服装をする
3.ゴーグルやマスクを装着する
4.材料に合わせて丸ノコに最適な刃を装着する
5.材料に切断線を引く

基本的な準備は丸ノコを使用する場合とそれほど変わりません。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコも、丸ノコと同様に洋服などが刃に巻き込まれると大変危険なため、安全に配慮した格好で作業しましょう。

軍手を装着して作業を行う人がいますが、軍手は繊維が刃に引っかかるとそのまま手が巻き込まれてしまうため大変危険です。専用のグローブや手袋を装着して作業を行いましょう。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコで材料を切断する方法

1.卓上丸ノコ・スライド丸ノコを作業場にセットする
2.切断したい材料を台座に固定する
3.卓上丸ノコ・スライド丸ノコの角度を切断したい角度に調節する
4.スイッチを入れて材料を切断する

卓上丸ノコ・スライド丸ノコは、丸ノコ以上に使い方が簡単で、安全に使用することができます。

材料をしっかりと固定して角度さえ調節できれば、キレイに切断することができます。

また使い方次第では、溝を彫ることも可能です。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコを使いこなすには、事前の準備が非常に重要。準備さえしっかり行えば、非常に高い精度で材料を加工することができます。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコの選び方のポイント

卓上丸ノコやスライド丸ノコを選ぶ時にはどのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。卓上丸ノコ・スライド丸ノコの選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

基本性能に優れている卓上丸ノコ・スライド丸ノコなら、高い精度でスピーディーに作業を行うことができます。

回転数が多くパワーのある卓上丸ノコ・スライド丸ノコを使えば、硬い素材も素早く切断することができます。

モーターの出力や回転数などから卓上丸ノコ・スライド丸ノコの基本性能を見極めましょう。

ノコ刃外径や最大切込み深さ

卓上丸ノコ・スライド丸ノコは非常に自由度の低い工具です。そのため切断できる材料は、ノコ刃外径や最大切り込み深さによって変わります。

購入前には、必ず切断したい材料がノコ刃外径や最大切り込み深さの範囲内にあることを確認しておきましょう。ノコ刃外径や最大切り込み深さが材料のサイズに対応していなければ、思い通りに一度で切断することができなくなります。

基本的に卓上丸ノコやスライド丸ノコは、小物を扱うため大きな材料を切断することを想定して設計されてはいませんが、ノコ刃外径や最大切り込み深さもしっかりチェックしておきましょう。

機能

卓上丸ノコ・スライド丸ノコにはさまざまな機能が搭載されています。多機能な製品なら、機能によって作業をサポートすることができ、使い勝手が非常に良くなります。

手元を照らすLEDライト、切断する部分が分かりやすいレーザーマーカー、左右に傾き45度の角度に切断できる両傾斜構造、傾斜ロック機能、傾斜角度微調整構造など、卓上丸ノコ・スライド丸ノコを正確に操るための機能が存在します。

機能によって使い勝手は大きく変わるため、求める機能がある場合には機能を優先した卓上丸ノコ・スライド丸ノコ選びをするのもアリです。

本体サイズと設置スペース

卓上丸ノコ・スライド丸ノコは、それなりの大きさがある工具のため、本体サイズと設置スペースの兼ね合いは非常に重要になります。

本体サイズが大きければ、性能や機能も充実した卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぶことができますが、購入後、設置スペースの問題に頭を悩ませることになるかもしれません。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぶときには、必ず設置スペースが確保できることを確認してから購入しましょう。設置スペースを予め測定しておき、設置スペースに収まるサイズの卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぶようにしましょう。

静音性

材料を高速で回転するノコ刃で切断する卓上丸ノコ・スライド丸ノコは、使用すると大きな稼働音が発生します。

住宅街などで使用する場合には、卓上丸ノコ・スライド丸ノコの音が騒音問題に発展する可能性もあります。また大きな音が出る製品では、時間を気にせず気兼ねなく使用することができません。

音が気になる場合には、静音構造を採用した製品や静音機能を備えた製品を選ぶようにしましょう。

価格

卓上丸ノコ・スライド丸ノコは、性能や機能によって価格が大きく異なり、1万円~10万円で購入することができます。

一般的には、スライド機能が搭載されていない卓上丸ノコよりもスライド機能が搭載されているスライド丸ノコの方が高価格となっています。また国内の一流メーカーの製品は、値段が高い傾向にあります。

卓上丸ノコ・スライド丸ノコを購入するなら、本格的なDIYをしていることが想定されるため、多少値段が高くても高性能な卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぶことをオススメします。

ただし試しに卓上丸ノコ・スライド丸ノコを使ってみたいという場合には、できるだけシンプルな機能の低価格の卓上丸ノコ・スライド丸ノコを選ぶのも賢い買い方です。

スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキング

ここからはスライド機能と高い精度によって思い通りに材料を加工できるスライド丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、静音性、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

10位:パオック スライド丸ノコ SMS-190T

パオック スライド丸ノコ SMS-190T

パオックコストパフォーマンスに優れている低価格のスライド丸ノコです。

非常に簡単に木材を切断できるスライド丸ノコで、刃の外径は190㎜あるためさまざまな大きさの材料を切断することができます。

左側に45度に傾斜をつけて切断することが可能で、ターンテーブルで角度を変えながら材料を切断することもできます。

複雑な機能が搭載されていないため、操作は非常にシンプル。使い勝手に優れており初心者でも安心して使用することができます。

高価格帯のスライド丸ノコとは異なり、基本的な材料の切断しか行うことができませんが、DIY初心者にとっては十分な機能となっています。ただシンプルに材料を切断したいだけなら、低価格のこのスライド丸ノコも候補となります。

口コミの評判

・あまりの安さに心配でしたが、充分使えますよ。プロじゃないなら。調整は必須。スコヤを使ってじっくりあわせましょう。ゆっくりスライドさせるのがコツのようです。細部のつくりは甘さが見られますが、価格が価格ですから納得。気軽に、ある程度は正確に、安全にカット作業ができます。買って悔い無し。おすすめ。
・有名メーカーの物と比べたわけではありませんが、私のたまのDIYには充分なものでした。スライド部分の動きもスムーズでした。
・確かに直角だしなどの精度は厳しいけど、家庭でお気軽DIYには十分。ただ、集塵袋に切りくずはほとんど入っていかないので、部屋の中で使うには気をつけて!
・初めてのスライド丸ノコです。最初に角度など調整すればDIYには十分な精度で使えています。

9位:新興製作所 卓上スライド丸ノコ SSC-190A

新興製作所 卓上スライド丸ノコ SSC-190A

基本機能を備えていてさまざまな切断を実行できる新興製作所のスライド丸ノコです。

軽量かつコンパクトな設計となっているため、設置スペースを圧迫することがなく置く場所を選びません。

角度設定が簡単になっており、テーブルは左右45度、チップソーは左に45度傾きます。テーブルとチップソーの角度設定によって材料をさまざまな形に切断することができます。

チップソーを交換すれば、さまざまな材質の材料を切断することが可能。金属、木材、プラスチックなどもキレイに切断することができます。

ダストバッグ付きのため、作業時に発生する粉塵もダストバッグに集めることができます。

シンプルな機能で使いやすいコンパクトなスライド丸ノコ。値段も比較的安いため、初めてのDIYにも最適で選びやすいスライド丸ノコです。

口コミの評判

・導入後の運転は静かで回転も速くスタート時の振動もなく大変使い易いスライド丸鋸でした。
・確かに作りも頼りなく、微調整して、なんとか直角に切れる程度ですが、新品でそれも高い機種に近いつくりの物はほかにないような気がします。日曜大工に使う程度なら、とてもグーだと思います。
・この価格でこの性能!充分だと思います。刃は変えた方がいい感じですけど。
・DIY使用であれば、充分使えます。切り屑は周りにも飛び散りますが、集塵袋にもパンパンに入ってました。音も許容範囲です。満足してます。

8位:エボリューション 210mm万能切断スライドマルノコ RAGE3 S300

エボリューション 210mm万能切断スライドマルノコ RAGE3 S300

エボリューションのさまざまな材料スパッと切断することのできるスライド丸ノコです。

最大1500Wの出力と毎分3000回という回転数でパワフルに材料を切断することができます。

45度の斜め切り機能があるため、材料に傾斜をつけて切断することができます。

レーザーポインター機能を搭載しているため、切断する際にレーザーポインターを目印にすることができます。スライド丸ノコに慣れていない人でも、レーザーポインターを目安にすれば思い通りに材料を切断することができます。

材質を選ばずに切断できるため、木材以外の加工も行いたい人にはオススメのスライド丸ノコ。レーザーポインターで、切断をサポートしてくれるのも大きな魅力です。

口コミの評判

・日曜大工をやるのに丸ノコできるよりも精度が出やすいので購入。カットするラインがレーザーサイトで表示されるのでカットする際のズレが少なくて済むので便利。丸ノコ部分も前後にスライドするのでスライドする範囲なら刃を落としてからでもスライドして切れるので便利。
・直角は調整しないとわずかにくるってましたが、しっかりやればまっすぐに切れるし作業が丸ノコに比べ一段と早くなりました。価格的にも買ってよかったです。
・職場でイベント時の道具として購入しましたが、木材やアルミ板は問題なく軽く切れました。若干直角の停止位置が調整がいりそうでしたが、使い勝手はよさそうです。
・とても切れ味が良い。ただレーザーポイントの位置と実際の切り位置が1ミリぐらいずれるのが残念。しかし、コストパフォーマンスは良い。

7位:マキタ スライドマルノコ LS0612FL

マキタ スライドマルノコ LS0612FL

マキタの超高性能でコンパクトなスライド丸ノコです。

ノコ刃の外径が165㎜と一般的なスライド丸ノコの中では、小型の製品となっており、大きい材料を切断するのには向いていません。ただしDIYで使うには十分なサイズで、小型のため扱いやすくなっています。

2段スライド機構を搭載したことで、短いアームながら大きく動かすことが可能。この新構造によってよりコンパクトになりました。

さまざまな内装材に対応しており、フロア材をはじめ巾木や窓枠、さらに額縁の2枚重ね切りまで幅広く対応。リフォームの際に内装材を切断するのにピッタリです。

左右45度に傾斜をつけることができ、ターンテーブルも回転させることができるため、材料を思い通りの形に加工することができます。

高輝度LEDライトを搭載しているため、暗いて手元も明るく照らして墨線も見えやすくなります。

また墨線レーザーを搭載しているため、レーザーポインターが切断すべきポイントの目印となり、初心者でも失敗することなく思い通りに材料を切断することができます。

コンパクトながら多彩な機能をギュッと詰め込んでいる高性能かつ高機能なスライド丸ノコ。マキタ製のため加工精度も信頼できます。

コンパクトで設置スペースにも困らず扱いやすいため、材料が大物でないならこのスライド丸ノコを買っておけば間違いありません。

口コミの評判

・コンパクトで使いやすいです。各部分もスムーズに動きます。
・軽くて便利ですが、軽すぎてちょっと恐いこともありますが。
・マキタの押し切りは、刃の取り替えが面倒くさいのが難点ですが、使いやすいです。
・軽くて使いやすく、精度もでて素晴らしい商品と思います。

6位:レクソン スライド丸のこ盤 SM1850R

レクソン スライド丸のこ盤 SM1850R

ノコ刃の高速回転見よってスピーディーな作業が可能になっているレクソンのスライド丸ノコです。

コンパクトながらノコ刃の外径が185㎜のスライド丸ノコで、毎分5000回転という高速回転によって材料を素早く切断することができます。

レーザーポインター機能を搭載しているため、カットラインが見えやすく材料切断の失敗を防ぐことができます。

マイターカッティング機能によって水平方向、左右0度~45度の範囲内で任意の角度にヘッドを振ることができるため、材料を斜めに切断することも容易です。

チルト機能を搭載しているため、頻繁に使用する0度、15度、22.5度、31.6度、45度については簡単に設定することができます。

ダストバッグを搭載しているため、切断によって発生する切り粉を回収し、切り粉の飛散を防ぐことができます。

コンパクトでDIY向きなスライド丸ノコ。レーザーポインター機能も搭載されているため、初心者でも安心して使うことができます。

値段も3万円前後とお手頃価格になっているため、予算を抑えつつ機能が充実したスライド丸ノコを探しているなら候補に入れておきましょう。

口コミの評判

・精度は若干悪いが価格を考えるとDIY用としては十分。基本的な機能に不満なし。
・使用目的は家庭用DIYにて使うには十分すぎる性能だと思います。
・丸鋸としての基本性能は問題ないと思います。私個人は月1回使用すればいいのでこれで十分です。他のレビューを見ると6万円くらいの商品と比べていますが車だとレクサスとカローラを比べている用に思います。
・角度等の調整をきちんとしないと、正確な切断は無理と覚悟していたが、まったくその必要なし、以前マキタを使っていたが、今のところ問題なし耐久性はこれからで分からないが、この値段を考えるとお買い得感あり。

5位:エボリューション 万能切断スライドマルノコ FURY3

エボリューション 万能切断スライドマルノコ FURY3

ハイパワーで太い材料も切断できるレボリューションのスライド丸ノコです。

ノコ刃の外径が21.0㎜あるため、太い材料でも切断することが可能。モーター出力も1400Wとハイパワーのため、スピーディーに作業を行うことができます。

ヘッドとターンテーブルは角度を調節することが可能で、45度の斜め切りも簡単に行うことができます。狙い通りの形状に材料を加工できます。

レーザーポインター機能を搭載しており、切断する部分にレーザーマーカーをつけることができるため正確に作業を進めることができます。

木材はもちろんのこと、ダイヤモンドホイールを装着することで石材屋タイルといった硬い素材も切断することができます。

右手でも左手でも掴めるグリップトリガーを採用しているため、利き手に関係なくスムーズに作業を行うことができます。左利きの人も快適に使用することができます。

専用チップソーで木材からアルミ、鉄材まで切断することができ、DIYやハウスリフォームにはうってつけのスライド丸ノコ。さまざまな材質の材料を加工したい人にはオススメの1台です。

口コミの評判

・パワーもあるので、さくさくと切れますが、押さえが甘いと跳ね上げがありますが、この値段で十分でしょう。鋸の付け替えもロック機能があるので簡単に出来ます。
・細かい組み立て要らずで届いてそのまま使える!使いやすくスライド式を買って正解でした!
・センサーが付いているのはわからなかったが、これが思った以上に切断に役立っています。
・自宅のリフォームに使用しています。リーズナブルで使いやすいと思います。

4位:タカギ EARTH MAN スライド丸鋸 SM-190A

タカギ EARTH MAN スライド丸鋸 SM-190A

シンプル機能で使いやすいコストパフォーマンスに優れたタカギのスライド丸ノコです。

合板の切断に向いている丸ノコで各種の角度切りも行うことができます。

ヘッドとターンテーブルが可動するため、45度の角度で切断することが可能。斜め切りもできるため、さまざまな角度で材料を加工することができます。

本体重量は9.0kgとスライド丸ノコとしては非常に軽量。本体もコンパクトなため、腕力のない女性でも扱いやすく移動も設置も簡単に行うことができます。

複雑な機能は搭載されていませんが、シンプルで扱いやすく精度の高い作業を行うことができます。

小型のため静音性にも優れており、騒音抑えて作業を行うことができます。

パワーが必要な作業には不向きですが、DIYで使用するには十分な性能を兼ね備えているスライド丸ノコ。低価格のスライド丸ノコは、精度に問題が発生しやすいですが、機能を抑えつつ基本性能を高めることで値段を安くしているため、高精度の作業を行うことができます。

口コミの評判

・卓上丸ノコとスライド丸ノコの選択に迷っている方にはスライド丸ノコを強くお勧め致します。遅かれ早かれ大物を作りたくなるでしょうから!音は良くある丸ノコっぽいキィーンと言う音です。重量もあり、安定しています。
・ハンドルが上から握るグリップは素人には使いやすいかも。スライド時にその効果を実感しました。
・DIYで使用するのであれば問題ないと思います。少し調整はしましたが、0.5㍉以内の誤差です。この価格にしては十分な仕事をしてくれます。
・切れ味は良く、作動音もそれほど大きく、300幅を切れるので棚板などを切るには便利です。一方、安全設計の為か丸鋸のスイングがすこし重く、使用頻度が高い現場などで使用するのには全く向きません。

3位:日立工機 卓上スライド丸のこ FC7FSB

日立工機 卓上スライド丸のこ FC7FSB

日立工機の軽量で高精度に材料を加工できるDIY向きのスライド丸ノコです。

本体重量は持ち運びに便利な11㎏となっており、設置するのも非常に簡単。コンパクト設計となっているため設置スペースも圧迫することなく、持ち運びに便利な運搬ハンドルも付いています。

ロングスライドベアリングを採用したことで、高精度な切断を実現。まっすぐキレイに切断するというスライド丸ノコに求められる性能をいかんなく発揮することができます。

木材はもちろんのこと、合板、化粧板、アルミサッシ材と幅広い材料に対応することができます。

角度切断、傾斜切断、複合切断が可能で、ヘッドとターンテーブルを調整することで、45度の斜め切りも思い通りに行うことができます。

端切りの際、切り落とし側の端材がのこ刃に巻き込まれ、飛散することを軽減する木端巻き込み防止用ガードが付いているため、安心して細かな部分まで切断することができます。

基本性能が充実している精度の高いスライド丸ノコ。DIYで求められる機能をしっかりと押さえており、使い勝手バツグンの1台に仕上がっています。無駄な機能が不要で値段をできるだけ抑えたいなら、このスライド丸ノコ一択です。

口コミの評判

・工場出荷時に、基本的な調整は済んでしますので、すぐに木材をカットできます。精度も問題ありません。国内メーカーさんを購入して良かったです。
・これまで丸鋸や、手鋸で切っていたのですが、スライド丸鋸の採用で溝切や切断も容易になりました。付属ののこ刃で木材を切っても、バリや、割れは生じませんでした。この製品はライト機能やレーザーマーキング機能はついていない機種です。
・家庭での木工加工に使用、幅広しいものから厚いものまで加工可能。
・値段なりですが充分です。日常大工なら問題ないです。ウッドデッキ製作に買いました。良い仕事してくれました。

2位:マキタ スライドマルノコ M244

マキタ スライドマルノコ M244

マキタの2段スライドによってコンパクトに仕上げたスライド丸ノコです。

本体重量は12.3kgと比較的軽量で、2段スライドを搭載することでコンパクトに仕上げることに成功しています。キャリングハンドル付きで持ち運びやすく、たためば非常にコンパクトにすることもできます。

家庭用のスライド丸ノコとして設計されているため、使いやすく非常に便利。DIY初心者や女性にも扱いやすくなっています。

45度の傾斜をつけて斜め切りすることも可能なため、家具を製作する時には非常に役立ちます。

無駄な機能が省かれているため、マキタのスライド丸ノコながら低価格に抑えられているのも人気の理由です。

コンパクトながら基本性能に優れており、高い精度で材料を切断することができるスライド丸ノコ。高精度に材料を加工したいという要望に応えてくれる家庭にぴったりのスライド丸ノコです。

口コミの評判

・安いメーカーは有ります。探せば半額くらいで入手可能でしょうが、ある程度メーカーや切れ味、使いやすさを考えるなら買って損なしです!私は本当に買ってよかった!と心底思っています。
・基本である「まっすぐ切る」が苦労なく出来ている。
・安い外国メーカーの物を使用していました。スライド機能が欲しくてこの製品を購入しました。製品の精度が高い為、切り口が芸術的に綺麗です。その為、切り口の仕上げ(ささくれ取り)をしなくても良いので作業効率は驚くほど良くなりました。貴重は時間を短縮出来るので、外国製に比べると倍近い値段の差はあっという間に埋まると思います。
・趣味の日曜大工用に購入しました。直角、45度もきれいに切断できます。精度、品質も申し分ないです。やはりマキタは使用感も良いと思います。

1位:日立工機 卓上スライド丸のこ C7RSHC

日立工機 卓上スライド丸のこ C7RSHC

日立工機のプロの現場でも使用できる高性能かつ高機能なスライド丸ノコです。

スライド丸ノコに必要とされる機能を全て押さえている製品で、利便性を高める工夫がちりばめられています。

日立独自の新スライド機構を搭載しており、スライドパイプが後方に飛び出さないため狭いスペースでも使用することができます。

レーザーポインター機能を搭載しており、墨線に合わせてキレイに材料を切断することが可能。切断の失敗を防ぐことができます。

鏡面板が付属しているため、墨線を確認しながら正確に作業を続行することができます。

左右45度の両傾斜機能を備えており、材料を斜め45度に切断することも簡単です。

9段階にストッパーがついているため、角度設定が迅速かつ正確に行うことができます。

長寿命のLEDライトを搭載しているため、手元が暗い場合にもしっかりと照らして作業をサポートしてくれます。

ロングスライドで1尺フロア材も余裕の切断が可能な超高性能スライド丸ノコ。7万円前後とそれなりの値段ですが、作業精度と使い勝手の良さで圧倒的に作業効率が向上することを考えれば安いと断言できます。

材料を切断することが多く予算に余裕があるなら、中途半端な性能のスライド丸ノコを選ばずにこのスライド丸ノコ選んでおきましょう。絶対に損はありません。

口コミの評判

・持ち運びも使い勝手良くレーザーも良く見えてお気に入りになりました。
・精度の高いカッティングと作業性の早さに大満足。集塵機との組み合わせで室内で作業ができるようになりました。
・少し大きくて重たい製品ですが切れ味、動きのスムーズさ、安定性は抜群。騒音も比較的静かだし購入して良かったと思います。木工作業の安全性を考えたらスライドノコは必然です。
・造りはしっかりしていて安心感があります。レーザーマーカーまでは不必要かなとも思ったけれど、実際に使ってみると非常に便利でおすすめです。

卓上丸ノコのオススメ人気比較ランキング

ここからは低価格ながらスピーディーに材料を切断できる卓上丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、静音性、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

4位:タカギ EARTH MAN 卓上丸のこ TM-190A

タカギ EARTH MAN 卓上丸のこ TM-190A

タカギの軽量で持ち運びも容易な卓上丸ノコです。

本体重量が5.0㎏と非常に軽量で、使用時のみ取り出して使うことが可能。設置スペースが確保できなくても、この卓上丸ノコなら導入することが可能です。

ヘッドとターンテーブルの角度調節機能を搭載しており、ヘッドは左に45度に倒して使用することが可能。ターンテーブルは左右45度に回転することができます。

ヘッドターンテーブルの角度調節によって、直角切断、角度切断、傾斜切断、複合切断が可能。思い通りの形に材料を加工することができます。

切り粉の飛散を防ぐダストバッグが付属されており、作業中に発生する粉塵で作業場が散らかるのを防ぐことができます。

ブレーキ付きのため、安心安全に作業することができます。

非常にシンプルで軽量なため、ちょっとした木材の切断なら大活躍する卓上丸ノコ。一般的な丸ノコと変わらない値段で購入できるため、丸ノコと卓上丸ノコで迷っている人にもオススメです。

口コミの評判

・丸鋸単体 製品にくらべ、簡単に精密加工できます。粉塵対策の袋付きで後片付けが楽です安全装置カバーで動作中の鋸歯への不要な接触を防止できるので、初心者にも安心です。最初から木工用 鋸歯セット済みですので、すぐ使えます。
・安くて女性にも安全なのが欲しいと探していたところこれにたどり着きました。安全カバーがあって安心ですし、とても軽いです。片手で持てるので片付けるのに最高です。
・調整が必要です。直角出てません。でも調整したらとても扱いやすいです。反対にすれば倍の巾切断できます。軽くて場所もとりません。初心者や女性にオススメです。買って損はありません。
・機能は十分だと思います。切る前には必ず直角を出す必要が有り、本体についているメモリは宛になりません。直角、斜め切り共に便利に使えます。2×4でのDIYがかなりはかどります。

3位:新興製作所 チップソー切断機 MTC-190

新興製作所 チップソー切断機 MTC-190

新興製作所のさまざまな材質の材料が切断できる汎用性の高い卓上丸ノコです。

木材、鉄、アルミ、塩ビ、ステンレスなどオールマイティに切断できるのが、この卓上丸ノコの大きな魅力。材質選ばず加工できるため、幅広い材料で使用することができます。

重量5.3㎏持ち運びに便利な小型で軽量の設計となっているため、使用する時だけ持ち出して材料を切断するという使い方ができます。設置スペースを確保できない人には、大変魅力的なポイントです。

ノコ刃は左45度に傾斜することができ、ターンテーブルは左右45度に回転させることができます。複合的に用いることで、さまざまな角度で材料を切断することができます。

鉄工にも木工にも使用できるため、使える場面が非常に多い卓上丸ノコ。材料の加工はもちろんのこと、粗大ごみの処理にも使用することができるため、非常に汎用性の高い卓上丸ノコです。迷っているなら1台持っておいて損はありません。

口コミの評判

・届いたときにこんなに軽くて大丈夫かなと思った。なんの全然取り回しが良くて使いやすい。価格もありがたいちょっとした日曜大工にはもってこいだ。
・アルミ角材の切断に使っています。グラインター砥石切断と違い、切断面がきれいです。
・2×4材で本棚や薪小屋を造りましたが、金額以上にいい買い物でした。素人がつかうにはちょうどいいものだと思います。
・価格の割に、機能性が良く満足してます、ベースもアルミでしっかりしてます。

2位:新興製作所 卓上丸ノコ STC-190

新興製作所 卓上丸ノコ STC-190

新興製作所のコストパフォーマンス抜群の卓上丸ノコです。

本体重量は5㎏と軽量で、本体サイズもコンパクトなため軽現場作業に最適。持ち運びも用意で使用する場所を選びません。

ヘッドとターンテーブルは角度を調節することができ、45度の斜め切り加工も行うことができます。

またヘッドとターンテーブルの角度調節は非常に簡単。ワンタッチで設定することができるため、初心者でも安心して扱うことができます。

金属、木材、プラスチックの切断が可能なため、さまざまな材料を加工することが可能。汎用性に優れており、DIYでは1台あるだけで作業効率が劇的にアップして大活躍してくれます。

卓上丸ノコに求められる性能と機能しっかり押さえながら、8000円前後という圧倒的な低価格を実現している卓上丸ノコ。スライド丸ノコを購入できない人でも、この卓上丸ノコなら思い切って購入することができます。

値段が安く汎用性にも優れているため、もし迷っているならとりあえず買っておくことをオススメします。

口コミの評判

・今までは、上下するタイプの電動ノコギリで木材を切っていましたが、おがくずがひどく後片付けが大変でした。これで木材を切断すると早いうえ、専用のおがくず入れの袋がついていました。後片付けが楽になりました。
・刃先をオールマイティタイプに交換して使ってます。今のところ切断面も綺麗ですし、いい感じです。切断カスが広範囲に散らかるのでゴーグルはあったほうがいいですね。
・値段も手頃だし精度もまあまあ、日曜大工には十分です。同じ長さを、何本も切断するための簡単な治具を作りました。作業が早くなって重宝してます。
・DIYには最適です!作業がメチャ早くなりました。good!!

1位:マキタ 卓上マルノコ LS0840F

マキタ 卓上マルノコ LS0840F

マキタの正確な作業が可能な高性能卓上丸ノコです。

ノコ刃の外径が216㎜あるため、大きな材料でも問題なく切断することができます。

本体重量は6.7kgと他の卓上丸ノコに比べて重くなっていますが、持ち運んで移動するには十分な軽さ。作業スペースがなくても使用時だけ取り出して使うことができます。

木材はもちろんのこと、各種見切り材、アルミサッシなども素早くシャープに切断することができます。幅広い使用方法が可能です。

手元を明るく照らす蛍光灯が付属しているため、暗い場所でも狙い通りの切断を実現。能率もアップします。

ノコ刃は45度に傾けることができるため、斜めに切断することができます。

切り粉を処理するための集塵機を接続することができるため、集塵機があれば作業場を散らかす心配はありません。

ブレーキが付いているため、もしもの場合にも安心です。

高い精度で材料を切断することができる卓上丸ノコ。他の卓上丸ノコに比べて値段は高くなっていますが、その分、作業精度も高くなっています。卓上丸ノコでも精度を重視したいなら、この卓上丸ノコを選んでおきましょう。

口コミの評判

・やっぱりマキタ、外しません。普通にいい道具です。仕事が楽しくなります。

まとめ

切断する道具といえばジグソーや丸ノコばかりに注目が集まりますが、材料を高い精度で切断したいなら卓上丸ノコやスライド丸ノコの方がオススメです。使用方法は限定されていますが、圧倒的に作業効率を向上させることができます。

DIYやリフォームでは一定の長さに木材を切断することも多いですが、そんな時には卓上丸ノコやスライド丸ノコを検討してみましょう。

値段や設置スペースの問題もありますが、条件を満たすなら選んで損はないのか卓上丸ノコやスライド丸ノコです。丸ノコと変わらない値段で販売されている製品もあるため、悩んでいないで思い切って買ったほうが早いかもしれませんよ。

切断工具については以下の記事を参照してください。

ジグソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

電動ノコギリ(レシプロソー)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 家庭用小型充電式から使い方まで

丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

卓上丸ノコ・スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

高速切断機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方次第で木材や金属も切断

バンドソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 卓上タイプから充電タイプまで

卓上糸ノコ盤のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 電動工具・エア工具 , , , , , , , , , , ,