丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

      2018/03/18

人気の丸ノコ

キレイにまっすぐ材料を切断するときに非常に便利な丸ノコ。通常のノコギリでは材料の加工に時間と労力を要しますが、丸ノコなら簡単に加工することができます。そのため本格的なDIYでは、材料の加工になくてはならない工具です。

ところがいざ丸ノコを購入しようと思っても、マキタ、日立工機、ブラックアンドデッカー、リョービ、タカギなどのメーカーが丸ノコを販売しており、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、材料加工の救世主である丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。一緒に丸ノコの使い方から選び方まで見ていきましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

丸ノコとは?

そもそも丸のことはどのような電動工具なのでしょうか。基本的な使い方や特性を知っておきましょう。

円形のブレードを電動で回転させて材料を切断する工具

丸ノコは、その名前の通り円形のブレードを回転させることで材料を切断する電動のノコギリです。

ブレードは、電気モーターによって回転させるのが一般的で、人力では不可能なスピードで材料を切断することができます。

そのため使用には注意を必要となり、使用方法を守ることが安全性を確保するために非常に重要となります。

ちなみに丸ノコのブレードはチップソーと呼ばれています。

ノコギリやジグソーよりも早くキレイにまっすぐ切断できる

丸ノコの最大の特徴は、材料をまっすぐ切断できることです。

材料を切断するための工具といえば、ノコギリやジグソーが一般的ですが、材料をまっすぐに切るという一点においてはノコギリやジグソーでは太刀打ちできないほどスピーディーに切断することができます。

ただし、直線に切断できても曲線を切断するのは苦手。使い方が限定されており、まっすぐに材料を切断したいときに大活躍する工具です。

切断できる材質はさまざま

木材を切断しているイメージがある丸ノコですが、チップソーを交換することによって、さまざまな材質の材料を切断することが可能です。

チップソーを交換することによって、金属、レンガ、コンクリート、タイルなどの材質でもキレイに切断することができます。

幅広い材料に対応できるため、丸ノコが1台あるだけでさまざまな材料を利用することができるようになります。

斜め45度の切断も可能

材料を加工していると、斜め45度に切断したくなることも少なくありません。

丸ノコの中には、本体を傾けることによって斜め45度に材料を切断できる製品も存在します。

この機能が搭載されていれば、材料の加工が劇的に簡単に早くなります。

家具などを作りたい場合には、斜め45度に切断できる機能を搭載している丸ノコを選ぶようにしましょう。

電源方式が2種類ある

丸ノコは、電源方式によって2種類に分類することができます。それぞれ電源コード式と充電バッテリー式となっています。

電源コード式の丸ノコは、コンセントがなければ使用することができないため使用範囲が限られます。また電源コードが短い場合には延長コードが必要になります。

一方で、安定したパワーで材料を切断することが可能。電池切れを気にすることなくいつでも使用することができるのも大きな魅力です。

充電バッテリー式の丸ノコは、バッテリーが切れると使い物にならなくなります。そのため常にバッテリーの管理が必要になります。使用できる時間も限られており、使っているうちにパワーが弱くなるのも欠点です。

一方で、コードがないためコンセントの位置に関係なくどこでも使うことができます。また使用中に電源コードが邪魔にならず、取り回しにも優れています。

電源コード式と充電バッテリー式それぞれにメリットとデメリットが存在します。

鉄板ベース、アルミベース、フッ素ベースがある

丸ノコには、使用されている材質に合わせて3つの種類が存在します。それぞれ鉄板ベース、アルミベース、フッ素ベースです。

鉄板ベースは低価格の丸ノコに使用されており、昔は一般的な製品でした。鉄板ベースの丸ノコは塗装が剥がれると錆びやすく、衝撃によって歪みやすいなど強度的な問題も抱えています。

アルミベースは近年では一般的となっている丸ノコのタイプで、軽量で頑丈なため扱いやすくなっています。また滑りやすく作業の負担を軽減することができます。

フッ素ベースは、フッ素が塗装されている丸ノコで、アルミベースの丸ノコよりもさらに滑りやすくなっています。

DIYで使用するなら、扱いやすくて頑丈なアルミベースの丸ノコがオススメです。

電気丸ノコと電子丸ノコの違い

丸ノコには、電気丸ノコと呼ばれる製品と電子丸ノコと呼ばれる製品が存在します。よく似ている名前ですが、性能には大きな違いがあります。

丸ノコは一定のスピードでチップソーを回転させても、材料にチップソーが当たれば抵抗によってチップソーのスピードが低下します。

電気丸ノコは、回転スピードを調整する機能がなく、材料を切断する具合によってチップソーの回転スピードも変化します。

連続使用しているとモーターに強い負荷がかかるため、モーターが焼け付いて故障することもあります。

電子丸ノコは、回転スピードを調整する機能を搭載しており、材料を切断する具合に応じて出力を変化させチップソーの回転スピードを一定に保ちます。

状況に応じて臨機応変に回転スピードを変化させることができるため、切断時の騒音を減らし切断面もキレイに仕上げることができます。またモーターの負荷を考慮しながら稼働するため、連続使用してもモーターが焼き付いて故障する可能性が低くなります。

DIYに使用するなら電気丸ノコでも十分ですが、長時間で連続使用するような環境や作業内容なら、高性能な電子丸ノコが活躍します。

丸ノコとスライド丸ノコの違い

丸ノコは手に持って動かすことで材料を切断します。一方のスライド丸ノコは、シャフトに固定された丸ノコ本体をスライドさせることで材料を切断します。

スライド丸ノコは丸ノコと異なり、定規などを使用しなくても安定してまっすぐに材料を切断することができます。

またある程度固定されているため、使いやすくて安全性にも優れており、材料を特定の形に加工するなら丸ノコよりも優れた効果を発揮します。

丸ノコの使い方

基本的な丸ノコの使い方を知っていれば、丸ノコ選ぶときにもチェックするべきポイントが分かりやすくなります。丸ノコの使い方をご紹介します。

丸ノコと服装の準備

1.動きやすい靴を履く
2.丸ノコの刃に引っかからない服装をする
3.ゴーグルやマスクを装着する
4.安定した作業台を用意する
5.材料に合わせて丸ノコに最適な刃を装着する
6.材料に切断線を引く
7.切断ガイドを合わせてガイド定規を添える

丸のこを使用する際には、丸ノコはもちろんのこと服装にも気をつける必要があります。裾や袖が長い服装だと、丸ノコの刃に洋服が引っかかって巻き込まれる危険性があります。服装には気をつけましょう。

また丸ノコを安定して使うために作業台なども用意しておきましょう。

キックバックを防いで丸ノコを安全に使うための注意点

1.ウレタンフォームを使う
2.丸ノコの刃先の長さを材料が切れるギリギリの長さにセットする
3.ガイドをセットする
4.スイッチを入れて丸ノコを作動させる
5.切断線に合わせて切断する
6.切断が終われば丸ノコのスイッチを切る
7.キレイにまっすぐ切断したい場合には定規を使う

キックバックとは、丸ノコの刃を木材が挟み込み刃を固定することで木材や丸ノコが反動で動いてしまう現象のことです。

キックバックは発生すると非常に危険なため、丸ノコを使用する際にはキックバックが起こらない状況を整えましょう。

また丸ノコで材料を切断する時には、丸ノコの後ろに立たないのもポイントです。キックバックが発生したときに木材や丸ノコが飛んできても、丸ノコの後ろに立っていなければ木材や丸ノコの直撃を受けずに済む可能性が高まります。

丸ノコはキレイな直線を切れる便利な工具で使い方を誤れば危険な工具でもあります。安全性に配慮して使用するようにしましょう。

丸ノコの刃の交換方法と交換時期

1.刃を交換する際には必ずコンセントを抜く
2.ロックレバーを押して刃が回らないようにする
3.付属の工具で丸ノコから刃を外す
4.カバーを装着したまま新しい刃を装着する
5.工具で刃を取り付ける
6.カバーを取り外す
7.刃の切れ味が悪くなったら交換する

丸ノコの刃を交換するタイミングは、切れ味が悪くなったと感じたとき、切断面の毛羽立ちが気になるようになったとき、切断中の音が高くなったとき、刃の進みが遅くなったと感じたときなどです。

丸ノコの刃はそれほど値段も高くないため、切れ味が悪くなったと思ったら交換するようにしましょう。

丸ノコガイドを自作する方法

1.丸ノコガイドの大きさに合わせて板を切断する
2.丸ノコの幅に合わせて木の板にスライドガイド2枚を平行に取り付ける
3.スライドガイドにストッパーを取り付ける
4.丸ノコガイドに切り込みを入れる
5.中心線に合わせて垂直ガイドを取り付ける
6.垂直ガイドは切り込みと垂直になるように調節する
7.切り込みの横の隙間を広げて切断線が見えるようにする

市販の丸ノコガイドや定規を使用するのも一つの方法ですが、丸ノコガイド自作してしまえば自分に合った使いやすい丸ノコガイドを手に入れることができます。

使用方法などに合わせて、最適なサイズの丸ノコガイドを作ってみましょう。

丸ノコの選び方のポイント

丸ノコ選ぶときにはどのような本当に気をつけなくてはいけないのでしょうか。丸ノコの選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

性能に優れた丸ノコなら、硬い素材でもスムーズにキレイに切断することができます。

性能的には電気丸ノコよりも電子丸ノコの方が優れており、安定した作業を実現することができます。

またハイパワーの丸ノコなら、硬い素材でも思い通りの切断が可能になり、切り口の仕上がりも美しいものとなります。

スパスパと思い通りに材料を切断したいなら、基本性能に優れている丸ノコを選ぶようにしましょう。

機能

丸ノコによってさまざまな機能が搭載されており、機能によってできる作業も異なってきます。

特に重要なのか45度の斜め切り機能。この機能が搭載されている丸ノコなら、木材をキレイに45度に切断することが可能になります。家具などを作るときには非常に便利な機能です。

その他にも自動変速機能やレーザーマーカー機能などを搭載した丸ノコも存在しており、多機能の丸ノコを使用すれば使い勝手が良いだけでなく切断した木材の仕上がりも美しくなります。

DIYの場合には、丸ノコにそれほど高い性能が求められないため、性能よりも機能重視して丸ノコを選ぶのもアリです。

電源方式

丸ノコの電源方式は大きく分けて電源コード式と充電バッテリー式があります。

電源コード式なら、充電の管理が不要でなだけでなく安定したパワーで作業を行うことができます。

充電バッテリー式なら、コンセントの場所を気にすることなく使用することが可能。屋外でも使用することができ取り回しにも優れています。

電源方式によって丸ノコの使い勝手も変わってくるため、作業する環境に合わせて最適な電源方式を選びましょう。

サイズ

丸ノコはサイズによって、切断できる板の厚さも変わってきます。

サイズが大きければ大きいほど、切断できる材料の厚さは厚くなります。一方で大きすぎる丸ノコは、大きくて重くなるため扱うのが非常に難しくなります。

切断するであろう材料に合わせて最適な大きさの丸ノコを選ぶようにしましょう。必要以上に大きな丸ノコは、扱いが難しくなるため注意が必要です。

使いやすさ

工具である丸ノコは、性能や機能だけでなく使い勝手も大切なポイントになります。

グリップが持ちやすく軽量な丸ノコなら扱いが非常に良いになります。丸ノコに慣れていないDIY初心者や腕力のない女性でも簡単に扱うことができます。

またスイッチの位置に工夫が凝らされていると、操作が容易になり作業もはかどります。

使いやすさの観点からもしっかりと丸ノコをチェックしておきましょう。

静音性

刃を回転させて材料を切断する丸ノコは、使用中に大きな音が発生します。

住宅街などで使用する場合には、丸ノコを使用することで騒音トラブルが発生する可能性もあります。

そのため音が気になる場合には、静音性に優れた丸ノコを選ぶようにしましょう。丸ノコの中には、刃の回転数をあえて抑えることで発生する騒音を軽減する機能を備えた製品もあります。

価格

丸ノコは性能や機能によって値段が大きく異なり、5000円~3万円程度で購入することができます。

電源コード式よりも充電式の方が値段が高い傾向にあり、またサイズが大きく高性能な製品ほど値段が高くなります。

丸ノコの使い勝手が分からないDIY初心者には、電源コード式のコンパクトサイズの丸ノコをオススメします。値段が安く簡単に扱うことができます。

一方でしっかりとした丸ノコを求めている人には、多少値段が高くても必要以上の性能と機能を兼ね備えた丸ノコをオススメします。

電源コード式丸ノコのオススメ人気比較ランキング

ここからは安い値段でしっかりとした性能を兼ね備えている電源コード式丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、サイズ、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

7位:タカギ EARTH MAN 電気丸のこ DM-100

タカギ EARTH MAN 電気丸のこ DM-100

タカギの低価格が魅力のコストパフォーマンスに優れた電気丸ノコです。

木材や合板の切断に最適な使い勝手の良い小型軽量モデルの電気丸ノコで、DIYには十分な性能を兼ね備えています。

軽量かつコンパクトなため扱いやすく、DIY初心者や女性でも上手に材料を切断することができます。

滑りにくく握りやすいグリップを採用しており、丸ノコをしっかり保持して思い通りに操作することができます。

歪みの少ないアルミベースタイプとなっており、軽さと耐久性を実現。電源コードの長さは5mあるため取り回しにも優れています。

ブレーキ付きで、刃の回転をすぐに停止することも可能です。

直線切りはもちろん、45度の斜め切りも可能となっており、家具を製作するときには非常に便利です。

プロの現場で使うには少しパワーが足りませんが、DIYなら十分に能力を発揮してくれる電気丸ノコ。6000円前後と値段が安いため、気軽に購入することができます。

口コミの評判

・回転数もあるし、必要十分な性能です。2x4材も構造合板もすんなり切れます。
・8mmの合板を切断したが、軽くほぼ真っすぐに切ることができました。重量も軽く扱いやすい感じです。DIYであれば十分使えると思います。
・音も比較的小さく、コスパ的にもに優れており、一般ユースならば十分だとおもいます。
・パワフルで性能に不満無し、丸ノコを扱った事がある方なら全く問題なく使用出来ると思います。

6位:リョービ 丸ノコ チップソー付 W-1900 610909A

リョービ 丸ノコ チップソー付 W-1900 610909A

リョービの木材の切断に最適な丸ノコです。

鉄板ベースの丸ノコで、木材の切断に合わせて設計されています。そのため金属や石材などの切断はできません。

鋭い切れ味と美しい仕上面の52Pチップソーを採用しており、木材の切り口も非常にキレイに仕上がります。

45度の斜め切り機能を搭載しており、丸ノコを傾けて木材を切断することができます。狙い通りの形に簡単に切断可能です。

電源コード5mあり、コンセントの位置を気にすることなく使用することが可能。使用の際にも電源コードの長さを気にせず材料を加工できるため取り回しに優れています。

滑りにくいソフトグリップを採用しており、本体をしっかり保持して安全に使うことができます。

チップソー、ソーガイドフェンス、スパナが付属しているため、丸ノコのメンテナンスも完璧です。

リョービの幅広い用途に使える質実剛健な丸ノコ。鉄板ベースで少し重いですが、基本性能がしっかりしているため安心して使うことができる1台です。

口コミの評判

・私のような非力な素人ユーザーでも使いやすく、よく切れます。去年の夏、八畳の床を板張りにするDIYで使用しましたが、全く問題なく、今後も愛用させて頂きます。
・主に柱の切り込みに使っています、丸鋸の切れ味もよいと思います。力ももうしぶんありませんね。使い始めてもう2年になります。もう財産の一つかと思います。
・パワフルなわりに使い勝手が良く、日曜大工レベルなら十分です。
・どうせ買うなら、ノコ幅が大きい1900を購入。自宅のDIYでつかっていますが、とても使いやすいです。リョービはコスパもあるし性能もマル。

5位:マキタ 電気マルノコ アルミベース 5837BA

マキタ 電気マルノコ アルミベース 5837BA

マキタの圧倒的な基本性能でどんな木材も思い通りに切断できる電気丸ノコです。

アルミベースの電気丸ノコで、軽量かつ頑丈なため非常に扱いやすい製品です。刃物径も190㎜あるため分厚い材料を切断することができて、幅広い使い方に対応できます。

45度の斜め切りが可能となっており、材料をスムーズに加工することができます。

コードの長さは5mあるため、取り回しに優れており作業中にコードの制限を受けにくくなっています。

切り粉は後部から排出される構造を採用しているため、切断中に発生する粉塵で作業が滞る心配がありません。また集塵機を接続できるようになっているため、粉塵をスムーズに処理して作業場をキレイに保つことができます。

さらにブロワ機能も搭載しているため、墨線上の切り粉を除去しながら正確な作業を行うことができます。

切込み深さ調整、平行定規の位置調整はワンタッチ固定となっており、操作性にも優れています。

そのほかにもレーザーダブルスリットチップソー、LEDライト、通電表示ライトなどを搭載しており、多彩な機能で使用者をサポートしてくれます。

基本性能が優れているのはもちろんのこと、多彩な機能によって作業を効率的にスムーズに行うことができる丸ノコ。作業効率が上がるだけでなく、材料の仕上がりもワンランクアップするため、予算に余裕があるならこの電気丸ノコを選んでおきましょう。

口コミの評判

・これは、木材加工を行う人は持つべきツールです。作業が10倍速くなります。仕上がりもキレイなので大満足。
・もう7年くらい使ってます。未だに修理にもだしてません。トラブル知らずでメインのマルノコとして本当に重宝してます。
・作業能率は向上し、おもしろいようにはかどります。大満足です。
・使い捨て感覚で非常にハードな使い方をしていますが、期待以上に長持ちします。

4位:TACKLIFE 丸ノコ PES01A

TACKLIFE 丸ノコ PES01A

レーザーガイドによって狙い通りに切断することを容易にする丸ノコです。

直線切りはもちろんのことを45度の斜め切りにも対応しており、思い通りの角度で材料を切断することができます。

ハイパワーで毎分4500回転という高速回転の刃でスムーズに材料を切断。作業効率を高めることができます。

レーザーガイドが搭載されているため、切断するべきラインを確認しながら切断することが可能。真っ直ぐな直線に切断することができ、作業の失敗を未然に防げます。

木材はもちろん金属を切断することも可能で、材質を選ばず幅広い材料の加工に使用することができます。

人間工学に基づいた補助ハンドルを搭載しており、ボディをしっかり保持することができます。両手で安定した作業を行えるため、腕力のない女性でも扱いやすくなっています。

性能と機能の割には値段が安い丸ノコ。レーザー機能が非常に魅力的で、切断するラインを可視化できるためキレイな直線に切断することができます。予算を抑えつつ多機能な丸ノコを求めているなら、この丸ノコがうってつけの丸ノコといえます。

口コミの評判

・日立やマキタの有線及びワイヤレスの丸ノコを使ってきましたが、使い勝手は悪くありませんが、比較するとやはり重たいです。
・レーザーガイドが付いていて薄暗い現場での作業にはマーキングが見えにくくなることがあるので無いよりかはあった方が便利です。
・製品としては剛性もあり、値段も安いので重量を除けば、機能的でコスパの良い製品だと思います。
・レザー付きで直線が分かりやすく大変便利です、普通の、電のこよりは、少し重いです!軟鉄も、切れる替刃が付いてるのも、嬉しいですね。

3位:マキタ 電気マルノコ M565

マキタ 電気マルノコ M565

マキタの軽量で誰にでも簡単に扱うことができる初心者向きの電気丸ノコです。

重量3.0kgと軽量が持ち味の電気丸ノコで、アルミベースの本体は取り回しに優れており軽快な使い心地を実現してくれます。

45度の斜め切り機能を搭載しており、直角だけでなく斜めにも材料を切断することが可能。スムーズに材料加工することができます。

基本性能が非常に高く、毎分5500回転という高速で刃が回転し、材料をスパッとキレイに切断することができます。切り口も非常に滑らかです。

ブロワー機能を搭載しており、作業中に発生する粉塵を飛ばしながら作業を進めることができます。粉塵に邪魔されず狙い通りの切断を約束してくれます。

大型のトップガイドを搭載しており、墨線合わせも容易に行うことができます。

フラットなモーター底部となっているため、本体を立てれば刃物を簡単に交換することができます。

コンパクトかつ軽量で取り回しに優れている電気丸ノコ。プロの現場で活躍できるほどの基本性能を備えているため、DIYでは十分な働きをしてくれます。小さくて基本性能がしっかりした丸鋸を探しているなら、この丸ノコがオススメです。

口コミの評判

・マキタの工具でこの値段で買えたのはうれしい。最初から付いてる刃も初心者の私には十分です。刃の調整も簡単ですし買ってよかった。
・今までのこぎりで切ってましたが材料切るのが大変楽になりました切り口も綺麗で直角が出ますから組み立ても楽。早く使えばよかったです。
・DIY用に購入しました。コンパクトなのにパワーがあり良かった。
・安いのにアルミベースでしっかりしています。取り回しも軽く、扱いやすい。

2位:リョービ 丸ノコ MW-46A 610509A

リョービ 丸ノコ MW-46A 610509A

リョービの初心者にピッタリなコストパフォーマンスが抜群の丸ノコです。

本体重量が2.1㎏と非常に軽量なのが特徴で、取り回しに優れており初心者や腕力ない女性でも簡単に扱うことができます。

45度の斜め切り機能を搭載しているため、思い通りに木材を加工することが可能。ちょっとした家具を作るときにも大変便利です。

別売りされている集塵ノズルと集塵ホースで集塵機に接続すれば、集塵機能を利用することが可能。作業中に発生する粉塵もスムーズに除去することができ、作業を効率化できるだけでなく作業場が粉塵で散らかるのを防ぐことができます。

値段が非常に安いのも、この丸ノコが選ばれる理由。6000円前後と、丸ノコを中でも最安値クラスなっているため選びやすい丸ノコです。

DIYには十分な性能と機能を兼ね備えており、取り回しに優れている丸ノコ。なおかつ値段が安く気軽に購入して試すことができる製品です。とりあえず丸ノコが欲しいなら、まずはこの丸ノコお試してみましょう。

口コミの評判

・ノコギリには戻れません。操作も簡単で家庭用DIYには最適かと。私はウッドデッキ作りに使用しました。大活躍‼️
・六畳の部屋を、たたみからフローリングにするのに使いました。丸ノコは初めてでしたが、端材を切って練習しただけでも、パーティクルボードやフローリング材が(そこそこ)きれいに切断できて仕上がりも満足です。
・初めて購入した電動ノコギリです。日曜大工でコンパネを切ることが多く、これまでは手引きノコで苦労していた作業がギューンと簡単に終わる。もっと早くに購入すれば良かったです。
・安くて良い物です!DIYにはコスパ最高です、新品がこの値段で。

1位:日立工機 電気丸のこ FC6MA2

日立工機 電気丸のこ FC6MA2

日立工機のアルミベースで扱いやすい性能と機能のバランスが取れている電気丸ノコです。

高剛性アルミベースを採用しており、安定した切断を実現することができます。1050Wのパワフルなモーターを搭載したことで、固い素材も力強く切り進むことができます。

平行度微調整機能を搭載しており、ベース側面と刃の平行度を調整ネジで簡単に調整することが可能。まっすぐに材料を切断するときに非常に便利です。

また直角度調節機能が付いており、ベースと刃の直角度を調整ネジで微調整することができます。

もちろん45度の斜め切り機能も搭載しているため、思い通りの木材の加工が可能です。

ソフトグリップを採用しており本体重量は3.0kgと軽量なため、DIY初心者や女性でも簡単に扱うことが可能。多少腕力はなくてもしっかりと本体を保持して安全に材料を切断できます。

静音性にも優れているため、住宅地などできるだけ騒音を抑えたい場所で使用するのにも向いています。

無駄な機能がなく基本性能をトコトンまで追求している使いやすさにこだわった丸ノコ。値段もお手頃で耐久性にも優れているため、長く使うためにある程度しっかりとした丸ノコを探している人は、この電気丸ノコで決まりです。

口コミの評判

・人生で初めての丸鋸の購入ですが、値段のわりに高性能だと思います。
・DIYで使うには必要にして十分です。旧タイプも持っていますが、このタイプより1050Wタイプのモータが使われており、結構パワーアップされてます。
・丸ノコはこれが初めてですが、文句をつけるところが見つかりません。この値段でこの性能は大満足。今後も日立の丸ノコにしたいです。
・日曜大工であれば十分だと思います。特に何の問題もなく使用しています。

充電バッテリー式丸ノコのオススメ人気比較ランキング

ここからはコードが邪魔にならず取り回しに優れた充電バッテリー式丸ノコのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、サイズ、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

7位:日立工機 コードレス丸のこ C14DBL

日立工機 コードレス丸のこ C14DBL

日立工機のブロワー機構が搭載されている丸ノコです。

ブラシレスモーターを採用している丸ノコで、1回の充電で行える作業量がアップ しています。モーターは最大出力450Wで、材料を素早く切断することができます。

電子式のスイッチを採用しており、スイッチへの電流負荷が少なく長寿命。軽い引き力で操作性が向上しています。

丸ノコを使っていると怖いのがキックバックですが、モーターの回転数の変化を監視して、モーターの回転速度が急激に低下しときには、瞬時にモーターを停止することでキックバックの動きを軽減します。

軽量かつコンパクトでバランスのことまで考えられた設計によって操作性が向上。ハンドルと重心の距離が短く扱いやすくなっています。作業時の疲労も大幅に軽減し、長時間の作業でも疲れにくくなっています。

刃の交換も簡単に行えるようになっており、本体横向きにしても安定し、刃交換の作業性も向上しています。

使っていると音が気になる丸ノコですが、低騒音化に加えてサイレントモードを搭載したことで騒音を最小限に抑えることができます。

コンパクトながら多彩な機能を搭載したことで使い勝手が非常に良くなっている丸ノコ。キックバックに対応していたり静音性に優れていたりと、使用者のことをしっかり考えた機能が満載です。

口コミの評判

・いちいち手鋸で切っていた物が素早く切れてかなり楽になりました。
・値段は通常品より少しだけ高いですがデザインがかなり気に入り購入して、良かったと思います。
・軽くて力もあり、斜めカットなどもできるのでこれから楽しみです。サイレントモードもありがたいです。
・バッテリーが付く分重くなるのでは、と思っていたのですが軽くて扱いやすいです。また、音も静かでとても良いです。

6位:マキタ 充電式マルノコ HS631DZS

マキタ 充電式マルノコ HS631DZS

型枠から造作作業まで全ての作業を1台でこなすことができるマキタの丸ノコです。

ハイパワーの大型ブラシレスモーターを採用しており、史上最速の毎分5000回転を実現。圧倒的なパワーで軽い切れ味を実現します。

さらに切断負荷に応じて自動変速するため、ムダな電池消費を抑えて静音性にも優れています。

バッテリー配置を見直し、ハイパワーブラシレスモーター搭載などにより、クラス最短全長を実現。重心に配慮した最適バランスによって水平に保持がしやすく扱いやすさが向上しています。

新・平行定規固定ツマミの採用で、固定精度が大幅に向上。さらに新平行度微調整機構付によってベース側面とノコ刃の平行度をより高精度に保ちます。

ブロワー機能の搭載によって作業中に発生する切り粉を排除。後部に切り粉を排出することが可能。切り粉によって作業が邪魔されません。

45度の斜め切り機能が搭載されており、角度を調節できるため思い通りの形に材料を仕上げることができます。

軽量かつハイパーで圧倒的な作業スピードを約束してくれるマキタの高性能な丸ノコ。値段は高いですが、値段相応の働きをしてくれるため買って損はない丸ノコです。

口コミの評判

・お手軽で便利。バッテリー式なのでコードのまとわりつきがないので手軽に作業が出来るため便利。
・パワーがあるので良いです。
・バッテリーの割にパワフルであり、薄板切断にはもってこいです。
・思ってたよりも軽く使いやすいです。

5位:マキタ 充電式マルノコ HS300DZ

マキタ 充電式マルノコ HS300DZ

マキタの鉄板ベースの世界最小クラスの小型丸ノコです。

刃径が85mmと非常にコンパクトで、重量はわずか1.4kg。世界最軽量となっており、誰でも簡単に扱うことができます。その重さは充電式インパクトドライバと同等で、軽快な取り回しによって手ノコ感覚で使用することができます。

毎分1400回の高速回転によって圧倒的な切断スピードを実現。1回の充電で合板なら70枚が切断できる豊富な作業量で材料の切断作業をサポートしてくれます。

ブロワー機能が付いており、切り粉を吹き飛ばすため作業の効率化が可能。集塵機接続することもできるため、材料の切断によって発生する粉塵を抑え、作業場を散らかさずに作業ができます。

傾斜切断も可能で、材料を斜め45度に切断することができます。

小型のため丸ノコとしてのパワーは強くありませんが、DIYには十分な性能を誇り、圧倒的な使いやすさを実現している丸ノコです。誰でも簡単に扱うことができ、充電バッテリー式ながら値段が非常に安いのも選ばれている理由です。

口コミの評判

・これ一台で何でもというわけにはいきませんが、それなりの使い方をすれば十分です。
・小さくてかわいい感じですが、使ってみるとかなり便利です。おすすめしたい一品です。
・手ノコより早く、楽です。小柄で、軽いので、最高です。
・思っていたよりもずっと役に立っています。軽くて取り回しもよく、力も十分です。柱は苦しいかもしれませんが、板なら24ミリの厚さをへっちゃらです。

4位:日立工機 コードレス丸のこ C18DBAL

日立工機 コードレス丸のこ C18DBAL

小型ながら圧倒的な切断スピードを実現している日立工機の丸ノコです。

型枠材60mmを一発で切断可能なパワー誇り、クラス最小、最軽量ながら、クラストップの切断スピードを実現しています。

モーター最大出力が従来機に比べて65%アップしており、作業量も切断スピードも圧倒的に向上しています。

本体重量は3.0kgと軽量なため扱いやすく、また長時間の作業でも疲れにくくなっています。

扱いやすさは重量によるものだけではありません。ハンドルと重心の距離が近く、優れた操作性を発揮。腕に負荷がかかりにくいため、作業の疲労を軽減します。

サイレントモードを搭載しているため、音を抑えたい現場では大活躍。リフォームや内装工事といった騒音が問題になる場所でも静かに作業することができます。

丸ノコを使っていると一番強いキックバックを抑えるキックバック軽減システムを搭載しているため、いざというときにも安心です。

別売りでフッ素プレートが販売されているため、フッ素プレートを装着すれば摩擦抵抗を軽減して切断スピードをさらに向上させることができます。

LEDライトを搭載しており、手元が暗くなるような場所でも明るく照らして作業をしっかりサポートしてくれます。

扱いやすい重量でパワーもスタミナも群を抜いている丸ノコ。プロの現場でも活躍できる性能を秘めており、できるだけ騒音を抑えたい人にもオススメできる丸ノコです。

口コミの評判

・見た目と使用感がとてもいい感じです。力もコードレスにしては問題なく使用しております。使えば周りの人たちは皆、見に来ます。とても良い品物です。
・使用者が嬉しそうに使っています。これまでのようにコードを気にする必要が無いのが一番。
・コンパクトで使用感抜群です。すべての器機を同じサイズのバッテリーにして使用しております。
・60ミリ厚物切れてコードレス、パワー十分もう少し軽くなれば文句無しだがそれは贅沢かな?コードが無い事がこれほど快適か改めて実感。プロ必須、逆にアマには贅沢品かな?

3位:ブラックアンドデッカー マルチツール プラス EVO183P1

ブラックアンドデッカー マルチツール プラス EVO183P1

ブラックアンドデッカーのマルチツールに丸ノコが搭載された製品です。

インパクトドライバー、ドリルドライバー、サンダー、丸ノコがセットになっているブラックアンドデッカーの製品で、丸ノコはもちろんのことDIYに必要な工具を1台でまかなうことができます。

マルチツールを使うにはヘッドを取り替えるだけ。さまざまな作業がヘッド交換だけで簡単に行うことができます。

丸ノコの性能は刃の外径が85㎜とコンパクトで、回転数は毎分3400回、最大切り込み深さは21mmとなっています。

丸ノコとしては多少パワー不足ですが、DIYの作業には十分な性能となっており、他の工具も使用できることを考えれば圧倒的な利便性を誇ります。

LEDライトが搭載されているため、暗い場所でも明るく照らして作業サポートします。

丸ノコを求めている人の中でインパクトドライバーやドリルドライバーを持っていない場合に、この製品を買っておけば多くの作業を1台でこなせるため非常に便利です。

丸ノコとしての性能も十分で、手ノコに疲れている人なら圧倒的な作業の効率化が可能になります。

口コミの評判

・値段もお手頃でアタッチメントも充実しているのでこちらにしました。機能的にもしっかり使え数ヶ月経った今でも壊れなく使えているので良さそうです。
・丸ノコは用途が限られますが、マルチのこぎりも一緒に購入したので、あまり問題になりません。自分で家を建てる訳ではないので(笑)小さくても丸ノコがあるという事は、とても重要ですね。
・丸ノコが小さいのが気になっていましたが、切れるところまで切って、残りは手ノコで切るか、反対側をさらに丸ノコで切って使っています。とくに不便は感じません。
・丸ノコの刃の径が小さく、2x4材は表裏二往復しないと切れないですが、それぞれの工具を買うよりも、かなりリーズナブルでおすすめできます。

2位:日立工機 コードレス集じん丸のこ C18DYBL

日立工機 コードレス集じん丸のこ C18DYBL

日立工機の高効率で作業を進めることができる丸ノコです。

作業量とスピードを両立した丸ノコで、効率よく材料を切断できるため作業量をアップすることができます。

軽量かつコンパクトな上にバランスにも配慮された設計となっており、非常に持ちやすく作業の負担を軽減することができます。取り回しにも優れており、長時間の作業でも疲れることがありません。

サイレントモードを搭載しており、静音性に優れた低騒音化とモーター効率アップによって静かに材料を切断することができます。住宅街など騒音が問題になりやすい場所でも気兼ねなく使用することができます。

丸ノコを使っているときに発生すると怖いキックバックですか、モーターの回転数の変化を開始し、回転数が急激に低下するとモーターが停止するキックバックを低減するシステムが搭載されているため、キックバックが怖い人も安心して使うことができます。

モーター部と電池取り付け部にソフト材を設けることで、本体を横置きしても安定します。そのため刃の交換も簡単に行うことができます。

そのほかにもブロワー機構や高輝度LEDライトなど、作業をサポートしてくれる多彩な機能を搭載しています。

ハイパワーで取り回しにも優れている高性能な丸ノコ。多彩な機能によって使い勝手が優れており、他の丸ノコでは難しい心地よい使い勝手を実現してくれる1台です。

口コミの評判

・仕事で旦那さんが使ってます。文句ないようです。
・これから使用するので、使用感はこれからですが、大きすぎず、重さも負担にならないので作業捗るんじゃないかと思います。

1位:マキタ 充電式マルノコ アルミベース HS470DZ

マキタ 充電式マルノコ アルミベース HS470DZ

マキタの丸ノコに必要とされる性能と機能を集約した汎用性に優れた丸ノコです。

アルミベースで軽量かつ耐久性に優れており、取り回しに優れているため誰でも簡単に扱うことができます。また軽量のため作業の負担が腕にかかりにくく、長時間使用しても疲れにくくなっています。

圧倒的なスタミナを誇る大容量の6.0Ahのバッテリーを採用しており、長時間の作業も可能です。またバッテリーは残容量を表示することができ、自己故障診断も可能なため、充電バッテリー式丸ノコを選ぶうえで避けることができない充電バッテリーの管理も容易に行うことができます。

自動変速システムを搭載しており、スピード重視の切断もパワー重視の切断も状況に合わせてスムーズに行うことができます。柔らかい素材も硬い素材も、難しいことを考えずにキレイに切れます。

ハイパワーのブラシレスモーターを採用しており、電子部品の高性能化と回路設計技術向上によってさらに高性能化を実現しています。モーターのパワーを損なうことなく高出力が可能となったため、クラス最速、最軽量を実現することができました。

そのほか、ブレーキ、ソフトスタート、ブロワー機能、高輝度 LEDライト、切り粉後部排出と使いやすさを実現するための多彩な機能も備えています。

値段もお手頃で使いやすく性能と機能にも優れている全く隙のない丸ノコ。とりあえず性能と値段のバランスに優れた丸ノコを探しているなら、この丸ノコを選んでおけば間違いありません。

ほとんどの作業で使っていてパワー不足を感じるようなこともないため、長年使用することができます。

口コミの評判

・毎回電ノコ作業は重くて大変で苦痛でしたが、この充電式ノコを買ったおかげで木工作業が楽しくなりました。軽くて取り回しがいいので長尺木材も正確に切ることができるようになりました。角度を変えられるのはあまり使用頻度はありませんが機能としては便利そう。
・よく使う材料は2x4が多いのですが、大きさ、重さも適しており、作業がはかどります。
・充電式で コードレス、軽くてコンパクト、重心の位置も安定しており、すばらしい切削感を味わえる。負荷が少ないので、電池のもち も良く、悪い点が見当たらない。
・充電式なので場所を選ばず使用できるので、仕事の能率が上がりました。

まとめ

DIYで材料を加工している人の中には、手ノコで材料を切断している人も少なくありません。ちょっとしたDIYなら手ノコでも問題ありませんが、木製のフェンスや家具を作るなど多くの材料加工をしなければならないなら、すぐに丸ノコを用意しましょう。

丸ノコを購入した多くの人が、早く買わなかったことを後悔しており、圧倒的な疲労の軽減と作業効率の高さから、一度使えば丸ノコのない材料の加工は考えられなくなります。

刃が高速で回転するためちょっと怖いイメージもありますが、使い方を守れば全く危険はなく安全に使用することができます。値段の安い製品も取り揃えられているため、普通のノコギリしかないなら思い切って丸ノコを購入してしまいましょう。

切断工具については以下の記事を参照してください。

ジグソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

電動ノコギリ(レシプロソー)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 家庭用小型充電式から使い方まで

丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

卓上丸ノコ・スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

高速切断機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方次第で木材や金属も切断

バンドソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 卓上タイプから充電タイプまで

卓上糸ノコ盤のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 電動工具・エア工具 , , , , , , , , ,