業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 オフィスの清掃を自動で効率化

      2018/07/30

人気の業務用ロボット掃除機

オフィスの清掃を効率化ししたいときに大活躍するのが業務用のロボット掃除機。強力な吸引力でゴミを回収してくれるため、常に清潔な環境で仕事に打ち込むことができます。

ところがいざ業務用ロボット掃除機を探そうと思っても、マキタ、エコバックス、アイロボットなどのメーカーがさまざまなロボット掃除機を販売しておりどれを選べばいいのかわからなくなります。

そこで今回は、低コストで常にオフィスを清潔にできる業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。清掃作業が簡素化するため、コストの削減が可能になります。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ロボット掃除機とは?

家庭用に販売されていることがほとんどのロボット掃除機の中で、業務用に向いているロボット掃除機とはどのような製品なのでしょうか。まずは基本的なロボット掃除機についてご説明します。

部屋を自動的に掃除してくれるロボット

ロボット掃除機は、床を掃除する機能を搭載したロボットのことです。

一般的なロボット掃除機は、吸引機構とブラシによるゴミの掻き込み機構を備えており、床に落ちているごみやホコリを自動的に回収します。

吸引機構と掻き込み機構によって、床に落ちているゴミはもちろんのこと、部屋の隅やデスクとオフィスチェアの隙間など細かな部分の掃除も行うことができます。

基本的には電動式となっており、ロボット掃除機を稼働させるためには充電が必要不可欠になります。

フロアタイルもカーペットも掃除できる

床の掃除といっても、オフィスによって床の状況はさまざまです。オフィスにおける床の状況の大きな違いがフロアタイルとカーペットです。

特にカーペットは製品によっても毛足の長さが異なるため、どのようなカーペットを敷くかによって床の状況が大きく違います。そのためロボット掃除機が掃除をする床は、多種多様なものとなります。

ロボット掃除機は、そんなさまざまな状況の床にも対応できるように設計されており、基本的にはフロアタイルでもカーペットでもしっかり掃除することができます。

もちろんロボット掃除機の機種によって、フロアタイルが得意なロボット掃除機やカーペットが得意なロボット掃除機が存在します。

しかしどのロボット掃除機でも基本的にはフロアタイルからカーペットまで対応可能。フロアタイルとカーペットの境界に生じる段差も乗り越えられるように設計されています。

段差を乗り越える

ロボット掃除機は、多少の段差なら乗り越えることができる能力を備えています。

ロボット掃除機によって段差乗り越え能力は異なり、7.5mm~20mm程度に対応しています。つまり1㎝前後の段差なら、ほとんどのロボット掃除機が乗り越えられます。

オフィスの中に発生する段差として多いのが、フロアタイルとカーペットの境界線、部屋と部屋との間仕切り、配線コードです。

オフィスで障害となりやすいのが配線コードです。

配線コードに関しては、ロボット掃除機では乗り越えるのが難しいため、できるだけ掃除の邪魔にならないようにまとめるなどの工夫が必要になります。引っ掛かると機器にトラブルが発生する原因にもなります。

部屋に大きな段差がある場合には、段差乗り越え能力をしっかりチェックしておきましょう。

センサーで階段からの落下を防ぐ

ロボット掃除機にはセンサーが搭載されている製品が多くあり、障害物を避けたり落下を防いだりする機能が搭載されています。

ロボット掃除機を選ぶ時に心配になるのが階段や大きな段差からの落下ですが、ほとんどのロボット掃除機に落下防止機能が搭載されているため、ロボットが階段から落ちて壊れるようなことはありません。

落下防止対策を施さなくても、ロボットが自動的に判断してくれるため安心して2階や3階の掃除を任せることができます。

自動的に掃除を開始して給電する機能も

高性能なロボット掃除機の中には、予定していた時間に掃除を開始するという機能を搭載した製品もあります。

プログラム通りに掃除を行うため、就業から始業までの人がいない時間帯に掃除することが可能。また掃除が終われば、自動的に給電スタンドに戻って給電を行うロボット掃除機もあるため、充電の管理も楽になります。

オフィスの掃除はもちろんのこと、ロボット掃除機の管理自体もロボット掃除機に任せることができます。

アプリに対応したロボット掃除機も

最新型のロボット掃除機の中には、アプリに対応した製品も存在します。

外出先からアプリでロボット掃除機を操作して部屋を掃除させることも可能。帰宅後にも遠隔操作で思い通りの掃除が実現します。

ロボット掃除機を思う存分使いたい場合には、アプリに対応したロボット掃除機も検討しましょう。

床拭き対応のロボット掃除機も

フロアタイルやフローリングを掃除するロボット掃除機もありますが、さらに拭き掃除に対応したロボット掃除機も存在します。

モップと水を使ってキレイに拭き掃除ができるため、吸引では掃除するのが難しい細かなホコリや砂なども回収することができます。

またフローリングは、普通の掃除機をかけているだけではベタつきが気になる場合もありますが、拭き掃除ができるロボット掃除機ならそんな気になるベタつきも解消することができます。

部屋が土足厳禁でフローリング中心となっているオフィスでは、拭き掃除に対応したロボット掃除機もオススメです。

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 水拭き掃除でモノを避けて床を傷つけない

ロボット掃除機が導入できるオフィス・仕事場

どんな職場でもロボット掃除機が活躍できるわけではありません。ロボット掃除機を導入することができるオフィス・仕事場をご紹介します。

ゴミが多すぎる職場

自動的にゴミやホコリを回収してくれるロボット掃除機ですが、常識を超えるような汚れ方をしている職場ではうまく機能しません。

基本的にロボット掃除機は家庭用の製品として開発されているため、極端にゴミが多い場所ではダストボックスの容量がゴミに追いつかずすぐに動作が停止してしまいます。

例えば美容院などでは、大量の髪の毛を掃除しなければなりませんが、ロボット掃除機のダストボックスの容量では全ての髪の毛を回収する前にダストボックスがいっぱいになってしまいます。

そのため、あまりにも多いゴミが出るような職場には、一般的なロボット掃除機は不向きです。

床が濡れている職場

ロボット掃除機は、乾いた場所を掃除することを念頭に設計されており、液体で濡れているような床の上で使用すると故障の原因にもなります。

大量に水を使うような職場では、床が濡れることも多いためロボット掃除機には不向きです。

ロボット掃除機は、乾燥した状態が保てる床の上で使用しましょう。

デスクやチェアで入り組んでいる職場

オフィスいっぱいにデスクやチェアが設置されていたり、荷物が床に置かれていたりすると、ロボット掃除機が動き回るための空間を確保できません。

ロボット掃除機は直径35㎝程度なっているため、あまりに狭い場所には物理的に入り込むことができません。その結果、部屋の隅々まで掃除することが難しくなり、ロボット掃除機を導入しても効果を得られなくなります。

ロボット掃除機が動き回るだけの空間を確保できないオフィスでは、ロボット掃除機が満足に掃除できないため導入する意味がありません。

配線が床にはっている職場

ロボット掃除機が苦手としている障害物のひとつがケーブルやコードなどの配線です。

オフィスでは、パソコンや電話などの配線が床の上をはっていることも珍しくありません。配線が多い床の上では、ロボット掃除機も思い通りに動くことができません。

さらに、ロボット掃除機がケーブルやコードを引っ張ることによってつながれている機器が落下して破損するなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。

そのため、ロボット掃除機を導入しようと思っているオフィスでは配線を壁にはわせたり固定して段差をなくすなどの対策が必要になります。

セキュリティセンサーが作動している職場

夜間に侵入者を感知するため、セキュリティセンサーを作動させているオフィスも少なくありません。そんなオフィスでロボット掃除機が夜間に動き回ると、セキュリティセンサーが誤作動を起こすことがあります。

セキュリティセンサーは、動くものを感知しているためロボット掃除機か否かは判断できません。

セキュリティセンサーを導入しているオフィスでは、ロボット掃除機の導入を控えるか、セキュリティセンサーが動作していない時間帯に掃除を行うなどしましょう。

ロボット掃除機をオフィス・仕事場に導入するメリット

ロボット掃除機オフィスに導入することで、具体的にどのようなメリットを得られるのでしょうか。

掃除に必要な費用を削減できる

掃除に人手を割けば人件費が発生します。また清掃業者を雇えば、その分、費用が必要になります。

ロボット掃除機を導入するのには費用が必要ですが、人件費や清掃業者の費用を考えれば圧倒的なコストパフォーマンスを発揮することができます。

掃除にかかわる費用をできるだけ削減したいなら、積極的にロボット掃除機を導入しましょう。

雑務が減り仕事に集中できる

掃除などの雑務が増えると、どうしても仕事に集中できなくなります。その結果、本業の仕事で高いパフォーマンスを発揮できないこともあります。

掃除をロボット掃除機に任せれば、人が掃除をする回数を減らすことが可能。掃除に意識を向ける必要がないため、仕事に集中して取り込むことができます。

雑務をできるだけ減らして本業に集中したいならロボット掃除機にサポートしてもらいましょう。

人がいない夜間に掃除できる

仕事でオフィスを使っている間に掃除をするのは至難の技です。一方で人がいない時間帯に掃除をするとなると、残業余儀なくされてしまいます。

ところがロボット掃除機なら、プログラム通りに掃除を行うことができるため、夜間などの人がいない時間帯にも掃除が可能になります。

人がいない時間帯なら掃除も効率的に行うことが可能です。

仕事をしている人を邪魔せず、また仕事をしている人が邪魔にならない掃除を実現するのがロボット掃除機です。

オフィスがロボット掃除機向きの環境

オフィスは、基本的に整理整頓されておりモノが少ないためロボット掃除機が活躍するのに向いている環境といえます。

業種などによってオフィス環境が異なるため一概には言えませんが、多くの場合、ロボット掃除機は効率的に働くことができます。

モノが多く散らかりやすい家庭よりも、モノが少なく整理整頓しやすいオフィスこそロボット掃除機が活躍する場所なのかもしれません。

安定した清掃能力を実現する

掃除を当番制にすると、掃除をする人によって掃除の精度や片付け方も変わります。また掃除の精度によって丁寧に掃除をする人といい加減に掃除をする人の間で不公平感が発生し、人間関係のトラブルの原因にもなります。

しかしロボット掃除機なら、安定したクオリティで掃除を行うことが可能。個人の能力に関係なく、一定の清潔さを保つことができます。

個人の力量に頼らず安定したクオリティで掃除ができるのは、機械であるロボット掃除機ならではの魅力です。

業務用ロボット掃除機の選び方のポイント

オフィスで使用する観点から選ぶ業務用ロボット掃除機は、どのように選ばなければいけないのでしょうか。業務用ロボット掃除機の選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

基本性能に優れているロボット掃除機なら、オフィスの隅々までキレイに掃除することができます。

ロボット掃除機の性能を決定付けるのが、吸引力とブラシの掻き込み能力です。

吸引力が強ければ、フロアタイルの目地の中のホコリやカーペットの中に入った砂埃までしっかりと吸引することができます。

またブラシも非常に重要で、ブラシの掻き込み能力が高ければ、ホコリをしっかり集めることができ、部屋の隅など吸引が届かないポイントもしっかり掃除することができます。

ロボット掃除機によって、フロアタイルの掃除が得意な製品とカーペットの掃除が得意な製品があります。ロボット掃除機の得手不得手についてもしっかりと目を光らせておきましょう。

機能

ロボット掃除機にはさまざまな機能が搭載されています。

衝突防止機能、落下防止機能、絡まり防止機能、段差乗り越え能力、ゴミ検知機能、自動充電機能、リモコン操作機能、進入禁止機能、アプリ対応などがあります。

ロボット掃除機の機能によって、できることとできないことがあります。機能が搭載されていなければ、使い方次第では非常に不便になってしまう場合もあります。

業務用ロボット掃除機の場合、タイマー機能があると非常に便利。決まった時間に掃除させることができれば、深夜など客や従業員がいない時間帯に掃除を行うことができます。

機能面は業務用として使用するロボット掃除機の使い勝手を大きく左右する部分です。しっかりとチェックしてから選ぶようにしましょう。

センサーとカメラ

ロボット掃除機の性能と機能を大きく分けるのが、搭載されているセンサーとカメラの精度です。

赤外線センサーが搭載されているロボット掃除機なら、進行方向の障害物を感知して避けたり衝突の衝撃を最小限に抑えたりすることができます。

また超音波センサーを搭載している製品なら、ガラスなど普通のセンサーでは検知することができない障害物にも対応することが可能になります。

カメラを搭載したロボット掃除機なら、部屋全体を把握して効率的に掃除するルートを見つけ出すことができます。

ロボット掃除機に搭載されている各種センサーによって、ロボット掃除機ができることの幅が大きく広がります。

業務用ロボット掃除機の場合、ロボット掃除機が大事な設備にぶつかって破損してしまったり、深夜にオフィスから物音がすると騒ぎになる可能性もあるため、できるだけ障害物を避けられるロボット掃除機を選びましょう。

サイズ

ロボット掃除機のサイズは、ロボット掃除機が入り込むことのできる隙間の大きさを決定付けるため、ロボット掃除機のサイズによって掃除の精度も変わります。

コンパクトなロボット掃除機なら、設備やデスクの下に潜り込んで掃除することが可能になります。またデスクやチェアの脚の周囲もキレイに掃除できます。

特にロボット掃除機の高さは見落としがちなポイントで、設備の下の隙間の掃除をロボット掃除機に任せたい場合には、ロボット掃除機の高さが隙間より低いことを確認しておきましょう。

ロボット掃除機のサイズは、掃除の際には物理的な制約となるため、オフィスの状況に合わせて最適なサイズのロボット掃除機を選びましょう。

ロボット掃除機の購入前に、掃除してほしいポイントの広さを測定して、広さに合わせたサイズのロボット掃除機選ぶのも賢い方法です。

バッテリー

ロボット掃除機はバッテリーを搭載しており、充電した電気によって掃除を行います。

そのためバッテリーの容量が多ければ多いほど、長時間の掃除が可能になります。掃除の時間が長ければ、その分、掃除の精度も高まります。

業務用ロボット掃除機の場合、掃除するオフィスが広いことも少なくありません。広いオフィスでは、長時間の掃除ができるロボット掃除機でなければ全体を掃除できない場合もあります。

バッテリー寿命の目安は充電1000回前後とされており、一般的には4年間で交換時期となります。

そのためロボット掃除機を選ぶときには、バッテリー寿命や交換バッテリーの価格も確かめておきましょう。

高性能なロボット掃除機はセンサーを使って効率的にゴミを回収できるため、無駄なバッテリー消費を抑えて結果的に製品寿命が長くなる場合もあります。本体価格だけでなく総合的に使える期間まで考えてロボット掃除機を選びましょう。

メンテナンス

掃除の手間を省くためにロボット掃除機を導入するのに、ロボット掃除機のメンテナンスに手間がかかっていれば本末転倒です。

ロボット掃除機は定期的なメンテナンスが必要で、ダストボックスに溜まったゴミの廃棄、劣化したブラシの交換、フィルターやダストボックスの洗浄が必要になります。

メンテナンスがしやすいロボット掃除機を選ぶことで、ロボット掃除機の管理にかかる手間や時間も省くことができます。

総合的に掃除に関わる手間と時間を抑えるために、ロボット掃除機の掃除のしやすさも考慮したロボット掃除機選びをしましょう。

ダストボックスの容量

オフィスの汚れ具合にもよりますが、一般的な家庭よりも多くのゴミが発生するオフィス。業務用ロボット掃除機には、ある程度のダストボックスの容量が求められます。

ダストボックスの容量が十分でなければ、オフィス全体を掃除する前にダストボックスがいっぱいになってしまい掃除を続行できなくなります。

そのため、余裕を持ってできるだけ大容量のダストボックスを兼ね備えたロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

耐久性

家庭よりも過酷な環境で酷使される可能性が高い業務用のロボット掃除機には、高い耐久性も求められます。

頑丈で壊れにくいロボット掃除機なら、長期間の使用が可能になります。

職場で使用される備品は、丁寧に扱われることはほとんどありません。多くの人に使われることもあるロボット掃除機は、多少乱暴に扱われても簡単には壊れない耐久性の高い製品を選びましょう。

静音性

ロボット掃除機も掃除機と同じように稼働中に音が鳴ります。またロボット掃除機が設備や壁にぶつかったときにも音が発生します。

従業員がいない時間帯にロボット掃除機を使うなら音はそれほど気になりませんが、従業員がいるときにロボット掃除機を使うとなると静音性は非常に重要になります。

特にオフィスで使用する業務用ロボット掃除機の場合、ロボット掃除機が掃除しているオフィスから移動して仕事することが難しく、騒音から逃れることが現実的には不可能です。

そのため、できるだけ静音性に優れたロボット掃除機を選ぶようにしましょう。静かなロボット掃除機なら、稼働音に悩まされる心配がありません。

価格

業務用ロボット掃除機は、一定以上の性能と機能が求められるため、3万円~15万円程度の価格帯となっています。

本格的な業務用のロボット掃除機を導入するなら、さらに高額となりますが、家庭用のロボット掃除機を業務用に応用するなら5万円前後のロボット掃除機でも十分に活用できます。

オフィスで使用する業務用ロボットは、絶対にトラブルが許されません。

ロボット掃除機を導入すること自体が高いコストパフォーマンスを発揮できるため、値段は度外視してでもできるだけ高性能で安心して掃除を任せることができるロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング

ここからはオフィスでも大活躍してくれる業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けします。

7位:アイロボット ロボット掃除機 ルンバ870 R870060

アイロボット ロボット掃除機 ルンバ870 R870060

アイロボットが提供するロボット掃除機の代名詞であるルンバの人気シリーズです。

性能と価格のバランスに優れたロボット掃除機で、効率的な掃除を可能にします。

ルンバ独自の技術である高速応答プロセス「アイ・アダプト」を搭載しており、高度な状況判断と理想的な清掃動作を同時に実現します。ルンバ自体が思考するため、より効率的な掃除を可能とします。

吸引力を最大化するエアフォースクリーニングシステムを採用。従来のロボット掃除機で使われているブラシと吸引による清掃ではなく、特殊素材のローラーによってゴミを浮き上がらせてハイパワーのモーターが生み出し気流によって吸い込みます。この技術によって、清掃性能を最大50%アップすることに成功しました。

優れた回避機能と走破性を誇り、段差感知機能によって階段からの落下を防ぎます。また床材に合わせてクリーニングヘッドを自動調整するため、さまざまな床に対応することが可能。オフィスの床も床材に関係なくキレイに掃除してくれます。

ダストボックスが大容量となっているため、一度に大量のゴミを溜め込むことが可能。オフィスを巡回してもダストボックスが満タンになることはありません。

高性能ながら値段が安く導入しやすいロボット掃除機。オフィスで使用するために必要な機能は全て備えているのはもちろん、大人気のロボット掃除機であるルンバということも高評価です。

口コミの評判

・掃除の手間が省けて、大助かりです!思ってた以上にごみを吸引してくれてます!
・よく働いてくれます。掃除の手間が大幅に軽減されました。もっと早く買えばよかった。
・雑巾がけしたみたいに、素足で歩いてもスッキリしています。悩みに悩んで購入しましたが、とても良かったです。
・充電は1時間かからず完了。スススと動きだして、スイッチバックや回転しながらお掃除してくれる姿は見てて飽きません。吸引力もバッチリで、一通り部屋を掃除したあと、こんなにホコリあったっけ?と思うくらい吸ってくれていました。機械自体のメンテも簡単です。

6位:アイロボット ロボット掃除機 ルンバ891 R891060

アイロボット ロボット掃除機 ルンバ891 R891060

アイロボットのパワフルな清掃力が自慢のロボット掃除機です。

特殊素材のローラーを使ってゴミを浮き上がらせて吸引するエアロフォースクリーニングシステムを搭載しているロボット掃除機。圧倒的な清掃力を誇ります。

床の種類に合わせて自動的に吸引口を最適な状態に調整できるため、どんな床でも高い精度で清掃することが可能です。

高さ10㎝以上の隙間なら潜り込むことが可能。狭い場所にも入り込んで通常の掃除では回収できないゴミやホコリもキレイに取り除きます。

エッジクリーニングブラシを搭載しており、部屋の隅や壁際なども丁寧に掃除していきます。

専用アプリを使えば、帰宅後にもロボット掃除機を稼働させることが可能。どこにいてもロボット掃除機でオフィスを掃除することができます。

AIスピーカーにも対応しているため、オフィスにAIスピーカーを設置しているなら話しかけるだけで掃除を開始することができます。

ロボット掃除機に求められる基本的な性能と機能を備えているのはもちろん、将来的に普及することが予想されているAIスピーカーにまで対応しているロボット掃除機。清掃能力の高さに加えて多彩な使い方ができるのが大きな魅力です。

口コミの評判

・ロボット掃除機ということで、初期設定があるだろうと思っていたら、ボタンを押すだけで使用できる。これはいい。
・細かいゴミがよくとれている。ただし、古い畳は少々むしり取られることもある。
・てっきり絨毯爆撃するようにジグザクしながらくまなく動いていくと思ったら、角度をつけてビリヤードのように壁面に当たっていく。ランダムな動きに見えてしまうが、それなりのロジックがあるのだろう。
・ひとつの部屋が終わっても、敷居を乗り越えて次の部屋の掃除を始めたのに、感心した。

5位:ダイソン ロボット掃除機 dyson 360 eye RB01

ダイソン ロボット掃除機 dyson 360 eye RB01

ダイソンの周囲をマッピングすることで効率的な掃除を実現するロボット掃除機です。

掃除機メーカーとして有名なダイソンの製品で、ダイソンならではの独自技術を搭載したロボット掃除機となっています。

従来のロボット掃除機にはない高い吸引力を実現するダイソンデジタルモーター V2とラジアルルートサイクロンテクノロジーを搭載。掃除機メーカーとして培った技術をロボット掃除機にも応用しています。

ロボット掃除機に搭載されているブラシバーは機体の全幅にわたり、1度の走破で効率的な掃除を実現します。

またブラシバーはモーター駆動となっており、ダイソンのキャニスター型掃除機のクリーナーヘッドテクノロジーを採用。静電気の発生を抑えながら効率的にゴミやホコリを掻き出します。

最大の特徴は360度のビジョンシステム。パノラマビューによって部屋中をカメラでとらえ、位置確認とマッピングを同時に行います。作成されたパノラマビュー画像によって壁や設備の位置を把握し、より効率的な掃除を行います。

専用アプリを使用すれば、離れた場所でもロボット掃除機の操作が可能になります。掃除の進行状況や成果も記録しておくことができます。

高い走破性によってオフィスの隅々まで走り回ることができ、効率的な掃除を実現してくれるロボット掃除機。掃除機メーカーとして高い評価を受けているダイソンの技術が詰め込まれているため、清掃能力は信頼できます。

口コミの評判

・大金出しただけある。ポリ袋を咥えた時など、止まるのでちょっと悔しくなりますがこいつに掃除を任せるメリットはでかいです。絨毯、フローリング関係なくきれいになります。
・床にゴミが張り付いて、以前使っていたロボット掃除機だとよく吸い取ってくれなかったのですが、今回ダイソンにしたらバッチリ吸いました。掃除後はきちんとホームに戻ります。静音モードなら、ほかのロボット掃除機と同じくらいの音なので、音は気になりませんでした。
・大変よく吸います。他者の製品に比べて掃除をしてくれた感は大変あります。さすかダイソンの吸引力です。毎日こんなにゴミが出るのかというぐらいゴミボトルに塵がたまってます。
・満遍なく丁寧に掃除してくれます。値段が高いですが、すごく助かります。

4位:アイロボット ロボット掃除機 ルンバ980 R980060

アイロボット ロボット掃除機 ルンバ980 R980060

アイロボットのルンバシリーズでも最高クラスの超高性能なロボット掃除機です。

ルンバ史上最高の清掃能力を誇りオフィス中隈なく掃除することができます。

センサー機能が充実しており、ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサーによって、フロア全体をナビゲーション。ルンバが部屋のどこにいるのかを自己認識することが可能でより効率よく掃除できるように動きもあります。

清掃できる面積が最大112畳のため、広いオフィスでも1台で十分掃除することができます。

エアロフォースクリーニングシステムを搭載しており、フローリング、カーペット関係なく特殊素材のローラーでゴミを浮き上がらせて強力な吸引力を誇るモーターでゴミを吸い込んでいきます。髪の毛やハウスダストもしっかり吸引します。

状況に合わせて考えながら動くことが可能で、ゴミが多い場所はキレイになるまで念入りに掃除します。デスクやチェアの脚周りのゴミも逃しません。

吸引力も自動的に調整することができ、床材に合わせて最適な吸引力で掃除を行います。

専用アプリに対応しており、どこからでもルンバを遠隔操作することが可能。清掃モードの設定やスケジュール管理もできるため非常に便利です。

ハンドルを搭載しているため持ち運びも簡単で、構造がシンプルなダストボックスはゴミ捨ても楽に行うことができます。

使いやすいのはもちろんのこと、圧倒的な成長能力でオフィスを隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機。高い清掃能力と長時間の清掃が行える大容量バッテリーが魅力で、広いオフィスでも期待以上の清掃を約束してくれます。

口コミの評判

・非常に満足。職場で使用しています。広いエリアも十分きれいにしてくれます。
・私たちの事業所はビルメンテナンスサービス、清掃のプロです。将来の本格的導入を踏まえて実証のために導入しました。
・全然動きがちがいます。カメラで空間認識をして動きます。まさにロボットです。動きを見ていて飽きません。規則正く順番に動いてくれます。
・毎日スティック掃除機で掃除をしていましたが、やれない時だけルンバちゃんにお願いしようと購入。テストで3日ばかり連続使用したら、どこにあったのか、ほこりをめちゃめちゃ吸って来ました。さらに、床も輝きだしました。家族に「雑巾がけしたのか?」と聞かれたほどです。結局、ほぼ毎日ルンバちゃんにお願いしています。生活が激変しました。

3位:エコバックス 床用ロボット掃除機 DEEBOT M88 DM88

エコバックス 床用ロボット掃除機 DEEBOT M88 DM88

エコバックスの水拭き掃除にまで対応しているロボット掃除機です。

多くのロボット掃除機は、吸引とブラシの掻き込みによってゴミを回収しますが、このロボット掃除機は水拭き掃除が可能となっています。そのためフロアタイルやフローリングをキレイに磨き上げる掃除も可能です。

掃除経路テクノロジーを搭載しており、より効率的なルートでオフィス中隈なく掃除することが可能です。汚れが多い場所などは、汚れが残らないように丁寧に掃除します。

2パターンの吸引力を使い分けることができるため、強力に掃除することも静音性を優先して静かに掃除することも可能です。

タイマー機能を搭載しており、決まった時間に清掃を行うことが可能。オフィスに従業員がいないタイミングで自動的に掃除を行うことができます。

スマートフォンアプリを使用して操作することも可能で、ロボット掃除機のスケジュール管理もスマートフォンで行うことができます。

しっかりとした吸引力に加えてロボット掃除機には珍しい拭き掃除機能まで搭載しているロボット掃除機。清掃能力と使い勝手はもちろんのこと、他のロボット掃除機に比べて値段が安くコストパフォーマンスに優れているも大きな魅力です。

できるだけ予算抑えてロボット掃除機を導入したいなら、このロボット掃除機がオススメです。

口コミの評判

・価格はまずまず、性能は必要充分以上です。
・1.5cmくらいまでの高さの敷居なら楽勝で乗り越える。
・階段や玄関などの大きな落差にはキチンと反応して迂回。
・自動充電機能。
・電池も含めて消耗部品の予備が全部ある。
・ゴミを捨てやすい。
・手入れしやすい。
・水拭きも専用アタッチメントを着けると一緒に出来る。
・専用アプリでiPhoneなどのスマホからWi-Fiを経由して操作。
・音が静か。
・動物の毛に強い。
・強いて弱点を言うとすれば、充電器戻す時は水拭きアタッチメントを外さねばならず、常時アタッチメントを付けている事が出来ないくらいです。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

2位:マキタ ロボットクリーナ RC200DZ

マキタ ロボットクリーナ RC200DZ

業務用に開発されたマキタのプロの現場で活躍するロボット掃除機です。

工具メーカーとして知られるマキタのロボット掃除機で、店舗での使用を前提として開発された製品です。

オフィス、店舗、倉庫の掃除を想定して開発されており、広い範囲を掃除するために十分な機能を兼ね備えています。

大容量バッテリーを2本搭載しており、最大200分間の清掃が可能。テニスコート2.5面分という広い範囲を掃除できるため、大きな倉庫や店舗でも十分に活躍することができます。

大型サイドブラシと大型パワーブラシを搭載しており、壁際の後にもしっかりと回収することができます。

ダストボックスは大容量の2.5リットルとなっており、大量のゴミを一度に回収することができます。

清掃パターンを選ぶことができるため、より効率的な清掃が可能。自動走行制御機能を搭載しており、センサーウォール機能で掃除する区域を分けることができます。

ロボット掃除機の管理のことも考えられており、ダストボックスは取り外しやすくゴミ捨ても簡単に行うことができます。ブラシ、フィルター、ダストボックスを外して水洗いできるため常に衛生的に保つことができます。

タイマー機能を搭載しており、1時間後、3時間後、5時間後の清掃運転を開始することが可能。常に同じ時間に清掃することは難しいですか、セットしておけば帰宅後にオフィス内を掃除することができます。

工具などの業務用の製品を開発しているマキタらしい質実剛健なロボット掃除機。業務用ロボット掃除機に求められる圧倒的な清掃能力とシンプルな機能が魅力的な製品です。

倉庫や店舗といった広い範囲の掃除が必要な場合には、これくらいしっかりとしたロボット掃除機を選びましょう。

口コミの評判

・幼稚園の広いホールや廊下を走り回って、とくに園ではつきものの砂や埃を集めてくれます。時には小石が入っていたこともありました。家庭用ではこの吸引力は無理だと思います。見た目キレイな床でも、一通り掃除してもらってタンクを見ると結構な綿埃やゴミが取れていて驚きです。
・卓上やら,ロボットの入れない隅や隙間など,ブロワー(同じリチウムイオンバッテリー2本で動くMUB361DZ)でゴミを吹き飛ばし,床に拡散させたあと,夜中にロボットを走らせてゴミを取っています。埃から何から,吹き飛ばせば良いので,大変楽です。
・今までの掃除にかかっていた手間と時間とは比較にならないほど,簡単に掃除ができています。メンテナンスコストも低く,簡単には壊れません。業務用として大変素晴らしいと思います。
・音は大きいので、仕事が終わってから夜に動いてもらってますが、2回ほどセキュリティーのセンサーに反応しました。

1位:エコバックス ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT R95 DR95

エコバックス ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT R95 DR95

エコバックスのマッピング機能を搭載したスマートフォンでも操作できる業務用としても使える高性能なロボット掃除機です。

効率的に掃除を行うための性能と使い勝手を高めるための機能を兼ね備えているロボット掃除機です。

部屋の間取りを自動的に測定するレーザースキャン機能を搭載しており、周囲をスキャンして部屋の仮想マップを作成。マップに沿って効率的に掃除を行うことができます。

扉を開けて仮想マップを作成すれば、複数の部屋を効率よく掃除することが可能。広い範囲も1台で対応することができます。

スマートフォンにも対応しており、Wi-Fiを使うことで離れた場所からでもロボット掃除機を操作することが可能。掃除の進行具合を確認したり、ロボット掃除機の動きをコントロールしたり、掃除スケジュールを変更したりすることもできます。

ワンボタンで操作を開始することができるため、操作性にも優れています。難しい設定が不要なら、誰でも簡単に扱うことができます。

5段階の清掃システムを備えており、ブラシによるゴミの搔き集めや吸引によるゴミの回収だけでなく、ウェットモップを使って水拭き行うことまで可能です。フロアタイルやフローリングのオフィスなら、ピカピカに磨き上げることができます。

各種センサーで落下や衝突を防ぐことが可能。清掃中に設備を破壊したり、ロボット掃除機が壊れる心配もありません。

ホテル、病院、レストラン、美容院など、さまざまな業種の清掃業務に導入されている実績を誇るロボット掃除機。高い性能と多彩な機能に加えて、業務用ロボット掃除機としては5万円前後と値段が安くコストパフォーマンスも魅力な製品。

10万円以上のロボット掃除機を1台導入するよりも、このロボット掃除機を2台導入する方が効率的に掃除ができます。

口コミの評判

・ベットの下とか綺麗に掃除してくれます。水拭きも出来るので、助かります。
・使い勝手がよい!はじめてのロボット掃除機なので、比較出来ないが、コスパ良いと思う。
・音は静とは思いませんが、TVを見ながら作動させてもストレスはたまりません。
・この値段でマッピングシステムが付いており非常に良いです。マッピングが無いとスポットの掃除が出来ませんし、何より掃除できてない部屋があったりするのではないかと気になってしまいます。良い買い物でした。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

家庭に普及し始めたロボット掃除機ですが、広い範囲を自動的に掃除できる特性を最大限に活かすならオフィスで業務用として使うほうが高い効果を得ることができます。

家庭でロボット掃除機を導入した人の多くが、早く導入しなかったことを後悔するほど便利な製品。業務用として使用すれば、雑務を減らすことができるだけでなく清掃に関係する経費を抑えることもできます。

仕事をする上で、仕事場の衛生面は仕事のクオリティにも大きな影響を及ぼします。キレイな職場を維持できれば、従業員も効率的に仕事が行えるようになり生産性もアップします。

値段が安いロボット掃除機なら5万円前後で購入することもできるため、メリットを考えれば導入しない選択肢はありません。後になって後悔したくないなら、とりあえずロボット掃除機を導入してみて、その使い勝手を確かめてみることをオススメします。

各種のロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングについては以下の記事を参照してください。

ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 人気機種のルンバやルーロも

低価格ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安いけどカーペットの段差越える

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 水拭き掃除でモノを避けて床を傷つけない

窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 ガラス拭き能力を口コミで評判チェック

一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安い2万円台も

業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 オフィスの清掃を自動で効率化

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , , , , ,