一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安い2万円台も

      2018/03/10

人気の一人暮らし向けロボット掃除機

一人暮らしを始めると、どうしても掃除がおろそかになってしまいますが、ロボット掃除機を導入すれば面倒な掃除の手間を最大限省くことができます。そのため一人暮らしにロボット掃除機は欠かせません。

ところがいざロボット掃除機を導入しようとしても、iRobot、エコバックス、パナソニック、日立などがロボット掃除機を販売しているため、一人暮らし向けのロボット掃除機を探すのは大変です。

そこで今回は、一人暮らしの強い味方となる一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。ロボット掃除機を導入すれば、散らかった部屋がすっきり片付くこと間違いありません。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ロボット掃除機とは?

ロボット掃除機の中でも、一人暮らしに向いているロボット掃除機とはどのような製品なのでしょうか。まずは基本的なロボット掃除機についてご説明します。

部屋を自動的に掃除してくれるロボット

ロボット掃除機は、床を掃除する機能を搭載したロボットのことです。

一般的なロボット掃除機は、吸引機構とブラシによるゴミの掻き込み機構を備えており、床に落ちているごみやホコリを自動的に回収します。

吸引機構と掻き込み機構によって、床に落ちているゴミはもちろんのこと、部屋の隅や家具の隙間など細かな部分の掃除も行うことができます。

基本的には電動式となっており、ロボット掃除機を稼働させるためには充電が必要不可欠になります。

フローリングもカーペットも掃除する

床の掃除と言っても、部屋によって床の状況はさまざまです。床の状況の大きな違いがフローリングとカーペットです。

特にカーペットは、製品によっても毛足の長さが異なるためどのようなカーペットを敷くかによって床の状況が大きく変わります。そのためロボット掃除機が掃除をする床は、多種多様なものとなっています。

ロボット掃除機は、そんなさまざまな状況の床にも対応できるように設計されており、基本的にはフローリングでもカーペットでもしっかり掃除することができます。

もちろんロボット掃除機の機種によって、フローリングが得意なロボット掃除機やカーペットが得意なロボット掃除機が存在します。

しかしどのロボット掃除機でも基本的にはフローリングからカーペットまで対応可能。フローリングとカーペットの境界に生じる段差も乗り越えられるように設計されています。

段差を乗り越える

ロボット掃除機は、多少の段差なら乗り越えることができる能力を備えています。

ロボット掃除機によって段差乗り越え能力は異なり、7.5mm~20mm程度に対応しています。つまり1㎝前後の段差なら、ほとんどのロボット掃除機が乗り越えられます。

部屋の中に発生する段差として多いのが、フローリングとカーペットの境界線、部屋と部屋との間仕切り、畳の凹凸などです。

障害となりやすいのがフローリングとカーペットの境界線と部屋と部屋との間仕切りです。

多くの場合はフローリングとカーペットの境界線が2㎝以上あることは少なく、またバリアフリー化が進んでいるため、部屋と部屋との間仕切りの段差も低くかったり間仕切りが存在しない場合が少なくありません。

そのため、しっかりとした性能のロボット掃除機を選んでおけば部屋から部屋へと移動して隈なく掃除をすることができます。

部屋に大きな段差がある場合には、段差乗り越え能力をしっかりチェックしておきましょう。

センサーで階段からの落下を防ぐ

ロボット掃除機にはセンサーが搭載されている製品が多くあり、障害物を避けたり落下を防いだりする機能が搭載されています。

ロボット掃除機を選ぶ時に心配になるのが階段や大きな段差からの落下ですが、ほとんどのロボット掃除機に落下防止機能が搭載されているため、ロボットが階段から落ちて壊れるようなことはありません。

落下防止対策を施さなくても、ロボットが自動的に判断してくれるため安心して2階や3階の掃除を任せることができます。

自動的に掃除を開始して給電する機能も

高性能なロボット掃除機の中には、予定していた時間に掃除を開始するという機能を搭載した製品もあります。

プログラム通りに掃除を行うため、出かけている間に部屋を掃除させることも可能。また掃除が終われば、自動的に給電スタンドに戻って給電を行うロボット掃除機もあるため、充電の管理も楽になります。

部屋の掃除はもちろんのこと、ロボット掃除機の管理自体もロボット掃除機に任せることができます。

アプリに対応したロボット掃除機も

最新型のロボット掃除機の中には、アプリに対応した製品も存在します。

外出中に、アプリでロボット掃除機を操作して部屋を掃除させることも可能。遠隔操作で思い通りの掃除が実現します。

ロボット掃除機を思う存分使いたい場合には、アプリに対応したロボット掃除機も検討しましょう。

床拭き対応のロボット掃除機も

フローリングを掃除するロボット掃除機もありますが、さらに拭き掃除に対応したロボット掃除機も存在します。

モップと水を使ってキレイに拭き掃除ができるため、吸引では掃除するのが難しい細かなホコリや砂なども回収することができます。

またフローリングは、普通の掃除機をかけているだけではベタつきが気になる場合もありますが、拭き掃除ができるロボット掃除機ならそんな気になるベタつきも解消することができます。

部屋がフローリング中心の家庭では、拭き掃除に対応したロボット掃除機もオススメです。

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 物を避けて床を傷つけない拭き掃除

一人暮らしにロボット掃除機を導入するメリット

ロボット掃除機を一人暮らしの家に導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ロボット掃除機導入のメリットをご説明します。

部屋の掃除が楽になる

ロボット掃除機を導入する最大の理由が、部屋の掃除の自動化です。

掃除機をかけようとすると、掃除機を準備して掃除をして掃除機を片付けるというタスクが発生します。1回の掃除にはそれほど手間が掛からなくても、毎日、部屋全体を掃除するとなると多大な労力を要することになります。

そんな部屋の掃除を自動化できるのがロボット掃除機。完璧な掃除は不可能でも、ある程度、汚れやホコリを取り除いてくれるだけで衛生的な環境が長続きします。

部屋の掃除を楽にしてくれるのがロボット掃除機を導入する最大のメリットです。

掃除が苦手な人でもキレイな掃除が可能になる

人間には得手不得手があるため、掃除が得意な人もいれば掃除が苦手な人がいます。

掃除が苦手な人は、掃除が得意な人と同じように掃除をしても部屋をキレイに掃除しきれません。

ところがロボット掃除機なら、掃除のクオリティも一定に保つことができます。部屋中隈なく巡回して隅々まで掃除してくれるため、掃除が苦手な人でもしっかり掃除することができます。

掃除テクニックの有無や掃除の得手不得手に関係なく、一定のクオリティで部屋を掃除できるのはロボット掃除機ならではの強みです。

時間が節約できる

一人暮らしでは、仕事だけでなく家事や掃除も全て1人でこなさなくてはいけません。そのため自由な時間を確保するのが非常に難しくなります。

ロボット掃除機を導入すれば、そんな貴重な時間を節約できます。

毎日の掃除に10分を要すると考えれば、1ヶ月で300分、1年間では61時間を無駄遣いしていることになります。

ロボット掃除機を導入するだけで、約2日半を自由に過ごせると考えれば、ロボット掃除機を導入しない理由はありません。

常に部屋がキレイになる

毎日こまめに掃除するのは大変な作業です。そのため週末に掃除をする人も少なくありません。

ところが掃除をする期間が長くなると、その分、汚れた不衛生な部屋で過ごす期間が長くなります。

ロボット掃除機なら、毎日こまめな掃除を自動的に行うことが可能。苦労せずに常に綺麗なキレイで生活を送ることができます。

室内の衛生管理は健康状態にも直結するため、一人暮らしの人にとっては非常に重要です。ロボット掃除機を導入して常に部屋をキレイにしていれば、病気にもなりにくく健康的な生活を送ることができます。

部屋を整理整頓できる

ロボット掃除機をうまく機能させるテクニックの一つに、部屋をロボット掃除機が巡回しやすいように整えておくというものがあります。

ロボット掃除機は障害物がない環境ほど上手に動作するため、ロボット掃除機を導入すると部屋を散らかすことができなくなります。

ロボット掃除機のことを考えてこまめに部屋を整理整頓することで、常に部屋が片付いた状態を保つことができます。

部屋の整理整頓が苦手な人は、ロボット掃除機の導入を契機に部屋を片付けることができます。

寂しさを紛らわせる

毎日健気に部屋を掃除してくれるロボット掃除機。使っているうちにロボット掃除機に愛着が出てくること間違いありません。

ロボット掃除機に名前をつける人も多く、まるでロボット掃除機を家族の一員のように扱う人もいます。

一人暮らしでは、どうしても寂しさが募るものですが、ロボット掃除機があればそんな寂しさも紛らわせることができます。

ロボット掃除機は、ベッドと違って世話をする必要もない手間もかかりません。

寂しがり屋の人こそ、ロボット掃除機を積極的に導入すべきです。

ロボット掃除機の使い方

ロボット掃除機は正しい使い方をすることで、より効率的に働いてくれます。

ロボット掃除機を導入する部屋の準備

1.ロボット掃除機に掃除して欲しい部屋のドアを開けてロボット掃除機が通れるようにする
2.カーペットや間仕切りの段差をできるだけなくす
3.床に置くものを減らしてロボット掃除機が掃除しやすい環境を整える

ロボット掃除機はドアを開けて部屋を掃除してくれるようなものではありません。そのため、ロボット掃除機に掃除をして欲しいエリアのドアを開けてつなげておく必要があります。

またロボット掃除機が動けなくなる最大の原因がカーペットや間仕切りの段差にあるため、できるだけ大きな段差ができないようにしておきましょう。

ロボット掃除機は複雑な形の空間を掃除するのが苦手です。ロボット掃除機が掃除しやすいように、床に置いておくものはできるだけ減らしておきましょう。

ロボット掃除機を使う方法

1.ロボット掃除機を組み立てる
2.適切な場所に充電スタンドをセットする
3.ロボット掃除機を稼働させる
4.集中的に掃除したいポイントはリモコンなどで操作する
5.自動的に定期的な掃除をしてほしい場合には予約機能を使う
6.ロボット掃除機が回収したゴミは定期的に捨てる
7.ロボット掃除機のブラシ、フィルター、ダストボックスも定期的に洗浄する

ロボット掃除機によって搭載されている装備や機能は異なります。そのため、一概に正しい使い方というものは存在しません。取扱説明書をよく読んでロボット掃除機に合わせた使い方を心がけましょう。

問題になりやすいのが充電スタンドの位置。充電スタンドの設置位置を誤ると、ロボット掃除機が充電スタンドにたどり着けなくなることもあります。そのため充電スタンドの位置はしっかり吟味して最適な場所を見つけ出しましょう。

一人暮らし向けロボット掃除機の選び方のポイント

一人暮らし向けロボット掃除機を選ぶうえでどのようなポイントが重要になるのでしょうか。ロボット掃除機の選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

基本性能に優れているロボット掃除機なら、部屋の隅々までキレイに掃除することができます。

ロボット掃除機の性能を決定付けるのが、吸引力とブラシの掻き込み能力です。

吸引力が強ければ、フローリングの目地の中のホコリやカーペットの中に入った砂埃までしっかりと吸引することができます。

またブラシも非常に重要で、ブラシの掻き込み能力が高ければ、ホコリをしっかり集めることができ、部屋の隅など吸引が届かないポイントもしっかり掃除することができます。

ロボット掃除機によって、フローリングの掃除が得意な製品とカーペットの掃除が得意な製品があります。ロボット掃除機の得手不得手についてもしっかりと目を光らせておきましょう。

機能

ロボット掃除機にはさまざまな機能が搭載されています。

衝突防止機能、落下防止機能、絡まり防止機能、段差乗り越え能力、ゴミ検知機能、自動充電機能、リモコン操作機能、進入禁止機能、アプリ対応などがあります。

ロボット掃除機の機能によって、できることとできないことがあります。機能が搭載されていなければ、使い方次第では非常に不便になってしまう場合もあります。

そのため求める機能が搭載されているロボット掃除機を優先的に選ぶようにしましょう。

センサーとカメラ

ロボット掃除機の性能と機能を大きく分けるのが、搭載されているセンサーとカメラの精度です。

赤外線センサーが搭載されているロボット掃除機なら、進行方向の障害物を感知して避けたり衝突の衝撃を最小限に抑えたりすることができます。

また超音波センサーを搭載している製品なら、ガラスなど普通のセンサーでは検知することができない障害物にも対応することが可能になります。

カメラを搭載したロボット掃除機なら、部屋全体を把握して効率的に掃除するルートを見つけ出すことができます。

ロボット掃除機に搭載されている各種センサーによって、ロボット掃除機ができることの幅が大きく広がります。

一人暮らしの場合には、賃貸物件を利用することが多いため、壁などを傷つけないためにもできるだけ障害物を回避する機能を搭載したロボット掃除機を選びましょう。

サイズ

ロボット掃除機のサイズは、ロボット掃除機が入り込むことのできる隙間の大きさを決定付けるため、ロボット掃除機のサイズによって掃除の精度も変わります。

コンパクトなロボット掃除機なら、ソファやベッドの下に潜り込んで掃除することが可能になります。またテーブルやイスの脚の周囲もキレイに掃除できます。

特にロボット掃除機の高さは見落としがちなポイントで、ソファやベッドなどの下の隙間の掃除をロボット掃除機に任せたい場合には、ロボット掃除機の高さが家具の隙間より低いことを確認しておきましょう。

ロボット掃除機のサイズは、掃除の際には物理的な制約となるため、部屋の状況に合わせて最適なサイズのロボット掃除機を選びましょう。

ロボット掃除機の購入前に、掃除してほしいポイントの広さを測定して、広さに合わせたサイズのロボット掃除機選ぶのも賢い方法です。

バッテリー

ロボット掃除機はバッテリーを搭載しており、充電した電気によって掃除を行います。

そのためバッテリーの容量が多ければ多いほど、長時間の掃除が可能になります。掃除の時間が長ければ、その分、掃除の精度も高まります。

バッテリー寿命の目安は充電1000回前後とされており、一般的には4年間で交換時期となります。

そのためロボット掃除機を選ぶときには、バッテリー寿命や交換バッテリーの価格も確かめておきましょう。

高性能なロボット掃除機はセンサーを使って効率的にゴミを回収できるため、無駄なバッテリー消費を抑えて結果的に製品寿命が長くなる場合もあります。本体価格だけでなく総合的に使える期間まで考えてロボット掃除機を選びましょう。

メンテナンス

掃除の手間を省くためにロボット掃除機を導入するのに、ロボット掃除機のメンテナンスに手間がかかっていれば本末転倒です。

ロボット掃除機は定期的なメンテナンスが必要で、ダストボックスに溜まったゴミの廃棄、劣化したブラシの交換、フィルターやダストボックスの洗浄が必要になります。

メンテナンスがしやすいロボット掃除機を選ぶことで、ロボット掃除機の管理にかかる手間や時間も省くことができます。

総合的に掃除に関わる手間と時間を抑えるために、ロボット掃除機の掃除のしやすさも考慮したロボット掃除機選びをしましょう。

静音性

ロボット掃除機も掃除機と同じように稼働中に音が鳴ります。またロボット掃除機が家具や壁にぶつかったときにも音が発生します。

外出中にロボット掃除機を使うなら音はそれほど気になりませんが、自宅にいるときにロボット掃除機を使うとなると静音性は非常に重要になります。

特に一人暮らしの場合には、部屋数が少ないためロボット掃除機が掃除している部屋から移動することが難しく、騒音から逃れることが非常に難しくなります。

そのため、できるだけ静音性に優れたロボット掃除機を選ぶようにしましょう。静かなロボット掃除機なら、稼働音で起こされる心配もありません。

デザイン

ハイテクを象徴するロボット掃除機。どうせならオシャレなデザインを選びたいところです。

一人暮らしの部屋の場合には、ロボット掃除機がどうしても目立ってしまうためデザインにも気を配って選ぶことをオススメします。

ロボット掃除機自体のデザインも重要ですが、インテリアとの調和も考えたロボット掃除機のデザイン選びをしてください。

価格

ロボット掃除機は、性能や機能によって値段が大きく異なります。3000円程度で購入できるロボット掃除機から、10万円以上する高価なロボット掃除機まで存在します。

一人暮らし向けロボット掃除機を選ぶときには、性能や機能と価格のバランスが非常に重要になります。値段が安すぎれば性能や機能がいまいちで使いにくく、値段が高すぎれば導入が予算的に難しくなります。

そのため2万円を一つの基準として性能と価格のバランスが取れた製品を選ぶようにしましょう。決して安ければよい、高ければ良い、というものではありません。

一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング

ここからは一人暮らしの強い味方になってくれる一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けします。

10位:日立 ロボット掃除機 ミニマル RV-DX1

日立 ロボット掃除機 ミニマル RV-DX1

日立のコンパクトでどんな隙間にも入り込むことができるロボット掃除機です。

本体幅が約25㎝、高さ約9.2㎝と非常にコンパクトなのが最大の特徴で、他のロボット掃除機が入り込むことが難しい隙間にも容易に潜り込むことができます。

本体の小ささが機能の一つとなっており、ベッドの隙間やソファの隙間、イスやテーブルの脚周りなどこまめに丁寧な掃除を実現してくれます。

新開発の小型ハイパワーファンモーターRが生み出す強い吸引力と、ダブルかきとりブラシでさまざまな床のゴミをしっかり吸い込みます。

効率よく部屋を巡回するプログラムを搭載しており、周囲の状況を判断するセンサーとminimaru AIによって家具の脚を検知して丁寧に掃除します。段差も検知して落下を防ぎます。

部屋の隅で首振り動作をするため、部屋の隅にたまったゴミもしっかりと回収してくれます。

コンパクトなため充電時も場所を取りません。部屋に設置しても邪魔になりません。

部屋の掃除が終わると自動的に充電台に戻るため、掃除だけでなくロボット掃除機の管理も簡単です。

小型というのがポイントで、広い空間が少ない一人暮らしの部屋でも縦横無尽に駆け回り細かいところまでしっかりと掃除してくれます。充電台含めてコンパクトに収まるのも一人暮らし向けです。

口コミの評判

・動きがかわいいです。ちゃんと掃除機としての役目を果たしてくれています。
・きびきびと動く可愛い掃除上手ロボです。音も大きくなく、夜でも気になりません。やはり日本製はいいですね。この掃除機にして正解でした。
・小さいので椅子の下にスイスイと入っていきとてもよく動いてくれます。一時間もすれば綺麗になっています。
・このミニマルはバージャルウォールやカメラなど、余計な機能を一切排除して、掃除することだけに機能を集中している。特に単身赴任などの一人暮らしの部屋には素晴らしくマッチする。一人暮らしのフローリング1DKには、ルンバの走破性能や吸引力は必要ない。日本の小さな家具、コンパクトな住宅に最適化されていて、素晴らしい。

9位:パナソニック ロボット掃除機 RULO ルーロ MC-RS20

パナソニック ロボット掃除機 RULO ルーロ MC-RS20

三角形のユニークな形状が特徴のパナソニックのロボット掃除機です。

他のロボット掃除機と一線を画すのがその形状。三角形というユニークな形によって、部屋の隅まで潜り込んでキレイに掃除することができます。

また部屋の隅に進むと首を左右に振りながらサイドブラシでしっかりとゴミを掻き出します。ユニークな形状と動きによって、他のロボット掃除機では難しい部屋の隅の掃除をトコトン行います。

本体の高さは92㎜しかないため、ソファやベッドの下の隙間にも潜り込むことができます。

排気口が上部に設置されているため、排気によってホコリが舞い上がりにくく、掃除中も部屋の空気をクリーンに保ちます。

幅180mmの吸引口を備えており、2本のサイドブラシによってゴミを掻き込みます。吸引とブラシによる効率の良い数字を実現します。

ハウスダスト発見センサーを搭載しており微細なゴミまでしっかり検知。ハウスダストが多いときにはランプが赤色に点滅して、ハウスダストがなくなれば消灯します。ロボット掃除機を見ているだけで部屋の環境も一目瞭然です。

超音波センサーと赤外線センサーを備えており、家具や壁だけでなく窓ガラスなど透明な障害物検知します。このセンサーによって充電台も認識することができ、掃除が終わると自動的に充電台に戻ります。

5ヶ所に落下防止センサーを備えているため、階段などでも落下することがありません。また段差乗り越え能力にも優れており、フローリングとカーペットの境目、キッチンマットなども高さ20㎜程度までなら乗り越えることができます。

3つの掃除機モードを搭載しており、部屋の状況や形状に合わせて最適な掃除方法を選ぶことができます。

ロボット掃除機の管理のことまで考えられており、ダストボックスが取り出しやすいためゴミを捨てるのは簡単。またブラシを外せて水洗いすることができ、フィルターやダストボックスも水洗いできます。

高い走破性と掃除性能を兼ね備えているパナソニックのロボット掃除機。ロボット掃除機自体の管理も簡単に行えるように設計されているため、手間をかけずに運用することができます。

口コミの評判

・ネコの毛がすごいので購入しました。わりと細かく動いてくれるので作業終了後は隅っこや絨毯の上、テーブルや椅子の下等ネコの毛やゴミが全くなくなっていて綺麗になってます。値段相当の動きはしてくれるので満足です。
・もう数か月経ちました、毎日毎日文句も言わずにベットの下を掃除してくれてありがとう。
・思ったほど音もうるさくなく、毎日頑張って掃除してくれています。きれいに見えてもけっこうゴミが取れているのでびっくり。
・一生懸命働いてくれて、フローリングはとても綺麗になります。なんだか、機動戦士ガンダムの"ハロ"のイメージがありこいつにAIを搭載して受け答えしてくれたら最高です。

8位:ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ ロボット掃除機 AIM-RC03

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ ロボット掃除機 AIM-RC03

ツカモトエイムの掃除機能だけに特化することで超低価格を実現しているロボット掃除機です。

基本機能はしっかり充実しており、高感度ショックセンサー、落下防止センサーを備えています。これらのセンサーによって、家具や壁への衝突を防ぎ落下による故障も起こりません。

本体は23.5㎝とコンパクトなサイズになっており、一人暮らしの狭い部屋でもスイスイと動き回ることが可能。ソファやベッドの下にもスムーズに潜り込みます。

らせん走行、バンパー走行、壁沿い走行の3つのプログラム動作によって、部屋を広範囲に掃除することが可能です。

充電台に戻るような仕組みはなく、電池が切れるまで掃除を続けます。電池が切れると「ピーッ」とアラーム音が鳴るお知らせ機能が搭載されているため、どこで停止しているかも簡単に分かります。

広い家では、充電台に戻る機能がなければ停止したロボット掃除機を探すのが面倒ですが、一人暮らしの部屋ならロボット掃除機がどこで停止しても簡単に見つけることができるため、充電台に戻る機能がなくても不便を感じません。

他のロボット掃除機に比べて性能や機能が劣りますが、一人暮らしの部屋で使うには十分な基本性能を兼ね備えています。値段も1万円を切る価格となっているため、試しに思い切って購入することが可能。初めてのロボット掃除機にも最適です。

口コミの評判

・値段が安いのであまり期待していなかったのですが、これはホントに優れものです!!1回の充電で20畳のリビングが綺麗になります。ソファの下も綺麗になってます!猫ちゃんの毛もたくさん採れていました!
・スイッチを入れるだけの簡単な操作でバッテリーが切れるまで運転して行き倒れる可愛い奴!思った以上にダストボックスが一杯になるので役に立つ。知り合いに赤ちゃんが生まれたのでプレゼントしてみた。
・ロボットクリーナーは初めてなので他とは比較できないが、掃除が嫌いな私には十分。ほこりや髪の毛など良く取れている。
・ルンバや他のちょっと高めのロボット掃除機を所有してますが。どれも充電の際にトラブルがあり、がっかりしてました。この掃除機はプラグで充電なのでトラブルは今のところなしです。値段から見ても、使い捨て感覚でいけますし。ゴミも捨てやすいし、不満はないです。

7位:eufy ロボット掃除機 RoboVac 11 AK-T2102521

eufy ロボット掃除機 RoboVac 11 AK-T2102521

ハイパワーで強力にゴミを吸引してくれるロボット掃除機です。

パソコンの周辺機器で有名なAnkerの新家電ブランドのロボット掃除機で、性能と機能は折り紙つきです。

薄くて丸いシンプルな形状のロボット掃除機で、狭い場所に潜り込むことが可能。高性能バッテリーを搭載しており、強力な吸引力でゴミを吸い込むことができます。

ボタン操作1つで掃除を簡単に始めることができるため誰にでも簡単に扱うことが可能。多彩なクリーニングモードを搭載しており、部屋の隅々までキレイに掃除します。

障害物を回避するための赤外線センサーや、落下防止機能を搭載しているため、家具や段差といったロボット掃除機にとって問題となる環境にも対応できます。

自動充電機能を搭載しているため、掃除が終了すると自動的に充電台に戻ります。また専用リモコンによって、モードの切り替えや電源のオン、オフなどもリモート操作で行うことができます。

ダストボックスが大容量になっており、大量のゴミを吸引することが可能。また大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、約1.5時間の連続可動が可能になっており、長時間の掃除によって丁寧にゴミを回収できます。

デザイン面にもこだわっており、強化ガラスカバーを丈夫に採用することで美しくスタイリッシュな外観を実現しました。

静音性にも優れており、稼働中の音が小さいためテレビの視聴中や夜間の使用も可能になっています。

質実剛健なロボット掃除機で、圧倒的な容量のバッテリーと吸引力によって効率よく掃除するというよりも長時間掃除することで部屋をキレイにできる製品。

一人暮らしの場合、外出中に掃除することが多いため長時間の掃除が可能なこのロボット掃除機は一人暮らしのライフスタイルにピッタリです。また性能と機能の割に2万円前後と値段が安いのも大きな魅力です。

口コミの評判

・2万ちょいでどうなのか心配しましたが、健気に掃除してくれます。電池切れになる前に必ず戻ってますし、タイマー予約も出来るし、質感も悪くない。
・軽いものはぐいぐい押し出して倒したり、コードにからまったり・・・ということがありますが「床にものを置かない」「配線を整える」等々の対策をしているうちにとても部屋が片付きましたので結果的に良かったです。
・1日目にタイマーを設置し、家に帰ると元の位置にいたので、動いていたか心配でしたが、ごみの量を見て安心&ビックリ。細かいゴミが一杯になってました。マメに掃除するほうですが、壁の下の隙間など中々ゴミの取れないところを掻き出してくれるが非常に助かりました。
・出かける前に動かして、帰宅時には部屋がきれいになっています。一人暮らし1LDKに住んでいますが、もっと早く買っておけば良かったです。ネームバリューがあるルンバと迷いましたが、値段に数万円の差があるので、コスパを考えてこちらにしました。初めてお掃除ロボットを買うのならこれは非常にオススメです。

6位:エコバックス 床用ロボット掃除機 DEEBOT DM82

エコバックス 床用ロボット掃除機 DEEBOT DM82

エコバックスの水抜き機能に対応しているロボット掃除機です。

ロボット掃除機の多くが吸引とブラシによる掻き出しによってゴミを掃除しますが、このロボット掃除機はモップによる水拭き機能に対応しています。フローリングなどでは絶大な効果を発揮することができます。

モップは水洗いができるため、何度でも使うことができます。

操作方法は非常に簡単で本体に取り付けられているボタンひとつで簡単に操作することが可能。お年寄りでも使い方に迷うことはありません。

離れた場所でも操作が可能なリモコン付きで、思い通りの操作で掃除を進めることができます。

通常モードとMAXモードが搭載されているため、掃除範囲に合わせた吸引力で掃除することが可能です。

通常モードなら動作音はわずか56dBと非常に静か。掃除の音に悩まされずに済みます。

一方のMAXモードなら1000Paというハイパワーで吸引できるため、カーペットや畳の中のチリやホコリまでしっかりと吸引することができます。

バッテリー容量2600mAhのリチウムバッテリーを搭載しており、最大150分の長時間清掃が可能。他のロボット掃除機の2倍程度の長時間の掃除が可能なため、部屋を徹底的にキレイにすることができます。

集中清掃モード、オート清掃モード、1部屋モード、壁際清掃モードと4つの清掃モードから選択が可能。多彩なモードで部屋に合わせた掃除が実現できます。

落下・衝突防止センサーを搭載しているため、壁や家具にぶつからず落下によって壊れる心配もありません。賃貸物件の場合、壁が傷ついたり大きな物音がすると問題になりますが、このロボット掃除機なら不意のトラブルも発生しません。

タイマー機能を搭載しているため、外出中に自動で掃除を任せることが可能。自動充電機能を搭載しているため、掃除後には自動的に充電台に戻ります。

大容量ダストボックスには450mlのゴミが入るため、ロボット掃除機のゴミ捨てもこまめに行う必要がありません。

掃除能力の高さはもちろんのこと、一人暮らしのロボット掃除機選びにおいて必要不可欠な機能を搭載しており、長時間の稼働で丁寧な掃除ができるロボット掃除機。

一人暮らしの場合には、廊下の掃除が必要なためフローリングを徹底的にキレイにできる床拭き機能が大きな魅力です。

口コミの評判

・DM82は、ルンバと違って、ゴミボックスを水洗いできます。フィルター類も丸洗いできますし、水拭きも出来ます。掃除時間は2.5時間と長く、音も大変静かです。ゴミもよく取ってくれますし、毛が絡まったブラシも掃除しやすいし、コストパフォーマンス抜群です。
・何処にそんなにゴミが、と驚くほど吸い込みます。満足してます。
・思いのほかよく働いてくれるしめっちゃ吸い込んでくれるし特に猫の毛ね、買って良かったです。
・何処にそんなにゴミが、と驚くほど吸い込みます。満足してます。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

5位:ILIFE ロボット掃除機 V3s Pro

ILIFE ロボット掃除機 V3s Pro

ILIFEのペットの毛もしっかり吸い込むロボット掃除機です。

一人暮らしの家庭では、犬や猫といったペットを飼うことも少なくありません。このロボット掃除機は、そんなペットの毛もしっかり清掃する性能を兼ね備えています。

丸型デザインで薄型のため、家具の下に隠れているゴミやホコリも逃さず掃除することができます。高さは7.6㎝ししかないため、他のロボット掃除機には掃除が難しい場所も掃除できます。

ロボット掃除機を動かすことができるため、部屋の四隅の清掃もしっかり対応。ゴミやホコリ、ペットの毛がたまりやすい部屋の隅ですが、常にキレイに保つことができます。

予約清掃が可能で、事前に予約時間を設定しておけば自動的に清掃を開始してくれます。またバッテリー残量が少なくなると、自動的に充電台に戻るため安心です。

cleanぼボタンを押すだけで簡単に起動することが可能。リモコンで設定を行うことができて、操作が簡単なためお年寄りでも安心して使えます。

段差感知機能や障害物感知機能を搭載しており、段差からの落下や障害物への衝突を未然に防ぎます。

ペットの毛をしっかり吸い込む圧倒的な吸引力が魅力のロボット掃除機。薄型のため、どんな狭い隙間にも潜り込めることが強みです。

口コミの評判

・使用して半年、毎日ちゃんと埃を取ってくれます。静電気でくっついているフローリングの髪の毛は無理。コロコロ併用。ごみの取り出し時には白い粉がいっぱい出るので古い掃除機をスタンバイしてフィルターも吸い取っています。段差は基本落ちません。入ってほしくないところは一時的にモノを置いて塞いでます。タイマーが作動しないことがあるので出がけに手動でスイッチを入れて使っています。
・音がうるさいとの口コミもありましたが、初・自動掃除機の私は気になりませんでした。テレビを観ながらだとやはり聞こえにくくはなりますが、普通の掃除機や強風のドライヤーよりも静かだと思います。
・一台購入し、コストパフォーマンスも性能も使い勝手もとても良かったため、親戚へのプレゼントにももう一台購入しました。
・ルンバだとソファーの下が掃除できないので、こちらを購入。床にひも状のものを置かないよう気を付けておけば、毎日タイマーでお掃除してくれるのでとても快適です。

4位:エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT R95 DR95

エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT R95 DR95

エコバックスのスマホに対応しているロボット掃除機です。

部屋の間取りを自動的に覚えて効率的な掃除を実現してくれる非常に賢いロボット掃除機で、使えば使うほどより効率的に掃除することができます。

センサーによって周囲をスキャンすることで仮想マップを作成。マップに沿って掃除することができます。闇雲に動き回らないため、最高レベルの効率で掃除できます。

部屋の扉を開けてマッピング機能を使用すれば、複数の部屋をまとめてマップにすることができます。1台で家全体を効率的に掃除します。

自動的に充電台へと戻る機能を搭載してるこのロボット掃除機ですが、清掃途中の位置を記憶して戻ります。そのため充電後には、清掃途中の場所に戻って掃除を再開することが可能。非常に効率的に掃除を進めます。

スマートフォンにも対応しているため、外出先からでも操作可能。専用アプリを使用すれば、本体の操作を全てスマートフォンで完結させることが可能です。

スマートフォンを使えば、ロボットの位置や掃除の進み具合を確認することが可能。その他にもロボットの動きをコントロールしたり自動クリーニングスケジュールを管理したりすることもできます。

清掃の会社マップの作成時などには、ロボット掃除機が状況を音声で知らせます。スマートフォンで言語を変更することができるため、さまざまな言語に対応可能です。

清掃能力に優れていることはもちろん、床拭き機能や乾拭き機能まで搭載しているため、カーペットからフローリングまでキレイに掃除することができます。

高い清掃能力に加えて効率的に動くことができる高性能なロボット掃除機。スマートフォンで外出先から操作できるため、急な来客に備えてロボット掃除機に掃除を任せることも可能。超高性能で使い勝手抜群なロボット掃除機です。

口コミの評判

・この値段でマッピングシステムが付いており非常に良いです。マッピングが無いとスポットの掃除が出来ませんし、何より掃除できてない部屋があったりするのではないかと気になってしまいます。良い買い物でした。
・ベットの下とか綺麗に掃除してくれます。水拭きも出来るので、助かります。
・音は静とは思いませんが、TVを見ながら作動させてもストレスはたまりません。
・使い勝手がよい!はじめてのロボット掃除機なので、比較出来ないが、コスパ良いと思う。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

3位:エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT R98 DR98

エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT R98 DR98

エコバックスの充電台にハンディ掃除機が付属したロボット掃除機です。

マッピング機能を搭載したロボット掃除機で、部屋の間取りを自動的に測定し効率的な清掃を行うことが可能。最適なコースを判断しながら掃除することができるため非常にスムーズな清掃を実現します。

清掃の途中でバッテリーが切れると充電台に自動的に戻って充電することが可能です。また清掃範囲メモリー機能を搭載しており、充電が完了すると清掃が途中だった場所まで戻り、掃除を中断した場所から掃除を再開します。

このロボット掃除機には水拭き機能と乾拭き機能が搭載されており、タンクに水を入れれば適度な水分がモップへと染み出しキレイに拭き掃除ができます。さらに乾いた後ろのモップで同時に乾拭きも行うため、水拭き後に床が濡れる心配がありません。

スマートフォンとWi-Fiにも対応しており、スマートフォンでロボット掃除機を遠隔操作することが可能。部屋の間取り確認、掃除範囲の設定、バーチャルボーダーの設定、掃除タイマーの設定、掃除モードの設定など、ロボット掃除機の操作をスマートフォン1台で完結させることができます。

最大の特徴がロボット掃除機でありながら充電台にコードレスのハンディタイプ掃除機が付属しているところ。ロボット掃除機では難しい細かな部分の掃除や床以外の掃除も、ハンディ掃除機でスムーズに行うことができます。

また充電台にハンディ掃除機が取り付けられるのもポイントになっており、ロボット掃除機が充電台に戻るとロボット掃除機のゴミをハンディ掃除機が回収。ハンディ掃除機のダストボックスからゴミを捨てるだけで良いため、ロボット掃除機の管理が非常に簡単になります。

ハンディ掃除機とロボット掃除機を融合することで、ロボット掃除機の弱点を完全に補うことに成功している製品。値段はそれなりにしますが、1台買えば部屋の隅々まで掃除することが可能となり、掃除に要する労力も軽減することができます。

ハンディ掃除機とロボット掃除機をまとめることで、掃除道具に必要となるスペースを圧縮して省スペースを実現し、使い勝手が非常によくなっています。掃除機とロボット掃除機が欲しいなら、このロボット掃除機で決まりです。

口コミの評判

・約5年ぶりにロボット掃除機を更新しました。ルンバとダイソンを使っていたのですが、この機種は両方の面を兼ね備えており、非常に使い勝手がいいです。
・ゴミ捨てが本当に楽になった(ハンディだけに自動でまとめられる)。設置場所が1つにまとまってくれた(コンセントも1つ)。
・スマホでの操作やバーチャルウォール機能が便利。
・音もかなり静かになり、モノにもガンガンぶつからない(5年前のルンバからの更新だったので感動した)。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

2位:アイロボット ロボット掃除機 ルンバ870 R870060

アイロボット ロボット掃除機 ルンバ870 R870060

ロボット掃除機の代名詞となっているアイロボットのルンバです。

フローリング、カーペット、畳とオールマイティに強力な清掃能力を発揮できるロボット掃除機で、バランスの良さと汎用性の高さが大きな魅力です。

考えながら行動するルンバ独自の技術「アイ・アダプト」を搭載しており、部屋のあらゆる状況に合わせて自ら考えて行動することが可能。高度な状況判断能力によって理想的な清掃を実行することができます。

吸引力を最大化する「エアロフォースクリーニングシステム」を搭載しており、従来のロボット掃除機のようにブラシでゴミを掻き出すのではなく、特殊素材のローラーによってゴミを浮き上がらせてから、小型のハイパーモーターの生み出す気流でゴミを吸引します。全く新しい独自の吸引機構によって清掃能力を最大50%アップさせることに成功しました。

このユニークな吸引機構により、フローリングの溝、カーペットの奥に入り込んだホコリや髪の毛、ハウスダストまで徹底的に除去します。

もちろんロボット掃除機に求められる基本機能も備えており、段差回避機能で落下を防止。部屋の広さを自動的に判断して効率のよい清掃を可能にします。

ロボット掃除機自体の管理も容易になっており、新機構の清掃システムによって髪の毛やペットの毛が絡まりにくくなっています。またダストボックスも大容量でゴミを触らずに捨てることができます。ダストボックスがいっぱいになるトランプで知らせてくれるため、ゴミを捨てるタイミングも簡単に分かります。

新システムの清掃機構を採用したことで、これまでにない圧倒的な清掃能力を実現しているロボット掃除機。値段もお手頃価格なため、一人暮らしの家庭でも十分に導入可能な1台です。

口コミの評判

・床にものを置かない等、ある程度ルンバと共生するための部屋作りが必要です。ですが掃除機をかける精神的負担を考えると、もうルンバなしでは生きていけません。プライスレス。
・出勤時にルンバに掃除してもらって、常に綺麗な部屋に帰宅できるのはとても気分が良いです。部屋のコーナーやトイレなど細かな場所はマキタの掃除機を使いますが、家全体を「掃除機かけなきゃ」という負担に比べたらどれだけ心が軽やかでいられることか。ベッドの下も毎日スイスイ入って掃除してくれるので気持ちがいいです。
・ペットの犬が二匹もいるので、抜け毛が大変で毎日、掃除機をかけていました、ルンバが来てから掃除機する手間が減りとても良かったです。
・寝室とリビングに使用しています。冬季なのでリビングにも寝室にもカーペットを敷いているせいもあるかもしれませんが、部屋にこんなに埃があったなんてという驚き。敷物の段差は難なく越えていきます。ゴミも簡単に捨てられるし、迷っていたけど買ってよかった。

1位:エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT MINI2 DA3G

エコバックス ロボット掃除機 DEEBOT MINI2 DA3G

エコバックスのコンパクトな設計で一人暮らしにちょうどいいロボット掃除機です。

掃き掃除、吸い込み掃除、モップがけを1台でこなすことができる多機能なロボット掃除機。小型のためどんな隙間にも潜り込むことが可能で、部屋の隅々までキレイに清掃してくれます。

コンパクトながら多機能なのも魅力で、3つのモードを搭載しているため環境に合わせて最適な掃除を実現することができます。

サイドブラシと吸引によって大きなゴミやホコリを吸引。さらにモップを使って、吸引では取り除くことが難しい細かなハウスダストなどもしっかり除去することができます。

赤外線センサーを搭載しているため、障害物をいち早く感知して衝突を回避。壁や家具を傷つける心配がなく、騒音を防ぐことができます。

また落下防止センサーを搭載しているため、危険な段差も自動的に回避してくれます。

バッテリーが切れそうになれば、自動的に充電台へと戻るため、常に掃除ができる状況を整えることができます。

スマートフォンの専用アプリに対応しているのが大きな特徴で、タイマー設定なども可能なため掃除したい時に思い通りの掃除を実現することができます。

アプリが不要な場合には、同シリーズの「DEEBOT MINI」を選びましょう。

静音性に優れており、掃除中に大きな音がしないため騒音トラブルが不安な一人暮らしにはもってこいのロボット掃除機です。

コンパクトで一人暮らしにピッタリな清掃能力を兼ね備えているロボット掃除機。通常、これほどロボット掃除機では機能面に不安が残りますが、このロボット掃除機は機能面も充実しており、圧倒的な使い勝手を実現しています。

値段も2万円前後とお手頃価格のため、一人暮らし向けのロボット掃除機を探していて機能にこれといった要望がない人やとりあえずロボット掃除機お試してみたい人は、このロボット掃除機を選んでおけば間違いありません。

口コミの評判

・安価かつかわいい、そして手入れがラク!と聞き購入しました。電源をポチッと入れておくだけで、勝手にお掃除してくれます。ウサギを飼っているのですが、うさぎが気にしないくらいの音の大きさ。
・電源がなくなりかけると勝手に充電ドックに戻ります。戻る様子が可愛くて、ついつい見入っちゃいます。自分では見逃していたところもきちんと掃除してくれるので、案外埃が取れて満足!大満足です。
・可愛いデザインでコンパクト設計、小回りが利いて余計な機能が付いてないお掃除専用ロボット掃除機です。キビキビ動いて意外と静か!
・私の部屋は12畳程なのですが、色々な機材などが置かれていたり床をケーブルなどが這っていたりこの様なロボット掃除機には非常に辛い環境なんですが本体が抜けられる場所であればほぼ入って行って埃をかき集めてくれますね。

不良品の購入トラブル回避や保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

導入してみればその便利さに驚かされるロボット掃除機。労力や時間を節約することができ、常に清潔な環境で生活できるのもロボット掃除機を導入する大きな魅力です。

数万円するため本体の値段が高いようにも思いますが、自動的に掃除をしてくれる環境を整えることができると考えれば安い買い物です。

一人暮らしをしていれば、仕事だけでなく料理や洗濯などの家事に追われる生活なってしまいます。優先順位の低い掃除はおろそかになりがちです。しかしロボット掃除機なら、一人暮らしの生活も掃除面からしっかりサポートしてくれます。

思い切ってロボット掃除機を導入してしまえば、早く買わなかったことを後悔すること間違いありません。ロボット掃除機が気になっているなら、騙されたと思ってとりあえず試してみましょう。生活が一変します。

各種のロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングについては以下の記事を参照してください。

ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 人気機種のルンバやルーロも

低価格帯ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安いけどカーペットの段差越える

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 物を避けて床を傷つけない拭き掃除

窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口コミで評判チェック

一人暮らし向けロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安い2万円台も

業務用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 オフィスの清掃を自動で効率化

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , ,