ジグソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

      2018/03/18

人気のジグソー

DIYでは、材料を切断しなければならないことも少なくありません。しかし木材や金属といった硬い材料をノコギリで切断すると大きな労力が必要となります。しかしジグソーを使えば、電動で簡単に思い通りの大きさに材料を加工することができます。

ところがいざジグソーを選ぼうと思っても、マキタ、日立工機、ボッシュ、新興製作所、ブラック・アンド・デッカー、リョービ、パナソニックなどのメーカーがジグソーを販売しており、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、DIYで材料を加工するには欠かせないジグソーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。使い方から選び方までジグソーの全てをご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ジグソーとは

材料の加工を簡単にしてくれるジグソーですが、具体的にはどのような工具なのでしょうか。まずはジグソウの基本について知っておきましょう。

電動ノコギリのこと

ジグソーは、電動ノコギリの一種であり、主に板を切断するときに用いられる電動ノコギリです。

糸のこ盤のことをジグソーとも呼びますが、現在では一般的にジグソーは電動ノコギリのことを指すようになりました。

ジグソーには、幅の細いブレードが搭載されており、ブレードは往復運動を繰り返します。このブレードを押し当てることで、思い通りに材料を切断することができます。

基本的には電動モーターで駆動しており、押し当てるだけで材料が切れるため材料の加工が格段に楽になります。

材料を切断するスピードが速い

ジグソーは、電動によって高速でブレードを往復させます。そのため人間の手では不可能なスピードで材料を切断することができます。

通常のノコギリとは異なり、電動によって材料を切断できるため材料切断による疲労を軽減することができます。

さらに高速で材料を切断できるため、作業を高速化することが可能。手作業では不可能なスピードで材料を加工できるため、作業の効率化を実現することができます。

ジグソーの中には、オービタル機構と呼ばれる機構を備えた製品もあります。

オービタル機構とは、ブレードに上下の往復運動だけでなく前後の往復運動も加えることができる機構のこと。ブレードが円を描くように動くことで、より効率的に材料を切断することができ、高速で材料の加工が行えます。

直線や曲線も思いのまま

ジグソーのブレードは比較的細いため、切断中に方向を変更することも容易。切り進みながら途中で方向を変えて思い通りの形に材料を切ることができます。

ジグソーうまく操れば、材料を直線だけでなく曲線にも切ることができます。さらに通常のノコギリよりも細かい加工が可能になります。

木材だけでなく金属も切断できる

一般的なノコギリは、木材は決断できても金属は切断できません。切断できる材料がノコギリによって決まっています。

ところがジグソーは、切断する材料に合わせてブレード交換することができます。

そのため木材はもちろんのこと、金属、プラスチック、タイル、ゴム、皮革など材料に合わせたブレード装着すれば何でも切ることができます。

ブレードによって切断できる材料が大きく変わるのは、ジグソーならではの機能といえます。

ブレードの切れ味が悪くなったら交換

一般的なノコギリは、切れ味が悪くなれば目立てや研ぎによって切れ味を蘇らせます。そのためメンテナンスが必要不可欠となります。

ところがジグソーでは、切れ味が悪くなったブレードを新品のブレイドに交換するだけで切れ味が復活します。

ブレードの交換費用や手間はかかるものの、定期的なメンテナンスが不要なため非常に便利。素人でもジグソーなら簡単に管理することができます。

オプションがある

ジグソーをより使いやすくするオプションが存在します。

平行ガイド:材料の直線側面に平行に直線切りする時に使用。円切りにも使用できる平行ガイドもある。
ジャスティー:角度定規でベースプレートの端を沿わせて任意の角度方向に直線切りができる。
ソーテーブル:裏側からジグソーを取付けてテーブルソーとして使用できる。

これらのオプションを使えば、ジグソーをより便利に使用することができます。

ジグソーの使い方

基本的なジグソーの使い方を知っておけば、ジグソーを選ぶときにも使用する状況がイメージしやすくなります。

ジグソーの準備

1.切断する材料の材質を確認する
2.材料に合わせたブレードを用意する
3.ジグソーに最適なブレードを装着する
4.保護メガネを装着する
5.革手袋を装着する(軍手は繊維がブレードに巻き込まれるため着用してはいけない)

まずはジグソーの準備をします。

ここで重要なのは、材料の材質に合わせたブレードを用意すること。材料の材質とジグソーのブレードが合っていなければ、うまく材料を切断できません。必ず準備段階で、ブレードをチェックしておきましょう。

ジグソーで材料を切断する方法

1.切断する材料をしっかり固定する
2.ジグソーの電源コードをつなぐ
3.材料にブレードを押し当てずに材料からブレードを少し離す
4.スイッチ(トリガー)を押してジグソーのブレードを稼働させる
5.ブレードがしっかり動いてから材料にブレードを当てる
6.ブレードで材料を切断する
7.材料が切断できればスイッチ(トリガー)を離す
8.ブレードが完全に停止してからジグソー本体を動かす
9.まっすぐ切断したいときには補助道具を使う

ジグソーを使ううえでポイントとなるのが、ブレードが動いてから材料に押し当てるという点です。

ブレードが動いていない状態で材料にブレードを当ててからスイッチを入れると、材料やブレードが破損したり、ブレードが材料に引っかかって大変危険です。必ずブレードが動いてから材料に当てるようにしましょう。

また切断後はブレードが停止してからジグソー本体を動かすようにしましょう。ブレードが動いている状態でジグソーを動かすと大変危険です。注意しましょう。

ジグソーで丸く切る、四角く切る方法

1.切断したい形を材料に下描きする
2.ドリルなどで穴をあける
3.穴をあけた部分にジグソーのブレードを挿入して切断を開始する
4.材料を動かしながら切断する
5.ブレードで切断することを意識してジグソーを動かす

基本的なジグソーの使い方の応用です。ジグソーの使い方がしっかりしていれば、それほど難しくありません。

ポイントはジグソーの動かし方。ジグソー本体ではなくブレードを意識して、ブレードで材料を切断することを念頭にジグソーを動かしましょう。

ジグソーの選び方のポイント

ジグソーを選ぶ上で、どのようなポイントに気を付けておかなければいけないのでしょうか。ジグソーの選び方のポイントを見ていきましょう。

性能

基本性能に優れているジグソーなら、思い通りの切断が実現できます。

ジグソーの基本性能を決定する大きな要素はストローク数とストローク幅です。

ストローク数は、ブレードが1分間に何回往復するかを表した数値で、ストローク数が多ければ多いほど高速で切断することが可能になります。

ストローク幅は、ブレードがどの程度上下するか表した数値で、ストローク幅が広ければ広いほど早く切ることができます。

ストローク数とストローク幅が多いほど高性能なジグソーということができ、作業よりスピーディーに行うことができます。

ただし切断速度が速ければ、その分、扱うのも難しくなります。調節機能が付いていれば、思い通りの扱いが可能になります。

機能

ジグソーを思い通りに操るためには、機能面も非常に重要になります。

ジグソーのブレードの動きを自由に調整することができる変速機能を搭載している製品なら、長い直線をスピーディーに切断することも、細かくて丁寧な仕事が必要な複雑な形状をゆっくり切断することも可能になります。

特に初心者は、変速機能がついていなければ扱うのが難しく、失敗の原因にもなってしまいます。

自由自在に直感的にジグソーのブレードのスピードを変更できる機能を搭載した製品を見つけましょう。

ブレードの着脱のしやすさ

ジグソーはさまざまな素材を切断するため、材料に合わせてブレードを交換しなければいけません。そんな時に重要になるのがブレードの着脱のしやすさです。

ブレードの交換方式には、ネジ式とワンタッチ式があります。

ネジ式はわざわざネジを締めたり緩めたりしなければブレードを交換することができません。

ワンタッチ式なら、ブレードを引っ張ったり差し込んだりするだけで簡単に交換することができます。

利便性を高めるなら断然ワンタッチ式がおすすめ。頻繁にブレードを交換する必要がないならそこまで重要ではありませんが、さまざまな材料を加工したいと思っているなら利便性を高めるためにワンタッチ式のジグソーを選ぶようにしましょう。

オービタル機構の有無

ブレードを上下だけでなく前後にも動かすことができるオービタル機構。このオービタル機構を備えていれば、より効率的な作業が可能になります。

オービタル機能は、スイッチのオンとオフで切り替えることができるようになっているため、不要なときには使用せずに済みます。

そのためオービタル機能が搭載されている製品の方がより高性能となります。

スピーディーに作業をこなすしたいなら、オービタル機構にも注目したジグソー選びをしましょう。

使いやすさ

道具であるジグソーは、使いやすさも重要なポイントとなります。

グリップがしっかり握りやすいジグソーなら、安定して操作することが可能。またトリガーが引きやすく、操作ボタンが分かりやすければ、直感的に操作することができるようになります。

ジグソー自体の重心も重要で、ハンドルに重心があれば腕の負担を減らすことができます。

どうしても性能や機能ばかりに注目してしまいがちですが、使いやすさの観点からもしっかりとジグソーを見極めましょう。

サイズと重さ

ジグソーの使いやすさに関係するのがサイズと重さです。

サイズが大きく重量のあるジグソーは、腕力がなければ思い通りに取り回すことができなくなります。

腕力のある男性ならそれほど気にならない部分かもしれませんが、腕力のない女性が使う場合にはサイズと重さが非常に重要になります。

また長時間の作業や不安定な姿勢で作業をしていれば、重いジグソーは大きな負担となります。

ジグソーのサイズと重さはパワーにも影響を与えているため、必ずしも重いジグソーが悪いとは言い切れませんが、使いやすさまで考えたサイズと重さのバランスが取れているジグソーを選ぶ方が理にかなっています。

電源方式

ジグソーの電源方式は、大きく分けてコード式と充電式があります。

ほとんどのジグソーはコード式となっており、電源さえ確保できれば安定したパワーで作業を行うことができます。

一方の充電式は、作業中にコードが邪魔にならずコンセントの位置に関係なくどこでも作業を行うことができます。

コード式と充電式で、それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の使い方に合った電源方式のジグソーを選ぶようにしましょう。

コードの長さ

コード式のジグソーを選ぶ際には、コードの長さにも注目しておきましょう。

コードが長ければ、コンセントと作業場の位置が離れていてもスムーズに作業を行うことができます。コードが短ければ、延長コードが必要となる場合もあります。

ジグソーを購入する際には、コードの長さもしっかり確認しておきましょう。

価格

ジグソーは性能や機能によって値段が大きい異なり、3000円~3万円で購入することができます。

値段が安いジグソーでも、基本的な切断作業は十分可能です。ただし値段が高いジグソーになれば便利な機能が備わっているため、利便性が格段に向上します。

ちょっとした材料を切断するためにジグソーを探しているなら低価格の製品でも十分ですが、ジグソーはDIYでも使用頻度が極めて高い製品です。そのため本格的なDIYのためにジグソーを探しているなら、値値が張っても求める性能と機能を備えた使いやすいジグソーを選びましょう。

ジグソーのオススメ人気比較ランキング

ここからは木材から金属までさまざまな材料を切断できるジグソーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

7位:リョービ ジグソー J-6500VDL

リョービ ジグソー J-6500VDL

リョービのコンパクトで使いやすいジグソーです。

無段階変速機能を搭載しており、思い通りのスピードで切断することが可能。スピーディーな作業から細かい部分の丁寧な作業まで行うことができます。

オービタル機構を搭載しているため、より効率的に材料を切り進めていくことができます。

使いやすい低重心とコンパクトなボディで、腕力のない女性でも簡単に扱うことが可能。また低振動のため、作業中の反動を最小限に抑えることができます。

グリップには滑りにくいソフトグリップを採用しており、手にしっかりフィットして作業の疲労を軽減してくれます。

化粧板の切断に便利な定盤カバー付きとなっています。

誰にでも簡単に扱うことができるコンパクトなジグソー。値段もお手頃なため、初めてジグソーを購入する人にもオススメです。

口コミの評判

・安くてアルミベースで機能に不足もなく素晴らしいと思います。本体の重量が無いので扱いやすいですが、安定感は今一つかも知れません。腕力の無い方は軽量機を選びがちですが機械の暴れを抑えられないので重いほうがよい場合もあります。
・使い勝手が良く重宝しております。寒い冬は室内で使っております。
・犬小屋を作るのに使いました。薄いベニヤも軽々切れてかなり調子がよく満足です!
・直線切り、曲線切りとブレードの交換をすることがあるのですが、ワンタッチで交換できるのは大変便利です。

6位:日立工機 ジグソー CJ90VST

日立工機 ジグソー CJ90VST

日立工機のハイパワーなジグソーです。

700Wの強力モーターを搭載しており、木材なら厚さ90㎜まで対応することができ、ステンレスでも厚さ3.2㎜に対応できます。非常にハイパワーなため幅広い素材を切断することができます。

無段階変速タイプで思い通りにジグソーのスピードを操作することが可能。ダイヤル式のため狙い通りの加工を行うことができます。

日立独自のオービタル機構を採用しており、オービタル機能が使えるだけでなく前後運動を4段階に切り替えることができます。切断効率が非常に高まります。

ツールレスでブレードの交換が可能なため、ブレード交換する時にも非常に便利。作業を円滑に進めることができます。

操作性にも優れており、扱いやすいレバー式を採用。また滑りにくく手にフィットするソフトタッチハンドルを搭載しており、思い通りにジグソーを扱うことができます。

独自のプレートの動きによって高い作業効率を実現している日立工機のジグソー。ハイパワーかつシンプル機能で扱いやすく、さまざまな材料を思い通りの形に切断することができます。

口コミの評判

・機械は良い仕事をしてくれます。速度も握りやすさも満足しています。刃も種類が豊富で、堅い木もゆっくりであれば、切れるようです。
・ほんとに鉄板が切れました。精密にと言うわけにはいかないけれど、手で金工ノコで切るよりきれいです。こんどはステンレスを切ってみようと刃を注文しました。
・なかなか使いやすく、他の職人さんも「こら良かったよ!」。そして「安かったね」ということでした。
・取り敢えずのジグソーにはマストだと思います。大工歴20年です。

5位:マキタ 充電式ジグソー JV142DZK

マキタ 充電式ジグソー JV142DZK

マキタのBLモーターによって圧倒的な作業スピードを実現したジグソーです。

切断スピードが大幅にアップしており、これまでにない作業スピードを実現することが可能です。

優れた操作性を実現しており、低振動かつ低騒音で快適な作業を約束してくれます。

スピード調節機能は6段階となっており、ダイヤル式のため安定した速度で材料を切断することができます。

高輝度LEDライトが2灯装備されており、暗くて手元が見えにくい場所でもしっかり照らしてくれます。

オービタル機能を搭載しており、材質に合わせて3段階のオービタル機能で思い通りの切断を可能にします。

切断時のみに高速回転するソフトノーロード機能を搭載しより、部材に当たるまではストローク数を抑制し、切断が始まると高速切断を行います。この機能によって切り始めの墨線合わせが簡単になりました。

ロックオンスイッチ機能を搭載しており、スイッチが入った状態を維持することが可能。長時間の作業では非常に便利で、作業中の持ち替えもスムーズに行うことができます。

作業の邪魔となる粉塵を防ぐ防塵性能が向上しており、ダストシールを改良してブロワ機能を利用することで高い防塵性能を実現しします。

バッテリー式のためどこでも自由に使うことができる高機能なジグソー。工具で高い評価を受けているマキタの製品であるため、製品に対する信頼性も抜群です。

口コミの評判

・扱いやすさは、充電式の使い勝手と言ったら最高です。
・コードレス、上向き使用で快適に切断できました。
・負荷がかかるときだけフルスピードになる機構があるのですが、スピードが変わるまでの時間が長過ぎるような気がする
・普通のジグソーです。ホビーモデルではないので、ちょっとゴツイかな?マキタの工具ですから。

4位:パナソニック 充電ジグソー EZ4541X-B

パナソニック 充電ジグソー EZ4541X-B

軽量、低重心、低振動の三拍子が揃ったパナソニックのジグソーです。

取り回しのことを考えて設計されており、軽量で扱いやすい工夫がボディに施されています。軽量、低重心、低振動によって、誰でも簡単には使えるようになっています。

切り粉が飛び散りにくいカバーが付いているため、作業中に発生する切り粉に悩まされることなくスムーズな作業が可能になります。

防塵、耐水設計となっており、過酷な作業でも使用することが可能。バッテリー式のため、どこにでも持ち出して使用することができます。

LEDライトが搭載されているため、手元が暗い場合でも切断部をしっかり照らして作業をサポートしてくれます。

オービタル機構を搭載しており、4段階のオービタル機能で思い通りの作業スピードを実現します。

グッドデザイン賞を受賞したこともあるデザイン性にも優れているパナソニックのジグソー。バッテリー式というだけでなく軽量かつ耐久性にも優れているため、使用範囲が広い器用なジグソーです。

3位:マキタ 電子ジグソー 4350FCT

マキタ 電子ジグソー 4350FCT

マキタの圧倒的なパワーで分厚い材料も切断できるジグソーです。

切断能力が非常に高いのが特徴で、木材なら厚さ135mmまで対応することができます。これだけのパワーは他のジグソーにはなかなかありません。

低騒音、低振動となっており、パワーあっても扱いは非常にスムーズ。電子制御機能が搭載されているため、負荷をかけても切断スピードを維持し続けることができます。

高速切断を実現する3段階のオービタル機能を搭載しており、材質に合わせて理想的な切断を実現します。

スピード調節ダイヤルが搭載されているため、最適なストローク数で作業を行うことが可能です。

工具を使わずにブレードを簡単に交換できるため、ブレード交換に手間がかかりません。

高輝度LEDライトを搭載しており、手元が暗くなるような場所でもしっかり照らして刃先が狂う心配がありません。

ブロワ機能によって粉塵を吹き飛ばすことができ、作業中に発生する粉塵に邪魔されずスムーズに作業に没頭できます。

ソフトグリップ採用で握りやすく押しやすい形状となっているため、パワフルなジグソーを安定して扱い続けることができます。

作業効率のことを考え抜いたハイパワーで使いやすいジグソー。切断したい材料が大物の場合には、これくらいパワーのあるジグソーの方が安心して使えます。

口コミの評判

・内臓ファンで切りくずを飛ばしながら、LEDで進路を照らしてくれるので作業し易かったです。直進性もよく、切り口も綺麗でした。
・刃の取外しもとても簡単でした。
・さすがマキタ...安定して切れます。日曜大工にはもったいない感じです。
・刃口板が外れやすいので、紛失に注意したほうがいいかも。

2位:日立工機 コードレスジグソー CJ14DSL

日立工機 コードレスジグソー CJ14DSL

日立工機の取り回しに優れたコードレスのジグソーです。

コードレスながらハイパワーのジグソーで、木材なら厚さ135mmの材料でも切断することができます。

14.4vのリチウムイオン電池を搭載しており、豊富な作業量を実現。バッテリー式のジグソーで問題となる電池切れと使用中のパワーの低下を防ぐことができます。

便利な電池残量表示機能が搭載されているため、電池の残量が分かり作業の計画を組み立てやすくなります。

新オービタル機構を搭載したことで、これまでよりもスピーディーに作業ができるようになりました。ブレードが下がるときには従来より大きく後退するため、ブレードが材料に引っかかりにくくスムーズな切断を実現します。

ワンタッチツールレスブレード交換方式を採用しており、工具を使用せずにワンタッチでブレードを交換できます。ブレード交換に手間取ることがなく、ブレード交換によって作業の流れを中断しません。

集塵機に接続することが可能なため、作業中に発生する粉塵を除去しながら作業できるため、作業に集中することができます。

刃先を照らす高輝度LEDライトを搭載しており、手元を照らして作業をサポートしてくれます。

コードレスになっているため非常に取り回しやすく、なおかつコードレスとは思えないほどのハイパーを実現しているジグソー。ハイパワーなジグソーを探しているものの、電源やコードの問題に頭を悩ませたくない人は、このコードレスジグソーを選べば問題が全て解決します。

口コミの評判

・バッテリーの持ちは素人仕事ですが、不満を感じたことはないです。
・コードレスなので、扱いやすいです。持った感じもバランスがとれていて良いです。
・刃が上下だけでなく、前後に回転するように動くので、上下だけのジグソーに比べて、とても切れるのが早いです。特に、木材は、速いです。もちろん刃の選択も重要です。
・コツは要りますが、トタンなども綺麗に切れます。

1位:マキタ ジグソー JV0600K

マキタ ジグソー JV0600K

マキタのオービタル機能を搭載したコストパフォーマンス抜群のジグソーです。

ミドルクラスの本格派ジグソーで、DIYに必要な性能と機能は全て兼ね備えています。

ハイパワーの650Wモーターを搭載しており、重量は約2.3kgと非常に軽量。女性やDIY初心者でも簡単に扱うことができます。

低重心ボディを採用しており、作業中の腕への負荷を最小限に抑えます。

変速機能を搭載しており、切断スピードを自由自在に調整可能。ダイヤル式のため、思い通りのスピードを維持することができます。

オービタル機能を搭載しており、より効率的な作業を実現してくれます。

工具不要でワンタッチのブレード交換が可能な機構となっているため、頻繁にブレードを交換する場合にも非常に便利です。

ソフトグリップを採用しており、握りやすく滑りにくくなっています。

ボディには、丈夫で錆びにくいアルミベースを採用しており、集塵機に接続できるため粉塵対策も万全です。

ジグソーに求められる機能を全て詰め込んでいる隙のない製品。性能を備えているため幅広い作業に活用することができます。

値段がお手頃なためコストパフォーマンスに優れており、初めてのジグソーにはこれ以上ない製品です。ジグソーにこだわりがなく、とりあえずジグソーが欲しい人はこのジグソーを買っておきましょう。

口コミの評判

・音も静か、グイグイと切り込んでいきます。振動も弱く、DIYには充分なパフォーマンスです。
・友人にノーブランドのジグソーを借りて何度か使ってましたが、新しいのが欲しくなりこれを入手しました。切れ味がこれほど違うのか!!と感動しました。12mmのコンパネがサクッと切れます。木工だけでなく、粗大ごみの処理にも大活躍。
・簡単にしっかりとまっすぐ切れます。最高です。もう少しだけ軽量化できていれば女性でも使いやすいかなと思います。
・このタイプでオービタルがついていないモデルを所有していますが、このタイプは切れ味が良く早くカットできます。重さ、グリップ感も良く使いやすくもっと早くオービタルモデルを買えばよかったと思います。素人でも使い易いです。

低価格ジグソーのオススメ人気比較ランキング

ここからはちょっとしたDIYで大活躍する購入しやすい低価格ジグソーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

8位:イーバリュー ジグソー EJ-400SC

イーバリュー ジグソー EJ-400SC

イーバリューの軽量で扱いやすいジグソーです。

木材なら厚さ50mm まで対応しており曲線や直線の切断が可能です。思い通りの形に材料を加工することができます。

ダイヤル式の無段階変速機能を搭載しており、使用者のテクニックや材料に合わせて快適な作業ができます。また速度を速めれば効率よく作業を進めることができます。

付属のブレードにもこだわっており、耐久性と切れ味に優れた世界シェア1位のスイス製ブレードが付属しています。

動作中の振動を軽減するバランサー機能が本体内部に搭載されているため、振動を軽減して作業を安定的に行うことができます。また振動が少ないため静音性にも優れています。

切粉を吹き飛ばし墨線を見やすくするブロワー機能が付いており、作業中に発生する粉塵に悩まされることなくスムーズに切断することができます。

市販の丸ノコ定規を取り付けることができるため、作業を効率化することも可能です。

基本的な機能をしっかり押さえて、4000円前後という低価格を実現することに成功したジグソー。高性能な製品に比べて切断能力は劣りますが、DIYには十分使うことができます。

口コミの評判

・私は孫のおもちゃを作ることぐらいですが十分に役立っている。
・軽くコンパクトで使い易い商品です。また、値段も安くチョットした大工仕事には最高です!!
・この値段にしては良い商品だと思います。本当に切れるのか、かなり心配でしたが切れました。
・よほど変な刃を選ばなければこれで十分です。手入れもしやすくとても便利です。

7位:日立工機 ジグソー FCJ65V3

日立工機 ジグソー FCJ65V3

日立工機の鋼材から木材までマルチに切断できるジグソーです。

木材、合成樹脂板、薄物鉄板、非鉄金属などさまざまな素材に対応しているジグソーで、身の回りにあるものならある程度を対応することができます。

ソフトグリップを採用しており、滑りにくく手にフィットするため作業によって手が疲れることがありません。

操作性に優れた大型のスイッチを採用しており、指を二本引っ掛けることができるためしっかり握り込むことができます。

無段変速機構を搭載しており、微調整ダイヤルとスイッチの引き具合で回転数を自由自在に調整することが可能。安定した回転数で作業することも、直感的に回転数を変えることもできます。

スライド式防塵カバーを搭載しており、透明なプラスチック製のカバーで粉塵が飛び散るのを防ぐことができます。

また集塵機と接続することが可能なため、常に粉塵を回収してクリーンな作業場を実現します。

あらゆる素材に対応することができ、直線から曲線まで思い通りに加工できるジグソー。値段の割には性能と機能に優れており、しっかりとしたジグソーを求めている人も満足させることができる1台です。

口コミの評判

・ジグソー初体験だったので、端材で少し慣らし運転をしてみたのですが、思いのほか扱いやすく、別売り替え刃に換装して曲線切りも出来ました。
・曲線切りの際に断面を垂直に保つにはそれなりのコツが必要ですが、安全に落ち着いて作業ができる良い機械だと思います。
・ちょっとした加工に便利です。キリコ対策用のガードも付いていて安心です。
・値段からすると十分な仕事をしてくれてるみたいです。

6位:SHUREMAN 6段変速ジグソー KJS-380

SHUREMAN 6段変速ジグソー KJS-380

SHUREMANの圧倒的な低価格を実現したジグソーです。

木材、金属、プラスチックを切断することができるジグソーで、直線を曲線も思い通りに切断することができます。

6段階に速度を調節できる機能が搭載されており、ダイヤル式のため安定的に同じスピードで作業を進めることができます。

スイッチの固定ボタンがあるため、長時間の作業でもスイッチをしっぱなしにする必要がありません。ジグソーの持ち替えも容易に行うことができます。

傾斜切断可能な角度は左右45度までとなっており、材料を斜め向けにカットすることもできます。

難しい機能は搭載されていませんが、DIYに使うには十分な性能と機能を備えている製品。値段が非常に安いため、予算をできるだけ抑えたい人は候補に入れておきましょう。

口コミの評判

・普通に現場で使ってます!!!歯がよく折れるんですが、多分それは使い手が下手?笑
・コンパクトなのでさっと使えてさっと収納できるところがいいですね。大きい工具は出し入れが面倒なので。
・小物向きですから本格的な作業にはもの足りませんが、我が家では古い家具のリフォームやペットの小屋作りなどで重宝しています。小さくて軽いので女性でも使えそうですね。
・ある程度の慣れが必要ですが曲線もきれいに切れます。音も静かなので集合住宅や夜の作業でも気を使わなくていい。価格も安いので、電動ドライバーと併せて一家に一台あると何かと捗りますよ。

5位:リョービ ジグソー MJ-50A

リョービ ジグソー MJ-50A

リョービのシンプルで扱いやすいジグソーです。

本体重量が1.3㎏と非常に軽量で、他のジグソーに比べて圧倒的に軽量で取り回しに優れています。扱いやすい入門機のため、ジグソーの初心者や女性には最適です。

軽量ながらしっかりとしたパワーは備えており、木材から軟鋼鋼板まで切断することができます。

別売りの集塵ノズルと集塵ホースを使えば集塵機に接続することが可能。粉塵を気にすることなく作業に没頭することができます。

低振動で静音性に優れているため、住宅地で作業を行う場合にはピッタリです。

機能を徹底的に省いて操作性が向上したジグソー。変速機能はないものの、軽量でパワーもそれほど強くないため簡単に扱うことが可能。とにかく圧倒的に軽量なため女性にオススメです。

口コミの評判

・だいぶ昔のRYOBIジグソーを使ってましたがついに壊れて買い直しましたが、音は静かになってましたし、何となくパワーも上がってる感じがしました。とても良くなっている!と思います!
・価格も手頃で、思っていたより軽量ゆえに扱いやすい。曲線も上手くカットできる。
・曲線も切り出しも容易に出来ます。作業が楽になりました。いい買い物をしました。
・竹行燈の図柄切り出しに使っていますが、パワーもあり、切粉の吹き飛ばし能力も適当にあり、切り口がきれいに上がります。余計な切口ガードがないので曲線が見やすいのもベスト。軽いのもいいね。

4位:ボッシュ SDSジグソー PST800PEL

ボッシュ SDSジグソー PST800PEL

ボッシュのパワフルでコンパクトなDIYで大活躍すること間違いないジグソーです。

パワフルな530Wモーターを搭載しながら、バランサー機構によって低振動を実現。使っていても疲れないジグソーに仕上がっています。

切断線ガイド標準装備しており、正確な直線に切断することが可能。切断面がずれません。

ブレードの交換は工具が不要のSDSシステムとなっており、簡単にブレード交換できるため作業の進行を邪魔しません。

ブレードの動きしゃくり運動を加えるオービタル機能を備えており、4段階で動きを変えることができるため作業状況や材質に合わせて最適なブレイドの動きを選ぶことができます。

ブロア機能が搭載されているため、作業中に発生する粉塵を飛ばしてけがき線をクリアに保ちます。

使いやすさが充実しているボッシュのジグソー。さまざまな切り方が可能で、材料を理想的な形に加工してくれます。

口コミの評判

・この価格でこの性能ならば文句はない。正しく使えば正確にかつキレイな切断面で切断が出来る。
・初めてのジグソー購入です。直線用のガイドもついていて直線の切断がしやすいです。曲線も切断しやすいです。切断速度が速くパワーも申し分ないです。おすすめです!
・軽くて使いやすくて、とても、満足してます。
・使いやすくパワーなどの能力も満足いってます。値段も手ごろでお勧めします。

3位:日立工機 ジグソー CJ65VF

日立工機 ジグソー CJ65VF

日立工機のクラス最軽量を実現したジグソーです。

シンプル機能のベーシックモデルとなっており、ジグソーに必要な機能だけをしっかりと詰め込んだ製品です。

変速機調整付きスイッチで、作業内容や材質に合わせて最適なスピードに調整することができます。狙い通りの加工がしやすくなっています。

作業中に発生する粉塵を吹き飛ばすブロワ機能を搭載しており、作業をスムーズに行うことができます。

小型かつ軽量のコンパクトボディとなっており、ジグソーの扱いに慣れていない初心者や腕力のない女性でも簡単に扱うことが可能。求めていた形に材料を切断することができます。

防塵カバーが付属しているため、発生する粉塵で作業場を散らかす心配がありません。

ジグソーに必要な機能をギュッと詰め込んで、なおかつ軽量化したことで使いやすくなっている製品。非常に軽量なため、気軽にジグソーを扱いたい人にピッタリな1台です。

口コミの評判

・新興のジグソーからの買い替えですが、機体の強度、切断精度とも段違いの精密さを感じます。
・思ったより軽かったので女性でも使いやすそう。でもグリースか何かの油の匂いがやや鼻につくのがいまいち残念。でもこの価格なら我慢もできるかな。
・この品がこの価格!!大満足です。
・値段も手頃でパワーも満足です。とても扱いやすいと思います。

2位:ブラックアンドデッカー コンパクト・オービタルジグソー KS701PE-JP

ブラックアンドデッカー コンパクト・オービタルジグソー KS701PE-JP

ブラックアンドデッカーの低価格ながら多彩な機能を搭載しているコストパフォーマンスに優れたジグソーです。

520Wのハイパワーのモーターを搭載しており、木材なら厚さ70mmまで対応することは可能。DIYで使用するには十分な性能です。

さらに4段階のオービタル機能を搭載しており、コンパクトながら多彩な切り方で作業をサポートしてくれます。

カウンターバランス機構を搭載しており、振動を低減することが可能。作業しやすいだけでなく、腕の負担を減らすことができます。

ワンタッチクランプを採用しており、ブレードを簡単に着脱することが可能。ブレードの交換に工具が必要ないため、作業中のブレードの交換に手間取ることがありません。

5000円前後という低価格ながら、充実した性能と機能を備えている非常に使い勝手が良いジグソー。値段を抑えつつ性能面もしっかり確保したいという欲張りな人も満足させることができる1台です。

口コミの評判

・プロユースにはちょっと無理ですが、日曜大工に使うには丁度良いと思われます。パワーも同値段帯の他機種と比べて強めだと思いますし、ワンタッチで取り替え可能なブレードのチャックも便利です。ただ、オービタル機能は私には不要でした・・・。
・こちらの商品で初めてジグソーを使いましたが、使い方も簡単で初心者にはお値段も含めてちょうどよかったです。
・必要になって購入しましたがこの金額ではかなり良い商品だと思います。このメーカーの商品を他にも使っているので安心して購入しました。
・表記の通り非常にコストパフォーマンスの優れた機材、トルク・振動等も全く問題なかった。

1位:新興製作所 変速ジグソー SJS-400

新興製作所 変速ジグソー SJS-400

新興製作所の圧倒的なコストパフォーマンスを実現した低価格のジグソーです。

木材や金属の切断作業が可能な変速機能付きのジグソーでDIYにはうってつけの1台です。

6段階のスピード調節機能が付いているため、作業内容や材料の材質に合わせて最適なスピードで作業することは可能。繊細な切断からスピーディーな作業まで、思い通りにこなすことができます。

軽量なため扱いが容易で、誰でも簡単に使いこなすことができます。

グリップは手に馴染みやすく持ちやすくなっているため、ジグソー思い通りに操ることができます。また作業の負担を軽減することもできます。

無駄な機能を省くことで圧倒的なコストパフォーマンスを実現しているジグソー。本当に必要な機能だけに絞っているため、操作も簡単で使いやすくなっています。

とりあえず安いジグソーを探しているなら、このジグソーを選んでおけば問題ありません。試しにジグソーを使ってみたいと思っている心者でも気軽に購入することができるためピッタリの製品です。

口コミの評判

・価格を考えると大満足です。殆どの木材は6速でガンガン切れたし、硬い木材もスピードを落として安全に切れました。
・車の床などの製作に使用。ジグソーはおもったより簡単に思ったラインで切り取れます。直線も使えます。このモデルは安価だったので心配もありましたが全く問題ありません。音も気にするレベルではなく家の庭でも部屋の中でも使えます。
・値段の割に良い道具です。音がウルサいけど、値段を考えると、我慢できます。
・値段も安くて必要な機能はありますので良いと思います。ジグソーと電動インパクトはあると便利ですね。

まとめ

DIYをするときに必要不可欠となるジグソー。1台あるだけで作業効率が高まり、できることの幅も大きく広がります。

また不要な家具などを切断する時にも使用することが可能。庭の手入れで枝を切るときにも重宝します。

生活していれば何かを切断したいということは、意外と多くあるものです。安いものでもいいのでジグソーを1台買っておけば、きっとどこかで活躍してくれること間違いありません。なければ買わなかったことを後悔しますよ。

切断工具については以下の記事を参照してください。

ジグソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

電動ノコギリ(レシプロソー)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 家庭用小型充電式から使い方まで

丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

卓上丸ノコ・スライド丸ノコのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

高速切断機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方次第で木材や金属も切断

バンドソーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 卓上タイプから充電タイプまで

卓上糸ノコ盤のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 電動工具・エア工具 , , , , , , , ,