サーキュレーターのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から置き方まで解説!

      2018/07/12

0

扇風機のようで扇風機とは違う役割を持つサーキュレーターを利用する人が増えています。サーキュレーターは、エアコンとの併用で大活躍する家電であり、風通しを良くするときに利用されます。

しかしサーキュレーターは、どの製品も似ている形状をしているため選び方の基準が分からなくなってしまいます。

そこで今回は、部屋の空気を循環させることで冷暖房を効率化するサーキュレーターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。効果的な使い方からサーキュレーターの置き方まで解説します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

サーキュレーターとは?

羽根が付いていて送風が主な機能であるサーキュレーター。一見すると扇風機と同じように思えますが、扇風機とは使い方も機能も異なる新しい家電です。

風を送って空気を循環させる機械

風を送る機能を持つ機械には扇風機や冷風扇がありますが、その多くは風を送ることで涼を得ることが目的になっています。

ところがサーキュレーターは、機能的には風を送るものであっても人に向かって風を送るものではありません。

サーキュレーターは、風の通り道を作ることで室内の動かない空気を循環させることを目的としており、風通しのよい環境を作るための機械です。

扇風機とサーキュレーターは、使用する目的が全く異なります。

扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機の基本的な機能は、部屋の中で風を送り、人に風を当てることで涼を得るというもの。一方でサーキュレーターの基本的な機能は、室内の空気を循環させて風通しを良くするためのものです。

そのためとても似た形状をした扇風機とサーキュレーターですが、機能や性質が大きく異なっています。

扇風機の特徴

・身体に風が当たっても疲れないように風が柔らかい
・風を送る範囲が広く短い
・首振り機能があり角度調節が細かくできる
・風量調節機能やタイマー機能など細かな設定が可能
・価格が高い

サーキュレーターの特徴

・風力が強く直線的に風を送る
・風を送る範囲が狭く長い
・扇風機よりも機能が少なく単純な構造
・価格が安い

風を遠くまで送ることが基本機能であるサーキュレーターは、扇風機よりも構造が単純なため機能に乏しい反面、コンパクトで価格も低くなっています。

サーキュレーターの意味と効果

サーキュレーターは風を送るための装置であるため、扇風機のように人に向けて風を送るような使い方をしません。

サーキュレーターは室内で風の通り道を作るように配置し、室内の空気を循環させるように使います。室内の空気を循環させることで熱気や冷気を散らし、過ごしやすい環境を作ります。

サーキュレーターのメリット

サーキュレーターはエアコンと併用することが多く、夏場には部屋の下側に溜まった冷房の冷気をサーキュレーターの風で散らすことで底冷えを防ぎ、逆に冬場に部屋の上側に溜まった熱気をサーキュレーターの風で散らすことで頭だけ暑い状況を改善します。

サーキュレーターはそれほど電気代を使わないため、エアコンと併用すれば総合的に電気代を節約することができるため非常に経済的です。また扇風機と異なり、春秋には換気装置、夏冬にはエアコンと併用して使えるため無駄なく一年中利用することができます。

コンパクトなため持ち運びが便利で、どこにでも好きな場所に設置可能。洗濯物を部屋干しする際にもサーキュレーターの風を当てることで通常の3倍ほどのスピードで乾かすことができ、さまざまなシーンで利用することができます。

サーキュレーターの効果的な使い方と置き方

風を送るという単純な機能しかないため、あまり意味のない装置のように思われがちなサーキュレーター。しかし用途は多く、多彩な使い方をすることができます。

エアコン(冷房)との併用と設置場所

2017y05m12d_175719860

冷房運転のエアコンとサーキュレーターを併用する際には、サーキュレーターは床と水平方向に置き、風を送りましょう。

部屋の形やエアコンの設置位置によって異なりますが、基本的にエアコンの冷気は部屋の下側に溜まります。この空気をかき混ぜるように風を送り上側の空気と混ぜることで部屋全体を冷やすことができます。

エアコンは、設定温度になるまで冷気を出しますが、エアコン自体が部屋の上にあるため設定温度に到達すまで余計に冷気を出すことになります。部屋の温度が均一になれば、無駄に冷気を出さず節電になります。

エアコン(暖房)との併用と設置場所

2017y05m12d_175734344

暖房運転のエアコンとサーキュレーターを併用するときには、サーキュレーターは床と垂直方向に置き、風を送りましょう。

冷房と同様に部屋の形やエアコンの設置位置によるため一概には言えませんが、基本的にはエアコンの暖気は部屋の上側に溜まります。この空気をかき混ぜるように風を送り、上側の暖気を部屋の下側へと降ろすことで部屋を暖かくすることができます。

またエアコンの吹き出し口に向かってサーキュレーターの風を送る方法も有効です。

こちらのシミュレーションでは、エアコンの下側に設置したサーキュレーターで壁に向かって空気を送ることで最も効率よく部屋を暖められています。

部屋の換気

サーキュレーターは空気を送ることができるため換気には最適。

換気を行う場合には、空気ができるだけ遠くまで運ばれて滞留するように設置しましょう。また1階から2階へ空気を送ったり、2つの部屋を通して空気を送ることも最適な方法です。

部屋の換気を行えば、カビの発生を抑えることができます。

洗濯物の部屋干し

意外と使えるのが洗濯物の部屋干し。洗濯物に風を当てることで乾燥を早めることができます。

洗濯物の量や湿度によって乾燥速度は変わるものの、基本的に3倍のスピードで洗濯物を乾燥させることができるとされています。

部屋干しによる嫌な臭いは乾燥までに5時間以上が経過すると発生する可能性が増加しますが、サーキュレーターを使えば3時間程度で洗濯物を干すことも可能です。雨の多い梅雨時には換気も洗濯物の乾燥もできる強い味方となります。

サーキュレーターの選び方のポイント

扇風機と違って風を送ることが得意なサーキュレーターは、選ぶために注意するべきポイントも扇風機とは異なります。いったいどのような選び方をすればいいのでしょうか。

風力の強さ

風を送ることを主目的とするサーキュレーターに欠かせないのは風力の強さ。どれだけ見た目が良くて安くても、部屋の隅々まで風を送れないならサーキュレーターの意味を成しません。

直線的に風が送られ、風力が強く、遠くまで風が送れるものを選びましょう。また適応床面積が決められているため、部屋の大きさに応じてサーキュレーターを選ぶことも大切です。

静音性の高さ

部屋の中で使うため、静音性が大事なポイントとなります。強い風を送るサーキュレーターは、扇風機よりも大きな音が出やすくなり、購入時に見落として後悔することが多いポイントでもあります。

サーキュレーターを選ぶ際には、できるだけ静音性の高い製品を選びましょう。目安となる音の大きさは、最大風力モードで52db以下のものです。

各種の機能

扇風機よりも機能は少ないものの、サーキュレーターにもさまざまな機能が搭載されています。

自動首振り機能、角度調整機能、風量調節機能、リモコンによる遠隔操作機能があります。どの程度の範囲まで角度調節できのかや、風力を何段階まで切り替えられるのはしっかりと確認しておきましょう。

デザインとコンパクトさ

部屋に置いて一年中使うもののためデザイン性は非常に重要です。部屋のデザインに合ったものを選ぶことにしましょう。

またデザインと近いのがコンパクトさの重要性。サーキュレーターは持ち運びすることが多いため、できるだけどこにでも設置しやすくて持ち運びやすいコンパクトなものを選びましょう。

サーキュレーターのオススメ人気比較ランキング

デザイン、価格、機能、使いやすさなどの総合的な評価が高いサーキュレーターの中から人気となっているオススメの製品をランキング形式でご紹介します。

9位:Fochea サーキュレーター HG2459

Fochea サーキュレーター HG2459

スタイリッシュで多機能なサーキュレーターです。

スパイラル気流を生み出すことができるサーキュレーターで、空気力学に基づいて設計されたプロペラによって最大10mまで直進性のある風を送ることができます。そのため最大16畳という広い部屋にも対応できます。

2段階の風量切り替え機能を搭載しており、さらに上下に60度の角度調節が可能。首振り機能も搭載しているため、最適な風量を送りたいポイントへと送ることができます。

操作はダイヤル式となっており、直観的に設定することが可能。子どもやお年寄りでも簡単に調節できます。

1時間あたりの電気代は0.8円程度と非常に安く、電気代を抑えることも可能。エアコンとの併用、暖房器具との併用、部屋の換気、洗濯物の乾燥など、さまざまな場面で活躍します。

使いどころが非常に多い多機能なサーキュレーター、しっかりとした性能と機能でオールシーズン大活躍してくれます。

口コミ評判

・エアコンの補助として扇風機を活用していましたが、正直言って、サーキュレーターってなんだよ?扇風機だろ?って思っていたのですが、いや、全然別物でした!!!久しぶりに購入してよかったと心の底から思いました。
・このサーキュレーターは本当に便利です!!首振り、上下の角度や風力調節などの機能の充実、場所のとらなさ、安さ。これらを考えると本当によくできたサーキュレーターです!
・安価なサーキュレーターだと、羽のバランスが悪く振動がでたり音が五月蠅かったりすることがありますが、この製品は大丈夫。扇風機代わりに使ってます。
・お値段以上にしっかりした作りで、掃除もしやすいし、値段も風量もいいと思います、お好み焼きの店に置いてお客様からも好評です。

8位:TWINBIRD 3Dサーキュレーター KJ-D997B

5

ツインバード工業の3Dサーキュレーター「KJ-D997B」です。

「KJ-D997B」の最大の特徴は、立体的に首振りができるユニークな機構。横8の字首振りで部屋の隅々まで風を送ることができ、部屋全体の空気を循環させることができます。

また3段階の角度設定が可能で、真上に向けた場合には、天井にたまる空気を循環させ冷暖房の冷気・暖気が効率よく部屋に広げることができます。

前グリル、羽根は簡単に着脱できるため、簡単に掃除することができお手入れが簡単なのも高評価です。

ただし強モードでは約80dBとかなり大きな音を出すため静音性に問題があり、パワーはあるものの音が気になる人にはオススメできません。

それほど音を気にせず、とにかく部屋の換気を改善したい人は「KJ-D997B」を選びましょう。

口コミの評判

・家族はよく扇風機代わりにサーキュレータの角度を水平にして使っていますが、空気循環をさせたいのであれば原則斜め上に向けるのがベストであり、このサーキュレータは斜め上方向を基本として首振をするので良い感じに空気循環されます。デザインも格好良いし、値段もすごく高いわけではなく、お勧めの一品です。
・8の字首振りに期待して購入。
・エアコンの風を上手に室内循環させてくれています。 
・いい感じの風量で、心地よいです。もう一回り大きいのがあればいいな~って思います。
・独特の8の字首不利も気に入りました。部屋の中央に置くと効果的です。

7位:トヨトミ 壁掛サーキュレーター FC-W50H HG2459

トヨトミ 壁掛サーキュレーター FC-W50H HG2459

トヨトミの壁掛けタイプのサーキュレーターです。

サーキュレーターの多くは床に設置するタイプですが、このサーキュレーターは壁に掛けることができるため場所を取りません。

見た目はエアコンのようですが、送風することによって部屋の空気を循環させます。

天井付近に設置できるため、暖房によって天井付近にある温かい空気を下しやすくなっています。また室温に合わせて風量を自動コントロールするため、最適な風量で稼働し続けます。

4段階の運転モードに加えて、切タイマー機能、オートルーバー機能、左右可変ルーバー機能などを搭載しており、最適な風を送りたい場所に送ることができます。

床の上にサーキュレーターを設置したくない人にオススメできる壁に設置できるサーキュレーター。高い位置におけるため障害物に風が遮られることもなく、効率的な空気の循環を実現します。

口コミ評判

・重量が3~4Kgなので、石膏ボードに取り付けができます。約30分で完了しました。 使用感はこれからですね。
・デザイン、性能に満足。騒音レベルも満足。数少ない壁掛けスタイルです。

6位:バルミューダ サーキュレーター EGF-3200-WK

4

バルミューダのスタイリッシュなサーキュレーターである「EGF-3200-WK」です。

価格が2万以上するサーキュレーターとしては高価格帯の製品ですが、価格に見合った機能とデザイン性を実現しています。

まずは見た目が美しく、どんな部屋にも見事に調和するデザインの良さが光ります。

また独自の2重構造の羽根「グリーンファンテクノロジー」によって少ない回転数でパワフルな風量を実現。最大風量時は15m先の空気まで動かすことができます。

これだけの風力を実現しながら、一般的なサーキュレーターの半分以下という消費電力のため省エネを実現しています。

風量切り替えは4段階、ファンの向きは水平から垂直まで90度無段階となっているため、送りたい場所に送りたいだけの風を送れます。

高級機種ということもあり、リモコン付き。離れた場所からスイッチのオンオフ、風量の切り替えが可能です。

性能は抜群で値段の高さに目を瞑ればぜひとも欲しい1台ですが、サーキュレーターを持っていない人が使い勝手も分からずただ風を送るために2万円以上払うのはかなりの冒険。サーキュレーターを長年愛用したい人にオススメです。

口コミの評判

・デザインGOODです。最小の風量は静音で中、大、最大はかなり音がしますが、部屋を攪拌するには良いです。2〜3度は温度が上がりました。
・デザインは秀逸です。白を基調としたエッジの効いたフォルムは、アップルストアに並んでいても違和感がないくらいです。
・風力が扇風機とは全然違います。空気の流れをつくるのでエアコンを使わない時、爽やかな風の流れをつくってくれます。エアコンと一緒に使えば効率よく快適な温度を保ってくれますよ。音が少し気になるので、常時風力2で使用しています。

5位:アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HD15N

3

アイリスオーヤマの低価格ながらしっかりとした機能が持ち味のサーキュレーター「PCF-HD15N」です。

「PCF-HD15N」の特徴は2000円前後という低価格。シンプルな作りながらサーキュレーターに必要な機能はしっかりと詰め込まれており、さらに試しに購入できるほどの低価格を実現しています。

角度調整は6段階で-20度から90度まで広範囲に対応。風量切替は3段階で、基本はしっかりと押さえられています。

また小型ですが「スパイラル気流」を採用したことで適応床面積は8畳あり、コンパクトな作りで非常に軽量。さらに静音性能が高く、季節を選ばずさまざまなシーンで活躍します。

カラーは2色が用意されており、ホワイトとブラックから選ぶことができます。

サーキュレーターに必要なものが詰め込みながら低価格を実現しており、最初の1台にはぴったりなサーキュレーターとなっています。

口コミの評判

・軽量で持ち運び便利。風力3段あり中でもかなりの風力。いい買い物ができました
・小さくて軽くて、なのにパワフル。とても重宝しています。アイリスオーヤマさんありがとう。
・この価格で、これだけの風量尚且つ静か。見た目の品質も十分で文句なし。
・届いて驚いたのが、予想より大きかった。使ってみたら、音静かですね。強にしてもかなり静か パワーもあるし、買ってよかった。

4位:Vornado サーキュレーター 630J

Vornado サーキュレーター 630J

ボルネードのスタリッシュなサーキュレーターです。

6畳~30畳までに対応したハイパワーのサーキュレーターで、最大21m先まで風を送ることが可能。中型のサーキュレーターでありながら、パワーがあるため幅広く使うことができます。

首の角度は0度~90度まで調節することができるため、あらゆる方向に風を送ることが可能。風の通り道を作って空気を循環させる以外にも、天井に風をぶつけて空気をかき混ぜるといった使い方も可能です。

夏場はエアコンの冷気の循環、冬場は暖房器具によって天井付近に滞留する暖められた空気の循環とオールシーズン使用可能。電気代の節約にもつながります。

風量は、強、中、弱の3段階となっており、アナログタイプのスイッチのため使い方も簡単です。

シンプルな構造で壊れにくくコンパクトなため置き場にも困らないサーキュレーター。ハイパワーのため、これがあればどんな部屋でも空気を循環させられます。

口コミ評判

・とにかく風量がすごいです。向けた先の部屋では風が循環しているのがよくわかります。吸い込みしてる部屋も同様に風がおきます。買って正解でした。
・このサーキュレータで解決できない問題は、サーキュレータでは解決できないと諦めが付きます。他の安価なサーキュレータでは、より高価なサーキュレータを求めていたと思います。
・エアコン、加湿器と一緒に使っています。リビング12畳、和室5畳くらいの空間ですがまんべんなくあたたまり、湿度もちょうどよく、とてもいい具合です。エアコンの設定温度を19度以上にすることはほぼありません。音も日中はさほど気になりません。
・思ってた以上に威力があり満足してます。少し音が気になりますが、許容範囲かなと。

3位:山善 サーキュレーター YAR-AD233

2017y05m12d_214448723

低価格家電に定評がある山善のサーキュレーター「YAR-AD233」です。

1万円前後の価格帯で山善の製品としては高めの設定。しかし値段に見合う性能を備えています。

DCモーターによって消費電力を抑えており、1時間あたりの電気代は約0.5円と通常のサーキュレーターの半分程度に抑えられています。またトルネードガードを採用しており、遠くまで風を送ることができます。

静音性能が高く首振り機能を搭載。風量調整は8段階でタイマー付きのため、好きな風量を好きな時間だけ送ることができます。リモコンも付属しているため、遠くからでも操作することができます。

上下左右に首振りが出来て、リモコンによる遠隔操作もできる「YAR-AD233」。機能と価格を両立したことで高評価となりました。

口コミの評判

・台所の暑さ対策に使用しています。これまで使用していたACモーターのサーキュレーターが最弱にしてもうるさかったので買い替えました。ファンが23cmと大きいのもあり最弱の静音モードでも十分な風量です。風量上げてもかなり静かです。風も遠くまで届くので非常に満足しています。
・こちらのサーキュレーターを使用したところそれまでと比べて5℃以上、暑い日には10℃近く差が出る結果となり非常に満足です。
・風の強さは全8段階。音のうるささについては最大付近にしなければさほど気になりません。
・強さも細かく変えられるし、回転も上下左右で自在に回ってくれて部屋の空気をかき回す感じです。

2位:アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HM23

1

アイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-HM23」です。

「PCF-HD15N」の上位モデルで、さらにパワーアップした製品です。

「PCF-HD15N」と同じように角度調整は6段階で-20度から90度まで広範囲に対応。風量切替は3段階です。

さらに左右自動首振り機能を搭載し45度まで角度調整が可能。「PCF-HD15N」が8畳なのに対し、こちらは20畳まで対応しており広範囲に風を送ることができます。

風量はパワフルになったものの静音機能は備えられており、静音モードでは35dB以下と静かな運転が可能です。

十分な広さに対応し各機能も充実しながら6000円前後という設定価格も魅力的。カラーはホワイトとブラックの2色から選べ、デザインを部屋の雰囲気に合わせることもできます。

1台あれば、サーキューレーターが必要とされるどのような状況でも対応することができるのが「PCF-HM23」。風力も十分で、広い部屋の隅々まで風を送ることができます。

口コミの評判

・二つ向かい合わせの部屋で、片側にしか冷房がなく扇風機ではどうにも暑いのでエアコン設置の前に一度試しで購入してみました。本日届いたのですが、扇風機とは段違いです、これだとエアコンは入らないような気がします。素晴らしい!!
・小さくて持ち運びもいいです。15畳で使ってますが、空気を回すにはホントいいですよ。一番弱いで使ってます。
・20畳よりも少し広い事務所内で使用しています。つけるとつけないとでは、暑さのこもっている感が違う感じがします。サーキュレーターをなめてました。最強の3で首振りしても音は気になりません。
・首ふり機能もあって、いい感じに室内の空気が攪拌されているようです。
・20畳の部屋で使用しています。音は気になりません。暖かい空気が微かに降りてくる感じです。夏の冷房時に、どのようになるのか楽しみです。

1位:VORNADO サーキュレーター 660-JP

VORNADO サーキュレーター 660-JP

高性能なボルネードのサーキュレーターです。

大型のパワフルさを兼ねそなえた中型モデルで、パワーがありながら静音性に配慮されています。

暑い夏には空気を循環させることで過ごしやすい室内環境を作り出し、冬場には天井の温かい空気を混ぜて足元を温めることができるサーキュレーター。あらゆる季節で使うことができます。

空気を循環させて換気するのにも役立ち、湿度が上がる季節には部屋の隅やタンスの裏などに風を通してカビの発生を抑えることができます。

プロペラにたくさんの空気を送れる吸引口の設計となっており、さらに効率的に直進する風を作り出すプロペラを採用。生み出された風は筒状のダクトによって竜巻となり、拡散せずに遠くへと空気を運びます。

大型モーターで生み出されたパワフルな螺旋状の気流は、最大25m先まで届き、35畳の部屋にも対応します。

風量はターボ、強、中、弱の4段階と細かく設定可能。風向きは0度~90度に対応しており、無段階調節できます。

パワフルな風を作り出すことができるだけでなく、スタイリッシュなためどんなインテリアにも合うサーキュレーター。パワーと静音性を兼ね備えた最高のサーキューレーターです。

口コミ評判

・屋根裏小部屋の暑さ対策で購入しました。風が強くて遠くに届きます。
・オフィスのサーキュレータは工場みたいな灰色で機械チックなものでしたが、これはピアノフィニッシュでとってもスタイリッシュで素敵。音はMAXは思った以上にうるさいですが、一番弱いのであればまぁまぁ我慢できるレベル。
・自分は職場で使用しています。細長長方形の広い部屋で使用しています。天井の中心に一箇所だけしかエアコンがないので、自分の机がある壁際はなかなかエアコンの冷気や暖気が届きません。これ一台あれば、部屋全体の空気が循環して全体的に冷えるし、暖房も期待できそうです。ちなみに部屋は6畳間が縦に2つ連なっている感じの形と広さの部屋です。
・予想以上に空気の撹拌が凄い。暖炉の有る天井高約4メートルの場所で使っているが、見事に上下の温度差が無くなりました。音もそれほど気にならない程度におさまっています。

まとめ

サーキューレーターは風を送ることが一番重要なポイント。部屋に合った風力の製品を選びましょう。

また首振り機能や調整できる角度も重要で、用途を頭の中でイメージして必要となりそうな性能をチェックしておきましょう。

扇風機でも代用できそうな気もしますが、一度、エアコンと併用すれば扇風機とは比べられない使い勝手の良さに満足すること間違いありません。

扇風機に関する記事は以下を参照してください。

扇風機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 暑い夏も涼しく

羽根なし扇風機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 羽根なしでお手入れ簡単

オシャレな扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コミカル、北欧風、未来型、レトロ扇風機

サーキュレーターのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から置き方まで解説!

小型の卓上・USB対応扇風機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 デスクでも涼しく

家庭用ミストファンのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 扇風機 , , , , , , , , , , , , ,