洗濯物の放置で発生する臭いの取り方と雨の日の室内での干し方とは?

   

2017y05m12d_000037665

雨が降ると洗濯物を部屋干しせざるを得なくなるもの。ところが部屋干しをして生乾きになると、せっかく洗濯したお気に入りの洋服やタオルが雑巾のような嫌な臭いとなってしまいます。

そこで今回は、洗濯物の臭いの取り方と雨の日の室内での干し方についてご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

洗濯物の嫌な臭いの原因は?

晴れた日に干せば良い匂いになる洗濯物ですが、雨の日や室内で干したりすると嫌な臭いになってしまいます。あの雑巾のような臭いの原因は何なのでしょうか。

空気中のカビ

空気中にはカビの胞子が漂っており、カビは湿気の多い場所を好みます。このカビの胞子が湿った洗濯物に付着すると、洗濯物の中で繁殖してしまいます。

洗濯物自体が洗ってキレイになっていても、その後に繁殖するカビによって臭いが出てきます。

洗い残しの細菌

キレイに洗濯したつもりでも、洗濯物の雑菌が洗い切れていない場合があります。

雑菌が付着したままの洗濯物でも、太陽光に当てて素早く干せば殺菌することができます。しかし部屋干しなどで湿った状態が続くと乾燥する前に細菌が繁殖し、酸っぱい臭いを発することになります。

またフェイスタオルやバスタオル、汗で長時間湿っていたシャツや下着は雑菌の温床になりやすく、他の衣類に細菌を移す原因にもなります。そのほかにもお風呂の残り湯や、数日間溜めた洗濯物を一度で洗うまとめ洗いをすると、洗濯物の雑菌の数が増加します。

洗濯機の雑菌

どれだけ洗濯物をキレイに洗っても、洗濯機自体が汚れていては意味がありません。

洗濯槽の裏側には雑菌やカビが繁殖することがあり、この雑菌やカビが洗濯物に移る場合があります。洗濯槽を洗っていなかったり、洗濯後にすぐ洗濯機から洗濯物を取り出さずに放置していたりすると、洗濯槽の雑菌が洗濯物に移るリスクが高まります。

洗濯物の臭いの取り方

原因が分かれば、洗濯物の臭いがどうすれば取れるのかも分かります。

再び洗い直す

臭いの原因は雑菌のため、洗い直しが必要となります。

洗い直すのが面倒だといって干してしまえば、衣服に臭いがついてしまうことがあります。また乾いているときには臭わなくても、汗をかいたりすると臭いが出てくることがあります。

洗濯物の雑菌を繁殖させない

洗濯する前に湿度の高い場所に洗濯物を放置すると、雑菌が繁殖してしまい洗濯をしても取り切れなくなってしまいます。残った雑菌は洗濯物の中で繁殖し、臭いの原因となります。

そのため、洗濯物は洗濯するまで通気性の良いカゴなどに入れておいて、できるだけ細菌が繁殖しないようにしましょう。また洗濯物は溜めず、できるだけ早く洗濯します。

洗濯槽の掃除

洗濯機の洗濯槽にはカビや雑菌が繁殖していることが多く、この細菌が洗濯物に移り臭いの原因となることが多々あります。

そんなときには洗濯槽の掃除をすることで臭いの原因を取り除くことができます。

詳しい洗濯槽の掃除方法は、こちらを参照してください。

洗濯機の洗濯槽を酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)でカビ取り掃除する方法とは?

洗濯機の洗濯槽を重曹とクエン酸でカビ取り掃除する方法とは?

すぐに干す

洗濯物に雑菌が付着する前に干してしまえば、洗濯物でカビや細菌が繁殖することはありません。

そのため最も簡単で高い効果を発揮するのが、洗濯物を放置せずにすぐに干してしまうことです。目安は1時間以内です。

またできるだけ早く洗濯物の水分を取り除くことで雑菌の繁殖を抑えることができるため、できるだけ高温で乾燥した場所で干しましょう。乾燥機を使えば、熱によって殺菌することもできます。

熱湯に浸ける

細菌は基本的に熱に弱いため、どうしても臭いが取れない場合には熱湯に浸したり煮沸消毒する方法も有効です。

大きな鍋で沸かした湯の中に洗濯物を入れて一煮たちさせれば殺菌できます。また大きな衣類は、風呂場などで広げて熱湯をかけるだけでも殺菌することができます。

ただし熱に弱い衣類では絶対に止めましょう。

アイロンをかける

高温のアイロンを濡れた洗濯物に押し当てることで熱による殺菌が可能です。熱湯に浸けるのが面倒なときや、それほど多くの洗濯物を殺菌する必要がないときには手軽で有効な手段となります。

酸素漂白剤で除菌

強力な殺菌効果を持つ酸素漂白剤で除菌する方法も有効です。

市販されている酸素漂白剤の容量を守り、指示通りに浸け置き洗いするだけで除菌と消臭をすることができます。

洗濯物を室内で干すメリットとデメリット

洗濯物を室内で干すことには良いこともあれば悪いこともあります。メリットとデメリットを知りましょう。

メリット

生活環境に左右されない

家の周囲に砂地の公園があったり、強い臭いの発生源があったりすれば、外に干したくても汚れや臭いが付くため洗濯物を干すことができません。しかし部屋干しなら、周囲の環境に影響されずに安定して洗濯物を干すことができます。

また干場がない場合や狭い場合にも、部屋の中なら十分なスペースを確保できます。

そのほかにも虫、鳥、花粉、盗難、喪失など外干しで起こる不足の事態を防ぐことができます。

生活リズムに影響されない

会社に務めていれば、雨が降ったからといってすぐに洗濯物を取り込むことはできません。また日が暮れる前に取り込むこともできません。

部屋干しなら、どんな生活リズムであっても洗濯物を干すことができます。

干すのも取り込むのも楽

洗濯物を干したり取り込んだりするのは重労働。洗濯物を運んで、1つ1つハンガーや物干し竿にかけて干していかなくてはいけません。

しかし部屋干しなら、わざわざ物干し場まで移動せずに洗濯物を干すことができ、室内での作業が可能となります。

デメリット

生乾きの危険性

基本的に室内干しをすれば、屋外で干すよりも乾燥が遅くなります。その結果、洗濯物に細菌が繁殖して臭いを発することになります。

また乾くまでの時間が長く、必要な衣類をすぐに着ることができない場合も出てきます。

干すスペースの確保

室内で干すため、生活空間の一部を洗濯物に占有されてしまいます。干すためのスペースは日常的に使う場所であるため生活スペースの縮小を余儀なくされます。

湿度の上昇

室内で洗濯物を干せば、洗濯物から蒸発した水分が室内に溜まることになります。その結果、室内の湿度が上昇しジメジメとした環境になります。

換気を怠れば部屋が高い湿度になったことで、カビや雑菌が繁殖し、生活環境の質が低下することになります。健康リスクをはらんでいます。

臭くならない部屋干しの方法

どれだけ洗濯物の臭いの取り方と防ぎ方が分かっていても、生活環境の都合や雨の日には部屋干しせざるを得なくなります。そんなときには、洗濯物が臭くならない部屋干しの方法を実践しましょう。

ポイントとなるのが「5時間」。部屋干しの場合でも、5時間以内に洗濯物が乾けば生乾きすることなく嫌な臭いの発生を抑えることができます。

部屋干し洗剤を使う

最近では、部屋干し用の洗剤や柔軟剤が発売されています。部屋干し洗剤を使えば、殺菌や消臭をして生乾きの臭いの発生を抑えることができます。

風呂干し

湿度を気にせず干せるのが風呂干し。どんなお風呂にも基本的に換気扇が付いているため換気で湿気を取り除くことが可能です。

洗濯機は風呂場の近くにあるため、洗濯物を干すのにも苦労しません。また洗濯物に生活空間を圧迫されることもありません。

浴室暖房乾燥機がある場合には、素早く乾燥させることもできて臭いを発することもありません。また風呂場を乾燥させることもできるため、カビやヌメリなど風呂の雑菌の発生を抑えることもできます。

衣類乾燥機

部屋で干さずに衣類乾燥機で干すのも有効な方法です。

衣類乾燥機だけでも発売されており、そのほかにも洗濯機に衣類乾燥機能が搭載されているものがあります。洗濯物を衣類乾燥機で干してしまえば、干す手間を省くことができます。

扇風機を使う

衣類乾燥機がない場合には、扇風機を使いましょう。

扇風機の風を当てると、通常の3倍程度のスピードで乾かすことができ3時間程度で乾かすことができます。素早く乾かすことで生乾きを抑えることができます。

扇風機の風の当て方は、洗濯物全体の周囲の空気を動かすように当ててください。空気の流れができることで湿度の高い空気を洗濯物の周りから遠くへと運び、乾燥を早めることができます。

また室内の湿度が高い場合には、換気して湿度を下げるとさらに乾燥効果を上げることができます。

エアコンや除湿器を使う

部屋の湿度を下げることで乾燥を促す方法です。

エアコンや除湿器で部屋の湿度を下げます。その際、ドアや窓を閉めて密閉状態にするのがポイントです。

扇風機を使う場合には湿度の上昇を抑えるために換気しますが、除湿器を使う場合には換気すると湿度が上がってしまいます。

また除湿器の風が下から当たるように洗濯物に近づけましょう。ただし40㎝以上は洗濯物との間に距離を置きましょう。

除湿器を使えば5時間以内に乾燥させることができますが、扇風機を併用すればさらに高い効果を発揮します。

まとめ

洗濯物の臭いの取り方で大切なのは、細菌やカビをいかに減らし、増やさないようにするのかということになります。殺菌方法や干し方を工夫することで、臭いを取り除きましょう。

また部屋干しする場合には、5時間以内に乾燥させることがポイント。扇風機や除湿器が非常に有効で、素早く乾燥させることができます。

 - ライフハック・ノウハウ, 洗濯 , , , , , , , , , , ,