DVDレコーダーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安くて一人暮らしにもピッタリ

   

人気のDVDレコーダー

映像録画しておきたい時に大活躍してくれるのがDVDレコーダーです。映像録画するだけでなく映像を見ることもでき、テレビ番組は思い出を記録した映像を残すことができます。

ところがブルーレイレコーダーの普及によってDVDレコーダーは人気を失っており、パナソニック、シャープ、東芝、ソニーなどのメーカーの製品からどれを選べばいいのか分からないのが現状です。

そこで今回は、DVDレコーダーにこだわりたい人必見のDVDレコーダーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。VHSからダビングする時にも使えるDVDレコーダーもご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

DVDレコーダーとは?

そもそもDVDレコーダーとはどのような可能なのでしょうか。ブルーレイレコーダーとの違いなども合わせてご説明します。

DVDの再生と録画が可能な機械

DVDレコーダーは、映像の録画と再生が可能な専用の機械です。

DVDディスクを再生して映像コンテンツを視聴できるのはもちろん、放送されているテレビ番組などをHDDやDVDディスクに録画しておくこともできます。

ただし、第2世代光ディスクであるDVDには対応しているものの、第3世代光ディスクであるブルーレイディスクには対応していない点に注意しておく必要があります。

DVDプレーヤーとの違い

DVDレコーダーによく似ているのが、DVDディスクを再生させることができるDVDプレーヤーです。

DVDレコーダーとDVDプレイヤーの最大の違いは録画機能にあります。

DVDレコーダーは、録画機能搭載しているため放送されているテレビ番組などを録画することが可能です。

一方のDVDプレイヤーは、再生専用の機械であるため再生はできても録画することはできません。

DVDをただ再生させるだけでなく映像を録画しておきたい場合には、DVDレコーダーを選びましょう。

ブルーレイレコーダーとの違い

DVDレコーダーに代わって急速に普及しているのがブルーレイレコーダーです。

DVDレコーダーがDVDディスクにしか対応していないのに対し、ブルーレイレコーダーはDVDディスクとブルーレイディスクに対応しています。

そのため、ブルーレイレコーダーはDVDレコーダーを兼ねることができ、ブルーレイディスクはもちろんDVDディスクの再生も可能となっています。

ブルーレイレコーダーは、高性能かつ高機能で値段も安くなっているため、DVDレコーダーを選ぶ前に必ずチェックしておきましょう。場合によってはDVDレコーダーではなくブルーレイレコーダーを選んだ方がいいことも多くあります。

ブルーレイレコーダーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 録画からDVD再生まで

VHS一体型のDVDレコーダーがある

DVDが普及する前に主流だったVHS。現在ではほとんど使われなくなりましたが、過去に撮影した映像などはVHSで残っている場合も少なくありません。

DVDレコーダーの中には、VHSに対応している製品もあり、VHSを再生できる製品やVHSからDVDディスクへ映像をコピーすることが可能な製品もあります。

VHSを活用したい人やVHSに思い出の映像が残っている人は、VHSに対応したDVDレコーダーを活用することができます。

チューナー

DVDレコーダーの中には、Wチューナーを搭載している製品もあり、2番組を同時に録画することができるようになっています。

2つの番組を同時に録画できるため、見たい番組が重なっても録画しておくことができます。

複数番組を同時に録画したい場合には、Wチューナー搭載のDVDレコーダーが必要不可欠になります。

HDD

内蔵されているHDDの容量によって、録画しておくことができる番組数が変わります。

ほとんどのDVDレコーダーはHDDを内蔵しており、DVDディスクだけでなくHDDにも番組を録画しておくことができます。

DVDレコーダーの使い方

基本的なDVDレコーダーの使い方をご紹介します。

DVDレコーダーで録画した番組やDVDを再生する方法

1.DVDをDVDレコーダーにセットする
2.再生したい番組を選ぶ
3.番組を再生して視聴する

DVDレコーダーを再生するのは非常に簡単です。誰でも直感的に行うことができます。

DVDレコーダーで録画する方法

1.必要な機器をテレビとDVDレコーダーに接続する
2.番組表から録画したい番組を選ぶ
3.録画したい番組の録画をスタートする

DVDレコーダーで番組を録画する場合には、基本的に番組表から録画します。製品によって表示画面は異なりますが、録画したい番組を決定すると録画モードへと移行します。

予約録画なども可能なため、見たい番組あらかじめ予約録画しておきましょう。

DVDレコーダーの故障対策と処分方法

長年使っていると壊れてしまうDVDレコーダー。簡易的な修理方法を知っていれば、急場をしのぐことができるかもしれません。

DVDレコーダーがディスクを読み込まないエラーを直す方法

1.DVDレコーダーを分解する
2.レンズ部分を露出させる
3.レンズをキレイに拭く
4.元通りに組み立てる

DVDレコーダーを使っていて多いのが、DVDを読み込まないという不具合です。

DVDを読み込まない理由はレンズにある可能性が高く、レンズを拭くことで再びDVDを読み込む可能性があります。

難易度は高いですが、レンズが露出するまで分解してレンズをキレイに拭けば直る可能性があります。

DVDレコーダーのHDDを交換する方法

1.DVDレコーダーを分解する
2.DVDレコーダーのHDDを取り外す
3.DVDレコーダーに新しいHDDを取り付ける

HDDを用意する手間と交換する作業が必要ですが、HDDを交換すれば再びDVDレコーダーを使えるかもしれません。

DVDレコーダーの故障の原因に多いのがHDDの寿命であるため、HDDを交換すれば再び長く使える可能性があります。

DVDレコーダーからディスクを救出する方法

1.イジェクト穴に針金などを押し込んでトレイを開ける
2.イジェクト穴がない場合には、DVDレコーダーの電源を切って電源コードを抜く
3.DVDレコーダーの開閉ボタンを押した状態で電源コードをつなぐ

DVDレコーダーのトレイが開かなく理由は多くあるため、これらの方法で必ずしもディスクを救出できるとは限りません。

どうしてもDVDレコーダーのトレイが開かない場合には、分解して力ずくで取り出すしかありません。

DVDレコーダーを処分する方法

1.家庭ごみとして処分する
2.家電量販店に引き取ってもらう
3.リサイクルショップやインターネットオークションで販売する
4.回収業者に回収してもらう

DVDレコーダーの処分方法として一般的なのがこの4つの方法です。

家庭ごみとして処分するのが最も簡単で、新しいDVDレコーダーやブルーレイレコーダーを購入すれば、家電量販店で引き取ってもらうことができる場合もあります。

また手間がかかるもののリサイクルショップやインターネットオークションで販売する方法や回収業者に回収してもらう方法もあります。

DVDレコーダーの選び方のポイント

DVDレコーダーを選ぶうえで、どのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。DVDレコーダーの選び方のポイントを見ていきましょう。

チューナー数

チューナー数が多いDVDレコーダーなら、複数の番組を同時に録画することができます。

DVDレコーダーの場合は、最大でも2番組同時録画となっています。2番組が同人録画できれば、同じ時間帯に見たい番組が重なってもほとんどの場合で対応することができます。

番組を見逃したくない場合には、2番組同時録画機能が搭載されている2チューナーのDVDレコーダーを選びましょう。

HDD容量

HDD容量が大容量のDVDレコーダーなら、たくさんの番組を録画しておくことができます。

HDD容量は、録画しておける番組の数を決定付ける要素がため、チューナー数と合わせて必ずチェックしておきましょう。

対応メディア

対応できるメディアが多ければ、DVDレコーダーの汎用性の高まります。

市販のDVDディスクはもちろん、録画しておいたDVDディスクなどを再生したい場合には、ディスクが対応メディアに含まれているかしっかりチェックしておきましょう。

VHS対応

DVDの全世代であるVHSに対応しているDVDレコーダーも存在しており、DVDだけでなくビデオを見たい場合にはVHS対応の機能が必要不可欠になります。

VHSが対応している製品の中には、VHSからDVDへダビングする機能が搭載されている製品もあります。

昔の思い出をDVDに残しておきたい場合には、VHS対応機能が非常に重要になります。

サイズと重さ

サイズが大きいDVDレコーダーを選んでしまうと、テレビ台の下に設置することができなくなってしまいます。

DVDレコーダーを購入する前に、設置する予定の場所にDVDレコーダーを設置するスペースを確保できることを確認しておきましょう。

価格

DVDレコーダーは、ほとんどの機種で生産が終了しており、値段が高くなっています。

中には、ブルーレイレコーダーよりも値段が高い製品もあります。

DVDを再生させたいだけなら、ブルーレイプレーヤーやブルーレイレコーダーという選択肢もあります。そのため、DVDレコーダーを購入する際にはブルーレイプレーヤーやブルーレイレコーダーをしっかりチェックして、本当にDVDプレーヤーが必要なのかを値段の面から確かめておきましょう。

ブルーレイプレーヤーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 DVD対応製品も

ブルーレイレコーダーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 録画からDVD再生まで

DVDレコーダーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、ニッチな需要にピッタリはまるDVDレコーダーのオススメ人気比較ランキングをご紹介しします。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミで評判などを参考にランク付けしています。

8位:三菱電機 ビデオ一体型HDD&DVDレコーダー DVR-HS315

三菱電機 ビデオ一体型HDD&DVDレコーダー DVR-HS315

三菱電機のビデオ一体型のHDDを搭載したDVDレコーダーです。

HDD、DVD、ビデオが楽しめる1台3役の製品で、多くのメディアに対応することができます。

使い方も簡単で、新聞のテレビ欄のように表示される番組表から、希望の番組を選ぶだけで簡単に録画予約することができます。使い方が簡単なため、女性はお年寄りでも簡単に扱うことができます。

HDDならSEPモードで最長約340時間、DVDならSEPモードで片面約10時間の録画が可能なため、録画しておきたい番組は余すことなく押さえることができます。

録再ナビを搭載しており、1週間後までの予約した番組を一覧表示することは可能。リモコンで簡単に操作することができます。

速水機能を搭載しているため、音声付きで1.5倍というスピードで再生することは可能。時間がない人にはピッタリな機能です。

充実した機能を兼ね備えているDVDレコーダー。幅広いメディアに対応しており、長時間の録画が可能なため実用的な製品です。

口コミの評判

・VHSビデオがいよいよ故障してしまいプレイヤーを探していたのですが、今後故障した際の事を考えDVDにダビング出来る機能のデッキを探していました。
・早速ダビングしましたが、全く問題無くサクサク作動しております。不具合が発生する前に大量のVHSテープを早めにダビングしていきたいと思います。
・発売されてから何年も経つのに、自分の愛用機と全く同じ中古良品を見つけることができ、満足です。

7位:パイオニア DVDレコーダー DVR-510H

パイオニア  DVDレコーダー DVR-510H

パイオニアのHDD内蔵のダビング機能にこだわったDVDレコーダーです。

高速ダビング機能を搭載しておりスピーディーにダビングすることが可能。DVD-RWディスクへの約2倍速~約12倍速、DVD-Rディスクへの約4倍速~約24倍速ダビングを実現。画質の劣化なしで、EP(約6時間)モード記録なら1時間番組を約2.5分でDVD-Rディスクにダビングがすることができます。

高速ダビング中でもHDDへの録画や、HDDに保存した番組の再生ができるため、番組を見ながら裏でダビング作業を進めることができます。

DVD-RWディスクに「VRモード」で録画されたオリジナルタイトルを、画質劣化なしでHDDへ高速でダビングすることも可能です。

HDDでもDVDでも追いかけ再生が可能になっており、見たいタイトル一発検索のアドバンスドディスクナビを搭載。DVD-R/RWに対応しているため、さまざまな機器で再生することができます。

厚さ6.9 CM と非常に薄くスタイリッシュなデザインになっています。高さのないテレビ台の下にもスッキリ収納することができます。

ダビング機能にこだわり抜いているDVDレコーダー。対応できるメディアも多く、幅広い使い方ができる1台です。

口コミの評判

・リモコンも使いやすく、本体もわかりやすい。HDDも新品同様に動いてDVDの方も再生録画バッチリでした。
・7900円でしたが約3倍位の価値があります。古い?機種なので今後色々あるかもしれませんが、大事に使用していこうと思います。
・内蔵チューナー以外問題なく作動しています。内蔵チューナーがアナログということでジャンク並みの価格でしたが、CATVのチューナーから外部入力で録画するのが目的なので必要にして十分、いい買い物が出来たと思っています。

6位:シャープ HDD搭載ビデオ一体型DVDレコーダー DV-ACV52

シャープ HDD搭載ビデオ一体型DVDレコーダー DV-ACV52

シャープのHDDが大容量のVHS一体型のDVDレコーダーです。

高性能なDVDレコーダーで、テレビと組み合わせることで2番組の同時録画が可能。番組を見逃すことがありません。

i.LINK入出力端子を搭載しており、ハードディスクに録画した番組をブルーレイなどへダビングすることも可能です。

HDMI端子に対応しているため、高精細の映像と音質のまま出力することは可能。美しい映像を楽しむことができます。

番組表は非常に見やすく高精細なため、文字をしっかり読むことができます。また文字の大きさを切り替えることもできるため、テレビの画面サイズに合わせて調節することができます。

ハードディスク、DVD、VHSビデオの全てでダビングすることができるため、映像を残したい時にダビング用として使うこともできます。

シャープのAQUOSテレビと組み合わせることで本領発揮することができるDVDレコーダー。VHSも使えるため、さまざまな用途に対応することができます。

口コミの評判

・商品にはVHSビデオとなっているのでS-VHSビデオを再生すると尾引きノイズが出るかもしれないと思い、試しにかけたところきれいに映った。S-VHSもたくさんあるのでDVD変換に大変重宝しています。また、地上デジタル、BSデジタルチューナーが付いているところがいい。それに入出力端子でi-LINK、D端子、HDMI、光端子などが付いていて便利です。ちょっと高いかなとは思ったが買って正解だった。
・たまっていたテープのDVD化が出来ました。
・今回のデッキは、自分が持っているのと同じものなので、ちょっと接続に手間がかかったけど、DVDVHSも見られるようになって、良かったです。
・値段の割りに性能は必要十分でした。又、とても使いやすいです。

5位:東芝 デジタルハイビジョンチューナー内蔵VTR一体型 HDD&DVDレコーダー VARDIA RD-W300

東芝 デジタルハイビジョンチューナー内蔵VTR一体型 HDD&DVDレコーダー VARDIA RD-W300

東芝のデジタルハイビジョンチューナーを搭載したDVDレコーダーです。

ハイビジョン録画を簡単にできるDVDレコーダーで、初めてDVDレコーダーを使用する人でも簡単に操作することができます。

シンプルなリモコンのボタンの数はわずか24個で、基本的な操作にだけ絞った設計となっているため分かりやすく使いやすくなっています。

VHS、HDD、DVDに対応しており、さまざまなメディアで使用することが可能。汎用性も広がります。

ダビングも非常に簡単で、画面に沿って4つのステップを追いかけていくだけで、ダビングやディスクのファイナライズまで簡単に行うことができます。

おまかせプレイリスト機能が搭載されており、見たいタイトルを選んで専用のおまかせプレイボタンを押すだけで、番組本編だけを集めたプレイリストを自動作成したうえで再生を自動的に開始します。映画なども手間なく本編だけを楽しむことができます。

3つのメディアに対応し、使いやすさにもこだわっているDVDレコーダー。リモコン操作が非常に簡単なため、機械が苦手な女性や年配者も安心して操作することができます。

口コミの評判

・見たかった、VHSテープがよみがえりました。なおかつ、ダビング10には対応していませんがデジタル放送も録画できて、一石二鳥です。
・2006年製ですからアナログ機能もついた商品ですので、昔の思い出のVIDEOテープも再生でき、また簡単にDVDへのコピーも出来ますので、新型のブルーレイディスクのよさもありますが、VTR、HD、DVD一体型は現在は販売されていないので、大切に普段は違う機械を使うなどして貴重なものとして使い分けて行きたいと思います。

4位:パナソニック DVDレコーダー DIGA DMR-E50

パナソニック DVDレコーダー DIGA DMR-E50

DVD-RAMに対応しているDVDレコーダーです。

非常にシンプルな構成のDVDレコーダーで無駄な機能を省いているため非常に安く購入することができます。

録画中の番組の最初から再生することができる追っかけ再生機能を搭載しているため、録画中であっても番組を最初から楽しむことができます。

また早見再生機能が搭載されているため、音声付き映像で録画番組を素早くチェックすることが可能。忙しくって番組を見る時間を確保できず、録画しすぎて消化しきれない場合には非常に便利な機能です。

機能が絞られているため、操作性も非常にシンプルで使い勝手にも優れています。

低価格で購入することができて基本的な機能はしっかり押さえているDVDレコーダー。HDDが搭載されていないことには注意しておきましょう。

口コミの評判

・この機種は、とにかくビデオ感覚で録画しては、すぐ再生して、同じディスクに何回も上書き録画する人に向いています。予算に余裕がある人、撮った映像を後で編集したいなと考えられている人、長期間貯め撮りして、後で一気に見る人は、HDDを内蔵した上位機種を選択された方が絶対に後悔はありません。
・追っかけ再生や、ディスクならではのアクセスの簡便さはそのままに、VHSの感覚で使える感じ。
・DVD-RAM方式のレコーダーのため、映像の書き換えが10万回以上可能。だから、同じディスクを使い続けても画質が落ちることはありません。

3位:シャープ DVDレコーダー AQUOS DV-AC82

シャープ DVDレコーダー AQUOS DV-AC82

シャープの大容量のHDD容量を兼ね備えたDVDレコーダーです。

高精細のハイビジョン映像を送りスペックには美しく録画することができるDVDレコーダーで、画質にもこだわった映像を楽しむことができます。

臨場感あふれる5.1chサラウンドに対応しており、番組連動データを丸ごとハードディスクに記録することができます。

簡単に操作することができる機能を備えており、リモコンの扱いも非常に簡単です。見ている番組の録画や入力切り替え、さらに再生がワンタッチで可能なため誰にでも使いこなすことができます。

電源スタンバイ状態から番組表や録画リストなども一発で表示することが可能。また好みのチャンネルの最新ニュース番組をワンボタンでチェックできる一発ニュース・天気機能も搭載しているため、欲しい情報をすばやく手に入れることができます。

画質と音質にこだわっているだけでなく、使いやすさまで考え抜かれた利便性の高い実用的なDVDレコーダー。HDD容量も十分あるため、たくさんの番組を録画しておくことができます。

口コミの評判

・我が家でメインのHDDレコーダーとして活躍中。容量は多くありませんが、こまめに消して対処。リモコンがセットだったので、助かりました!
・最新のDVDレコーダーはアナログ波を受信出来ません。防犯カメラの映像をアナログ波で送信していますので、このDVDレコーダーで受信してテレビで直ぐ見たり録画することができました。
・今のところ特に問題無く使ってます、使い勝手が良いと思います。
・外観も思っていたよりも綺麗で、購入目的であったサブHDDレコーダーとして十分です。

2位:パナソニック DVDレコーダー VHSビデオ一体型 DIGA DMR‐E250V-S

パナソニック DVDレコーダー VHSビデオ一体型 DIGA DMR‐E250V-S

パナソニックのDVDとVHSに対応している一体型の DVD レコーダーです。

HDD、DVD、VHSに対応しているため、幅広い用途で使用することは可能です。

VHSからHDD、DVDへと映像を移すことができるS-VHS高画質ダビング機能を搭載しており、VHSの映像を鮮明なまま次世代媒体に残しておくことができます。

NEWディーガエンジンの搭載によって、細かな描写も忠実に再現することができ、映像美にこだわった映像を楽しむことができます。

カンタンプログラムナビを搭載しており、操作性と使いやすさにもこだわっているため、誰でも簡単に扱うことができます。

DVDオーディオも楽しむことができ、多彩なディスクに対応できるため幅広い使い道があります。

VHSの映像をDVDに移し変えるだけでなく、実用的なDVDレコーダーとしても十分に使うことができる製品。VHSに録画された思い出の映像をDVD化することができるなど、汎用性の高さが大きな魅力です。

口コミの評判

・購入の動機は思い出が詰まったVHSテープをHDDで編集してオリジナルDVDを作成して、デジタル化して残しておきたかったからです。
・番組を録り溜めた古いVHSをDVD化したくて買いました。初めはテープが絡むなどのトラブルもありましたが、トラブルも解消し、無事にすべてのテープをDVDに残すことができました。自分にとっては大切な映像でしたので、大変嬉しかったです。
・生産されてない商品なので、不安でしたが、期待どおりの性能でした。満足してます。
・初めて買ったときから、その要領多さに感動しました。本当に使いやすく、特に自分だけのお気に入りDVDを作成できると同時に、今まで何が写っているか解らないVHSを編集するの操作一つで簡単!!

1位:パナソニック DVDレコーダー DIGA DMR-E70V-S

パナソニック DVDレコーダー DIGA DMR-E70V-S

VHSとDVDに対応している1台2役のDVDレコーダーです。

DVDレコーダーの購入目的の一つがVHSのDVD化ですが、このDVDレコーダーを使えばVHSの映像をDVDへと簡単にダビングすることができます。

ダビング方法も非常に簡単でボタンひとつで簡単に録画することができるワンタッチ2WAYダビング機能を装備。録り貯めた大切な映像をDVDで美しく残すことができます。

ツインチューナーを搭載しており、2チャンネル同時録画が可能になっているため見たい番組を見逃すことをがありません。

DVDに関しては追っかけ再生機能を搭載しており、録画中の番組を最初から視聴することもできます。

プログレッシブ再生に対応しているため、比較的美しい映像映し出すことができ、クリアで高精細な映像コンテンツをそのまま楽しむことができます。

VHS からDVDへと映像をダビングするためにDVDレコーダーを探している人には最適な1台。難しい機能がなく値段も比較的安いコストパフォーマンスが魅力的なDVDレコーダーです。

口コミの評判

・ビデオダビングで購入。昔見たことのあるDIGA。まさか今になって購入するとは、、。でも何の不具合も無く、便利に整理用に使用しています。
・今となっては、なかなか見れなくなったVHSテープです、コレをどうしてもDVDにダビングしたくて探しました。
・ビデオテープからDVDへダビングするために購入しました。買って良かったです。
・本体の切り替えボタンや液晶もわかりやすいと思います。非圧縮でダイレクトにDVD化できるのでいい買い物をしました。

まとめ

現在ではブルーレイレコーダーに完全に追いやられてしまっているDVDレコーダー。しかしまだまだ使い道はあります。

DVDディスクしか再生する必要がなくHDDを内蔵していれば実用的で、子どもやお年寄りなど機械の操作が苦手な人にとっては無駄な機能がなくシンプルな操作性のDVDレコーダーが使いやすい場合もあります。

またVHSとDVDに対応しているDVDレコーダーなら、VHSの思い出の映像をDVD化することができ、収納場所を抑えることができるほか、映像の劣化を防ぎながら保存することができます。

具体的な目的があればDVDレコーダーもまだまだ大活躍してくれます。ただし、番組を録画するという本来のレコーダーの実用性を考えればブルーレイレコーダーを選んでおくことをオススメします。

レコーダー、プレーヤーに関する記事は以下を参照してください。

ブルーレイプレーヤーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 DVD対応製品も

DVDプレーヤーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 再生専用で激安に

ブルーレイレコーダーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 録画からDVD再生まで

DVDレコーダーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安くて一人暮らしにもピッタリ

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, テレビ・レコーダー周辺機器 , , , , , , , , , ,