AIスピーカー(スマートスピーカー)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 できることから使い方まで徹底解説

   

人気のAIスピーカー

IoT(モノのインターネット化)の一端を担うとされているのがAIスピーカー(スマートスピーカー)。音声認識システムによって言葉を理解し、難しい操作をしなくても話すだけでやって欲しいことをやってくれるという夢のようなデバイスです。

ところがいざAIスピーカーを買おうと思っても、アマゾン、グーグル、LINE、アップルなどのメーカーがAIスピーカーを販売しており、どのAIスピーカーを選べばいいのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、未来を先取りできるAIスピーカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。AIスピーカーのできることから使い方まで徹底解説していきます。ハイテクでも価格はそれほど高くはありませんよ。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

AIスピーカー(スマートスピーカー)とは?

大手IT機器メーカーが続々と販売を開始しているAIスピーカーとは、どのような家電なのでしょうか。AIスピーカーの基本を知っておきましょう。

人工知能と音声認識機能を搭載したスピーカー

AIスピーカーはスマートスピーカーとも呼ばれており、人工知能を搭載しているのが大きな特徴です。そのため自分で考えて状況に合わせて判断する能力を持っています。

AIスピーカーは、インターネットに接続して使うのが一般的で、ほとんどのAIスピーカーが無線通信接続機能と音声認識システムを兼ね備えています。

音声によって操作することができ、簡単な質問に答えたり求める情報を提供したりすることができます。

スマホのスピーカー版

AIスピーカーと言われても、使ったことがない人は漠然としたイメージしか抱けないのが当たり前です。そこでAIスピーカーを身の回りにあるもので説明するとスマホのスピーカー版ということになります。

スマートフォンは、音声認識機能を使用できる製品が多くあり、音声で操作することができるようになっています。

AIスピーカーは、まさにスマートフォンの音声認識機能をスピーカーに搭載しているような製品で、スマホを音声で扱うような感覚で誰でも簡単に操作することができます。

IoTでハブ的な役割を果たす

AIスピーカーが注目を集める理由のひとつが、IoT(モノのインターネット化)でハブ的な役割を果たすという期待にあります。

IoTとは、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、照明といった身の回りにある製品がインターネット接続された状態のことを指します。つまりテレビや冷蔵庫がインターネットを介して操作できる状態になった環境のことです。

あらゆるモノがインターネットに接続された場合、それらのモノを一括管理するための装置として働くのがAIスピーカーの大きな役割となることが想定されています。

そのためAIスピーカーが普及することで、その他の家電もインターネットに対応するようになり、最終的にはAIスピーカーを通してあらゆる家電が操作できるようになるとされています。

基本操作は音声認識機能

AIスピーカーが他の家電と大きく異なる点が操作方法。一般的な家電はボタンなどで動作手順を入力することで動きますが、AIスピーカーは言葉によって操作します。

そのためAIスピーカーの能力によって操作性は大きく異なり、音声をしっかり認識できるAIスピーカーならスムーズに操作が可能になり、認識できないAIスピーカーでは操作が極端に難しくなります。

またAIスピーカーが認識しやすい言葉を選んで話す必要性もあり、使われるAIスピーカーだけでなく使う人間の語彙力も操作性に大きな影響を与えます。

価格は安い

最新のハイテク機器であるAIスピーカー。かなり値段が高いイメージがありますが、実際には思った以上に安い値段になっています。

安いAIスピーカーなら5000円前後で購入することができ、ボリュームゾーンでも1万円~2万円。ハイテク機器でさまざまなことができるにもかかわらず意外な価格となっています。

1万円払うだけで未来の世界を体験できると考えれば、AIスピーカーのコストパフォーマンスは圧倒的と言わざるを得ません。

AIスピーカーができること

AIスピーカーの基本が分かったところで気になるのがAIスピーカーにできること。AIスピーカーは、具体的にどのようなことができるのでしょうか。

メーカーによってできることは異なりますが、AIスピーカーができることをできるだけ網羅的に説明します。

インターネットに接続

インターネットに接続できるのは、AIスピーカーにとって基本中の基本。AIスピーカーは、インターネットに接続することでさまざまな情報を取得して提供できます。

音声入力と音声出力

AIスピーカーは、音声認識機能を搭載しており音声によって操作します。また情報を提供するときにも映像などではなく音声を用いるのが基本です。

そのため音声入力と音声出力が可能になっており、話かけた言葉を理解して入力し、対応する返答を音声によって出力できるようになっています。

質問への返答

簡単な質問に関しては、音声で読み上げて返答してくれます。

難易度の高い質問に対しては、返答できないAIスピーカーも多いですが、人工知能による学習をするため返答能力は今後も高まり続けていきます。

音楽の再生

AIスピーカーの最も基本的な使われ方が音楽の再生です。

音楽配信サービスなどと連携することで、さまざまな音楽を再生することができるようになります。

また「1990年代の曲」や「楽しくなる曲」のような抽象的なリクエストにも応えて音楽を再生してくれます。

家電の操作

AIスピーカーを家電と接続することで、音声で家電を操作することができるようになります。

操作方法も簡単で、話かけるだけでさまざまな操作が可能になっています。

ただし操作できる家電は、インターネット接続に対応した製品に限られています。

スケジュール管理

グーグルカレンダーなどのサービスに記録されているスケジュールを読み上げることができるようになっています。

わざわざ手帳を開いたりカレンダーを見なくても、いつどのようなスケジュールが入っているのか音声で確認することができます。

ニュース情報の提供

ニュースに関する情報をラジオ番組などから引き出し、ラジオ番組を流すことでニュース情報を提供します。

またヘッドラインニュースを読み上げる機能を搭載しているAIスピーカーもあり、忙しい朝にもニュースを音声で知ることができます。

ラジオ

ラジオ番組を流すことができます。

提供されるラジオ番組は、インターネットでラジオが聴けるサービス「Radiko」などから提供されています。

局の指定をすることもできるため、よく聴くラジオ番組を楽しむことができます。

Bluetoothスピーカー

Bluetoothで他の機器と接続することで、機器のスピーカーとして使用することができます。

例えばスマートフォンに入っている音楽をスマートフォンのスピーカーではなくAIスピーカーから流すことで、大音量かつ高品質の音楽を楽しむことができます。

動画再生

グーグルのChromecastやアマゾンのFire TVなどと連携させることで、動画を見ることができるようになります。

ただしAIスピーカー自体に映像を映し出す機能はなく、あくまで映像を見るための補助的な装置として働きます。音声で操作できるリモコンをイメージすると分かりやすいです。

天気予報

現在いる場所のその日の天気や最高気温、最低気温などを音声で教えてくれます。

場所を指定することで、さまざまな地域の天気や気温を知ることも可能です。

AIスピーカー(スマートスピーカー)の使い方

AIスピーカーの基本的な使い方を知っておきましょう。初期設定の方法から基本的な使い方までご紹介します。

AIスピーカーの初期設定の方法

1.電源ケーブルをAIスピーカーにつないでアダプターをコンセントにつなぐ
2.スマートフォンのアプリでAIスピーカーと連携させる
3.AIスピーカーの初期設定を行う

AIスピーカーの初期設定は、製品によって大きく異なります。ここでは代表例としてGoogle Homeをご紹介します。

初期設定はそれほど難しいものではなく、スマートフォンのアプリなどを使って行います。

AIスピーカー(スマートスピーカー)の使い方

1.セットしたAIスピーカーに話かける

AIスピーカーの使い方は非常に簡単。話かけるだけです。

ポイントは合言葉。Google Homeの場合には、話す前に「OK Google」という合言葉を言うことで音声認識のスイッチが入ります。

合言葉があることで、誤作動を防ぎ日常の会話には反応しないようになっています。

この合言葉は、製品によって異なるため、使用する製品に合わせた合言葉を言うようにしましょう。

AIスピーカー(スマートスピーカー)の選び方のポイント

AIスピーカーを選ぶうえで重要なポイントはどのような部分なのでしょうか。AIスピーカーの選び方のポイントを見ていきましょう。

AIスピーカーのOS

最初に見ておかなくてはいけないのがAIスピーカーのOSです。

OSとは基本ソフトのことで、パソコンやスマホにも搭載されているもの。パソコンの場合にはマイクロソフトのウィンドウズとアップルのiOS、スマホの場合はグーグルのAndroidとアップルのiOSが有名です。

AIスピーカーにもOSがあり、製品によって搭載されているOSが異なります。

代表的なOSは3つで、グーグルのGoogleアシスタント(グーグルアシスタント)、アマゾンのAmazon Alexa(アマゾンアレクサ)、LINEのLINE Clova(ラインクローバ)です。

この他にアップルが開発するApple HomePod(アップルホームポッド)やマイクロソフトが提供しているCortana(コルタナ)があります。

性能面で言うと、グーグルアシスタントとアマゾンアレクサが抜きんでており、ラインクローバは後塵を拝しています。ただしラインクローバは、日本でサービスを展開するLINEが開発しているため、日本のサービスに深く根差したサービスを提供することに期待されています。

まずは、どのOSを搭載しているAIスピーカーなのかをチェックしておきましょう。

音声認識の精度

AIスピーカーを選ぶうえで音声認識の精度は非常に重要。AIスピーカーは音声で入力するため、音声認識の精度が低いAIスピーカーを選んでしまうと使い勝手が非常に悪くなり、使うたびにストレスがたまることになります。

音声認識の精度は、AIスピーカーに搭載されているマイクの感度はもちろんのこと、収集した音声データを解析する能力も大きく影響します。そのためソフト面とハード面の両方から音声認識の精度を見極める必要があります。

質問への返答力

人工知能の能力が低ければ、質問に対して適切な返答が行えません。一方で能力が高いAIスピーカーなら、どんな質問を投げかけてもしっかり返答してくれます。

この分野に関しては、検索エンジンを手掛けるグーグルのグーグルアシスタントの能力が抜きんでており、すでにネット検索の代用品として十分に機能しています。

また同じくスマートフォンの大手であるアップルのホームポッドも、質問への返答力の高さは期待できます。

AIスピーカーは人工知能を搭載しているため、普及が進めば質問への返答力も向上することが期待されます。現在の質問への返答力だけでなく、今後の性能向上も考慮したAIスピーカー選びをしましょう。

読み上げる言葉の自然さ

機械的な音声で文章を読み上げられてしまうと、聞いている方も疲れてしまいます。また自然な言葉遣いで読み上げられた言葉なら、意味を理解しやすくなります。

読み上げる言葉の自然さは、日常的にAIスピーカーを使っていると非常に重要であることに気付く要素です。

聞き取りにくい言葉ではなく、聞き取りやすく分かりやすい言葉で読み上げてくれるAIスピーカーを選ぶようにしましょう。

機能

AIスピーカーにはさまざまな機能が搭載されており、多機能なAIスピーカーを選ぶことで使える場面が広がります。

天気を教えてくれる機能、音楽を再生してくれる機能、ニュースを読み上げてくれる機能などがあり、これらの機能があればちょっとした情報を知りたいときに大変便利です。

これまでわざわざスマートフォンを使って調べていたことも、機能が豊富なAIスピーカーを導入すれば話かけることで簡単に分かるようになります。

サイズ

音声によって操作するAUスピーカーは、音が部屋全体に広がる場所に置くことでうまく機能します。そのため部屋によっては置き場が制限される場合があります。

設置スペースが限られている場合には、大きなAIスピーカーは物理的に設置するのが難しくなります。

そのため設置スペースに合ったサイズの製品を選ぶことが重要。AIスピーカーは、製品によって形状が大きく異なり横幅や高さのあるものも存在します。設置スペースに合わせたサイズと形状のAIスピーカーを選ぶようにしましょう。

使用中のスマホやパソコンと合わせる

スマートフォンやパソコンは、同じメーカーの製品に合わせることで使いやすさが向上することがありますが、他の家電と連携するAIスピーカーもメーカーを合わせることで使いやすさが向上します。

例えばグーグルのOSを搭載したスマートフォンとグーグルのOSを搭載したAIスピーカーのように、同じメーカーで製品を合わせることで使える機能が増えたり連携が容易だったりします。

ただしメーカーが異なる製品同士でも連携して使用することは可能で、例えばグーグルのOSを搭載したスマートフォンとアマゾンのOSを搭載したAIスピーカーでも問題なく使用することはできます。

必ずしも同じメーカーで製品を揃える必要はありませんが、今後の新機能導入などのことも考えれば、無理をする必要はないものの合わせられるなら合わしておいた方が得策かもしれません。

開発元の開発力

AIスピーカーを選ぶうえで、どのメーカーの製品を選ぶかは非常に重要になります。

その理由は、AIスピーカーを開発しているメーカーの開発力によって、今後のAIスピーカーの能力は大きく変わるためです。

そのためできるだけ大手メーカーが提供しているAIスピーカーを選ぶことをオススメします。販売当初の能力が低くても、今後、開発が進むことで高い能力を発揮する可能性も期待できます。

価格

AIスピーカーの価格はそれほど高くはなく、5000円~4万円程度で購入することができます。

中には小型の廉価版の製品もあるため、とりあえずAIスピーカーを使ってみたいなら試しに安いAIスピーカーを導入してみるのもアリです。

AIスピーカーは、導入した時の利便性を考えれば価格は圧倒的に安い家電といえます。価格のことはあまり考えずに、気に入ったものを選ぶことをオススメします。

AIスピーカー(スマートスピーカー)のオススメ人気比較ランキング

ここからは未来的な生活を我が家にもたらすAIスピーカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、今後の展開、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

14位:アップル Apple HomePod

アップル Apple HomePod

アップルが開発したAIスピーカーです。

円筒形をした形状となっており、高い音質が特徴の製品となっています。

空間認識能力を持っており、室内の位置を自ら感知して室内の状況に合わせて最適な音に自動調節します。そのため高音質の音楽を楽しむことができます。

またiOSに搭載されている音声アシスタント機能Siriを利用することができ、質問に対しても高精度で返答することが可能です。

6つのマイクを搭載しているためユーザーの声をしっかりとらえることが可能で、大きな音で音楽を再生していても離れた位置にいても声で操作することができます。

音楽の再生に特化した性能を持つAIスピーカーで、部屋に合わせた最適な音で音楽を流してくれる製品。音楽好きにはたまらないAIスピーカーです。

13位:パナソニック スマートスピーカー SC-GA10

パナソニック スマートスピーカー SC-GA10

パナソニックが開発した豊富な音声アシスタント機能を備えたAIスピーカーです。

グーグルアシスタントを搭載しており、音声認識機能でさまざまな操作が可能になっています。

天気予報、株価の推移、スポーツの結果などを質問すると音声で答えることができます。

オーディオ機能も音声操作が可能で、Spotify、Google Play Music、TUNEIN、DEEZERに対応。また複数台をマルチルームで使用することができ、さまざまなスマートデバイスと連携して使うことができます。

実用性の高い機能を兼ね備えていますが、このAIスピーカーはさらに音質にもこだわっており、室内で音楽を聴くのにも向いています。

音質と使い勝手を両立しているAIスピーカーで、家電を展開するパナソニックの製品ということもあり今後のスマート家電との連携にも期待できます。

12位:ONKYO スマートスピーカー P3 VC-PX30

ONKYO スマートスピーカー P3 VC-PX30

オンキヨーの高音質を実現しているAIスピーカーです。

音響機器メーカーが製造しているだけあり音に自信のあるAIスピーカーで、アマゾンのアレクサに対応しており、DTS Play-Fi機能を搭載しています。

デュアル2.5インチフルレンジウーファー、デュアルパッシブラジエーターを搭載しており、良質で広がりのある音質を実現。DSPスイッチングアンプでコンパクトサイズながらエネルギッシュなサウンドを響かせることができます。

音楽ストリーミングサービスの選曲や再生はもちろん、質問への返答、ニュースの読み上げ、最新の天気予報、スポーツの結果の確認、オーディオブックの読み上げ、タイマーのセット、カレンダーの設定なども音声によってコントロールできます。

また各メーカーのスマートホーム製品にも対応しており、他の機器をこのAIスピーカーで操作することもできます。

実用性はもちろんですが、音響機器メーカーだけあり音質にもこだわり抜いているAIスピーカー。音楽再生を中心にAIスピーカーを活用したい人にピッタリな製品です。

11位:ラトックシステム スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

ラトックシステム スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

ラトックシステムの家電をコントロールできるAIスピーカーです。

テレビ、エアコン、照明をスマートフォンで一括管理して外部から操作するためのハブ的なAIスピーカーで、家電操作が基本的な機能になっています。

さまざまな赤外線リモコンに対応しており、最大テレビ1台、エアコン1台、照明2台を操作できます。

温度センサー、湿度センサー、照度センサーを搭載しているため部屋の状態を確認することが可能。ペットを高温や低温から守ることができます。

外出先からスマートフォンを使ってコントロールすることが可能で、照明を操作して防犯したり、帰宅前に空調を整えておくこともできます。

声で家電を操作することも可能になっており、別途にAIスピーカーを接続することでスマホを使わなくても家電の操作が可能です。

家電の操作に特化したコンパクトなコントローラ。AIスピーカーと連動させることでIoTを実現することができます。

口コミの評判

・家電を声で操作できるのがすごく便利です。認識があまかったりと不便な点もありますがそういうところも含めて好きです。
・この時期、帰宅前にエアコン入れられるのはありがたいし、たまに見失う扇風機のリモコンがスマホでできるのもありがたい。設定も簡単だし、値段以上の価値はあるかなと。
・スマホで外から家電を操作できる商品との事で購入。冬場に帰宅前や寝室からリビングの暖房を入れるのに重宝しています。
・日本メーカーが網羅されています。流石に10年前の製品は網羅されていないですが、学習させてスイッチを作成すれば、取り敢えずは使用可能です。温度、湿度、照度もこの価格で揃っています。

10位:ハーマンカードン Harman Kardon Invoke

ハーマンカードン Harman Kardon Invoke

ハーマンカードンのコルタナを搭載したAIスピーカーです。

マイクロソフトのコルタナを搭載した珍しいAIスピーカーで、ウーファー、トゥイーター、パッシブラジエーターを搭載した360度スピーカーシステムを搭載しており、7つのマイクアレイでしっかり音を拾います。

音声認識に対応しており、Spotify Premium、iHeartRadio、TuneInといった音楽サービスに接続して音楽を聴くことが可能。今後も接続サービスは増加する予定です。

コルタナを採用したことでマイクロソフトサービスとの親和性が高く、スカイプなどを行うことが可能。マイクロソフト関連のサービスを利用している人にはうれしいポイントです。

音声認識よってアラーム設定、スケジュール管理はもちろん、質問への回答も行うため、高い実用性を兼ね備えています。

コルタナを採用している数少ないAIスピーカー。ウィンドウズパソコンやスカイプを使う職場での運用に便利です。

9位:アンカー Eufy Genie

アンカー Eufy Genie

パソコン機器メーカーのアンカーが開発したコストパフォーマンスに優れているAIスピーカーです。

アマゾンのアレクサを採用したAIスピーカーで「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生から質問の返答までこなしてくれます。

そのほか家電の操作、天気やニュースといった情報の提供、商品注文、スケジュール管理をこなすことができ、アマゾンのサービスと親和性が高くなっています。

2W出力から繰り出される部屋を包み込むような迫力あるサウンドによって、音楽ストリーミングサービスを通じてさまざまな音楽を流すことができます。

設定は専用の無料アプリで行うことができるため非常に簡単です。

シンプルかつコンパクトで5000円前後という低価格が魅力のAIスピーカー。AIスピーカーを試しに使ってみたい人に最適な1台です。

口コミの評判

・食器棚の上に設置し安い外部スピーカーを有線接続で使用しています。ラジコでFM聴いたり、その日の天気予報を聞いたり プライムミュージックを再生したり型通りの使い方は問題なく出来ます。
・出来ることはまだ少ないけど、アレクサという言葉にそこそこ反応します。青く光ると嬉しいです。セットアップも簡単でした。
・Bluetoothが無いですがiOSのAirPlayに対応しています。アレクサ入門用にちょうどでしょう。本命はSpotなのでそれまでの繋ぎに使います。
・大きさ、厚みで邪魔になるようなものでは無いです。

8位:LINE Clova Friends

LINE Clova Friends

LINEが販売する廉価版のAIスピーカーです。

コンパクトで可愛らしいデザインとなっており、置き場に困ることがありません。

音楽再生、LINE通話、占いなどの便利な機能を搭載しています。またバッテリーを搭載しているため、家から持ち出して出先で利用することもできます。

最大の特徴は通話アプリ「LINE」の使用に特化している点。音声だけで家族や友人にLINEを送ることができ、スマホを使わなくてもLINEを活用することができます。

質問に答えてくれるのはもちろん、ニュースや天気予報など気になる情報もすばやく引き出すことができます。

LINEを利用するユーザーには非常に便利なAIスピーカー。非常に実用的で、日本の生活に合わせた機能が充実しているのが大きな魅力です。

口コミの評判

・孫が大喜びです私とLINEをしたり電話で話したり数人で話せるのですごくいいのですが、LINEを送信するのが苦手なのか思い通りの言葉を理解してくれないのでそれはそれは面白く噴き出すほどです。
・スマートスピーカーに興味があって、色々探してたんですが、このラインのスマートスピーカーに一目惚れして、何も考えずに購入しました。デザインはもちろんサウンドも想像以上迫力があって満足してます。少し高めなんですが、ラインミュージックの6ヶ月無料券が付いてるので、それを考えたら丁度いい価格だと思います。
・LINEで通話(発信のみ)やメッセージのやり取りがスマホがなくても、手ぶらでもできる。あらかじめ誰とやり取りするかの設定が必要なので、音声誤認識による宛先間違いが防げる。
・スピーカーの質が良いので、よほどのこだわりがなければ満足できる。

7位:ソニー スマートスピーカー LF-S50G

ソニー スマートスピーカー LF-S50G

ソニーが提供する使いやすいAIスピーカーです。

音楽、天気、ニュースなどの情報を音声で引き出すことができるAIスピーカーで、グーグルアシスタントが日常の困り事をサポートしてくれます。

音声入力でGoogle Play(TM)Music やSpotifyなどの音楽サービス、ポッドキャスト、インターネットラジオを楽しむことができます。

また天気、交通状況、金融情報、スポーツの結果、最新ニュースなども質問するだけで答えてくれます。リアルタイムで最新情報をすばやく教えてくれるため非常に便利です。

そのほかスケジュール管理やAndroid TV(TM)、Chromecast やPhilips Hueなどのスマート機器との連携も可能で、非常に実用性の高いAIスピーカーになっています。

ソニー製のため信頼性が高くグーグルアシスタントを採用しているため利便性も高いAIスピーカー。日常のさまざまな場面で活躍してくれます。

口コミの評判

・音楽、タイマー、天気など、自分の問いかけに素早く反応してくれてます。音も良好で、毎日、寝室で快適に過ごすことができています。本当に素晴らしいAIスピーカーだと思います。
・機械に向かって喋りかけるのは恥ずかしいような、かっこ悪いような…。でも便利だし面白い!音の広がりや重低音など最高のスピーカーです。大満足!!

6位:LINE Clova WAVE

LINE Clova WAVE

LINEの通話アプリを自由に使うことができるAIスピーカーです。

音声認識によって質問はもちろん、ニュース情報、天気情報など必要な情報を引き出すことができます。

4つのマイクとノイズキャンセリング機能であらゆる方向からの音声を認識することができ、バッテリーを搭載しているため電源に接続しなくても好きな場所で使うことができます。

20Wウーファーと2つのツイーターでBluetoothスピーカーとしても豊かなサウンドが楽しむことができるため、音楽再生にもピッタリです。

また面倒な家電のリモコン操作を音声リモコンで操作することができ、わざわざテレビのリモコンを探さなくても声をかけるだけでテレビを見ることができます。

最大の特徴は通話アプリ「LINE」に対応している点で、音声によってLINEの通話発信やメッセージ送信を行うことが可能。わざわざスマホを開いて文字をタップしなくても手軽に通信することができます。

LINEでの通信をよくする人にはピッタリなAIスピーカー。通話アプリ「LINE」との親和性の高さが最大の魅力です。

口コミの評判

・思っていたより大変良い買い物が出来ました。
・テレビのリモコン操作は、チャンネルを言うとやり方悪いのか、地上アナログ放送に切替り砂嵐に。地元のテレビ局を言うと普通に切り替わる。次のチャンネル、前のチャンネル は素直に反応。
・ラジオは、radikoを聞けるけどテレビ同様に放送局を言えば切り替え可能。慣れるまで少し時間がかかりそうな感じです。
・musicは対応してないアーティストや曲が今時点では多い気がします。今なら、clova wave +LINE music12カ月聴き放題なのでそれだけでもお得。全体的に今後のアップデートに期待。これから、clova wave と、共に成長して使いこなせるのが楽しみな品物です。

5位:アマゾン Amazon Echo Dot

アマゾン Amazon Echo Dot

アマゾンの廉価版のAIスピーカーです。

アレクサを採用しているAIスピーカーで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなどを音声操作で行うことができます。

小型ながら7つのマイクを搭載しており、音楽を流していても離れたところからでも音声を聞き取って反応してくれます。

アレクサはクラウドベースの音声サービスのため、使うほどに語彙が増えて話し方や好みを学びます。

接続方法や設定方法も非常に簡単で、コンセントにつないで専用アプリでインターネットに接続すれば使えるようになります。

コンパクトながら標準的な機能をしっかりと詰め込んでいるAIスピーカー。値段が安いため、試しにAIスピーカーを使ってみたい人にうってつけです。

口コミの評判

・部屋のネット回線に繋いだらラジオやニュース、天気がわかるようになりました。音質というか、声質というか、無機質な女性っぽい感じ。普通ですとしか言えません。
・この大きさなので、ドライバー(スピーカー)にも大きさの限界があり、音楽再生能力は高いとは言えません。ただ、アレクサとの会話は、声がしっかりと聞き取れるレベルです。
・「アレクサ、〇〇して。」にて様々なコントロールを可能にする機能・性能を有している。もしくは今後拡張されていくのでしょう。今は、まだ出来る事が限られている印象です。それでも「・・・どこそこの明日の天気は?」「・・・ロックをかけて」に即応してくれるのは便利。
・音楽を聴いていても、普通にコッチの言葉を聞き取ってくれる事には軽い驚きを覚えました。話しかけるとピカチュー語で反応してくれるのは、もちろん言ってる事は意味不明なのですが妙に癒されます。

4位:グーグル Google Home Mini

グーグル Google Home Mini

グーグルの廉価版AIスピーカーです。

廉価版でコンパクトながら基本機能はしっかり詰め込まれています。検索エンジンを手掛けるグーグルの製品というだけあり、アシスタント能力としては非常に高くなっています。

検索エンジンで培った技術が利用されているため質問に対する返答の語彙力は非常に豊富で、難しい質問にもしっかりと答える知性を兼ね備えています。

音声コマンドだけであらゆる操作が可能になっており、音楽の再生やテレビの操作なども行うことができます。

そのほかスケジュール管理や天気予報やニュースの読み上げも可能で、スマートホームデバイスと連携させればテレビや照明を声で操作することもできます。

コンパクトながら実用的な機能をしっかり詰め込んでいるAIスピーカー。値段も安いため初めてのAIスピーカーにオススメです。

口コミの評判

・私はオフィスの「スピーカー」と「調べもの」機能を使っていますが、話しかけるだけでよいので、これは便利です。
・AIが今後進化した時にはこれはおもちゃレベルなのかもしれないけど、今の段階ではかなりコスパの高い製品だと思います。
・下ったらずな子供の声でもちゃんと認識して答えてくれています。ちょっとひねった質問だと「申し訳ありません」となりますが、大体google検索できるものは返事が返ります。3か月間はplay Musicが無料なのですが、これが予想以上に楽しいですね。
・母の私がハマってます。朝布団の中でNHKの英会話を聞きながら起き。朝ごはんを作りながらFMで音楽を聞き、クロムキャストでテレビをつけてニュースをみながら、グーグルホームに傘が必要か教てもらい、子どもを送り出して、コーヒー飲みながらSpotifyでクラッシックを聴く。音のクオリティはアナログのラジオを聴いていた世代なので、許容範囲です。とにかく健気に答えてくれるのが可愛いです。

3位:アマゾン Amazon Echo

アマゾン Amazon Echo

アメリカで大人気となっているアマゾンのAIスピーカーです。

アレクサを採用しているAIスピーカーで、7つのマイクを搭載しているため離れた場所から話しかけてもしっかりと音声を認識してくれます。

基本的な機能は網羅しており、質問に対する返答、天気やニュース情報の提供、音楽の再生、スマートホームデバイスとの連携などが可能です。

スピーカー性能が優れており、パワフルな360度全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。上質なオーディオ機器として機能します。

話かけるだけで簡単にさまざまなことができる未来の生活を実現してくれるAIスピーカー。これからの進化にも期待できるAIスピーカーです。

口コミの評判

・少々低音が強く感じるが、ロック好きな私には満足出来るバランスの良さ。2.1chの外付けスピーカーを接続してからは、ミュージックプレイヤーとしての満足度が上がった。
・音声操作も感度が良い。慣れてくればストレス無く操作出来るかな。
・高音が良くなく音声認識もまだまだなのでファームウェアアップデートによる改善を期待しています。ラジオ的に聴くなら十分な音質。
・これからの商品ですね。AMAZONに理解のあるプライム会員のデータを蓄積して日本語の解析をもっと研究していくのでしょうね。お子様のいる家庭では、役に立つと思います。その人によると思いますが、私のように新しい物好きには、楽しめるものですね。

2位:アマゾン Amazon Echo Plus

アマゾン Amazon Echo Plus

アマゾンのハイクラス版のAIスピーカーです。

基本的な機能はAmazon Echoと同様で、アレクサを採用しているため質問の返答から天気やニュース情報の取得まで実用的な機能を兼ね備えています。

またマイクやスピーカーといったハード面も充実しており、音声認識能力も高く、音質も優れているため音楽を聴くのにも適しています。

大きな特徴がスマートホームハブを内蔵している点。スマートホームハブはスマートホームデバイスを操作するための中継機能のことで、スマートホームハブを搭載していることでスマートホームデバイスをAIスピーカー単独で操作することができます。

現時点では、スマートホームデバイスがそれほど広く普及していないため実用性に乏しい機能ですが、将来的にスマートホームデバイスが普及すればさまざまな家電を音声で操作できるようになります。

将来的な利便性まで見越してAIスピーカーを選んでいる人にはオススメの製品。スマートホームデバイスと一緒に使うことで利便性を格段に向上させることができます。

口コミの評判

・未来ですね、自分の生活の10年先を行ってる商品だと思いました、イーリモートと組み合わせて初めてスマートホームの便利さがわかると思います。
・アマゾンエチョー笑、単体ではタダの音声リモート付きスピーカーって感じかなー。

1位:グーグル GOOGLE HOME

グーグル GOOGLE HOME

グーグルの実用性に優れているAIスピーカーです。

グーグルアシスタントを搭載しているAIスピーカーで、音声認識機能の高さが最大の魅力となっています。

どんな質問にもしっかりと答えてくれる性能を持っているため、ネット検索代わり十分使うことができます。

基本機能も充実しており、天気やニュース情報の提供から音楽の再生、さらにはスマートホームデバイスとの連携まで可能。使える幅の広さと利便性を兼ね備えています。

現時点ではどのAIスピーカーもできることが限られていますが、このAIスピーカーは音声認識能力と質問に対する返答能力が際立っており、十分に実用的に使いこなすことができます。

日常的にスマホでわざわざ検索して調べものをしている人は、このAIスピーカーを導入するだけで生活の質が一変すること間違いありません。性能や機能の割に値段が安いのも大胡否魅力です。

口コミの評判

・スピーカーとして、特にチープな感じもなく品質は問題ないかと。
・Google Homeの使い勝手としては、音声入力でさまざまなことができるので他の入力デバイスよりも使いやすいさは段違いです。
・音楽スピーカーとして考えるとちょっと物足りなさを感じますが検索結果やニュースなどははっきりくっきり聞こえて問題なく使えます。音楽を聴く場合でも、Bluetoothスピーカーから聴く感じだと思うとまったくダメと言うことはありません。
・まず、使った感想ですが、音声認識はいい感じです。内緒でリビングに置いていたら子供が発見して話してかけていました。設定も簡単だったのでこれなら親にプレゼントしても問題なく使えると思いました。

まとめ

どんなデバイスでもわざわざ手で操作する必要がありますが、AIスピーカーを導入すれば音声によって操作することが可能になります。

話かけるだけで思い通りのことができるという体験は想像を超えるもので、あらゆるものの操作が非常に簡単になります。

また手が離せないときにも音声で操作できるため、忙しい人ほど便利に使うことができます。

実用的なだけでなく、音楽を聴いたり遊んだりすることもできるため、1台あるだけで楽しみ方が大きく変わります。

今後、スマートホームデバイスが続々と登場することを考えれば、気になった今のうちに使い方を学んでおいた方がいいかもしれません。

値段がそれほど高くはないため、試しに買って使ってみることもできるAIスピーカーでした。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , ,