窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口コミで評判チェック

      2018/01/18

人気の窓用ロボット掃除機

部屋を自動的に掃除してくれることで手間と時間を節約してくれると大人気になっているロボット掃除機。中にはガラス窓を拭いてくれる窓用ロボット掃除機も登場しています。

そこで今回は、大きなガラス窓を自動的に隅々まで磨いてくれる窓用ロボット掃除機をご紹介します。手が届かない場所もピカピカに磨き上げてくれる窓用ロボット掃除機を見つけましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

Contents

窓用ロボット掃除機とは

床を掃除してくれるロボット掃除機は普及し始めていますが、窓用ロボット掃除機はなかなか見かける機会もありません。まずは窓用ロボット掃除機の基本を知っておきましょう。

窓を拭き掃除してくれる専用のロボット掃除機

窓用ロボット掃除機は、一般的に知られているロボット掃除機とは少し異なり、窓の掃除にのみ特化したロボット掃除機です。

窓の掃除方法は基本的には拭き掃除で、専用のブラシやクリーニングパッドを使って窓をキレイに磨き上げます。

イメージとしては、窓を雑巾などを使って手で拭くような仕上がりとなります。

窓用ロボット掃除機の仕組み

気になるのが、窓用ロボット掃除機がどのようにして窓にくっついて移動しているのかということです。

一般的な窓用ロボット掃除機の構造は、窓にくっつくための機構と窓を拭くための機構によって構成されています。

基本的に窓用ロボット掃除機は、搭載されているファンによって窓に吸引することで窓から落ちずにくっついています。掃除機で壁などを吸引するとホースが壁にくっついた状態になりますが、そんな状態を維持し続けて窓にくっついています。

また窓にくっついた状態で移動することによって、ブラシやクリーニングパッドが窓の表面を滑り、窓をキレイに拭いていきます。

落下しても安全ロープで安心

窓用ロボット掃除機が、窓に吸引してくっついていることを知れば次に想像してしまうのが、吸引が止まると落下して壊れないかということです。

窓用ロボット掃除機には、安全ロープが標準装備されている製品がほとんどで、万が一、吸引に失敗して落下してもロープによって完全落下を防げるようになっています。

使い方をしっかり守っている限り、窓用ロボット掃除機が落下して壊れるというようなことは起こりません。

大きなガラスで大活躍

窓用ロボット掃除機は、一枚が大きなガラスの上なら縦横無尽に移動することができます。そのため、大きな窓ガラスを掃除するときに真価を発揮します。

大きな窓ガラスは、高い場所になると手が届きにくくなりしっかり拭くことが難しくなります。しかし窓用ロボット掃除機なら、どんな位置であってもしっかりと拭くことができます。

窓用ロボット掃除機のメリット

窓を磨いてくれる未来的な窓用ロボット掃除機ですが、窓用ロボット掃除機を導入することでどのようなメリットを享受することができるのでしょうか。

大変な窓掃除から解放される

窓用ロボット掃除機を導入する最大のメリットが、多大な労力を費やす窓掃除から解放されることです。

窓ガラスは繊細であるため、丁寧に取り扱わなくてはいけません。また垂直に設置されている窓ガラスを往復して何度も磨くのは非常に大変な作業です。

大きな窓ガラスとなると、上から下まで磨かなくていけないため、無理な姿勢で窓を拭き続ける苦行を強いられることになります。

窓ガラスの掃除は、大掃除の時期など冬場に行われることもありますが、冷たい水に凍えながらの作業となるのも大変です。

しかし窓用ロボット掃除機を導入すれば、それらの苦労はなくなります。窓用ロボット掃除機をセットすれば、あとはコーヒーでも飲んでいる間に窓はピカピカに磨き上げられます。

窓掃除作業で大変な思いをしている人には、窓用ロボット掃除機はまさに救世主のような存在です。

窓掃除にかかる時間の無駄が省ける

窓用ロボット掃除機は、セットすればあとは自動的に窓用ロボット掃除機が窓を拭いてくれます。

そのため窓用ロボット掃除機に窓掃除を任せている間に、他の掃除をしたり休んだりと時間を有効活用することができます。

意外と窓掃除に費やす時間は長いため、掃除すべき窓がたくさんある家庭なら窓用ロボット掃除機を導入することで時間を大幅に節約することができます。

手が届かない場所もしっかり磨ける

小さな窓の窓ガラスなら隈なく掃除するのも簡単ですが、大きな窓ガラスになると簡単にはいきません。

特に高さのある窓ガラスとなると、上の方は力を入れて磨くのが難しくなり、窓ガラスをしっかり掃除できなくなってしまいます。

ところが窓用ロボット掃除機なら、高さに関係なく一定のパワーで窓を拭いてくれるため隈なく掃除することが可能。掃除ムラを抑えることもできます。

掃除用の道具が不要

窓用ロボット掃除機で窓掃除ができれば、窓ガラスを掃除するために必要な道具が不要になります。

また掃除道具は片付けや管理が大変ですが、窓用ロボット掃除機なら管理も簡単です。

たくさんの掃除道具に悩まされたくないなら窓用ロボット掃除機が便利です。

家具の移動や準備が不要

窓ガラスの中には、家具が邪魔になっていて掃除がしにくいものもあります。しっかりと掃除しようとすれば、どうしても家具の移動が必要になります。

しかし小さな隙間にも入り込んでしっかり窓ガラスを磨いてくれる窓用ロボット掃除機なら、家具を移動させることなく窓掃除をすることができます。

また高い位置の窓ガラスを掃除しようとすると、台や脚立を用意しなくてはいけませんが、窓用ロボット掃除機なら手の届かない場所まで掃除してくれます。

家具の移動や掃除の準備が必要ないのが窓用ロボット掃除機です。

リモコンによる操作が可能

窓用ロボット掃除機の中には、リモコンで操作できる製品もあります。

自動清掃モードでも窓ガラスを隈なく掃除してくれますが、リモコンを使って手動で掃除すればガンコな汚れを徹底的に掃除することも可能です。

自分で操作して掃除することも、自動的に掃除させることもできる自由度の高さがあります。

水拭きも乾拭きもできる

窓用ロボット掃除機は、水拭きと乾拭きの両方に対応している製品もあります。

しっかりと水拭きで汚れを落とした後に、乾拭きで残っている水滴を拭き取ることができるため、水滴の後などを残すことなくピカピカに磨き上げることができます。

窓用ロボット掃除機を使うだけで、精度の高い窓ガラス掃除が可能になります。

屋内だけでなく屋外の窓も拭ける

基本的には屋内での使用を前提に設計されている窓用ロボット掃除機ですが、極端に窓ガラスが汚れていなければ屋外で使用することも可能です。

建物の2階以上に設置されている窓ガラスは、外側を掃除するのは非常に危険で、キレイに磨こうとするとどうしても身を乗り出しての作業となります。

しかし窓用ロボット掃除機なら、転落の危険を冒すことなく窓掃除をすることが可能。また窓の外側は非常に拭きにくいためしっかりと掃除できませんが、場所に関係なく窓を拭ける窓用ロボット掃除機なら高精度で窓を磨いてくれます。

レンタルでも使える

窓用ロボット掃除機の中には、レンタルサービスを提供しているメーカーもあります。

レンタルすれば、1週間ほど窓用ロボット掃除機を使うことができるため非常にお得に窓用ロボット掃除機を使うことができます。

高層マンションや店舗などで窓用ロボット掃除機を使いたい場合には、窓用ロボット掃除機をレンタルしてみましょう。

レンタルサービスについては以下から確認してください。

窓用ロボット掃除機のデメリット

たくさんの利点がある窓用ロボット掃除機ですが、簡単に導入できないのには理由があります。窓用ロボット掃除機のデメリットもしっかりチェックしてみましょう。

小さな窓では使いにくい

大きな一枚ガラスの窓では大活躍する窓用ロボット掃除機も、窓枠で隔てられた小さなスペースの中では自由に動き回ることができません。

窓枠を越えて隣の窓ガラスにも移れない窓用ロボット掃除機で小さな窓を掃除しようとすると、窓ガラスを1枚拭き終えるたびに再び次の窓ガラスにセットし直さなくてはいけません。

小さな窓ガラスばかりの窓では、窓用ロボット掃除機の真の力が発揮できません。

使える窓と使える状況が限られる

窓用ロボット掃除機は、窓ガラスに吸い付く構造となっています。そのため吸い付くのが難しい窓ガラスでは、窓用ロボット掃除機は使えません。

窓用ロボット掃除機によって性能が異なるため一概に使えない窓ガラスを断定することはできませんが、表面に凹凸があるような窓ガラスでは使えないことがあります。

また窓の状況が吸い付くのに不向きだと使えない場合もあり、これは薄すぎて強度的に問題のある窓ガラス、過度な結露、氷が付着した窓ガラス、遮光フィルムが貼られた窓、油分が塗布された窓などがあげられます。

窓用ロボット掃除機といってもどんな窓ガラスでも拭けるわけではありません。

窓ガラスしか拭けない

窓掃除は、窓ガラスと窓枠をセットで掃除するものです。ところが窓用ロボット掃除機は、窓ガラスしか拭くことができません。

窓枠が多い窓の掃除となると、もちろん窓ガラスを窓用ロボット掃除機に任せるため負担は減るものの、やはり手間がかかってしまいます。

窓用ロボット掃除機があれば、窓掃除の全てを任せられるわけではないことは理解しておきましょう。

運転音が大きい

窓用ロボット掃除機は、ファンによる吸引で窓にくっつきます。そのため、まるで掃除機の運転音のような大きな音が発生します。

窓用ロボット掃除機に窓掃除を任せている間に、テレビを見たり音楽を聴いたりしたいと考えている人もいるでしょうが、窓用ロボット掃除機の運転音が大きいため現実的には楽しむことは難しいと言わざるを得ません。

ただし窓用ロボット掃除機の中には、静音性に配慮された製品も登場しているため、運転音の小さな窓用ロボット掃除機を選ぶことで運転音問題は軽減することができます。

専用の洗剤しか使えない

製品にもよりますが、窓用ロボット掃除機には指定されている専用洗剤しか使えない製品もあります。

普段使っている洗剤をそのまま流用して使えないのは面倒で、コスト的にもマイナスです。

価格が高い

一般にあまり普及していない窓用ロボット掃除機。日本の住宅に大きな窓ガラスがあまり使われていないこともあり、購入する人が多いとは言えません。

その結果、窓用ロボット掃除機の値段はかなり高い状態に設定されたままとなっています。

窓用ロボット掃除機の導入を検討していても、購入に踏み切れないのは値段が原因となっているケースも多くあります。

窓用ロボット掃除機の使い方

さまざまなメリットとデメリットを抱えている窓用ロボット掃除機ですが、とりあえず使い方を知っておけば自宅での使用をイメージしやすくなります。

1.窓用ロボット掃除機にクリーニングパッドをセットする
2.パッドに洗剤を散布する
3.安全ロープを設置する
4.窓用ロボット掃除機のスイッチを入れて窓にくっつける
5.窓用ロボット掃除機の運転モードを選んで掃除を開始する
6.気になる場所はリモコンでピンポイントに掃除する
7.掃除が終われば窓用ロボット掃除機を取り外す
8.窓用ロボット掃除機のスイッチを切る
9.窓用ロボット掃除機の汚れを拭う
10.窓用ロボット掃除機からクリーニングパッドを外して洗う

窓用ロボット掃除機の使い方は非常に簡単。基本的には窓にくっつけて運転モードを選べば、あとは自動的に窓掃除を行ってくれます。

他の掃除道具や掃除機と違うポイントは安全ロープ。万が一、落下したときに窓用ロボット掃除機や建物を守る仕掛けとなっています。

動画を見れば分かる通り、誰でも簡単に使いこなすことができるのが窓用ロボット掃除機。お年寄りでも子どもでも簡単に扱うことができます。

窓用ロボット掃除機の選び方のポイント

窓用ロボット掃除機を選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。

性能

まずチェックしなくてはいけないのが、窓用ロボット掃除機の基本的な清掃能力です。

窓ガラスをキレイに拭くことができる窓用ロボット掃除機なら掃除の手間を省いてくれますが、清掃能力が低ければ掃除をし直さなくてはならなくなり本末転倒です。

清掃能力の高い窓用ロボット掃除機を選ぶことで、窓用ロボット掃除機を使うことに意味が出てきます。

機能

窓用ロボット掃除機は、製品によって搭載している機能が大きくことなります。

シンプルに窓の上を移動して掃除するだけの製品から、窓枠がなくても落下しない機能を搭載している製品やすりガラスなど多少の凹凸がある窓ガラスでも使える製品などさまざまです。

また効率的な掃除コースを自分で考えてスピーディーに窓掃除する窓用ロボット掃除機やリモコンを使って遠隔操作できる窓用ロボット掃除機なども存在します。

窓用ロボット掃除機の機能は、窓用ロボット掃除機の使いやすさや使用頻度に大きな影響を与えます。窓用ロボット掃除機に掃除を任せる予定の窓でもしっかり機能する窓用ロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

手入れのしやすさ

掃除後にはどうしても汚れてしまう窓用ロボット掃除機。窓用ロボット掃除機を導入すれば、窓ガラスを拭く必要はありませんが、窓用ロボット掃除機を拭く必要には迫られます。

形状がシンプルで凹凸がない窓用ロボット掃除機なら、窓掃除後の窓用ロボット掃除機のお手入れも簡単です。

窓用ロボット掃除機が不衛生な状態だと、窓自体が汚れる可能性もあります。窓掃除をできるだけ簡素化するためにも窓用ロボット掃除機のお手入れのしやすさまで考慮しましょう。

安全性

ファンによって窓にくっついて掃除をする窓用ロボット掃除機。落下の危険があり、実際に落ちてしまうと大変危険です。

安全性に配慮されている製品には安全ロープが備え付けられていたり、吸引力が強く簡単には落下しないようになっていたり、電気の供給が止まっても内蔵されたバッテリーで一定時間、窓にくっついたままでいられる機能が搭載されています。

窓用ロボット掃除機が落下すれば窓用ロボット掃除機が壊れるのはもちろん、建物の設備を破壊したり周囲にいる人をケガさせたりする可能性もあるため、安全性にしっかり配慮された窓用ロボット掃除機を選びたいところです。

静音性

窓用ロボット掃除機はファンで窓ガラスに吸引するため、ファンの音によって運転音が大きくなっています。

音の大きな窓用ロボット掃除機は、屋内での使用で音が迷惑になるのはもちろん、屋外で使用するときにも騒音による近隣トラブルの原因になりかねません。

運転音が気になる場合には、静音性に配慮されている製品を選ぶことで騒音問題を緩和することができます。

価格

窓用ロボット掃除機は、2万円~10万円程度で購入することができます。

低価格の製品は機能がシンプルでただ窓を拭くだけですが、高価格の製品なら多機能なため効率よく窓掃除ができたり落下防止機能が充実していたりと使い勝手がよくなっています。

必ずしも値段が高い製品が優れているとは言いませんが、ある程度の価格の窓用ロボット掃除機を選んでおくことで機能によって便利に使うことができます。

窓用ロボット掃除機に掃除を任せたい窓の状況と窓用ロボット掃除機に必要とされる能力を勘定して、最適な窓用ロボット掃除機を選びましょう。

窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング

ここからは窓掃除に革命を起こす窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使い勝手、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

7位:C-Princess 窓清掃ガラスクリーナー ウィンドウメイト 74JD013A

C-Princess 窓清掃ガラスクリーナー ウィンドウメイト 74JD013A

2つの回転モップで窓を拭き上げる窓用お掃除ロボットです。

自動モードと手動モードを搭載しており、リモコンを使って簡単に設定可能。自由に掃除するポイントを変更することもできます。

自動掃除コースは3種類で、上から下への掃除、左から下への掃除、右から下への掃除を選ぶことが可能。窓の状態に応じた掃除が可能になります。

シンプルなデザインながら掃除範囲は広く、窓ガラスの約99%を掃除することが可能。拭き残しがありません。

窓の大きさを赤外線センサーで自動検知し、掃除が終わると自動的に停止します。落下防止のための安全ロープも搭載されているため、安心して使うことができます。

ホワイトとゴールドの2色が用意されており、デザイン性にもこだわっています。

シンプルな設計で2万3000円前後と低価格を実現している窓用お掃除ロボットです。

リンク挿入

6位:C-Princess 窓清掃ガラスクリーナー ウインドウメイト

C-Princess 窓清掃ガラスクリーナー ウインドウメイト

スイッチを入れるだけで外側と内側から本格的な窓拭きをしてくれる窓用お掃除ロボットです。

2台1組というユニークな仕組みの窓用お掃除ロボットで、強力な永久磁石で窓ガラスを挟み込んで外側と内側を2台の窓用お掃除ロボットで一度に掃除することができます。

窓のサイズの測定から清掃までを自動的に行うことができ、リモコン操作で簡単に窓掃除を開始できます。

使い方は簡単で、窓に内側と外側から挟むように設置すればスタートボタン一つで掃除開始。あとは自動的にロボット掃除機が窓を拭き上げてくれます。

掃除が完了するか、バッテリー残量が減るとスタート位置に戻ります。

最大の特徴は窓ガラスへのアプローチ。ファンによって吸着せず、磁石ではさんでくっつくため多様なガラスの形状と厚みに対応することができ、磁石でくっついているため充電が切れても落下の心配がありません。

このロボット掃除機には2タイプあり、ガラスの厚み5mm~15mmタイプとガラスの厚み16mm~24mmタイプがあるため、窓に合わせて製品を選ぶ必要があります。

一度に窓の外側と内側を拭くことができる新発想の窓用お掃除ロボットです。

5位:ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W730

ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W730

窓用お掃除ロボットメーカーとしては最も人気のあるECOVACSの「ウィンボット」シリーズの製品です。

ファンによって窓に吸着し、縦横無尽に動き回って窓掃除する画期的なロボット掃除機です。

窓の汚れはクリーニングパッドで拭き取り、内臓ワイパーで汚れを吸着するため高い清掃能力を発揮。さらに残った水滴もクリーニングパッドで拭き取るため、水拭きから乾拭きまで1台でこなします。

使い方は簡単で、窓に設置してスタートボタンを押すだけ、窓、ガラスドア、鏡なども掃除してくれます。

リモコン操作もできるため、汚れているところを集中的に掃除するということも可能です。屋内だけでなく屋外でも使用することができるため、危険な高所での窓拭きからも解放されます。

基本的な窓拭き掃除を全てこなしてくれる窓用お掃除ロボットです。

口コミの評判

・少し音がしますが、手の届かない窓の掃除を自動でやってくれるので今まで面倒だった掃除が楽になり助かります。キレイになりました。

不製品による購入トラブルや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

4位:ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W710

ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W710

今までの窓掃除に必要な機能が全て備わっている窓用お掃除ロボットです。

高さ60cm、幅45cm以上の窓なら使用可能で、厚さ3mm以上の窓なら厚さに関係なく使えるため、大きめの窓ならどこでも使用可能です。

前方のクリーニングパッドで汚れを吸着し、内蔵ワイパーで拭き取り、後方のクリーニングパッドで乾かすという連携によって一度に窓を磨き上げることが可能。スピーディーな窓掃除を実現します。

使い方は簡単で、電源を入れて窓に設置すれば、あとはスタートボタンを押すだけ。ウィンボットが自動的に掃除を開始してくれます。

吸着するデュアルサクションリングは、吸引力が弱まったことを感知すると、方向転換して新しいコースを選択。窓ガラス全体を隈なく走り回って掃除します。

安全ポッドを搭載しているため、万が一、落下しても地面に衝突して破損するようなことはありません。

スーパークリーニングパッドは簡単に取り外して洗えるためお手入れ簡単です。

基本的な窓掃除を網羅しているウィンボットの初期型。新型に比べて値段が安く4万円前後で購入できるのが魅力です。

口コミの評判

・毎年ガラス窓が大きなものだけで25枚以上あり、年をとってきたらとても大変になっていました。腕も今年は痛いので、これ以上傷めないようにと購入しましたが、大当たり。主人と一緒に今年一番のヒット商品だと喜んでいます。音は多少大きいけど、手の届かない高いところや、足場の悪い裏側も簡単にできます。気になるときは2回続けて掃除してもらいます。あとで少しからぶきすればとってもきれいになります。
・買って正解。びっくりです。本体は重さ2㎏でずっしり重いんですけど、きちんと窓に張り付きます。でもって、ほんとにきちんとふき取ってくれる。室外OKのところがありがたい。うちのマンションには腰高窓がって、掃除しにくいんです。だからほんとに助かる。拭き残しはご愛嬌。
・物が小さいだけに、ガラスが汚れすぎていると直ぐに止まってしまいますが、パッドをクリーニングしてやり直せば大丈夫です。ほっておけばOK!楽チンです。
・端っこなど拭き残しがでますが、高いところまで登って行って自分でふくことを思えば代えがたいものです。施設に数十枚ある窓ガラスがきれいになっていくのは気持ちのいいものです。

不製品による購入トラブルや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

3位:ツカモトエイム ガラスクリーニングロボット HOBOT-168

ツカモトエイム ガラスクリーニングロボット HOBOT-168

ロボット掃除機で知られるツカモトエイムの低価格でシンプルな機能の窓用お掃除ロボットです。

汚れを吸着するマイクロファイバーリングを回転させることで汚れを拭き取る窓用お掃除ロボットで、強力な吸引モーターでガラスにピッタリとくっついて窓の表面を這い回るように動いて掃除します。

繊細な掃除はできませんが、力強く汚れを拭き取っていくため使用後の窓は見違えるようにキレイになります。汚れたマイクロファイバー生地は取り外して洗えるため衛生的です。

リモコンによる操作も可能で、思い通りの窓拭きを手軽に実現してくれます。

室内専用の製品のため室外の窓は拭くことができず、いくつかの使用条件がありますが、4万円前後と低価格で選びやすい1台。また日本の住宅事情に合わせたコンパクトな設計のため、使える場面が多い窓用お掃除ロボットです。

口コミの評判

・室内用とはなってますが、他の方も書いていたように室外でも問題ありませんでした。自己責任になりますが‥‥。
・掃除ロボットは、40台使用してます(廃棄処分含む)窓ガラス掃除ロボットは初購入大当たりです!!自宅、セカンドハウス、建坪が広く大活躍しています。大助かりです。手抜きしないのが魅力です。
・これでけっこう綺麗になります。窓枠にぶつかると自動的に止まってしまうので、そこはリモコンで強制起動させつつ。円周運動の関係で、どうしても窓枠の端っこは若干拭き残ってしまいます、そこだけは手拭きで仕上げです。
・想定内の使い心地。なかなかよろしいかと。。高さ4m以上のガラス窓が6枚…これ人力だと、かなりの体力と時間が必要だったのですが、1枚約25分くらいでやってくれます。結構汚れある場合は2回やると、かなり綺麗に。。パッドはドライよりも何かクリーナーをつけて濡らしたほうがよろしいかも。。かなりコーナーまで頑張りますね。ただ、完璧ピカピカを求めるなら仕上げは人の手で頑張りましよう。

2位:ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W850

ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W850

静音設計で高性能になった人気の窓用お掃除ロボット「ウィンボット」です。

多くのお掃除ロボットは、窓の状態によって使用条件が決まっていますが、このロボット掃除機は他の製品では掃除が難しい窓でもしっかり拭くことができます。

強力なファンシステムによる吸引方式によってピッタリ密着。窓ガラスの形状を克服して進むことができるため、さまざまな窓に使用可能です。もちろん2重窓にも使うことができます。

窓の形状に合わせて最適なコースを決定して清掃するため、掃除を効率的に行ってくれます。またしっかりとコース通り拭くため、拭き残しを防ぎます。

ロボット掃除機が窓枠にぶつかって窓枠を傷つけることを心配する人もいますが、高感度のバンパーセンサーを搭載しているため窓枠にやさしい掃除を実現します。

さらに落下防止センサーを搭載したことで、これまでは難しかった窓枠のないガラス戸や鏡でも掃除が可能になりました。

バックアップシステムを搭載しているため、急な発電や不意のコンセント抜けなどが怒っても内蔵バッテリーで吸引状態を保ち、15分間は落下しません。また警告音で状況を知らせてくれるため安心です。

他社製品に比べて運転音が小さく、音が気になる人も安心して使えます。

高性能かつ高機能なロボット掃除機。価格も5万円前後とお手頃で、選ぶべき窓用お掃除ロボットの筆頭候補になる製品です。

口コミの評判

・1階~2階の吹き抜けの高い窓に威力を発揮します。不安定な階段に脚立を置いても、窓の最上部には到底届かなかったのですが、WINBOTは勝手に最上部までクリーニングしてくれます。
・高さ340cmの窓は私にとって掃除が大変でした。脚立に乗らなくても上の方まで安全にひとりでに掃除をしてくれます。脚立にあしもとをうばわれグラグラすることもなく、上に下に西へ東へと大活躍。いろんな動きをして重ねるので仕上がりは手で拭くよりきれい。クリーニング液の効き目抜群です。鳩の糞もとれました。
・使っていて、最初は?????でしたが、慣れてくると良さがわかりました。今は重宝しています。あの力で、一軒の家のガラス全てを清掃することは人間にはできません、清掃面の布はきれいに、キチンと吸着させるにがコツです。
・大きな窓(脚立を使うような大きさか背丈より大きい位)の自動クリーニングで手間が省ける。脱落防止の機構と停止機能がついていて安心できる。自分でやるよりも綺麗に仕上がる。大きな鏡のクリーニングに便利。

不製品による購入トラブルや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

1位:ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W950

ECOVACS お掃除ロボット ウィンボット W950

超高性能かつ高機能な窓用お掃除ロボットです。

清掃速度と多様性を追求したウィンボットで、清掃部と駆動部を独立させたことで清掃速度と精度を向上させることに成功。また強力なファンシステムでしっかりと窓に吸い付き、安定した清掃能力を実現しました。

新搭載のスマートドライブシステムは、クリーニングパッドを回転させずに移動を行います。駆動部のみを回転させて掃除をするため、最短の経路で窓ガラスを移動してスピーディーに掃除することができます。

またクリーニングパッドとワイパーで合計4回の拭き上げを行うため、どんな汚れもしっかり除去。ガンコな汚れも拭き取り、拭き残しも防ぐことができます。

静音設計となっているため、音を気にすることなく気軽に使用することができ、枠付き窓、枠なし窓、スライド式のガラスドアなど、さまざまなドアに対応しているためいろんな場面で使うことができます。

屋内での清掃はもちろん、屋外での使用も可能になっているため、高所の窓も安全に清掃できます。

リモコン操作で自由自在に掃除することができ、多種多様なガラスにも対応している高性能かつ高機能ロボット掃除機。ロボット掃除機にはさまざまな弱点がありますが、それらの弱点を克服したことで汎用性が劇的に向上しています。

価格も6万円前後と他の製品に比べて高くないため、とりあえず迷っているならこのロボット掃除機を選びましょう。

口コミの評判

・汚れがひどくなる前に使用すれば、とっても良い機材です。どのタイミングで使用するかによって、大きく評価が分かれてしまうと思います!こまめに窓拭きをしてもらいましょう!
・音も静かで、ガラス窓にピッタリひっついてくれます。大きい窓に、とても重宝しています。

不製品による購入トラブルや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

意外と面倒な窓の掃除。垂直な窓を掃除すると無理な姿勢を続けることになり、肩や腰も大きなダメージを与えます。また高い位置は掃除がしにくく危険なだけでなく、力を入れて磨けないためしっかりと汚れを拭き取ることもできません。

しかし窓用お掃除ロボットを使えば、それらの問題を全て解決してくれます。新型の製品は問題点も克服しており、非常に使い勝手のよい製品になっています。

家に大きな窓がたくさんある人や拭くのが難しい窓がある人は、試しに窓用ロボット掃除機を使ってみましょう。窓掃除のイメージが一変すること間違いありません。

各種のロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングについては以下の記事を参照してください。

ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 人気機種のルンバやルーロも

低価格帯ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安いけどカーペットの段差越える

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 物を避けて床を傷つけない拭き掃除

窓用ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口コミで評判チェック

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , ,