ヒゲトリマーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方で眉毛ももみあげも

      2018/01/18

人気のヒゲトリマー

ヒゲやもみあげ、さらには眉毛などの形を整えるときに重宝するヒゲトリマー。フィリップス、ブラウン、パナソニックなどの人気メーカーから販売されており、男性なら1台持っておきたいものです。

そこで今回は、ヒゲだけでなく眉毛の形を整えるときにも大活躍するヒゲトリマーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。使い方次第でくちひげやあごひげだけでなく、眉毛やもみあげのお手入れも自宅で簡単にできるようになります。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ヒゲトリマーとは

小さなバリカンのように見えるヒゲトリマーですが、バリカンや電気シェーバーとどのような違いがあるのでしょうか。

ヒゲの形と長さを思い通りにできる

バリカンや電気シェーバーは毛を短く切ったり剃ったりできるため、ヒゲを切ったり剃ったりすることもできます。しかし細かく形を整えたり一定の長さに揃えたりすることはなかなかできません。

それに対してヒゲトリマーは、ヒゲの形と長さを整えるために設計されているため、細かくヒゲの形を整えて一定の長さに切り揃えることができるようになっています。

特に長さ調節機能に優れており、1㎜や0.5㎜という非常に細かいレベルでの長さ調節が可能。ヒゲは長さによって顔の印象が大きく変わるため、ヒゲの形を整えるならヒゲトリマーが非常に有効です。

ヒゲを切る仕組み自体はバリカンと同じ

肌に刃物を密着させる機械であるためその仕組みや構造が気になるところですが、ヒゲを切る仕組み自体はバリカンと変わりません。

動かない外刃と動く内刃によって毛を挟み込むように切断し、肌に密着させても肌を傷める心配はありません。

眉毛やもみあげの手入れにも

コンパクトで扱うのが容易なヒゲトリマーは、細かな部分の毛を切るときに最大の威力を発揮します。

顔の中でもヒゲと同じように形と長さが重要になるのが眉毛ともみあげですが、この部分にもヒゲトリマーは対応しています。

ヒゲの形を整えるつもりがない人でも、眉毛用やもみあげ用にヒゲトリマーは大活躍します。

電源は乾電池式、充電式、交流式

ヒゲトリマーに採用されている電源は、大きく分けて乾電池式、充電式、交流式の3種類があります。

乾電池式

使い捨ての乾電池を使うタイプの製品で、安価なヒゲトリマーに採用されることの多いのが乾電池式です。

コンパクトな製品が多く持ち運びに便利ですが、乾電池が切れると使えなくなり乾電池を購入しなければいけないためランニングコストは高くなります。また電池が切れそうになるとパワーが落ちるため一定のパワーでヒゲを手入れすることが難しくなります。

充電式

充電するタイプのヒゲトリマーで、それなりの大きさがあり自宅で使うことを前提に作られています。

高性能なヒゲトリマーに多いタイプで、充電すれば使えるためランニングコストが安上がりです。また充電することでフルパワーになるため、常に強いパワーでヒゲの手入れが可能です。

一方で電池が切れると充電を終えるため使うことができないという欠点があり、充電の管理をするわずらわしさがあります。

交流式

アダプターで給電しながら使えるヒゲトリマー。充電することができる製品も多く、電池が切れたときにはアダプターにつないで使い、電池があるときにはアダプターにとらわれることなく使うことができます。

高性能なヒゲトリマーに多いタイプで、使い勝手は3つの電源方式の中で最も優れています。

人気メーカーはフィリップス、ブラウン、パナソニック

ヒゲトリマーはその構造から、電気シェーバーやバリカンを製造しているメーカーが製造しています。そのため人気となっているメーカーはフィリップス、ブラウン、パナソニックの3社となります。

フィリップス、ブラウン、パナソニックそれぞれでヒゲトリマーの特色が異なります。

フィリップス

オランダのメーカーであるフィリップスは、肌への負担を抑えた製品作りが特長です。

肌が弱い人が使っても荒れにくいヒゲトリマーを販売しており、また長さを細かく調整できる繊細な製品を多く取り揃えています。

ヒゲトリマーは電気シェーバーと同じように刃の管理が必要になりますが、フィリップスのヒゲトリマーは替え刃の交換期間が長くなっているため、管理も簡単になっています。

ブラウン

ドイツのメーカーであるブラウンは、ヒゲが濃くて太いヨーロッパ人男性に合わせたパワフルな製品が特長です。

剛毛の人でもブラウン製のヒゲトリマーなら素早くスッキリと手入れすることが可能になります。

一方でパワーが強いため肌への負担が大きくなる傾向にあり、肌が弱い人にはあまりオススメできないメーカーでもあります。

パナソニック

日本のメーカーであるパナソニックは、日本人のヒゲに合わせた製品作りに特長があります。

日本人の毛の太さや長さ、さらにはヒゲの形のトレンドを考えて作られたヒゲトリマーは使いやすくなっています。

パナソニックのヒゲトリマーは日本人のヒゲだけでなく肌にも合わせたヒゲトリマーのため、肌荒れを抑えることができ深剃りもできます。

日本メーカーという安心感も他社製品との違いとなっています。

ヒゲトリマーの使い方

1.ヒゲ全体の長さを整える
2.長さのグラデーションをつくる
3.鼻の下のヒゲの長さを整える
4.鼻の下のヒゲの輪郭を整える
5.唇の上のヒゲの輪郭を整える

ヒゲトリマーの使い方で重要なのは、最初から理想の形を作らずにヒゲを残していくように切っていく点です。

全体的にヒゲの長さを整えてから、不要な部分だけ短く切って減らしていき、全体のヒゲの長さが整ったところで形を整えるように切るとキレイにヒゲの形を整えることができます。

ヒゲトリマーを使えば、失敗を減らして簡単にヒゲの形を整えることができます。

ヒゲトリマーの選び方のポイント

ヒゲトリマーを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくていけないのでしょうか。

基本性能

基本性能がしっかりしていてヒゲを効率よく切れるヒゲトリマーを使えば、何度もストロークさせずにヒゲをキレイに切り揃えることができます。

ヒゲの長さを整えるときにもヒゲの形を整えるときにも、基本性能が高い製品を手早く簡単にヒゲのお手入れができます。

できる限り基本性能に優れたヒゲトリマーを選ぶようにしましょう。

長さ調節の細かさ

ヒゲトリマーの機能の中で最も重要になるのが長さ調節機能です。

切るヒゲの長さを細かく設定できるヒゲトリマーなら、自分の思い通りのヒゲの長さに切り揃えることが可能になります。

ヒゲトリマーの長さ調節機能は、自動調節機能で長さを決める製品とコームを取り替えることで長さを決める製品があります。

自動調節機能は値段が高く高性能な製品に付属した機能で、コームを取り替える製品は値段が安いもので主流となっています。

また同じ自動調節機能であっても、1㎜単位で長さを変えられるものや0.5㎜単位で長さを変えられるものがあり、また段階数も製品によって異なります。

長さ調節機能はヒゲトリマーにとって非常に重要なため、ヒゲトリマーを選ぶときには妥協せずに自分に合っているものをトコトン探してください。

電源が乾電池式、充電式、交流式

ヒゲトリマーの電源には、乾電池式、充電式、交流式の3種類が存在することを上述しましたが、ヒゲトリマー選びは電源選びも重要になります。

乾電池式、充電式、交流式のどのタイプが使いやすいのかは、ヒゲトリマーの使い方やヒゲトリマーにも求めるものによって変わるため一概には言えませんが、使い勝手とランニングコストを考えれば充電式と交流式のどちらかを選ぶことをオススメします。

アタッチメント

ヒゲトリマーにはアタッチメントが付属している製品も多く、アタッチメント次第でさまざまな使い方が可能になります。

ヒゲの長さを変えられるコームはもちろん、バリカン刃、シェーバー刃、鼻毛カッターなどが付属している製品もあります。

その構造がバリカンと似ていることから、ヒゲの長さや形だけでなく髪の毛を切ったり鼻毛を切ったりできる多機能な製品もあるため、ヒゲトリマー以外の使い方を求めるならアタッチメントについてもしっかりチェックしておきましょう。

防水対応か

ヒゲをヒゲトリマーで切ると、どうしても周囲にヒゲが落ちて掃除が大変になります。しかし風呂場や洗面所でヒゲを切れば、その後の片付けも簡単になります。

防水機能を備えているヒゲトリマーなら風呂場に持ち込むこともでき、入浴のついでにヒゲのケアもできます。

お風呂でヒゲを整えたいと考えているなら、必ず防水機能を搭載しているヒゲトリマーを選ぶようにしましょう。

使いやすさ

ヒゲトリマーは、手に持って細かく動かしながらヒゲに当ててヒゲを切る道具です。そのためどれだけ性能が優れていて機能に富んでいても、扱いにくければうまくヒゲをカットすることができません。

手に持ちやすいことはもちろん、軽くて切りたいポイントにうまく当てられるヒゲトリマーなら、キレイにヒゲの形を整えられるだけでなくスピーディーなヒゲの手入れが実現します。

ヒゲトリマーが道具であることを理解したうえで、使いやすそうなヒゲトリマーを選びましょう。

手入れのしやすさ

皮脂などで汚れている顔やヒゲに当てて使うヒゲトリマーは、どうしても汚れてしまうものです。

切った後の細かなヒゲが付着したり皮脂でベトベトになったりすることで汚れた蓄積し、雑菌の温床になることにもなります。

汚れているなヒゲトリマーは不衛生であることはもちろん、臭いの原因にもなります。

手入れのしやすいヒゲトリマーなら、汚れを落としやすく衛生的に使い続けることができます。

水洗いができるヒゲトリマーはお手入れが簡単で清潔に使い続けることができます。またアタッチメントも水洗いできるものなら、なお良いでしょう。

メーカー

ヒゲトリマーは、フィリップス、ブラウン、パナソニックという大手3社が三つ巴になっている製品。メーカーごとに特色のある製品を出しています。

理想とするヒゲトリマーがメーカーの開発方針や製品の特長に合っているなら、メーカーを中心に据えたヒゲトリマー選びをすると効率よく求めるヒゲトリマーを見つけることができるかもしれません。

価格

ヒゲトリマーは、製品の性能や機能によって値段が大きくことなり1000円~1万円程度で購入することができます。

ボリュームゾーンは3000円~5000円で、しっかりとした性能で長期間使うつもりなら耐久性を考えて3000円以上のヒゲトリマーを購入することをオススメします。

どれだけ高い製品を買っても1万円程度に収めることができるため、かっこちいヒゲのために妥協せず高性能で高機能なヒゲトリマーを選ぶのもアリです。

ヒゲトリマーのオススメ人気比較ランキング

ここからは男らしい顔を作ってくれるヒゲトリマーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

12位:ロゼンスター グルーミングトリマー CB-544

ロゼンスター グルーミングトリマー CB-544

ヒゲトリマーの中でも最も安価な部類に入るコストパフォーマンス重視のヒゲトリマーです。

乾電池式のヒゲトリマーで、掃除用ブラシやオイルが付属しています。

刈り高さはアタッチメントで変更することが可能で、5段階に調節できるため細かくヒゲの長さを変えることができます。長さに幅があるため、ヒゲはもちろんもみあげや襟足などのお手入れにも使うことができます。

刈り高さは、3mm、6mm、9mm、12mm、15mmから選べるため眉毛を切り揃えることもできます。

シンプルで無駄のないヒゲトリマー。価格も1000円前後と非常に安いため、ヒゲトリマー初心者にはうってつけの1台です。

口コミの評判

・ツーブロックの手入れ用に購入しました。安価なのであまり期待していませんでしたが、電池駆動の割にはパワーもあり、しっかりと刈ることができました。アタッチメントで長さも調節できるのでとても良いです。
・自分でツーブロックにしたかったので購入しました。サイズが小さくてとても使いやすいです。
・思ってたよりは大きかったけど、使い易い。音の大きさも気になりません。
・電池だけどいい感じです。襟足などの処理で使っています。コスパいいですね!

11位:パナソニック ヒゲトリマー ER-GB74-S

パナソニック ヒゲトリマー ER-GB74-S

パナソニックの1台で3役をこなす汎用性の高いヒゲトリマーです。

ヒゲはもちろん、髪の毛や体のムダ毛にも対応している製品。全身をこのヒゲトリマー1台でお手入れできます。

0.5㎜刻みで長さを調節することができ、3つのアタッチメントを使い分けることで部位に応じた使い方ができます。

ヒゲ用アタッチメントは1㎜~10㎜まで19段階で調節可能。ヘアー用アタッチメントは11㎜~20㎜まで19段階で調節可能。ボディ用アタッチメントは1.5㎜の固定で、脇やビキニゾーンをしっかりケアできます。

パワーがあるためスピーディーに刈ることができ、幅の狭い刃ナロートリマーで、ヒゲの形を自由に整え、もみあげや耳まわりを剃るときにも細かく剃ることができます。

刃をはずさずに毛クズを洗い流せるウォータースルー洗浄が可能で、手間をかけずにサッとお手入れできるため清潔。交流充電式のため、充電して使うこともコードをつないで使うこともできます。

ヒゲはもちろん全身のムダ毛にまで対応している使い勝手のよいヒゲトリマーです。

口コミの評判

・最高です。使い勝手もいいし、整えられます。ツーブロックの刈り上げにも使えるし、いい商品です。
・扱いやすく切れ味もいいです。 およそ1週間に一度の割で使用中です。
・バッテリーが特にいいね! 良く切れるし。アタッチメントもいろいろあるので、いろんなカット試します。
・高くも安くもなく、まあそこそこ満足出来るという、如何にもパナソニック的な商品。刈るという事に関しては、特に不満は有りません。水流で洗えますが、凹凸が激しいので意外と洗浄は面倒です。

10位:BESTOPE 8 in 1多機能性電動バリカン ST030

BESTOPE 8 in 1多機能性電動バリカン ST030

ヒゲトリマーだけでなくバリカンにもなる多機能な製品です。

人間工学に基づいた設計によって扱いやすく、さまざまな角度で自然に毛を刈ることができます。

高品質のステンレス刃は切れ味がよく、どんな剛毛も簡単にカット。耐久性も高いため長年使い続けることができます。

交流充電式で、2時間の充電で120分使用可能。電池が切れてもコードをつないで使用できるため安心です。またこの製品はUSB充電のため、パソコンなどから充電することができます。

付属のアタッチメントの長さは3mm、6mm、9mm、12mmと4段階で、グラデーションをつけて自然なヒゲを演出できます。

また鼻毛カッターやマイクロシェーバーも備えているため全身のあらゆる毛を切ることが可能です。

3000円前後という低価格ながら多機能で汎用性が高いヒゲトリマー。1台あれば全身の毛を切ることができます。

口コミの評判

・野球をしている息子のカットの為に購入しました。コードレスで煩わしさもなく、水洗いも簡単に出来ました。お値段もお手頃で、旦那のカットまで綺麗に出来ました。ホントに簡単です。
・USB充電素晴らしい。電池式のを使っていましたが、今はUSBなのですね。時代を感じます。使い勝手もバツグンです。
・今まで、使っていた エチケットカッターがあまり切れないので、別のを探していたら これに行き当たりました。切れる 切れる 見えるところも 隠れてる部分も 長いのも 短いのも。今、すっきりしております。
・使い心地は良好。痛みなく快適。フィット感もバッチリ!

9位:パナソニック ヒゲトリマー ER-GB40

パナソニック ヒゲトリマー ER-GB40

シンプルで使いやすく、細かく長さを調節できるヒゲトリマーです。

0.5mm単位でヒゲの長さを調節可能で、アタッチメントを装着して本体正面のダイヤルを回転させるだけで1~10mmで0.5mm刻みの19段階調節が可能です。

刈り高さの調節はダイヤル式を採用しているため、調節も片手で簡単に行えます。

切れ味の良い「45°鋭角刃」を採用しており、硬いヒゲもしっかりとキレイに切断することができます。仕上がりもキレイにスッキリします。

防水機能を搭載していてウォータースルー洗浄が可能なため、刃を外さずに水でヒゲを洗い流すことが可能。使用後のお手入れも簡単です。

充電式の製品のため、コードレスでコードが邪魔になることもなく自由自在に操ることができます。

複雑な機能もアタッチメントもなく使いやすいヒゲトリマー。パワーがあるためスパっとヒゲを切ることができる切れ味バツグンのヒゲトリマーです。

口コミの評判

・どんな剛毛でもスイスイ除毛できますよ。水洗いもできますし、おすすめです。
・使用による結果は最高に良い。思い通りの形、サイズにきれいにカットできる。価格安価で購入して良かった。もっと前に手に入れておけば良かった。
・あごひげを揃えるのに苦労していましたが、これを買ってから本当に簡単。買って良かった。
・人に言いづらい使い方ですが、、、、下のトリミングに使ってます。スッキリ手早くできて、肌も傷めないので良いですよ。

8位:ブラウン マルチグルーマー MGK3020

ブラウン マルチグルーマー MGK3020

ブラウンのヒゲトリマー、鼻毛カッター、耳毛カッターになるマルチグルーマーです。

アタッチメントを交換することで1台6役のフェイスケアが可能な製品で、0.5mmから21mmまで11段階の長さ調整が可能なトリミングコームを使うことでさまざまな長さにヒゲや髪を切ることができます。

さらに2種類の無精ヒゲスタイラーが付属しており、濃いめ、薄めの無精ヒゲスタイルを可能。ヒゲの濃さに変化を付けることができます。

鼻毛や耳毛を切るための専用トリマーが付属しているため、顔のあらゆる毛に対応。1台で完璧なフェイスケアを実現します。

充電式のヒゲトリマーで40分の連続稼働が可能なため、時間をかけてお手入れすることが可能。刃は自動研磨機能が付いているため、長年使っても切れ味が落ちることはありません。

刃と先端部は水に流すことができ、刃が水洗いできるため清潔に保つことができます。

顔の毛のケアをしたい人にはうってつけの製品。3000円という低価格で、1台6役という多機能っぷりは非常に魅力的です。

口コミの評判

・乾電池式はすぐパワーが落ちて(特に単四)不安定で仕上がりまでイマイチな感じになりやすいがこれは充電式でパワーが有り、アタッチメントも含め使いやすくて良い。
・ひげを伸ばしている男性の方や、髪を短くしている方の襟足や生え際の手入れなどにおすすめできる製品だと思いますよ!
・基本的には髭を整えるためのシェーバーですが、実は眉の調節やもみあげ、陰部にも使えます。ながさをコームで選択して-2cmまでのながさ調節が可能です。切れ味はさすがブラウン、お墨付きです。
・バリカンと髭剃りはあるので、鼻毛と耳毛の処理に使います。アタッチメントを換えて手軽に使えます。やっぱり軽いのが良いですね。耳周りの髪の毛をちょこっと整えるのにも便利です。

7位:パナソニック ヒゲトリマー ER-GD60

パナソニック ヒゲトリマー ER-GD60

パナソニックのさまざまなヒゲの刈り方ができる特化型のヒゲトリマーです。

ヒゲトリマーの多くがバリカンのような形状をしていますが、このヒゲトリマーはヒゲに合わせて横向けにカミソリでヒゲを剃るように使うことができ、ヒゲの手入れをしやすい形になっています。

トリマー刃は、しっかりとした幅があるため肌に食い込みにくくなっており、ディテールアタッチメントを使えば細部まで思い通りにヒゲをデザインすることができます。

刈り高さを調節できるアタッチメントは、0.5㎜と細かく刻んでヒゲの長さを調節することができます。

独特な形をしており、頬、口周り、アゴ下とヒゲの形を作りにくいポイントにもピッタリフィットします。

充電式のヒゲトリマーのためコードが邪魔にならず、刃は水洗いできるため使用後の手入れも簡単です。

1万円前後とヒゲトリマーとして高価格帯の製品ですが、使いやすさは抜きんでている1台。細部にまでこだわってヒゲをスタイリングしたい人は、この専用ヒゲトリマーがオススメです。

口コミの評判

・カミソリ的な使い方をするにはいささか本体が太い印象ですが、実際使う分にはそこで苦労するようなこともなく、随分使いやすいです。
・ヘッド位置の把握がしやすく、少し使えば細かい調整もできるようになります。この視認性の良さとコントロールのしやすさはこの形状ならではかと思います。
・髭に限らず他部位のムダ毛処理の下地処理用としても大変使いやすいです。切れ味も素晴らしく、さーっとなぞるだけでトリマーの通った箇所はきれいに切り揃えられます。慣れると手放せません。
・完全防水ではないので本体は洗えないけど、刃先は水洗いできるので風呂場でセルフカットばっちりです。

6位:フィリップス ヒゲトリマー BT5204/15

フィリップス ヒゲトリマー BT5204/15

フィリップスの最小0.2㎜単位で調節できるヒゲトリマーです。

17段階の長さ調節可能で、0.4~1mmは0.2mmごと、1~5mmは0.5mmごと、5~10mmは1mmごとに調節可能。ここまで小刻みに長さが調節できる製品はなく短いヒゲも微妙な長さ調節ができます。

45°ダブル鋭角のフルメタル刃を搭載したことでカット性能は50%向上。一度にたくさんのヒゲが処理できるため、素早くトリミングすることができます。

コームはヒゲを適切な位置にガイドしてくれるためトリミングも簡単。肌を傷つける心配もありません。

本体は水で丸洗いすることが可能。完全防水対応のヒゲトリマーは少なく、この製品は本体を水に濡らしても平気なため風呂場でも気兼ねなく使えます。

水洗いできるということはお手入れも簡単で、水洗い後にはオイル差し不要なため管理も簡単。フィリップス独自の自動研磨システムにより刃が常に研がれるためシャープさを失うことがありません。

交流充電式のため、充電後に使うこともコードをつないで使うこともできるため使い勝手がバツグンです。

高性能かつ高機能で細かくヒゲの長さを調節できるヒゲトリマー。ヒゲトリマーに機能を絞ったことで6000円前後という価格で最大限まで性能を引き上げることに成功しています。

口コミの評判

・足先から頭まで全身整えられました構造はバリカンにカバーがついて小刻みな長さ設定ができるだけですが、水洗いのお手軽さとカバーのおかげでガンガン刈り取っていけます。ドライ・ウェット共に良好な剃り心地で長く使っていけそうです。
・ヒゲトリマー用に購入。充電も早く、フル充電後は1か月くらいもつ。普段自宅でも使うが、海外出張の時にも必ず持っていってる。長さ調節も0.5mm間隔なので使い勝手は良いと思う。
・デザインが格好良く、水洗いできるのも良い。本体正面と背面の素材が若干滑りそうに感じたが、サイドのグレーの素材が滑りにくく、問題ないだろう。
・実際に使ってみてびっくりしました。独特のコームがヒゲを確実にとらえるので、カットし残しがほぼ無く、非常に短時間で確実にヒゲを切りそろえることができます。また長さ調整も、コームを交換することなく、長さ調整ダイヤルを回すだけで、非常に細かく17段階に調整可能です。切れ味も良好です。

5位:Phoebe シェーバー 2Y093713KHSU1852

Phoebe シェーバー 2Y093713KHSU1852

回転式電気シェーバーとしても使えるヒゲトリマーです。

多機能な製品で、電気シェーバー、鼻毛カッター、ヒゲトリマーと1台3役の活躍を見せてくれます。

ヘッドを交換することでそれぞれの使い方が可能で、電気シェーバー、鼻毛カッター、ヒゲトリマーそれぞれの機能もしっかりしたものとなっています。

シェーバーとして使えば4つのヘッドがしっかりヒゲをとらえて深剃りしながらも肌に優しく、立体的な形状の鼻毛カッターは鼻腔にやさしく隠れた鼻毛を360℃全方向でとらえてしっかり切ってくれます。

ヒゲトリマーは、長さを調節できるため好みの長さにヒゲを残すことが可能。髪やヒゲの輪郭を細部までキレイにすることができます。

充電式の製品で、充電スタンドが付属しているため置き場所に困らず片付けるだけで充電可能。防水機能を搭載しているため、風呂場でも使うことができ水で洗うこともできます。

電気シェーバー機能が搭載されている珍しいヒゲトリマー。多機能ながら4000円というお手頃価格が魅力で、ヒゲを剃ったり残したりと気分で変えたい人には最適な1台です。

口コミの評判

・今まではシェーバーの掃除はどこまで水に濡れても大丈夫なのか難儀していましたが、こちらは丸洗い可能なので、気軽に洗うことができ、常に清潔で気持ちがいいです。肌へのやさしさをかなり感じられる商品で、敏感肌に近い方ですが、問題なく剃ることができました。
・ぐいぐい押しつけなくても滑らせるようにすれば剃れます。むしろ押しつけるようにするとそり残しが出るので、こつは力まないことです。肌当たりも強くないので血が出たりしないのが肌の弱い家系なので助かります。
・今までは普通のシェーバーだったんですが、回転式ってよく剃れるし、こんなに使いやすいんだなと思いました!鼻毛カッターにヒゲトリマーも付いてるのはすごくお得です!
・剃る部分がくねくねまがるので 剃りやすい。細かいところもそることができました。鼻毛カッターもついていて この金額でこの感じはすごくお得だと思います。

4位:ブラウン ヒゲトリマー BT3020

ブラウン ヒゲトリマー BT3020

コストパフォーマンスに優れている使いやすいヒゲトリマーです。

充電式のヒゲトリマーで、0.5mm幅で20段階に長さ調節が可能。長さ調節はダイヤル式で直観的に変更することができます。片手で扱うこともできます。

コームを使えば無精ヒゲスタイルも伸ばしたヒゲの長さをキープするスタイルも自由自在。コームを外せばスッキリとヒゲを刈り取ることができるため、形を整えることもできます。

刃と先端部分は水洗いすることができるため衛生的。刃は自動研磨機能によって鋭さが失われず、長期間の使用でも切れ味を保ち続けます。

3000円前後という低価格ながらヒゲトリマーに必要な機能をしっかりと押さえているヒゲトリマー。難しい機能が不要で使いやすいヒゲトリマーを求める人にオススメできる1台です。

口コミの評判

・段階を踏んで調節できるのがすごくいいですね。切れ味をいいです。髭が伸びすぎたときにまず整えて、電気シェーバーで剃るとか剃らないーとかしています。デザインもいいです。あの調節の時にカリカリと、ダイヤルを回す感じがとてもいいです。
・0.5mm幅での違いが分かるかと思いましたが、長いのはともかく、2mm、2.5mmカットで使用していますがは明らかに違いが分かります。ヒゲの手入れが簡単に出来重宝しています。
・使いやすくとても便利です、何より0.5刻みで長さ調整ができ髭をデザインしやすい商品かと思いました。
・長さ調節がダイヤル式でやりやすく剃り心地も良い感じでした。長持ちする事を期待します。

3位:パナソニック ヒゲトリマー ER2403PP

パナソニック ヒゲトリマー ER2403PP

パナソニックの低価格なヒゲトリマーです。

スリムかつコンパクトなボディのため扱いが容易で、人間工学に基づいた設計となっているため持ちやすくなっています。

刈り高さは3mm、6mm、9mm、12mm、15mmの5段階に調節可能。均等な長さでヒゲを揃えることも、長さを変えてグラデーションを出すことも簡単にできます。

幅の小さい刃で思いどおりのヒゲアレンジが可能。刃と刃の間が短いため、肌がはさまりにくく肌にやさしい設計となっています。

本体やアタッチメントは丸ごと水洗いできるため衛生的。風呂場に持ち込んでの使用も可能なため、片付けも簡単に済ませることができます。

長さの調節が粗いですが、これだけの機能を兼ね備えていて2000円前後ならお買い得。コストパフォーマンス抜群のヒゲトリマーです。

口コミの評判

・髭の手入れはもちろんのこと、髪型をツーブロックにしているので、サイドの刈り上げにも使えて重宝しています。
・この価格であればリーズナブル、使用していても特に不便と思うところも無い。こういうものを知るまでは暇に飽かせてハサミで整えていたが、綺麗に仕上がるはずも無かった。無精ひげから丹精ひげに見違えった。
・トリミングが簡単にできるので便利、カバーを外して際ぞりもできるのでいい買い物でした。カミソリで剃ると肌が荒れてしまう方は使ってみてはどうでしょうか。
・ヒゲの調整が簡単にでき、今までと比べて、大分時間短縮が出来るようになった。

2位:フィリップス バキュームヒゲトリマー BT7220/15

フィリップス バキュームヒゲトリマー BT7220/15

フィリップスの超高性能ヒゲトリマーです。

最大の特徴はバキューム機能。ヒゲトリマーを使うと、どうしても切ったヒゲが周囲に飛び散って後片付けが大変ですが、このヒゲトリマーはヒゲ吸引システムを搭載しているため切ったヒゲを吸い込んで散らかることがありません。最大90%のヒゲを吸い込むため、飛び散りを気にせずヒゲのスタイリングに集中できます。

ヒゲの長さは0.5mm単位で0.5㎜~10mmに20段階の調節可能で、ズームロック長さ調整リングを回してお好みの長さに設定するだけで簡単に長さ調節ができます。

倒れているヒゲやねじれたヒゲをしっかり起こしてからカットするリフト&トリミングシステムを搭載しており、ヒゲの切り残しを防いでキレイな仕上がりにしてくれます。またストローク回数を減らせるため効率的にヒゲを切ることができ肌にも負担を掛けません。

ステンレス製の45°ダブル鋭角刃は切れ味が鋭くヒゲを一度にカット。細部用トリマーと細部用コームを使うことで、手入れが難しい細かな部分までキレイに仕上げることができます。

水洗いできるため衛生的で、オイルを差さなくても切れ味が落ちないため使用後の手入れも簡単です。

カットしたヒゲを吸い込むというこれまでにない機能を搭載しているヒゲトリマー。1万円前後と値段は高いですが、扱いやすく片付けも簡単になるため、頻繁にヒゲを切る人には絶対オススメできる1台です。

口コミの評判

・ヒゲカットの長さ設定はヘッドを取り替えることなく、ボディ中央のリング式スイッチで可能。長さはデジタル表示で視認性良し。
・今まで普通のトリマーを使っていたが、洗面所にひげが飛び散り、家族に申し訳ないといつも思っていた。その問題はほぼ完全に解決しました。ひげの長さを簡単に調節でき、しかもデジタル表示される。よく出来てるなあ。音もそれほどうるさくありません。
・すごく使いやすい。少し高かったが、髭を撒き散らさないで回収してくれ、その価値は十分。不満は今の所なし。
・トリマーの刃のすぐ上の部分に開口部が有り、そこからヒゲクズを吸い込んでくれるのだが、スイッチを入れただけではにわかに信じがたい吸引力。ほとんど吸い込んでいないのだ。しかし、実際に使って見ると、ほとんどのヒゲクズはここへ吸い込まれる。実に良くできている。

1位:ブラウン 電動バリカン/ヒゲトリマー BT3040

ブラウン 電動バリカン/ヒゲトリマー BT3040

ブラウンの電動バリカンとしても使えるヒゲトリマーです。

0.5mm幅で39段階の長さ調節が可能な製品で、長さの幅が非常に広いためヒゲはもちろん髪の毛を切ることも可能。さまざまな場所でさまざまな使い方ができます。

0.5㎜幅と細かくヒゲの長さを調節できるため、無精ヒゲスタイルから長さキープスタイルまで作ることができ、ヒゲの長さをグラデーションにすることもできます。

長さ変更はダイヤル式となっており、直観的に長さを調節することができるため扱いやすくなっています。

また部位によっては完全にヒゲを剃ってしまいたい場合もありますが、そんなときには付属しているT字カミソリを使えばキレイにヒゲを剃ることができます。

本体は丸ごと水洗いできるため衛生的。また風呂場に持ち込んで使うこともできるためヒゲを切った後の後片付けも簡単です。

充電交流式のため充電してもコードをつないでも使用することができ、充電すると60分と長時間の連続稼働がパワフルに続きます。

3000円前後という低価格ながらジレットの高性能なT字カミソリまで付属していて、さらに長さ調節が39段階もある髪の毛を切るにもヒゲを整えるにも使える汎用性の高いヒゲトリマー。

コストパフォーマンスがずば抜けており使い勝手も素晴らしいため、とりあえずヒゲトリマーにこだわりがないならこの製品を選べば間違いありません。

口コミの評判

・ヒゲのトリミングに購入しましたがバリカンとしてもgoodです。長年F社を愛用していましたがこの機種は買って正解でした。長さ調節をするのにダイヤル式なのは使い勝手が良いです。丸洗いも出来るし価格もなかなか。
・ひげトリマー、髪カットに結構使ってますが、特に欠点らしい欠点もなく、コストパフォーマンス最高です。
・髭トリマーとして使っています。髭の長さを細かく調節でき切れ味も問題ないです。充電池の持ちもいいです。また、防水なので風呂場で使えてそのまま水洗いできるのもいいところです。
・まだ一回しか使ってませんが1mmで綺麗に坊主出来ました♪ダイヤルを回し2mmにして眉毛、口髭。2.5mmで顎髭、アタッチメント外してトリミングみたいな感じで使ってます。いつも風呂場で済ませるので防水なのも鉄板でした。またジレットも付いてこの値段て...コスパも最高だと思います!

まとめ

男らしさを演出してくれるヒゲスタイルですが、すぐに伸びてしまうため手入れは大変です。そのためヒゲのスタイリングに特化したヒゲトリマーがあれば、手入れの手間と時間を省くことができます。

ヒゲの長さを細かく設定できる製品が多数登場しており、慣れればまるで美容室で整えたかのような清潔感のあるヒゲスタイルを作ることもできます。

ヒゲトリマーは値段がそれほど高くないため、美容室でヒゲを整えてもらうことを考えれば高めのヒゲトリマーを買って自分で手入れする方がよほどお得です。

毛髪、ムダ毛に関するアイテムの記事は以下を参照してください。

電気シェーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 深剃り髭剃りを手軽に

ヒゲトリマーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方で眉毛ももみあげも

鼻毛カッターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 男性用と女性用の使い方や痛くない眉毛対応も

耳毛カッターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口コミから使い方まで

バリカンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 防水機能と使い方でセルフカット坊主に

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 美容家電 , , , , , , , , , , ,