窓用エアコンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 窓に取り付ける方法も

   

人気の窓用エアコン

壁に設置することが難しくても窓さえあれば設置できる窓用エアコンは、空調の設置が難しい物件ではまさに救世主。室外機の設置が不要で通常のエアコンよりも値段も安く工事しなくても自分で設置できるのも嬉しいところです。

しかしコロナ、トヨトミ、コイズミ、ハイアールなどのメーカーが販売している窓用エアコン(ウインドエアコン)は、どれを選べばいいのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、窓用エアコンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。窓に取り付ける方法や電気代なども合わせてご説明します。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

Contents

窓用エアコンとは

窓用エアコンとは、どのような空調設備なのでしょうか。一般的なエアコンとの違いとも比較しながら見てみましょう。

窓に設置するエアコン

窓用エアコンは、その名の通り窓に設置するタイプのエアコンです。

通常のエアコンは壁に設置して室内に冷気や暖気を送り、壁に空けた穴から排気を室外機に送りますが、窓用エアコンは室外機と室内機が一体化しており、窓の内側に冷気や暖気を送り、窓の外に排気を出す仕組みとなっています。

そのため窓枠に設置するだけの窓用エアコンは、一般的なエアコンのように壁を開ける必要がなく、設置のための工事も不要です。

本体価格も安く設置工事も必要ないため、低コストで設置できる空調と言えます。

基本的な使い方は一般的なエアコンと同じ

窓用エアコンがどの程度使える製品なのか気になりますが、基本的には普通のエアコンと変わりません。

暖房運転や冷房運転が可能で1年を通して空調管理することができます。

ただし中には、冷房専用の窓用エアコンもあるため、暖房が使えない製品があることは理解しておきましょう。

パワーはそれほど強くはない

本格的で大型かつ高機能な一般的なエアコンとは異なる窓用エアコンは、そこまで強いパワーはありません。

もちろん部屋を冷やしたり暖めたりできますが、対応畳数は最大でも8畳程度となっています。

20畳の部屋の冷暖房を窓用エアコン1台で管理するのは現実的ではありません。エアコンがない個室の冷暖房が主な使い道ということに留意しておきましょう。

設置できない窓もある

窓用エアコンは、窓枠に専用の枠組みを設置し、その枠組みに窓用エアコンを設置するという方式が一般的です。

窓用エアコン用の枠組みは伸縮式となっており、さまざまな大きさの窓に対応できるようになっています。

ただしあまりに大きすぎる窓や小さすぎる窓は、窓用エアコン用の枠が設置できないことがあり、窓用エアコンも設置できない場合があります。

一方の窓のみしか使えない窓用エアコンも

窓用エアコンの中には、右窓か左窓かどちらか一方しか装着できない製品もあります。

例えば一方の窓が家具などで防がれている場合には、一方しか装着できない窓用エアコンを選ぶと致命的な失敗になります。

現在の窓用エアコンの多くは、左右どちらの窓にも設置できるようになっていますが、設置すべき窓と窓用エアコンに相性あることは知っておきましょう。

窓用エアコンの電気代

気になるのが窓用エアコンの電気代です。

設置場所や使い方にもよりますが、一般的なエアコンと比較すると窓用エアコンの方が電気代が高くなる傾向にあります。

これは、細かく温度を調節して最適な温度を維持する一般的なエアコンに比べて、機能が単純で設定温度の冷房や暖房を続ける窓用エアコンの機能の低さが原因となっているようです。

ランニングコストの面から言えば、一般的なエアコンの方が窓用エアコンよりもお得に使うことができます。

窓用エアコンの静音性

室内機と室外機が一体となっている窓用エアコンは、一般的なエアコンに比べて室外機の音が室内に伝わりやすく、どうしても騒音が大きくなります。

一般的なエアコンに比べると静音性は低いと言わざるを得ませんが、最近では静音性を高めた製品も登場しており、音の問題を解決できる窓用エアコンも多くなっています。

窓用エアコンの音が気になる場合には、静音性にこだわっている製品を選ぶようにしましょう。

窓用エアコンのメリット

一般的な壁掛けエアコンではなく、あえて窓用エアコンを選ぶことにメリットはあるのでしょうか。窓用エアコンのメリットを見てみましょう。

設置が簡単で工事不要

窓用エアコンの最大の特徴は、設置が簡単で工事が不要なことです。

基本的には窓さえあれば設置することができ、エアコンの設置が難しい場所でも取り付けることができます。

また工事する必要がないため工事代が掛かりません。自分で手軽に設置することができるのも大きな力です。

手軽にエアコンを導入したい人にはうってつけの製品です。

壁に穴を空ける必要がない

エアコンを設置しようとすると、どうしても壁に穴を開けなくてはいけません。しかし窓用エアコンなら、壁を傷つけることなくエアコンを設置できます。

壁に穴を空けたくない場合以外にも、壁に穴を空けらないなんらかの事情があっても窓さえあればエアコンを設置できる選択肢があるのは嬉しいところです。

本体価格が安い

一般的な壁掛けエアコンに比べて値段が安い窓用エアコン。工事不要であることを考えると壁掛けエアコンの半分程度の費用で導入できる場合もあります。

最低限の空調を導入したいけど予算はかけられない人にはピッタリ。簡易的な建物にも気軽に導入することができます。

窓用エアコンのデメリット

窓用エアコンにはメリットだけでなくデメリットもあります。メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

パワーが弱い

コンパクトで低価格な窓用エアコンは、性能も機能も一般的なエアコンよりも低くなっています。

そのためパワーにも限界があり、最大で8畳程度にしか対応していません。

個室などで使うには十分なパワーですが、広い部屋では冷暖房を完璧に管理するのはできません。

音がうるさい

室内機と室外機が融合しているような仕組みの壁用エアコンは、どうしても音がうるさくなってしまいます。

我慢できないほど大きな音ではなく、また静音性に優れた製品も登場しているため、音の問題は軽減されてはいるものの、やはり使っていて音がするのを良く思う人はいません。

音に過敏に反応する人には、導入が難しいかもしれません。

電気代が高い

低機能であるため細かな温度管理ができない壁用エアコンは、普通に使っていると一般的な壁掛けエアコンよりも電気代がかかります。

できる限り電気代を抑えたいと考えている人には、導入に悩む部分かもしれません。

窓の周辺がスッキリしない

窓に取り付ける窓用エアコンは、設置すると窓周辺をスッキリさせることが難しくなります。

窓付近に家具がある場合などは致命的で、家具が原因で窓用エアコンが設置できないことさえあります。

インテリア的に気になる人や窓を使って空気の入れ替えを頻繁に行う人にとっては、窓用エアコンを邪魔に感じるかもしれません。

窓用エアコンの取り付け方法

窓用エアコンの大きな魅力が、簡単に取り付けられること。窓用エアコンの設置方法を大まかに説明します。

1.窓にアングルを設置する
2.枠の長さを調節してアングルに枠を設置する
3.枠のパッキンを窓に合わせて設置する
4.窓用エアコン本体を枠に設置して固定する
5.窓用の錠を設置する(補助錠でも可能)
6.試運転をする

窓用エアコンの設置ポイントは、窓用エアコンの枠を窓枠にしっかりと設置することと窓用エアコンと窓の隙間をできるだけ塞ぐことにあります。

窓用エアコンを設置しようとすると、どうしても窓枠や窓に穴を空ける必要が出てくるため、借家などの場合にはトラブルを未然に防ぐためにも貸主に相談しましょう。

窓用エアコンの選び方のポイント

窓用エアコンを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくていけないのでしょうか。

性能

高出力のエアコンを選べば、冷房にしても暖房にして素早く部屋の温度を変えることができます。

基本的な性能の高さは、エアコンの使い勝手を大きく左右するため、窓用エアコンを選ぶときには出力をしっかりチェックしておきましょう。

また基本性能は後述する窓用エアコンの対応畳数とも深く関わってきます。

機能

一般的な壁掛けエアコンに比べて機能に乏しい窓用エアコンですが、製品によってはさまざまな機能が搭載されています。

冷房機能のみの窓用エアコンが多い中、暖房機能、換気機能、内部乾燥機能など、壁掛けエアコンと変わらない豊富な機能を搭載している製品もあります。

多機能な製品は価格も高めに設定されていますが、使い勝手はよくなります。

対応畳数

窓用エアコンは製品ごとに対応畳数が決められており、対応畳数に合った製品を選ぶことで冷暖房がしっかりと効くようになります。

窓用エアコンを設置する部屋が決まっているなら、部屋の広さに合わせた対応畳数の窓用エアコンを選ぶようにしましょう。

対応畳数は、同じ窓用エアコンであっても木造和室か鉄筋洋室かによって変わるため、部屋の構造もしっかり把握したうえで選ぶことが重要です。

窓用エアコンの対応畳数は、最大でも8畳程度までとなっているため、極端に部屋が広く対応する畳数の窓用エアコンが見つけられないときには、壁掛けエアコンを選びましょう。

設置できる窓

窓用エアコンには、設置できる窓の大きさが決まっています。

製品にもよりますが、窓の上下の広さが80㎝~140㎝程度が目安となり、また最低でも50㎝程度は開けられる窓でなければ設置が困難になります。

さらに窓の周囲に家具があると、家具が邪魔になり設置が困難になったり、左右どちらか一方の窓にしか設置できない場合もあります。

窓用エアコンを購入する前に、問題なく窓に設置することができる製品であることを確かめておきましょう。

静音性

一般的なエアコンよりも大きな音がでる窓用エアコンは、選ぶうえで静音性が重要なポイントになります。

音がうるさい窓用エアコンを選んでしまうと音が気になって快適に過ごせなくなる可能性もあります。

特に音に敏感な人は、静音性に優れた製品を優先的に選ぶようにしましょう。

価格

窓用エアコンは一般的なエアコンに比べて値段が安く、4万円~10万円で販売されています。

価格の安い製品は冷房専用の場合も多く、価格の高い製品は暖房機能やそのほかの役立つ機能が搭載されています。

夏場の暑さをしのぐためだけに窓用エアコンを導入するなら低価格の製品でも十分ですが、冬場の寒さもエアコンの暖房で対処するつもりなら、値段を気にせず暖房機能付きの製品を選んでください。

窓用エアコンのオススメ人気比較ランキング

ここからは設置が簡単な窓用エアコンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、静音性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

8位:山善 窓用エアコン 冷房専用 6~7畳用 WI-A161

山善 窓用エアコン 冷房専用 4~6畳用 WI-A161

低価格な家電で知られる山善のコストパフォーマンスに優れた窓用エアコンです。

窓用エアコンの中でも小型の製品で、冷房専用の製品ですが機能が充実しています。

強、弱の出力切替以外にも、ドライ機能や送風機能も搭載しており、4種類のモード切替によって状況に合わせた空調を実現します。

オンタイマー機能とオフタイマー機能も備えており、最大12時間で設定可能。タイマーを設定できるため、寝苦しい夜にもエアコンで冷えすぎることがありません。

リモコンは本体に収納することができるため、夏場になるまで使わなくてもリモコンがなくなるようなこともありません。

基本的な機能をしっかり備えている製品。価格も4万円前後と安く予算を抑えたい人に最適です。

口コミの評判

・冷風の吹き出し口が定まった方向にしか無いのでサーキュレーターか小さな扇風機を併用すると6畳の部屋なら十分に冷やしきれます。
・騒音は以前のものほどひどくないですしよく冷えます。常時使うわけではないので私には十分です。取り付けも簡単にできましたが、女の人の場合は誰かに手伝ってもらうほうが良いと思います。
・この製品はかんたんに取付ができました。賃貸マンションなので工事不要でかなり強力で活躍しています。転勤の時は簡単に外せて持っていけます。
・最近は北海道も暑く、エアコンなしではとてもつらい時期があります。リビングや寝室など頻繁に使う部屋にはルームエアコンを設置しているのですが、あまり使わない部屋には使う時期が短いので躊躇していました。しかしやはり汗だくで作業するには限界があり、これを購入しました。設置に手間がかかるのが心配でしたが思ったより簡単でした。

7位:トヨトミ 窓用ルームエアコン 冷房専用 5~8畳用 TIW-A180H

トヨトミ 窓用ルームエアコン 冷房専用 5~8畳用 TIW-A180H

トヨトミの高性能の窓用エアコンです。

高出力のエアコンで、使用状況によっては最大8畳の個室に対応可能。パワーがあるため部屋の隅々まで素早く冷やしてくれます。

他の窓用エアコンにはないセンター吹き出し設計となっており、ムラなく冷気を送りだすことができます。

取り付け可能な窓の高さが業界最小の76㎝となっており、小さな窓に取り付けることが可能です。

銀イオンフィルターを搭載したことで、脱臭効果と抗菌効果があり、汚れることが多いフィルターを衛生的に保つことができます。

業界トップクラスの低騒音になっており静音性もバツグン。寝室など静音性が求められる部屋への設置に最適です。

入切タイマーは最長12時間で、寝る前や外出前にセットすることで常に快適な環境を作り出すことができます。

静音性にも優れたコンパクトで高性能な窓用エアコン。8万円前後と価格が高いですが、値段以上の働きをしてくれる1台です。

口コミの評判

・細かい部品もしっかりしており隙間用のパテまで入っていたし満足してます。
・駆動音については、サーキュレーターとほぼ同じくらいの音です。睡眠時に使ってみた感想は、自分は気になりませんでした。
・取り付け金具を使用して、マンションの部屋にジャストフィットでした。快適です。
・吹き出しが中央に付いてるのはトヨトミだけ。性能も問題なしで、良い夏を過ごしました。古い家なので契約電流20A。起動時だけが心配でしたが、ブレーカーは落ちませんでしたね。アルミサッシの窓枠だったので、30分で取り付けられました、クソ重かったけど。

6位:ナカトミ ウインド型ルームエアコン 冷房専用 7~8畳用 NWA-19

ナカトミ ウインド型ルームエアコン 冷房専用 7~8畳用 NWA-19

ナカトミのしっかりした冷風に期待できる窓用エアコンです。

強、弱、ドライ、送風の4種類の運転切り替えができる窓用エアコンで、冷房はもちろん冷えすぎたときにはドライや送風で室内環境を調整することができます。

防カビフィルターを採用しており、エアコンの中でも汚れやすいフィルターを衛生的に保つことができます。

入切タイマーは最長12時間となっており、使用状況に合わせたタイマー設定が可能です。

リモコンは本体に収納することができ、次の夏にリモコンを失くしてしまうような心配もありません。

基本機能を余すことなく備えている窓用エアコン。造りがしっかりしているため信頼性の高い製品です。

口コミの評判

・取り付けが面倒だったので掃き出し窓に置いて、エアコン上部の隙間?を発泡スチロール板で塞いだだけで使っています。それでも冷却力は十分。15畳くらいのLDKがちゃんと冷えます。
・音はうるさいと言えばうるさいけれど許容範囲です。
・簡単に取り付けられて、とても快適に過ごさせてもらいました。
・冷房能力には何の問題も感じていません。というか素晴らしい!!

5位:ハイアール 窓用エアコン 冷房専用 6~7畳用 JA-16R

ハイアール 窓用エアコン 冷房専用 6~7畳用 JA-16R

ハイアールの超低価格が魅力の窓用エアコンです。

最大7畳まで対応している窓用エアコンで確かなパワーを備えています。

モード切替は4種類で、それぞれ自動、冷房、ドライ、送風が可能。自動運転があるため最適な温度を保つことが簡単にできます。

風量切り替えは3段階あり、自動、強、弱から選ぶことができます。

そのほかにもおやすみ運転や12時間の入切タイマー機能も搭載しており、充実した機能を備えています。

このエアコンにはマイナスイオンを放出する機能も搭載しているため、部屋の空気をリフレッシュすることができ、空気中に浮遊する細菌や臭いを抑えることもできます。

さまざまな機能を搭載している製品ですが、価格が窓用エアコンとしては最安値クラスとなっており3万円前後で購入することができます。できるだけ予算を抑えたい人はもちろん、多機能な製品が欲しい人にもオススメできる製品です。

口コミの評判

・両親の寝室に熱中症の予防のため設置、2人で2~30分と簡単に取り付けドライバへ1本で完了。
・取り付けは簡単とは言いませんが、まあ一般的な男性なら苦労はしない程度です。音はかなりありますが、常時うるさいというよりは運転の状況によって多少の振れ幅はあるようです。
・作動音?こんなのうるさいうちに入りません。暑くて眠れない方が辛いですよ。仮眠室(二畳)に付けたのでめちゃくちゃ冷えます。
・音はでかいですが、簡単に取り付けられ冷えます。とりあえず冷えればそれでよかったので満足。

4位:コイズミ 窓用エアコン 冷房専用 6~7畳用 KAW-1672

コイズミ 窓用エアコン 冷房専用 6~7畳用 KAW-1672

コイズミの低価格の窓用エアコンです。

最大7畳に対応している製品でしっかりとした冷房機能を期待できます。

取り付けが非常に簡単で、軽くて錆びに強いアルミ取付枠を採用していることで耐久性も高められています。

前面パネルが取り外しやすくなっており、簡単に丸洗いすることが可能。エアコンが汚れてもすぐに掃除できます。

快眠タイマー機能を搭載しており、設定温度に達すると自動的に運転が停止し、2.5℃以上室温が上がると再び自動で運転を開始。このサイクルを続けて7時間後に停止します。

この快眠タイマー機能によって真夜中でも暑くなりすぎることも寒くなりすぎることもなくなり、暑さで起きたり寒さで起きたりすることを防げます。

4万円前後の低価格で購入できるだけでなく、睡眠にピッタリな機能を搭載している窓用エアコン。寝室に窓用エアコンの設置を考えている人は、この製品にしましょう。

口コミの評判

・エアコンなんていらないと、思っていましたが取り付けたところもう手放せません。音も気になるほどでは、無いですし、大変快適な夏を過ごせました。
・取り付けですが非常に簡単でした、こういう取り付けに慣れてるのもありますが30分ほどで完了。そして冷房能力ですが文句ありません!!21度設定にすれば寒いほど冷えてくれます。
・取り付けに関しては同包の補助部材を使い、木枠の窓にも問題なく取り付けられました。よく冷えるし音もそんなに煩くない。
・木造の6畳の部屋に付けました。まず取り付けですが説明書を観ながら大体1時間程で付けれました。クーラーの効きは想像以上に良く効きます。

3位:トヨトミ 窓用ルームエアコン 冷房専用 4.5~7畳 TIW-A160H

トヨトミ 窓用ルームエアコン 冷房専用 4.5~7畳 TIW-A160H

トヨトミの部屋をムラなく冷やしてくれる窓用エアコンです。

トヨトミ独自の設計によって、吹き出し口を中央に備えているため、部屋全体に冷気を送り届けてムラなく冷やすことができます。カーテンが設置されていてもカーテンに冷気が遮られることがありません。

取り付け可能な窓の高さが業界最小の76cmとなっており、他の窓用エアコンが設置できない場合でもこの製品なら設置できるかもしれません。

運転音は39dBと業界最小の運転音を実現。音が静かなため寝室への設置にもオススメです。

そのほか銀イオンフィルターや入切タイマーなど、快適性を高める機能を詰め込んでいます。

同じシリーズの中でも性能と機能を抑えたことで低価格を実現している窓用エアコン。日本メーカーのため信頼性もあり、3万5000円前後という低価格も魅力なコストパフォーマンス抜群の製品です。

口コミの評判

・取り付けはいきなり取り掛からないで説明をよく読むこと。そうすれば30分以下で出来るだろう。
・そりゃぁ壁型に比べれば多少は動作音があるが、充分過ごせるし、夜は安眠できる程度の音量だ。
・他メーカーの窓用エアコンと見比べて、日本製で駆動音が低いものを探していました。8畳なのですが、十分に冷えています。
・窓用ルームエアコンで心配だった作動音も比較的小さくて、良かったです。

2位:コロナ ウインドエアコン 冷房専用 4.5~7畳 CW-A1617

コロナ ウインドエアコン 冷房専用 4.5~7畳 CW-A1617

コロナのイオン発生機能を搭載した窓用エアコンです。

最大の特徴はイオン発生機能。部屋の空気をクリーンに保つ工夫が施されています。

基本的な換気機能を搭載しており、タバコの煙や二酸化炭素など室内の空気を汚す原因を換気によって強制的に室外に出すことが可能。部屋の空気の汚れを抑えることができます。

さらにマイナスイオン発生機能を搭載しており、自然界のマイナスイオンの環境を再現する高原モードと一時的にマイナスイオンを増やせる滝モードの2段階で、部屋の環境を自由に変えることができます。

もちろん冷房機能も優れており、最大7畳程度の部屋まで冷やすことができます。

コンプレッサーのスムーズな回転により運転中の騒音を大幅に抑えることに成功しており、静音性にも優れています。

衛生面にも配慮された製品で、カビの繁殖を抑えるフィルターを搭載し、オープンパネル方式の採用で取り外して水洗いすることもできます。

5万円前後と高くはないものの安くもない窓用エアコンですが、空気清浄化機能を備えている非常に珍しい製品。空気の温度だけでなく質にもこだわりたい人にピッタリです。

口コミの評判

・取り付けは簡単に終了しました。猛暑日でもとても快適に過ごせたのはこのエアコンあってのものだと感じます。
・和室14畳に設置。快適です。寒いくらいです。エアコンを使っていない時は窓も雨戸も閉められます。セキュリティーも大丈夫。オススメです。
・多少、音はしますが、それ程気になりません。冷房も除湿も効果大です。思った以上の性能に驚いています。よく冷えますね。両親にプレゼントしました。
・6畳の窓に取り付けているのですが、良く冷えますよ。音は多少しますが、気になるほどではありません。

1位:コロナ ウインドエアコン 冷暖房兼用 5~8畳 CWH-A1817

コロナ ウインドエアコン 冷暖房兼用 5~8畳 CWH-A1817

コロナの冷暖房に対応している数少ない窓用エアコンです。

ほとんどの窓用エアコンが冷房専用ですが、この製品は暖房にも対応しているため1年を通して使うことができます。

ドライ運転機能を搭載しているため、冷房や暖房以外にも湿度調整も可能。おやすみ自動運転や自動運転があるため、窓用エアコンに部屋の空調を任せて快適に過ごすことができます。

低消費電力設計となっており、他の窓用エアコンに比べて消費電力が抑えられているため電気代を抑えることができます。

また低振動設計となっており、運転音を抑えているため窓用エアコンで問題になりやすい騒音問題も軽減できます。

そのほか換気機能を搭載したことで部屋の空気を浄化することができ、オープンパネルや内部乾燥モードによってエアコン内に発生するカビを抑えて清潔に保つことができます。

窓用エアコンの弱点である騒音や電気代を克服し、冷房にも暖房にも対応している数少ない窓用エアコン。高性能かつ高機能ながら6万円前後という価格も魅力的。

窓用エアコンにこれといったこだわりがない人や、どれを選べばいいのか分からない人は、この製品を選んでおけば絶対に失敗はありません。

口コミの評判

・設置は夫婦で協力して1時間弱。音大きいけど夏の暑さを乗り切れた。ありがとう。
・窓用エアコンしか使えない我が家にとって、今や唯一窓用冷暖房エアコンを製造されているコロナさんは、神様的存在。音は年々小さくなっていますし、冷房も暖房もばっちり。我が家では、十分です。
・ドライ機能はしっかり効いていますので、普段なら寝苦しい夜も、全く気にならず、ぐっすりと寝れています。
・普通のコンセントで使用出来るとのことで購入しました。予想以上に冷えて驚きました。取り付けも簡単でした。

まとめ

夏の暑さを乗り切るのはもちろん冬の寒さにも対応できる窓用エアコン。手軽に取り付けられることから、北海道など今までエアコンを使っていなかった地域でも大人気です。

壁掛けエアコンとの大きな違いは手軽さと設置に制約がないこと。どんな場所でも窓さえあれば設置できるため、エアコンを諦めていた人でも導入することができます。

暑さや寒さに困っているなら、簡単に取り付けられる窓用エアコンを選んでみるのもいいかもしれません。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, エアコン, ランキング , , , , , , , , , , , , ,