コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手動と電動でコーヒー豆を自分流に焙煎

   

手動・電動の人気のコーヒーロースター

コーヒーにこだわる人が最後にたどり着くのがコーヒー豆の焙煎。自分でコーヒー豆を焙煎できれば、コーヒーの味を思い通りに変えることができます。そんなコーヒー豆の焙煎を手伝ってくれるのがコーヒーロースターです。

今回は、コーヒーを極めたい人からちょっと楽しみたい人まで使うことができるコーヒーロースターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

Contents

コーヒーロースターとは

コーヒー豆を焙煎するための機械だということは知っている人も多いコーヒーロースターですが、具体的にどんな機械なのかはなかなか分かりません。あまり馴染みがないコーヒーロースターについて知っていきましょう。

コーヒーの生豆を焙煎する機械

コーヒー豆というと黒くてツヤツヤとしている状態を想像しますが、黒くなっているコーヒー豆は焙煎後の状態です。

コーヒーロースターは、コーヒーの生豆を焙煎するための専用の機械で、コーヒーの生豆を焙煎することで見慣れた黒いコーヒー豆になります。

コーヒーロースターは、業務用の大型の製品から家庭で使える小型の製品まであります。

自宅で焙煎するとコーヒーの味が違う

コーヒーは「3たて」つまり炒りたて、挽きたて、淹れたてが最高と言われることもあり、飲む数日前にコーヒーの生豆を焙煎して、コーヒーを飲む直前に挽いてコーヒーの粉にして、淹れることで味や香りが良くなります。

家庭でコーヒーを焙煎するメリットは、自分で調節することでコーヒー豆を最高の状態で保つことができることにあります。

コーヒー豆は焙煎後、数日で味と香りが最高潮となりますが、密閉容器で保存しても10日も経てば味や香りが損なわれてしまいます。そのため飲む分だけをその都度、数百グラムずつ焙煎することで、専門店並みの味と香りのコーヒーを自宅でいつでも楽しめるようになります。

焙煎方法

コーヒー豆を焙煎するための焙煎方式には「直火式」「半熱風式」「熱風式」があります。

直火式

直火式は、直火によってコーヒー豆を焙煎する方法です。

コーヒー豆を入れる容器が網で作られていたり穴が空いていたりしており、炎が直接、コーヒー豆に当たります。

直火式の場合には、チャフと呼ばれる種皮がコンロの周辺に飛び散るため掃除が必要になります。

高火力でコーヒー豆を焙煎できるため、素早くコーヒー豆を焙煎することができ、香ばしくメリハリのある独特の香味を出すことができます。ただし熱ムラが大きく焙煎にはテクニックが必要です。

半熱風式

半熱風式は、炎の熱を間接的に与えることでコーヒー豆を焙煎する方法です。

コーヒー豆を入れる容器が鉄板で作られており、コーヒー豆に炎が直接当たらないようになっています。

半熱風式では、チャフが排気とともに外に排出されます。

半熱風式で焙煎したコーヒー豆は、すっきりとした飲み口となり酸味も強まった味わいとなります。また安定的に加熱できるため、熱ムラが小さく焙煎の失敗を減らすことができます。

熱風式

熱風式は、熱風をコーヒー豆に当てることで焙煎する方法です。

熱風式は、熱風を生み出してコーヒー豆に当てて焙煎するため構造的な自由度を上げることができます。そのため電気式の製品に多く取り入れられている方式です。

熱風式は、熱風の温度を細かく設定できるため、素早く焙煎することも時間をかけてじっくり焙煎することも可能。また安定した焙煎ができるため、設定するだけで自動的に焙煎できる製品もあります。

熱風式で焙煎したコーヒーは、あっさりとした飲み口になることが多く、香ばしさや香味を出しにくいものの飲みやすいコーヒーを作ることができます。

手動式と電動式

コーヒーロースターは、大きく分けて手動式と電動式があります。

手動式コーヒーロースター

手動式コーヒーロースターにはいくつかのタイプがありますが、共通するのがガスコンロなどの直火で加熱して焙煎するという点です。

手動式コーヒーロースターのタイプには、焙烙(小型のフライパンのような調理器具)、手網、カゴを直火の上で回転させるタイプがあり、手軽なのが焙烙と手網、大量のコーヒー豆を安定して焙煎させられるのがカゴを直火の上で回転させるタイプです。

焙煎の状態は、色とハゼ(豆が爆ぜること)の音で判断します。手動式のコーヒーロスターは焙煎に技術が必要で、煎りムラができないように焙煎するには練習が必要となります。

また焙煎後には、チャフと呼ばれる種皮が散乱するので、チャフの片付けが必要になります。

電動式コーヒーロースター

電動式コーヒーロースターは、電気ヒーターとファンで発生させた熱風で焙煎する熱風式が主流となっているものの、コンロでガス火を当てながら撹拌を電動化している製品もあります。

熱風式を採用することで焙煎具合を細かくコントロールすることができ、煎り加減は時間のみをタイマーでセットするものや、マイクロプロセッサで、温度や温度カーブ、時間を自由にセットできるものがあります。

チャフは自動的に分離されるものが多くなっています。

また手動式、電動式に限らず焙煎後には、余熱で深煎りとならないようにクーリング(冷却)が必要となります。

コーヒーロースターの選び方のポイント

コーヒーロースターを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。

手動式と電動式

コーヒーロースターは、方式によって使い方から機能まで大きく異なります。

まず選ぶべきは手動式にするのか、電動式にするのかを決めることです。

手動式は、焙煎にテクニックが必要になり手間暇もかかります。一方で演出効果があり、上手く焙煎できればその味も格別になります。また電源が不要のため、屋外での焙煎も可能になりキャンプでも使うことができます。

電動式は、手軽に焙煎することが可能で設定するだけで自動的に焙煎できる製品も少なくありません。焙煎に手間がかからず実用的であるものの、本体価格が高くなる傾向にあります。

焙煎方法

焙煎方法には、直火式、半熱風式、熱風式がありますが、焙煎方式は手動式と電動式のどちらを選ぶかによっても影響を受けます。

どの焙煎方式が優れているということはなく、使用方法やコーヒーロースターに求めるものによって優先順位や選ぶ焙煎方式も変化します。

また直火式のコーヒーロースターを選ぶと、どうしてもチャフ掃除が必要になるため、その点も考慮して焙煎方式を選んでください。

機能

コーヒーロースターには、タイマー機能や焙煎制御機能が搭載された製品もあります。

特に電動式で熱風方式を採用している製品は、高機能な製品も少なくありません。

手間をかけずに焙煎をしたいときには、高機能なコーヒーロースターを選ぶと重宝します。

サイズと重量

コーヒーロースターは、据え置き型にしても手で持って使う手網型にしてもサイズや重さが重要になります。

キッチンに置いたり、コンロの上に設置したりするコーヒーロースターは、サイズが大きすぎたり重量が重すぎると設置スペースが確保できなくなったり使い勝手が悪くなったりします。

また手動式では、常に手に持って動かす必要があるため、重い製品はコーヒー豆を焙煎するだけで疲れてしまいます。

サイズや重量は使い勝手にも大きな影響を与えるため、購入前にしっかりチェックしておきたいところです。

容量

一度にたくさんのコーヒー豆を焙煎したいなら、容量にも気を配らなくてはいけません。

焙煎にはそれなりの手間がかかるため、容量が少なすぎると何度も焙煎しなくてはならず時間と手間が余計にかかります。

またコーヒーロースターには連続して焙煎できる時間が決まっているものもあるため、連続焙煎したくてもできない事態に陥ることにもなります。

ただし一度にたくさんのコーヒー豆を焙煎しすぎると、コーヒー豆が無駄になったり余計に手間がかかることもあります。

多すぎることもなく少なすぎることもなく、必要となる焙煎の容量を満たしている製品を選んでおきましょう。

使いやすさ

操作が難しければ、扱うのにも苦労します。分かりやすくて使いやすい製品を選ぶことで、誰でも簡単にコーヒー豆を焙煎できます。

コーヒーロースターの多くが外国製の機械のため、取り扱い説明書が生産国の言語で書かれていることもしばしば。そのため直観的に扱える製品を選ばなければ、扱いに苦労することになります。

また変圧器が必要な製品も少なくありません。外国製のコーヒーロースターを購入するときには、変圧器のことまで考えておきましょう。

手入れのしやすさ

コーヒー豆を焙煎していると、どうしてもさまざまなカスやゴミが出ます。

手入れがしやすければ、サッと片付けることができ掃除も容易になります。

コーヒー豆を焙煎するのがどれだけ簡単でも、掃除に手間を取られては意味がありません。手入れのことまで考えた製品選びをしましょう。

価格

コーヒーロースターは、方式によって性能や機能が大きくことなり、また値段も大きく異なります。

焙烙や手網などの焙煎方式の製品なら2000円程度から購入できますが、本格的な直火のコーヒーロースターなら10万円を超えることもあります。

コーヒーロースターに関しては、製品の種類や数もそれほど多くないため、値段よりも欲しい性能と機能が搭載されているものを優先して選びましょう。

手動式コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキング

ここからはコーヒー焙煎の初心者にも玄人にも対応する手動式コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:新越金網 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎り BGV08

新越金網 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎り BGV08

手網タイプのコーヒーロースターです。

本来は銀杏を炒るための製品ですが、銀杏だけでなく落花生や豆も炒ることができます。もちろんコーヒー豆も焙煎できます。

持ち手に天然木を使っており、網はステンレス製のため耐久性も十分。270gと軽量のため、焙煎していても腕が疲れません。

2000円前後と値段が安く、初めてコーヒー豆の焙煎に挑む人にピッタリな製品。コーヒー豆の焙煎以外にもいろんな用途があります。

口コミの評判

・大勢の方がコーヒー焙煎に使用していたので購入しました。予想以上に大型で、200gの豆も一度に焙煎出来ます。少し慣れればそこそこ満足のいく焙煎が可能です。安価なので手始めにお勧めします。
・価格も手ごろで、つくりもしっかりしていて気に入っています。柄が木なので、炒る時に熱くならないのも気に入っています。
・しっかりとした造りなのでしばらく自家焙煎のコーヒーを楽しめそうです。
・コーヒー豆の自家焙煎用に購入しました。蓋が開くのがいいですね。150g程を入れて焙煎していますが、重くもなく、ちょうどいい大きさだと思います。

4位:新越金網 新越ワークス ステンレス 炒り網 16cm

新越金網 新越ワークス ステンレス 炒り網 16cm

シンプルで軽量な炒り網です。

ステンレス製で耐久性に優れており、また軽量の仕上がりとなっています。重さが170gしかないため、腕に力がない女性でも簡単に扱うことができます。

アミの底は凸形状でコーヒー豆にまんべんなく炎が当たるためムラなく焙煎することができます。

大きさもちょうどよく150g近いコーヒー豆を一度に焙煎することが可能。そのほか銀杏やゴマなどを炒ることもできるため実用的です。

値段も2000円と安いため、こちらもコーヒー焙煎の初心者向けの製品です。

口コミの評判

・コーヒーの生豆を直ぐに使う分だけこの煎り網にいれてローストしています。手動の焙煎も結構楽しい。豆がハゼル音や、コーヒーの良い匂いが楽しめます。
・コーヒーの生豆を家で煎るのに購入。ひとまわり大きい(22センチ)ものも考えたが、この大きさがぴったりだった。およそ100gの量が適当か。
・とても気に入って使ってます。焼きやすくいいです。毎日使用してます。
・150gぐらいまでならシャカシャカ振るのにも問題なく本体、取っての強度もあります。蓋も簡単に開け閉めできますし、手袋がなくても握り部分は熱くなりませんでした!生豆を好きな時に好きな量だけローストできますのでコレはいい商品です。

3位:発明工房 コーヒー豆焙煎器 煎り上手

発明工房 コーヒー豆焙煎器 煎り上手

コーヒー豆を焙煎するための専用の製品です。

特別な設計によって焙煎のムラを防ぐことに成功。コーヒー豆に炎を直接、当てすぎることがないため焙煎の状態を微調整することもできます。

重さは240gと軽量で、女性が使っても問題のない軽さ。自分好みのローストをトコトン追求できます。

コーヒー豆の焙煎専用の製品だけあって、焙煎が微調整できるこだわりの逸品。しっかりとした造りのため、長年愛用できます。

口コミの評判

・初心者の自分にも手軽に美味しく焙煎できるスグレモノ。低価格な網製にするかさんざん迷ったが、焙煎時間も掛かりコツが要りそうなのでこちらの選択で正解だった。
・初めて使用して焙煎をしましたが、一度も失敗はありません。良い買い物だったと思います。ただ手動なので量の多い焙煎は疲れます。
・短時間で煎ることが出来ます。持ち手も長いので火傷の心配も無くなりました。今では煎りたてをずっと簡単に楽しむことができるようになりました。価格は高めですがそれ以上の価値はあります。
・陶器製の物より軽い上、簡単にムラ無く煎れました。手網に比べてチャフが散り難いのも利点です。

2位:カルディ コーヒー ロースター ミニサイズ ホームロスティング マニュアル

カルディ コーヒー ロースター ミニサイズ ホームロスティング マニュアル

コンロの上にセットしてハンドルを回転させて焙煎する直火式の製品です。

最大250gのコーヒー豆を焙煎することができます。温度計が備わっているため中の状態を確認しながら作業が可能です。

一定の位置にドラムが固定されているため安定した焙煎を可能とし、同時にムラなく焙煎することができます。

ハンドルは軽く、クルクルと回転させても疲れることがありません。

直火式のため香ばしいコーヒー豆に焙煎できる人気の製品。日本語マニュアルも同封されているため安心です。

1位:カルディ コーヒー ロースター 手動フールセット ホームロスティング KALDIロースター

カルディ コーヒー ロースター 手動フールセット ホームロスティング KALDIロースター

カルディの高性能の手動式コーヒーロースターです。

コンロの上に設置してハンドルを回して焙煎する直火式で、耐久性が高い製品です。

ドラムや外部ケースにステンレススチールを採用しており、安全性を高めつつ耐久性を向上。デザイン的にもオシャレになっています。

バイメタルタイプの密閉型温度計をハンドルに付けており、温度センサーは焙煎中のコーヒー豆の温度を誤差なく計測。コーヒー豆の温度が手に取るように分かります。

高温用の高性能ベアリングでハンドルの動きは軽くてスムーズ。回していても疲れません。

下部に取り付けられた溝はコンロの五徳にしっかり噛み合い、焙煎中にロースターがズレる心配もありません。またドラムの斜めと同じ角度のブラケットの上に設置しており、騒音の原因を除去することで静音性を確保しています。

焙煎でも最も重要なドラムには2㎜のステンレススチールを採用。2枚の撹拌羽根と斜めドラムによって豆には均一に熱が伝わり安定した焙煎を実現。また伝導熱と対流熱の流れがスムーズになっているため、直火式特有のサッパリとした味のコーヒー豆を焙煎できます。

排気のことまで考えられた設計で、通風口が上下にあるためしっかり排気することが可能。空気を循環させながら熱は逃しません。

本格派のための手動式コーヒーロースター。コーヒーにこだわり抜く人だけが持つことができる1台です。

口コミの評判

・やはりとても良い商品です。熱効率が良いのか、火は小さくても時間内に完結しました。出来上がりも申し分無く失敗がまりません。
・今販売されてる家庭用焙煎器の中でベストのコスパだと思います。説明書が貧弱で相当試行錯誤しましたが、それも楽しいものです。今では自分が思うような味に仕上げられるようになりました。こうなるとそこいらのコーヒー飲む気がしませんね。

電動式コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキング

ここからは自動的にコーヒーを焙煎してくれるお手軽な電動式コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

10位:Fresh Roast 自動コーヒー豆ロースター SR500

Fresh Roast 自動コーヒー豆ロースター SR500

全自動の電動式コーヒーロースターです。

使い方は簡単で、コーヒー豆を投入してスイッチを押すだけ。自動的に内部で撹拌され熱風によってローストされていきます。

しっかり撹拌して焙煎するため、ムラを抑えて全体を香ばしく焙煎することが可能です。

温度や焙煎時間を簡単に調整することが可能で、透明な容器で焙煎中のコーヒー豆の状態が目視で確認できるため、焙煎の状態を簡単にチェックできます。

またコンパクトでスッキリとしたデザインのため、キッチンに設置スペースがなくても置くことができます。

手軽に本格的な焙煎ができる使い勝手のよいコーヒーロースター。ただし変圧器が必要なことは覚えておきましょう。

口コミの評判

・説明はありませんが、120Vに昇圧する必要があります。また、1500Wなので2~3,000円くらいの安いアップトランスでは容量オーバーになってしまいます。お持ちでない方はアップトランスでさらに1万円以上かかってしまいます。
・アメリカ仕様120Vのままですと、100Vの仕上がりは弱いブラウン程度まで。コーヒーの焙煎には至りません。しかし電圧その他を工夫すれば、プロも絶句する柔らかな苦味と深いコク、恐らくこれこそが本来のコーヒーだろう、そう叫びたい風味を生み出す事が出来ます。

9位:nesco コーヒー豆ロースター CR-1010-PRR

nesco コーヒー豆ロースター CR-1010-PRR

自動的に焙煎できる電動式コーヒーロースターです。

スイッチを入れれば撹拌しながら焙煎するため、ムラなく熱を伝えて安定した焙煎を実現します。

操作はボタンで行い、温度や時間などを細かく設定可能。透明容器のため焙煎中のコーヒー豆の状況も確認しやすく、好みの煎り状態で取り出すことができます。

チャフはフィルターに引っかかるため散らからず、焙煎後にチャフの掃除をするのも簡単です。また焙煎したコーヒー豆をそのまま冷却できるため深煎りになるのを防ぐことができます。

コンパクトでスタイリッシュなため、キッチンに置いても映えます。設置スペースを圧迫する心配もありません。

手軽に最適な焙煎ができる電動式コーヒーロースター。それなりに音がしますが、音さえ気にならなければ短時間でコーヒー豆を焙煎できるため日々の焙煎で大活躍してくれます。

口コミの評判

・決め手となったのは、電熱焙煎器にしては800Wという低電力だったこともあった。一回の焙煎量は、今までのものと同じくらいの紙コップ一杯弱くらいで同じだ。大きな違いは、本格派ロースターということもあって、冷却工程も組み込まれていて、面倒なチャフの除去が非常に楽だという事だ。
・操作は簡単です。フレンチローストにしようと焙煎時間を長くすると(25分程度)味と香りが飛んでしまいます。初期値の20分前後で焙煎し,2,3日たつとすばらしい味と香りのコーヒーができあがります。
・変電器は必須ですが,ジェネカフェの半値以下ですばらしい味のコーヒーを楽しめます。さらに,買ってきた豆よりも均一に焙煎できます。
・120Vのトランスにつないで、簡単に焙煎できました。チャフも多少散りますがずいぶん楽に操作できました。

8位:ダイニチ 電気式コーヒー豆焙煎機 MR-101

ダイニチ 電気式コーヒー豆焙煎機 MR-101

日本メーカーのダイニチによるコーヒーロースターです。

ほとんどのコーヒーロースターが外国メーカー製ですが、このコーヒーロースターは日本メーカー製のため取り扱い説明書が分かりやすくサポートにも期待することができます。

プロ仕様のコーヒーロースターをコンパクト化することで愛好家向けにしたもので、家庭で使うには十二分の性能を発揮してくれます。

12段階の細かな焙煎調整に対応しており、浅煎りから深煎りまで思い通りに調節可能。また連続焙煎が可能なため、たくさんのコーヒー豆を焙煎するときにも便利です。

変圧器が不要で取り扱いも簡単なコーヒーロースター。日本メーカーのコーヒーロースターが欲しいなら、この製品で決まりです。

口コミの評判

・MR-101はもう5年ほど使っていますが壊れる気配はありません。豆と焙煎機の相性が良いものであれば、そこそこの味に仕上がります。酸化していないコーヒーが飲めるは良いですね。
・この機種には致命的な欠陥があります。それはチャフコレクターです。私は外で動かしているので問題ありませんが、室内で使用される場合、チャフ取りで苦労されるかと。
・これまでガスの火で網箱を使っていましたが、引っ越しでちょっと疲れてこれを買いました。焙煎程度は12段階から選ぶ方式で、細かい調整はできませんが、私には十分です。手で焙煎していたときには、豆によってはなかなか安定しないときもありましたが、それに比べると、とんでもなく簡単です。

7位:カルディ コーヒー ロースター ミニサイズ ホームロスティング 電動 With サンプラー,ホッパ カルディミニ

カルディ コーヒー ロースター ミニサイズ ホームロスティング 電動 With サンプラー,ホッパ カルディミニ

カルディの直火式の電動コーヒーロースターです。

この製品は、ガスコンロの上にセットして直火で焙煎しつつ、ドラムの回転を電動化した製品。手動タイプよりも安定した焙煎が可能で労力もかかりません。

焙煎の状態は温度計で確認することができ、コーヒー豆を取り出すサンプラーが付属しているため常にコーヒー豆の状態を確認しながら焙煎することが可能です。

日本語マニュアルが同封しているため、取り扱い方も分かりやすく、最大250gのコーヒー豆を一度に焙煎できるため何度も焙煎する手間もかかりません。

ただしチャフの飛び散りを防ぐ施策がされていないため、焙煎後にはチャフの掃除が必要になります。

直火ならではの香味を楽しむことができ、電動式のため楽に焙煎できるコーヒーロースター。構造がシンプルなため値段が安いのも嬉しいポイントです。

口コミの評判

・リーズナブル!サンプラ入れるとき少々難儀ですが慣れればなかなか良いマシンです。
・焙煎初心者ですが、商品には大変満足しています。毎回グラフで温度管理をしています。不便な点は、温度計とテストスプーンの出入り口が同じということかな。

6位:純自然 小型コーヒーロースター 焙煎機 CF1

純自然 小型コーヒーロースター 焙煎機 CF1

モーターとドラムだけで構成された非常にシンプルでコストパフォーマンスに優れたコーヒーロースターです。

コンロの直火にセットしてドラムの回転を電動モーターに任せるタイプのコーヒーロースターで、安定した焙煎を実現することができます。

最大250gのコーヒー豆を焙煎可能となっており、一度にたくさんのコーヒー豆の焙煎ができます。

多くのコーヒーロースターが変圧器を必要としますが、この製品は変圧器不要で使えるため変圧器がなくても問題ありません。

実用性を重視したシンプルなコーヒーロースター。多機能なわけでも使いやすいわけでもありませんが、値段が安くコストパフォーマンスには優れています。

口コミの評判

・実用性があります。価格も満足しています。試してみましたが、いい焙煎ができました。
・カスタマイズしながら使っています、確かに高い…とは思うけど、自動でかつ大容量のものでは最も安価かも。
・焙煎は出来ましたが、豆の色をチェックできないのが難点かな。後は大容量なので満足です。
・物的には値段なりなので我慢ですね!

5位:Behmor ドラムコーヒーロースター 1600Plus 5400

Behmor ドラムコーヒーロースター 1600Plus 5400

オーブントースターのようなコーヒーロースターです。

電動式の製品で、ドラムが自動回転してヒーターによって焙煎を行います。

ドアを閉じてローストできるためチャフの飛び散りを防ぐことが可能。安定した焙煎が可能で、自動的に番線ができるため非常に簡単に使えます。

タイマー機能、温度設定機能、冷却機能と多彩な機能に加えて焙煎方法をプログラムできるため、ボタン1つで簡単に切り替えて決めておいた焙煎を実行できます。

キッチンにも置きやすい形状、サイズ、デザインとなっているのも嬉しいポイントです。

自宅での使いやすさを追求したお手軽な焙煎が実現できるコーヒーロースターです。

口コミの評判

・ドラムはしっかりしていてスムーズに回転し、焙煎の具合も均一でした。また煙を抑えることができて期待をはるかに超えた製品でした。
・しっかりローストできる焙煎器。ドアのガラス窓が少し小さいですが、焙煎の状態を確認するのには十分です。
・ドアを開けて冷却する場合以外には、煙を心配することもありません。もし煙が心配なら換気扇とレンジフードで対応できます。
・焙煎の状況を確認しながら冷却するだけでコーヒー豆の焙煎が終わります。全てが自動ではない点には注意してください。
・使いやすくて掃除が簡単です。コーヒー農家にコーヒーを教えるためのトレーニングツールとして世界中で使われている理由も分かりました。

4位:i-coffee コーヒー焙煎器 S-100CR

i-coffee コーヒー焙煎器 S-100CR

韓国製のコーヒーロースターで、全てを自動的に行ってくれる優れものです。

デザインが他社製品と異なりレトロでスタイリッシュ。サイズもコンパクトなためキッチンに置いても違和感がありません。

使い方は簡単で、コーヒー豆をコーヒーロースターに入れてスイッチを入れれば焙煎が始まります。

焙煎は12段階で調節可能となっており、焙煎は全てコーヒーロースターが行ってくれます。アラームが鳴れば焙煎終了の合図で、コーヒー豆を取り出して冷却すれば終了。

チャフは受け皿に溜まる仕組みとなっておりお手入れも簡単。フタを閉めて焙煎するためチャフの飛び散りで周囲が汚れる心配もありません。

焙煎の全てを自動的に行ってくれるコーヒーロースター。焙煎具合を設定できるため、テクニック不要で安定した焙煎が誰でも可能になります。

口コミの評判

・いざ使ってみると、味もなかなかでした。煙はたしかに出ません。ただ焙煎のにおいは弱冠するので、LDKのわが家では臭いが広がるために、換気扇の下で焙煎しています。
・コンパクトなので、換気扇下に移動するのも本当に楽です。

3位:Genesis 珈琲焙煎機コーヒーロースター Gene Cafe ジェネカフェ CBR-101A

Genesis 珈琲焙煎機コーヒーロースター Gene Cafe ジェネカフェ CBR-101A

回転式の電動コーヒーロースターです。

このコーヒーロースターの最大の特徴は、最先端技術を元にした世界唯一の3D回転方式を採用している点。立体的な回転をドラムに与えることでコーヒー豆をムラなく混ぜ合わさり、均一な焙煎を実現します。

温度や時間設定はダイヤルで設定可能。温度は60℃~250℃で1℃刻みに設定することができ、時間は6秒~30分まで6秒単位で調節可能。とにかく細かく温度と時間が設定できるため、浅煎りから深煎りまで自由自在です。

透明耐熱ガラスを採用しているため、フタを閉めても焙煎の様子を常に監視することが可能。ドラムは取り外せるようになっているため、コーヒー豆の投入や取り出しも簡単です。

チャフコレクターが付いているため、焙煎中に出たチャフも簡単に回収可能。フタを閉めて焙煎するためチャフの飛び散る心配も不要です。

表示ディスプレイは温度と時間を表示し、設定も容易に行うことができます。

値段は高いものの手軽に焙煎できて最高の焙煎の仕上がりを約束してくれるコーヒーロースターです。

口コミの評判

・このロースターの性能はとても良いと私は思います。生豆は安いものです。10㎏で1万円程度から手に入ります。(うちは2万円のキリマン系を購入しています)焙煎された豆がいくらで売られているかを考えると、早いうちに元が取れます。
・家庭用焙煎機としては豆の投入量も多く 均一な焙煎が出来る機種です。
・長所は、チャフの飛散が少ないこと。煙突からフレキシブルパイプで換気扇に煙を通せば、室内の匂いをかなり防げる。ガスコンロ上で行う焙煎機では、後始末と匂いが大変なことになる。

2位:IMEX Corporation Ltd. ホームコーヒーロースター CR-100

IMEX Corporation Ltd. ホームコーヒーロースター CR-100

使いやすさとコストパフォーマンスを両立しているコーヒーロースターです。

コンパクトなためキッチンにも置きやすく、縦型でスッキリとしているため場所を取りません。

タイマーをダイヤルで設定してスイッチを押せば焙煎はスタート。熱風式で150gから180gの生豆を焙煎することが可能です。

熱風循環式システムを採用しているため煙の発生を抑えることができ、2㎏と非常に軽量なため持ち運びが容易で換気扇の下で焙煎するのにも苦労しません。

値段が安くて簡単に使えるというコーヒーロースター。労力を抑えつつ手軽に焙煎したい人はこのコーヒーロースターがオススメです。

口コミの評判

・ホームロースターを思い切って購入して、2度生豆を煎りましたが、タイマーの設定と、ガラス窓での焙煎の煎り具合が確認できるので、作業が大変楽になりました。
・1回の焙煎量が、160g程度ですが、家庭用なら、この程度で、十分であり、作った分だけ、コーヒーミルで挽いて、飲むので、香り、味わい、コクがすばらしいです。
・豆がグルグル回転し、なかなかの音(掃除機より少し静かくらい)ですが、順調に焙煎されました。焙煎中は珈琲の良い香りが部屋中に広がり至福のひと時。

1位:カルディ コーヒー ロースター ホームロスティング 電動フールセット KALDI コーヒーロースター 電動

カルディ コーヒー ロースター ホームロスティング 電動フールセット KALDI コーヒーロースター 電動

カルディの直火と電動を組み合わせたコーヒーロースターです。

ガスコンロにセットして直火で焙煎するコーヒーロースターで、ドラムの回転を電動式にしたものです。

電動式ドラムが安定した回転をするため焙煎を安定させることが可能。焙煎具合のチェックに集中することもできます。

ドラムとケースにはステンレススチールを採用しており、耐久性を上げつつデザイン性を高めることに成功しています。

バイメタルタイプの密閉型温度計を採用しているため、コーヒー豆の温度を誤差なく測ることが可能。焙煎状況が手に取るように分かります。

前面部ドラムを支えているベアリングをドラムの斜めと同じ角度のブラケットの上に設置したことで騒音の原因を根本的に除去。静音性を高めて静かな焙煎を実現します。

ドラムには2mmのステンレススチールを使用しており、撹拌羽根と斜めドラム設計によって安定した焙煎を可能にします。

吸気口が上下に設置されているため、新鮮な空気と温まった空気を効率的に循環させ保温できる設計となっています。

直火式特有の香ばしい仕上がりにすることができ、さらにドラムの電動化によって簡単に焙煎できるようになっているコーヒーロースター。直火式にこだわる人にオススメです。

口コミの評判

・手回しのロースターからの移行です。攪拌を電動にしただけで珈琲焙煎の世界観が変わりました!
・焙煎入門にはとてもいいと思います。この価格でこれ以上の機能を求めるのは難しいと思います。
・火の調整が難しいですが、炭火でするとなおいっそういい仕上がりになります。好みのローストにできますので、とてもいいです。
・今販売されてる家庭用焙煎器の中でベストのコスパだと思います。説明書が貧弱で相当試行錯誤しましたが、それも楽しいものです。今では自分が思うような味に仕上げられるようになりました。こうなるとそこいらのコーヒー飲む気がしませんね。

まとめ

本格的なコーヒーを楽しみたい人が避けて通ることのできないコーヒー豆の焙煎。コーヒーロースターは数が少なく外国製の製品が主流のため選ぶのも難しく躊躇してしまうものです。

しかしコーヒーをよく飲むなら味を格段に上げることができるコーヒー豆の焙煎は必要不可欠。生豆は安いため自分で焙煎することでコーヒーのランニングコストを抑えることもできます。

自分で焙煎するのは大変な作業ですが、その分、淹れたコーヒーは格別の味になること間違いなし。コーヒーロースターで喫茶店では味わうことのできない最高の1杯を味わいましょう。

コーヒーに関する製品は以下の記事を参照してください。

オシャレでおいしい単機能コーヒーメーカーのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 お安く本格コーヒー

オシャレでおいしい全自動コーヒーメーカーのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 手軽に本格コーヒー

エスプレッソマシンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 全自動・半自動で本格コーヒーを

コーヒーミルのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手動と電動の比較も

コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手動と電動でコーヒー豆を自分流に焙煎

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電, 調理器具 , , , , , , , , , , ,