ワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方や直火式・電気式も解説

      2017/11/12

人気のワッフルメーカー

焼きたても冷めてもおいしいワッフルを自宅で作れるワッフルメーカー。誰でも手軽に失敗なく作れる電気式ワッフルメーカーや本格派の高火力で焼ける直火式ワッフルメーカーがあり、ワッフルは自宅で作れるお菓子になりました。

そこで今回は、ワッフルをいつでも作れるワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。気になる使い方だけでなく、直火式と電気式についても解説します。

Contents

ワッフルメーカーとは

ワッフルメーカーとは、具体的にどのような調理器具なのでしょうか。ワッフルメーカーの概要を知っていきましょう。

ワッフルを作れる専用機械

ワッフルメーカーは、その名の通りワッフルを作ることができる専用の機械です。

ワッフルは焼き菓子の一種で、主に欧米で作られるもの。小麦粉、鶏卵、バター、牛乳、砂糖、イーストなどを混ぜ、醗酵させて作った生地を、格子模様などを刻んだ2枚の鉄板に挟んで焼き上げた菓子です。

ワッフルの製法上、どうしても鉄板で挟んで焼き上げる必要があり、このとき使われるのがワッフルメーカーです。

基本的な構造は鉄板を挟み込む構造となっており、鉄板は直火で温めたり電気ヒーターで加熱したりできるようになっています。

ワッフル以外にも作れる製品も

ワッフルメーカーは、格子模様の鉄板となっているため基本的にはワッフルしか作れませんが、電気式ワッフルメーカーの中には鉄板を変えることで他の料理が作れる製品が登場しています。

最も多いのが、ホットサンド用の鉄板と交換するとでワッフルメーカーをホットサンドメーカーとして使える製品。また中にはたい焼き用鉄板と交換することでたい焼きが作れる製品もあります。

ワッフル以外の料理もワッフルメーカーで作りたい場合には、鉄板が交換できる製品を選びましょう。

直火式ワッフルメーカー

ワッフルメーカーは大きく分けて2つあり、それぞれ直火式ワッフルメーカーと電気式ワッフルメーカーがあります。

直火式は、ガスコンロなど直火に当てることで加熱して使う製品で、鉄板を挟み込む構造となっています。

一度に2枚のワッフルを作ることができる製品が多く、中には直火だけでなくIHクッキングヒーターにも対応している製品もあります。

高火力で焼けるため本格的なワッフルを作れる反面、火加減の調節が難しく慣れていない人は失敗することも多いのが直火式ワッフルメーカーです。

電気式ワッフルメーカー

電気式は、電気ヒーターによってプレートを加熱し、ワッフルを焼くことができる製品です。

火加減が容易で誰でも失敗なく手軽にワッフルを焼くことができ、子どもでも簡単に調理することができます。一度に両面を焼くためひっくり返す手間もありません。

またプレートを交換することでワッフル以外の料理を作ることもできます。

一方で直火式ほど火力を出すことができず、自分に合わせて焼き加減を変えることも難しいという欠点もあります。

モッフルも作れる

お正月になると余ることの多い切餅ですが、お餅もワッフルメーカーで焼くことでモッフルに変えることができます。

作り方は簡単で、お餅をワッフルメーカーに挟んで焼き上げれば完成します。

お餅が余ってカビを生やしてしまう家庭は、ワッフルメーカーでワッフルだけでなくモッフルを作るのもオススメです。

ワッフルメーカーの使い方

ワッフルメーカーの使い方は非常に簡単。基本的に直火式も電気式も同じです。

レシピ通りにワッフル生地を作り、鉄板にワッフル生地を流し込んで、後は焼くだけです。

ワッフル生地に関しては、市販のホットケーキミックスなどでも簡単に作ることができます。

直火式は、火加減に注意が必要で、最初のうちは弱火で焼けば焦げすぎるなどの失敗を減らすことができます。

電気式は、ワッフルメーカーにタイマーが付いていたり、目安の焼き時間が指定されているため、製品に合わせて調節しましょう。

ワッフルメーカーの選び方のポイント

ワッフルメーカーを選ぶときには、どんなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。

性能

基本的な性能を見極めることは基本です。

電気式ワッフルメーカーの場合、ワット数が高い製品は火力が強く本格的なワッフルを焼くことができます。外側はカリッ、内側はフワッとしたワッフルを焼きたいなら、高火力な製品を見つけましょう。

また火力の強い製品は余熱時間や焼き時間を短縮することができ、短時間でたくさんのワッフルを焼けます。

一方で直火式の製品は、IHクッキングヒーターに対応しているか否かは重要なポイントです。自宅がIHクッキングヒーターの場合には、必ずチェックしておきましょう。

機能

電気式ワッフルメーカーには、タイマー機能が付いている製品もあります。

タイマー機能があれば、セットしておけば自動的にワッフルを焼くことができ失敗することもありません。

ワッフルメーカーには、多くの機能は存在しませんが、もし使いたい機能があるなら求める機能を搭載した製品を優先して選びましょう。

一度に焼けるワッフルの量

ほとんどのワッフルメーカーは、一度に2枚のワッフルを焼けるものがほとんどですが、中には3枚、4枚のワッフルを焼ける製品もあります。

一度にたくさんのワッフルを焼きたい場合や大家族が使う場合には、たくさんのワッフルを焼ける製品を選びましょう。

ただし無駄に大きな製品は、洗うときや収納するときに足を引っ張ることになります。収納することまで考えた最適なサイズ選びを心がけましょう。

交換プレート

電気式ワッフルメーカーには、交換プレートが付属している製品も少なくありません。

ホットサンド用プレートが付属している製品なら、ホットサンドメーカーとワッフルメーカーと1台2役で活躍させることができます。

交換プレートでワッフルメーカーを選ぶのもアリです。

鉄板の形状と溝の深さ

ワッフルは、スポンジのようにフワフワとしたもから、パンのようにもちもちしたもの、クッキーのようにカリっとしたものまでさまざまなタイプがあります。

大きく分けると長方形でフワフワとしたブリュッセルタイプと丸型でカリっとしたリエージュタイプに分けることができます。

基本的には、どのワッフルメーカーでもブリュッセルタイプとリエージュタイプを焼くことができますが、硬い食感が特徴のリエージュタイプは溝が深い鉄板の方がうまく焼くことができます。

好みのワッフルを焼きやすい鉄板の形状と溝の深さを兼ね備えたワッフルメーカーを探しましょう。

柄の長さ

直火式ワッフルメーカーは、調理中に柄が熱くなってしまいやけどをすることもあります。

柄の長い製品なら火から離れて安全に調理できます。また柄が樹脂などで保護されている製品は熱を防ぐこともできます。

やけどしたくないなら柄の長いワッフルメーカーを使いましょう。

手入れのしやすさ

ワッフルメーカーは、鉄板にバターなどを塗って焼くためどうしても油汚れが増えます。そのため手入れのしやすさはワッフルメーカーを選ぶうえで重要です。

直火式のワッフルメーカーはそのまま洗えるため問題ありませんが、電気式のワッフルメーカーは本体と鉄板が一体型の製品は手入れが難しくなります。

プレートを取り外せる製品なら、本体から取り外して水洗いできるため非常に衛生的です。

プレートにフッ素樹脂加工が施されている製品なら、汚れも落としやすく手入れも簡単になります。

ワッフルメーカーはそれほど汚れるものではないですが、長年、清潔に使いたいならできるだけ手入れが簡単な製品を見つけましょう。

価格

ワッフルメーカーはそれほど高い料理家電ではなく、電気式ワッフルメーカーなら3000~1万円、直火式ならワッフルメーカーなら2000円~5000円で購入することができます。

ワッフルメーカーは値段に大きな開きがなく、性能や機能に応じた値段が付いています。そのため値段を重視するよりも、使いやすさや気に入ったものを選ぶことをオススメします。

直火式ワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキング

ここからは本格的なワッフルが焼ける直火式ワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

7位:杉山金属 アルプレッサ ワッフルメーカー KS-2348

杉山金属 アルプレッサ ワッフルメーカー KS-2348

IHクッキングヒーターに対応しているワッフルメーカーです。

直火はもちろんのことIH対応のため、コンロを選ばずワッフルを作ることができます。

素材にアルミニウム合金を使っているため本体が軽量で、女性や子どもも扱いやすくなっています。

またアルミ合金は熱伝導性にも優れているため素早く焼き上げることが可能。底板にはステンレスを使っているため軽量ながら頑丈です。

ステンレスとアルミ合金の二重構造になっているため、プレートにある空気層によって熱を均等に伝えて焼きムラを防ぐことができます。

内面はフッ素樹脂加工になっているため、焦げ付きにくくお手入れも簡単です。

軽くて使いやすく、フッ素加工で洗いやすいワッフルメーカーです。

口コミの評判

・直火でうまく焼けるか心配だったのですが、初回からもうまく焼く事が出来ました。時間もかからず、2-3分で焼きあがります。
・美味しかった。うまくいった!お菓子作りのプロと勘違いしそうになった。マネケンワッフル風に仕上がります。
・簡単にモッフルが作れます。切り餅をセットして焼いてアイスクリームをのせて蜂蜜醤油をかけると普通にカフェで出てくるような美味しいモッフルが!
・一枚で食パン1枚分くらいなのでたくさん食べたい人は複数回役必要があります。熱伝導はいいので2枚目以降はごく弱火で、あという間に火が通ります。

6位:ROME ローム OLD FASHIONED WAFFLE IRON

ROME ローム OLD FASHIONED WAFFLE IRON

キャンプでも使えるしっかりとした伝統的なワッフルクッカーです。

直径15.5㎝のワッフルを焼き上げることが可能。中央部分で4つの切れ目が入っているため、小さく切り分けることも簡単です。

鉄板で作られており、柄の部分には持ち手がないため、壊れる心配がなく長年使い続けることができます。

家庭で使いやすいとは言えない製品ですが、頑丈なため長年愛用したい人にオススメの製品。自分でワッフルメーカーを育てる楽しみも味わえます。

口コミの評判

・持ち手もかなり熱くなるため革袋必須です。また焦げ付きやすいので油やバターはお忘れなく!
・休日にこれでパンケーキを焼いています。工夫すると表裏に綺麗な凹凸に模様が付きます。カリカリに焼けてとても美味しいですよ!
・焼きあがったワッフルはカリカリで美味!こんなに美味しく焼けちゃったら電気のワッフルメーカー用無しになっちゃう。
・鋳鉄ですので出荷時に防錆ワックスが施されてます。お湯などでよく洗えば落ちるのでその後シーズニングを行いましょう。きちんとシーズニングしてやれば錆びないし引っ付かずに焼けます。

5位:タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590

タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590

深めの溝が特徴のワッフルメーカーです。

一度に2枚のワッフルを焼けるワッフルメーカー。内側にはフッ素樹脂加工が施されているため、焦げ付きにくく洗うのも簡単。

アルミニウムが使われており、底板にはステンレス鋼を採用。耐久性を上げつつ熱ムラを防ぐことができます。

IHクッキングヒーターに対応に対応しており、ガスの直火以外にも使えるため用途が増えます。

ハンドルも繁盛で、フェノール樹脂で持ち手が作られているため熱くなることもありません。

キレイな形のワッフルを簡単に焼くことができるワッフルメーカーです。

口コミの評判

・大満足です!くっつかずに綺麗に焼けます!チョコレート味のワッフルをよく焼きます。ワッフルシュガーを入れるととても美味しく焼けます。
・マーブルコーティングで焦げ付かないので らくちんです おいしくできましたよ。
・鋳物のような鉄製のテフロン加工ですが、それほど重く感じる事もなく使いやすいです。
・ワッフルメーカーによりワッフルの凹凸に個性がありますが、これは山が鋭角なほうでカリっとした焼き上がりにも向いています。焼き上がりの形で食感が変わるのでこの凹凸の形は重要だなぁと実感しました。

4位:和平フレイズ クローバーワッフルプレート グリドリッチ GR-6911

和平フレイズ クローバーワッフルプレート グリドリッチ GR-6911

四つ葉のクローバーのようなカワイイ形のワッフルが焼けるワッフルメーカーです。

中央部分に切れ目が入っており、簡単に4つに分割することが可能。分割するとハート型になるため、デザートを飾り付けるのにピッタリです。

熱が均一に伝わるアルミダイカスト製法で製造されており、内側はフッ素樹脂加工が施されているためくっつきにくくなっています。

ガスコンロ専用の製品のため、IHクッキングヒーターは使えません。

カワイイ形のワッフルを作りたい人にピッタリ。インスタ映えしそうなワッフルを自宅で簡単に焼けます。

口コミの評判

・ワッフルメーカーで四角は持ってたんですが、このクローバー型に引かれてついつい購入。切り離せばハート型。とにかく可愛い。その一点だけで十分価値があります。
・コレ、めっちゃ焼けるの早い‼️パッとクローバーに焼けてカリッとした凹みにシロップが染みて~もう~たまらん‼️4つに切ってハートにしたらもっと可愛くなって最高。
・家族みんながお気に入り。美味し~、可愛い~!ただ、何回も焼くので大変。
・ホットケーキの素で簡単に。子供たちが喜んで食べるのでキャンプの朝食で大活躍です。

3位:イタリア商事 ワッフル・トースター BW-03

イタリア商事 ワッフル・トースター BW-03

30年以上の歴史を誇る直火式のワッフルメーカーです。

重量が600g程度しかなく、他のワッフルメーカーに比べて軽くなっています。そのため扱いやすく、誰でも簡単にワッフルを焼けます。

アルミダイキャストが使われており、内部はフッ素樹脂加工が施されているため焦げ付きの心配もありません。

正方形の規則正しい凹凸が並んでおり、深い凹凸を作る形状となっているため食感の良いワッフルを焼き上げることができます。

キャンプにも使えるしっかりとした造りの製品。30年以上売れ続けているのには理由があります。

口コミの評判

・初めは加減が難しかったですが、慣れればなんのその。マスカルポーネチーズとハチミツで美味しくいただきました。これから色々アレンジしてみます。
・最初の1枚目は時間がかかりますが、2枚目からは、すぐに焼けます。12枚焼いて家族四人の昼飯になりました。
・もちろん最初の目的はワッフルでしたが、いまや我が家はモッフル三昧。切り餅をさっと水にくぐらせこちらの中へ。あっという間にモッフル。飲み込むちからの落ちた老人、またお子にもおすすめです。
・買って大正解!簡単で綺麗に焼けます。使用後の洗いも楽々です。

2位:ヨシカワ あつあつワッフルメーカー SJ2275

ヨシカワ あつあつワッフルメーカー SJ2275

コストパフォーマンスに優れたワッフルメーカーです。

直火専用の製品でIHには対応していません。

アルミニウム合金の本体はフッ素樹脂加工になっており、調理中に焦げ付きはもちろん、洗うときにも汚れが落ちやすくなっています。

柄の長さがあるため安全に取り扱うことができ、ロック機能があるためしっかりとワッフルを挟み込んで焼くことができます。

大きさがあるため長方形のワッフルから円形のワッフルまで思い通りのサイズのワッフルを焼くことができます。

1500円前後という低価格で購入することができるワッフルメーカー。値段が安いため、試しにワッフルメーカーを買ってみたい人にピッタリです。

口コミの評判

・ワッフルメーカーはとても使いやすかったです。油を塗ったりすることもなくて楽でした。
・凄くシンプルな作りですが、機能としては十分。ワッフル作るのが楽しくなります。
・熱伝達も良く、とてもよい焼け具合でした。出来上がりもカリカリふわふわになり、トッピングがいらないぐらいでした。
・初心者でもまったく焦げ付かず、すごくキレイに焼くことができました。ポコポコの穴が空いているだけで、なぜこんなに美味しくなるんでしょう?

1位:パール金属 簡単! おもち サンド トースター D-80

パール金属 簡単! おもち サンド トースター D-80

パール金属のガス火専用のワッフルメーカーです。

一度に2枚のワッフルを焼くことができるワッフルメーカーで、重量1㎏と軽量のため扱いやすくなっています。

本体にはアルミニウム合金が採用されており熱伝導に優れています。内側にはフッ素樹脂加工が施されているため、無駄に油を使わず焼くことができ焦げ付く心配もありません。

凹凸の形状によって外はカリカリ、中はモッチリとしたワッフルを焼くことができます。またお餅を焼いてモッフルにすることもできます。

シンプルな構造で使いやすく、値段も2000円前後と低価格なワッフルメーカー。大きさと重さのバランスもよく、こだわりがないならこのワッフルメーカーを選びましょう。

口コミの評判

・コンパクトで、いつでも使えて便利です。電熱式の某有名メーカーさんのものは、生地がはみ出したりしたら掃除が大変!その点、この商品は手入れがしやすい造形です。満足しています。
・綺麗に焼けてこびり付きも少なくて、綺麗に焼けますよ。多少焦がしてしまったりしてもスポンジで軽く擦ればキレイになります。
・使いやすく、焼いた後のメンテも楽にできます。少々重いですがお子様とワッフル作りとかでも使用できると思います。
・これ1つで、ワッフルもモッフルも作れる。テフロンなので、こびりつきにくく、ポンッと取れる。特にモッフルは素晴らしい。最高に美味しい。

電気式ワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキング

ここからは誰でも失敗なく使えて他の料理も作れる電気式ワッフルメーカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

7位:新津興器 ホームスワン ホットサンドメーカー SHS-40

新津興器 ホームスワン ホットサンドメーカー SHS-40

3つのプレートが付属したたい焼きまで作れるワッフルメーカーです。

ホットサンドプレート、ワッフルプレート、たい焼きプレートが付属しており、取り外して丸洗いできるため非常に衛生的です。

またプレートはフッ素樹脂加工が施されているため、焦げ付きを防止することができます。

650Wの火力があるため、ワッフルを短時間で焼き上げることが可能。材料を挟めば、あとは焼けるのを待つだけです。

3つのプレートが付いているさまざまな料理が作れるワッフルメーカー。シンプルな使いやすさが光ります。

口コミの評判

・着脱式のプレートなのでとても使いやすいです。土日のお昼ごはんに愛用してます。
・替えのプレート付きで、プレート外せてこのお値段は、お買い得!!
・タイマー他、特別な機能はなくシンプルな機器ですがワッフルなど上手く作れます。価格もお手頃で満足しています。
・鯛焼きをホットケーキの素で作ってみましたが、ふっくらしていて子供たちに喜んでもらいました。機械は温度設定などないですが、絶妙な温度加減で上手に焼けました。

6位:ビタントニオ ワッフル & ホットサンドベーカー VWH-31

ビタントニオ ワッフル & ホットサンドベーカー VWH-31

人気のビタントニオのワッフルメーカーです。

こちらはワッフルとホットサンドが作れる替えプレートが付属している製品。ワッフルプレート、スクエアホットサンドプレート、パニーニプレートが付いているため、バリエーション豊富なホットサンドが作れます。

最大の特徴は火力で、900Wと高火力なため本格的なワッフルを焼くことが可能。電気式ながら直火式に負けない仕上がりとなります。

深型のプレートのため、外はサクサク、中はふっくらとしたワッフルを焼くことができます。ホットケーキミックスでも手軽に作ることができます。

多様なプレートが別売りされているため、プレートを揃えればたい焼きやドーナツも作ることができます。

ホットサンドもワッフルも1台で思いのままに作ることができる人気のワッフルメーカーです。

口コミの評判

・プレート交換も楽チン! 二枚同時に焼けるのが気に入ってます。
・ピンクで可愛いしすぐあたたまるのでとても使いやすいです。パニーニのてっぱんも付いてるのでおしゃれな朝食がつくれます。
・早速ワッフルを作ってみました。美味しくできました。
・プレートが外せて洗えるところが気に入っています。簡単なので小学生の子どももよく使っています。ただ、焼き加減は自己判断なので確認しながら焼いています。

5位:山善 マルチサンドメーカー YHS-X700-2N

山善 マルチサンドメーカー YHS-X700-2N

山善のマルチサンドメーカー。別売りのワッフルプレートを購入すればワッフルを焼くことができます。

700Wと高火力で、しっかりとワッフルを焼くことが可能。プレートは付け替えることができ、ホットサンドプレートやたい焼きプレートを使えばさまざまな料理を楽しめます。

焼き面が降るオープンになるため、食材を入れるときに非常に便利。パイロットランプで余熱や焼き上がりを知らせてくれるため、子どもでも使うことができます。

プレートが着脱式のため取り外して洗うことができ衛生的です。また自立して縦置きできるため収納の際にも便利です。

別売りのワッフルプレートを購入する必要がありますが、ワッフル以外にもプレートがあるためさまざまなプレートを集めていろんな料理を楽しむの良さそうです。

口コミの評判

・他のプレートも購入したので、使い勝手が色々で楽しく美味しく仕上がってます!これはオススメ出来ますよ!
・ワッフル生地も鯛焼き生地もホットケーキミックスでカンタンにできます!
・最近ではホットサンドよりたい焼きがメインになってしましました。
・家でたい焼きを食べるなんて、素敵。ワッフルプレートも注文しました。娘が楽しそうに作ってます。梅雨時期には良いんじゃないか?

4位:テスコム マルチホットサンドメーカー HSM530

テスコム マルチホットサンドメーカー HSM530

タイマー機能が付いているマルチホットサンドメーカーです。

付属プレートには、ホットサンドプレート、ワッフルプレート、スティックスイーツプレートがあり、取りはずして洗うことができるため衛生的です。

タイマー機能はダイヤル式で直観的に扱うことが可能。タイマーをセットすれば、一定時間が経過すると自動的に電源がオフになるため焼きすぎを防ぐことができます。

また電源がオフになるときにはベルが鳴って焼き上がりを知らせてくれます。つけっぱなしになることもないため安全です。

プレートはフッ素樹脂加工のため、焦げ付きにくく洗いやすくなっています。

独自のスティックスイーツプレートは、クッキーバーやスティックケーキを一度に8本焼くことができ、可愛いデザートを作るときにも役立ちます。

タイマー機能が搭載されているワッフルメーカーが欲しい人には最適な1台です。

口コミの評判

・ベルギーワッフルを何度も焼きました。5分で2個焼けます。こびりつくこともなく簡単で美味しそうな色に焼けました。お掃除も簡単です。
・タイマー付きなので朝の忙しい時にでも焦がすことなく重宝してます!
・チーズ・ハムをはさんでプレスしてます。時間設定があるので使いやすいですね。
・使いやすく、手入れもしやすいので、プレートが外れるものにして正解でした。

3位:レコルト ワッフルボールメーカー RWB

レコルト ワッフルボールメーカー RWB

ワッフルボウルを作れる製品。ワッフルをトッピングに使うときに最適です。

多くのワッフルメーカーは平らなワッフルしか作れませんが、このワッフルメーカーはボウル型のワッフルを焼くことができます。

そのまま食べることができるのはもちろん、中にアイスクリームやクリームを入れれば食べられる器として使うことができます。

サラダ、フルーツの、アイスクリームのトッピングに活用するユニークな使い方ができるワッフルメーカー。ワッフルボウルを作りたい人は、このワッフルメーカーしかありません。

口コミの評判

・ワッフル生地を使うカップができます。ほか、様々な生地でミニカップができます。お客用に使っています。
・この商品の面白いところはワッフルが器になるところと、汎用性が高いところ。型に流す生地の量で形も変わるし、ご飯をつかったワッフルも作れたりして楽しい!みんなで集まるときにあってもいいかも。
・とっても大活躍です!!!一家に一台!!お客様が来られた時の鉄板です!
・とても気に入りかなりの頻度で作っています。簡単でとても美味しく頂いてます。

2位:アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー IMS-703P

アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー IMS-703P

低価格で高性能なアイリスオーヤマのワッフルメーカーです。

ワッフル、ホットサンド、ドーナッツを1台で作ることができ、プレートを取り替えるだけで簡単に調理することができます。

700Wのしっかりとした火力でワッフルを焼き上げるため、外はサクッ、中はフワッとしたワッフルに仕上がります。自宅が一瞬でカフェに早変わりします。

プレートは取りはずして洗うことができるため衛生的。お手入れも簡単です。

本体はコンパクトな設計になっており、また立てて収納することができるためちょっとしたスペースに収めることが可能。収納のことまで考えられています。

この製品は3000円前後と非常に安く、電気式ワッフルメーカーとしては最安値といえる製品。しっかりとした性能でありながら値段が非常に安いため、試しにワッフルメーカーを使ってみたい人や予算を抑えたい人に最適な1台です。

口コミの評判

・このお値段でプレート取り外し可能なものはなかなか見つからないので、とても良いです。
・何度か使いましたが、ホットサンドもワッフルも簡単に出来ました。プレートは外して洗えるので、手入れが楽です。
・プレートが4枚ついて、このお値段。綺麗に焼きあがるので、楽しいです。おススメできます!
・ホットサンドが自宅でも食べたくて購入しました。ホットサンドはもちろんおいしくできましたが、ワッフルが手軽でおいしくて、家族にも好評でした!!

1位:ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

ビタントニオの大好評を得ているワッフルメーカーです。

ワッフルとホットサンドが作れる兼用機で、プレートを取り替えることでワッフルメーカーとしてもホットサンドメーカーとしても使えます。

プレートはフッ素樹脂加工が施されているためお手入れが簡単。取り外して洗うこともできます。

高温設計と900Wの高火力で焼き上げられたワッフルは外はサクサク、中はフワフワの仕上がりとなります。ビタントニオ独自設計の厚みのあるプレートで蓄熱効果が高く、連続で焼くこともできます。

直火並みの高火力でおいしいワッフルを焼き上げることができるワッフルメーカー。味重視で本当においしいワッフルを求めるなら迷わずこのワッフルメーカーを選びましょう。

口コミの評判

・おからパウダーワッフル作りのために購入しました。小麦粉や砂糖を使わない亜流の用途ですが、仕上がり申し分無く、毎回美味しく作れています。
・使いやすいし、プレートを外せて手入れも簡単です。
・使い勝手はいい。余熱も早く焼き上がりも早く均一。コードを収納できないのが不便。
・評判通り、ワッフルは、表面カリカリ中しっとり、短時間で出来上がります。ホットサンドも、キャベツ千切りたっぷり、ハムと挟めば、甘みもありジューシーな出来上がり。手入れしやすく、忙しい我が家でも、週2、3回は出場する活躍選手になってます。

まとめ

おやつにも軽食にもピッタリなワッフル。自宅で作れれば、高いお金を払ってカフェで頼む必要もありません。

使い方も簡単なため、まだ本格的な料理が難しい子どもが料理を勉強するのにもピッタリ。おいしいワッフルを自分で作る体験ができれば、きっと料理好きになるに違いありません。

ワッフル以外にもホットサンドが作れる製品も多く、食パンを有効活用できていない家庭にもピッタリです。お餅をモッフルにすれば、お餅の概念も変わります。

買ってみれば思った以上にハマること間違いなしのワッフルメーカー。値段もそれほど高くないため、試しに買ってみてはいかがでしょうか。

ホットサンドメーカーについては以下を確認してください。

ホットサンドメーカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方や直火式・電気式も解説

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電, 調理器具 , , , , , , , , ,