800年前にヴァイキング技術で建設された北欧の木造教会が素晴らしい!!釘も接着剤も使わず!!

      2016/11/30

ヨーロッパは石の文化のため建築物も石で作られているイメージがありますが、ノルウェーには800年前に建設された木造の教会が存在しました。今回は、釘を1本も使わず800年前にヴァイキングの技術で建設された北欧の木造教会をご紹介します。

Sponsored Links

ノルウェーでは、西暦1000年ごろからキリスト教が普及し、教会が建設されるようになりました。田園地帯に建設された教会は800以上にも及び、その多くは釘や接着剤を使わず木材を組み合わせた木造建築でした。そのデザインも独特で、木製の柱を中心にして建てられた教会はヴァイキングの木工技術が応用されていました。

映像に登場する教会は、1180年から1250年にかけて建設された教会。約800年前に建設されていますが、接地面に石を積んで木材を使わないことで木材の腐敗を防ぎ、乾燥した気候によって800年建った現在でも当時の姿をとどめています。

映像を見ると、石壁に囲まれた教会は独特のデザインで、全てが木材で構成されています。800年という歴史を経たことで木材は真っ黒に変色しています。

建設当時、ヴァイキング文化は終焉を迎えていましたが、それでも北欧神話などの伝統は受け継がれていました。木造建築とした理由の中には、北欧神話に登場する命の木「ユグドラシル」への信仰が残っていたことを示しています。

古い木造建築物というと日本の寺院を想像しますが、北欧にも驚くような木造建築が存在していたようですね。日本の木造建築物は釘を使わないことで劣化を防いだため現代まで残りましたが、北欧の木造建築も同じようですね。場所も時代も異なりますが、職人が振り絞る知恵は同じようですね。

Sponsored Links

 - 建物探訪 , , , , ,