電気ポットのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 保温で電気代抑えてオシャレに節約

      2018/01/16

人気の電気ポット

いつでも温かいお湯を出すことができる電気ポット。最近では電気ケトルの台頭によって人気が落ちていますが、電気ケトルと違ってすぐにお湯を出すことができるのが最大の魅力であり寒い季節には大活躍します。

そこで今回は、いつでもお湯が使える生活を実現できる電気ポットのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。保温で電気代を抑えてオシャレに節約できる電気ポットを見つけましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

電気ポットとは?

昔からある電気ポットですが、電気ケトルとはどのように違うのでしょうか。まずは電気ポットについて知っておきましょう。

お湯を沸かせるポット

電気ポットとは、お湯を沸かすことができ、さらに保温機能が搭載されているポットのことです。

よく似ている製品に電気ケトルがありますが、その最大の違いは保温機能にあります。

電気ケトルややかんには保温機能が搭載されているため、お湯を沸かした後にはすぐに冷めてしまいます。また魔法瓶にお湯を移しても時間が経つと冷めてしまいそのままでは再加熱はできません。

電気ポットなら、お湯を沸かすことはもちろん保温してお湯のまま維持できるため、使いたいときにすぐにお湯を使える利便性があります。

多機能なのが電気ポット

電気ポットにはコンピュータが内蔵されている製品も多く、自動的にさまざまなことを行ってくれます。

お湯の再沸騰、カルキ抜き、一定温度での保温など、電気ケトルには不可能な機能を実現しています。

またそのほとんどの製品に電動ポンプが搭載されており、ボタンを押すだけでお湯を出すことができます。子どもやお年寄りなど力ない人も安全に快適にお湯を注ぐことができます。

電気ケトル以上に利便性が高いのが電気ポットです。

安全性も高い

電気ポットは安全性にも配慮された家電となっています。

誤作動を防ぐ給湯停止装置や転倒時に被害を抑えるためのマグネットプラグが採用されています。

熱湯を扱う電気ポットですが、昔から使われているだけあって創意工夫が施され安全性が高められています。

電気ポットの電気代

電気ポットの消費電力量は、製品の容量や使い方にもよりますが1年あたり500kW程度となっています。

これを電気代に換算すると年間1万円程度となります。

ただし電気ポットは1年を通して使うことは少なく、基本的には寒い時期にしか利用しません。そのため実際には、電気代は1万円以下になると考えられます。

また電気ポットに似ている電気ケトルは、1リットルのお湯を1回沸かすと約4円かかります。毎日2リットル、1年間にわたって使えば約3000円となります。

電気ポットと電気ケトルを比べればおそらく電気ポットの方が電気代はかかりますが、利便性については電気ポットに軍配が上がりそうです。

電気ポットの選び方のポイント

電気ポットを選ぶときには、どのようなポイントに気を配る必要があるのでしょうか。

性能

電気ポットを選ぶときに大切にしたいのが基本的な性能です。

電気ポットはお湯を沸かすことと保温しておくことが主な役割で、この部分がしっかりしている製品を選びたいとこです。

多機能であってもお湯を沸かすまでの時間が長かったりすぐにお湯が冷めてしまっては意味がありません。信頼性のある製品を選びましょう。

機能

最近の電気ポットには多様な機能が搭載されており、多機能な製品は使いやすくなっています。

お湯を少しずつ注ぐ機能、タイマー機能、省エネ機能、温度調節機能などが搭載されており、ただお湯を沸かして保温するだけでなく使う人のことまで考え抜かれた機能が取り揃えられています。

電気ポットは日常的に使うものであり、1日に何度も使うことを考えればちょっとした使い勝手の良さが使い心地を大きく左右します。

求める機能がある場合には、機能重視の製品選びをするのも悪くありません。

容量

電気ポットを選ぶうえで非常に重要なのが容量の違いです。

電気ポットには、2リットル~5リットルの製品があり、1リットル刻みで製品が展開されています。

あまり多すぎる容量では沸かしたお湯を使い切れないため電気代の無駄になり、逆に少なすぎる容量を選ぶとお湯が足りない事態に陥り何度も給水する手間がかかります。

1人~2人なら2リットルの容量でも十分ですが、3人~4人なら3リットル以上の容量がオススメ。それ以上になると、人数に合わせて大きな容量を選ぶようにしましょう。

電気ポットの容量の目安

2リットル:1人~2人
3リットル:2人~4人
4リットル:4人~5人
5リットル:6人以上

これはあくまで目安ですが、電気ポットの容量を選ぶときには参考にしましょう。

実際の使用状況や想定される使い方に合わせて調節してください。

デザイン

ダイニングルームやキッチン、さらには寝室などさまざまな場所に置かれることがある電気ポット。人の目に入りやすいこともありデザイン性も重要になります。

最近では、デザイン性を重視したオシャレな電気ポットも増えており、オシャレな製品を選びやすくなっています。

部屋の雰囲気を合うオシャレな電気ポットを見つけたなら、性能や機能を度外視してデザインで決めるのもアリです。

静音性

性能や機能ばかりに目が向かい忘れてしまいがちなのが静音性です。

グツグツとお湯が煮える音は以外に大きく、人がいる場所で使うものであるため音が気になることもあります。

保温性に優れた製品は、熱と同時に音も遮断する効果が高く静音性に優れています。

電気ポットの表記には音の項目がないため判断は難しいですが、口コミの評価や遮熱性の高さから静音性に優れている製品を見つけ出しましょう。

価格

電気ポットは機能や容量によって値段が異なり、5000円~2万円程度で購入することができます。

製造メーカーが少ないこともあり、ほかの電化製品と異なり価格の幅がそれほど大きくありません。

そのため値段よりも使い勝手の良さや自分に合った容量を優先して選ぶことをオススメします。

2リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキング

ここからは単身者にも使いやすい2リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、デザイン、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

5位:パナソニック マイコン沸騰ジャーポット 2.2L NC-BJ224-C

パナソニック マイコン沸騰ジャーポット 2.2L NC-BJ224-C

パナソニックの2.2リットルの電気ポットです。

高さがないため安定しており転びにくくなっています。

押し加減と押し時間に合わせて湯量が自動的に変わる仕組みとなっており、飲み物を入れるときには少ない湯量、ラーメンなどを作るときには多い湯量を選ぶことが可能。使い勝手がよくなっています。

高性能の真空断熱材「U-Vacua」を採用しており、高い断熱力を発揮して保温することができます。

8000円前後とお手頃価格で押し方で湯量が変えられるため非常に使いやすい電気ポット。コンパクトなため置き場にも困りません。

口コミの評価

・前に使っていた物が壊れたので、全く同じこれを購入。ちっちゃい所が良いんです。食器戸棚のお釜とかを置くところに収まります。
・余計な機能は要らなかったので満足です。最近はシンプル家電が無くて要らない機能が付いた商品が多いので、こちらは使いやすくて助かっています。
・コンパクトで、使いやすくて、気に入りました。見た目もシンプルです。
・沸騰させる時の音が静かです。沸く時の蒸気の湯気もほとんどでません。

4位:象印 電気ポット 2.2L CD-WU22-TM

象印 電気ポット 2.2L CD-WU22-TM

象印の安定感のある電気ポットです。

水を入れてスイッチを押すだけで簡単に使うことができます。軽く押すだけでお湯を出すことができます。

4段階の温度調節設定が可能で、98℃、90℃、80℃、70℃に設定可能。カップ麺からミルク作りまで幅広く対応しています。

またコーヒーを淹れるときなどお湯が飛び散らないように少量ずつ注ぐこともできるようになっており、温度と湯量の両方が自由自在です。

細かなところにも工夫があり、湯量が見やすい水量計で確認しやすかったり、広口で中が掃除しやすかったりするためお手入れや管理も楽チンです。

基本機能がしっかりと揃っている電気ポット。象印という安心感もあります。

口コミの評価

・沸騰させずに省エネ湯沸かしができるし、4段階の保温温度設定など使い勝手はよくなっています。温かい飲み物をよく口にする季節には活躍してくれるでしょう。
・水切れもよく要領もよく気に入っています。ドリップボタンがあり、コーヒー党の我が家にはピッタリ。
・オフィスで同じ製品があります。大体毎日体にいいお茶を作ります。水が一回も滴らない。大好きです!
・ワンカップごとの、コーヒーを、入れるドリップ機能は直ぐにロックがかからずに便利。

3位:タイガー魔法瓶 電気ポット 2.2L 保温とく子さん PIJ-A220-DS

タイガー魔法瓶 電気ポット 2.2L 保温とく子さん PIJ-A220-DS

タイガーのスタイリッシュで武骨なデザインが特徴的な電気ポットです。

じっくり給湯とスピード給湯の2種類の入れ方が可能で用途に合わせた湯量を選ぶことができます。

設定温度は4段階で、98℃、90℃、80℃、70℃から選ぶことができるため、温度調節を電気ポットだけでこなすことができます。

高真空二重魔法瓶となっているため、保温性が非常に優れています。電気代を節約することができます。また蒸気孔がない構造のため、蒸気で周囲が湿ることもなく熱を外に逃すこともありません。

デザインが独創的で、昔ながらの電気ポットと一線を画すスタイリッシュな製品。オシャレな電気ポットを探している人にオススメです。

口コミの評価

・スタイリッシュで、サイズもちょうど良かった。蒸気レスなので、置き場に悩まなかった。色が2色以外にあったらいいと思う。
・ダサいポットばかりしかなかったので困っていたのですが、デザイン的に変わったものが見つかり安くてよかったです。
・とてもおしゃれです。センスにこだわる方には本当にお薦めです。使い勝手もいいです。
・蒸気レスで音も静かだし、見た目も色もスタイリッシュでとても良いです。

2位:象印 電気ポット 2.2L CV-TY22-WA

象印 電気ポット 2.2L CV-TY22-WA

省エネモードを搭載している象印の電気ポットです。

魔法瓶の力と電気の力で賢く保温するハイブリッド保温を採用しており、真空断熱層と空気断熱層の2層によってしっかり熱を蓄えることができます。

また沸騰させずに設定温度までお湯を沸かすため無駄がありません。2時間操作しなければ自動的に保温に切り替わるため省エネ。70℃まで温度が下がるとそのままキープするため、使いたいときにはすぐにお湯を出せます。

使いやすさにもこだわっており、少しの湯量で注げるカフェドリップ給湯やお湯の残量が見やすいワイドウインドウを搭載しています。

見た目もシンプルでどんな部屋に置いても違和感のない電気ポット。これを選んでおけば失敗がありません。

口コミの評価

・二人用に、買い替えました。コンパクトで安定感があるのが良いです。
・背が低いので、上面が見えるポットを探して、小さめの本品にしました。操作ボタンが単純なので気に入っています。
・省エネ状態の70度から沸騰するまですぐなので、非常に重宝しています。
・操作しないと自動的に温度を下げて保温したり、沸騰温度を調整したりと至れり尽くせりの機能です。ポットとしても保温効果が高く単なる湯沸かし器と言うより、魔法瓶に湯沸かし機能が付いたようで使い勝手はとても素晴らしい。

1位:タイガー 魔法瓶マイコン 電気ポット 2.2L PDR-G221

タイガー 魔法瓶マイコン 電気ポット 2.2L PDR-G221

タイガー魔法瓶の大人気電気ポッド。シンプルでコストパフォーマンスに優れています。

無駄な機能がなく非常にシンプル。温度設定は3段階で98℃、90℃、70℃が用意されています。

6時間の節電タイマーが搭載されているためおり、外出時などには自動的に通電を止めます。また節約再沸騰機能も付いているため、再びお湯を温めることもできます。

蒸気量を1/3に抑えることに成功しており、蒸気が少ないためやけどの心配もありません。

手入れもしやすい設計のため衛生的に長く使うことができます。クエン酸洗浄機能もあるため、残ったカルキも溶かすことができます。

6000円前後という低価格でコストパフォーマンスに優れている1台。価格を重視するならこれで決まりです。

口コミの評価

・あまりこだわらない人はこれで十分かと思います。なんだかんだで値段以上の活躍をしています。
・機能はシンプルですが、毎日使うアイテムとしてとても重宝しています。
・毎日重宝に使っています。お湯がすぐ使えるのでお茶やホットの飲み物に使っています。
・お安くシンプルで使いやすい。以前使っていたものとボタン位置が違って最初押し間違えたりしましたが、すぐ慣れました。口も大きいので水の補充もしやすく、残量メモリも幅が広くて見やすいです。

3リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキング

ここからは子どもいる家庭でも十分な3リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、デザイン、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

3位:タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット 3L PDR-G301

タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット 3L PDR-G301

タイガーのコストパフォーマンス抜群の電気ポットです。

機能は非常にシンプルで無駄がありません。温度調節機能は3段階で98℃、90℃、70℃に設定可能です。

また蒸気量を抑える構造となっているため湯気が少なく安全。手入れをしやすい設計になっており、クエン酸洗浄もできるため衛生的です。安心で安全に利用できます。

空焚き探知機能があるため、空焚きを防止して自動的に通電を切ります。

必要となる機能は一通り揃えられている電気ポットで、価格は7000円前後と非常にお手頃。リピーターも多い人気の電気ポットで、できるだけ安い電気ポットを求めているならこれ以外にありません。

口コミの評価

・赤ん坊にミルクをあげるために購入。沸き上がりで音も鳴らない、最小限の性能ですが、70度保温がかなり助かってます。お湯を沸かす、保温する機能だけ欲しい人はオススメかも。
・無駄が一切なく、水を入れて湯が沸く。ロック解除してお湯が自動で入る。何も言うことはありません。老人の必需品です。
・冬は寝る前に二人分の湯たんぽ作るからこれぐらいの容量がないとダメ。
・単純な操作で お湯が湧き、とても使いやすいので リピート商品です。

2位:タイガー魔法瓶 電気ポット 3L バーミリオン 保温とく子さん PIJ-A300-DS

タイガー魔法瓶 電気ポット 3L バーミリオン 保温とく子さん PIJ-A300-DS

タイガーの斬新なデザインの電気ポットです。

2段階の給油量を選ぶことができ、用途に合わせてお湯の量を変えることが可能。調理に利用するときには大湯量で素早く、カップに注ぐときには少湯量で飛び跳ねを防ぎます。

お湯の温度は、98℃、90℃、80℃、70℃の4段階に設定できるため、使用状況に応じて変えることができます。

保温性に優れた魔法瓶構造によって熱を逃さず温度をキープ。電気代を節約することができます。

デザイン性に優れたオシャレな電気ポット。これ以上斬新な電気ポットは他にありません。

口コミの評価

・蒸気が出ないのは、大変助かってます。食器棚の上がべちゃべちゃになりません。
・見た目がお洒落なので良い!注ぎ口が少し分かりにくいがお洒落なものにそれを求めてはいけません。
・とても使いやすく、蒸気が出ないので棚に置いても問題なくお勧めです。
・使い方もわかりやすく、色やデザインも気に入っています。買って良かったです。

1位:タイガー魔法瓶 電気ポット 3L バーミリオン 保温とく子さん PIG-S300

タイガー魔法瓶 電気ポット 3L バーミリオン 保温とく子さん PIG-S300

タイガーの昔ながらの信頼性のある電気ポットです。

高性能、高機能な電気ポットで多種多様な機能を取り揃えています。

蒸気が出ない安心安全設計で結露の心配もありません。また操作パネルは左右どちらでも給湯できるワイドレバーとなっており、通電時はレバーを押すだけで湯を出すことができ、電気のないところではエアー給油ができる優れものです。

高真空二重瓶を採用しており、熱を逃さず保温。通電しなくても温度を一定時間保つことができます。

操作パネルは分かりやすく、オレンジクリア液晶で操作の状況もよく分かります。

安心安全の機能を詰め込んだ電気ポット。値段はそこそこしますが、しっかりした構造と多機能を考えればきっと満足することができます。

口コミの評価

・一旦沸かし中身を熱湯消毒し、中身を捨て、沸かし直してお茶を入れましたが、カルキ臭は感じられませんでした。沸かしているときも、さほど気になる様な音ではなく気に入りました。
・実家で使っていたんですが、とても良かったので、家を建てたのですが、すぐに買いました。お湯を出す時、力がいらなく出しやすい。
・保温機能がとてもハイレベルですが、我が家のお湯の使用量が多いため次々とお湯を沸かしています。コンセントなしでもいわゆるマホービン構造で蓋押しでの給湯も可能なのがとてもうれしいです。
・今まで使っていた同様の物が壊れて、とく子さんの新しいのに買い替えです。ボタンも前のより押しやすいし、手押しポンプも付いているのでとても使いやすいです。

4リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキング

ここからは大家族にも対応できる4リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、デザイン、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

3位:象印 電動ポット 4.0L CD-WU40-TM

象印 電動ポット 4.0L CD-WU40-TM

価格と機能を両立している電気ポットです。

鋼板ボディを採用しており堅牢性に優れています。また電動給湯のため、軽くスイッチを押すだけで簡単にお湯を出すことができます。

温度設定は4段階で、98℃、90℃、80℃、70℃から選ぶことが可能。使用目的に合った温度設定にすることができます。

トリプルセーブ湯沸しを採用しており、沸騰させることなく設定した温度にお湯を温めるため湯沸し時間、消費電力、蒸気の発生を抑えることができます。

使いやすさや衛生面をしっかりと考慮した構造となっており電気ポット。値段もお手頃なのでお買い得です。

口コミの評価

・我が家では浄水器を使っているので、カルキ抜き等の必要は有りませんので、セーブ機能を使うと沸騰しなくて済みます。経済的です。
・ドリップコーヒー向けのポタポタ機能は便利です。保温の温水はにおいは感じません、お茶もコーヒーもおいしいです。
・一般的な機能。使用に問題無し。容量でコチラを選択。毎日使うので飽きない形、色。
・温度指定の保温の機能のものが欲しかったので、とても重宝してます。

2位:タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット 4L PDR-G401

タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット 4L PDR-G401

低価格が魅力的な電気ポットです。

98℃、90℃、70℃の3段階で温度設定が可能。再沸騰機能やタイマー機能といった欲しい機能もしっかりあります。

操作部がシンプルならめ見やすく使いやすくなっています。蒸気量を抑える設計となっているためやけどや結露の心配もありません。

中まで手入れしやすい構造になっており、内容器は手入れに便利なフッ素加工。汚れが落としやすくなっています。

保温性が高く湯量も多いため、災害時など電気が使えなくなっても残ったお湯でしのぐことが可能。いざというときにも安心です。

同シリーズのほかの容量と同じように圧倒的なコストパフォーマンスが魅力となっている製品。4リットル容量で8000円前後という価格設定はまさに破格です。

口コミの評価

・たっぷり入って、面倒な水入れが1日一回になりました!使いたい時の残念…が解消されました。
・色々探しましたが、こちらの電気ポットが一番安価で日本製で安心して購入しました。
・4Lあると非常に重宝しますね。お手入れも簡単です。買ってよかったと思います。
・信頼できるメーカーでもあり、安価で実用的であることに大変満足しています。

1位:象印 電気ポット 4.0L CV-DN40-TA

象印 電気ポット 4.0L CV-DN40-TA

象印の高性能なハイブリッド保温が可能な電気ポットです。

最大の特長は電気代を抑えるハイブリッド保温。電気で温めて魔法瓶で保温することで電気代を抑えることができます。

さらに省エネモードを搭載しており、2時間の操作がないと自動的に通電を停止。使うときだけしっかり温めることで電気代を抑えます。

98℃、90℃、80℃、70℃、まほうびんの5段階に温度を設定することができるため、細かく温度を調節することが可能。使い勝手が向上しています。

パノラマウインドウと赤玉水量計でお湯の残量が一目瞭然。お湯の管理が容易になります。口が広いためお手入れも簡単で、空焚き防止機能など安全面にも配慮されています。

静音性にも優れており、使っていても音が気になることがありません。

充実した性能と機能を兼ね備えている電気ポット。使いやすさを一番に重視するならこの電気ポットにしましょう。

口コミの評価

・省エネですし、我が家の使用量に合っています。3リットルから4リットルに変えて、一日一回の湯沸かしですみます。
・すっきりしたデザインで、機能に不満はありません。たっぷり沸かせて非常によいです。
・機能が充実しており容量も丁度良かったです。
・値段は安いのに意外と高級感があります。大家族なのでこのサイズが重宝します。
・沸騰音がかなり静かで驚きました。

5リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキング

ここからはお湯の心配が必要なくなる5リットルの電気ポットのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、デザイン、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

3位:タイガー マイコン電気ポット 5L PDN-A500-CU

タイガー マイコン電気ポット 5L PDN-A500-CU

タイガーの大容量電気ポット。強力なパワーで一気にお湯を作り出します。

大容量ながらコンパクトなサイズ感を実現しており、置き場に困ることがありません。

大型の給湯キーを中央部に配置しており、誰でも簡単に使うことが可能。5リットル容量の電気ポットは、さまざまな人が使う場面で利用されることがほとんどですが、誰でも簡単に使えるため失敗がありません。

操作部も簡潔になっており、沸騰までの時間も表示されるためお湯がどの程度の時間で作れるのか一目瞭然です。

98℃、90℃、70℃の3段階温度調節が可能で、用途に応じて温度を変えることができます。

内容器はフッ素加工が施されており、クエン酸洗浄にも対応しているため衛生的に保つことができます。

使い勝手の良さで多くの人を満足させることができる電気ポットです。

口コミの評価

・事務所10人前後用に購入しました。とにかく大容量のポットが欲しくて探しました。皆さん大満足です。
・シンプルな機能と大容量で使いが手抜群!!また買い替えの時は、これを選ぶでしょう。
・大容量が欲しくて選びました。沸騰までの時間表示やお知らせブザーなど、作業しながらお茶の準備もできて、また、カルキ抜きなので おいしい飲み物が作れてます。
・5Lは、なかなか探しずらいのですが事務所用としては、重宝しております。

2位:タイガー魔法瓶 電気ポット 5L 保温とく子さん PIE-A500

タイガー魔法瓶 電気ポット 5L 保温とく子さん PIE-A500

タイガーの高機能な電気ポット。大容量を実現している数少ない電気ポットです。

蒸気が出ない仕組みを採用しているため、湯気が上がらず安全。湿度管理もできます。

自動ロック電動給湯で、しばらく給湯キーを押さないと自動的にロックされるため安心。また傾いてもお湯がこぼれにくい構造となっているため転倒させたときにも安心です。

大容量の電気ポットはさまざまな人が使う機会が多くありますが、安全性に配慮されている製品のため安心して利用できます。

口コミの評価

・見た目も機能もシンプルで汚れも目立ちません。使いやすいと思います。
・とてもシンプルで気にいっています。大人数を相手にするときに活躍しています。
・保温性も良く蒸気が出ないので火傷の心配があまりない。容量もたくさん入るのも良い。機能が少ないが操作が簡単な為誰でも使えるところが良い。
・デザイン、使い勝手、電気代の安さに加え、沸騰時の湯気が上部に出ないのでカウンターにも安心して置ける。

1位:象印 電気ポット 5.0L CD-PB50-HA

象印 電気ポット 5.0L CD-PB50-HA

象印の使いやすくて分かりやすい電気ポットです。

デジタル表示の画面は見やすく操作部も大きなボタンで分かりやすくなっています。

水量を確認しやすいパノラマウィンドウと赤玉水量計を搭載しており、さらにお湯が少なくなると音で知らせる給水お知らせブザーを搭載。お湯切れを防ぐために大容量の電気ポットを選ぶことが多いですが、お湯の量が分かりやすいためお湯切れの心配がありません。

お湯をゆっくりと少量ずつ注げるカフェドリップ給湯を搭載しているため、周囲にお湯を飛び散らせる心配もありません。

広口容器のため掃除やお手入れも簡単。タイマー機能は5段階の時間設定が可能で、5時間~10時間を1時間刻みで設定することができます。

充実の機能によって使いやすさを実現している電気ポット。値段も安いためオススメできる一品です。

口コミの評価

・もう長いこと使ってるが、安定して使えてる。5リットルってのも良い。
・安心メーカーですし、この価格で大容量サイズはここでしか手に入らないでしょう。何より給水ブザー付きが良い。家族が給水せず足りない事が多々あったのでブザーあれば給水忘れ無くなるはず。
・大容量です。入れるのは大変ですが、しばらくもつのでコスパもいいと思います。
・うちは3人家族の割にポットのお湯をたくさん使います。5リットルって職場並みです‼︎コーヒーやお茶は、もちろんですが、急いでるいる時のお料理の下ごしらえなどにも重宝してます。

まとめ

電気ポットは安全性の高い製品を選ぶことが大切ですが、象印やタイガーといった日本メーカーなら信頼性が高いため安心です。

幅広い容量の製品が販売されていますが、使い方に応じて選ぶことでお湯を沸かす時間を節約できる快適な生活を送ることができます。

電気ケトルも便利で使いやすいですが、電気ポットの「いつでもお湯が使える状況」を体験してしまうと電気ケトルには戻れなくなってしまうこと間違いありません。

電気ポットに似ている電気ケトルについては以下の記事を参照してください。

電気ケトルのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 オシャレに早く安く電気代を抑えよう

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , ,