餅つき機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 正月のお餅はおうちで作ろう

      2018/01/16

人気の餅つき機

つきたてのお餅はおいしいですが、家で餅つきをするとなると大変。しかし最近では、自宅でも簡単にお餅を作れる餅つき機が登場しています。

そこで今回は、お正月のお餅つきにもピッタリな餅つき機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。おいしいお餅を自宅で作ってみましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

餅つき機とは?

使ってみないとはその良さが分かりにくい餅つき機。まずは餅つき機について知っておきましょう。

餅つき機の仕組み

お餅を作るためには、もち米を蒸す、もち米をつく、もち米をこねるという3つの工程が必要になります。

この3つの工程を同時にこなしてくれるのが餅つき機です。

ただし中には、蒸す機能に対応しておらず、こねる機能とつく機能に特化した餅つき機もあります。

蒸す機能がない餅つき機に関しては、別途にもち米を蒸してからお餅を作るようにしましょう。

お餅以外も作れる

餅つき機はもち米を蒸す、もち米をつく、もち米をこねるという3つの工程が可能なため、この技術を応用してパンを焼ける製品もあり、ホームベーカリーとして代用することができるものもあります。

お餅だけのために餅つき機を購入するのはハードルが高いですが、お餅以外の料理が作れれば餅つき機の使用頻度も上がります。

パン以外にもうどん、パスタ、味噌などに対応している製品もあるため、お餅以外にもいろんな料理に挑戦してみたい人は汎用性の高い製品を選びましょう。

餅つき機の使い方

餅つき機が欲しくても使い方が分からず踏み出せない人も少なくありません。餅つき機は買ったものの、使い方が面倒で使わずじまいになってしまうことを懸念しているのではないでしょうか。

しかし心配は無用。餅つき機はとても簡単に使うことができます。

使い方は簡単で、研いで6時間以上水に浸したもち米を餅つき機にセットして、餅つき機に水を入れるだけで下準備は完了。あとはボタン1つで自動的にもち米が蒸しあがります。

もち米が蒸しあがった後は、もち米をつくボタンを押すだけでお餅が完成。力も技も不要で、誰でも簡単にお餅を作ることができます。

餅つき機がどのようにお餅を作るのかが分かれば、すぐにでも使いたくなってきます。

餅つき機が作れるお餅の量の目安

餅つき機には容量があり、一度に作れるお餅の量が決まっています。

容量は「升」を単位としており、1升は10合となっています。

1人前の目安は1合=0.1升であり、これは市販の切り餅4個分程度となります。

お餅を作るときはもちろんのこと、餅つき機を購入するときには餅つき機が作れるお餅の量の目安を参考しましょう。

餅つき機の選び方のポイント

餅つき機を購入するときには、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。餅つき機の選び方のポイントを知っておきましょう。

性能と機能

餅つき機は、基本的にもち米を蒸す、もち米をつく、もち米をこねる機能を搭載しています。この3つの機能がしっかりしている製品を選ぶようにしましょう。

蒸す機能を搭載していない餅つき機もありますが、別途にもち米を蒸す手間が必要になるためオススメできません。

餅つき機の中には、基本機能以外にも発酵機能を搭載している製品もあります。発酵機能があればパンを焼くことができます。

その他にも自動的にイーストを投入する機能や予約タイマー機能など、使い勝手を良くする機能が搭載されている製品もあります。

基本的な性能に加えてユニークな使い方ができる機能にも目を向けておきましょう。

容量

餅つき機には、最小容量と最大容量が決められています。

お餅の1人前の目安は1合=0.1升のため、この目安を参考にして一度にどの程度の量のお餅を作るのかを考えましょう。

日常的に使うなら容量が少ない製品でも問題ありませんが、イベントなどで大量のお餅が必要なら大容量の製品が必要になります。

最小容量と最大容量は作りたいお餅の量に合わせて選ぶようにしましょう。

サイズ

本体の容量と同じくらい重要なのが餅つき機のサイズです。

最近では、コンパクトなサイズの製品も登場しており場所を取らずに設置できる製品もあります。

また形状も横型のものと縦型のものがあり、設置場所や収納に合わせて選ぶことができるようになっています。

使いやすさ

多くの餅つき機が全自動でお餅を作ることができるようになっています。

全自動でお餅が作れる餅つき機なら、使い方も簡単で手間をかけずお餅を作ることができます。

また機能が複雑すぎると使いにくくなってしまうため、機能をそれほど必要としない人はシンプルな機能の製品を選ぶと良いでしょう。

その他、餅つき機にお米がくっつきにくいものや後片付けがしやすそうなものを見極めることが使いやすい餅つき機につながります。

汎用性

餅つき機の中には、パンが焼けたり味噌が作れたりと汎用性の高い製品があります。

お餅以外の料理が作れる汎用性の高い餅つき機を選べば、いろんな料理に挑戦できるだけでなく日常的に餅つき機を使うことができるようになります。

お餅を食べる機会はそれほど多くはないため、汎用性の高い餅つき機を選んでフルに餅つき機を使えるようにしましょう。

価格

餅つき機の価格帯は5000円~4万円程度となっています。

餅つき機の性能、機能、容量によって値段は大きく異なります。

餅つき機は性能や機能によって作れるお餅やパンの仕上がりが大きく変わります。そのため値段よりも性能や機能が高く使いやすい餅つき機を選ぶようにしましょう。

餅つき機のオススメ人気比較ランキング

ここからはお正月にも大活躍する餅つき機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。餅つき機の性能、機能、容量、使いやすさ、汎用性、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

9位:シロカ ホームベーカリー SHB-712

シロカ ホームベーカリー SHB-712

シロカのホームベーカリーで、パンはもちろんのことソバやお餅まで作れる優れものです。

2合~4合のお餅を作ることができます。パン以外にも全29種類のメニューが搭載されており、フレッシュチーズ、ソバ、ライ麦パン、パスタ生地、ジャムなども作れます。

デザインがシンプルでコンパクトなため置き場所を選びません。汎用性が非常に高い製品のため、メニューを変えて毎日料理に利用することができます。

お餅専用ではない製品ですが、汎用性に優れているのがポイントです。高機能ながら価格も1万円前後でお手頃価格となっています。

口コミの評価

・最高4合までとはいえ、家族分なら十分だし、1時間15分でつけてしまうから炊飯時間と大差ないし餅つき機を買うよりずっと楽しく使えます。
・つきたてはもちろん、保存して焼いて食べても市販の切り餅よりずっと美味しかったです。
・パンだけでなく、ヨーグルト、餅、うどん、パスタと活躍しています。

8位:パナソニック ホームベーカリー GOPAN(ゴパン) SD-RBM1001

パナソニック ホームベーカリー GOPAN(ゴパン) SD-RBM1001

パナソニックのホームベーカーリー「ゴパン」。お米パンが作れる製品です。

もちろんお餅を作ることができ、1時間でお餅を仕上げることができます。

パンを重視している製品のため、お餅だけを作るために選ぶことはオススメしません。

さまざまな種類のパンを作ることができ、さらにレーズンやナッツを自動投入できるため、アレンジの幅を広げることができます。

お米を使ったパンが作れる珍しいホームベーカリー。普段はパンを作り、お餅も作るという人にはピッタリです。

口コミの評価

・通常の小麦パンを作ってみました。今まで食べていた市販のパンは何だったのか?と思うくらい美味しいです。小麦パンでも充分すぎるくらいのモチモチ感です!もう市販のパンには戻れないですね。
・ゴパンの名前から、米、米粉のパンのイメージが強いですが、当然ながら小麦のパンも立派にできます。さらに、おもちも出来ます。
・常備の白米や玄米からパンが焼けるのが面白い。
・お米からパンが焼けてとてもおいしく焼けます。お米からなのでもっと音がするのかと思っていましたがほとんど気にならないです。

7位:タイガー IHホームベーカリー やきたて KBX-A100

タイガー IHホームベーカリー やきたて KBX-A100

タイガーのホームベーカリーで、パン以外にもお餅を作ることができます。

徹底した温度管理を実現するIHシステムを搭載しており、温度を上げることなくこね上げることが可能。パンもお餅もしっかりと作ります。

パンを重視した構造となっており、しっかりとパンを焼き上げることができます。

専用の角食パンケースが付属しており、角食パンを焼き上げることができます。

お餅だけでなくパンを焼くことができる高性能のホームベーカリーです。

口コミの評価

・パンが簡単に作れていいですね。とても、満足しています。
・美味しく焼けます。操作も簡単でいろんなパン作りに挑戦しようと思ってます。
・あこがれの焼きたてパンがセットするだけで作れるなんて感動です。パリふわでうまいです。毎日焼いてます!
・一日おきに焼き立てパンを作っています。単独での操作も簡単にできますし、焼き上がりがとてもよいです。

6位:パナソニック ホームベーカリー SD-BMT2000

パナソニック ホームベーカリー SD-BMT2000

大容量のホームベーカリー。パンは2斤、お餅は1升作ることができます。

イースト自動投入や室温に応じた製パンプログラムを搭載しており、いつでもふっくらしたパンの焼き上げを実現。

また時短機能もあり、80分でパンを焼き上げることができます。

多彩なパンだけでなくお餅にも対応しており、最大1升のお餅を作ることができるためお正月などのイベントには重宝します。

タイマー付きでパンを毎朝手軽に焼くことができるため非常に汎用性の高い製品です。

口コミの評価

・主には餅づくりのために購入しましたが、パンに餅に非常に重宝しています。
・こんなにおいしいの?というくらいのお餅ができまます。
・パンの出来上がり時間が短くなり、待ったなくってもよいことがすごく気に入った。餅米を使用して簡単に餅も作られて、また簡単なレシピーがあり助かりました。
・とても使いやすく、心配していた音も気になりません!いろんなパンの応用もできるので、とてもいい買い物でした!

5位:パナソニック ホームベーカリー SD-BMT1001

パナソニック ホームベーカリー SD-BMT1001

パナソニックのホームベーカリーで、パンからお餅、さらにはスイーツまで対応しています。

インバーターモーターの高速ねり技術によって、しっかりと生地を練り上げることが可能。もち米も練り上げておいしいお餅に仕上げます。

時短ニーズに応えており、60分パンコースを搭載。短時間で甘みのあるパンを作ることができます。

粗混ぜ機能を搭載しているため、柔らかい具材を混ぜ合わせることも可能。ベーコンやチーズの入ったパンを作ることもできます。

さまざまなパンを作りつつお餅も作りたい人に最適な製品です。

口コミの評価

・材料をいれてスタートするだけなので簡単に作ることができました。毎日食べてますが、全然飽きないです。
・初めて購入したホームベーカリーですが、とっても美味しいパンが焼けて満足です。クルミやシナモンパウダーなどバリエーションを楽しんでいます。
・出来立てはやっぱりおいしい!バリエーションも豊富で大満足でした!
・焼きたてのパンが美味しく焼けてとても満足です。沢山あるコースメニューを制覇したい!

4位:ツインバード ホームベーカリー PY-E631

ツインバード ホームベーカリー PY-E631

ツインバードのコストパフォーマンスに優れたホームベーカリーです。

パンだけでなくお餅も作ることが可能。パンなら最大2斤まで作ることができます。

米粉パンやごはんパンなども作ることが可能。お餅は4合まで作ることができ、もち米を蒸してつきあげるまでを自動で行うことができるため、お手軽に全て任せることができます。

普通のパンやお餅以外にも、変わり種のパンを作ることができるため、毎日いろんな料理に挑戦することができます。

口コミの評価

・パンはもちろんのこと餅が作れるのが大変気に入りました。3日に1回くらい餅を作って、きな粉餅を食べています。大変おいしくです。
・この値段でこの出来なら全然最高です!ほんとにお安く購入できて、ちゃんと美味しい食パン焼けてます。ありがたい。
・お餅をつくために購入しました。パン焼き器とは思えないほど、きれいになめらかで柔らかく伸びも良いしとても美味しくできます。子供の頃、杵で作ってもらっていましたが、それと同じくらいまたはそれ以上に良く出来ます。
・簡単だし美味しいパンが出来ます。金額以上の商品だと感じました。

3位:エムケー精工 餅つき機 かがみもち RM-201SN

エムケー精工 餅つき機 かがみもち RM-201SN

1.0升~2.0升に対応している餅つき機です。

餅つきに特化した製品。誰にでも使いやすいシンプルで分かりやすい操作パネルを備えており、簡単に使うことができます。

もち米を容器に入れて、むすキーを押すだけでもち米を蒸し上げることができ、さらにつく・こねるキーを押せばお餅が完成します。

容器は取っ手付きのため完成したお餅を簡単に取り出すことができます。

お餅に特化した餅つき機ですが、オプションのみそ羽根を使えば手軽に自家製味噌を作ることもできます。

上蒸し方式でコシの強いお餅が作れる餅つき機。お餅を作りたい人にピッタリです。

口コミの評価

・初めてこちらの餅つき機を使用しましたが、簡単に上手につくことができたとのこと。手入れもしやすく、買ってよかったと言っております。
・蒸し機能、つき機能ともに良好です。後片付けも簡単にできるので安心しました。
・とても滑らかなお餅が撞けました

2位:東芝 もちつき機 もちっ子生地職人 PFC-M116

東芝 もちつき機 もちっ子生地職人 PFC-M116

東芝の餅つき機「もちっ子生地職人」。2合~1升に対応しています。

メニューに合わせて「つく」「蒸す」「ねる」「発酵」を選ぶことができます。特筆すべきは発酵で、この機能があることでパン生地などを作ることができます。

さらに別売りのみそ用羽根を使えば、大豆を潰して自家製の味噌を作ることもできます。

一気ひたし機能を搭載しており、すぐにお餅を食べたいときに素早くお餅を作ることができます。つき上がりまで約90分に時短することができます。

お餅以外を作ることもができますが、お餅を作ることに関してもしっかりとした性能を誇る餅つき機です。

口コミの評価

・この製品の最大の長所は、前日から餅米を一晩漬けておく手間が省ける「一気ひたし」機能でしょう。餅が食べたいと思い立ったら、1時間40分程度でかないます。餅の出来上がりは美味です。
・手入れも簡単で使いやすいです。年末のお餅つきのために購入しましたが、我が家はお餅好きなので、無くなれば簡単にいつでも出来るのがいい。
・普通の家庭よりも使用する期間が多く(お餅が好きだから)前に使っていたのも故障知らずだったので今回も買った。
・一次発酵までやってくれてお餅もつけるのでとても便利です。

1位:象印 もちつき機 BS-ED10-WA

象印 もちつき機 BS-ED10-WA

象印のシンプルな餅つき機。1升のお餅を作ることができます。

お餅だけでなく赤飯、パン生地、ピザ生地、うどん生地など、さまざまな生地を作ることが可能、自家製味噌を作るためのみそ羽根も使えるため1年を通して使うことができます。

もち米を蒸すところから餅つきまでこなすことができるため1台でお餅を作り上げることができます。

容器には取っ手が付いているため、お餅の取り出しが非常に簡単です。

操作部も非常にシンプルで、誰でも簡単に作ることができます。

ホームベーカリーではないためお餅を作ることが主目的となりますが、素晴らしい仕上がりのお餅を作ることができる製品。多彩な機能が不要でお餅だけを作りたい人には最適です。

口コミの評価

・今年初の餅つき美味しく頂きました。今までの機械より軽いです。一番の良い点は釜に取っ手が有るので熱くないところですね。
・非常に美味しいお餅を作ることができます。餅つき機が届いてから、餅をついて、食する機会が増えました。
・コンパクトなのに活躍してくれそうです。
・スイッチ1つで全てやってくれるので便利。できたお餅も美味しい。味噌作りの大豆をつぶす時にも使用。一気に沢山つぶせるので、時間と労力がかからず助かりました。

まとめ

餅つき機は、餅つきを主目的とした製品とホームベーカリーの一機能として餅つき機能を搭載した製品から選ぶことになります。

餅つき機を求めている人にはホームベーカリーは不要にも思えますが、中には餅つき機のつもりで買ったホームベーカリーでパン作りにはまる人もいます。

値段と汎用性を考えればホームベーカーでも十分ですが、本当においしいお餅が食べたい人は餅つき機を選ぶようにしましょう。

お餅もパンも食べたい人は、ホームベーカリーもチェックしてみましょう。

ホームベーカリーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 おうちでパンを焼こう

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , ,