オイルヒーターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 電気代抑えて優しい暖かさ

      2018/01/16

オイルヒーター

ガスや石油を使わずにしっかりと部屋を暖めることができるのがオイルヒーター。他の電気暖房機に比べて部屋全体をしっかりと温めてくれます。

そこで今回は、どこでも部屋を暖めてくれるオイルヒーターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。仕組みを理解すれば、電気代を抑えつつ優しく安全な暖かさだと納得できます。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

オイルヒーターとは?

そもそもオイルヒーターとは、どのようにして部屋を暖めるのでしょうか。

オイルヒーターの仕組み

オイルヒーターは、温めた油を使って部屋の空気を温める暖房器具です。

まずは密閉された容器に入っている難燃性の油をヒーターによって温めます。温められた油は放熱板を循環します。放熱板からは、熱が放出され周囲を温めます。

つまり油を使って間接的に部屋を暖めるという仕組みとなっています。

オイルヒーターによる部屋の暖まり方

オイルヒーターは、熱を油に移してから油から部屋へと放熱します。そのため稼働後すぐに部屋を暖めるような効果はありません。

しっかりと放熱して部屋を暖めるまでにはタイムラグがありますが、オイルヒーター自体に蓄熱してしっかりと放熱するため電気式の暖房器具の中では部屋全体を温める効果が高くなっています。

部屋が暖まるまでの時間は30分以上かかります。

人をピンポイントで温めるわけではなく、部屋全体をじんわりと暖める暖房器具です。

しかし中には、温風ファンを吹き出す機能が搭載された製品が登場しており、これは暖房の即効性を高めるためのものです。温風ファンが吹き出す製品は、一般的なオイルヒーターよりも素早く温める効果が高められています。

オイルヒーターの電気代

気になるのは、オイルヒーターの電気代です。

製品の機能や部屋の温度によって変わりますが、1時間あたりの電気代は約20円。1日8時間の使用で約160円。1カ月使えば約5000円の電気代となります。

エアコンや石油ストーブと比較すると高めの電気代がかかります。

ただしオイルヒーターの特長である静音性と安全性を生かして使用時間を夜間に絞れば電気代を抑えることができるため、夜間の暖房器具には最適と言えます。

オイルヒーターのメリットとデメリット

オイルヒーターには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

オイルヒーターのメリット

・安全性が高い
・空気が汚れない
・空気が乾燥しない
・静音性に優れている
・どこでも使える
・部屋全体を暖められる

オイルヒーターは、温めた油を循環させることで部屋を暖める構造となっています。

そのため本体自体が石油ストーブのように高温にならず、やけどや火災を引き起こす可能性が低い暖房器具です。赤ちゃんや幼い子ども、さらにはペットがいる家庭でも安心して使うことができます。

さらに燃焼して空気を暖めるわけではないため、部屋の空気が汚れることがなく乾燥することもありません。

静音性に優れているのも特長で、音がしないため寝ているときに使う暖房器具には最適です。

基本的には電源さえあれば使えるため、屋内なら使う場所が制限されないのも利点。電気式の暖房器具としては部屋全体を暖める力も強くなっています。

オイルヒーターのデメリット

・ランニングコストが高い
・すぐに暖かくならない
・密閉性の高い部屋で効果を発揮する
・廃棄処分が難しい

使い方によりますが、オイルヒーターはエアコンや石油ストーブに比べて電気代が1.3倍ほどかかります。そのためランニングコストが高い暖房器具と言えます。

また即効性がある暖房器具ではないため部屋がすぐに暖まらず、体を素早く温めたいときには不向きです。

オイルヒーターは、石油ストーブほど部屋の壁や家具を暖められるわけではありません。その結果、密閉性が高い部屋でなければ暖かい空気が逃げてしまうため暖房効果が発揮できません。日本家屋で使うには不向きです。

油を使った暖房器具であるため一般的な電化製品のように捨てることができず、廃棄処分に手間がかかるのも欠点です。

オイルヒーターの選び方のポイント

オイルヒーターを選ぶときには、どのようなところに気を付けなくていけないのでしょうか

性能

オイルヒーターは、出力が高ければ高いほど部屋を暖める力が強くなります。

最大で1500W程度となっており、部屋を暖める力の強い製品を求めるなら最大出力が大きいものを選びましょう。

またフィンの枚数も出力に影響しており、フィンの枚数が多ければ多いほど熱効率を上げることができます。

ただし性能が高い製品は価格も高くなる傾向にあるため、それほど出力にこだわらないなら無駄に性能の高い製品を選ばないのも賢い買い物のコツです。

機能

オイルヒーターにはそれほど多くの機能が搭載されていませんが、それでもいくつかの機能はあります。

一般的には、出力の切り替え機能やタイマー機能が搭載されています。

小さな出力に対応している製品やエコモードを搭載している製品は、高くなりがちな電気代を抑えることもできます。

使い勝手を考えたときに、絶対に外せない機能がある場合には、機能を優先した製品選びをしましょう。

対応畳数

オイルヒーターには、暖めることができる部屋の広さの目安が対応畳数として表記されています。

オイルヒーターを使う部屋が決まっているなら、部屋の大きさを合わせた対応畳数の製品を見つけましょう。

デザイン

最近のオイルヒーターはデザインにこだわったものも少なくありません。

部屋のインテリアに合わせた色や形の製品を選ぶようにしましょう。

またデザインは操作部にも影響するため、操作性に優れたデザインを採用している製品を選ぶと使いやすくなります。

価格

オイルヒーターは性能や対応畳数によって価格が異なり、5000円~5万円前後の価格帯となっています。

値段が安いオイルヒーターは、対応畳数が非常に狭いためあまりオススメできません。しっかりとした機能の性能を選ぶなら1万円以上の製品を購入しましょう。

オイルヒーターのオススメ人気比較ランキング

ここからは部屋の空気をしっかり暖めてくれるオイルヒーターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

7位:スリーアップ マイコン式オイルヒーター Hidamari OHT-1556

スリーアップ マイコン式オイルヒーター Hidamari OHT-1556

スリーアップのマイコン式のオイルヒーター。リモコンが付属しているため離れた場所からでも操作できます。

対応畳数は8畳となっており、個室には最適な製品。リビングルームなど広い部屋には少しパワーが足りません。

まるで陽だまりにいるかのように体を暖めてくれることから名付けられた製品です。

オイルヒーターの基本を押さえている製品で使いやすく寝室での使用に最適です。

タオルハンガーが付属しているため、暖房器具としてだけでなく乾燥機としても使うことができ、洗濯物を干すこともできます。

ただし24時間タイマー機能がないため、設定が毎日リセットされるため暖房の自動化ができない点には注意が必要です。

しっかりとした性能で価格も抑えられているオイルヒーターです。

口コミの評価

・商品自体も使いやすく、切・入タイマーがついていて深夜は自動的にスイッチを切り、朝は自動的にスイッチを入れることができ、電気代も節約しつつ使用できます。
・お風呂の脱衣場でヒートショック対策として使用しています。家族からも評判が良く価格も手頃でいい買い物でした。もう一台あってもいいかな、、、。
・取り付けは簡単でした!ストーブのような急激に温める力はないけど、部屋が乾燥したり、喘息を持ってる娘にとって、咳き込んだりすることなく穏やかに過ごせています。助かりました。
・温まるのも予想以上に早く、タイマーも使い易い作りで満足です。除湿器と併用して、これからの花粉シーズンの部屋干しも安心です。

6位:アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ メカ式 IWH-1210K

アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ メカ式 IWH-1210K

低価格家電で知られるアイリスオーヤマのオイルヒーターです。

対応畳数は8畳で、個室や寝室に最適なサイズとなっています。

最大1200Wの出力があり、ヒーター切り替えは3段階。温度調節機能もあるため、部屋の温度に合わせて微細な温度調節ができます。

波打っている10枚のフィンを搭載しているため熱効率が非常に高く、他社のオイルヒーターに比べて高い出力を発揮します。見た目に美しいデザインになっています。

タイマー機能が搭載されていないため使い勝手に困る部分がありますが、性能の割に価格が非常に安くコストパフォーマンスに優れた製品。それほど複雑な機能が必要ではない人には最適なオイルヒーターです。

口コミの評価

・デロンギのオイルヒーターを1台(寝室用)使っていて、2台目(6畳のフローリング部屋)をこれにしたのですが、これで十分でした。タイマーがありませんが、勉強部屋で使うものですので、タイマーは必要ありません。
・オイルヒーターはつけっぱなしでないと効果が感じられないため、5帖の小部屋で1週間ほど「弱」温度「中」で使用しました。電気代は上がりますが、快適な室温をキープできるので重宝しています。
・オイルヒーターはこれで2台め。経験上、温まるのが遅いと知っていたので、覚悟していたが、強で使ってみると拍子抜けするほどすぐ温まってくれた。およそ5分位で本体はしっかり暖かい。
・マンションの4.5畳の部屋用に購入しました。思ったより暖かいです。他の暖房は必要ないくらいです。とても満足です。

5位:山善 オイルヒーター DO-TL124

山善 オイルヒーター DO-TL124

山善のスッキリとしたデザインのオイルヒーター。低価格ながら機能も充実です。

対応畳数は8畳となっており、多くの部屋で使用することができます。

3段階の運転切り替えができるため、状況に合わせた運転が可能。温度調節機能も付いており、最適な温度を保つことができます。

視認性の高いLED表示パネルを採用しているため運転の状況が見やすくなっています。24時間入切タイマーとオートOFF機能を搭載しているため、好きなタイミングでオイルヒーターを稼働させることができます。

安全性にも配慮されており、転倒OFFスイッチやチャイルドロック機能を搭載。もしものときにも安心です。

多機能ながら価格を抑えているオイルヒーター。安全に配慮されているため、子どもがいる家庭にピッタリです。

口コミの評価

・オール電化のご家庭にはお勧めです。私は寒冷地の長野県住ですが、いいですよ。
・暖房のない、寒い部屋だったので 机の横に置いて 暖かくて快適です!部屋全体はまだ分かりませんが、十分です。
・リビング11畳ほどですが全体的に暖まります。部屋全体がじんわりなんか暖かいという感じです。8畳の北側の寝室ではすぐに暖まり少し暑いくらいです。タイマー機能もついていてコスパはとても良いです!
・札幌ですが500Wで夜明け前の寒さを感じないほどあたたかいです。1月2月も大丈夫そうです。札幌でこれだけ温かいのは素晴らしいと思います。

4位:ユーレックス オイルヒーター RFXシリーズ RFX11EH-MG

ユーレックス オイルヒーター RFXシリーズ RFX11EH-MG

デザイン性に優れている強力なオイルヒーターです。

対応畳数は10畳で、高出力なたリビングルームなど広い部屋でも活躍してくれます。

大型LCD表示パネルとマイタイマーを搭載した多機能モデルで、視認性に優れており設定温度や室温などを一目で確認することができます。

特徴的なのがマイタイマー機能。24時間を1時間毎に温度管理することができ、時間に合わせて部屋の温度管理が可能。外出している時間帯はオフにして、帰宅時間や就寝時間に合わせてオンにするような使い方が可能。部屋の温度を自動的に最適にできます。

高感度室温センサーを搭載しており、温度設定の誤差を減らしてムダのない正確な運転を実現。温度変化に合わせて自動的に運転を切り替えるため、快適ながら節電することができます。

もちろん安全性にも考慮されており、転倒時や異常運転時には自動的に運転が停止するため安心して使うことができます。

デザイン性に優れているだけでなく多機能で使いやすいオイルヒーター。部屋の温度を自動的に調節できるため、面倒な温度調節から解放されてストレスなく過ごすことができます。

口コミの評価

・デロンギと迷ってユーレックスのオイルヒーターを購入しました。結果は大満足です。一番の決め手は日本製!そして、サービスセンターの方の対応が本当に親切で良かった事です。
・オイルヒーターを使った事のある人ならご存知かと思いますが、即暖性はありません。なので、使うときにはタイマーが必須になります。このユーレックスのタイマーは凄く賢い!使いたい時間に好きな温度を設定すると、その時間に自動で運転します。タイマーの常識を変えた商品ですね。
・デザインもステキです。何より自然な温かさに感激しました。

3位:デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル QSD0915

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル QSD0915

大人気となっているデロンギのオイルヒーター「ドラゴンデジタル」です。

対応畳数は13畳で、最大出力は1500W。強力なパワーで部屋を暖めることができ、広い部屋にも対応することができます。

フィンの構造に工夫を凝らしており、「幅広X字型フィン」を採用することで表面積を2倍に増やして熱効率をアップさせています。そのため本体のサイズがコンパクトながら強力な暖房を実現しています。

カウントダウン式のON/OFFデジタルタイマーを採用しており、10時間後までは30分単位、11時間~24時間後までは1時間単位で設定可能。好きな時間に暖房をつけることができます。

安全プラグを搭載しているため、接触不良やトラッキング事故を防ぐことができ、異常加熱が起こったときには電源が落ちるようになっているため安心です。

これだけパワーがあると電気代が気になるところですが、エコ運転モードを搭載しているため消費電力をマニュアル運転モードに比べて約20%抑えることができます。

イタリアのメーカーということもあり製品のデザインにも優れています。リビングルームに置いてもオシャレです。

高性能で大人気なオイルヒーター。4万円前後と価格は高いですが、価格に見合った性能を発揮します。

口コミの評価

・とっても暖かくなるし、あまり空気も乾燥しないので、冬は重宝しました。小さい子がいてるので熱くならず、安心です。
・鉄筋コンクリートの19畳で使っていますがほんわか全体が温まります!確かに全体が温まりきるには時間がかかりますが、それまではエアコンでカバー。
・デロンギは静かに優しく暖めてくれる。就寝前30分くらいにはOFFにしてしまうが、部屋は暖かいまま。
・部屋は8畳ですが角部屋なので大きい方を購入しました。ちょうどいいです。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%87%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%AE+%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB+QSD0915&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%87%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%AE+%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB+QSD0915

2位:エーゼットワン アズイチ オイルヒーター OIL-001

エーゼットワン アズイチ オイルヒーター OIL-001

低価格でコストパフォーマンスに優れている製品。できるだけ価格を抑えたいならこの製品で決まりです。

対応畳数は10畳で、多くの部屋に対応可能。最大1500Wの出力があるためパワーも申し分ありません。

24時間タイマーを搭載しているため決まった時間に運転させることができ、起床、外出、就寝など生活リズムに合わせた自動暖房が可能です。

オイルヒーターは即効性がないのが欠点の1つですが、タイマー機能を上手く使うことであらかじめ部屋を暖めておくことができます。

安全性にも配慮されており、転倒時や高温時には自動オフ機能が働くため安心して使うことができます。

これだけしっかりしている製品ながら1万円前後という破格の安さを実現しているオイルヒーター。性能、機能、価格の三拍子が揃っており、これといったこだわりがないならこのオイルヒーターを選ぶことをオススメします。

口コミの評価

・6畳和室で2シーズン使いましたが、暖かくて風邪もひきませんでした。へんてこなタイマーは面倒なので使っていません。
・値段の割には出力も高く温かいです。24時間の入り切りタイマーも重宝です。
・サイズもちょうど机の下に入れられました。機能はパワーの調節とタイマーが重宝してます。スイッチ類は時代を感じるデザインですが、今のところ、壊れていません。
・総合的に見て、人にオススメできるレベルです。デロンギやアイリスのブランドネームに拘らない方にオススメします。

1位:デロンギ オイルヒーター サーマルカット HJ0812

デロンギ オイルヒーター サーマルカット HJ0812

大人気となっているデロンギのオイルヒーター。価格を抑えつつデザインや機能も充実している製品です。

対応畳数は10畳で、個室、寝室、リビングルームなどさまざまなところで活躍します。

フィンにあけられた15ヶ所の穴によって、フィン外周部への熱伝導が低く抑えられ、平均表面温度は約80度に抑えているため安全性に優れています。また、フィンのエッジ部分は切り口を内側に巻き込んだ「くるみ仕様」となっており、安全性にも配慮された設計となっています。

24時間タイマーを搭載しており、生活スタイルに合わせて自動的に運転させることが可能。無駄なく快適に暖房を使うことができます。

出力は3段階切り替えで、温度は無段階調節となっているため、好みの温度を保つことが可能です。

安全性とデザイン性を両立しており、操作部にはシックなグレーを採用し、落ち着いたデザインに仕上がっているため部屋の雰囲気を壊すことがありません。

2万4000円前後に価格を抑えながらオイルヒーターに求められる性能と機能が詰め込まれた製品。本当に良いものが欲しいならこの製品を選びましょう。

口コミの評価

・確かに温まるまで時間はかかるんだけど、本体に触っても熱くないし(猫がすりすりするぐらい)キャスター付きで動かせるし、近くに置いておくと、かなり暖かだし、じんわり優しい暖かさで、離せません。
・オイルヒーターのメリットはやはり、安全性、静音性そして空気を汚さないという点でしょう。寝室で使う以上、静音性と安全性は重要なポイントです。火災や騒音が気になって寝れないことにようやく解放されそうです。
・予想以上にあたたかくなりました。じんわり足元から暖かさを感じます。電気代が少し心配。
・ペットがいる家庭には、必要な物です。前に飼っていた鳥がこの機械購入してなく寒くて亡くなった事があり、寒いこの時期には必要です。
・オイルヒーターが予想以上に温かく使いやすいのにビックリしています。部屋は10畳で、夜弱スイッチで寝ると抜群です。

まとめ

他の暖房器具にはない優しい暖かさを実現してくれるオイルヒーター。安全性に優れており、一度、使ってみると手放せなくなる魅力があります。

オイルヒーターで最も気になるのが電気代ですが、電気料金の安い夜間に使ったり他の暖房器具と組み合わせて使うことで欠点をカバーすることもできます。

何よりも、暖房器具特融の危険性や乾燥などを気にせず使えるのが最大の魅力。他の暖房器具の使い勝手がいまいちだと思っていた人は、オイルヒーターを試してみてはいかがでしょうか。

電気ファンヒーターに関するランキング記事は以下を参照してください。

オイルヒーターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 電気代抑えて優しい暖かさ

パネルヒーターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 ピンポイントで暖房

ハロゲンヒーターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 素早く温まる

カーボンヒーターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 スリム型からオシャレなモノまで

セラミックヒーターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 どこでも素早く温かい

電気ストーブのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 手軽に暖房

電気ファンヒーターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 温風で暖かく

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 暖房器具 , , , , , , , , ,