在宅勤務のメリットとデメリットとは?未経験の主婦や障がい者でも正社員になれる?

   

屋外でパソコンを使って作業をする人

毎日のように電車に揺られて通勤時間に多くの時間を割いていると、出社するのがバカバカしくなります。そんなときに思い描くのが、自宅を職場にして働く在宅勤務です。

今回は、在宅勤務のメリットとデメリットについてご紹介します。自宅から離れることができない主婦や障がい者の方でも、未経験から正社員を目指すことはできるのでしょうか。

在宅勤務とは?

そもそも在宅勤務とは、どのような形態の仕事のことをいうのでしょうか。

自宅を職場にする仕事

在宅勤務とは、会社のオフィスに出勤して決められた時間の中で働くのではなく、自宅を仕事場として仕事をするという働き方をいいます。

これまで在宅勤務の多くはフリーランスの自営業者でしたが、近年では情報通信技術の発達や柔軟な労働環境を推奨する企業の増加によって会社の中にも在宅勤務を認める企業が増えてきました。

職種は限られる

在宅勤務は、主に自宅で仕事ができる職種や職業に限られた労働形態です。

最も多いのがIT系の仕事。パソコンを使うような仕事は、オフィスであっても自宅であってもパソコンがあれば働くことができます。

IT系の仕事の多くは専門職で、それなりの知識や経験がなければできない仕事も少なくありません。

一方で、パソコンの普及によって単純な入力作業なども在宅勤務で行えるようになっており、それほど難しくない仕事でも在宅勤務できるようになっています。

またIT系の仕事以外にも建築業、不動産業、製造業など、さまざまな業種でも在宅勤務が増加しています。

全く出勤しないということは難しくても、大幅に出勤日を減らして働くことは難しくありません。

人は選ばない

在宅勤務の仕事の多くは、出来高制の実力主義。どんな人であっても、しっかりと仕事をこなせるなら雇ってもらえる可能性があります。

そのため仕事から離れていた主婦やオフィス環境で働くのが難しい障害を抱えた人でも働ける可能性はあります。

難易度の低い仕事も少なくないため、簡単な仕事からステップアップしていくこともできます。

在宅勤務のメリット

振り返るスーツ姿の女

それでは、在宅勤務にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

通勤時間がない

会社勤めから在宅勤務に切り替えたときに最もありがたく思えるのが通気時間がなくなることです。

ここでいう通勤時間は、通勤時間だけでなく出かける準備までが含まれています。

例えば、自宅から会社までの移動時間が往復2時間だとしても、出かける前には準備をしなければならず、帰ってきてからは次の日の用意をしなくてはいけません。

これらの通勤時間に費やす時間は思った以上に多く、限られた1日24時間の大きな部分を占めることになります。

在宅勤務に切り替えると通勤時間と付随する準備時間が省かれるため、余裕のある1日を過ごすことができるようになります。

通勤による疲れがない

通勤する必要がないということは、通勤するためのパワーを仕事に使うことができるということでもあります。

毎日のように通勤を繰り返しているとあまり気付かなくなるものですが、人間は移動するだけでも相当な体力と精神力を使います。

それらの通勤による疲労を解消できることで、肉体的にも精神的にも余裕を持って行動できるようになります。

仕事をする時間を自由に決められる

会社勤めをしていると、次の日の仕事のことを考えて、見たいテレビやゲームを我慢したり、無理に早く布団に入ることもあります。

しかし在宅勤務なら、自分で働く時間を決めることができるため好きなときに好きなことができます。

人間は、仕事に集中できる時間が個人によって異なりますが、会社では自分のリズムとは関係なく決められた時間に働かなくてはいけません。

その結果、ダラダラと仕事をすることになり、仕事をしているようで何も進んでいないという事態にもなります。

時間のコントロールさえしっかり行い、仕事の能率を上げることができるなら、時間に縛られ我慢を強いられる生活から脱却することができます。

また会社勤めでは仕事が終わっても、上司や部下、同僚などと付き合いがあるため、なかなか帰ることができませんが、在宅勤務ならそんな無駄な時間を過ごす心配もありません。

食事が自由になる

会社勤めをしていると、1日のうちに食事できる時間が決められているため食べたくもない時間に食べたくもないものを急いで食べなくてはいけなくなります。

しかし在宅勤務なら食事の時間も食事の内容も自由に決めることができます。

常に温かい食事を楽しむことができるだけでなく、昼食時間によって仕事が中断されてしまい、集中している作業時間を邪魔されるようなこともありません。

またお腹が減って仕事に集中できないときには、仕事を中断して食事をすることで気分を切り替えることができ、仕事を効率的に行うことができます。

労働環境を変えられる

オフィスが寒すぎたり暑すぎたりして体調を崩してしまう女性は少なくありません。また周囲に雑音が溢れる中で作業するよりも、自分の好きな音楽を聴いている方が仕事に集中できる人もたくさんいます。

また上司や同僚の体臭や口臭がキツく、我慢を続けながら働かなくていけないことも珍しいことではありません。

オフィスでは、自分を取り巻く労働環境を自由に変えることは不可能に近いですが、自宅勤務なら自分の好きなように仕事場を変えることができます。

気分を切り替えたいなら、家から出てカフェなどで仕事をすることだって可能になります。

長時間拘束される労働環境が自分に合っていないということは、長時間にわたってストレスを与えられ続けるということ。仕事以上に大きなダメージとなっている場合も少なくありません。

子育てや家事をしながら働ける

短い時間を使って作業ができる在宅勤務。子育てや家事をしながら仕事を両立させることも不可能ではありません。

会社勤めでは、疲れ切った状態で帰宅してから、1日分の子育てや家事に力を注がなくてはいけません。

しかし在宅勤務では、仕事の合間に育児や家事、育児や家事の合間に仕事といった具合に働くことも可能となります。

育児、家事、介護など、家族に関わる仕事が増える現代において、ベストな働き方が実現できます。

人間関係のストレスに煩わされない

仕事を止める理由の中で上位に食い込むのが人間関係。仕事以上に問題を抱えることもあり、解決が難しい問題でもあります。

在宅勤務なら、仕事中に人間関係に煩わされることもなくストレスフリーで仕事に打ち込むことができます。

また必要な情報はメールやビデオ通話などでやり取りすることで、無駄な会話が発生せずダラダラとした時間の使い方を止めることができます。

さらに人間関係の悪化を避けるために雰囲気に呑まれて行くことになる飲み会など、仕事以外での交流も極力抑えることができます。

自分に自信がなくても働ける

会社勤めになると必ず人と関わらなくてはいけなくなります。コンプレックスがあり自分に自信がない人にとっては、人と関わるだけで大きな負担になります。

在宅勤務であれば、どんなコンプレックスを抱えていようが人と関わらないため気にせず仕事に全力で打ち込むことができます。

人見知りであったり人との会話が苦手な人こそ、無理にコンプレックスを克服しようとせずに自分のペースで生きていける在宅勤務をするべきです。

ファッションが自由になる

サラリーマンやOLを見れば一目瞭然。とても常識的で面白くないファッションをしています。会社の顔として働くため、会社勤めをする人は容姿についても注意を払わならず、常に”常識的”を求められるものです。

一方で在宅勤務の場合、多くが自分の好きなファッションで自由に働くことができます。髪の毛を染めようがヒゲを伸ばそうが文句を言う人はいません。窮屈なスーツや制服を着る必要さえありません。

自分らしく生きたいと思うなら在宅勤務が一番です。

地方でも働くことができる

会社勤めをする場合、通勤を考えるとオフィスの近くに暮らす必要があります。その結果、都市部に暮らすことになり狭い家に高い家賃を支払って生活することになります。

ところが在宅勤務をしていれば、ネット環境さえ整っていればオフィスが離れていても問題にはなりません。自分の暮らしたい場所で暮らすことができ、住む場所を選ぶ必要がなくなります。

また働く場所を選ばないことで生活費を抑えることも可能。転勤による家族への負担もなくなります。

天気を気にせず働ける

多くの人が天気予報を気にしますが、それは天候によって洋服や通勤の手順が変わるからです。

在宅勤務なら、無理に家から出る必要がなくなるため、わざわざ天気の悪い日に出かけるような苦労も不要になります。

出かけるタイミングを自分で決められるため、天気によって被る被害やストレスも最小限に抑えることができます。

在宅勤務のデメリット

パソコンの前で頭を抱える男性

在宅勤務にはたくさんのメリットがありますが、デメリットももちろんあります。

運動不足に陥りがち

在宅勤務をしていると、どうしても自宅から出かける機会が減ります。その結果、運動不足に陥りがちになります。

運動不足は不健康に直結しており、パソコン作業が多い在宅勤務では特に大きな体の問題に発展することがあります。

意識的に運動をしなければ、気付いたときには取り返しのつかないことになっている場合もあります。

自己管理が不可欠

働く時間も食べる時間も眠る時間も自由な在宅勤務。自己管理ができなければ生活リズムは数日で破綻します。

自由を享受するためには自分にも厳しくなければならず、自己管理ができない人は仕事どころか生活自体が破綻する場合があります。

他人から指図されずに自発的に予定を組んで行動を起こせる人でなければ、在宅勤務はなかなかできません。

仕事とプライベートを切り離せない

働き方が自由なため、仕事とプライベートを切り離すのが難しいのが在宅勤務です。

働いている時間に集中できず遊びだしてしまったり、仕事が終わっているのにいつまでも仕事のことを考えてしまったりと切り替えがなかなかできません。

仕事からしっかりと離れる時間を作らなければ、1日中、仕事のストレスを抱えることになる可能性もあります。

実力主義

在宅勤務は、オフィスで働く以上の能率を実現できるからこそ許される働き方です。

仕事ができなければ在宅勤務が許されるわけはありません。

またフリーランスなら、仕事の出来具合が報酬に直結するため死活問題となります。

仕事で結果が出せない人には難しい働き方です。

起業やフリーランスは難しい

在宅勤務というと、会社を辞めて起業して自営業を営んだりフリーランスとして仕事をするイメージがありますが、現実はそんなに甘くはありません。

在宅勤務のために起業は不可能

会社勤めが嫌になり、在宅勤務をしたいがために起業を試みる人も少なくありませんが、はっきり言って無謀な行為です。

独立するのはそれほど簡単なものではなく、会社勤めをしていた人には想像できないようなトラブルが発生するのが起業というものです。

在宅勤務をするために起業をするという選択は絶対に止めましょう。

あり得るのは、起業した結果、在宅勤務となったというケースだけです。

それでも在宅勤務がしたいなら転職

どうしても会社勤めが嫌で自由な生活を送りたいなら、独立してフリーランスになる前に在宅勤務が許される企業に転職しましょう。

会社に勤めながら在宅勤務をすれば、突然、フリーランスになったものの生活が破綻して仕事ができず、どうすることもできなくなるというリスクを回避することができます。

どうしても会社で働かずにフリーランスとしてやっていきたい場合でも、一度、会社の在宅勤務制度の中で働けば給料をもらいながら独立してから在宅勤務でやっていけるのか肌感覚で分かるようになります。

在宅勤務を目指すなら、まずは在宅勤務が許される会社へ転職することから始めてみましょう。

具体的な行動に移そう

小さなことでもいいので行動に移すことで気持ちが切り替わり解決へ向けて一歩ずつ進むことができます。

大切なのは具体的な行動に移してみることで、今すぐに始めることが大切です。

多くの人が「気が向いたらやる」と考えがちですが、それではいつまでたっても前に進みません。

体を動かせば心も動くもので「やってみたら気が向く」というのが本当のところ。人間にはやる気スイッチなどはなく、やる気というものは自転車のようなもので漕ぎ出すのは大変ですが、ペダルを漕いでいるうちにスピードが出てやる気も沸いてきます。

些細なことでもいいので実際に行動を起こすことで気分も切り替わります。

転職するならプロである転職エージェントに任せよう

握手を求めるスーツ姿の女性

転職をするには、自己分析、会社選び、履歴書の作成、面接の練習などの作業が必要となります。しかし働きながら転職のための準備をするのは難しく動き出すときに高いハードルとなって立ちはだかります。

そこで使えるのが転職エージェントサービス。会社選びなど転職に関する雑務を無料でやってくれるだけでなく、転職に必要なアドバイスをプロの視点から教えてくれます。

さらに一般には公募していない非公開の求人情報も転職エージェントなら募集していることが少なくありません。

一般公開されている在宅勤務の仕事は満足できるものが少ないですが、非公開の求人情報の中には納得できる在宅勤務の求人がたくさん埋もれています。

オススメなのが、業界最大級の求人数を誇り高い評価を得ているDODAエージェントサービスです。

取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人。自分では見つけられなかった求人もDODAが取り扱うエージェントサービスに登録することで見つけることができます。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。必要に応じてキャリアカウンセリングを受けることもできます。

取り扱っている求人は審査の通った企業のみとなっているため、労働条件が悪かったり離職率が高いブラック企業に応募するリスクを減らすことができます。

分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な人でも安心して転職活動を進めることができます。

転職サポートを受けるのも簡単で、サイト上で氏名や生年月日といった基本情報と学歴を記入して無料登録するだけです。

登録後には、担当者のエージェントから電話かメールで連絡が入ります。あとは面談の日程を決めればスムーズに転職活動を開始できます。

転職成功者は、平均して就職活動をするうえで3つの求人サイトに登録しているといいます。まずはDODAエージェントサービスを利用してみましょう。

問題の解決を図るためには、とりあえず行動に移して一歩を踏み出すことがとても大切です。いつかではなく今すぐ動き出しましょう。

まとめ

会社勤めではなかなか分からない在宅勤務のメリットとデメリット。実際に在宅勤務をしてみなければ、その効果を実感することもできません。

いくつかのデメリットがあるものの、しっかりと自己管理できれば社会に縛られない自由な生活が手に入り、まるで永遠の夏休みのような毎日を手に入れることができます。

ただし、何も考えず会社を辞めて独立するのは愚の骨頂。まずは在宅勤務が可能な会社へ転職するのが自由への一番の近道です。

 - ライフハック・ノウハウ, 就職・転職 , , , , , ,