低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 激安なのに変わらない吸引力

      2018/01/16

低価格帯サイクロン式掃除機

家の中を徹底的に掃除するのに欠かせないのが昔ながらの本体からホースが伸びたキャニスター式の掃除機。最近では、キャニスター式掃除機にも低価格のサイクロン式の製品が登場しています。

今回は、変わらない吸引力を実現しつつ安い値段で購入できる低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

キャニスター式掃除機とは?

キャニスター式の掃除機とは、どのような掃除機のことをいうのでしょうか。

昔ながらの本体からホースが伸びたタイプの掃除機

キャニスター式の掃除機は、一般的に「掃除機」というと多くの人が思い浮かべるタイプの掃除機です。

大きく分けると本体とホースノズルに分かれており、ノズルで吸い込んだゴミをホースを通して本体へと送る構造となっています。

ほとんどの製品がコード式となっており、屋内での使用を想定されています。

吸引力が強い

最近になって増加してきたスティッククリーナーですが、吸引力や清掃力はキャニスター式の掃除機には敵いません。

キャニスター式掃除機は、強力なモーターが搭載されていることが多く本体重量が重い反面、しっかりとした清掃を実現します。

清掃力があるものの重量があるため持ち運ぶのが大変ですが、キャニスター式というタイヤによって走らせて移動できる特製と長いホースによる広い掃除範囲によって移動の負荷を軽減しています。

アタッチメントが豊富

大型でしっかりとした掃除をすることを前提に設計されているキャニスター式掃除機は、アタッチメントにこだわった製品も少なくありません。

通常のヘッド以外にもすきまノズル、洋服用ブラシ、布団用ブラシなどさまざまなシチュエーションでの掃除に対応できる付属品が付いている場合もあります。

アタッチメントの有無は、求める掃除機能にも直結します。

紙パック式とサイクロン式がある

キャニスター式掃除機を選ぶときに重要になるのが、紙パック式とサイクロン式のどちらを選ぶのかという点です。

紙パック式は内部の紙パックで吸い込んだゴミを閉じ込めて紙パックごと捨てるという仕組み。サイクロン式は内部で生み出された空気の渦によってゴミと空気を分離するという仕組みになっています。

紙パック式、サイクロン式それぞれにメリットとデメリットがあるため簡単に説明します。

紙パック式のメリット

・手入れ不要でゴミ捨てが簡単
・ゴミを見なくていい
・ゴミを捨てる間隔が長い

紙パック式は、吸引したゴミを紙パックの中に閉じ込めるタイプの製品。紙パックは別途購入し、掃除機にセットしてゴミを捨てるときには紙パックごと捨てることになります。

紙パック式は、紙パックがフィルターの役割を果たしており捨てる時には紙パックごと捨ててしまうためゴミの処理が非常に簡単。ゴミを捨てる間隔が長く2ヶ月程度は紙パックを交換せずに済みます。

掃除機を使っているとゴキブリなどの害虫を掃除機で吸い取って駆除することがありますが、紙パック式なら吸い込んだ害虫も紙パックごと捨てるため不快な気分になることはありません。また紙パックの中にゴミが詰まっているため、ゴミ箱からゴミが漏れる危険性を減らすこともできます。

紙パック式のデメリット

・紙パックの購入と保管が必要
・吸引力が持続しない
・排気が臭う

紙パック式は、掃除機を使うためにどうしても紙パックを使う必要があるためランニングコストがかかります。また買ってきた紙パックを保管するなど管理の手間もかかります。

さらに紙パックは短期間で紙パックを交換できないため、紙パックを交換するまで吸引力は低下し続けます。

長期間にわたって紙パックの中にゴミを入れており、吸気はゴミの中を通って排出されるため排気が臭くなる可能性も高まります。

紙パック式掃除機がオススメの人

紙パック式は、掃除機自体の手入れが不要で簡単に取り扱うことができます。そのため掃除機の手入れをしたくない人にオススメです。

掃除をした後に掃除機を掃除するのが面倒な人やゴミ捨てを簡略化したい人にはピッタリの製品。潔癖な人は、ゴミを見たりゴミに触れたりしたくないものですが、ゴミを紙パックに閉じ込める紙パック式はそんな潔癖な人にこそ最適です。

サイクロン式のメリット

・ランニングコストが安い
・吸引力が持続する
・排気が臭わない

サイクロン式は、吸引したゴミを内部で空気とゴミに分離するタイプの製品。ダストボックスに溜まったゴミだけを捨てることになります。

紙パック式とは異なり紙パックを使わないためランニングコストは非常に安く、また紙パックの管理の手間を省くことができます。

サイクロン式の最大の特徴は吸引力が持続することで、簡単にゴミを捨てることができるため短期間で吸引力は復活。常に強い吸引力で掃除することができます。

さらにゴミを捨てる頻度が多いことでダストボックス内にゴミが溜まることがなくなり、排気の臭いも軽減されます。

サイクロン式のデメリット

・ゴミをこまめに捨てなくてはいけない
・フィルターやダストボックスの洗浄が必要
・ゴミを見る必要がある

サイクロン式の場合には、ゴミがダストボックスに溜まるとすぐに吸引力が低下するため頻繁にゴミを捨てる必要があります。掃除機を使いっぱなしにするような使い方はできません。

またフィルターやダストボックスはゴミによって汚れるため、ゴミを捨てるだけでなく洗浄する必要があります。水洗いできる製品も多くあり、水を使って掃除機をキレイに洗わなければ性能を維持できません。

ゴミを捨ててダストボックスを水洗いするため、どうしてもゴミに触れることは避けては通れません。ゴミ箱にゴミを捨てた後も、ゴミ箱内からゴミが漏れ出す可能性もあります。

サイクロン式掃除機がオススメの人

サイクロン式は、ランニングコストが安く吸引力を持続できるのが特徴。吸引力の強さや低コストを求める人に最適です。

掃除機自体の掃除の手間はあるものの、それさえ苦にならなければ吸引力を持続することができランニングコストを抑えられるのがサイクロン式掃除機。常にダストボックス内のゴミを管理できるなら、紙パック式掃除機よりも衛生的で使いやすい掃除機です。

こまめな掃除や掃除機の管理がしっかりできる人にはベストなのがサイクロン式掃除機です。

低価格帯サイクロン式掃除機の選び方のポイント

低価格帯サイクロン式掃除機を選ぶときには、どのようなポイントに気を配る必要があるのでしょうか。良品を見極めるポイントを見ていきましょう。

性能と機能

低価格帯サイクロン式掃除機を選ぶうえで基本となるのが性能と機能。

本体重量、モーターパワーによる吸込仕事率、ホースやノズルの強度といったハード面から、ハンドルの持ちやすさ、スイッチの位置、切替モードといったソフト面にまで及びます。

迷ったときには性能と機能が優れた製品を選びましょう。

ヘッドの可動域

掃除機の使いやすさを決めるうえで重要な要素となるのがヘッドの可動域です。

キャニスター式掃除機は、広い床から家具の隙間までさまざまな場所を掃除できなければいけません。そんなときヘッドの可動域が広ければ、無理なくヘッドを掃除したいポイントへ送り込むことができゴミを回収することができます。

あらゆる方向に思い通りに動くヘッドと固定されているヘッドとでは、掃除の負担が雲泥の差となります。ヘッドの可動域に注意して製品選びをしてみてください。

アタッチメント

キャニスター式掃除機の魅力でもある豊富なアタッチメント。アタッチメントを取り替えることで、さまざまなシチュエーションに対応した掃除が可能となります。

エアコンの掃除をしたい場合や布団を掃除したい場合など、具体的に掃除するシチュエーションが頭の中に思い浮かべられるなら、イメージを実現できるアタッチメントが付属した掃除機を選びましょう。

メンテナンスのしやすさ

サイクロン式の掃除機は、こまめにゴミを捨ててフィルターのホコリを取り除くなどしっかりとした手入れを継続的に行わなければ本来の性能を発揮できません。

そこで大切になるのが、いかに簡単にメンテナンスできるかということになります。

ダストボックスを取り出しやすかったりフィルターとダストボックスを丸ごと水洗いできる製品は、日常的に使っていて負担が少なく性能を維持しやすくなります。

使い勝手というと掃除機を手に持って使っている場面を想像してしまいますが、メンテナンスのしやすさも使い勝手に大きな影響を与えます。

静音性

掃除機を使っていて気になるのが大きな音。音を理由に掃除機の使用をためらう人も少なくありません。

最近のキャニスター式掃除機は、パワーの割に静音性に優れた製品が多くなっています。運転音が70dB(デシベル)以下の製品も珍しくありませんが、出来る限り運転音が小さい製品を選ぶようにしましょう。

また音の発生源や音質によって聞こえ方が個人で変わるため、単純な音の大きさだけでは比較できないことも留意しておきましょう。

以下は一般的な音圧レベルの目安です。

40dB:図書館の中
50dB:普通の事務所
60dB:騒がしい事務所の中・普通の会話
70dB:電話のベル
80dB:地下鉄の車内・電車の中
90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中
100dB:電車が通るときのガードの下

この音圧レベルと比較して掃除機を選びましょう。

価格

サイクロン式掃除機は5000円~5万円と製品によって価格に大きなバラつきがあります。

価格が高ければ高いほど基本性能や機能が優れており、アタッチメントも豊富になっています。

今回は1万5000円以下で購入できるような製品を低価格帯のサイクロン式掃除機と定義していますが、この価格帯でも十分な性能を備えており基本的な掃除に不便はありません。

しかしアタッチメントが基本的なものしか付属しておらず、高価格帯の製品のように特殊な掃除をするのは難しくなっています。

また低価格の製品は、実用性を重視しているためデザインには力を入れていない製品が多くなっています。どうしてもデザインとアタッチメントにこだわるなら、高価格帯の製品を選ぶことをオススメします。

低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング

ここからはお手頃価格で購入できる安い低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にしてランク付けしています。

6位:アイリスオーヤマ サイクロンクリーナーコンパクト低騒音タイプ IC-C100

アイリスオーヤマ サイクロンクリーナーコンパクト低騒音タイプ IC-C100

低価格家電で人気のアイリスオーヤマのサイクロン式掃除機。低騒音設計でシンプルなデザインも評価されています。

本体重量は約4.7Kg。シンプルでコンパクトなデザインをしています。操作用のボタンはハンドルに集約されており、掃除しながらスイッチのオンオフが可能です。

最大の特徴は業界最高水準の静音性。吸気音や排気音など気になる音を独自の技術により軽減したことで最小値53dBを実現しており、非常に小さな音しかしないため掃除機の音に悩まされることはありません。

コンパクトボディながら本格サイクロンを装備しており、微細なホコリや大きなゴミも2段遠心分離で吸引することで吸引持続率99%以上を実現しています。

ヘッドにもこだわりがあり、超吸引毛取りヘッドを搭載。往復ブラシがカーペットに絡みついた毛をキャッチして吸引。毛とゴミを別々に吸い込むため、ヘッドの回転ブラシに長い毛が絡まって動かなくなる心配もありません。

ゴミ捨ても簡単に行える構造となっており、ワンタッチでゴミ捨て可能。汚れたダストカップやフィルターは丸ごと水洗いできるためいつまでも清潔です。

使う立場に立って実用性をとことんまで突き詰めたサイクロン式掃除機。音が静かなため、騒音が心配な人にはぜひともオススメです。

口コミの評価

・通常モードは静かです。吸引力にも問題ありません。立てて収納できるのは良い点ですが、持ち手部分が下になってしまうので、取り出しにくいかもしれません。
・出力を下げれば、ではありますが、静かに稼働させらるサイクロン型です。パワーを上げればそれなりで、今まで使っていたSHARPのものと大して変わらないと感じます。
・音が静かです。手入れも簡単です。価格は、低価です。信頼できる商品です。
・音のレベルでいうと、ターボさえ使わなければ、空気清浄機レベルです。これには驚きを隠せない。またこの商品には、高価格掃除機によくある付属品が少ない。例えば布団用ブラシがない。そこで、試しに毎日掃除機をかけている布団に使用したところ、驚愕する量の埃が取れてしまい、こんな中で寝ていたのかとショック。

5位:日立 掃除機 サイクロン 2段ブーストサイクロン CV-SC100 S

日立 掃除機 サイクロン 2段ブーストサイクロン CV-SC100 S

日立の2段ブーストが特徴のサイクロン式掃除機。ゴミを空気と分離してから圧縮するため簡単に捨てることができます。

本体重量2.9㎏とキャニスター式掃除機としては非常に軽量。しかしパワーが弱いわけではありません。

高性能小型ファンモーターを搭載し、さらに無駄なスペースを省いた高密度設計によってコンパクトなボディと強力なパワーを両立させることに成功しました。

売りにしている2段ブーストサイクロンは、ゴミを空気の流れで加速させることでゴミと空気を分離し、さらにゴミをダストケースの入り口で再び加速させることで圧縮する機能。この機能によってゴミは塊となり、ゴミがダストケースに入っていても吸引力が落ちないようになっています。

多少パワーが落ちるもののティッシュペーパーをあらかじめダストケースにセットしておくことで、簡単にゴミを捨てることができて経済的です。

さらにゴミ捨てまで簡単になり、ボタンを押せばフタが開き塊になったゴミがそのまま落ちるため散らかる心配もありません。電源コードを引くとクリーンフィルターを振動させフィルターに付着したチリを落として目詰まりを抑える機構が備わっているためフィルターの目詰まりも防げます。

操作性にも配慮された掃除機で、[ecoこれっきり]運転でお掃除すれば、床質や操作力に合わせてセンサーがパワーやブラシ回転数を自動で[中][弱]の2段階に切り替えます。

静音性にも優れた製品で、運転中の音は59dB~55dBと非常に静かになっています。

それなりの価格の掃除機ですが、価格以上に優れた機能を搭載している製品。簡単な操作で掃除機のポテンシャルを最大限まで引き出すことができます。

口コミの評価

・ダイソンも日立も取れるゴミの量はほぼ同じに感じます。価格はこちらの方がかなり安いので非常にコストパフォーマンスのいい商品だと思います。
・ソファーの下の隙間もちょっとそた隙間もヘッドが結構色んな方向に動くので掃除がしやすいです。
・フィルター代わりにティッシュが使えて経済的です。吸引力も問題なく、ガンガンゴミを吸ってくれます。ヘッドがスマートで扱いやすいです。軽くて扱いやすいです。
・吸引力も十分ですし、音も気になりません。サイクロン式は、まめなゴミ捨てやフィルターの掃除が面倒という話も聞きましたが、ずぼらな私でも全くめんどくさくありません。

4位:シャープ サイクロン掃除機 プラズマクラスター搭載 EC-QX310

シャープ サイクロン掃除機 プラズマクラスター搭載 EC-QX310

シャープ独自のプラズマクラスター技術を搭載した超軽量の掃除機です。

本体重量は2.4㎏と超軽量を実現。ホイール部分が大きく開いて内部のサイクロン構造が確認できる奇抜なデザインが特徴です。

軽量でコンパクトなボディのためキャニスター式掃除機でありながら片手で軽々と持ち運び可能。収納場所にも困りません。

ヘッドには自走機能が搭載されており、ヘッドを床に置けば自動的に進みます。また壁際ではこまわりローラーが活躍し、スムーズにヘッドを滑らせてキレイにゴミを吸い集めます。

丸型の遠心分離サイクロンでゴミを分離。ゴミをため込んでもパワーは持続します。またHEPAクリーンフィルターを採用しており、排気にはプラズマクラスターイオンを含ませて放出されるため消臭効果にも期待できます。

メンテナンスも簡単で、ダストカップ上部のフィルターの目詰まりを自動検知しハンドルにあるフィルターお手入れサインで知らせてくれます。

ゴミはダストカップごと掃除機から取り出してワンタッチで捨てることができるため汚す心配がありません。ダストカップとフィルターは水洗いできるため衛生的です。

運転音は64~57dBと小さく、普通に使ってれば騒音の心配はありません。

デザイン性に優れておりシャープ独自のプラズマクラスターが特徴的な掃除機。排気の臭いが我慢できない人にオススメです。

口コミの評価

・軽いし、よく吸う。あと、排気がほんとにきれい。これまでのは掃除始めるとすぐ臭っていて気にしてなかったけど、これを使ったら、臭いがないのにびっくり。
・軽くて、使いやすく吸い込みも良く良かったです。
・小型軽量でとても使いやすい。強弱がありフローリング、ジュータンと使い分ける事が出来、エコにもつながる。
・とにかく軽くて気に入りました。吸引力はまあイメージ通り。掃除の能力どうのは普通だと思います。軽くてデザインも可愛らしいので、しばらくは掃除が楽しくできそうです。

3位:アイリスオーヤマ サイクロンクリーナー IC-C100

アイリスオーヤマ サイクロンクリーナー IC-C100

アイリスオーヤマのサイクロンクリーナー。超低価格なのが最大の強みです。

本体重量4.8㎏とやや重い掃除機ですが、しっかりとした吸引力を発揮します。

ダストピックアップ率99%で、細かなゴミやチリもしっかりとキャッチ。ヘッドもハンドルも非常にシンプルな構造のため軽く、簡単に取り扱うことが可能になっています。

ノズルの伸縮はワンタッチで行うことができ、掃除中に状況に合わせてノズルの長さを調節しながら掃除できます。

ダストボックスを取り出してゴミ箱まで移動すれば、あとはワンタッチでフタが開くためゴミに触れる心配はありません。もちろん紙パックも不要で経済的です。

ダストボックスやフィルターは取り外して水洗いできるため衛生的に保つことができます。

はっきり言って複雑な機能は搭載されておらず非常にシンプルな構造でヘッドの可動域も限られているため掃除しやすいとは言えない掃除機。ただし価格がサイクロン式掃除機としては破格の5000円前後という超低価格で購入できます。

価格帯から言えばハンディクリーナーレベルで、できるだけ低予算でしっかりとした性能の掃除機が欲しいには最適な1台。コストパフォーマンスは抜群で一人暮らしには十分の掃除機です。

口コミの評価

・低価格化のために手元スイッチがありません、仕方無いのか・・・。
・電源の スイッチが足で押せるんですね。お安い 値段だったので 心配でしたが、使いやすそうで デザインも気に入りました。
・吸い込み抜群、シンプルな機能、使い勝手は満足です!このお値段なら、他のメーカーの高い商品よりも価値があります。
・とにかく強力に吸い取ります。大満足です。音が少しうるさいとかスイッチが手元にないとか全然マイナスじゃありません。この値段でこの性能ならコスパ最強で気に入っています。

2位:東芝 サイクロンクリーナー トルネオミニ VC-C3

東芝 サイクロンクリーナー トルネオミニ VC-C3

東芝の人気サイクロンクリーナー「トルネオ」の小型バージョン。小さいサイズのため使い勝手が良くなっています。

本体重量2.3kgでコンパクトボディをしている掃除機。タイヤがボディの後部にあるため持ち上げたときにも体に当たりにくく、サイクロン構造が外側に露出しているため吸い込んだゴミを確認できます。

コンパクトながら強力な吸引力を発揮する理由は、デュアルトルネードシステム搭載にあります。ゴミを遠心分離によって取り除いて吸引力を持続。集められたゴミは圧縮されるため、ゴミ捨てのときにホコリが舞い上がるのを防ぎます。

ダストカップのお手入れも簡単。つまみを動かせばフィルターからゴミを落とすことができ手軽にフィルター掃除することが可能。またダストカップとフィルターは丸ごと水洗いできます。

ノズルにはカーボン素材を採用しており軽量のため扱いやすくなっています。ヘッドの可動域は広く、隙間ブラシや手元ブラシを使えば掃除しにくい場所も掃除できます。

吸引力から使い勝手、さらにはデザインにまでこだわった掃除機。小型バージョンのため低価格ですが、高機能そのままに扱いやすくなっているためお買い得な掃除機です。

口コミの評価

・シャープの最上位機種を使用してましたが、重くて使いづらく最悪でした。今回の機種は軽くパワーヘッドも最高です。掃除が楽しくなりそう。
・片手で楽に持てるので、階段など狭い場所の掃除が楽。パワー十分なので吸引力も申し分なし。
・軽いし、ゴミは取れてるのがわかるのでいいと思います。ただ特別、吸引力があるわけでもなく、普通の掃除機と大差ない感じに思いますが・・・。
・吸引力OK掃除も手入れも楽、ダストカップ丸ごと水洗いできるのが良い。面倒くさくないってやっぱ良い、電気代だけで掃除できます。
・使ってみた感想は、軽くてパワフルで、大満足です。サイクロンでゴミの取れ具合もわかるしグッドです。

1位:シャープ サイクロン掃除機 EC-CT12-C

シャープ サイクロン掃除機 EC-CT12-C

シャープの低価格のサイクロン式掃除機。掃除機に求めらえる機能を押さえつつ価格を抑えたコストパフォーマンス抜群の掃除機です。

本体重量は3.8kgと軽量で、無駄のないシンプルなデザインをしています。

遠心分離式サイクロンによって吸い込んだゴミと空気を分離し、排気はHPEAクリーンフィルターを通すため細かなチリも逃さずキャッチします。

タービンヘッドを採用しており、風の力でブラシを回転させることで床の上のゴミをかきこみます。さらに乾拭き機能を搭載しており、フローリングや畳の乾拭きを掃除機で行うことができます。

手入れも簡単で、つまみを回すだけでフィルターのチリを落とせる機構を搭載。ダストカップはワンタッチで着脱することができ、簡単にゴミ捨てすることができます。

それほど複雑な機能はなくシャープの製品では珍しくプラズマクラスターを搭載していませんが、その分価格を抑えることに成功しており1万円前後という低価格で購入することができます。

価格を抑えつつそれなりに仕事をする掃除機が欲しい人にはピッタリの1台。コストパフォーマンスが非常に高く買って損はない1台です。

口コミの評価

・吸引力申し分無し!ゴミ出し簡単!ゴミカップ洗える(衛生的)!ヘッドのターボブラシが非常によく仕事してくれます!最高に気に入りました。
・吸引力も良く ゴミ処理も簡単だし 安い。とても良い商品です。高い掃除機を買う必要はないと思います。高い商品に負けないぐらい良い商品だと思います。
・結構ゴミが溜まっても吸引力は強いと思います。もう少し軽ければもっと良いです。
・手入れも楽、吸引力も申し分無しです。手元スイッチには強弱はもちろん、やさしさモードというのもあります。
・この値段で、これだけ吸い込んでくれれば充分です。とにかく、コスパが良い。

まとめ

一昔前までは高級掃除機だったサイクロン式の掃除機ですが、最近では手軽に購入できる製品も登場しています。

中には1万円を切る製品もあり、紙パック式の掃除機よりも使い勝手がよくて値段も安いというものもあります。

サイクロン式が欲しいけれど、予算の都合でこれまで手が出せなかったという人は、低価格の製品を中心に探してみればきっと気に入る1台を見つけることができます。

キャニスター式掃除機に関するランキング記事は以下を確認してください。

低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 激安なのに変わらない吸引力

高価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 ダイソン、パナソニック、日立が躍動

低価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 ハイパワーの激安掃除機

高価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 お手入れ簡単掃除機

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , , ,