高価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 お手入れ簡単掃除機

      2018/01/16

高価格帯紙パック式掃除機

安心と信頼の掃除力を発揮してくれる高価格帯の紙パック式の掃除機。昔ながらの機構のため吸引力に安定感があります。

今回は、裏切らない吸引力を発揮してくれる高価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

キャニスター式掃除機とは?

キャニスター式の掃除機とは、どのような掃除機のことをいうのでしょうか。

昔ながらの本体からホースが伸びたタイプの掃除機

キャニスター式の掃除機は、一般的に「掃除機」というと多くの人が思い浮かべるタイプの掃除機です。

大きく分けると本体とホースノズルに分かれており、ノズルで吸い込んだゴミをホースを通して本体へと送る構造となっています。

ほとんどの製品がコード式となっており、屋内での使用を想定されています。

吸引力が強い

最近になって増加してきたスティッククリーナーですが、吸引力や清掃力はキャニスター式の掃除機には敵いません。

キャニスター式掃除機は、強力なモーターが搭載されていることが多く本体重量が重い反面、しっかりとした清掃を実現します。

清掃力があるものの重量があるため持ち運ぶのが大変ですが、キャニスター式というタイヤによって走らせて移動できる特製と長いホースによる広い掃除範囲によって移動の負荷を軽減しています。

アタッチメントが豊富

大型でしっかりとした掃除をすることを前提に設計されているキャニスター式掃除機は、アタッチメントにこだわった製品も少なくありません。

通常のヘッド以外にもすきまノズル、洋服用ブラシ、布団用ブラシなどさまざまなシチュエーションでの掃除に対応できる付属品が付いている場合もあります。

アタッチメントの有無は、求める掃除機能にも直結します。

紙パック式とサイクロン式がある

キャニスター式掃除機を選ぶときに重要になるのが、紙パック式とサイクロン式のどちらを選ぶのかという点です。

紙パック式は内部の紙パックで吸い込んだゴミを閉じ込めて紙パックごと捨てるという仕組み。サイクロン式は内部で生み出された空気の渦によってゴミと空気を分離するという仕組みになっています。

紙パック式、サイクロン式それぞれにメリットとデメリットがあるため簡単に説明します。

紙パック式のメリット

・手入れ不要でゴミ捨てが簡単
・ゴミを見なくていい
・ゴミを捨てる間隔が長い

紙パック式は、吸引したゴミを紙パックの中に閉じ込めるタイプの製品。紙パックは別途購入し、掃除機にセットしてゴミを捨てるときには紙パックごと捨てることになります。

紙パック式は、紙パックがフィルターの役割を果たしており捨てる時には紙パックごと捨ててしまうためゴミの処理が非常に簡単。ゴミを捨てる間隔が長く2ヶ月程度は紙パックを交換せずに済みます。

掃除機を使っているとゴキブリなどの害虫を掃除機で吸い取って駆除することがありますが、紙パック式なら吸い込んだ害虫も紙パックごと捨てるため不快な気分になることはありません。また紙パックの中にゴミが詰まっているため、ゴミ箱からゴミが漏れる危険性を減らすこともできます。

紙パック式のデメリット

・紙パックの購入と保管が必要
・吸引力が持続しない
・排気が臭う

紙パック式は、掃除機を使うためにどうしても紙パックを使う必要があるためランニングコストがかかります。また買ってきた紙パックを保管するなど管理の手間もかかります。

さらに紙パックは短期間で紙パックを交換できないため、紙パックを交換するまで吸引力は低下し続けます。

長期間にわたって紙パックの中にゴミを入れており、吸気はゴミの中を通って排出されるため排気が臭くなる可能性も高まります。

紙パック式掃除機がオススメの人

紙パック式は、掃除機自体の手入れが不要で簡単に取り扱うことができます。そのため掃除機の手入れをしたくない人にオススメです。

掃除をした後に掃除機を掃除するのが面倒な人やゴミ捨てを簡略化したい人にはピッタリの製品。潔癖な人は、ゴミを見たりゴミに触れたりしたくないものですが、ゴミを紙パックに閉じ込める紙パック式はそんな潔癖な人にこそ最適です。

サイクロン式のメリット

・ランニングコストが安い
・吸引力が持続する
・排気が臭わない

サイクロン式は、吸引したゴミを内部で空気とゴミに分離するタイプの製品。ダストボックスに溜まったゴミだけを捨てることになります。

紙パック式とは異なり紙パックを使わないためランニングコストは非常に安く、また紙パックの管理の手間を省くことができます。

サイクロン式の最大の特徴は吸引力が持続することで、簡単にゴミを捨てることができるため短期間で吸引力は復活。常に強い吸引力で掃除することができます。

さらにゴミを捨てる頻度が多いことでダストボックス内にゴミが溜まることがなくなり、排気の臭いも軽減されます。

サイクロン式のデメリット

・ゴミをこまめに捨てなくてはいけない
・フィルターやダストボックスの洗浄が必要
・ゴミを見る必要がある

サイクロン式の場合には、ゴミがダストボックスに溜まるとすぐに吸引力が低下するため頻繁にゴミを捨てる必要があります。掃除機を使いっぱなしにするような使い方はできません。

またフィルターやダストボックスはゴミによって汚れるため、ゴミを捨てるだけでなく洗浄する必要があります。水洗いできる製品も多くあり、水を使って掃除機をキレイに洗わなければ性能を維持できません。

ゴミを捨ててダストボックスを水洗いするため、どうしてもゴミに触れることは避けては通れません。ゴミ箱にゴミを捨てた後も、ゴミ箱内からゴミが漏れ出す可能性もあります。

サイクロン式掃除機がオススメの人

サイクロン式は、ランニングコストが安く吸引力を持続できるのが特徴。吸引力の強さや低コストを求める人に最適です。

掃除機自体の掃除の手間はあるものの、それさえ苦にならなければ吸引力を持続することができランニングコストを抑えられるのがサイクロン式掃除機。常にダストボックス内のゴミを管理できるなら、紙パック式掃除機よりも衛生的で使いやすい掃除機です。

こまめな掃除や掃除機の管理がしっかりできる人にはベストなのがサイクロン式掃除機です。

高価格帯紙パック式掃除機の選び方のポイント

高価格帯紙パック式掃除機を選ぶときには、どのようなポイントに気を配る必要があるのでしょうか。良品を見極めるポイントを見ていきましょう。

性能と機能

高価格帯紙パック式掃除機は、しっかりとした基本性能と多彩な機能を備えています。

性能と機能を決定付ける要素は、本体重量、モーターパワーによる吸込仕事率、ホースやノズルの強度といったハード面から、ハンドルの持ちやすさ、スイッチの位置、切替モードといったソフト面にまで及びます。

高価格帯紙パック式掃除機は、吸引機構やヘッド部分に独自の技術が搭載されており、基本的な性能は高く機能も充実しています。

ハード面の基本的な部分はしっかりしているため、ソフト面を重視した製品選びをしましょう。

ヘッドの可動域

掃除機の使いやすさを決めるうえで重要な要素となるのがヘッドの可動域です。

キャニスター式掃除機は、広い床から家具の隙間までさまざまな場所を掃除できなければいけません。そんなときヘッドの可動域が広ければ、無理なくヘッドを掃除したいポイントへ送り込むことができゴミを回収することができます。

あらゆる方向に思い通りに動くヘッドと固定されているヘッドとでは、掃除の負担が雲泥の差となります。ヘッドの可動域に注意して製品選びをしてみてください。

アタッチメント

キャニスター式掃除機の魅力でもある豊富なアタッチメント。アタッチメントを取り替えることで、さまざまなシチュエーションに対応した掃除が可能となります。

高価格帯紙パック式掃除機は、豊富なアタッチメントが取り揃えられていることも多く、掃除したい場面に合わせた最適な掃除方法が実現できます。

製品によってアタッチメントの数や種類は異なるため、例えば「高い場所を掃除したい」や「布団を掃除したい」なんてときには、それらに対応したロングノズルや布団用ヘッドが付属した製品を優先的に選びましょう。

メンテナンスのしやすさ

紙パック式の掃除機はサイクロン式の掃除機に比べてメンテナンスがしやすくなっており、メンテナンス期間も数カ月に間隔に設定されています。

そのためサイクロン式に比べてメンテナンスしやすさの優先順位が下がりますが、それでもメンテナンスがしやすいに越したことはありません。

また紙パック式の掃除機の場合、使用できる紙パックが汎用型の紙パックか掃除機ごとに決められた専用型の紙パックか異なります。汎用型の紙パックの方が専用型の紙パックに比べて手に入れやすく低価格のため、メンテナンスのしやすさを重視するときには汎用型紙パック対応の製品を選ぶようにしましょう。

静音性

掃除機を使っていて気になるのが大きな音。音を理由に掃除機の使用をためらう人も少なくありません。

最近のキャニスター式掃除機は、パワーの割に静音性に優れた製品が多くなっています。運転音が70dB(デシベル)以下の製品も珍しくありませんが、出来る限り運転音が小さい製品を選ぶようにしましょう。

また音の発生源や音質によって聞こえ方が個人で変わるため、単純な音の大きさだけでは比較できないことも留意しておきましょう。

以下は一般的な音圧レベルの目安です。

40dB:図書館の中
50dB:普通の事務所
60dB:騒がしい事務所の中・普通の会話
70dB:電話のベル
80dB:地下鉄の車内・電車の中
90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中
100dB:電車が通るときのガードの下

この音圧レベルと比較して掃除機を選びましょう。

デザイン

高価格帯の紙パック式の掃除機は、デザインにこだわった製品も少なくありません。

掃除機のデザインは見た目だけでなく、引っ張ったときの動かしやすさや部屋の角や家具への引っ掛かりにくさに影響を与えます。

見た目と同じくらい動かしやすさを実現するデザインの製品を見極めましょう。

価格

サイクロン式掃除機は5000円~5万円と製品によって価格に大きなバラつきがあります。

価格が高ければ高いほど基本性能や機能が優れており、アタッチメントも豊富になっています。

今回は1万5000円以上で販売されている製品を高価格帯の紙パック式掃除機と定義していますが、この価格帯では基本性能が高くアタッチメントも豊富になっています。

求める性能や機能と価格を天秤にかけて最適な1台を選びましょう。

高価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング

ここからは安定感のある吸引力を実現する高価格帯の紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にしてランク付けしています。

6位:パナソニック 紙パック式掃除機 MC-PA36G

パナソニック 紙パック式掃除機 MC-PA36G

パナソニックの高性能紙パック式掃除機。ハンドル部分にハウスダスト発見センサーが付いており、ハウスダストを確認しながら的確に掃除することができます。

本体重量3.9㎏の掃除機で、他社製品に比べてそれなりに重さのある掃除機です。

立体三層構造の不織布で吸い込んだハウスダストをしっかりキャッチ。排気をクリーンに保ち、排気を上方向に排出するまいあげブロック構造を採用しているため床のホコリを舞い上げることがありません。

この掃除機はヘッドに数々の機能が詰め込まれています。自動式のノズルのため、ヘッドが床を滑るように動き軽々と掃除することが可能。またノズルからマイナスイオンが出るため、静電気を抑えつつフローリングのゴミやホコリを集めて拭き効果を実現します。

ノズル上部にも吸引口を搭載したエアダストキャッチャーで、掃除中に床から舞い上がったホコリを吸引します。またペダルを踏んだ状態で引っ張るだけでノズルを分離できるため、狭い隙間や高い場所などヘッドを取り外す必要があるときに、わざわざ手を使ってヘッドを外す必要がないためスムーズに掃除を続けることができます。

ハンドル部分にはハウスダスト発見センサーを搭載しており、見えないゴミをランプの点灯で知らせてくれるためハウスダストをしっかりと取り除くことができます。

デザインにも凝っており、掃除機としては珍しい和柄を採用。上品で唯一無二のデザインになっています。

それなりに重量があるため本体を手に持って掃除するのには不向きですが、ホースの軽量化と高機能ノズルによって非常に使い勝手のよい掃除機に仕上がっています。

口コミの評価

・静かでヘッド部分も軽いです、デザインもスッキリしていて気に入りました。以前使っていたのが日立のパワースターだったので吸い込みは弱くなったのですが、センサーランプもあり、十分吸えているのがわかります。
・紙パック式ですのでゴミ捨て時に埃が舞わず助かっています。自走式ノズルはフローリングや畳では軽々と自走します。カーペットでは吸着しますが適度に動かせます。ハウスダスト発見センサーは便利です。効率よく掃除が出来ます。
・この掃除機、センサーがあるおかげで目に見えないゴミが残っていないかを確認することができます。おかげで、ゴミがとれている実感が見た目で分かり掃除が楽しいです。
・小型で音が静かで、吸い込み能力が高く毎日、使っています。

5位:東芝 紙パック式掃除機 パワーブラシクリーナー VC-PG313(R)

東芝 紙パック式掃除機 パワーブラシクリーナー VC-PG313(R)

東芝の紙パック式掃除機。ヘッドの可動域が広く、狭い隙間にもヘッドを潜り込ませることができます。

本体重量3.4kgでヘッドにはカーボン素材を採用しているため軽量。軽々と持つことができ、持ち運びにも便利です。

自動式のヘッドのた楽々とヘッドを動かすことができ、ヘッドはマイナスイオンで静電気を抑えAgブラシで床の除菌ができます。

ヘッドの可動域が広いため床にピッタリと付けることができ、約6.5cmの高さの隙間にヘッドを入れることができます。ベッドやソファといった家具の隙間も掃除することができます。

またゴミの取れ具合をランプで知らせるゴミ残しまセンサーを搭載。ゴミの量を確認しながら掃除することができます。

アタッチメントには布団用ブラシとホースがあるため、布団を干せないときでもしっかりと布団掃除ができます。

軽量ヘッドで非常に使いやすい掃除機。ゴミの感知センサーがあるため、ゴミを除去できていることを実感しながら掃除できる掃除しがいのある掃除機です。

口コミの評価

・軽量でパワーもあり使い易い、掃除機本体の手入れも紙パック式が楽です。
・サイクロン式を4年弱我慢しながら使っていました。毎回のゴミ捨て、毎回のフィルター掃除から解放されて有り難いです。
・非常に軽く、吸引力も良いです。コスパも良いかと。
・吸引力はD社の物と比べ物になりません。ゴミセンサーも初めてでしたが結構役に立つます。エコモードはちょっとイライラするのは自分だけでしょうか…強でガンガン吸引力してると掃除した感があります。
・この機種の前に使用していたものと比べ自走式ということもあり軽くなって、全体に使いやすい。

4位:日立 掃除機 紙パック式 かるパック CV-PC500

日立 掃除機 紙パック式 かるパック CV-PC500

日立の人気掃除機シリーズ「かるパック」。スタイリッシュなデザインと本体重量の軽さが特徴です。

本体重量は2.3㎏と非常に軽量で、持ち運びをしても負担がかかりません。軽量素材カーボンライトを採用しているため、軽量ながら堅牢性は高められています。

本体はコンパクトですが、高性能小型ファンモーターを搭載しているため吸引力は抜群。本体排気口までの空気流路を計算して設計しているため、吸引力を高めつつ運転音を軽減することに成功しています。

ヘッドは気密性を高めた「ジェット吸引機構」を実現したスマートヘッドを搭載。吸引と同時にヘッド上部から空気を吸い込む機構となっており、床のゴミを浮かび上がらせることができます。

ヘッドの可動域も広く、左右90度に曲がるため狭い隙間にもヘッドを入れることが可能。自動式のため楽にヘッドを滑らせることができます。

紙パック式とは思えないほど軽量に仕上げられた掃除機。軽いもののパワーもあるため性能表の数字以上の使い勝手の良さがあります。

口コミの評価

・静かで強力です。埃も良く吸い込んでくれるので喜んでいます。赤ちゃんがいるので排気が安心なのがグッドです。
・とにかく軽い!持ち上げても重さを感じない掃除機はこれが始めてです。それでいて吸い込みの威力も半端ない。ヘッドもしなやかに動いて隅々まで掃除が出来る。
・ほんとうに軽く、吸い込みもよく、ヘッドはすごく使いやすい。たまにコードがうまくのびずに、電源がはずれてしまう以外は、ほんとうに満足のいく掃除機です。
・本体重量も軽くて、パワーブラシの操作感も軽いです。例えるならエアホッケーの様な感じです。吸い込み力も充分です。

3位:パナソニック Jコンセプト 紙パック式掃除機 ハウスダスト発見センサー搭載 MC-JP510G

パナソニック Jコンセプト 紙パック式掃除機 ハウスダスト発見センサー搭載 MC-JP510G

パナソニックの軽量かつ高機能掃除機。そこを掃除すべきか分かる多彩な機能を兼ね備えています。

本体重量は2.0㎏と非常に軽量。多彩な機能を搭載している思えないほどコンパクトな仕上がりです。

モーターやコードリールを軽量化することで構造部品の配置を縦一列にすることに成功しており、これによってコンパクトボディに仕上げることができました。

また本体が軽いだけでなくハンドル位置や形状にも工夫が凝らされており、バランスや持ちやすさも考慮されています。ホイールが大きいため、無理に引っ張らずとも段差を乗り越えることができます。

最大の特徴が、掃除すべき場所が分かりやすい掃除機能。ヘッドにはLEDライトが付いており、暗い場所も照らしてくれるため掃除しやすくなっています。ゴミの有無をノズルのランプが知らせてくれるため、掃除すべき場所が一目瞭然です。

見つけたゴミを逃さない工夫も満載で、ヘッドからノズルを足で取り外せるため狭い場所の掃除もスムーズに行うことが可能。ブラシでキレイに床を磨き上げるためゴミを回収しフローリングはツルツルになります。

高性能でコンパクトなためどこにでも持ち込める最高の掃除機。性能、機能、使いやすさの三拍子が揃った製品ですが、価格が4万円前後と高額なのがネック。日々使うもののため、値段よりも使いやすさを重視する人は絶対に選ぶべき掃除機です。

口コミの評価

・予算はオーバーしましたが大満足です。ハウスダストを感知すると光る機能のおかげで、前よりも念入りに掃除するように。掃除するのが楽しくなりました!おすすめです。
・軽く、コンパクト。暗い場所も光ってくれるのでゴミが分かりやすいです。良い掃除機が買えてとても良かったです。
・軽くて出し入れが楽なのでちょこちょこ掃除機をかけるのにいいです。最近はいろいろ吸引力のアピールがありますが、これで十分です。
・これも軽くて吸引力が良いとてもいい掃除機です。しばらくずっと使いたいと思います。

2位:パナソニック 紙パック式掃除機 MC-PK18G-N

パナソニック 紙パック式掃除機 MC-PK18G-N

紙パック式掃除機では大人気のパナソニックの製品。コンパクトで持ちやすくなっています。

軽量な掃除機で本体重量は2.7㎏。本体にはしっかりとしたハンドルが付いているため簡単に持ち上げることができます。

自走ノズルを採用しており、床を滑るように走らせることが可能。壁際では、ブラシがしっかりと隅まで届くためゴミを逃しません。またヘッドを足で簡単に取り外すことができるため、狭い隙間を掃除するときにも便利です。

ノズルからはマイナスイオンが放出され静電気を抑えることができます。床の細かなホコリを吸引するため、まるで拭き掃除をしたような仕上がりとなりザラつきが気になるフローリングでは効果てきめんです。

運転モードは強から弱まであり、掃除状況に合わせて変えることが可能。ハンドルのランプで紙パックの交換時期を知らせてくれます。

運転音は65dB~60dBと非常に静か。掃除音を抑えることができます。

コンパクトながら掃除機に欲しい機能をギュっと詰め込んだ紙パック式掃除機。2万円前後という価格から人気が高く、とにかく軽いため腕力がない女性でも扱いやすい製品です。

https://www.youtube.com/watch?v=Uk7NUXPwpd8

口コミの評価

・軽くて使いやすいです。音も大きくない方だと思います。買って良かったと思います。
・軽量で吸引力も申し分ないのですが、ひとつだけ、本体の取っ手が前方寄り固定式で持ちにくいと感じる。
・軽くて吸引力が強くそしてお値段が安い、耐久性もありそうです。文句ありません。
・自走式ノズルのお陰で、掃除機をかけるのが、楽になりました。吸引力も十分です。
・想像しいいたよりもコンパクト。尚且つ吸引力も素晴らしい。

1位:日立 紙パック式クリーナー かるパック CV-PC30

日立 紙パック式クリーナー かるパック CV-PC30

日立の人気シリーズ「かるパック」の掃除機。信頼できる掃除性能が支持を集めました。

本体重量は3.7㎏と他社製品と比べてやや重め。一方で清掃能力は優れています。

高性能ファンモーターを搭載しており、強力な吸引力を実現。ヘッドにも工夫を凝らすことで、吸引力を最大限生かす構造となっています。

ジェット吸引機構を採用したスマートヘッドを搭載しており、床面と上部からの吸気によってゴミを浮かせて吸い上げます。ヘッド周囲から吸気する4方向吸引機構によって、ヘッドの下だけでなく周辺のゴミを集めることができ、壁際では隅のゴミまでしっかりと集めます。

回転ブラシにも工夫があり、拭き掃除をしたかのような仕上がりにするかるふきブラシを採用。フローリングをザラザラにする細かいゴミをかき集め、細菌を99%も拭き取ってしまいます。

ヘッド幅は30㎝とワイドなため広い空間を効率的に掃除することが可能。床質を感知して状況に合わせて威力を変えるモードを搭載しており、ヘッド上部のパワーモニターで現在の回転力をランプで知らせてくれます。この機能を使うことで消費電力量を最大約75%節電することができます。

他の掃除機に比べて少し重いですが、しっかりとした清掃能力と2万円前後というお手頃な価格で人気を集めている掃除機。そこまで重さにこだわらず清掃力を重視するなら、この掃除機がオススメです。

口コミの評価

・期待通りジャンジャン吸うのでサイクロンにストレスフルの妻がたいへん喜んでいます。
・サイクロンも考えましたが、吸引力考えると、やはりこちらに決定。重さ及び音の大きさは個人的には許容範囲内ですね。
・吸引力・紙パックでえらびました。十分すぎる仕事をします。少し音はうるさいですが、ひと昔はそんなもんだよねって感じ。
・今までのが重かったので買い換えたのですが、重さは大して変わらなかったです。しかし性能ははるかに上回ってよかったです。
・かるパックという名前だが本体が重く階段掃除で危険を感じる。しかし、吸引力がありゴミをよく吸い取る。運転音がうるさいが昼間に使用すれば問題ありません。

まとめ

一度はサイクロン式の掃除機を使ったものの、ゴミの処理や吸引力の弱さに絶望した人が選ぶことが多い紙パック式の掃除機。高価格帯の製品は、吸引力に加えて軽量で扱いやすくなっています。

多くの人がサイクロン式を選びますが、最近の紙パック式掃除機は吸引力が持続する構造となっておりゴミ処理のしやすさも相まって再評価されています。

サイクロン式の掃除機に不満がある人は、高性能の紙パック式掃除機を選ぶと掃除がもっと楽しくなるかもしれませんよ。

キャニスター式掃除機に関するランキング記事は以下を確認してください。

低価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 激安なのに変わらない吸引力

高価格帯サイクロン式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ダイソン、パナソニック、日立が躍動

低価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ハイパワーの激安掃除機

高価格帯紙パック式掃除機のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 お手入れ簡単掃除機

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , ,