高価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 レイコップやダイソンが大活躍

      2018/01/16

高価格布団クリーナー

布団で熟睡するためには布団のコンディションを最高の状態に整えなくてはいけません。そんな時に役立つのが高性能を誇る高価格布団クリーナーです。

今回は、高級布団のような寝心地に変えてくれる高価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。良質な睡眠にこだわるなら布団クリーナーに着目しましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

布団クリーナーとは?

最近になって登場した布団クリーナー。新しいスタイルの掃除機ですが、いったいどのような家電なのでしょうか。

布団の中のゴミを取り除く掃除機

布団クリーナーは、その名の通り布団のために開発された掃除機のことです。

一般的に布団は干して叩くことでホコリやダニを撃退し、長期間にわたって使うことができるものですが、近年は花粉、PM2.5、黄砂などが問題となり、布団を干すことが難しくなっています。

また布団を干すのは重労働なうえに、突然の雨など天候の変化にも対応しなくてはなりません。

そこで人気を集めたのが布団クリーナー。手軽に布団を干すような効果を得られるため大きな注目を集めるようになりました。

専用タイプと兼用タイプがある

布団クリーナーの中には、布団クリーナーとしてのみ使える専用タイプとハンディクリーナーとしても使える兼用タイプがあります。

また通常の掃除機の中にも、アタッチメントを取り替えることで布団クリーナーとして使える製品もあります。

専用タイプと兼用タイプの両方が布団を掃除することができますが、専用タイプは布団クリーナーとしての機能に特化しているため兼用タイプに比べて布団をキレイにすることに関しては大きな効果を発揮してくれます。

叩く、吸い込む、紫外線(UV)、熱風で掃除力が決まる

布団クリーナーは、主に3つの機能によって布団の中のダニやハウスダストを取り出し布団を清潔な状態にします。

3つの機能は、叩く、吸い込む、紫外線(UV)、熱風です。

叩く

布団クリーナーの多くに搭載されている機能で、布団を叩くことで内部のゴミやホコリを出します。

布団を干すときに布団たたきで布団を叩きますが、そんな効果を再現できます。

布団の表面を専用のブレードで叩いたり、凹凸のあるローラーを転がすことで叩く効果を得ることができます。

吸い込む

どんな掃除機にも搭載されている機能ですが、布団クリーナーにも搭載されています。

布団から出てきたホコリやダニを吸い取るための機能です。

一般的な掃除機は吸引力が掃除機を選ぶ際に重要な要素となりますが、布団クリーナーの場合は出てきたゴミを吸い込めれば問題がないため、それほど吸引力にこだわる必要はありません。

紫外線(UV)

布団クリーナーの中でも専用タイプに搭載されていることが多い機能で、UVランプを使って紫外線(UV)を布団に照射することで除菌します。

太陽光に含まれる紫外線を照射することで、天日干ししたような効果を得ることができます。

紫外線が強力な布団クリーナーを選べば、掃除力を上げることができます。

熱風

製品によっては、叩く、吸い込む、紫外線以外にも熱風を使って布団の状態を改善する機能が搭載されている製品があります。

熱風自体で布団を清掃できるわけではありませんが、熱風を布団に送り込むことで乾燥させることができ、ダニや細菌の繁殖を抑えたり布団を干したようにふわふわにする効果が期待できます。

布団を掃除しつつ布団乾燥機のような効果を得られるため、同じ機能で同じ価格の製品で違いが熱風機能の有無だけなら熱風機能が搭載している製品を優先しましょう。

紙パック式とサイクロン式がある

多くの掃除機と同じように、布団クリーナーにも紙パック式とサイクロン式の2種類が存在します。

紙パック式は、市販の紙パックを装着することで使うことができ、吸引したゴミを紙パックの中に溜めます。ゴミが増えると紙パックごと捨てることになります。

フィルターも紙パックに付属しているため、フィルターやダストボックスの掃除が不要で手軽に使えますが、紙パックを購入する必要があるためランニングコストがかかり、ゴミが溜まると吸引力を持続できません。

サイクロン式は、ダストボックスに吸引したゴミが溜まる構造となっています。ゴミが溜まると、ダストボックスを取り外してゴミだけを捨てます。

ゴミを捨てれば吸引力を持続することができ、紙パックが不要なためランニングコストがかかりません。一方でフィルターやダストボックスは定期的に手入れする必要があります。

紙パック式とサイクロン式、どちらの方式が使いやすいかは使用者の趣向や使用状況によって変わるため、好みの方式を採用している製品を選びましょう。

高価格布団クリーナー(掃除機)の選び方のポイント

高価格布団クリーナーを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。

叩き機能の振動数

布団クリーナーの掃除力に最も大きな影響を与えるのが叩き機能の振動数です。

叩き機能の振動数が多くパワーがあれば、布団の繊維の中に入り込んでいるゴミなどを叩いて浮き上がらせることができます。

吸引力なども影響するため叩き機能だけで掃除効率が決定するとは限りませんが、出来る限り振動数が多い製品を選ぶことで清掃力に期待ができます。

紫外線(UV)のパワー

布団クリーナーにとって叩き機能と並んで重要なのが紫外線のパワーです。

布団クリーナーの紫外線ライトは太陽光ほど強いわけではなく長時間当てるものでもないため過大な期待をすることができない機能です。

しかし紫外線照射は布団クリーナーならではの機能であり、出来る限り強い紫外線を当てることで除菌効果を高めることができます。

布団クリーナーを選ぶときには、叩き機能と紫外線を重点的に見極めてみましょう。

専用タイプか兼用タイプか

布団クリーナーに、布団クリーナー以外の機能を求めるか否かによって専用タイプと兼用タイプのどちらを選ぶのかが決まります。

専用タイプと兼用タイプのどちらが優れているということはありませんが、基本的には専用タイプの方が布団掃除に特化しておりさまざまな機能が詰め込まれています。

布団をしっかりと掃除して、部屋の掃除には普通の掃除機を使うという人は専用タイプを選びましょう。

ハンディクリーナーとして布団クリーナーを使いたい人は兼用タイプを選びましょう。

コードレスかコード式か

高価格帯の布団クリーナーは、どこでも使えるコードレスタイプの製品も少なくありません。

コード式は電源コードの範囲内でなければ掃除ができませんが、充電不要でパワーが落ちることはありません。

一方でコードレスは場所を選ばずに掃除できるものの、使用できる時間に制限があります。

布団クリーナーは、布団以外にもソファや自動車のシートなどさまざまな場所で使用することできます。

もし布団以外のものが掃除したいときには、使い勝手の良いコードレスの布団クリーナーを選びましょう。掃除の自由度が格段に上がります。

価格

布団クリーナーは価格幅が広く、5000円~5万円程度で購入することができます。

一般的には値段が高ければ高いほど高性能になっています。また高価格帯の製品は専用タイプの製品が増えます。

高価格帯の布団クリーナーは1万円以上するため、高性能な布団クリーナーを購入するなら予算はしっかりと確保しておく必要があります。

高価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、布団の汚れをしっかりと取り除いてくれる高価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、価格、使いやすさ、口コミの評価などを比較してランク付けしています。

7位:パナソニック ふとん掃除機(パックレス) MC-DF110C

パナソニック ふとん掃除機(パックレス) MC-DF110C

パナソニックの紙パック不要の布団クリーナー。手に持って使うこともロングホースで置いて使うこともできます。

本体重量1.9㎏の布団クリーナーで、コード式のため充電は不要。コードの長さは5mあるため広範囲を掃除することができます。

運転音は約76dBで、それなりに音が出るため深夜に使うことはできません。

ヘッドには抗菌W回転ローラーを採用しており、2つのローラーが布団を叩きつつ抑えるため布団が吸い付くことはありません。またロングホースなどのアタッチメントが豊富で、さまざまな使い方が可能。ハンディクリーナーとしても使用できます。

4層フィルターを搭載しており、吸い込んだゴミやダニを逃すことはありません。

赤外線センサーが搭載されており、ゴミやダニを検知すると赤く点灯するため、どこを重点的に掃除すべきかが可視化され効率よく掃除することができます。

コンパクトで使い勝手のよい布団クリーナー。ハンディクリーナーとしても使えるため、さまざまなシチュエーションで使える万能掃除機です。

口コミの評価

・値段が安くて手入れも簡単です。コードレスではありませんが、ノズルヘッドも他二つついてますし、ふとんだけでなく車内やちょっとした階段なども掃除ができて良いです。
・電源コードも長く、強力な割には布団や毛布を吸い込んで困ることがなく使いやすい。吸引力も強力。
・買ってよかった。布団だけでなく、床にも使えるので、重宝してます。フィルターの掃除も、丸ごと洗えるので、手入れも楽です。吸引力も申し分ないです。
・レイコップが有名ですがこちらの方が隅まで掃除しやすいと思ってこちらに決めました。値段も断然安いですし。さっそく少し使ってみましたが取れる取れる。

6位:シャープ サイクロン ふとん掃除機 EC-HX150

シャープ サイクロン ふとん掃除機 EC-HX150

シャープの布団クリーナーで、独自技術のプラズマクラスターが光る製品です。

ユニークな形状をした布団クリーナーで重さは2.4㎏。コード長さは5mのため使用範囲はかなり広いです。

吸引、叩き、温風、プラズマクラスターの4つの機能で強力に清掃。高速たたきハイパワーブラシは毎分1万2000回の振動数を誇り、布団に潜んだダニやゴミを浮かび上がらせます。さらに40℃を超える温風と一緒にプラズマクラスターが放出され、ダニの繁殖を抑えつつ消臭と抗菌を実現します。

サイクロン式の布団クリーナーで、吸引したゴミやアレルギー物質は遠心分離サイクロンによって分離され、吸い込んだダニの99%以上を死滅させます。

ダストカップの管理も簡単で、ワンタッチで簡単にゴミ捨てできます。ダストカップも水洗いできるためいつでも衛生的です。

1万2000回の高速振動、40℃の温風、プラズマクラスター、強力吸引という4段構えでしっかりと布団を清掃する布団クリーナー。他の布団クリーナーにはない消臭効果に期待できます。

口コミの評価

・きれいになるのは間違いない。あったら便利。効力は1週間程度ではないだろうか。その後、掃除をかけるとまた気持ち良くなる。それの繰りかえし。
・ダイソンはじめいろいろある中から迷った結果これを購入。今のところ問題なく、費用対効果も満足。
・早速使用しましたが、凄い吸引力で誇りや汚れを吸いっとってくれました。温風でダニも退治してくれたようで、とても気持ちよく快適に眠れました。もっと早く使っていれば、痒い思いをしなくて済んだ~と思いました!
・二段ベッドの上の布団を掃除するのに、コード長さが5mもあるので、引っかかる事もなく使えます。ダストが見えるので、埃をキャッチしている実感はあります。収納も立てて置けるので、邪魔になりません。

5位:日立 布団クリーナー PV-FC100 N

日立 布団クリーナー PV-FC100 N

日立の布団クリーナーで回転ローラーでしっかり布団を叩いてダニや花粉を追い出してくれます。

本体重量は2.4㎏で、コード長さは5m。使える範囲は広いものの、決して軽量とはいえません。

叩き機能は、ワイド電動パワフルビーターというローラーの回転で布団を叩く仕組みとなっており、毎分1万回の振動数によってダニを取り出してダストカップに吸引します。吸引したダニの死滅率は94%と高く、捕らえたダニを逃しません。

ヘッドの吸込口の幅は約20㎝と広く、広範囲を効率よく掃除することができます。

また安全面にも配慮されており、センサーによって持ち上げるとパワフルビーターが自動で停止するため何かが巻き込まれる心配はありません。手をハンドルから離しても自動的に停止する構造となっています。

サイクロン式の布団クリーナーとなっており、ダストボックスやフィルターなどは水洗いでまるごと洗浄可能。衛生的な状態が保てます。

複雑な機能は搭載されておらず、布団を叩いて吸い込むことでゴミやホコリを取り除くシンプルながら高性能な布団クリーナー。紫外線や温風には頼らず、吸引力で勝負する掃除機です。

口コミの評価

・吸引力は本当に十分でふとんにしっかり吸い付きますし、本体の重みで押し付けていることになるので逆に力が要りません。やや大きめなので収納場所はとりますし、コードも巻くタイプではありませんが、本来の布団クリーナーとしての機能は果たせています。
・使い終わった後は、水洗いをして自然乾燥。だから衛生的。紙パック式ではないからできるワザである。一度、このクリーナーをお試しあれ。
・デザインも良く、モーターのパワーもあり使いやすいです。お勧めです。
・大満足。ゴミが取れすぎて、一回使うたびに掃除が大変ですが、水洗いできるので楽です。

4位:パナソニック 紙パック式ふとんクリーナー MC-DF500G

パナソニック 紙パック式ふとんクリーナー MC-DF500G

パナソニックの紙パック式布団クリーナー。布団クリーナー専用タイプで、センサーによってハウスダストを発見できるため掃除すべき場所がひと目で分かります。

三角形をしたスタイリッシュなデザインで、本体重量は2.0㎏となっています。コード式の製品で5mのコード長さがあります。

ビートブラシと回転ローラーによって布団からゴミを吸引する仕組みとなっており、ビートブラシは毎分6000回という高速振動でハウスダストなどのアレルギー物質を叩き出し99%以上を除去します。

この布団クリーナーにはハウスダスト発見センサーが搭載されており、ダニやゴミを発見すると赤点灯、キレイになったら青点灯するため、汚れを「見える化」することができます。人の目に見えないレベルの小さいハウスダストを検知して掃除すべき場所が分かるため効率よく掃除することができます。

ほかの製品と比較して特徴的なのが、紙パック式である点。紙パックでしっかりとゴミを確保して、捨てるときには取り出してゴミパックごと捨てるだけのため非常に簡単に手入れができます。

しっかりと布団を叩いて吸引することでゴミを取り除く布団クリーナー。強力な吸引で布団を再生させてくれます。

口コミの評価

・思っていたよりも手軽に使いやすかったです。孫が泊まりに来たとき、これを使用する前はよくクシャミをしていたのですが、使用後はほとんどクシャミをしなくなりました。効果を実感中です。
・LEDのサインでゴミがよくわかります。毎日クリーニングしています。
・パタパタ叩いてくれるので布団に無理やり押し付けたりする必要もなく、ふとんの上に乗せて動かすとすいすい動かせて思った以上に楽です。とくにダニゴミを吸ってる時は赤く光る機能が良く、丁寧に掃除できて吸い残しも少なく本当に咳が収まりました。
・センサーが付いていることで一定の「仕事の成果」を実感でき、達成感もあるところが年寄りには喜ばれる。

3位:レイコップ ふとんクリーナー RAYCOP LITE RE-100JWH

レイコップ  ふとんクリーナー RAYCOP LITE RE-100JWH

布団クリーナーのパイオニア的企業であるレイコップの布団クリーナー。エントリーモデルであるためお求めやすい価格になっています。

本体重量は1.95㎏と軽量で、可愛らしいデザインをしています。

「UV除菌」「吸引」「パワフルたたき」の「光クリーンメカニズム」「水洗いダストボックス」「クリーン排気」と、布団クリーナーに欲しい機能を全て詰め込んでおり、基本性能は抜群。コンパクトなため扱いやすくなっています。

布団叩き機能は毎分3300回で、振動によって布団の奥に隠れたダニやハウスダストを叩き出します。浮き上がったゴミは強力な吸引で吸い込み、2種類のフィルターでしっかりゴミを取り除きます。排気は非常にクリーンです。

ダストカップも取り外すことができ水洗いできるため衛生的です。

レイコップの製品は非常に高額ですが、この製品はエントリーモデルで他のモデルと比べると低価格で、なおかつ基本機能はしっかりと押さえている優れものです。

布団を干すよりも簡単でキレイにできるという謳い文句通りの機能を発揮してくれる布団クリーナーです。

口コミの評価

・スゴくよく取れます、毎日の布団をキレイにするには最適な道具です。
・布団一枚当たり5分で簡単にかけられるのと、ダストカップを水中で洗えるので清潔だから。
・とりあえず家のソファーで試しましたが、効果アリです。これから家の至る所でハマりそうです。
・期待通り、さすがのクリーニング力でした!干すのが面倒だったので、かなり重宝してます。

2位:ダイソン コードレス 布団クリーナー V6 Mattress HH08COM

ダイソン コードレス 布団クリーナー V6 Mattress HH08COM

大人気の掃除機メーカーであるダイソンが発売する布団クリーナー。布団叩き機能ではなく得意の吸引力で勝負している布団クリーナーです。

ハンディタイプのコードレス布団クリーナーで本体重量は1.3㎏と軽量。長時間使用しても腕が疲れることはありません。

運転時間は20分間ですが、モーター駆動のヘッドで17分間、強モードで6分間の使用が可能になっています。

一般的な布団クリーナーは、紫外線や布団叩き機能によって布団内のゴミを浮き上がらせますが、ダイソンの布団クリーナーは回転するヘッドブラシと強力吸引によってゴミを吸い出します。

強力な吸引力は、ダイソンデジタルモーターV6搭載によって実現しており、従来のモーターよりも最大で3倍の速度で高速回転します。0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕集することができます。

アタッチメントも豊富に取り揃えられており、コンビネーションノズル、隙間ノズル、フトンツール、延長ホースが付属。コードレスということもあり、ベッドやソファだけでなく自動車の座席などを掃除することもできます。

ゴミ捨ても非常に簡単で、ボタンを押すだけでゴミをゴミ箱に捨てることができるため衛生的です。

強力な吸引力で布団をキレイにできる性能だけでなく、ダイソンの布団クリーナーという信頼性から安心感のある製品。ダイソンファンは、布団クリーナーもダイソンを選ぶといいかもしれません。

口コミの評価

・コンパクトで、吸引力も強くゴミ清掃も簡単でとても気に入っている。
・毎日使用中。コレがないと困る。目に見えてゴミがみるみるたまる。朝晩掃除してこれだけゴミが取れる掃除機は今までみたことない。手入れも簡単でいい。
・細かい塵まで取れます。さすがの吸引力。充電しながら使えればもっと良かった。
・吸引力は、ナカナカです。軽いので持ち運ぶのが良いですね。使用中のモーター音がうるさいです。
・最高の布団掃除機です。得体の知れない粉まで取れます。間違ってずっと強モードにしないようにオススメします。ソッコー電池切れです。

1位:アイリスオーヤマ コードレス 布団クリーナー IC-FDC1

アイリスオーヤマ コードレス 布団クリーナー IC-FDC1

低価格家電で大人気のアイリスオーヤマの布団クリーナー。布団クリーナーに求められる機能をしっかりと押さえつつ値段を抑えているのが高評価です。

本体重量は2.1㎏で、コードレスのため扱いやすくなっており、自動車に持ち込むなどさまざまな場所で使用することが可能です。

充電時間は3.5時間、連続運転時間は20分となっており、一度に布団5枚を掃除するには十分な時間を確保できます。

気になる清掃機能は、布団叩き機能、紫外線ランプ機能、吸引機能を搭載。叩き回数は毎分6000回に及び、ダニやアレルギー物質を浮かび上がらせることができます。さらに除菌力の高い紫外線ランプによって99%の除菌率を誇ります。

ヘッドにはブラシがないため寝具が痛むことはありません。強力吸引を可能にするサイクロンヘッドによって3分間の清掃でハウスダスト除去率は95%にもなります。

ダニちりセンサーも搭載しており、センサーランプの色でハウスダストの量を可視化。布団のどの部分にゴミが多いのか分かるため効率よく掃除することができ取れている感を実感できます。

可動式ヘッドによって使用シーンに合わせて角度調整可能で、自立式となっているためどこにでも収納可能。ダストボックスは水洗いできるためいつでも清潔で、子どものイタズラ事故を防ぐためのチャイルドロック機能を搭載しているため安心して使用できます。

機能面、メンテナンス面、安全面、価格面の全てに優れているバランスが取れた製品。1万2000円前後とは思えない性能と機能と使いやすさが詰め込まれている布団クリーナーです。

口コミの評価

・赤とか色が変わるので綺麗になってるのが一目でわかるので色々悩みましたがこの布団掃除機を購入して良かったです。
・多少重く感じた。長時間の使用は腰痛持ちの自分にはつらかった。女性が前かがみで使用するにはけっこう負担がかかると思う。ただ、吸引中に色の変化でキレイ具合がわかるのは使っていて楽しい。
・予想以上にごみがとれて大満足です。これには母親も大喜びです。
・ハウスダストで、鼻が悪くて眠れない日々でしたが、これを使ってから、少し症状が楽になってきた感じです。
・大満足です。目に見えるゴミは吸い込まないので掃除機と併用してます。
・想像以上にホコリがとれます!買って損はありません!某メーカーの物より安くて十分だと思います。

まとめ

高価格帯の布団クリーナーといっても価格には大きな差があります。基本的には価格が高いほど性能が上がりますが、必ずしも価格に比例して性能が上がるわけではありません。

布団クリーナーは、取れるゴミが分かりやすく見えるわけではないため使用感や実感も満足するために重要な要素となります。

人気メーカーを選ぶのか、性能を重視するのか、価格で選ぶのか。選ぶ指標はさまざまですが、後悔しない製品選びをしましょう。

低価格帯の布団クリーナーについては以下の記事を参照してください。

低価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 ダニや花粉を撃退

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , ,