低価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 ダニや花粉を撃退

      2018/07/31

低価格布団クリーナー(掃除機)

布団で快適に眠るためには、布団に潜むホコリ、ダニ、花粉といったものが大敵となりますが、布団を干したり掃除機を使ったりしてもなかなか取り除くことはできません。しかし布団クリーナーがあれば、布団の中のゴミまでキレイに追い出すことができます。

ところが布団クリーナーには、ダイソン、アイリスオーヤマ、パナソニック、シャープなどのメーカーがさまざまな製品を出しているため、選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、手軽に試すことができる低価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。シンプルな機能で布団の汚れを落として快適な睡眠を約束してくれます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

布団クリーナーとは?

最近になって登場した布団クリーナー。新しいスタイルの掃除機ですが、いったいどのような家電なのでしょうか。

布団の中のゴミを取り除く掃除機

布団クリーナーは、その名の通り布団のために開発された掃除機のことです。

一般的に布団は干して叩くことでホコリやダニを撃退し、長期間にわたって使うことができるものですが、近年は花粉、PM2.5、黄砂などが問題となり、布団を干すことが難しくなっています。

また布団を干すのは重労働なうえに、突然の雨など天候の変化にも対応しなくてはなりません。

そこで人気を集めたのが布団クリーナー。手軽に布団を干すような効果を得られるため大きな注目を集めるようになりました。

布団クリーナーは意味があるのか?いらない?

布団クリーナーを使わない人の多くは、布団クリーナーを使うことに意味があるのか疑っている人やそもそも布団クリーナーなんていらないと考えている人も少なくありません。

布団クリーナーを使うことに意味があるのかどうかといえば、もちろん意味があります。

布団は洗ったり干したり手入れすることで衛生的な状態を保つことができますが、布団を洗ったり干したりするのは大仕事。簡単に布団の手入れはできません。

しかし布団クリーナーなら手軽に布団の手入れを行うことができます。

布団クリーナーを使えば分かりますが、布団の中にはチリやホコリ、さらにはダニなどが潜んでおり、布団クリーナーで布団を掃除するだけで布団の衛生状態は確実に改善されます。

ダニが繁殖した布団で寝ていれば肌トラブルの原因になるのはもちろん、アレルギーを悪化させる原因にもなります。

布団クリーナーを使う意味について問われれば、布団クリーナーは使う意味があると断言できます。

布団クリーナーの効果は?

気になるのが布団クリーナーの効果。布団クリーナーに、どのくらいの効果があるのか懐疑的な人も少なくありませんが、少し考えれば布団クリーナーに高い効果があることは理解できます。

例えば部屋の床やカーペットは、そのうえを歩いて普通に生活しているだけでもチリやホコリが溜まって汚れていきます。数週間も部屋を掃除しなければ、部屋が汚れた状態になってしまいます。

しかし部屋が常に汚れていないのは、定期的に掃除機などで掃除しているためです。カーペットも掃除機で掃除しなければ、恐ろしいほど汚れた状態となります。

布団も部屋のカーペットと同じで、毎日使っていれば必ず汚れます。特に1日に8時間程度、人間が眠っている場所であるため、その汚れ具合はカーペットどころではありません。

しかし布団は繊維の集合体であるため、汚れが見えにくくなっており、汚れていても汚れていることが実感できないようになっています。

布団クリーナーを使って布団を掃除してみれば、大量のゴミやチリを吸引することができます。つまりそれだけ布団クリーナーは布団の汚れを取り除く効果が高いということです。

吸引できる汚れの中には、アレルギーの原因となるダニなども含まれているため、定期的に布団クリーナーで掃除することで健康状態を改善できる場合もあります。

もし眠るときに咳やくしゃみが出る場合には、布団クリーナーで掃除するだけで咳やくしゃみが収まるかもしれません。

専用タイプと兼用タイプがある

布団クリーナーの中には、布団クリーナーとしてのみ使える専用タイプとハンディクリーナーとしても使える兼用タイプがあります。

また通常の掃除機の中にも、アタッチメントを取り替えることで布団クリーナーとして使える製品もあります。

専用タイプと兼用タイプの両方が布団を掃除することができますが、専用タイプは布団クリーナーとしての機能に特化しているため兼用タイプに比べて布団をキレイにすることに関しては大きな効果を発揮してくれます。

叩く、吸い込む、紫外線(UV)、熱風で掃除力が決まる

布団クリーナーは、主に4つの機能によって布団の中のダニやハウスダストを取り出し布団を清潔な状態にします。

3つの機能は、叩く、吸い込む、紫外線(UV)、熱風です。

叩く

布団クリーナーの多くに搭載されている機能で、布団を叩くことで内部のゴミやホコリを出します。

布団を干すときに布団たたきで布団を叩きますが、そんな効果を再現できます。

布団の表面を専用のブレードで叩いたり、凹凸のあるローラーを転がすことで叩く効果を得ることができます。

吸い込む

どんな掃除機にも搭載されている機能ですが、布団クリーナーにも搭載されています。

布団から出てきたホコリやダニを吸い取るための機能です。

一般的な掃除機は吸引力が掃除機を選ぶ際に重要な要素となりますが、布団クリーナーの場合は出てきたゴミを吸い込めれば問題がないため、それほど吸引力にこだわる必要はありません。

紫外線(UV)

布団クリーナーの中でも専用タイプに搭載されていることが多い機能で、UVランプを使って紫外線(UV)を布団に照射することで除菌します。

太陽光に含まれる紫外線を照射することで、天日干ししたような効果を得ることができます。

紫外線が強力な布団クリーナーを選べば、掃除力を上げることができます。

熱風

製品によっては、叩く、吸い込む、紫外線以外にも熱風を使って布団の状態を改善する機能が搭載されている製品があります。

熱風自体で布団を清掃できるわけではありませんが、熱風を布団に送り込むことで乾燥させることができ、ダニや細菌の繁殖を抑えたり布団を干したようにふわふわにする効果が期待できます。

布団を掃除しつつ布団乾燥機のような効果を得られるため、同じ機能で同じ価格の製品で違いが熱風機能の有無だけなら熱風機能が搭載している製品を優先しましょう。

紙パック式とサイクロン式がある

多くの掃除機と同じように、布団クリーナーにも紙パック式とサイクロン式の2種類が存在します。

紙パック式は、市販の紙パックを装着することで使うことができ、吸引したゴミを紙パックの中に溜めます。ゴミが増えると紙パックごと捨てることになります。

フィルターも紙パックに付属しているため、フィルターやダストボックスの掃除が不要で手軽に使えますが、紙パックを購入する必要があるためランニングコストがかかり、ゴミが溜まると吸引力を持続できません。

サイクロン式は、ダストボックスに吸引したゴミが溜まる構造となっています。ゴミが溜まると、ダストボックスを取り外してゴミだけを捨てます。

ゴミを捨てれば吸引力を持続することができ、紙パックが不要なためランニングコストがかかりません。一方でフィルターやダストボックスは定期的に手入れする必要があります。

紙パック式とサイクロン式、どちらの方式が使いやすいかは使用者の趣向や使用状況によって変わるため、好みの方式を採用している製品を選びましょう。

布団クリーナーの使い方

布団クリーナーは、どのように使うと効果的に布団に潜むダニやホコリを撃退できるのでしょうか。布団クリーナーの使い方をチェックしていきましょう。

基本的な布団クリーナーの使い方

1.電源コードをコンセントに挿す
2.布団クリーナーのスイッチを入れる
3.布団を広げる
4.布団クリーナーで布団を吸引する
5.何度も布団クリーナーを往復させる
6.布団の表裏を吸引できれば完了

布団クリーナーには、多彩な機能が搭載されているため、搭載されている機能をフル活用しながら布団を吸引しましょう

特に顔の周辺が汚れている状態だと、アレルギーの原因物質を吸い込んでしまうことになるため入念に布団クリーナーをかけましょう。

布団だけでなく枕の掃除も布団クリーナーで行いましょう。

布団クリーナーの手入れの方法

1.布団クリーナーのダストボックスを取り外す
2.ダストボックスとフィルターの汚れを捨てる
3.汚れがヒドい場合にはダストボックスとフィルターは水洗いする
4.ダストボックスとフィルターを乾燥させてから元通りに組み立てる

布団クリーナーのダストボックスとフィルターは取り外して水洗いできるようになっています。

ゴミやホコリがたくさんたまっていると、吸引力が低下してしまうだけでなく不衛生なため、必ず布団クリーナーの使用後にはダストボックスとフィルターをキレイにしておきましょう。

下水が詰まるなどの心配がある場合には、掃除機などであらかじめフィルターの汚れを吸引しておくことをオススメします。

低価格布団クリーナー(掃除機)の選び方のポイント

低価格布団クリーナーを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。低価格布団クリーナー(掃除機)の選び方のポイントを確認しておきましょう。

叩き機能の振動数

布団クリーナーの掃除力に最も大きな影響を与えるのが叩き機能の振動数です。

叩き機能の振動数が多くパワーがあれば、布団の繊維の中に入り込んでいるゴミなどを叩いて浮き上がらせることができます。

吸引力なども影響するため叩き機能だけで掃除効率が決定するとは限りませんが、出来る限り振動数が多い製品を選ぶことで清掃力に期待ができます。

紫外線(UV)のパワー

布団クリーナーにとって叩き機能と並んで重要なのが紫外線のパワーです。

布団クリーナーの紫外線ライトは太陽光ほど強いわけではなく長時間当てるものでもないため過大な期待をすることができない機能です。

しかし紫外線照射は布団クリーナーならではの機能であり、出来る限り強い紫外線を当てることで除菌効果を高めることができます。

布団クリーナーを選ぶときには、叩き機能と紫外線を重点的に見極めてみましょう。

専用タイプか兼用タイプか

布団クリーナーに、布団クリーナー以外の機能を求めるか否かによって専用タイプと兼用タイプのどちらを選ぶのかが決まります。

専用タイプと兼用タイプのどちらが優れているということはありませんが、基本的には専用タイプの方が布団掃除に特化しておりさまざまな機能が詰め込まれています。

布団をしっかりと掃除して、部屋の掃除には普通の掃除機を使うという人は専用タイプを選びましょう。

ハンディクリーナーとして布団クリーナーを使いたい人は兼用タイプを選びましょう。

価格

布団クリーナーは価格幅が広く、5000円~5万円程度で購入することができます。

一般的には値段が高ければ高いほど高性能になっています。また高価格帯の製品は専用タイプの製品が増えます。

低価格帯の布団クリーナーは1万円以下で購入することができます。

低価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、手軽に試すことができる低価格布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、価格、使いやすさ、口コミの評価などを比較してランク付けしています。

10位:オンライン生活 お布団専用掃除機 UVプラス LSJ-602

オンライン生活 お布団専用掃除機 UVプラス LSJ-602

布団クリーナー専用の掃除機で高速回転するブラシとUVランプで気軽に布団掃除できます。

重さ1.5㎏と軽量で、回転ブラシと紫外線殺菌ランプを搭載しています。

高速回転ブラシは1分間の6000回転で、ホコリ、花粉、毛髪などを布団の中から引き出して吸引します。さらに紫外線ランプから紫外線を照射して、布団を殺菌することができます。

センサーが搭載されており、回転ブラシと紫外線ランプは自動的に開閉されるため安全性にも配慮されています。また吸い込み口には、シーツなどの巻き込みを防止するブラシ枠が付いているため安心して使うことができます。

しっかりとした吸引力で布団のゴミを吸い出してくれる布団クリーナー。お手頃価格なため、試しに使ってみるには最適な製品です。

口コミの評価

・吸引力はかなりあります。ごっそりゴミが取れました。UVライトではダニを殺すことはできませんが、雑菌の除菌はできそうです。嫌な臭いを取り除くことができました。
・同一部類の商品は、たしかに多く存在する。がこの商品でも個人的には十分ごみがとれたように感じたので満足だ。入門機として購入してはいかがだろうか。
・安いからどうかな?と思ったけど、ちゃんとハウスダストを吸ってくれるしライトで布団が温かくなりとても気持ちが良いです。
・値段も高すぎず、重さもちょうどいい位。コードが長く、使いやすい‼️
・この掃除機をかけたあと布団に入るとサラサラ燗がメチャクチャあります!ただ、長く使うと本体が熱くなるなで、休みながら使っています!か

9位:ISILER ふとん掃除機 iSiLER 布団クリーナー MC611

ISILER ふとん掃除機 iSiLER 布団クリーナー MC611

パワフルな吸引力で布団の奥に入り込んだダニを逃さない布団クリーナーです。

2種類の多振動たたきパッドを搭載しており、振動板は毎分3000回というスピードで振動。効果的に布団の奥からダニを追い出します。さらにパワフルな吸引力と広い吸引口で範囲のゴミを吸引することができます。

UVライト機能も搭載しており、UVライトによって99%のダニを撃退することができます。

着脱可能な持ち手付きとなっており、付属部品を取り付けることで布団クリーナーとしてだけでなくハンディクリーナーや床用掃除機としても使用することができます。コンパクトな掃除機としても使用できるため1台3役で大活躍してくれます。

電源コードは4mと長いため、布団から離れた場所でも快適に掃除することができます。電源コードの長さに制限されず、取り回しにも優れています。

集塵カップとフィルターは取り外して水洗いすることができるため、常に清潔な状態を保つことができます。

ハンディ掃除機としても使用できる汎用性に優れた布団クリーナー。ハンディクリーナーと布団クリーナーを併用したい人にオススメの1台です。

口コミの評判

・UVランプ付きの布団クリーナーを探していてこちらを見つけました。布団クリーナー以外に通常の掃除機としても使用でき付属品が色々付いてくるところも良かったと思います。この値段でしたらコスパ高い商品だと思います。
・ずっと前から布団用の掃除機が欲しかったので、購入しました。デザインは良いです。パワーもあるし重くはないと思います。3機能で幅広く利用できます。外で叩いて掃除するのがものすごく大変だったので掃除機でやるのは非常に楽に感じた。重いなと感じましたが、布団にかけるのに慣れてくると手早くできるようになって気にならないです。とにかく、大事に使わせていただきます。
・外に干すにはベランダが狭いこと、PM2.5による大気汚染、干してもダニの死骸はとりきれないことを考えこちらも購入しました。デザインは良いです。パワーもあるし重くはないと思います。3機能で幅広く利用できます。
・アレルギー体質がひどく、ホコリ・ダニなどで鼻が痒くなって寝られなくなることがしばしばあり、思い切って購入しました。もともと防ダニのほこりの出にくいふとんで寝ていましたが、それでも布団クリーナーでお掃除したら結構な量のホコリやらなんやらが出てきてびっくりしました。重いなと感じましたが、布団にかけるのに慣れてくると手早くできるようになって気にならないです。3WAYタイプなので掃除機としても使えるからほんとに優れものだと思います。コスパ最高です。

8位:ツカモトエイム ecomo ふとん用UV除菌クリーナー HEAT AIM-UC05

ツカモトエイム ecomo ふとん用UV除菌クリーナー HEAT AIM-UC05

特殊な掃除機で人気を集めるツカモトエイムの専用の布団クリーナー。温風を噴き出して布団を乾燥させる機能を搭載しています。

布団クリーナーとしては最軽量クラスの1.4㎏。軽いため女性が片手で扱っても疲れることがありません。

布団叩き機能に優れており、毎分3500回の強力振動で布団内の汚れを叩き出します。ダニアレルギンは99.0%除去、スギ花粉アレルゲンは99.7%除去できる実力派です。さらに紫外線を照射できるため除菌することも可能。大腸菌や黄色ブドウ球菌も99%以上の除菌を実現します。

吸引口にも工夫があり、下部だけでなく掃除機の上部にも吸引口があるため舞い上がったホコリもキャッチ。部屋が汚れることがありません。

特徴的なのが温風システムで、布団クリーナーから温風が噴き出して布団を乾燥させることができるため、使用後にはダニを撃退できるだけなく布団がふかふかになります。

電源コードが4mと長いため、広い範囲で使用することが可能。布団以外にも、ソファ、クッション、カーペットなどを掃除することができます。

4つの清掃機能と使いやすさを両立している布団クリーナー。音が大きく静音性には優れていませんが機能的に優れており実用性の高い布団クリーナーです。

口コミの評価

・レイコップより断然軽くてコンパクト。レイコップの時は重くて億劫になって結局全然使わなかったのが、これなら「ちょっとかけとこう」って気軽に使えるので、しょっちゅうお掃除できてて大満足です!
・スイッチを入れると、甲高いモーター作動音が鳴り響きます。まるで空襲警報のような・・・。夜間に使用する機会が多いと気になる音質、音量だと感じました。
・吸引力は、一度使用してフィルター内を見てみると沢山の埃が取れていました。叩きと、紫外線でダニやハウスダスト対策効果を発揮してくれそうです。
・見た目よりも重く感じましたが、その重さがあるから力を入れずに布団の上をスムーズに動かすことができます。最大3500回のたたき、強力振動で布団の奥からゴミをたたき出すということで、細かな振動が伝わってきます。

7位:シロカ ハンディ布団クリーナー SVC-350

シロカ ハンディ布団クリーナー SVC-350

布団クリーナーとハンディクリーナーとして使える兼用タイプの掃除機で、紫外線ランプの強さが特徴となっています。

本体の重さは2.1㎏と大きめの掃除機で、ヘッドを取り外すことでハンディクリーナーとして使える1台2役の掃除機です。

布団叩きと紫外線ランプで布団を清掃します。布団叩きは毎分3600回でホコリやダニを追い出し、紫外線照射で殺菌。最後にホコリやダニを強力に吸い込みます。

除菌率、ダニ吸引率、花粉除去率はそれぞれ99%を超えており、高い清掃力で布団を清潔な状態に保ちます。

コードの長さは4.5mあるため広範囲の掃除が可能。パワーがあるため運転飲は80dBは大きく静音性に優れた製品とはいえません。

普段はハンディクリーナーとして使い、布団を掃除したいときには布団クリーナーとして使える汎用性が高く無駄のない製品。布団クリーナーをハンディクリーナーとして使いたい人にはオススメです。

口コミの評価

・育児の隙間時間に、布団をお掃除できます。布団クリーナーなんて必要なのかずっと疑問だったのですが、あればあるで髪の毛やほこりを除去することができて大変便利。ハンディクリーナーとしても活用してます。
・絨毯の掃除用に購入しましたが吸い込みも力強くほこりやごみを気持ちよく除去してくれます、上から吸い込んだごみが見えるのもいいですね。
・持ち運びも良くて埃が見えるから綺麗になった感も抜群。カーペットにも使える。
・重量はあるもののこのお値段にしてはスグレモノで、安っぽいかんじはなく、吸引力も確かで、布団が心地よくなり満足です。

6位:ROOMMATE イオニシモ搭載ふとんクリーナー クリーンマンタ EB-RM6500S-WH

ROOMMATE イオニシモ搭載ふとんクリーナー クリーンマンタ EB-RM6500S-WH

強力な振動と高温熱風によって布団を蘇らせる布団クリーナーです。

マンタという名前通り、エイのような形をしている布団クリーナーで重量は1.35㎏と非常に軽量のため長時間使用しても疲れにくくなっています。

プラズマイオン、布団叩き、熱風、紫外線ランプ、強力吸引という5段構えの掃除機で、布団に潜むアレルギー物質を徹底的に取り除きます。

布団叩きの振動数は毎分4000回と多く、さらに50℃の熱風と紫外線で布団の中のダニや細菌を撃退します。さらに搭載されているイオン発生器「イオニシモ」によって布団を消臭してカビやダニの発生を抑制します。布団から追い出されたゴミは強力なモーターによる吸引でキレイに吸い取られます。

コードの長さは4mもあり、ベッドや枕などの寝具、ソファや布製の椅子、カーペットやクッション、ぬいぐるみ、衣類、車のシートなどさまざまな場所で使うことができます。

5つの機能で徹底的に布団からアレルギー物質を取り除くことができる掃除機。軽くて使いやすいのも高評価です。

口コミの評価

・毎日が楽しくなるくらい使っている商品で、大変、気に入ってます。
・このクリーナー使った後の布団やクッション等触るとまるでお日様に干したかの様な柔らかい触り心地になり干せない物でもコレがあれば大丈夫!因みに僕の使ってる敷布団が干せないので大いに助かりました。ダニに食われて痒くて困ってたのが改善されました。
・音は普通の掃除機より小さいです。夜遅くなければいつでもかけられそうです。肝心の使い心地ですが、かなりホコリが取れました。かけた後のお布団はふわっとしていて気持ちいいです。
・小さいのに使ってみたら凄いパワーでした。値段も安く小さいのに言う事なしですね。コロコロ見たいに暇があれば掃除しちゃってます。

5位:PUPPYOO 布団クリーナー JJJD60900JP

低価格ながら叩き回数が非常に多い布団クリーナー。紫外線と布団叩きで徹底的に布団の汚れを浮き上がらせます。

重量1.57㎏の軽量タイプの布団クリーナー。コード長さが4mあり、片手で自由に使うことができます。

毎分8000回の振動プレートが上限運動を行い、激しく布団を叩いて潜んでいるダニや花粉などを浮き上がらせます。さらに回転ブラシは布団表面の取りにくい髪の毛やペットの毛を絡め取り、紫外線ランプから紫外線を照射して除菌を行います。

ダストボックス、ステンレス製メッシュガード、HEPAフィルターは取り外すことができて水洗いが可能。常に清潔に保つことができます。

7000円前後という低価格でありながら毎分8000回という布団叩き回数を実現している布団クリーナー。高価格の布団クリーナーに負けない清掃力を発揮できます。

口コミの評価

・使ってみたところ、値段は安いですが電気屋で触ったレイコップと大差ない感触でした。重さも片手で扱うのにちょうどいいくらいです。早速布団で試してみたところ、キレイだと思っていたはずなのに結構白いゴミが取れました。
・値段の割りにUV除菌やダニ除去、吸引力も悪くないです。大きさは、ハンディサイズですが片手で持つには少し重いかもしれません。コンセントにさして電源ボタンを押すだけのシンプルなつくりになっています。
・女性でも片手ですぐ持てる重さになっており、UVランプもセンサーに触れてない限り電源を入れておいても付かないので子供が勝手に触ったりしても安心です。音も思ってた以上にうるさくなく、布団を振動させる叩きと吸引も抜群でハウスダストが減ってくれそうです!!
・使用感は良く、ハウスダストのアレルギーを持ってる私ですが、鼻水でることが少なくなったような気がします。
・子供の毎朝のアレルギー症状が激減しました。布団乾燥機でダニ退治のあと、掃除機で吸うのがめんどいなあと思っていたのも見事解消。それからとても軽いので、掃除が楽にできます。疲れません。

4位:パナソニック 紙パックレス式ふとんクリーナー 赤外線センサー搭載 MC-DF110C

パナソニック 紙パックレス式ふとんクリーナー 赤外線センサー搭載 MC-DF110C

パナソニックの紙パックタイプの布団クリーナーです。

赤外線センサー搭載している布団クリーナーで微細なゴミやダニまで赤外線で感知。ゴミやダニを発見するとセンサーが光って知らせてくれるため、重点的に掃除すべきポイントが簡単に分かります。

吸込仕事率は180Wというハイパワーになっておりアレルギー物質を含むハウスダストの99%以上除去することができます。

4層のフィルターを採用したことで吸ったノミやダニはしっかりとキャッチします。細かなゴミが排気と一緒に排出されるようなことはありません。

本体重量は1.9kgと軽量になっており、ボディのデザインがスリムなためスムーズに掃除することができます。ロングホースが付属しているため本体を置いた状態でも掃除可能。腕力がない女性でも簡単に扱うことができます。

ヘッドには、布団に吸い付かない抗菌W回転ローラーを搭載しており、2つのローラーで布団を叩きながらブラシが繊維に絡んだゴミやダニを書き出すため、しっかりと掃除することができます。

小型ノズルや隙間ノズルが付属しており、ハンディクリーナーとしても使うことができます。

赤外線センサーで掃除すべきポイントを簡単に見つけ出し、キレイになるまでしっかり掃除できる布団クリーナー。パナソニック製という信頼感もあり、ハンディクリーナーとしても使いたい人にピッタリです。

口コミの評判

・ハウスダストアレルギー発覚のため購入。使いやすい。結構重いけど小型だし収納も大変じゃない。音は結構出るけど、まあまあ許せる。センサーが付いてるのが好き。
・コンセント式なので、バッテリーを気にせずに使えます。車内の掃除にも重宝してます。
・吸い込みも強力ですし、アタッチメントもあるので、これ1台でふとんどころか部屋中を掃除できます。
・音はやや気にはなりますが、吸引力がよく、ゴミやホコリなど、目に見えて分かるので、大変気持ちがよく掃除をすることができます。

3位:TENKER 布団クリーナー P00254

TENKER 布団クリーナー P00254

布団叩き、紫外線、温風で徹底的にダニやホコリを取り除くことができるハンディクリーナーと布団クリーナーとして使える兼用タイプの掃除機です。

重さ2.3㎏と重めの布団クリーナーですが、ローラー付きのため転がして使うことが可能。ハンディクリーナーと布団クリーナーとして使える汎用性の高い製品です。

布団クリーナー機能としては、布団叩き、紫外線、温風という3段構えで汚れを除去します。特に布団叩き機能は優れており、他社製品と比較しても非常に多い毎分8000回という振動数で徹底的にアレルギー物質を浮き上がらせます。

コードの長さは4mあり、広範囲の掃除が可能。ダストカップとフィルターは取り外して水洗いすることができます。

アタッチメントを交換すれば、サイクロン式のハンディクリーナーとして使うことも可能。普段使いすることもできます。

強力な布団叩き機能に加えて、紫外線と温風で除菌や消臭効果も期待できる布団クリーナー。汎用性が高く徹底的に使い倒すことができる掃除機です。

口コミの評価

・音もそんなに大きくなく、いつでも気軽に使えます。一回でフィルターにびっしり埃がつき、手でペロッとめくれるほど。
・思ったよりも少し重たかったけれど吸引力も強く期待通りの商品でした。
・掃除機としては結構強力な吸引力があります。細かなゴミなどスイスイ吸い取ってくれます。アタッチメントとしては、隙間ノズルが付属してきます。
・初めて使用しましたが、面白いくらいにゴミが取れます。白い粉のようなものがどんどん溜まって気持ちがいいです。調べてみるとダニの糞らしいです・・・。ダストカップも簡単に取り外しでき、ゴミ捨ても楽ちん。水洗いもできるので清潔に保てます。

2位:Dibea 布団クリーナー UV-808

Dibea 布団クリーナー UV-808

たたき機能とUVランプ機能を搭載している本格派の布団クリーナーです。

高速振動パッドを搭載しており封筒の表面だけでなく布団の奥に潜むダニやホコリを浮き上がらせることができます。

350Wのハイパワーで吸引し、布団の表面に浮き上がったゴミを逃さず吸引してくれます。

UVランプを搭載しているためアレルギー物質を除去することが可能。ダニもしっかり撃退できます。

布団から布団クリーナーが離れるとUVランプが自動消灯するため、安全性にも配慮されています。

運転後には、本体の右側の排風口から熱風を排出し、布団を乾燥させることが可能。脱湿、防湿の役割を果たし、布団をふかふかに仕上げてくれます。

電源コードは4mあるため、コンセントの位置を気にせず使用することが可能。動かすことができないベッドの掃除では非常に便利です。

HEPAフィルターを搭載しており、吸い込んだゴミをしっかり除去。HEPAフィルターにティッシュペーパーを1枚敷いておけば、お手入れも非常に簡単になります。

ダストボックスとフィルターは水洗いすることができるため、清潔な状態を長く保つことができます。

低価格ながらしっかりとした吸引力に多彩な機能で布団の汚れを取り除いてくれる布団クリーナー。これだけの機能を詰め込んだ布団クリーナーが8000円前後という低価格なことに驚きです。

口コミの評判

・スイッチを入れると、力強く布団をたたいてくれます。この強さだと、布団の表面だけでなく、奥にあるホコリまで、たたき出してくれる感がありました。しかしその力強さと反し、音は静かで気にはなりませんでした。UVランプ搭載ですので、アレルギー物資までも除去してくれるでしょうし、布団から数センチ離れると、UVランプが自動的に消えるので、紫外線を心配することなく、安心して使う事ができます。
・花粉症が酷いため毎日の布団のクリーニングに悩んでおり、自宅で手軽に使えるクリーナーを探していました。片手でも持ちやすく操作もしやすく、またコードレスではないもののコートどの長さも十分にあるため快適に使用できます。目に見えない汚れだからこそ吸引力が高く安心して使ってられます。
・中国製なので製品に不安もありますが、今のところ問題なく使えています。テッシュを挟むとすぐにごみが捨てられるというのも気に入っています。吸引力もあり、すぐ白い粉のようなごみがびっしりとたまります。毎日かけてもあまり苦にならない重さです。購入して良かったです。
・出産を控え赤ちゃん用のおふとんのお掃除用として購入しました。ペットもいるのでノミ・ダニが気になっていて、毎日干すのも大変なのでとても期待しています。高速振動でホコリや花粉などを叩き出してくれること、ゴミをしっかりと吸収して99パーセンの以上を取り除いてくれるので、試しに使ってみたら掃除したあとはおふとんがさらさらになっていました。花粉対策にも使えるので春にも活躍しそうです。大きな出費ではありましたが、買ってよかったと思っています。見た目のデザインも近未来的でスタイリッシュなのもおしゃれですね。

1位:アイリスオーヤマ 超吸引布団クリーナー IC-FAC2

アイリスオーヤマ 超吸引布団クリーナー IC-FAC2

低価格で高品質の家電に定評のあるアイリスオーヤマの布団クリーナー。シンプルでスタイリッシュなデザインで、しっかりとした機能を兼ね備えています。

業界最軽量クラスとなる1.6㎏という本体重量で、片手でも軽々と使うことができます。

幅20㎝のヘッドは毎分6000回の叩きを実現。激しく振動して追い出したゴミは、独自の「サイクロンストリームヘッド」による縦回転サイクロン気流と本体内部の横回転サイクロン気流で強力に吸い上げます。

高感度ダニちりセンサーを搭載しており、ダニ、花粉、チリの量を検知してダストボックスの色が変化。汚れが多い時は赤色、キレイになったら緑色に点灯するため汚れが可視化され、無駄なく効率的に布団を掃除することができます。

さらに吸引と同時に温風が噴出するため、布団内のダニの繁殖を抑えつつ布団をふっくらと仕上げることができます。

ヘッドにも工夫があり、可動域のあるヘッドの角度が変わるためスムーズに掃除することができます。

サイクロン式で紙パックが不要なためランニングコストがかからず、ダストカップは取り外して水洗いできるためお手入れも簡単です。自立式のため縦置きすることができ、使いたいときにサッと取り出して掃除機をかけることができます。

紫外線機能はないものの、強力な叩き機能と温風でしっかりと布団のゴミを取り除くことができる布団クリーナー。人気製品のため使用者も多く信頼性のある製品です。

口コミの評価

・意外と使い易い、コードレスが良いかなと思ったけど寝室オンリー製品なのでコード式で十分でした。性能もいうことなしですね。
・使いやすい、軽い、見た目も良い! 必要なら、是非やってみてください!
・吸い取っているごみの量が緑から赤の光の色で大きく表示され、特に埃等が多い時には赤色に輝くので説得力があり、いかに布団の中が汚れているかを実感できる。音もそれ程大きくなく、重さも適量で使い勝手が良い。ただ、ダストボックスのゴミ出し清掃に手間がかかる。
・布団を吸い込まないので便利です。コードも十分長く、収納もかさばらず、手軽に使えます。

まとめ

寝ているときに咳が出たり、寝苦しかったりしても、布団に問題があることにはなかなか気付けません。布団の状態は睡眠に大きな影響を与え、安眠にふかふかの布団は欠かせません。

布団の問題を解決するために一家全員分の寝具を取り替えるのは大変ですが、布団クリーナーなら1台あれば布団を蘇らせることができ、さらに布団を良好な状態で維持することもできます。

一人暮らしの場合なら、兼用タイプの掃除機を買うことでハンディクリーナーとしても布団クリーナーとしても使えるため無駄がありません。

低価格帯の布団クリーナーなら、だまされたと思って試しに勝手使ってみることもできるため、布団の状態に自信がないなら一度、布団クリーナーを試してみましょう。

高価格帯の布団クリーナーについては以下の記事を参照してください。

布団クリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 レイコップやダイソンが大活躍

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , ,