ロボット掃除機を効率よく使う方法とは?掃除前の下準備で掃除効率が上がる!!

   

高価格のロボット掃除機

スイッチを入れるだけで勝手に部屋中を走り回り自動的に掃除してくれるロボット掃除機。ロボット掃除機を使ったことがない人は「便利で時短できる」と飛びついてしまいますが、上手く使いこなせなければ「思った通りの働きをしない」と使うのをやめてしまうこともあります。

今回は、ロボット掃除機の作業効率を最大限にアップさせる方法をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ロボット掃除機ができること

部屋中を走り回って自動的に掃除してくれるロボット掃除機ですが、ロボット掃除機にもできることとできないことがあります。

ロボット掃除機を、高価格帯ロボット掃除機、低価格帯ロボット掃除機、拭き対応ロボット掃除機の3つのタイプ別にして、それぞれのタイプができることをご説明します。

1.高価格帯ロボット掃除機

高性能で多機能なロボット掃除機。最先端のカメラやセンサーを備えた製品があります。

形状にこだわってゴミを収集しやすく工夫されているものや掃除をするだけでなく人工知能によって会話ができる製品もあり、掃除機としての機能だけでなくロボットとしての機能が強化されている製品も少なくありません。

高価格帯ロボット掃除機は、各種のセンサーによって部屋の形状、壁や家具の位置、段差の有無を感知することが可能で、広範囲をカバーしており部屋の隅々まで掃除をすることができます。

また掃除する範囲を限定することもできるため、掃除してほしい場所をピンポイントで重点的に掃除することができます。

2.低価格帯ロボット掃除機

掃除機としての機能を重視したシンプルな製品が多く、複雑な機能を搭載していません。

部屋の中を走りまわり単純にゴミを回収するだけの機能しかない製品も少なくなく、価格は安いものの高価格帯ロボット掃除機のような細やかな仕事は期待できません。

よくても衝突回避センサーや落下防止センサーが付いている程度で、さらにシンプルなものはセンサーが付いていないものもあります。

閉め切った部屋などを走らせて掃除させるという使い方が一般的で、掃除にムラがあり壁際のゴミが回収できないこともあります。

3.拭き対応ロボット掃除機

フローリングなど拭きが必要な場所で活躍するロボット掃除機。通常の掃除と拭きの両方に対応している製品もあります。

拭き対応ロボット掃除機の中には、水拭きができるタイプの製品もありフロアやフローリングでは通常のロボット掃除機では取り除けないような汚れも取り除くことができます。

一般的には走り回りながら搭載されているモップを使って床を拭いていきます。

製品によって段差に弱く、カーペットなどに乗り上げると動かなくなるものもあります。

部屋の状態を確認

ロボット掃除機を効率よく掃除させるためには、ロボット掃除機が掃除しやすい部屋にしておくことが大切です。部屋をロボット掃除機が掃除しやすい状態にしましょう。

床の上にモノを置かない

ロボット掃除機は床の上のゴミやホコリを回収します。そのため床の上にモノが多く散らかっていると、必然的に掃除できる範囲が狭まってしまいます。

またロボット掃除機は障害物にぶつかると方向転換しますが、置かれたモノが軽いとロボット掃除機がモノを押してしまいます。

スタンドやゴミ箱などは、軽いうえに倒れることもあるため、ロボット掃除機が当たることで余計に部屋が散らかったり置かれているモノが壊れたりすることもあります。

さらにモノが置かれた状態だとロボット掃除機がモノに引っかかって身動きが取れなくなることもあります。

床の上はできるだけ片付けておき、ロボット掃除機が自由に動きやすい環境にしましょう。

隙間にロボット掃除機が入り込めるようにする

ロボット掃除機はベッドやソファの下に潜り込んだり、部屋の角や家具と壁の隙間にも潜り込むことができます。

ロボット掃除機が入り込める隙間は、ロボット掃除機のサイズによって異なるため、隙間の広さをロボット掃除機のサイズよりも広くしておくことで隅々まで掃除させることができます。

逆にロボット掃除機のサイズよりも隙間が小さければ、ゴミやホコリは溜まるのにロボット掃除機には掃除できない場所となってしまいます。

家電のコードを収納する

家電を置いていると床にコードが置かれた状態になりますが、このコードがロボット掃除機には大敵です。

コードはロボット掃除機に引っかかりやすく、コードの太さもロボット掃除機が乗り越えられるか乗り越えられないかの微妙な高さを作り出します。

ロボット掃除機が行動する範囲には、コードが置かれた場所を作らないようにしましょう。

フローリング、カーペット、畳

ロボット掃除機には、製品によって対応している床材が異なります。

基本的にはフローリングやタイルにはどのロボット掃除機も対応していますが、カーペット対応と畳対応は製品ごとに異なります。

カーペットや畳の上を掃除させたい場合には、対応している製品を選びましょう。

またロボット掃除機を効率的に使うために、あえてカーペットを敷かないようにしたり、掃除しやすい毛足の短いカーペットに変えるのも有効です。

部屋を隔てる敷居と階段

最近の住居はバリアフリーに対応しているため敷居が低くなっていますが、建物によっては敷居が高い場合があります。

ロボット掃除機が乗り越えられる段差の高さは製品によっても異なりますが、最大でも20㎜程度となっています。

敷居が高い場合には、ロボット掃除機には一部屋ずつ掃除させるかカーペットなどを使って敷居の段差を小さくして段階的に敷居を通過できるように工夫しましょう。

またロボット掃除機の行動を物理的に制限するのが階段です。

ロボット掃除機はフロアは移動できますが上下には移動できません。階段が多い家では、ロボット掃除機が動ける範囲を広げることができず効率的に掃除できません。

階段の多い家では、高価格のロボット掃除機を1台買うのではなく、低価格のロボット掃除機を数台買って各階をそれぞれに掃除させることで効率的に掃除できます。

ロボット掃除機を効率よく使う方法

ロボット掃除機の使い方を考えることで、より効率的にロボット掃除機を運用できます。

床にモノを置くときにはまとめて重くする

床にモノを置かないことがロボット掃除機を効率的に使う方法ですが、生活している以上、床にモノを置くこともあります。

そんなときには、置くモノをカゴに入れてまとめたり重しを使って重くしておくことで床にモノを置けるようになります。

ロボット掃除機がモノにぶつかってトラブルを起こす場合、その多くがモノが軽いことでロボット掃除機がモノを押してしまったり倒してしまったりすることが原因となります。

そのためモノ自体を重くすることで動かない障害物となり、ロボット掃除機がモノを避けられるようになります。

重さの目安は10㎏程度。10㎏程度の重さにしておくことで不足のトラブルを回避することができます。

家電や家具は壁に寄せる

広い空間を作ることでロボット掃除機は効率的に動き回ることができるため、家電や家具を部屋の隅に寄せておきましょう。

家電を部屋の隅に寄せれば、コードも一緒に壁に寄せることができ固定も簡単。コードの上をロボット掃除機が通過して引っかかるというトラブルも防ぐことができます。

充電台に帰りやすくする

ロボット掃除機の中には自動充電機能を搭載している製品もあります。しかしロボット掃除機が戻りにくい場所に充電台を設置してしまうと、充電台に戻れず無駄に走り回ったり途中で停止することがあります。

充電台は部屋の隅やくぼみに設置したくなりますが、ロボット掃除機が充電台を見つけにくくなり戻ることを妨げる原因にもなります。

できるだけ周囲に広い空間があるロボット掃除機が戻りやすい場所に設置しましょう。

フローリングが多いなら床拭きロボット掃除機

ロボット掃除機というと吸引タイプが主流ですが、フローリングが多いなら拭き掃除に対応している床拭きロボット掃除機を採用しましょう。

水拭きできるタイプの床拭きロボット掃除機も多く、多少のホコリや髪の毛なら拭き取ってくれます。吸引タイプ以上に床をキレイに磨き上げるためフローリングでは大活躍します。

稼働音がうるさいなら床拭きロボット掃除機

ロボット掃除機を使っていて音が気になることも少なくありません。そんなときにも床拭きロボット掃除機を使いましょう。

床をモップで拭くという構造上、吸引型に比べて音が出ません。夜中に稼働させても気にならないほど静かに掃除してくれます。

床拭きロボット掃除機は、カーペットには対応していないため使える場所や状況は限られていますが、フローリングが多いなら静かにキレイに掃除してくれます。

仕上げは人間が行う

どうしても細かな部分まで納得できる掃除をロボット掃除機ができないなら、割り切った使い方をしましょう。

広い範囲をロボット掃除機に任せて、仕上げは人間が行うという使い方をすれば効率よく掃除をすることができます。

ロボット掃除機は、掃除の補助程度に考えてロボット掃除機が得意な場所を任せましょう。

まとめ

使いこなせれば掃除の大幅な時短になるロボット掃除機。条件さえ整えば掃除機以上に大活躍してくれることもあります。

ロボット掃除機が得意な掃除をしっかりと知ったうえで活躍できる場所を用意してあげましょう。

各種のロボット掃除機のオススメ人気比較ランキングについては以下の記事を参照してください。

高価格帯ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 自動でしっかり掃除

低価格帯ロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 お手軽に自動掃除

床拭きロボット掃除機のオススメ人気比較ランキング 2016-2017 拭き掃除機能で床がピカピカ

 - ライフハック・ノウハウ, 掃除 , , , , , , ,