効率の良い換気方法と換気の効果とは?換気時間5分で室内がリフレッシュ!

   

窓を開けて換気している女性

部屋の空気を入れ替える効率的な方法といえば換気。しっかりと換気するだけで室内をリフレッシュさせることができます。しかしいざ窓を開けてみると「もっと効率的な換気方法はないの?」「換気すると具体的にどんな効果があるの?」「どれくらいの時間換気すればいいの?」など、さまざまな疑問が去来します。

そこで今回は、効率的な換気方法や換気の効果、さらに目安となる換気時間について解説します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

換気の効果

換気の重要性についてはよく聞きますが、その効果について詳しく答えられる人はなかなかいません。換気をすると具体的にどのような効果があるのでしょうか。

シックハウス症候群を防ぐ

シックハウス症候群とは、新築の住居などでよく発生する倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良のことをいいます。

シックハウス症候群は、建材や家具に利用されているホルムアルデヒドなどの化学物質が空気中に揮発し、汚染された化学物質を吸い込むことで引き起こされます。また化学物質以外にもカビや微生物の空気汚染が原因になる場合があります。

近年の新築住宅は化学物質を使用した建材が使われる一方で気密性の高い構造となっており、部屋を閉め切った状態にしていると空気が著しく汚染される場合があります。

換気を行うことで、シックハウス症候群の原因となる化学物質で汚染された空気を新鮮な空気と入れ替えることができ、結果、シックハウス症候群を防ぐことができます。

ハウスダストを除去する

ハウスダストとは、室内で漂っている塵のこと。ハウスダストの中にはアレルギー物質も含まれています。

換気を行わずに部屋を密閉していると、ハウスダストが部屋の中を漂ったまま屋外へ排出されません。

適切に換気を行うことでハウスダストで汚染された空気が屋外へと排出され、新鮮な空気が室内に入ります。

二酸化炭素などの有害ガスを排出する

人間が呼吸をしたり燃料を燃やしたりすると発生する二酸化炭素などの有害ガス。これらも換気によって排出されます。

密閉性の高い建物の場合、特に有毒ガスが換気されないことは非常に危険で事故などにつながる場合もあります。

窓を開けて空気を入れ替えるとリフレッシュ効果が得られることがありますが、それは二酸化炭素が排出され酸素が多い空気が室内に入ることによる効果でもあります。

嫌な臭いを軽減する

密閉された部屋に入ると嫌な臭いがすることがありますが、それは室内の空気に放出された化学物質などが原因となっています。

ハウスダストなどで汚染された空気が入れ替わっていないということは、嫌な臭いも部屋の中に閉じ込められている状態であるということです。

換気をすることで、部屋の中の嫌な臭いを除去することができます。

ダニやカビを抑える

室内に潜むダニやカビ。よどんだ空気が大好きな生き物であるため、換気をしなければもちろん増殖します。

適切に換気をして空気を動かすことで、目には見えないダニやカビの発生を抑えることができます。

カビやダニを減らすことができれば、ハウスダストやシックハウス症候群の軽減にもつながります。

窓の結露を防ぐ

換気をせずに人間が活動をすれば、調理や暖房器具などによって室内の湿度と温度は上がります。その結果、冬場には外気との差によって窓に結露が発生します。

換気を定期的に行うことで室内の温度と室外の気温の差を縮め、さらに室内の湿度を下げることができます。すると結露の発生を防ぐことができます。

結露で困っているなら、多少寒くてもしっかりと換気しましょう。

効率の良い換気方法

換気が重要なことは分かっていてもなかなか換気できないのには原因があります。しかし効率の良い換気方法を知っていれば、換気できない原因を解決してスムーズに換気できるようになります。

暑い夏場の換気準備

暑い夏場に換気をすると屋外から熱風が入ってきます。そのため一度冷房をかけた部屋では、なかなか換気に踏み切ることができません。

暑い夏場に換気をする場合には、朝方や夕方など気温が下がっている時間帯を中心に換気することを心がけましょう。

また昼間に換気をする場合には、遮光ネットやすだれなどを窓の外側に設置して窓を開けても直射日光が室内に入らないようにしましょう。

寒い冬場の換気準備

寒い冬場の換気は夏場の換気とは対照的に寒風が入ってきます。そのため暖房で部屋を暖めていると、なかなか換気する気が起きません。

そのため冬場に換気する場合、あらかじめ厚着をしておきましょう。上着を一枚羽織ってから換気をすれば、換気の寒さを軽減することができます。

また普段から室温を上げすぎなければ、外気との温度差が縮まり換気のハードルを下げることができます。

空気の流れ道を作る

換気で最も大切なのは、空気の流れ道を作ること。どれだけ窓を開けても空気の流れ道がなければ空気は動いてくれません。

部屋の中のよどんだ空気を外へ出し、部屋の外の新鮮な空気を中に入れることをイメージして換気しましょう。

空気を入れるための入り口と空気が出るための出口を作れば、基本的には風が通るようになります。

部屋の対角線上の窓を開ける

風の出口と入口を作ったからといって空気が効率よく入れ替わることはありません。

最も効率的に部屋の空気を入れ替えるには、部屋の対角線上の窓を開けるのが一番です。

部屋の両端から空気が入って出ていくということは、部屋の中心が空気の通り道になるということ。つまり部屋の隅々まで空気が動く可能性が高まるということです。

高低差のある窓を開ける

部屋の対角線上に窓がない場合には、高低差を生かした換気が効果的です。

空気は温度が高ければ上へと昇り、温度が低ければ下へと下がります。この特性を利用して、低い位置の窓と高い位置の窓を開けておくことで温かい空気が上の窓から外へ排出され、冷たい空気が下の窓から屋内に入るようになります。

温度差を利用する換気法は「温度差換気」と呼ばれており、非常に効率的な換気方法のひとつです。

窓は全開にしない

たくさんの空気を入れ替えようと思えば、窓はできる限り開けた方が効果的だと考えがちですが、窓を全開にしたからといって空気が動くとは限りません。

強い風が吹いていれば窓を大きく開けばその分だけ風が入りますが、吹いている風が弱ければ風の力で室内の空気が効率的には換気されません。

また窓を大きく開けると空気は入れ替わらないのに室内の温度だけが外気温と近づくため、換気できずに部屋が暑くなったり寒くなったりするだけです。

換気をする場合には、窓の大きさにもよるものの5㎝~15㎝の隙間を開けて風の通り道をしっかり確保すれば、スムーズに効率よく換気が行われます。

入口は小さく出口は大きく

流体は狭い隙間から入る方が勢いよく入り、逆に広い隙間から出る方が小さな力で出ていきます。

この特性を生かすことで、吸気口は小さくして排気口は大きくすることで効率的に空気を動かすことができます。

空気の流れが把握できた場合には、空気の入り口となる窓の隙間を小さくし、空気の出口となる窓の隙間は大きく確保しましょう。

湿度が低い時間帯に換気する

換気を行う場合には、できるだけ湿度が低い時間帯に行いましょう。部屋の湿度を下げることで快適な室内空間に整えることができます。

一般的に湿度が低い時間帯は12時~16時。ただし天候などによって湿度は変わるため必ずしも時間だけで湿度が低いとは限りません。

また昼間は温度が上がるため、夏場の換気は気温面から換気時間に気を配る必要があります。

換気扇を利用する

どんな家にも1台は設置されている換気扇。換気のための設備であるため最大限利用しましょう。

小さな換気扇なら常時動かしているだけで室内温度を変えずに換気が可能。換気扇から離れた窓を開けて換気扇を使えば風の通り道が形成され、より効率的に換気することができます。

換気扇を上手に使って賢い換気をしましょう。

扇風機やサーキュレーターを利用する

窓や換気扇がなくどうしても空気を動かしにくい場所は、扇風機やサーキュレーターを使いましょう。

サーキュレーターは直進する風を作り出す装置で、換気をするときには大活躍します。またサーキュレーターほどの効果はないものの扇風機でも代用することができます。

風通りが悪い場所では、サーキュレーターを使って新鮮な空気を送り込みましょう。

換気時間は5分~10分

気になるのは換気に必要な時間。窓を開けっ放しにしておけば常に換気できますが現実的ではありません。

換気時間は、よほど大きな家や大空間でなければ1回につき5分~10分で十分に換気できます。無駄に長く換気しても室内温度が変化して快適ではなくなるためオススメしません。

一度の換気の時間を伸ばすくらいなら、換気の回数を増やす方が効率的です。

換気の間隔は2時間に1回

換気の時間だけでなく換気の間隔も気になるところですが、1回の換気でしっかりと空気を入れ替えることができるなら2時間に1度で十分な効果を得ることができます。

換気の回数が多ければ多いほど新鮮な空気を室内取り込めることは事実ですが、あまりに頻繁に換気をするのは現実的ではありません。

2時間に1度が理想ですが、それ以上に間隔が開いても構いません。無理なくできる範囲で換気をしましょう。

家具と壁の間に隙間を作っておく

家具と壁の隙間はできるだけピッタリとくっつけたいものですが、家具と壁の隙間は風通しが悪くなります。

家具と壁の間に5㎝程度の隙間を作っておくことで、換気の際に風を通すができ、カビやダニの発生を抑えることができます。

部屋の空気が入れ替わりやすいように家具の配置にも気を配りましょう。

窓が一つでも換気できる

ワンルームマンションなどでは、窓が一つしかない場合もあります。換気は空気の出入り口を作ることで効率的に行われるため、窓が一つでは効率的な換気ができません。

そこで使えるのがドアと換気扇。ワンルームでもこの2つはほとんど設置されているため利用することができます。

1つの方法は、ドアを少しだけ開けて吸気口にする方法。玄関のドアはドアストッパーなどで固定しましょう。ドアの隙間と窓を使って出入り口を確保して換気します。

ドアを開けられない場合には換気扇を利用します。風呂場やキッチンに設置されている換気扇を回し、窓を少しだけ開けましょう。換気扇と窓が空気の出入り口として機能します。

まとめ

窓を開けるだけではうまくいかない換気。空気が流れる仕組みやちょっとしたコツを知っておくだけで効率的に換気することができます。

一年中、しっかりと換気をして部屋の中に新鮮な空気を取り込みましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 掃除 , , ,