一人暮らし向けオーブンレンジのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 オシャレで安い1台を

      2018/07/02

一人暮らし向けオーブンレンジのオススメ人気ランキング

一人暮らしにとって電子レンジはなくてはならない調理家電。電子レンジの中でもコンパクトで多機能なオーブンレンジが1台あれば、省スペースでさまざまな料理を作れるようになります。

ところがいざ一人暮らしに最適なコンパクトなオーブンレンジを探そうと思っても、パナソニック、アイリスオーヤマ、シャープ、東芝、山善、バルミューダなどのメーカーがあるため、選び方が分からなくなります。

そこで今回は、オシャレで安い一人暮らし向けオーブンレンジのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。狭いキッチンのスペースを有効活用するならオーブンレンジです。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

一般家庭向けのオーブンレンジについては以下の記事を参照してください。

オーブンレンジのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から口コミの評判まで

オーブンレンジとは?

そもそもオーブンレンジと電子レンジの違いとは、どのような部分にあるのでしょうか。まずはオーブンレンジの基本について知っておきましょう。

オーブンレンジに電子レンジ機能は不要という点に注意

オーブンレンジというと、オーブンのようにヒーターで加熱する機構と電子レンジのようにマイクロ波で温める機構を備えた調理家電と考える人が多いですが、実際にはオーブンレンジに電子レンジ機能は含まれません。

オーブンレンジはオーブンと同じ意味で使われており、電子レンジ機能が付いている物は「コンビネーション(オーブン)レンジ」または「電子レンジ機能付オーブン」とされています。オーブンレンジという場合は電子レンジ機能の有無は関係ないとされています。

ところが一般的な認識では、オーブンレンジといえば電子レンジ機能を備えたものです。

そのため「『オーブンレンジ』という名称だけ見て購入し、後で電子レンジ機能が付いていないことに気付く」なんて失敗を起こさないように、選ぶ際には必ずオーブン機能と電子レンジ機能が搭載されているか否か確認しましょう。

一般的には電子レンジ機能とオーブン機能を備えた調理家電

「オーブンレンジはオーブンと同じ意味」というのが正しいのは間違いありませんが、一般的にはオーブンレンジは電子レンジ機能とオーブン機能を備えた調理家電と認識されています。

そのため今回ご紹介するオーブンレンジのオススメ人気ランキングでは、電子レンジ機能とオーブン機能を搭載している製品のみ取り扱っています。

オーブンレンジは、電子レンジ機能を主体として使うことがほとんどであるため、電子レンジ機能は必ず確認が必要です。

電子レンジとオーブントースターを1台に集約

オーブンレンジについて想像しにくい人は、電子レンジとオーブントースターを合体させたような調理家電だと思えば分かりやすくなります。

オーブンレンジを使えば、電子レンジとオーブントースターの両方でできることが1台でできます。1台2役の大活躍を期待できます。

ただしオーブンレンジは、オーブン機能がオーブントースターほど強くはなく、食パンのトーストなどはオーブントースターほど素早く上手く焼き上げることはできません。

一方で電子レンジとオーブントースターを1台で兼ねることができるため省スペースにすることができます。そのほか電子レンジとオーブントースターをそれぞれ買うよりも予算を安く抑えられたり、電源が1つで済むため無駄にコンセントを使うこともありません。

オーブンレンジの使い方

オーブンレンジを使ったことがある人もオーブンレンジを使ったことがない人も、オーブンレンジに搭載されている機能の全てを完璧に使いこなせる人はほとんどいません。

多機能であるオーブンレンジについて、ここで基本的な使い方をしっかり確認しておきましょう。

オーブンレンジの電子レンジ機能の使い方

1.オーブンレンジに食品を入れる
2.食材に合わせて最適なモードとタイマーを設定する
3.スタートボタンを押して過熱する
4.加熱が完了すれば食品を取り出す

オーブンレンジの電子レンジ機能は、普通の電子レンジと変わりません。

使い方も非常にシンプルで、簡単に言ってしまえば食品を入れてチンするだけです。

モードや時間の設定さえ間違えなければ、誰でも簡単に使いこなすことができます。

オーブンレンジのオーブン機能の使い方

そこでオーブンレンジのオーブン機能の使い方の注意点を列挙します。

1.使い始めは空焼きをする
2.余熱をしてから調理する
3.調理をするときには耐熱皿を使用する
4.クッキングシートを使うことで焦げ付きを防ぐ

電子レンジなら使ったことのある人も、オーブンレンジのオーブン機能は使ったことがない場合が多くあります。

基本的な使い方はオーブンと同じで、余熱をした庫内に食材を入れることで加熱できます。

電子レンジ機能ではアルミホイルは厳禁ですが、オーブン機能であればアルミホイルを使用しても問題ありません。

オーブン機能を使えば、クッキーやケーキといったお菓子を焼くこともできるため、しっかりと活用できるようにしましょう。

オーブン機能と電子レンジ機能の大きな違いは余熱の有無。オーブン機能を使用する場合には、電子レンジ機能と違い事前の余熱が非常に重要になります。

一人暮らし向けオーブンレンジの選び方のポイント

気になるのが一人暮らし向けオーブンレンジの選び方のポイント。一人暮らし向けオーブンレンジを探すときには、どのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。

機能と性能

一人暮らし向けオーブンレンジを選ぶときに最も基本となるのが機能と性能です。

オーブンレンジには、電子レンジ機能とオーブン機能が備わっていない製品があるため、まずは求める機能が搭載されているのかチェックしましょう。

単機能電子レンジと比べてオーブンレンジは複雑な機能を兼ね備えており、電子レンジ機能だけでなくオーブン機能を備えた製品が多くあります。電子レンジ機能の自動メニューや解凍機能だけでなく、オーブン機能のヒーターによる加熱方式についても見ておきましょう。

また性能も電子レンジ機能とオーブン機能でそれぞれ分けて判断する必要があるため非常に複雑。電子レンジとしての性能を優先するのか、それともオーブンとしての性能を優先するのかを決めておきましょう。

東日本と西日本の電源周波数

オーブンレンジの中には、電源周波数が指定された製品があります。

電源周波数は、東日本と西日本と分けられているため自宅の場所と利用している電力会社によって異なります。

住んでいる場所と電源周波数が異なる製品を購入してしまうと使えなくなってしまうため、購入の際には確かめておきましょう。

ターンテーブルとフラットテーブル

電子レンジの構造の大きな違いの中にターンテーブルとフラットテーブルがあります。オーブンレンジの場合には、電子レンジ機能だけでなくオーブン機能にも影響を与えます。

ターンテーブル

ターンテーブルは、電子レンジ内のターンテーブルが回転する方式で、一ヶ所から出てくるマイクロ波に食品を回転させながら当てることで全体を加熱するというものです。食品が回転するため庫内が汚れる可能性が上がり、また温めたときの熱ムラが発生しやすいのが特徴です。

フラットテーブル

フラットテーブルは、電子レンジ内のフラットテーブルは動かず内蔵されたセンサーによって食材の温度を調節しながらマイクロ波を当てて温める方式。熱ムラがなく食品全体をまんべんなく温めることができます。

基本的にはターンテーブルよりもフラットテーブルの方が高性能で使いやすい製品。性能や価格にもよりますが、できるだけフラットテーブルを選ぶことをオススメします。

容量とサイズ

オーブンレンジは、小さなものから大きなものまで幅広く発売されており、一人暮らし向けの製品から大家族用の製品まであります。そのためオーブンレンジを選ぶときには、サイズと容量が重要な要素となります。

オーブンレンジを選ぶときには、家族構成別の容量とサイズの目安を確認しましょう。

家族構成と容量の目安

20リットル以下:1人
20~25リットル:2人
20~29リットル:3~4人
30リットル以上:5人以上

一人暮らし向けのオーブンレンジを選ぶときには、20リットル以下の容量をオススメします。20リットル以下でも一人暮らしなら不便なく使うことができ、サイズもコンパクトなため省スペースにもなります。

ただし料理好きな人は、大きめのサイズを選ぶと利便性が向上します。

扉の開き方

使ってから不便や問題点に気付きやすいのが扉の開き方の違い。使用状況を思い描きながら自分に合った扉の開き方のオーブンレンジを選びましょう。

縦開き

縦開きは上下方向に開く扉。一般的には上から下へと開くことができます。

縦開きの場合には、開いた扉の上に食品を置くことが可能で、食品を入れたり取り出したりするときに扉の上に食品を置くことで失敗なく出し入れできます。熱くなりすぎた食品などをとっさに扉に置くことができるため便利です。

一方で高い位置にオーブンレンジを置いたときには開けた扉が邪魔になり出し入れしにくくなります。一人暮らし向けのコンパクトなオーブンレンジは冷蔵庫の上に設置されることも多く、利用者の身長にもよりますが背の高い冷蔵庫の上に電子レンジを置けば不便になる可能性もあります。

横開き

横開きは左右方向に開く扉。一般的には右から左へと開くことができます。

横開きの場合には、オーブンレンジを設置した高さに関係なく食品を出し入れできます。冷蔵庫の上に設置されてもスムーズに食品を取り出すことができます。

一方で横開きのオーブンレンジは、設計上の問題でオーブンレンジ自体の横幅が広くなる傾向にあります。また横開きの電子レンジの多くは左開きですが、電子レンジの左側にモノがあると扉が当たり使い勝手が悪くなる場合があります。

電子レンジの設置位置が高い場合には横開き、電子レンジの設置位置が低い場合には縦開きを選ぶと使いやすくなり不測のトラブルを避けることができます。

放熱スペース

オーブンレンジは加熱する調理家電のため、周囲に放熱するスペースが必要になります。放熱スペースがなければ、熱によって壁が焦げたりオーブンレンジが故障する原因になります。

購入の際には、放熱スペースまで考慮してサイズを決めましょう。

オーブンレンジの中には、背面壁にピッタリと設置しても問題がない製品もあるため、置き場にスペースの余裕がない場合には省スペース製品を選びましょう。

型落ちを選ぶ

最新の製品は性能や機能も充実していますが、あえて型落ちを選ぶことで安く購入できる場合があります。

オーブンレンジは性能や機能が飛躍的に進歩するような製品ではないため型落ちを選ぶことで低価格で購入することができます。

デザイン性

一人暮らしの場合、ワンルームなどキッチンが見える部屋に住んでいることがほとんどです。そのためオーブンレンジのデザイン性はインテリアに大きく影響します。

オシャレでスタイリッシュなデザインのオーブンキッチンを選べば、キッチンだけでなく部屋全体をトータルでオシャレに演出することができます。

インテリアは生活において重要な要素であるため、できるだけデザイン性にこだわったオーブンレンジ選びをしたいところです。

価格

一人暮らし向けのオーブンレンジは、電子レンジの機能とオーブンの機能を兼ね備えているため価格も高く、安くても1万円、高いものなら2万円以上する製品もあります。

また価格が高い製品ほど容量が大きく性能や機能が充実する傾向にあります。

容量が小さな製品でもそれなりの値段がするため、購入する際には多めの予算を組んでおきましょう。

一人暮らし向けオーブンレンジのオススメ人気ランキング

ここからは一人暮らし向けオーブンレンジのオススメ人気ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを比較してランク付けしています。

7位:山善 オーブンレンジ 16L YRC-160V

山善 オーブンレンジ 16L YRC-160V

山善のオーブンレンジで、センサーを兼ね備えつつ低価格を実現しているオーブンレンジです。

容量は16リットルと一人暮らしにはピッタリなサイズ感で、どこに置いても邪魔になりません。またヘルツフリーのため全国で使える製品です。

電子レンジの出力切替は、600W、450W、200Wから選ぶことができ、高温調理も冷凍食品の解凍も行うことができます。

重量センサーと温度センサーを兼ね備えたオーブンレンジのため自動メニューも搭載。ワンタッチで食品を最適な温度まで温めることができます。

オーブン機能もしっかりとしたもので、上下ヒーターによって表裏を同時に焼くことが可能。グリル機能を使えば、トーストを裏返すことなく一度で両面焼きできます。

一方で音の大きさが指摘されている製品でもあり、大きな音が気になる人は気を付けなければいけません。

低価格ながら充実した機能を兼ね備えたオーブンレンジ。こだわりがなければ値段だけでこの製品を選ぶのもアリです。

口コミの評判

・不具合が特になく、コスパもよいです。買ってよかったです。
・トーストを焼くのにターンテーブルの皿を外し、その下の回る部分に置く、というのに少しビックリしました。でも気軽に使えて、買って良かったです。
・なんとヒーターが上下についているそうで、ローストビーフをひっくり返さずに焼けましたおかし作りでもこれならいけそうです。
・アパートで使用の為、音が大きい気がして安くて良かったけど周りに気を使う。

6位:アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル MO-F1801

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル MO-F1801

アイリスオーヤマのオーブンレンジで、フラットテーブルを採用した使い勝手の良い製品です。

庫内容量は18リットルですが、フラットテーブルを採用しているため広々と使うことができます。またターンテーブルがないため、食品をムラなく温めることができます。

レンジ出力は4段階切替となっており、900W、600W、500W、200Wから選ぶことが可能。900Wと高出力が選べるため短時間で食品を加熱することができます。またセンサー搭載で自動あたため機能もあるため、手軽に使うことができます。

またMO-F1801は、グリル機能とオーブン機能を備えており、上ヒーターのみで加熱することも上下ヒーター両方で加熱することも可能。調理に合わせた最適な加熱方法を選ぶことができます。

ヘルツフリー製品であるため、東日本、西日本どちらでも使用可能。場所を選ばず全国どこでも使うことができます。

扉は縦開きとなっており、食品を出し入れする際にも邪魔にならず置き場を選びません。

フラットテーブル、縦開き扉、高出力、多機能と充実したパフォーマンスを発揮してくれるオーブンレンジ。価格も低くコストパフォーマンスが非常に高い製品です。

口コミの評判

・内部が広く使いやすいです。オーブン用の鉄板も上下2段差し込めてメニューによって使い分け出来るので便利です。コストパフォーマンスはかなり高いと思います。単機能レンジと高機能オーブントースター2台にするか迷ってましたがこれ1台にして正解でした。
・コスパ良し、問題なく機能します。色がホワイトと記載されていますが、どう見てもシルバーです。
・音も大きくないし、ちゃんと温まります。ターンテーブルではなく、フラットなのも良いです。
・18Lですが、ターンテーブルが無いタイプなので意外に広く感じます。ダイヤルは無いので直感的な操作は出来ないものの、ロジックを理解すれば問題なく使えます。

5位:東芝 オーブンレンジ 17L 石窯ドーム ER-K3

東芝 オーブンレンジ 17L 石窯ドーム ER-K3-W

東芝が発売するオーブンレンジの人気機種「石窯ドーム」の17リットルサイズ。フラットテーブルを採用した誰にでも使いやすいオーブンレンジです。

庫内容量は17リットルですが、フラットテーブルを採用しているため広々としており食品の出し入れも容易に行うことができます。

またターンテーブルがないため掃除も簡単で、遠赤・脱臭ブラックコートで臭いを除去。お手入れも楽にできます。

ヘルツフリー製品のため、全国どこでも使うことができます。

出力切替は4段階となっており、850W、600W、500W、200Wに切り替え可能。高出力で食品を素早く温めることができます。

オーブンレンジは、オーブン機能が弱い製品が多いですが、石窯ドームという名前だけありオーブン機能に力を入れています。250℃まで上がるオーブン機能で、しっかりとした焼き色を付けることができます。

オーブンレンジの中でもオーブン機能を重視している珍しい製品。電子レンジ機能だけでなくオーブン機能にもこだわりたい人にオススメです。

こちらは石窯ドーム「ER-RD7000」の紹介動画。「ER-K3」よりも高性能なため出来ることは異なりますが参考程度にご覧ください。

口コミの評判

・たまに飲み物とか残り物を温めるのと、パンとかグラタンを焼くのに使ってます。使いやすいです。小さい割に庫内が広いのがいい。焼きムラも少ない(ほんの少し扉側が焼き色が薄くなるときがある程度)です。
・トーストは焼けないみたいですよ。(余熱時間が10分要るらしい。それはトースト焼けるとは言えないよ~)
・冷蔵庫の上に置いて使用するため、横開きが絶対条件でした。しかし、希望の扉では中々良いものが家電量販店にはなくこちらで見つけました。庫内フラットなのもとても良かったです。
・しっかりご飯を作る一人暮らしにはぴったりです。一人暮らしの大敵、揚げ物料理でもオーブン機能で簡単にできます。豚カツや唐揚げも25分もあればさっくさくです。温めムラも特に感じません。

4位:パナソニック エレック オーブンレンジ 15L NE-T159

パナソニック エレック オーブンレンジ 15L NE-T159-W

パナソニックの人気オーブンレンジシリーズ「エレック」の15リットルタイプ。オーブンレンジの中でも最小容量クラスの製品です。

庫内容量が15リットルと非常にコンパクトで、置き場には困らないオーブンレンジ。ターンテーブルを採用しているため、庫内を広く使うことはできません。

出力切替は4段階で500W、300W、150W、100Wに切り替え可能。また自動出力では最大950Wの出力を発揮し、短時間で調理加熱をすることができます。

メニューも豊富に取り揃えられており、自動メニューも完備。日常的に温めるものはだいたい揃っているため、手早く調理することができます。

オーブン機能は、上に遠赤ヒーター、下に平面ヒーターを搭載。トーストを焼くことができます。

扉にらくらくハンドルを搭載しており、ハンドルを軽く引くだけで簡単に扉が開くようになっており、ちょっとしたところにもこだわりを見せるオーブンレンジです。

コンパクトで機能も充実しているオーブンレンジですが、一方で操作部分が複雑になっており使い慣れるには時間がかかるのが欠点。コンパクトなオーブンレンジを求めている人には最適な製品です。

口コミの評判

・最近庫内フラットタイプが多い中でのターンテーブル式を購入ターンテーブルのため全体が均一に温まっている気がします。自動温めもあり楽に使えます。
・パナソニックいい仕事しすぎだろ。汚れがつきにくいから、使った後軽く拭いただけですごい綺麗になる。
・自動メニューがとても使いやすく前より満足しています。
・ご飯がいつも熱すぎる。自動でやるとすごくすごく熱くなってしまい、自分での調整が必要。オーブン温度も230℃までしかない。使用方法が分かりにくい。
・コンパクトな大きさで温め、焼き、といった基本的な機能を網羅してる。

3位:シャープ オーブンレンジ トースト機能付き 15L RE-S5E

シャープ オーブンレンジ トースト機能付き 15L RE-S5E-W

シャープが販売するターンテーブルタイプのオーブンレンジで、オーブンレンジに求める機能を全て備えた製品です。

庫内容量は15リットルと非常にコンパクトなオーブンレンジで、ヘルツフリーのため全国どこでも使用することが可能です。ターンテーブルを採用しており、食品をムラなく温めることができます。

出力切替は3段階で600W、500W、200Wに対応しています。

特徴的なのが操作ボタン。大きくて分かりやすい「ツインでかボタン」を搭載しており、使いやすさや分かりやすさを重視。最適な温度に自動的に温めてくれる「あたためワンキー」もあるため、手軽に使うことができます。

基本的な機能を網羅したうえで使いやすさとコンパクトさを実現したオーブンレンジ。複雑な機能や突出した性能はないものの、小さくて使い勝手が良い製品に仕上がっています。

口コミの評判

・一応すべての機能はあるけど、気に入るほどではないのでは?逆に言えば普通に使えていいのかな?
・トーストもできるし、冷凍ご飯も美味しく温められる。
・操作も簡単で、食材によって選択もでき、機能的にも満足しています。

2位:バルミューダ BALMUDA The Range 18L K04A

バルミューダ BALMUDA The Range 18L K04A

スタイリッシュなデザインの家電で人気を博しているバルミューダのフラット庫内タイプのオーブンレンジです。

バルミューダらしいオシャレなデザインとなっており、ムダのないシックなスタイルでどんな部屋のインテリアにも調和します。このオーブンレンジがあるだけで、オシャレなキッチンを演出します。

電子レンジの手動出力は100W、500W、600W、 800Wの4段階となっており機能性も十分です。

オーブン温度調節は、発酵モードの40℃に加えて100°~250°まで10℃単位で調整することができます。ヨーグルト、麹、パン生地など発酵が必要となる食材にも対応しており、一人暮らし向けオーブンレンジとは思えないほど高機能になっています。

そのほか、自動あたため、冷凍ごはん、解凍などのモードも備えているため、料理をする人から料理をあまりしない人まで便利に使うことができます。

操作性にも優れており、非常にシンプルな操作方法となっています。モードスイッチで直感的に操作することができ、ディスプレイ表示で分かりやすくなっています。機械が苦手な女性も直感的に使いこなすことができます。

音にもこだわりがあるオーブンレンジで、機械音ではなく音楽が流れる工夫が凝らされているため、非常にユニークで使っていて楽しい家電となっています。一人暮らしの毎日にも潤いを与えてくれます。

カラーもホワイト、ブラック、シルバーの3種類が取り揃えられているため、キッチンのインテリアや好みでチョイスすることができるのも嬉しいポイントです。

デザインするばかりが注目されるバルミューダですが、デザイン以上の実用性も兼ね備えてる実力派。コンパクトなオーブンレンジとしては値段が高いですが、性能、機能、デザインの三拍子が揃っていることを考えれば決して高い買い物にはなりません。

口コミの評判

・絶対に欲しかった家電の一つです!!見た目もめちゃめちゃ好み!本当にシンプルで美しいフォルムは見ているだけで、にやついてしまいます♪機能はレンジ、オーブン。基本私はこれで充分です。
・シンプルで使いやすいです。置いたその時から家に馴染みました。
・デザインが最高です。現在日本製の電子レンジのほとんどは便利さを求め過ぎてデザイン性にかけていますが、バルミューダはデザイン最高で便利さはシンプルと思いきや、必要なものはすべて揃っています。ディスプレイ表示の洗礼さ、メニュー切り替え及びタイムカウントの音楽、現在の販売されている電子レンジ界では最高だと思います。
・シンプルで使いやすい。操作が簡単で使いやすいので両親に使ってもらっています。以前まで使っていたのはちょっと操作がありましたがこちらは単純で両親も使いやすいと喜んでいます。そして、バルミューダらしくオシャレです。インテリアとして観ても文句ないです。

1位:アイリスオーヤマ オーブンレンジ 16L EMO6013

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 16L EMO6013-W

アイリスオーヤマのオーブンレンジ。オーブンレンジに必要な機能を全て備えながら、オーブンレンジとは思えない安さを実現したコストパフォーマンスが優れた製品です。

容量16リットルのオーブンレンジで、ターンテーブルを採用しています。容量は小さくターンテーブルですが、庫内を横に広くした設計のため大きな食品を温めることができます。

出力切替は3段階で600W、450W、200Wに切り替えることが可能。食品の加熱から冷凍食品の解凍までできます。

また12のオートメニューを搭載しており、重量センサーを搭載しているため自動温めを押すだけですぐに温めることができます。

オーブン機能もしっかりしており、グリル機能によって上下ヒーターで食品を加熱することが可能。トーストも裏表を同時に焼けるため裏返す必要はありません。

非常に充実した機能ですが、一方で少し音が大きいためオーブンレンジに静音性を求める人は注意が必要です。

コンパクトなサイズ感、使い勝手の良さ、オーブンレンジとは思えない低価格を実現した製品。コストパフォーマンスが非常に高いため、とりあえず一人暮らし向けのオーブンレンジが欲しい人は「EMO6013-W」にしておきましょう。

口コミの評判

・機能は充分です。ローストポークも今まで通りに焼けました。値段を考えれば働き物ですね!!!
・1台でレンジ・オーブン・グリルの機能が使えて、温め機能も使いやすいんですが、使っている時の音が少し気になりました。
・この値段で、三つの機能が入っているのはすごい。グリルはまだ試してないが、クッキー用でオーブンを使ったところ、文句なし。
・食パンも綺麗に焼けるので忙しい朝も助かっています。この値段で色々と便利な機能が付いているので買って良かったと喜んでいます。

まとめ

オーブンと電子レンジの両方の機能を搭載しているオーブンレンジ。電子レンジとオーブントースターの機能を1台に集約できるため、キッチンに置き場がない家庭では重宝する家電です。

一方でどの製品もオーブン機能は高くはなく、長時間の加熱ならともかくトーストのような短時間に焼け上げる必要があるものではオーブントースターには敵いません。

価格も単機能電子レンジに比べて高いため、電子レンジとオーブントースターの2台持ちにするか、オーブンレンジの1台持ちにするかは各製品と機能、さらにはキッチンの置き場を考慮して決めましょう。

一般家庭向けのオーブンレンジについては以下の記事を参照してください。

オーブンレンジのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から口コミの評判まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , , , , ,