電子レンジを掃除する簡単な方法とは?重曹、クエン酸、レモンをチンするだけ?

   

電子レンジを掃除する簡単な方法

多くの人が最もよく使う調理家電といえば電子レンジ。料理や飲み物を温めるだけでなく、調理に利用することもあります。しかしよく使うだけあり、汚れやすい調理家電ともいえます。

そこで今回は、汚れてしまった電子レンジを掃除する簡単な方法をご紹介します。重曹やクエン酸が絶大な効果を発揮しますが、重曹がなくても、クエン酸がなくても掃除することは可能です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

電子レンジの汚れを放置してはいけない理由

多少汚れていても使えなくはない電子レンジですが、できるだけキレイに掃除しておいた方がいい理由がたくさんあります。

汚れが加熱効率を落とす

電子レンジは、マイクロ波を食品に当てることで食品内の水分子を振動させ、振動によって発生した熱で加熱するという仕組みで食品を温めています。

そのため汚れが付着した電子レンジを使うと、マイクロ波が付着した汚れに吸収されてしまい食品の加熱を妨げる原因になります。その結果、食品が温まるスピードは低下し、電気代が余計にかかることになります。

加熱時間も遅くなり電気代まで損するという二重の損失が発生します。

発火の原因になる

電子レンジの汚れには飛び散った食材や油が多く、これらが加熱によって発火する可能性があります。

電子レンジから炎が出るなんてことはただ事ではありませんよね。発火を防ぐためにも定期的な掃除は必要不可欠です。

匂いの原因になる

電子レンジ内にこべりついた汚れは、電子レンジを使うたびに加熱されます。汚れはもともと食品であるため、加熱されたり腐敗したりすると強い臭気を放ちます。

電子レンジが臭くなると、電子レンジが臭いだけでなく加熱する食品にも臭いが移ります。

故障の原因になる

電子レンジ内が汚れていれば、さまざまな弊害が発生することはご説明しましたが、最終的には故障の原因にもなります。

多少の汚れ程度では簡単には故障しませんが、汚れがヒドくなれば故障するリスクも増します。

重曹をチンして電子レンジを掃除する方法

最も有名で効果のある方法が重曹を使った掃除方法。重曹さえあれば、電子レンジの掃除は簡単に終わります。

1.耐熱容器にカップ1杯の水と重曹を入れる

カップなどの耐熱容器にカップ1杯の水と重曹おおさじ2杯を入れてかきまぜます。

重曹は完全に水に溶かして重曹水にします。

2.重曹水を電子レンジでチンする

重曹水を容器ごと電子レンジに入れて加熱します。

加熱時間は3分で、容器にはフタをせず水蒸気が電子レンジ全体に充満するようにします。

3.重曹水をチンした後は放置

重曹水をチンした後は、15分ほど放置します。

電子レンジの庫内に充満した水蒸気によって汚れが浮き上がるため、蒸らして汚れが浮くまで待ちます。

4.庫内を布で拭けば完了

電子レンジの庫内の汚れが浮き上がったところで、布を使って庫内を拭きます。

汚れがヒドい場合には、チンした重曹水で布を濡らして拭きましょう。

それでも汚れが落ちない場合には、重曹と水を3:1で混ぜ合わせた重曹ペーストを使います。

重曹ペーストを塗ってからしばらく放置し、汚れを浮かしてから拭き取れば完了です。

重曹は酸性の汚れに効果アリ

重曹を使った掃除方法は、酸性の汚れを落とすのに大きな効果を発揮します。

電子レンジの汚れは、油などの酸性の汚れが多いため大きな効果を発揮します。

クエン酸をチンして電子レンジを掃除する方法

重曹だけでなくクエン酸も電子レンジの掃除に効果を発揮します。

1.耐熱容器にカップ1杯の水とクエン酸を入れる

カップなどの耐熱容器にカップ1杯の水とクエン酸おおさじ2杯を入れてかきまぜます。

クエン酸は完全に水に溶かしてクエン酸水にします。

2.クエン酸水を電子レンジでチンする

クエン酸水を容器ごと電子レンジに入れて加熱します。

加熱時間は3分で、容器にはフタをせず水蒸気が電子レンジ全体に充満するようにします。

3.クエン酸水をチンした後は放置

クエン酸水をチンした後は、15分ほど放置します。

電子レンジの庫内に充満した水蒸気によって汚れが浮き上がるため、蒸らして汚れが浮くまで待ちます。

4.庫内を布で拭けば完了

電子レンジの庫内の汚れが浮き上がったところで、布を使って庫内を拭きます。

汚れがヒドい場合には、チンしたクエン酸水で布を濡らして拭きましょう。

クエン酸はアルカリ性の汚れに効果アリ

基本的には重曹もクエン酸も使い方は同じ。しかし酸性に強い重曹とは逆に、クエン酸はアルカリ性の汚れに効果を発揮します。

電子レンジ内の汚れの多くは酸性のため、クエン酸はあまり効果を発揮しないように思えます。

しかしクエン酸には消臭効果があるため、汚れだけでなく臭いを取り除くのに効果的です。

電子レンジ内の臭いが強い場合には、クエン酸を使ってみましょう。

酢をチンして電子レンジを掃除する方法

クエン酸の代用品として使える酢。酢を使っても電子レンジが掃除できます。

1.耐熱容器にカップ1杯の水と酢を入れる

カップ1杯の水と酢1/2カップを耐熱容器に入れます。

後はクエン酸を使った方法と変わりません。

2.酢水を電子レンジでチンする

酢と水を混ぜた酢水を容器ごと電子レンジに入れて加熱します。

加熱時間は3分で、容器にはフタをせず水蒸気が電子レンジ全体に充満するようにします。

3.酢水をチンした後は放置

酢水をチンした後は、15分ほど放置します。

電子レンジの庫内に充満した水蒸気によって汚れが浮き上がるため、蒸らして汚れが浮くまで待ちます。

4.庫内を布で拭けば完了

電子レンジの庫内の汚れが浮き上がったところで、布を使って庫内を拭きます。

汚れがヒドい場合には、チンした酢水で布を濡らして拭きましょう。

レモンやミカンをチンして電子レンジを掃除する方法

ミカンやレモンも電子レンジを掃除するときには使えます。ミカンやレモンを使うメリットは香りを付けられる点です。

レモン、ミカンの皮を電子レンジに入れる

レモンを使う場合には、耐熱容器に水1カップとレモン1/2個を絞って入れ、さらに搾りカスと皮も入れます。

ミカンの皮を使う場合は、ミカンの皮4個分をレンジ内の耐熱皿に並べます。

2.レモン、ミカンを電子レンジでチンする

レモンは容器ごと、ミカンは皮だけ電子レンジに入れて加熱します。

加熱時間は3分で、容器にはフタをせず水蒸気が電子レンジ全体に充満するようにします。

3.レモン、ミカンをチンした後は放置

レモン、ミカンをチンした後は、15分ほど放置します。

電子レンジの庫内に充満した水蒸気によって汚れが浮き上がるため、蒸らして汚れが浮くまで待ちます。

4.庫内を布で拭けば完了

電子レンジの庫内の汚れが浮き上がったところで、布を使って庫内を拭きます。

水で濡らしたタオルをチンして電子レンジを掃除する方法

重曹、クエン酸、酢、レモン、ミカンなどを使う方法をご紹介しましたが、最も簡単なのが水で濡らしたタオルを使う方法です。

1.水で濡らしたタオルを電子レンジに入れる

水で濡らしたタオルを電子レンジに入れます。タオルはそれほどかたく絞らず、ある程度水分を含んだ状態にしておきます。

2.水で濡らしたタオルを電子レンジでチンする

水で濡らしたタオルを電子レンジに入れて加熱します。

加熱時間は3分で、容器にはフタをせず水蒸気が電子レンジ全体に充満するようにします。

3.水で濡らしたタオルをチンした後は放置

水で濡らしたタオルをチンした後は、すぐには取り出さずに15分ほど放置します。

電子レンジの庫内に充満した水蒸気によって汚れが浮き上がるため、蒸らして汚れが浮くまで待ちます。

4.庫内を布で拭けば完了

汚れが浮き上がったところで、電子レンジでチンした水で濡らしたタオルを使って庫内を拭きます。

掃除するときには、熱くなったタオルをそのまま使いましょう。汚れを上手く拭き取ることができます。

お手軽に掃除できる

この方法は、水とタオルしか使わないため簡単に行うことができます。洗浄力はいまいちですが、軽い汚れなら十分に取り除くことが可能です。

また調理を行う電子レンジ内の掃除には、基本的に洗剤が使えませんが、この方法は水しか使わないため安心して試すことができます。

お掃除シートを使う

市販されているお掃除シートを使う方法もあります。

使い方は簡単で、電子レンジに入れて加熱し、最後にシートを使って拭くだけです。

基本的な掃除方法はご紹介した方法と変わりませんが、専用の道具であるため洗浄力が高く除菌効果もあります。

アマゾンで見る

楽天で見る

電子レンジが汚れを防ぐ方法

電子レンジの掃除方法をできるだけ実践しなくていいいように、普段から電子レンジが汚れない方法を知っておきましょう。

加熱しすぎない

食品を加熱しすぎると吹きこぼれたり弾け飛んだりして汚れの原因になります。

食品を加熱するときには、加熱しすぎないように心がけましょう。

破裂する食品を温めない

生卵を電子レンジでチンすれば大爆発を引き起こすことは有名ですが、それ以外にも破裂する食品はあります。

肉や魚介類といった動物性の食品は、油を含んでいることもあり高温になりなやすく破裂を引き起こすことが少なくありません。

破裂する食品や破裂しやすい食品は、温めるときに注意しましょう。

容器のフタをする

容器のフタを使うことで食品が飛び散るのを防ぐことができます。

ただしフタをして容器を完全に密閉するとフタが吹き飛び容器自体が破裂する危険性があります。

フタをするときには、容器内の気圧が抜けるように工夫して加熱しましょう。

食品ラップを使う

電子レンジの基本ですが、食品ラップを使うことで汚れが飛び散るのを防ぐことができます。

容器のフタと異なり柔軟性があるため破裂する可能性が低いのが特徴です。

ターンテーブルではなくフラットテーブルを使う

電子レンジには食品が回転するターンテーブルと回転しないフラットテーブルの2種類があります。

ターンテーブルは熱ムラが発生しやすく、また内部にターンテーブルがあるため複雑な構造の庫内となっています。

一方のフラットテーブルは熱ムラが発生しにくく、庫内も平面的で掃除しやすくなっています。

ターンテーブルの電子レンジは、熱ムラで食品が過熱しすぎる場合があるうえに庫内が複雑で掃除しにくく、食品を出し入れするときにターンテーブルに引っかかりやすく電子レンジを汚す可能性が高くなります。

使いやすさや掃除のしやすさを考えるとフラットテーブルを使うことで電子レンジの汚れを防ぐことができ、さらには掃除しやすくなります。

まとめ

電子レンジの汚れを落とす方法はたくさんあり、重曹やクエン酸を使えば効果的に汚れを落とせるものの、家にあるものでも十分に掃除をすることができます。

電子レンジの汚れは、なかなか見えにくいため覗いてみると思った以上に汚れていることも少なくありません。

電子レンジの掃除は、年末の大掃除に行われることが多いですが、普段から定期的に掃除したり、汚れに気付いたときに掃除したりとこまめな掃除を心がけましょう。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, 掃除, 調理家電 , , , , , , , ,