低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 安くてオシャレで一人暮らしに

      2018/01/10

低価格帯の単機能電子レンジ

キッチンに1台あるだけで生活を便利にしてくれる電子レンジ。中でも低価格帯の単機能電子レンジは、安くてオシャレな製品も多く、フラットテーブルで使いやすい単機能電子レンジも続々登場しています。

そこで今回は、できるだけ安く電子レンジを買いたい人のためのシンプルな機能だけを搭載している低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気ランキングをご紹介します。一人暮らしに最適な電子レンジは単機能です。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

単機能電子レンジとは

電子レンジが一般家庭に普及し、メーカーもさまざまな機能を搭載した電子レンジを売り出しています。しかし一人暮らしで使う電子レンジは多機能よりも単機能がオススメです。

まずは単機能電子レンジについて知っておきましょう。

電子レンジ機能のみに絞った電子レンジ

電子レンジといっても、その多くが多機能な電子レンジ。ただ料理をチンするだけの単純な機能だけが欲しいのに、複雑な機能が搭載されている製品も多くあります。

単機能電子レンジは、電子レンジが本来持つ水分を含んだ食材を電磁波で温める機能のみを搭載している電子レンジで、無駄な機能を省いた製品です。

電子レンジ機能のみとなっているため値段が安く、コンパクトな製品も数多く取り揃えられています。

単機能電子レンジは値段が安くてコンパクト

電子レンジの機能だけでなく、オーブンのように加熱できる、スチームによる加熱が可能なスチームオーブンレンジなどが登場しています。

しかしそれらの電子レンジは機能が豊富である一方、さまざまな装置を付けているためかなり大きくなっており価格も高くなっています。

一人暮らしの場合には、狭いキッチンでも邪魔にならないサイズの電子レンジが求められ、さらに値段もできるだけ安いものが購入される傾向にあります。

食品を温めるだけならシンプルな単機能電子レンジで十分。激安製品も多く、一人暮らしで電子レンジを探しているなら低価格帯の単機能電子レンジを探してみましょう。

パンを焼きたいならトースターを買う

単機能電子レンジはパンを焼くことができません。その場合には、電子レンジとは別にトースターを購入することをオススメします。

単機能電子レンジではできないことの多くをトースターで補うことが可能です。

狭いキッチンの場合には、電子レンジとトースターを揃えると置き場の問題が発生しますが、電子レンジもトースターもコンパクトな製品を選べば十分にスペースを確保することができます。

とりあえず必要不可欠な電子レンジだけ揃えて、物足りないならトースターを買い足すという揃え方も有効です。

トースターについては以下の記事を参照してください。

低価格オーブントースターのオススメ人気比較ランキング 2016-2017 最強コスパでトースト

一人暮らしなら単機能電子レンジで十分

もし一人暮らしをするために電子レンジを探しているなら、多機能な電子レンジではなく単機能な電子レンジをオススメします。

さまざまな機能が搭載されていても、よほどの料理好きでなれけば食材を温める程度しか使わない電子レンジ。無駄な機能を搭載していても、結局使うことがありません。

特に一人暮らしの場合には、飲み物やお弁当を温められれば十分。料理に利用するときにも電子レンジ機能だけでほとんど対応することができます。

単機能電子レンジでもフラットテーブルの製品が増えているため、使い勝手も良くなっています。

低価格帯の単機能電子レンジの選び方のポイント

低価格帯の単機能電子レンジを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。

性能と機能

低価格帯の単機能電子レンジを選ぶときに最も重要になるのが性能と機能です。

単機能の電子レンジは、マイクロ波で食品を温めることしかできないため複雑な機能はありません。大きく2つの機能が揃えられています。

ひとつの機能は出力の調節。700W、500W、200Wなどワット数で出力を調整できる機能が搭載されています。この出力調整によって加熱調理だけでなく冷凍食品の解凍も可能になります。冷凍食品をよく食べる人は、出力の調節機能が搭載された電子レンジを選びましょう。

もうひとつの機能はタイマーです。ほとんどの電子レンジはタイマー機能付きで、指定した時間通りに加熱することができます。電子レンジによってタイマーの限度時間が異なるため長時間の加熱機能を求める場合にはしっかりとチェックしておきましょう。

東日本と西日本の電源周波数

単機能の電子レンジの中には、電源周波数が指定された製品があります。

電源周波数は、東日本と西日本と分けられているため自宅の場所と利用している電力会社によって異なります。

住んでいる場所と電源周波数が異なる製品を購入してしまうと使えなくなってしまうため、購入の際には確かめておきましょう。

ターンテーブルとフラットテーブル

電子レンジの構造の大きな違いの中にターンテーブルとフラットテーブルがあります。

ターンテーブル

ターンテーブルは、電子レンジ内のターンテーブルが回転する方式で、一ヶ所から出てくるマイクロ波に食品を回転させながら当てることで全体を加熱するというものです。食品が回転するため庫内が汚れる可能性が上がり、また温めたときの熱ムラが発生しやすいのが特徴です。

フラットテーブル

フラットテーブルは、電子レンジ内のフラットテーブルは動かず内蔵されたセンサーによって食材の温度を調節しながらマイクロ波を当てて温める方式。熱ムラがなく食品全体をまんべんなく温めることができます。

基本的にはターンテーブルよりもフラットテーブルの方が高性能で使いやすい製品。性能や価格にもよりますが、できるだけフラットテーブルを選ぶことをオススメします。

容量とサイズ

単機能電子レンジは一人暮らしの人をターゲットに設計されており、機能も少ないためコンパクトなサイズとなっているため適当に選んでも困ることはそれほどありません。それでも電子レンジを選ぶときには容量とサイズの目安を知っておくべきです。

家族構成と容量の目安

20リットル以下:1人
20~25リットル:2人
20~29リットル:3~4人
30リットル以上:5人以上

少人数なら小さな電子レンジで十分ですが、大家族なら一度にたくさんの食材を温められる大きいサイズが必要になります。

また本格的な料理をする場合には多機能な電子レンジを選びましょう。

扉の開き方

使ってから不便や問題点に気付きやすいのが扉の開き方の違い。使用状況を思い描きながら自分に合った扉の開き方の電子レンジを選びましょう。

縦開き

縦開きは上下方向に開く扉。一般的には上から下へと開くことができます。

縦開きの場合には、開いた扉の上に食品を置くことが可能で、食品を入れたり取り出したりするときに扉の上に食品を置くことで失敗なく出し入れできます。熱くなりすぎた食品などをとっさに扉に置くことができるため便利です。

一方で高い位置に電子レンジを置いたときには開けた扉が邪魔になり出し入れしにくくなります。単機能電子レンジの場合、一人暮らしに好まれることもあり冷蔵庫の上に電子レンジを設置する機会も多く、利用者の身長にもよりますが背の高い冷蔵庫の上に電子レンジを置けば不便になる可能性もあります。

横開き

横開きは左右方向に開く扉。一般的には右から左へと開くことができます。

横開きの場合には、電子レンジを設置した位置に関係なく食品を出し入れできます。冷蔵庫の上に置かれた電子レンジでもスムーズに食品を取り出すことができます。

一方で横開きの電子レンジは、設計上の問題で電子レンジ自体の横幅が広くなりやすくなっています。また横開きの電子レンジの多くは左開きですが、電子レンジの左側にモノがあると扉が当たり使い勝手が悪くなる場合があります。

電子レンジの設置位置が高い場合には横開き、電子レンジの設置位置が低い場合には縦開きを選ぶと使いやすくなり不測のトラブルを避けることができます。

放熱スペース

電子レンジは加熱する調理家電のため、周囲に放熱するスペースが必要になります。放熱スペースがなければ、熱によって壁が焦げたり電子レンジが故障する原因になります。

購入の際には、放熱スペースまで考慮してサイズを決めましょう。

電子レンジの中には、背面壁にピッタリと設置しても問題がない製品もあるため、置き場にスペースの余裕がない場合には省スペース製品を選びましょう。

使いやすさ

電子レンジの使いやすさを決定付けるのは、操作部の形状と分かりやすさです。

単機能電子レンジのほとんどは、出力ワット数とタイマー機能をダイヤルで決めるようになっていますが、直観的に扱える操作部なら設定を失敗することなくスムーズに加熱を開始できます。

中には液晶モニターなどで状況が分かるようになっている製品もあり、各メーカーが使いやすさを考えて設計しています。

使いやすさに関しては慣れの部分もありますが、複雑でややこしい操作部の製品だけは避けるようにしましょう。

耐久性

安く電子レンジを買ったのに、すぐに壊れてしまっては意味がありません。

基本的に単機能電子レンジは、機能が絞られているため故障しにくい構造となっていますが、あまりに安い粗悪品を購入するとすぐに壊れる場合があります。

買い替える間は電子レンジがない生活になりますが、電子レンジがなければ非常に不便な食生活を送ることを余儀なくされます。

単機能電子レンジは、それ自体の値段が安いため、ある程度、耐久性を重視した製品選びをするようにしましょう。

デザイン性

一人暮らしのワンルームなどに電子レンジを置く場合には、どこからでも電子レンジが見える状態になります。そのため電子レンジのデザイン性が部屋のインテリアを大きく左右します。

最近の単機能電子レンジはモノトーンでスタイリッシュな製品も多く、カラーが選べるものも少なくありません。そのためオシャレな電子レンジも比較的簡単に見つけることができます。

部屋のインテリアのことまで考えて、電子レンジのデザインにはこだわりましょう。

価格

価格もしっかりと考慮して電子レンジを選びましょう。

単機能電子レンジであっても価格の幅は広く、安い物では5000円前後、高くなると3万円を超える製品もあります。

今回ご紹介する単機能電子レンジは低価格帯の製品であるため、1万円以下が目安になっています。

低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気ランキング

ここからは低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを比較してランク付けしています。

6位:ゼピール フラット電子レンジ DFR-M2015

ゼピール フラット電子レンジ DFR-M2015

ゼピールの電子レンジ「DFR-M2015」は、ヘルツフリーのフラットテーブル電子レンジです。

容量は18リットルと一人暮らしにピッタリなサイズ。ボタン操作とダイヤル操作でモードを選択し、デジタル画面で確認するスタイルです。

9000円前後という価格設定ながら細かな操作が行えるようになっており、600Wと500Wの出力切り替えのほかに解凍、半解凍を選ぶことができます。

扉は縦開きのため食品の出し入れも簡単に行うことができます。

ヘルツフリーのため全国どこでも利用することができ、フラットテーブルのためお手入れも簡単。電子レンジに必要な機能をぎゅっと詰め込んだ汎用性の高い電子レンジです。

口コミの評価

・値段も安く良い商品でしたが、ボタンをかなり強く押さないと反応しないのが、、
・価格の割には使い勝手が良くとても気に入っています。割とすぐに温まるので注意してください。
・値段も安く、使用するのに十分でした。ヘルツフリーで安心して購入できました。

5位:山善 電子レンジ YRH-F200

山善 電子レンジ YRH-F200(W)

低価格家電に定評のある山善の電子レンジ「YRH-F200(W)」。わかりやすくて簡単に操作できるメニューに魅力がある製品です。

容量18リットルの電子レンジで、液晶画面付きでボタン操作によって設定を変更します。出力切り替えには600W、500W、解凍があり基本的な機能は揃っています。

細かな時間設定や自動あたためメニューも搭載。のみもの、ご飯、お弁当など普段からよく使うものをワンタッチで温めることができるため非常に便利。さらに仕上がり温度も弱と強で調節できるため、自分に合った温度に温めることができます。

フラットテーブルのため掃除しやすく扉は縦開きで使い勝手の良さも確保。ヘルツフリーのため全国どこでも使うことができます。

1万円を切る価格設定ながら充実した機能を備えている電子レンジ。食品を温めるだけなら十分な性能と機能です。

口コミの評価

・軽く押すと反応しないことがあって、スイッチにやや不満がありますが、まぁ満足です。
・値段の割りに良い品物です。使いやすく大変気に入っています。
・一人者には大変便利がいいです。弁当ってボタン重宝してますよ。
・見た目もシンプルで、ボタンも大きいので使いやすい。ドアも手前に下ろすタイプなので省スペース。作動音は大きいので少し不安になる事も。作りはチープだが 十分使用できる品。

4位:ネオーブ マイコン式電子レンジ NGM720A

ネオーブ マイコン式電子レンジ NGM720A

ネオーブのマイコン式電子レンジ「NGM720A」は、細かな設定をシンプルな操作ボタンに収めたこだわりの加熱と使いやすさを両立した電子レンジです。

容量は20リットルと単機能電子レンジとしては大きめのサイズ。ヘルツフリーのため全国どこにでも設置することが可能です。

庫内にはターンテーブルを採用しており、ガラス皿や回転受け皿を付属しています。

最大の特徴は操作性で、ダイヤルはなく全てボタンで操作するタイプ。出力切替は4段階で、700W、600W、500W、解凍を選択可能。よく使う出力と時間のワンタッチボタンも搭載されているため、いちいちワット数と時間を選択しなくてもボタン一つで温めを開始することができます。

細かな時間指定も簡単なワンタッチ操作もできる実用性を重視した電子レンジ。8000円前後と価格を抑えつつこだわるところにはこだわっている使い勝手の良さが光る電子レンジです。

口コミの評価

・操作盤を見れば自動メニューがない。700W、600W、500Wと解凍モードを選択して時間設定。または、700Wで30秒、1分、2分、3分のワンタッチボタン。実にシンプルである。ボタンも大きくて見やすい。
・全国でつかえるし、簡単で、スタイリッシュでとっても重宝してます。
・見た目がすっきり、コストパフォーマンス的にもグッド。シンプルイズベスト。
・出来上がりの時の音が小さくて、夜中に使用しても気にならない。

3位:BESTEK 単機能電子レンジ 簡易操作型 BTOV001

BESTEK 単機能電子レンジ 簡易操作型 BTOV001

BESTEKの単機能電子レンジ「BTOV001」は、誰にでも扱える操作性を重視しつつ価格の安さを追求した激安電子レンジです。

5000円前後という低価格を実現している電子レンジで、単機能電子レンジの中では最安値クラスの製品です。

容量17リットルとコンパクトで、出力切替とタイマーはダイヤル式。出力切替は3段階となっており、それぞれ700W、500W、解凍から選べます。

庫内にはターンテーブルを採用しており、扉は横開きで左開きになっています。

電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意しています。

扉の横開き、ターンテーブル、電源周波数が異なるという欠点のある電子レンジですが、価格を考えると十分な性能を備えた電子レンジ。見た目もシンプルで複雑な操作も不要なため誰にでも使いやすくなっています。

口コミの評価

・高齢の母へプレゼントで購入しました。分かりやすくコンパクトで喜んでいました。温めだけで良いならオススメします。
・すっきりモダンなデザインで綺麗な白色でした。レンジ機能だけ必要だったためいろいろ探してこちらの商品にしました。とてもお安く買えました。この値段で買えるなら十分だと思います。
・温められるだけで十分。普段は趣味の部屋に置いて使用しますので温めだけの単機能で十分満足です。操作もわかりやすいですし大きさも丁度良いです。

2位:ハイアール 電子レンジ JM-17F

ハイアール 電子レンジ JM-17F

安物家電で人気となっているハイアールの電子レンジ「JM-17F」。価格を抑えつつ単機能電子レンジに必要な機能はしっかりと押さえた製品です。

17リットルのコンパクトな電子レンジながら、幅を44㎝に抑えることで庫内の高さを19㎝にまで引き上げて容量以上に広々とした庫内を作り上げました。

出力切替は200W、500W、700Wの3段階切り替えで、タイマーは15分まで設定可能です。

電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意。またターンテーブルを採用しており、扉は左開きとなっています。

電子レンジとしては珍しくカラーをホワイトとブラックから選べるのも高評価の理由で、電子レンジとしてはデザイン性の高い製品です。

基本的な機能を備えつつホワイトだけでなくブラックも選べるオシャレな電子レンジ。性能や機能に関しては特筆すべきポイントはありませんが、6000円前後で購入できるコストパフォーマンスの高さを考えれば全く問題ありません。

口コミの評価

・使い勝手も良いし、ブラックがなかなかカッコイイです。
・見た目のデザインは悪くないかな。自己主張のないシンプルさで良いです。タイマーが5分以上からとてもアバウトな感じになってますが、個人的には別に困ってはいません。
・安くて普通の電子レンジを見つけました。普通の電子レンジですが我がまちではこの価格はありませんでした。
・食べ物などをあっためるために買いました。買って良かったです。
・とても安かったですが、普通に使えています。特に問題はありません。

1位:アイリスオーヤマ 単機能レンジ IMB-T171

アイリスオーヤマ 単機能レンジ IMB-T171

アイリスオーヤマの単機能レンジ「IMB-T171」は、シンプルでスタイリッシュなデザイン、操作性の高さ、価格の安さの三拍子揃った電子レンジです。

容量17リットルの小さな電子レンジで、冷蔵庫の上にも置きやすいコンパクトサイズ。直径約22.5㎝のターンテーブルを備えており、25㎝をそのまま入れることができる広々とした庫内になっています。

操作はダイヤル式で、出力切替とタイマーだけ。出力切替は3段階で200W、500W、700Wから選べます。

電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意。扉は左開きのため冷蔵庫の上に置いても食品を取り出しにくくなるということはありません。

6000円前後で購入できる電子レンジでコストパフォーマンスの高さが人気の理由。電子レンジに求める機能が「温めるだけ」なら、この単機能電子レンジを迷わず選びましょう。

口コミの評価

・デザインも良くて毎日使わせていただいてます。
・温めるだけのシンプルなもの、置く場所のラックの幅に合わせて小さいものが欲しかったので満足です。
・弁当を温める程度ならお得!冷蔵庫の上において使っています。一人暮らしにはもってこい。
・特に問題無く使用できます。オーブン機能が要らない人にオススメします。
・ターンテーブルのサイズが前に使っていたものよりも狭くて例えばスパゲッティをゆでるケースが入らなくて使えなくなった。そのほかはほぼ満足している。問題なし。

まとめ

単機能電子レンジは、ただ温めるだけの機能しかないため選ぶときには値段だけで判断しがちです。しかし実際には十分な容量を備えているか、扉の開き方が縦開きか横開きか、庫内はフラットテーブルかターンターブルか、など選ぶために大切となるポイントがいくつかあります。

選び方のポイントを知らずに買ってしまうと、使い始めてから問題に気付いて後悔することになります。低価格帯の電子レンジであっても、価格だけで判断するのではなく自分の状況合ったものを選ぶようにしましょう。

単機能電子レンジのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 小型でフラットテーブルも

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , , , , ,