LIBMO(リブモ)の格安SIMのメリットとデメリットは?料金プランを速度と評判で比較

      2017/10/09

LIBMO(リブモ)

格安SIMを選ぶ際には、各サービスのメリットとデメリットを比較検討することがとても重要となります。

そこで今回は、LIBMO(リブモ)の格安SIMの料金プランのメリットとデメリットをまとめてみました。あまり聞き慣れないLIBMO(リブモ)とは、どのような特徴を持った格安SIMなのでしょうか。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

LIBMO(リブモ)の運営会社ってどんなSIM会社?

そもそもLIBMO(リブモ)とは、どのような会社によって運営されている格安SIMなのでしょうか。まずは運営会社について知っていきましょう。

TOKAIコミュニケーションズが運営

LIBMO(リブモ)は、TOKAIコミュニケーションズという企業が運営している格安SIMです。

TOKAIコミュニケーションズは、静岡県にあるTOKAIグループの電気通信事業者でかつてはファミコンやメガドライブ向けゲームソフトの開発・販売を行っていました。現在はゲームソフト関連事業から撤退し、光インターネット接続等、宅内で利用する固定通信サービスに加え、MVNOとして格安SIM・格安スマホなどの移動体通信サービスなど、通信サービスを総合的に提供しています。

過去には株式を店頭公開していた大企業であり、長年にわたって格安SIMだけでなく接続サービスも提供していたため、安心できる企業と言えます。

通信網はNTTドコモの回線を利用

LIBMO(リブモ)の通信網に利用されている回線は、NTTドコモが提供しています。そのため広い範囲でつながりやすく安定した通信を実現しています。

格安SIMであっても安心して通信を任せることができます。

LIBMO(リブモ)の格安SIMの料金プラン

リブモが提供している格安SIMの料金とは、どのようなものなのでしょうか。

LIBMO(リブモ)の料金プラン

容量 データ通信専用SIM SMS付きデータSIM 音声通話SIM
ライトプラン
(最大通信速度200Kbps)
480円 620円 1,180円
3GBプラン 880円 1,100円 1,580円
6GBプラン 1,480円 1,620円 2,180円
10GBプラン 2,280円 2,420円 2,980円

提供されているのは、データ通信専用SIM、SMS付きデータ通信SIM、音声通話SIMの3種類です。

それぞれにデータ通信容量がないライトプラン、3GBプラン、6GBプラン、10GBプランがあります。値段は480円~2980円となっており、オプションを選ぶことで最適なプランを組み立てることができます。

ちなみに表ではSMS付きデータ通信SIMの価格を記載していますが、SMSはオプションとなっており月額140円で利用することができます。

通話パック30オプション

880円/月

通話に関するオプションとして「通話パック30」が用意されています。

これは月額880円で月間1200円の通話が可能になるサービスで、最大320円安く通話を利用することができます。

ただし余った無料通話分については、翌月に繰り越すことができないため注意が必要です。

0035でんわオプション

0円/月

専用アプリ「0035でんわ」を利用するか、相手のでんわ番号の先頭に「0035-45」をつけて発信することで国内通話料が通常の半額である10円/30秒になります。

このアプリ自体はオプションではありませんが、10分かけ放題オプションを利用するときに必要となります。

10分かけ放題オプション

850円/月

10分かけ放題は、月額850円で利用できるオプションで、「0035でんわアプリ」を利用して10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題となります。

また10分を超過した分に関しても、10円/30秒と通常の半額となる通話料で利用することができます。

通話時間が長く料金も安いため通話オプションが優れています。通話を中心に利用するユーザーには使いやすく大きなメリットがある格安SIMです。

データシェアオプション

1枚につき120円/月

ひとつの料金プランのデータ通信容量を最大合計3枚のSIMカードでシェアすることができるオプションです。

1枚あたり月額120円で利用することができます。追加SIMはデータ通信のみではなく、音声通話機能(700円/月)、SMSオプション(140円/月)を追加することが可能です。

データシェアは、データ通信容量3GB、6GB、10GBプランを利用する場合のみ申し込みが可能となっています。

複数人で利用する場合には、かなりお得に格安SIMを利用できるだけでなく、データ通信容量を分け合うことで無駄が発生しにくくなります。

セキュリティ「TOKAI SAFE」オプション

400円/月

LIBMO(リブモ)のオプションには、「TOKAI SAFE」というセキュリティが用意されています。

マルチデバイスに対応しており1ライセンスで最大6台まで対応することが可能となっています。

月額400円ですが、LIBMO(リブモ)との同時申し込みで12カ月無料となっており、さらにすでにLIBMO(リブモ)を利用していてもキャンペーン中に申し込めば6カ月の無料期間があります。

安心訪問サポートオプション

7800円~

自宅にスタッフがやってきて、スマホやタブレットの使い方を教えてくれるというサービスです。

7800円以上するサービスのため高いようにも思えますが、スマホ初心者にとっては分からないことを丁寧に教えてもらえる非常に嬉しいサービスです。

自宅までスタッフがやってきてくれることを考えれば料金設定も高くはありません。

かりスマ

1500円/月

月額1500円でスマホをレンタルできるサービスです。

iPhoneを月々1500円からレンタルすることが可能で、高額になる購入代金不要で使うことができます。

端末を購入すると機種変更が難しくなりますが、このサービスなら最低利用期間が6カ月しかないため端末をすぐに変えることもできます。

さらに面倒な初期設定を済ませた状態で届けてくれるため、設定が苦手な初心者にも安心。

端末を試してみたい人や初めてのスマホ利用者には最適なサービスです。

動作確認済み端末

動作確認済み端末については、トップページの上部メニューにある「動作確認済み端末」から確認してください。

LIBMO(LIBMO(リブモ))のメリット

OK、まる、メリットのスーツ女性

新進気鋭の格安SIMであるLIBMO(リブモ)には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

料金プランがシンプルで分かりやすい

LIBMO(リブモ)の料金プランは非常にシンプルな構成となっており、誰にでも分かりやすい設計です。

他社の料金プランの中には、複雑な構成によって契約後に思っていなかったプランに入っていることも少なくありません。

シンプルで分かりやすい料金プランは選ぶ際には迷うことがなく、誰でも自分に合った料金プランを簡単に選ぶことができます。

料金プランのデータ通信容量に幅ある

料金プランのデータ通信容量は0GB~10GBまで用意されており、好きなプランを選べるようになっています。

スマホで動画を連日大量に視聴するなど無茶な使い方をしなければ、多くの場合は10GB以内に収まります。

スマートフォンをあまり使わない人から、がっつりと使う人にまで対応しているのは嬉しいですね。

月額料金が非常に安い

ライトプランの月額料金は480円となっており、業界最安値の水準を満たしています。

また他のプランに関しても1GBあたりのデータ通信料金が安く設定されており、割安な格安SIMと言えます。

通話料が安い

通話パック30に加えて10分かけ放題オプションを揃えている格安SIMのため、通話料を抑えることができます。

10分かけ放題オプションは、超過分も通常の半額となるため通話を中心に利用するユーザーにも嬉しいオプションです。

多くの場合、通話は3分以内に終わるとされているため、通話をよく利用する人でも10分間なら余裕を持って通話を終わらせることができます。

データシェアで複数回線がお得に

家族で利用する場合やいくつかのガジェットを利用する際に重要となるシェアSIMですが、LIBMO(リブモ)ではきっちりとシェアSIMに対応したオプションが用意されています。

追加できるシェアSIMの月額料金も安く、最大3枚ながら家族で契約すれば非常に安く利用することができます。

データ通信容量も10GBまで用意されているため家族で利用しても安心。家族で利用するとメリットが大きい格安SIMと言えます。

通信速度が速い

ドコモ回線を利用していることからつながるエリアが広く安定した通信を実現しているLIBMO(リブモ)ですが、加えて通信速度も速いと評判です。

回線スピードが速いことで混雑時にもサクサクネットすることができます。

通信速度が速いうえに安定しているため、ただ安いだけの格安SIMとは一線を画しています。

余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことができる

余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことができるため、データ通信容量に無駄がありません。

シェアSIMを利用すると多めのデータ通信容量を選ぶことになりますが、月によって使うデータ通信容量の波が大きくなり無駄になるデータ通信容量も多くなります。

しかし翌月に繰り越せるこのLIBMO(リブモ)の格安SIMなら、データ通信容量に無駄が発生しないため総合的に安く利用することができる格安SIMです。

MNP(ナンバーポータビリティ)に対応

今使っているスマートフォンや携帯電話の番号をそのまま格安SIMでも利用できるMNPですが、LIBMO(リブモ)でも利用することができます。

電話番号を変えることなく他社からLIBMO(リブモ)の格安SIMに乗り換えることができるため、電話番号の変更や知り合いへの番号変更通知といった面倒な作業が不要になります。

MNP(ナンバーポータビリティ)の不通期間(空白期間)がない

通常、MNPを利用すると数日間の不通期間が発生して携帯電話が利用できなくなりますが、LIBMO(リブモ)では自宅でMNPの切り替えが可能です。

切り替えを行えば、最大3時間ほどでSIMカードが利用可能となるため不通期間はほぼ発生せず、不便なくMNPを行うことができます。

最低利用期間が短い

大手キャリアでは2年間の最低利用期間が設定されていますが、LIBMO(リブモ)には最低利用期間がありません。

ただし音声通話SIMに関しては、最低利用期間に代わる音声通話機能解除料が設定されており、1年以内の解約については9500円が請求されます。

データ通信専用SIMにおいてはいつでも解約できますが、音声通話SIMについては1年以内の解除の場合には解除料9500円がかかることは理解しておきましょう。

格安SIMとスマホ端末をセットで購入する格安スマホが割安になる

スマホ端末と格安SIMをセットにする格安スマホですが、LIBMO(リブモ)では豊富な端末を取り揃えて格安スマホを展開しています。

選べる端末は人気の機種で、割安で人気端末を手に入れることができます。

端末をセットで購入すると面倒な設定を終えた状態で発送されるためすぐに使い始められるというメリットもあります。スマホ初心者には嬉しいポイントです。

またLIBMO(リブモ)ではキャンペーンを展開していることもあります。

一例では、セットでLIBMO(リブモ)取り扱い端末を購入するとデータシェアプランを除く全プランで最大12カ月分の月額料金が400円割引となるキャンペーンがあります。

ただLIBMO(リブモ)で格安スマホを購入するだけで月額400円 × 12カ月 = 4800円もお得になります。

スマホのレンタル「かりスマ」がある

スマホをレンタルする「かりスマ」というサービスが提供されており、スマホを買わずに借りることで端末代金を下げることができます。

iphoneを月々1500円から利用することができ、2年間のローンで高額な購入代金は必要ありません。

またキャンペーンを展開していることもあり、合計6600円の割引を受けることもできます。

TLCポイントでお得になる

TOKAIグループのポイント交換サービス「TLCポイント」を利用することができます。

TLCチケット・WAON・Suica・LuLuCaポイント・ドットマネーなどに交換することができるためお得に利用することができます。

TOKAI SAFEが12カ月無料になる

心配になるセキュリティですが、オプションのセキュリティサービス「TOKAI SAFE」オプションを利用することで守ることができます。

またキャンペーン中には12カ月無料になるため、月額400円 × 12カ月 = 4800円もお得に利用することができます。

断続的にキャンペーンを展開している

LIBMO(リブモ)では、断続的にお得になるキャンペーンを展開しています。

価格設定が低い格安SIMであるため、キャンペーン次第では他社と比較しても最安値で格安SIMを手に入れることができます。

通信速度や料金設定を見ても非常に優れた格安SIMですが、さらに安く購入することができます。

キャンペーンはこまめにチェックしておき、安くなっているときには優先的に契約しましょう。

LIBMO(LIBMO(リブモ))のデメリット

バツ、ダメ、デメリットのスーツの女性

分かりやすい料金プランと低価格が魅力的な格安SIMですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

大容量のデータ通信容量のプランがない

LIBMO(リブモ)で提供されているデータ通信容量は最大で10GB。普通に使う分には十分な量ですが、ハードユーザーの中には、さらに大容量のデータ通信容量を求める人もいます。

大容量のデータ通信容量のプランを取り揃えていないため、浴びるようにデータ通信を使いたいハードユーザーにはオススメできない格安SIMです。

選べるデータ通信容量が荒い

0GB、3GB、6GB、10GBと刻まれているデータ通信容量ですが、他社の中にはさらに細かく刻んだプランを提供している格安SIMも存在します。

特に少容量のデータ通信容量は細かく刻まれている方が使い勝手がよく、1GBや2GBのプランが欲しいところ。最小でも3GBのプランからしか選べないのはマイナスポイントです。

混雑時に通信速度が低下する

どんな通信サービスでも混雑すれば通信速度は低下してしまうものですが、LIBMO(LIBMO(リブモ))も通信速度は下がります。

特に12時~13時の昼時、19時~21時の夜時にはどうしても回線が混み合うためネットの閲覧に時間がかかる場合があります。

キャリアメールが使えない

LIBMO(LIBMO(リブモ))に限らず、ガラケーで利用されている「docomo.co.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」といったキャリアメールのアドレスは格安SIMでは利用することができません。

代替としてヤフーやグーグルが提供しているフリーメールがあるため、そちらを利用するようにしましょう。

LIBMO(LIBMO(リブモ))がオススメの人

オススメなスマホを触るスーツの女性

こんな人にはLIBMO(リブモ)の格安SIMがオススメです。

通信費の月額料金を減らしたい

LIBMO(リブモ)の格安SIMは業界最安値の水準を維持しています。そのためピッタリと合う料金プランが見つかれば、安い値段でスマホを利用できるようになります。

料金プランも0GB~10GBまで選ぶことができ、データ通信容量を少ししか使わないライトユーザーから大量のデータ通信容量を利用するヘビーユーザーまで納得できる料金プランとなっています。

価格が安いだけでなく回線速度も安定しているため、できるだけ通信費を抑えたい人にはオススメできる格安SIMです。

通話をよく利用する人

データ通信の料金は安いLIBMO(リブモ)ですが、通話オプションである「10分かけ放題」があるため、通話を中心に利用するユーザーにもオススメできる格安SIMです。

10分の超過分も通話料が半額となるため非常にお得。さらに細かく時間と料金が変えられる格安SIMもありますが、10分かけ放題オプションがあるだけで通話でも十分に役立つ格安SIMといえます。

端末をセットにした格安スマホが欲しいスマホ初心者

人気のスマホ端末を取り揃えているだけでなく、スマホのレンタルサービス「かりスマ」を提供しているLIBMO(リブモ)。そのため端末をセットにした購入する格安スマホに向いています。

端末価格は安く設定されており、さらに初期設定やAPN設定など面倒な初期設定を済ませたキッティング済みの端末が発送されます。そのためすぐにスマホを利用できます。

スマホ初心者は、格安SIMとスマホの設定に悪戦苦闘するものですが、これなら誰でも簡単にスマホを使い始めることができます。

届けられたスマホをそのまま使えるため面倒を省けるだけでなく安心です。

家族でシェアSIMを利用したい人

ただでさえ安いのにデータシェアでさらに安くできるのがLIBMO(リブモ)です。

シェアの追加料金も安く、選べるデータ通信容量が細かく刻まれていない料金プランでも分け合うことができるため欠点を打ち消すことができます。

低価格の格安SIMはシェアSIMがあまり充実していませんが、LIBMO(リブモ)はシェアSIMにも強みがあります。家族で利用すれば、他社と比較しても非常に安くできるためオススメの格安SIMです。

静岡県の人

静岡を本拠地にしているTOKAIコミュニケーションズが運営している格安SIMであるため、静岡で提供されているTOKAIコミュニケーションズの接続サービスとも相性が良くなっています。

そのためか、LIBMO(リブモ)は他県と比較して静岡県での契約率が高くなっている稀有な格安SIMです。

より利便性を高めたい、地元企業を応援したい静岡県民にはオススメの格安SIMです。



まとめ

非常に安い料金プランを展開している格安SIM「LIBMO(リブモ)」。通話についても「10分かけ放題」オプションを導入して強みを発揮していますが、それ以外の部分には大きな魅力があります。

格安スマホは値段が安いうえに面倒な作業が不要になったり、料金プランには現れない通信速度の速さがあったり、初心者にも優しいサービスを展開していたりと、知名度はないものの大手に負けない優れたサービスを提供しています。

資本力がある運営会社でありながらサービスを初めて月日が浅い格安SIMだけあり、今後の展開にも期待できます。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, 節約, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , ,