エアコンで寝起きに体がだるくなる体調不良の原因「クーラー病(冷房病)」の対策とは?

   

エアコンをつけっぱなしにして眠ると、次の日に体が疲れたりだるくなったりと体調不良に襲われた経験はありませんか?その体調不良は、「クーラー病(冷房病)」と呼ばれるもので、ちょっとした対策で防ぐことができます。

今回は、エアコンで寝起きに体がだるくなる体調不良の原因「クーラー病(冷房病)」の対策をご紹介します。

クーラー病(冷房病)とは?

エアコンの冷たい風に当たると疲れるクーラー病(冷房病)とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

クーラー病(冷房病)は体調不良

クーラー病(冷房病)とは、冷房の冷たい風や扇風機の風に長く当たったり、冷房で冷えた部屋に長時間いることで起こる体調不良のことです。

エアコンで冷えた部屋と外気温で暑くなっている部屋の外を行き来することでも体調不良を引き起こすと言われています。

クーラー病(冷房病)という病気はない

クーラー病(冷房病)という病気は存在せず、エアコンによって引き起こされる体調不良の総称としてクーラー病(冷房病)と呼ばれています。

正式な病気ではなく日本特有の概念で、エアコンとクーラー病(冷房病)による体調不良についてははっきりとした関連性が分かっていません。

クーラー病(冷房病)の原因

クーラー病(冷房病)の原因とは、いったい何なのでしょうか。原因が分かれば、対策も立てやすくなります。

自律神経の不調

クーラー病(冷房病)の原因のひとつとして考えられているのが自律神経の不調です。

人間の体は、自律神経によって体温の調節を行っています。この自律神経による体温調節は、緩やかな温度変化には対応できるものの、急激な温度変化には対応することができません。

特に5℃以上の温度変化が繰り返して起こると、自律神経が支障をきたしてしまいます。

繰り返される急激な温度変化によって、体温を下げるための交感神経と体温を上げるための副交感神経のバランスが崩れることで、自律神経失調症のような症状を引き起こすこととなります。

この自律神経失調症のような症状こそが、クーラー病(冷房病)と呼ばれる体調不良となります。

冷房だけでなく暖房でも起こる

急激な温度変化によって起こるクーラー病(冷房病)。そのため冬場だけでなく、夏場でも暑い部屋と寒い部屋の外を行き来しているとクーラー病(冷房病)を引き起こすことがあります。

ただし冬場には基本的に厚着をしているため、気温の違う部屋を行き来しても衣類によって温度の急激な変化が緩和されてクーラー病(冷房病)を起こしにくいとされています。

自律神経の働きが弱い人や小柄な人が起こりやすい

クーラー病(冷房病)は、自律神経の働きが弱い人が起こりやすく、子ども、老人、女性などがエアコンの冷気の影響を強く受けます。

また体が小さい人も物理的に気温の変化を受けやすく、小柄である子ども、老人、女性などがクーラー病(冷房病)にかかりやすくなります。

つまりクーラー病(冷房病)にかかりやすい人は、子ども、老人、女性に多く、自律神経がしっかりと働いていて大柄であるため気温の変化を受けにくい成人男性と顕著な差として表れることになります。

クーラー病(冷房病)の症状

それではクーラー病(冷房病)になると、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。

症状はさまざま

クーラー病(冷房病)になると、自律神経のバランスが崩れ、さらには血行が悪くなったり、ホルモンバランスに異常をきたします。

その結果、実にさまざまな体調不良を引き起こすことになります。

・体の冷え
・夏バテ
・むくみ
・疲労感
・肩こり
・手足がだるくなる
・頭痛
・神経痛
・腰痛
・腹痛
・食欲不振
・便秘
・下痢
・頻尿
・不眠
・鼻炎
・月経不順

夏場の体調不良の原因の多くは、エアコンが原因なのかもしれません。

クーラー病(冷房病)の対策

それではクーラー病(冷房病)にならないための対処法はどのようなものなのでしょうか。

エアコンや扇風機の風に直接当たらない

エアコンや扇風機の風に直接当たると、体が急激に冷えてしまいます。

体が冷えたり温まったりすることがクーラー病(冷房病)の原因となるため、絶対に避けましょう。

またサーキュレーターで部屋の空気を循環させて効率よく部屋を冷やすと、思った以上に冷えすぎることがあるため、風が直接当たっていないからと言って油断してもいけません。

エアコンの設定温度を上げる

クーラー病(冷房病)は、5℃以上の温度変化を繰り返すことで起こります。そのため外気と室温の差を5℃以下にしておくことで自律神経の変調を防ぐことができます。

体調不良が心配な場合には、暑く感じない範囲で設定温度はできるだけ高くしておきましょう。

就寝中にエアコンで部屋を冷やしすぎない

暑くて眠れないためエアコンをつけっぱなしで眠り、次の日に起きてから体のだるさを感じることがあります。

夏場は暑いため、就寝時にエアコンをつけて眠ることは問題ありませんが、一晩中つけっぱなしの状態は止めておきましょう。

人間は、体の深部体温が下がることでスムーズに眠りに落ちることができ、逆に深部体温が上がることでスムーズに目覚めることができます。

そのため眠る際には、エアコンで部屋をしっかり冷やした状態にしておきます。そしてタイマー設定で明け方前、深夜には冷房が切れるようにします。

真夜中に冷房が切れてもぐっすり眠っているため睡眠に支障はなく、外気も下がっているため室内の温度が急上昇するようなことはありません。

気温が上がり始めると深部体温も上がり始め、朝にはすっきりと目覚めることができます。

エアコンを切ると室内の気温がどのように変化するのかは、部屋の大きさ、睡眠時間、就寝時刻に大きく左右されるため、睡眠時のタイマー設定を自分なりに調節して眠りやすく起きやすいタイミングを見つけましょう。

カーディガンなど一枚羽織る

オフィスなど、どうしても室温が上げられない場所に長時間いる必要がある場合には、カーディガンを羽織ったり、靴下を履いたり、腹巻をしたりして防寒しましょう。

体温調節を補助するだけで、クーラー病(冷房病)を軽減することができます。

冷えた部屋から出て休憩する

1時間に1回ほどは、冷えきった部屋からで休憩をしましょう。

5分ほど外気の中で体を温め、深呼吸をして自律神経を整えます。リフレッシュ効果もあり、体のだるさを防ぐこともできます。

規則正しい生活をする

自律神経の不調がクーラー病(冷房病)の原因であるため、基本的には規則正しい生活をして自律神経のバランスを整えることでクーラー病(冷房病)を防ぐことができます。

夜更かしなどをせず、規則正しい生活リズムを守りましょう。

食事をしっかり摂る

栄養バランスの取れた食事をすることで、自律神経を整えることができます。

決まった時間に食事を摂れば、生活リズムを崩すこともありません。

ストレスをためない

ストレスがたまっていると自律神経が変調をきたすため、できるだけストレスをためない生活をしましょう。

ストレスを発散することで、クーラー病(冷房病)を克服することができます。

適度な運動をする

ちょっと汗をかくような運動をしましょう。

しんどくなるような激しい運動は不要で、ウォーキングなどの軽い運動を10分ほどするだけでも体調が改善されます。

入浴する

入浴によって体を温めることで、発汗と血行の促進を促し体調を整えることができます。

また冷房によって冷えた体を温めることで、代謝を良くする効果もあります。

お腹を温める

どうしてもすぐにクーラー病(冷房病)を治したい場合には、お腹を温めることが効果的です。

お腹を温めることで末端である手足も温めることができ、体の冷えすぎを改善することができます。

しっかりと寝る

ぐっすり眠って休息することで、自律神経のバランスを整えて体力を回復させます。

規則正しい生活にも良質な睡眠は必要不可欠です。

まとめ

クーラー病(冷房病)は、冷房に当たることで起こる体調不良ではなく体が冷えすぎることによって起こる体調不良であることを理解しましょう。そのため、部屋が暑いのにエアコンを全く使わないなんていう対処法は間違っています。

大切なのはエアコンの加減。体が冷えすぎるか否かは個人によって大きく違うため、一概に正しい温度などは存在しません。自分なりに体が冷えすぎないラインを見極めてクーラー病(冷房病)を防ぎましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 医療 , , , , , , , ,