SIMカードの入れ方と取り出し方とは?iPhone、アンドロイド、カバー取り外しスマホで異なる?

   

SIMフリーのスマートフォンを使うときには、SIMカードをスマートフォンに入れたり取り出したりする必要がありますが、SIMカードの入れ方と取り出し方に戸惑うことも少なくありません。どこにSIMカードが入っているのか分からなかったり、どうやって挿入したり取り外したりすればいいのか迷うこともあります。

そこで今回は、動画を交えてSIMカードの入れ方と取り出し方をご紹介します。iPhoneとアンドロイド、さらには機種によってSIMカードの入れ方と取り出し方に違いがあります。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

iPhoneのSIMカードの入れ方と取り出し方

かなりややこしいのがiPhoneのSIMカードの入れ方と取り出し方。ピンが必要だったり、SIMトレイが必要だったりします。

iPhoneのSIMカードの入れ方

1.ピンを穴に刺してSIMトレイを引き出す

iPhoneにSIMカードを入れるためには、まず付属のピンを使ってSIMトレイを引き出す必要があります。

初代 iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GSはSIMトレイが上部にあり、それ以外の最新型のiPhoneは側面にSIMトレイがあります。

SIMトレイの横にある穴に付属のピンを突きさすことで、SIMトレイが飛び出します。かなり強めに押し込む必要があります。

2.出てきたSIMトレイにSIMカードをセットする

飛び出したSIMトレイは摘まんで引っ張ると引き抜くことができます。

このSIMトレイにSIMカードをセットしましょう。SIMカードはできるだけ手袋を装着して触れましょう。

またSIMカードをセットする向きを間違えないようにしましょう。逆向きにセットするとSIMカードが有効に機能しません。

3.SIMカードをセットしたSIMトレイをiPhoneに差し込む

最後にSIMカードがセットされたSIMトレイをiPhoneにセットすれば完了です。

「カチッ」という音が鳴るまでしっかりと差し込みましょう。

iPhoneのSIMカードの取り出し方

SIMカードを取り出すときは入れるときと同様にSIMトレイを引き出してから、SIMカードを取り出し、空っぽになったSIMトレイを再び入れれば完了です。

SIMカードを取り出すときには、SIMカードの向きなどを考えなくて良いため入れるときより簡単です。

付属のピンがない場合にはペーパークリップ

なお、付属のピンがない場合にはペーパークリップで代用しましょう。ペーパークリップを使う方法はアップルが公式に推奨している方法であるため、故障などの心配はありません。

SIMトレイがない場合には、

SIMトレイだけがなくなってしまう場合もありますが、そんなときにはSIMトレイを別途購入する必要があります。

SIMトレイを購入する際には、端末に合わせたものを選びましょう。

アマゾンで見る

楽天で見る

iPadでも基本は同じ

iPhoneだけでなくiPadでもSIMカードの入れ方と取り出し方は同じです。ピンでSIMトレイを取り出してSIMカードをセットして再び入れます。

アンドロイドのSIMカードの入れ方と取り出し方

アンドロイドOSを搭載しているスマートフォンはメーカーが非常に多いため、SIMカードの入れ方と取り出し方も一筋縄ではいきません。

SIMカードの挿入口が電池パックの裏側にある場合の入れ方と取り外し方

1.スマートフォンのカバーを外す

まずはスマートフォンのカバーを取り外して電池が露出した状態にしましょう。

機種によって異なるものの、引っかけて開いたりスライドさせることでカバーの一部が取り外せるようになっています。

電源を切った状態にして、カバーを取り外します。

2.電池パックを取り外す

電池パックに指を引っかけて取りはずしましょう。電池パックの裏側や上部に差し込み口があります。

3.SIMカードの向きを確認してセットする、取り外す

SIMカードの向きをしっかりと確認してから差し込みましょう。

セットするときにはSIMカードから「カチッ」という音がするまでしっかりゆっくりと差し込みましょう。

また取り外すときには、SIMカードが摘まみにくいためドライバーなどを使った方がスムーズに取り外せます。

4.電池パックとカバーを戻して完了

SIMカードがセットできれば、電池パックやカバーを元通りに戻せば完了です。

SIMカードの挿入口がスマートフォンの側面や上部にある場合の入れ方と取り外し方

こちらの方は簡単です。

1.SIMカードの挿入口のフタを開ける

まずはSIMカードのフタを開けます。多くはSIMトレイなどがなく、直接SIMカードを差し込むタイプとなっています。

2.SIMカードの向きを確認して差し込む、取り外す

SIMカードの向きをしっかりと確認してから、しっかりと奥まで挿入しましょう。

SIMカードがしっかり挿入できていないと機能しない場合もあります。

3.SIMカードの挿入口のフタを閉める

しっかりとSIMカードが挿入できたことを確認できれば、フタを閉めれば完了です。

カバー取り外し型のSIMカードの入れ方と取り出し方

面倒なのがカバー取り外し型のSIMカードの入れ方と取り出し方。カバーを取り外すのが面倒です。

カバー取り外し型のSIMカードの入れ方と取り出し方

1.背面カバーを取り外す

最初に背面カバーを取り外します。一部に指や爪を差し込み、徐々に全体を開くようにしましょう。

ドライバーなどの道具を使った方がスムーズに開けられる場合もあります。

2.SIMカードを挿入する、取り外す

SIMカードの挿入口にSIMカードをセットします。向きに気を付けながらしっかりと奥まで入れましょう。

また取り外す場合には、指で押してスライドさせるように引き抜いたり爪を引っかけて取りはずします。専用のピックを使って取り外すようなスマートフォンもあります。

3.カバーを戻す

取り外した背面カバーを元通りにはめ込みます。しっかりとはめ込んで外れないようにしましょう。

SIMカードを取り扱うときの注意点

SIMカードは精密な部品であるため、取り扱いには注意が必要です。スマホの故障の原因にもなるため、注意点を守りましょう。

スマートフォンの電源は切る

SIMカードを入れたり取り外したりするときには、スマートフォンの電源を切った状態にしましょう。

電源が入ったままSIMカードを入れたり外したりすれば、最悪の場合、SIMカードのデータが消えてしまう場合があります。

故障の原因となるため電源を切ってから作業を行いましょう。

極力、素手で触れない

素手で触れるとSIMカードが汚れて故障する原因となります。SIMカードを扱うときには手袋などを装着して触れることをオススメします。

またどうしても素手で触れなければ上手く扱えない場合には、しっかりと手を洗って乾燥させてから触れましょう。

端子に触れない

金属製の端子が情報をやり取りするうえで非常に重要なポイントであるため、端子には触れないようにしましょう。

SIMカードの向きや角度に注意する

SIMカードを挿入する際には、SIMカードの向きや角度に注しましょう。

SIMカードの向きや角度が異なればSIMカードが読み込まれないだけでなく、取り外しにくくなったります。慎重に丁寧にSIMカードを確認しながら作業しましょう。

ホコリが付着した場合には布で拭う

SIMカードにホコリが付着するなどして汚れた場合には、乾いた柔らかい布で優しく拭って汚れを落としましょう。

ティッシュペーパーを使うとホコリが余計に付着することがあるため止めておきましょう。

SIMカードを認識させて設定を行う

SIMカードをスマートフォンにセットした後には、しっかりと設定を行いましょう。SIMカードをセットしただけでは、スマートフォンはネットに接続できません。

スマートフォンの電源を入れる

スマートフォンの電源を入れて起動させましょう。スマートフォン上でSIMカードに関する設定を行います。

設定からアクセスポイントの設定を行う

機種などによって異なりますが、「設定」にある「無線とネットワーク」内の「モバイルネットワーク」からアクセスポイントの設定を行います。

データー通信を有効にしてから、APN情報を入力しましょう。APN情報はSIMカードの契約会社などによって異なるため、会社に合わせてSIMカードの設定を行います。

データ通信が可能になったことを確認する

データ通信が可能になれば、画面に情報が表示されます。ネット接続が確認できれば、データ通信は成功です。

まとめ

スマートフォンにとって異なるSIMカードの入れ方と取り出し方。簡単な製品は見ればなんとなく分かりますが、iPhoneなどではどのように取り外せばいいのか分からなくなります。しっかりとSIMカードの入れ方と取り出し方を覚えておきましょう。

またSIMカードは精密機器であるため取り扱いには注意が必要です。向きや汚れなどを確認しながら間違えないようにセットしましょう。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, アイテム・ガジェット・雑貨, 修理 , , , , , , , ,