口臭の根本的な原因の対策方法とは?長期的な口臭の治し方!

      2018/02/08

歯を磨いて口臭を抑えている少女

一時的に口臭を抑えてその場を乗り切っても、根本的な原因を取り除かなければいつまでも口臭に悩まされることになります。

そこで今回は、口臭の根本的な原因の対策方法をご紹介します。長期的な口臭の治し方をマスターして口臭とおさらばしましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

手軽に口臭をチェックできる口臭チェッカーについては以下の記事を参照してください。

口臭チェッカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から精度の信頼性まで口コミの評判でチェック

口臭の根本的な原因

食事や体調など口臭はさまざまな要因によって発生します。しかしそれらは時間の経過とともに自然と消えます。

一方で根本的な原因は、時間が経っても口臭は消えず、逆に強まることさえあります。

口の病気

まずもっとも口臭の原因となりやすいのが口の病気です。

特に口臭を引き起こしやすいのが歯周病(歯槽膿漏)で、口臭の7割の原因が歯周病だとされています。

それ以外にも虫歯や口内炎など口に関わる病気は臭いの発生源となりやすいものです。

また病気とは言えないものの口臭の原因となりやすいのが歯並びの悪さや親知らずなどです。歯の並びが悪かったり隙間が大きかったりすると、詰まった食べカスを取り除くのが難しく臭いの原因となります。

口内ケアの間違い

口自体は健康であっても口内ケアを間違ってしまうと口臭を引き起こす原因となります。

具体的には歯磨きをしなかったり、口内の汚れをしっかりと取り除けなかったりするケースです。

口内ケアの間違いは口臭の原因になるだけでなく虫歯など病気の原因にもなります。

鼻の病気

蓄膿症や鼻炎など鼻にまつわる病気も口臭の原因となります。

膿が出る病気は通常の口臭とは異なり、膿の臭いを周囲に漂わせます。

胃の病気

口内に問題がなくても胃に問題があれば、胃の臭いが上がってきて口臭となります。

胃炎や胃潰瘍が代表例で、胃はストレスによるダメージを受けるため、同じくストレスで発生する口臭と相乗効果を発揮する場合があります。

肺の病気

胃と同じく肺の病気も口臭に影響を与えます。

肺が理由で口臭が出る場合には、肺化膿症や肺がんなど重篤な病気の可能性があるため胃以上に注意が必要です。

精神的な問題

精神的な問題は口臭を引き起こす原因ですが、精神的な問題の場合は2つの理由で口臭の原因となります。

一つ目がストレスなど精神的な負担によって体調を悪化させること。体調の悪化は唾液の分泌を抑制したり、さまざまな病気の遠因となるため口臭の原因となります。

二つ目が口臭がないのに口臭があると思い込んでしまうこと。このような病気は「自臭症」と呼ばれており、他人が感じるような口臭ではないにも関わらず”自分には口臭がある”と思い込んでしまう症状です。

自臭症の場合には、口臭はないため口臭を治すことよりも心理的な問題を解決することが重要になります。

長期的な口臭への対策

長期的な口臭を治すためにはどのような対策が必要なのでしょうか。

歯医者に行く

当たり前のことですが、根本的に口臭を解決するためには歯医者へ行くことが一番です。

口臭の原因はさまざまですが、プロである歯医者なら原因を突き止めてくれます。

また歯周病や虫歯、歯並びの矯正、親知らずの抜歯などは専門家である歯医者でなければ難しく、自分でどうにかすることはできません。

根本的な口臭を対策するなら、まずは歯医者に行きましょう。

歯を磨く

歯医者に行けば全ての口臭が治るということはありません。また一度口臭が治ったとしても、再び口臭が発生するような事態に陥らないとも限りません。

そのために大切なのが歯を磨くこと。子供のころから口酸っぱく言われている当たり前のことですが、生活のリズムが崩れやすい社会人の中にはあまり歯磨きをしない人も少なからずいます。

また歯磨きをしているつもりでも、しっかりと磨けていない場合があり、それは歯磨きをしていないのと同じです。

正しい歯ブラシのやり方を実践して歯垢を取り除きましょう。

また歯ブラシだけでは取り切れない歯垢はデンタルフロスを使うことで取り除くことができます。デンタルフロスの使い方もマスターしておきましょう。

歯磨きの習慣を身につける

歯磨きを一度や二度しただけでは意味がありません。習慣づけることが大切です。

歯磨きについては食後に行うのが最も効果的ですが、最低でも寝る前の歯磨きだけは絶対に行いましょう。

眠っている間は唾液量が極端に減るため口内が乾燥しやすくなります。その結果、細菌は爆発的に増殖して眠る前の30倍もの数に増えます。

朝の口内の最近の量を分かりやすく言えば、うんこを7グラムほど口に含んでいるのと同じ状態だとされています。また朝に口が臭い理由は、爆発的に増えた細菌が発生させるガスが原因の一つとなっています。

そのため眠る前には必ず歯磨きをする習慣を付けましょう。睡眠前の歯磨き習慣は口内の病気も防ぐ効果が高いです。

鼻呼吸の習慣を身につける

習慣は口臭を予防するために非常に強力な武器となり、それは歯磨き習慣に限ったことではありません。

口臭は口内の水分が減り細菌が増殖することによって引き起こされますが、その遠因となっているのが口呼吸です。

鼻ではなく口で呼吸するクセがある人は、口内を空気が通り抜けるためどうしても乾燥しやすく結果的に口臭を引き起こします。

そのため口ではなく鼻で息をする鼻呼吸をすれば、口内の乾燥を防ぎ口臭が発生しにくくなります。

また口臭があったとしても直接的に口から息を吐かないため、息が臭いことが気付かれにくくなります。

こまめな水分補給と空腹を避ける

どれだけ鼻呼吸をしていても水分が不足していれば唾液も出ません。

こまめに水分を補給して常に体が潤っている状態になれば、自然と唾液の分泌量も増加して口臭を抑えることができます。

また空腹になると唾液がネバついたり胃の問題が発生して口臭が強くなります。そのため口臭を抑えるためにも空腹になるのを控えましょう。

特に朝食を抜くような生活をしている人には注意が必要。朝食を食べることは口臭を防ぐことにもつながります。

体調不良の原因となる病気を治す

口以外の病気については、各専門家に診断を受けて原因を特定し治療するしかありません。

鼻、胃、肺などは体調不良の際には疑われやすいため、比較的簡単に病気を見つけて対処することができます。

自臭症など心理的な問題は、まず歯医者などで口臭の有無をチェックしてもらい、口臭がないのに口臭が気になる場合には精神科を受診するなどしましょう。自分だけで悩むようなことは決してしないでください。

口臭対策グッズを利用する

体調を整えたりマウスケアを行っても、なかなか口臭が改善されない場合もあります。そんなときには最終手段として口臭対策グッズに頼ってみましょう。

バラの香りのサプリメント「レディローズ」

カプセル状のサプリメントで、1粒飲むだけで吐息がバラの香りになります。

臭い隠しをするときには、香水などの強い香りで口臭をごまかすという方法がありますが、このサプリメントなら胃の中から臭いを消し、吐息をバラの香りにするため強い香りでごまかす必要がありません。

体に良い素材だけで作られているため健康的で、口臭を抑えつつ健康を損なうことがありません。

1粒で効果は数時間持続し、午前に1粒、午後に1粒飲めば、1日の口臭をしっかりカバーすることが可能です。

フルーティーで甘いバラの香りのため女性にピッタリの口臭対策グッズですが、男性にも効果抜群です。

根本的な口臭対策ができるまでは、このサプリメントに頼るのも1つの方法です。

パーフェクトエナジードリンク「ALONZA」

ドリンクタイプの男性向け口臭対策グッズ。

すっきりとしたレモン味のドリンクのため非常に飲みやすくなっています。またお酒に合わせることも可能で、毎日忘れることなく飲むことを習慣化しやすくなっています。

即効性に優れているため、飲めばすぐに口臭を抑えることが可能。また飲み続けることで体内環境を整える18種類の成分によって、体臭や口臭を低下させる効果があります。

その場しのぎとして使えるだけでなく、長期的に飲み続けることで根本的な臭い対策ができます。

本当に口臭を抑えたいのなら、これらのグッズを併用しながら生活習慣を整えましょう。

まとめ

根本的に口臭の問題を解決するには歯医者が行くことがもっとも近道となります。またその後も口臭を引き起こさないようにするためには、歯磨きの習慣や鼻呼吸の習慣など自分の努力が重要になってきます。

口臭の多くは口内に問題があるため、まずは口の中から解決していきましょう。それでも口臭が治らない場合には、何らかの病気のサインの可能性もあるため病院で診察してもらいましょう。

口臭に関する記事は以下を参照してください。

自分の口臭を簡単にチェックする方法とは?口臭の調べ方まとめ!

口臭の原因がわからないときにチェックしよう!口臭の原因まとめ!

すぐに口臭を消せる簡単な口臭対策法とは?緊急事態の一時的な口臭の治し方!

口臭の根本的な原因の対策方法とは?長期的な口臭の治し方!

手軽に口臭をチェックできる口臭チェッカーについては以下の記事を参照してください。

口臭チェッカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から精度の信頼性まで口コミの評判でチェック

 - ライフハック・ノウハウ, 医療 , , , , , , ,