小さな赤い虫「タカラダニ」の発生原因と駆除方法とは?噛まれるとかゆくなる?

   

夏前の梅雨時になると、どこからともなく現れる赤い虫。ダニのような姿をしていて潰すと赤い汁が出て、コンクリートの上を歩き回り、部屋の中に入ってくることもあります。

今回は、そんな赤い虫「タカラダニ」の発生原因と駆除方法についてご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

赤い虫「タカラダニ」とは?

赤い虫「タカラダニ」とは、いったいどのような生き物なのでしょうか。正体が分かれば対処法も自ずと見つかります。

赤い虫「タカラダニ」

タカラダニは、名前の通りダニの一種。節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ケダニ亜目タカラダニ科アナタカラダニ属に分類されるダニです。

日本では北海道から沖縄まで全域に分布しています。体長1mm前後と比較的大型で、全身が赤色のためよく目立ち、潰すと赤い汁が出てきます。

出現時期と場所

3月末には卵が孵化して幼虫が現れ、4月下旬から5月中下旬に成虫が大量発生します。そして7月にかけて数を減らし消えていきます。

発生場所は、ビルの屋上、住宅のベランダなどコンクリート製構造物の近くにたくさん現れ、時には集中的に大量発生します。

動きが素早く、真っ赤な体色から主婦層に気味悪がられ、1980年頃から不快害虫として駆除対象にされていました。

生態

よく見かける生物でありながら、その生態については詳しく分かっていません。2001年に幼虫が発見されるまでは同属のハマベアナタカラダニと間違われていました。

食性は雑食で、花の花粉や小型の昆虫をエサにしており、コンクリート表面に多くいる理由もコケなどの地衣類がエサと隠れ場所として機能しているためだとされています。

赤い虫「タカラダニ」の発生原因

タカラダニは、どのようにして大量発生するのでしょうか。

エサになるものがある

生態がはっきりしていないため確かなことは言えませんが、大量発生にエサが関係していることは間違いなさそうです。

花の花粉や小型の昆虫がエサとなるため、都市部では花壇や植木鉢が近くにある場合には発生源となる可能性があります。

隠れ場所がある

隠れ場所があることで天敵から身を守ることができます。そのためダニが隠れられるようなものがあると集まる可能性が高いです。

具体的にはタカラダニとってコケが最適な隠れ場所となるため、コケの生えた壁などには注意が必要です。

コンクリートがある

前述の通り、エサと隠れ場所の条件を満たしているのがコンクリート。その結果、コンクリート構造物には大量のタカラダニが発生することになります。

コンクリートには花粉なども付着しやすいため、タカラダニが集まる原因となります。春先に出現して梅雨明けとともに消えるのは、花粉が増える春にタカラダニが増えて、雨でコンクリートの花粉が洗い流されることで梅雨明けに姿を見なくなる可能性があります。

赤い虫「タカラダニ」の被害

小さな体のタカラダニですが、ダニという名前があるため何かしらの害を持っているのでしょうか。

タカラダニに刺される

まずタカラダニに刺される可能性についてですが、哺乳類は摂食対象ではないため普通のダニと異なりタカラダニが人を刺すことはありません。

またダニというとペットが気になるところ。犬や猫を飼っていれば、タカラダニに寄生されないか心配になりますが、タカラダニは哺乳類を襲わないため人間同様に犬や猫も襲われることはありません。寄生されることもありません。

ただし吻の構造が細長いため、払いのけるなどした際に偶発的に人間の皮膚に刺さって皮疹をおこした虫咬例があるため、触れても安全というわけではありません。

タカラダニが潰れて赤い汁が付着する

「小さな赤い虫」と聞いてタカラダニを想像する人が多い通り、その赤い色が大きな問題を引き起こします。

よくあるのが、コンクリート製のベランダで布団を干していて、くっついたタカラダニが潰れて布団に赤い汁がついてしまうということ。洋服や布団が赤い汁で汚れるのは、タカラダニの被害では最も多いケースです。

またタカラダニの体液に長時間触れていると皮疹が起こる可能性があります。体液に触れた場合には速やかに洗い流しましょう。

赤い虫「タカラダニ」の駆除方法

タカラダニは、大して強い虫ではないためさまざまな方法で駆除できます。

殺虫剤を吹き付ける

市販の殺虫剤を吹き付けるだけでも効果てきめん。タカラダニを駆除することができます。

殺虫した後には触れずに水で流すなどして潰れないように処理しましょう。

洗剤を吹き付ける

食器用洗剤などを吹き付けても駆除することができます。

こちらも殺虫した後には、水で流して洗剤とタカラダニを処理してしまいましょう。

水で流す

水で流すだけでも十分に効果があります。タカラダニ自体が死ななくても、タカラダニを遠くに運び、さらにエサとなる花粉なども一緒に洗い流すことができるからです。

水で流すため潰すことがなく、赤い汁によるシミなどを気にすることもありません。

掃除機で吸い取る

部屋に入ってきたタカラダニに殺虫剤をかけたり水で流したりすることは現実的ではありません。

部屋の中にいるタカラダニは、掃除機で吸い取って駆除しましょう。

くれぐれもほうきで掃き出すようなことはしないでください。潰れて赤いシミができてしまいます。

粘着テープ

ガムテープや粘着テープを使って、くっつけて駆除する方法です。手間はかかりますが、力加減さえ間違わなければタカラダニを確実にとらえて潰すこともありません。

ダニ用マットを設置する

ホームセンターやドラッグストアで販売されているダニを集めて粘着テープでとらえるものです。「ゴキブリホイホイ」のダニ版ともいえるものです。

ダニを潰すことなく捕獲することができますが、エサになるものが普通のダニとは異なるため必ず効果を発揮するとも限りません。

赤い虫「タカラダニ」の予防法

タカラダニを駆除することも大切ですが、発生源を特定して根絶してしまうのが最も合理的な方法です。タカラダニの予防法を実践しましょう。

発生時期の3月に清掃

タカラダニの発生時期は3月であるため、発生する前に清掃してタカラダニが生息できない環境にすることで予防できます。

多くはコンクリート製の外壁やベランダに出現するため、タカラダニの出そうな場所をキレイにします。

コンクリートのコケを取る

タカラダニはコケを隠れ場所にしているため、コンクリート製の外壁などについているコケをキレイに取り除きます。

高圧洗浄機を使えば、一度に洗い流すことができます。

コンクリートを水で流す

コンクリート表面に花粉が付着すると、それがタカラダニのエサになります。そのため汚れていなくても、水で洗い流しておくことでタカラダニの発生を防ぐことができます。

水で洗う場合にも高圧洗浄機は有効な方法です。

残留性のある薬剤を散布する

撒いた後に簡単には落ちない薬剤を散布することで、長期的にタカラダニの発生を防ぐことができます。

オススメの薬剤は「ノビマックス油剤」というもので、タカラダニやカメムシを駆除するための薬剤です。

床、壁、サッシなど、タカラダニ、カメムシ、ムカデ、ヤスデ、などのの侵入経路に、10cm巾の帯状に塗布して使用します。屋内への侵入も防ぐことができます。

コンクリートの亀裂や隙間を補修する

コンクリートの亀裂や隙間にはタカラダニが隠れやすく、またコケや花粉が集まる原因にもなります。

こういった場所をキレイに補修しておくことで、タカラダニに付け入る隙を与えません。

まとめ

赤い虫「タカラダニ」は、これといった被害を出さないためそれほど気にされない生き物ですが、一度、大量発生してしまえば駆除するのがとても面倒な生き物でもあります。

タカラダニはコンクリートに多く出現するため、コンクリート製の構造物を普段からキレイに手入れしておくことが大切になります。

 - ライフハック・ノウハウ, 掃除 , , , , , , , , ,