ピッチャー・ポット型浄水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から口コミの評判まで

      2018/07/17

暑くなると水道水の臭いや味が気になってきますが、水道水の質と味を改善しようとして浄水器を設置しようにも、据え置き型や蛇口取り付け型の浄水器が取り付けられない場合があります。そんな時に役立つのが、ピッチャー・ポット型浄水器の浄水器です。

しかしいざピッチャー・ポット型浄水器を選ぼうと思っても、クリンスイ、ブリタ、パナソニック、東レ、三菱レイヨン・クリンスイ、三菱ケミカル・クリンスイなどのメーカーが製品を出しており、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、どんな環境でも利用することができるピッチャー・ポット型浄水器のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。使い方から口コミの評判まで知っておきましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

浄水器・整水器全般の選び方についてはこちらの記事を参照してください。

浄水器・整水器の選び方とは?据え置き型、蛇口取り付け型、ピッチャー型を徹底比較!

ピッチャー・ポット型浄水器とは?

ピッチャー・ポット型浄水器とは、ほかの浄水器とどのように違うのでしょうか。まずはピッチャー・ポット型浄水器の基本について知っておきましょう。

ピッチャーやポットに入れて水を浄水する

ピッチャー・ポット型浄水器は、フィルターの付いたポットなどに水を入れることで水を浄化するタイプの浄水器です。

複雑な取り付け工事が不要で、ピッチャーやポットに水を入れるだけで簡単に使える手軽さで人気となっており、水筒タイプの製品もあるため気軽に持ち運ぶことができます。価格の安さや手軽さが特徴です。

一方で使い勝手の悪い製品も多く、相対的に浄水能力もそれほど高くありません。

初期費用が安い

ピッチャー・ポット型浄水器の魅力のひとつは初期費用の安さです。

本格的な据え置き型の浄水器や整水器を導入するには、高額の費用が必要になります。

一方のピッチャー・ポット型浄水器は、比較的本体価格が安いため手軽に導入することができます。

手軽に浄水できる

ピッチャー・ポット型浄水器の大きな魅力としてあげられるのが手軽さです。

水道水をピッチャー・ポット型浄水器に注ぐだけで浄水することができるため、子どもでも簡単に扱うことができます。

誰でも使えるというのが、ピッチャー・ポット型浄水器の大きなポイントになっています。

浄水に時間がかかる

ピッチャー・ポット型浄水器は、水を浄化するまでにある程度の時間が必要です。

製品によって浄化に必要な時間が異なりますが、水を飲みたいときにすぐに飲むことはできません。

ピッチャー・ポット型浄水器を使いこなすには、あらかじめ浄化時間を計算して準備をしておく必要があり、この浄化時間が利便性を損なっています。

浄化の質は高くはない

水の不純物を取り除いておいしくしてくれるピッチャー・ポット型浄水器ですが、高性能な据え置き型浄水器に比べると浄化の質は劣ります。

フィルターを通すなどの簡易的な方法で浄水するため、浄化前の水の質が著しく悪い場合には浄化後の水の質も決して高くはありません。

そのため水を完全に浄化できるわけではなく、あくまで補助的に水を浄化する装置であることには留意しておきましょう。

徹底的に水の品質にこだわりたいなら、据え置き型の浄水器を選ぶことをオススメします。

据え置き型浄水器・整水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 取り付け方から口コミの評判まで

浄水器と整水器の違い

浄水器と同じように売られている整水器ですが、浄水器と整水器にはどのような違いがあるのでしょうか。

浄水器の効果

浄水器の基本的な効果は、水から不純物を取り除くことにあります。

水道水には、ミネラル分以外にもカルキ(次亜塩素酸カルシウム)が含まれており、カルキを入れることで塩素消毒を行い水道水の品質を保ちます。

一方で、暑さで水が腐りやすくなる夏場にはカルキ量が増加し、カルキ臭が強くなります。

このカルキを取り除くことができるのが浄水器です。ミネラルなどは残し、カルキなどの不要な物質を取り除くことでおいしい水を作ります。

ただし、浄水器は単なる水の浄化しかできないため、水道水を活性化して効果を付加するようなことはできません。

整水器の効果

整水器は、水溶液中の水素イオン濃度を表す指数「ピーエイチ(pH)」を変えるための効果があります。簡単にいうと水道水をアルカリ性や酸性に変えます。

アルカリ水は、飲料用に適しているとされており、味が良いとされている水です。また胃腸の弱い人に有効とされています。一方の酸性水は、除菌効果があるとされています。

整水器は、水のピーエイチを変えることで浄水器では得られない効果を水道水に与えることができます。

ただし整水器は、水道水に特殊な処理を行うため装置自体が大型となり、価格も上がります。

ろ過の仕組み

浄水器・整水器にはさまざまなろ過の仕組みがあります。

活性炭

無数の穴が空いている活性炭に水を通すことでろ過する方法。塩素やカルキを効率よく取り除くことができ、活性炭に付着した雑菌の繁殖を抑えるための加工が施された製品もあります。

メリットとしては、高い効果を得ることができ価格が安いこと。デメリットは、寿命が短く長期的なランニングコストが高いことです。

活性炭と中空糸膜

ミクロン単位の小さな穴がある「中空糸膜」と呼ばれる化学繊維(中空糸膜)と、活性炭を組み合わせることで浄水する仕組み。一般的な家庭用浄水器の中では最も主流となっている仕組み。

逆浸透膜(RO膜)

ろ過膜の一種であり、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜「逆浸透膜」に圧力をかけて、水以外の物質を取り除く仕組み。不純物を完全に取り除くことはできます。

一方で装置を大型化する必要があり、ろ過には時間がかかるうえに70%の廃棄水ができてしまういます。また純水を作る代償として含まれているミネラル分まで除去されてしまいます。

浄水器で満足できない場合にはウォーターサーバーも

浄水器以上においしい水をいつでも飲めるのがウォーターサーバーです。

浄水器よりも値段が高くなりますが、フィルター交換など浄水器のように管理が不要で、天然水やミネラルウォーターをいつでも飲むことができます。

さらにウォーターサーバーには冷水機能や温水機能が搭載されているため、冷たい水や温かいお湯をいつでも使用することが可能。コーヒーや紅茶を淹れたり、料理を手早く作ったりすることもできます。

浄水器にはない魅力を兼ね備えているのがウォーターサーバー。気になる場合には、まずはこちらからチェックしてみましょう。

ウォーターサーバーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 選び方から口コミの評判まで

ピッチャー・ポット型浄水器の使い方

据え置き型や蛇口取り付け型の浄水器は、セットしてから水を出せば浄水してくれますが、ピッチャー・ポット型浄水器はどのようにして浄水するのでしょうか。一般的なピッチャー・ポット型浄水器の使い方の手順をご紹介します。

初めて使う場合

ポット型浄水器は、初めて使う場合にはカートリッジの汚れを落とすなどの作業が必要です。

1.パーツを確認して全体を洗う

初めて使う場合には、まず全てのパーツを確認し、パーツを洗っていきます。

パーツが洗えれば、全体を組み立てます。

2.カートリッジをセット

カートリッジは水に浸して完全に濡らしてからポットにセットします。

3.水道水を入れてろ過

水道水をポットに入れてろ過を開始します。製品によってそのままろ過できるものや時間が必要なものがあるため、製品の説明書通りにろ過します。

最初のろ過では、カートリッジの汚れなどが水に入る場合があるため、飲まないで捨てましょう。

4.1回~2回ろ過すれば使い始める

製品にもよりますが、最初の1回~2回ほどは水に不純物が混ざる可能性があるため捨てます。それ以降のキレイな水から使い始めましょう。

2回目以降に使う場合

カートリッジを初めて使うときには水の交換などの手間が必要ですが、それ以降は難しいことはありません。

1.水道水をポットに入れる

水道水をカートリッジがセットされているポットに注ぎます。飲料水として利用できるようなキレイな井戸水は別として、基本的には水道水を使いましょう。

2.水が浄化されるのを待つ

製品によっては、浄化に時間がかかるものやフィルターを通すだけで浄化できるものまでさまざま。製品に合わせた方法で水を浄化します。

3.水を飲む

浄化した水は飲むことができます。ただしいくつかの注意点があります。

1つ目の注意点は、ポットや浄化した水はできる限り冷蔵庫で保存すること。浄化したということはカルキが取り除かれているため水が腐敗しやすくなっており、常温に置くと雑菌が繁殖してしまいます。

2つ目の注意点は、浄化した水は飲み切ってしまうこと。冷蔵庫に入れていても腐敗しやすいのは変わりなく長期保存は危険。目安としては1日以内に使用してしまいしょう。

3つ目の注意点は、本体やカートリッジも冷やして保存すること。ポット型浄水器だけ常温で使って水を浄化し、作った水を冷蔵庫に入れるという使い方をすると、カートリッジ内で雑菌が増殖する危険性があります。ポットごと冷蔵庫に入れて保管しましょう。

ピッチャー・ポット型浄水器の選び方のポイント

水を入れることで浄水できるピッチャー・ポット型浄水器の浄水器は、選ぶ際にどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。ピッチャー・ポット型浄水器の選び方のポイントを確認しておきましょう。

浄水能力

ピッチャー・ポット型浄水器は、据え置き型や蛇口取り付け型の浄水器に比べて浄水能力が低いのが難点。そのため、浄水応力の高い製品を選びましょう。

浄水能力が高いものは、浄水に要する時間も短いため水道水を入れてから使うまでの時間を短縮することができます。浄水に要する時間の短縮は使い勝手に大きく影響します。

容量

蛇口をひねれば好きなだけ浄水できるわけではないため、一度に浄水できる量も大切なポイントです。大容量の製品なら、残りを気にせず水を使えます。

一方で水の使用量と容量が合っていなければ、水を使いきれずに捨てて無駄にする可能性もあります。ただ多いだけでなく、使用者の状況に合わせた容量選びが大切となります。

冷蔵庫に入るか否か

意外と見落としがちなのが、冷蔵庫に入るか否かの確認を怠ること。買ってからポットが冷蔵庫に入らないのでは笑えません。

購入前には、ポットが冷蔵庫に入るサイズと形状であることをしっかりと確認しましょう。最近では、冷蔵庫のサイズに合わせた形状のものや横置きできるタイプのポット型浄水器も登場しています。またサイズの確認は容量にもつながってきます。

製品価格とランニングコスト

製品価格だけでなくランニングコストにも注目して製品を選びましょう。

特にカートリッジを交換する必要があるポット型浄水器は、製品価格よりもランニングコストの方がトータルコストに大きな影響を及ぼします。カートリッジの価格と使用できる期間を重視して製品を選びましょう。

ピッチャー・ポット型浄水器のオススメ人気比較ランキング

ここからは、ピッチャー・ポット型浄水器のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。浄水能力、容量、使い勝手の良さ、価格、口コミなどを参考してランク付けしています。

10位:アイリスオーヤマ ポット型浄水器 PJ-2

アイリスオーヤマ ポット型浄水器 PJ-2

アイリスオーヤマのポット型浄水器「PJ-2」は、本体価格が非常に安くコストパフォーマンスの高い製品です。

前容量は2リットルで浄水容量は1リットル。ろ過流量は毎分0.25リットルです。カートリッジの交換目安は、1日2リットルの使用で約3か月です。

大型カートリッジが高流量での浄水を可能にしており素早く浄化可能。冷蔵庫のドアポケットに収納可能なスマートデザインのポット型浄水器となっています。

カラーは3色そろえられており、ホワイト、ブルー、ピンクから選ぶことができます。

口コミの評判

・冷蔵庫内の紙パックエリアに入る、この薄さが良いですね。
・水をいっぱい入れると注ぐ時、上蓋から未濾過の水がこぼれてくるが、その辺の対策には慣れが必要。
・問題のお水はなめらかな感じがしています。ここは個人差がありますが、カルキくさいのがとれています。

9位:パナソニック 浄水器 ポット型 TK-CP21

パナソニック 浄水器 ポット型 TK-CP21

パナソニックのポット型浄水器「TK-CP21-W」は、水質にこだわりながらスマート収納が考えられた浄水器です。

容量は、浄水部2リットル、全体で3リットルを確保。ろ過流量は毎分0.09リットルと少量で、中空糸膜、抗菌活性炭、セラミック、硫酸カルシウムという4つのろ材でしっかりと水質を高めます。

カートリッジ寿命が長いのも特徴で1日2リットルの使用で約4か月使用することが可能です。

スマートなデザインとなっているため冷蔵庫のポケットや野菜室に置くことが可能。容量を確保しつつ野菜室に置けるようになっています。

ろ過流量は少ないですが、その分、しっかりとろ過して水質を高めることができる浄水器。またろ過にかかる時間は全体で3リットルという大容量によって補っています。

口コミの評判

・活躍しています。浄水のスピードもまずまず。
・トレビーノからの乗り換えです。浄水能力は確実にこちらの方が優れています。築25年のマンションの配管、カルキ臭さが全くありません。ただ、浄水時間はトレビーノの2倍くらいかかる気がします。総合的には、この値段ですし、良い商品と思います。
・浄水器といえば取り付けてやるものでそして値段も高いと思っていましたが、こんなに簡単で安いので最初は効果があるのか半信半疑でした。そして使ってみると本当においしかったです。
・こちらの浄水器と、ブリタの浄水器を同時に購入して比べてみました。味は、パナソニック製の方が断然まろやかで美味しいです。その代わりブリタはろ過スピードが倍くらい早いですが。

8位:ブリタ 浄水ポット 1.1L リクエリ Liquelli

ブリタ 浄水ポット 1.1L リクエリ Liquelli

ポット型浄水器で有名なブリタの浄水ポット「リクエリ」は、簡単に使える手軽さを重視したポット型浄水器です。

容量は1.1リットルで、通水量は毎分0.25リットル。水道水を注いで4分間待てば、全ての水をろ過することができます。

コンパクトなため冷蔵庫のサイドポケットにもスッポリ収まり冷蔵庫への収納にも便利。活性炭とイオン交換樹脂で、12種類の除去物質を取り除くことができます。

カートリッジ1つで200リットルの水を浄水することができ、交換目安は2か月。交換時期は、液晶で知らせてくれます。

コンパクトなサイズのため使い切れる分の1日分の水を作ることができる浄水器です。一人暮らしなど、1回に使う水の量がそれほど多くない人向けの製品です。

口コミの評判

・ろ過した水を試飲すると、ミネラルウォーターと殆ど差がないみたいで満足です。
・コンパクトで場所を取らなくていいです。ただ、ろ過した水の容量がもう少し多いといいです。
・冷蔵庫内に綺麗に収納されて、邪魔にならない。一回使用分に十分の水量が入るし、適量なので常に内部の水が入れ替わり清潔感がある。持ちやすく重さを感じないため、不自由さが全くない。
・一人暮らしにはちょうどいい大きさでお米を炊く時にも使ってます!

7位:東レ トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

東レ トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

東レのトレビーノシリーズのポット型浄水器「PT302SV」は、浄水スピードに定評があります。

容量は1.1リットルで、通水量は毎分0.33リットル。3分ほどで1リットルの浄水を作ることができ、ポット型浄水器の中では浄水スピードはトップクラス。ろ材には、活性炭とイオン交換体を使っており、12種類の物質を除去することができます。

カートリッジは使用限度は200リットルで、1日2リットルの使用で3か月の利用が可能です。

コンパクトサイズのため、冷蔵庫のドアポケットや野菜室にもすっきり収まり冷蔵庫に入れても邪魔になりません。

蓋の裏側に交換目安ダイヤルが付いており、水を使う量にあわせて10日単位で設定することが可能で、カートリッジ交換の時期を忘れることを防げます。また全てのパーツが取り外して洗うことができ、常に清潔に保つことができます。

口コミの評判

・とにかく一瞬で(1分もかからずに)浄水できるので、1リットル以上の水を必要とするときにもストレスがありません。
・浄水の途中でも、蓋をすれば、浄水し終わった水だけを取り出すことができます。
・トレビーノを使い出して5年ほどになるかと思います。特に問題も無く使えていまして、子どもたちも取り扱いが容易なのでよく使っています。
・浄水の味、質はブリタとの違いは正直私には分かりませんが使いやすさはこちらの方が良いと思いました。全て分解して洗える点でも衛生的で良いと思います。

6位:ブリタ 浄水ポット 2.0L マレーラXL

人気のブリタの浄水ポット「マレーラXL」は、2リットルの大容量が魅力のポット型浄水器です。

大容量モデルで全容量は3.5リットル、浄水部が2リットルとなっており、一度に大量の浄水を作れるのが特徴。12物質を除去することができ浄水量力が高い製品です。

1日に3.5リットルの使用でカートリッジは2か月使用可能。カートリッジの交換時期は液晶ディスプレイに表示され、2週間ごとに表示の目盛りが1つずつ消え、4つが全部消えると交換時期となります。

親指でカンタンに開閉できる蓋が付いており、片手で注水が可能。サイズは大きいですが使い勝手にも配慮されています。

ただしサイズが大きいため、冷蔵庫に入れるのが非常に難しい製品。購入際には、大きな冷蔵庫を持っているか、冷蔵庫に入れないことを前提にしましょう。

できるだけ大量の浄水が作りたい人は、大容量モデルである「マレーラXL」がオススメです。

口コミの評判

・東京の水道水を、別にまぁこんなもんじゃない?とずっと飲んでいましたが、これを使ったら一気においしくなった!なぜもっと早く使わなかったんだ…。
・ふたを押さえなくても使用できる点がとてもいいです。今まで使用していたものは水を注いでいると上のカバーが外れて水浸し・・・そういうことは全くなくなりました。あと交換するタイミングもとてもわかりやすいので助かっています。
・塩素臭は完全に取れています。また数多の浄水器と違い、蛇口からの流量を気にせずポットにジャーッと一気に入れておけば、下部に浄水が勝手にチョロチョロと出てきてくれます。水を使い切るたびに水を足しておけばいいだけ。
・長年愛用しています。イニシャルコスト、ランニングコストともに一般的な浄水器よりも優れていると思います。

5位:三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP002

三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP002

三菱ケミカル・クリンスイのポット型浄水器「CP002」は、日本の冷蔵庫の形に合わせたデザインが特徴の収納性重視の製品です。

四角い2リットルのペットボトルを模したデザインが特徴で、このデザインによって容量を確保しながら冷蔵庫にもコンパクトに収納できるようになっています。もちろんドアポケットに収めることができます。

ろ過流量は毎分0.1リットルと少なくなっていますが、ポット型浄水器では珍しい15物質を除去することが可能。浄水能力の高さは間違いありません。

ただし容量が0.9リットルと少なめになっているため、家族の人数が多いと容量不足に感じる場合があります。

一人暮らしなど水の量がそれほど必要なく、どちらかというと水の質にこだわるなら「CP002」がオススメです。

口コミの評判

・間違いなく水が美味しくなります。味オンチでも分かる。
・両開きの冷蔵庫なので、幅が狭かったので、この小さなサイズの商品にしました。ピッタリのサイズで良かったです。2個カートリッジが付いてお得。
・水がまろやかになり、塩素の臭いもしなくなりました。今までペットボトルの水を2リットルx6の箱買いをしておりましたが、買うのもペットボトルを捨てるのも面倒でした。このクリンスイを買って良かったです。
・いまいち水に無頓着なのか水道水も浄水した水も変わらないだろう、と思っていました。今回購入は家族の希望だったのですが実際浄水された水を飲んで比べてみるとその差が分かりました。まず水道水の臭さなどが一切消えました。あとは飲んだ感じ水がまろやかになったと思います。
・飲料水を買うのをやめ、こちらを購入。冷蔵庫のポケットが狭いので、このサイズはぴったりです。小さい分やはり一度に作れる量は少ないですね。
・浄化が遅い、という人もいるかもしれないが、むしろさっさと浄化が終わるということは、それだけ浄化が適当である可能性もあるので、私は本商品ほどしっかり時間をかけてもらったほうが、安心感がある。

4位:ブリタ 浄水ポット 1.3L ナヴェリア BJ-NWS

ブリタ 浄水 ポット 1.3L ナヴェリア BJ-NWS

ブリタの浄水ポットナヴェリア「BJ-NWS」は、1.3リットルという絶妙なサイズが高い評価を集めている人気浄水器です。

グッドデザイン賞を受賞したシンプルでスタイリッシュなデザインは薄型のため冷蔵庫の狭い隙間にも入れやすくなっています。

浄水性能は高く、12種類の物質を除去することができます。容量は1.3リットルで、多すぎず少なすぎず絶妙なバランスとなっています。

カートリッジ1個で200リットルの浄水が可能で、1日2リットルの使用で3か月間使うことができます。

口コミの評判

・ブリタは最強の浄水器だと思います。コストも安いですしね。
・日本製のポット型浄水器を愛用していたのですが、試しに買ってみて味がこちらの商品の方がはるかにおいしかったので、びっくりしました。ペットボトルのミネラルウォーターよりおいしかったです。大きさも家族5人でちょうど良いです。
・製品の質に問題は全くないのですが、幅と高さが意外と大きかったです。厚みはスリムです。ドアポケットが小さい冷蔵庫の方は、サイズを確認したほうがよいかと思います。
・ペットボトルのより気軽に美味しい水が飲めるようになりました。ろ過速度が速いのもいい。

3位:三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 CP015-WT

三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 CP015-WT

三菱レイヨン・クリンスイのポット型浄水器「CP015-WT」の特徴は、冷蔵庫の中で寝かせて置いても水が漏れないため横置きできる点にあります。

ポット型浄水器は、冷蔵庫で置き場に困るのが大きな欠点でしたが、この「CP015-WT」は横置きできる設計になっているためドアポケット以外の場所にも収納可能。これまで冷蔵庫に置き場が確保できなかった人も使える浄水器となっています。

ろ材には中空糸膜、セラミック、活性炭を採用しており、ろ過流量は毎分0.1リットルでしっかりとろ過します。浄水部容量が1リットルで、カートリッジは1日2リットルの使用で3か月となっています。

2リットルのペットボトルとほぼ同じサイズで横置きできるため、ほとんどの冷蔵庫で使用可能。冷蔵庫の置き場に困っている人は「CP015-WT」を選びましょう。

口コミの評判

・ブリタからの買い替えだか、横置きの便利の良さにびっくりして他の欠点がいまのところ目に入らない。
・以前はトレビーノを使っていましたが、横置きできる形が欲しくて浄水能力を考え、購入しました。

2位:ブリタ 浄水ポット 2.0L アルーナXL

ブリタ 浄水ポット 2.0L アルーナXL

ブリタの浄水ポット「アルーナXL」は、容量を確保した浄水器です。

同じブリタの「マレーラXL」と同じで、大容量モデルで全容量は3.5リットル、浄水部が2リットルとなっており、一度に大量の浄水を作れるのが特徴。12物質を除去することができ浄水量力が高い製品です。

一方で冷蔵庫の収納問題があり、大きすぎて冷蔵庫に収納することが難しいのが欠点です。

「マレーラXL」との違いは、比較すると価格が安いこと。一方で注水の際に蓋を外す面倒があります。「マレーラXL」と「アルーナXL」の大きな違いは価格と注水の際に蓋を外すか否かのため、好みに応じて選びましょう。

口コミの評判

・前のブリタがカビて汚れてしまったので、新しく買いました。新しいって、素敵。たっぷり入りますし、ふつうに美味しいです。
・旧タイプからの買い替えですが、ほぼ満足です。しいて上げるなら、浄水の量に関わらず、日数によって交換目安のインジケーターが表示されることでしょうか。2人暮らしなので、一般家庭より浄水量は少ないと思うのですが2ヵ月でインジケーターが点滅してしまいます。
・大きいのがいい部分でもあり悪い部分でもある。家が大きく、キッチンカウンターも大きい場合には最高です。割りと水のろ過スピードも早く特に不満はないですが、シンクの深さと蛇口の間の距離の問題で一気に一番上まで水を入れられない場合はストレスかも。
・行きつけのカフェのお水がおいしかったので訊ねて、自宅用に購入しました。住んでいる地域の水も美味しい部類とは思っていましたが、やっぱりブリタを使用した水の方が飲みやすくおいしく感じます。飲みきれる量だけ少しずつ浄水して使用しています。

1位:ブリタ 浄水 ポット 1.0L ファン

ブリタ 浄水 ポット 1.0L ファン

ブリタの浄水ポット「ファン」は、デザイン性の高さ、冷蔵庫への収納力、浄水能力の高さ、容量の大きさなど総合的にバランスが取れた浄水器です。

全体容量1.5リットル、浄水部容量1リットルで、冷蔵庫に収まりやすいサイズとなっています。また取っ手などを省き、冷蔵庫に入れやすいデザインとなっています。

基本的な浄水性能は他のブリタ製品と変わらず、しっかりとした浄水能力を発揮します。

ブリタ製品で最小かつ最軽量で、4つのパーツで構成されたシンプル構造のため使いやすくなっています。

カラーも、パープル、ピンク、ブルー、ライムの4色が用意されており、自分の好きな色を選べるのが高ポイントです。

ブリタ製品は大きさが問題になることが多いですが、この製品は日本の冷蔵庫にも収まるサイズになっているため使いやすさが群を抜いています。

口コミの評判

・小さくなってとても扱い易くなりました。給水量は減りましたが片手で注いだり閉じたり出来るのが有難いです。
・肝心の水ですが、水道水が飲めるおいしい水になるのには、正直驚きました。
・ずっとペットボトルのミネラルウォーターを購入していました。毎回宅配業者に嫌な顔されながらネットで注文。TVのコマーシャルで見つけ店頭で実物を見てこちらで購入しました。もう嫌な思いしなくてすむ。
・ホテルサイズの備え付け冷蔵庫なのですが、そのポケットにもはいりました。冷蔵庫に入れて使っています。
・水が柔らかいと感じます。結構な頻度で水を足す事になりますが、それほど苦にはなりません。
・浄水器を付けられない蛇口だったので、こちらで見つけて購入してみました。早速、おいしい水が飲めています。飲みきりサイズなのも、とても助かります。買って良かったです。
・今までは別の製品を使ってましたが味が違います。すごくまろやかで飲みやすく美味しいです。

PR:ナノラピア ネオ

ナノラピア ネオ

ピッチャー・ポット型浄水器を検討している人も、圧倒的な利便性を考えるならこのウォータースンタンドの導入を検討してみるべきです。

ナノラピア ネオは、据え置き型の浄水器に近いウォータースタンドと呼ばれている製品で、浄水器というよりも無尽蔵に水が使えるウォーターサーバーといえる浄水器です。

その使い勝手の良さから大人気となっているウォータースタンドで、3槽のフィルターによって高機能浄水を実現します。

3層のフィルターは、ネオセンスフィルター、ナノトラップフィルター、イノセンスフィルターとなっており、ナノ技術による静電吸着で有害物質を約99.5%除去。ウイルスやバクテリアもしっかり取り除くため、安心安全の水を飲むことができます。

水道管が古い一戸建てや貯水タンクから給水されているマンションであっても、水道水に含まれる鉄の味や臭いの原因となる不純物をしっかりと取り除いておいしい水を供給してくれます。

一般的な浄水器にないポイントが冷水、温水、常温水機能。水道管から直接給水する直結式を採用しており、1度設置すれば冷水、温水、常温水を使用することができます。冷水や温水が使えるため、わざわざ水を冷蔵庫で冷やしておく必要はなく、お湯がすぐに欲しい料理の際にも非常に便利です。

光感知センサーを搭載しており、夜間には自動的に節電モードになります。電気料金を節約することができます。

抽出口部分は取り外して洗浄できるため非常に衛生的。デザインもホワイトカラーのため、どんなキッチンにも馴染みます。

一般的な浄水器は、フィルターの管理などを行わなければいけませんが、このウォータースタンドは月額料金を支払うことで6カ月ごとの定期メンテナンスやフィルター交換を受けることができるため、フィルターの管理も費用も必要ありません。

通常プランなら月額料金は3980円、長得プランなら3500円と月額料金が必要になりますが、高性能なウォータースタンドが初期費用不要で使えるのは魅力的です。ミネラルウォーターを購入することを考えれば、月額料金も許容範囲です。

冷水や温水が使えるため、浄水器を通した水をわざわざ冷蔵庫で冷やしたり電気ポットで温めたりしなくてもおいしく飲むことができます。この機能が魅力的で、冷蔵庫で冷やしておいた水が切れていてイライラしたくない人やすぐにお湯を使って料理を時短したい人にはうってつけです。

値段の割には利便性が高いため、実用性を重視するなら積極的に検討してみましょう。

口コミの評判

・水をいっぱい使う我が家には、ウォーターサーバーよりこっちの方がお得。
・水の味はクリアで丸みのある味でおいしい。普通においしく飲める。天然水じゃないとダメみたいな、味にこだわりがない人にはオススメ!
・うちにウォータースタンドが入った~。お湯が使えるから赤ちゃん用のミルク作りが楽になるぞー!
・ウォーターサーバーからウォータースタンドに切り替えた。今まで重たい水のセットが大変だったけど、これからはとっても楽。95度のお湯と冷水も使えてデザインもオシャレだから最高。

まとめ

ポット型浄水器は、ブリタの製品の独壇場となっていますが、日本メーカーの製品の中にも特徴のある製品があります。

そのため強い要望などがない場合にはブリタ製がオススメになりますが、明確に求める機能がある場合には特化している日本メーカーの製品がオススメとなります。

ポット型浄水器は、どんなところでも気軽に使えるのが良いところ。据え置き型浄水器や蛇口取り付け型浄水器が設置できない場合でも導入できる浄水器です。

水道水をおいしくして、たくさん水を飲みましょう。

各タイプの浄水器・整水器のオススメ人気ランキングは、以下の記事を参照してください。

据え置き型浄水器・整水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 取り付け方から口コミの評判まで

蛇口取り付け型浄水器・整水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果や取り付け方も

ピッチャー・ポット型浄水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から口コミの評判まで

携帯用浄水器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 登山用や防災グッズとしても

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , , , , , , , ,